ひとりごと、ぶつぶつ

あの世に財産を貯めるじぶん

自分の人生一代で大成功して、莫大な財産を作り上げる人がいます。ばくだいとはいえないまでも、どなたもまあ、そこそこの貯金はあるでしょうかえあ、残して死ぬのは残念でしょうが、あの世にまで持っていくことはできません。

しかし、あなたの意識次第で、この世の財産をあの世に貯めることができます。その方法を書いておきましょう。この余波体験学校ですから、この世での行動は、すべてアカシックレコードに記録されます。大霊の意にかなった行いは死後に続く生活に生かされるように蓄積されていきますから、そのような行動をすれば、あの世に財産が溜まるというわけです。

私のまわりにもたくさんいます。介護の仕事にらずさわえうひとたち、病人の寛喜をする人たち、困った人たちのために無償の愛を提供するボランティアの人たちなどです。

私たちの人生の目的は物質的財産をためることではなく、自分を他人のために役立てることですから、そうした行いをすることで、あの世の貯金通牒に残高が増えていくのです。
# by 892sun | 2015-03-01 17:36 | Comments(0)

我輩は霊である

私の本質は霊です。大霊の分霊「わけみたま」でありますから、大霊がそうであるように、健全であり、自由であり、完全であるように、私も健全であり、自由であり、完全で、不可能というものはありません。

そうであるのに、近頃の肉体の異常な変化につい惑わされ、自分の本質を忘れていました。反省しています。肉体は自分をこの世で表現するための道具にすぎません。多くの人がそうであるように、私も自分の身体の変化をあたかも自分そのもののことであるかのように錯覚してしまいました。

本質は健全なのであうから、意識の持ち方、ものに変えれ、意識の比重を霊的ものに変えれば、現状を変えることも出来るはずです。このことをすっかり忘れていました。

腎不全が治ったという人は、いわば死んだ腎臓が生き返ることですから、未だ一人もいないそうですが、私が自分の意識を変えることで、治したとなればとても愉快なことで、考えただけでも楽しくなりました。これからは、自分が霊であることを忘れずに生きていきます。

大霊、守護霊様、背後霊様、未熟な私にいつも大きな愛を有難うございます。心から感謝しています。


只今のところ、コメントを読むことができません。ご意見、ご相談は電話にてうけつけます。03-5397-6697









# by 892sun | 2015-02-22 11:18 | Comments(0)

安楽死、積極的肯定論つづき

安楽死とは、ひとつの人生の目的をほぼ達成し、衰えからくる肉体的製薬からの脱皮をいいます。人生の途中でその人生を投げ出し、死を選ぶこととは根本的に違います。肉体はいわば牢獄であり、肉体からの離脱は魂の開放でもあります。

死は終わりではありません。悲劇でもありません。魂が次のステップに移るためのプロセスのひとつに過ぎません。命は永遠のものであり、命が次元移行するだけです。

人生の最後を飾るに当たって、安楽死という選択肢があれば、もっと楽しく老後が過ごせるかもしれません。無駄な延命治療に莫大な予算を使うより、安楽死という選択肢があれば、確実に医療費は減ることでしょう。そのお金を観光を維持するためのサービスに使えばいいのです。

私の生きているうちに、日本でも安楽死が認められるようになることを説に願ってやみません。死を間違った概念でとられている方には異論もあるでしょうが・・・。

眼が悪いので誤字脱字は御容赦を・・・・・。
# by 892sun | 2015-02-01 13:03 | Comments(0)

安楽死、積極的肯定論

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

実は昨年12月20日夜室内で転倒しまして、骨折し入院していました。ギブスがとれたのが、1月24日退院したのが29日でした。歩けませんし、実に退屈な日々でしたが、考えること以外他に出来ることはありませんので、いろいろ考えました

回りはみんなオムツをつけたヨイヨイ老人ばかりです。人間もこうなると尊厳などというものはありません。せめて自分だけはこうなりたくないとおもいましたが、果たしてどうなることやらわかりません。延命治療だけは受けたくないと今のうちに表明しておくしかないのかももしれません。オランダには安楽死を法律で認めているようですが、つくづく羨ましいと思いました。

自然界では生物は自分で食料が入手できなくなれば、それは死を意味しますが、人間界には弱者救済という意味もありなんとか助け合うことをしますが、ここまで医療が発達すると必要以上に命を助けます。

私はずっと自殺の弊害について説いてきた人間ですから、安楽死を認めることに違和感を覚える方もいるかもしれまzせんが、自殺と安楽死は別物です。まったく違います。今日は疲れたのでここまで、つずく
# by 892sun | 2015-01-31 20:07 | Comments(0)

まだ生きてはいますが

視力低下がはなはだしくまるで雲の中にいるようです。御用のあるかたは電話をかけてください。番号は

03-5397-6697です。よろしくおねがいします。

# by 892sun | 2014-11-08 02:52 | Comments(0)

透析の日々

気力を奮い立たせて書いています。

視力がますます落ちてしまって、ほとんど活字は読めなくなってしまって、ネットに接続する回数も減ってしまいました。ステロイド剤などの注射をしたり、目薬を注したりして治療はしていますが、回復しません。暗黒ではないことを慰めにしていますが、はなはだ不便な毎日です。

週三日、火木土は朝10時から午後2時まで、透析を受けています。4時間はベッドでじっとしていなくてはなりません。実に退屈です。テレビを視たり、ラジオを聴いたりしてます。スピードラーニングのCDも聴いていますが、これだけで、英会話が出来るようになるのかなあ。
# by 892sun | 2014-09-15 09:52 | Comments(0)

料理を作るのも楽しいね。

透析患者ですから、ほとんど外食は出来ませんので、毎日自分で料理を作っています。一人分だけを作ることは出来ませんので、一度作ると何日か同じものを食べなくてはいけないのが、欠点ですが、鍋物などは、中にうどんを入れたり、おもちを入れたり、最後は冷凍してある玄米おにぎりを入れて雑炊にしたりしています。田舎では「おじや」といっていました。毎日火入れすれば、何日か持ちます。その閑にパスタやラーメンなども食べます。パスタはレトルトが主ですが、ラーメンは肉野菜炒めをどっさり入れたたんめん風が気に入っていますが、これからはつけめんもいいですね。チャーシューのブロックも買い入れました。

透析が終わるのが、午後2時で帰って食事をするのが、3時半ぐらいになってしまうので、他の日も昼食は遅くして夕食は摂りません。最近は慣れてきましたが、やはりお腹がすきますが、仕方がありません。それでも体重とにらめっこの食事です。たくさんな食べられないので、おいしいものを少しだけ食べるように心がけています。今日もおいしいものは何かないかとネットで検索しています。

デザートにはロッテのアイスクリーム「爽」の抹茶味に「ゆであずき」をかけて食べるとおいしいですよ。
# by 892sun | 2014-06-18 16:03 | Comments(0)

ストップ・詐欺被害 同情されない被害者

普通はどんな事件の被害者であれ、それ相応に世間一般からは同情されるものであるが、最近のオレオレ詐欺とそれに似た詐欺事件の被害者というのは、呆れられるばかりでほとんど同情されない。それでも最初の頃は、たまたま痴呆性の症状でも出始めた老人がひっかかってしまったのだろう位に考えていたのだが、これほどまで全国的に多発しているのが続くと、他にも原因がありそうな気がしてくる。

もちろん、騙すほうも無差別に電話をかけまくっているのではないことは、確かである。小金を持っていそうな老人を狙っている。適当な息子がいることも確認しているようである。それが証拠に、私の処にはいっこうに電話が来ない。小金もなく息子もいないことがバレているのだろう。

それにしても、私には縁もなく、トンとお目にかなったようなこともない大金を、サラリと盗られてしまうものである。自分が額に汗して働いたお金であれば、たとえ小額であろうと、顔も知らない人物に渡してしまうだろうか?電話のやり取りだけで、数千万のお金を宅配便で送ったなどと聞くと、その人の金銭感覚が信じられなくなってくる。

人の善意を悪用した手口もあれば、いつまでも消えない欲を利用した手口までいろいろだが、金銭感覚が尋常ではない。どのようにして蓄えていたお金なのだろうか?退職金という人もいるだろうし、保険金という人もいるだろう。また投資などで利益を上げた人もいるだろうが、こつこつ働いて貯めたお金でばないことは確かである。こつこつ働いて貯めたものなら、決してこのように軽々しく他人に手渡ししたりはしない。盗られるべくして盗られるお金なのかもしれない。


# by 892sun | 2014-06-01 11:00 | Comments(1)

友希さんへ

私には二人の娘がいますが、下の娘には離婚して以来20年ほど会っていません。離婚の理由は過去にも書いたような記憶がありますので、ここでは触れません。私が家を出た時まだ高校在学中で、経済的に不安定な状態であった私について家を出ることを躊躇ったのです。妻と残ればとりあえず生活は保障されます。卒業とともに家を出たとも聞きました。そして暫らく後、結婚して中野に住んでいるとも風の便りに聞きました。名前は友希(ゆうき)といいます。元気でいればいつか会えるだろうと、私も彼女のことは詮索しませんでした。

離婚というのは夫婦の都合でするものですから、子供にとっては晴天の霹靂でとんでもない悲劇ですから、私も離婚話が出た時はなんとか子供たちが成人するまではと思ったのですが、聞き入れられませんでした。親としても、それなりの理由はるのですが、その時の理由など子供に理解できるはずもなく、とんでもない親の元に生まれてしまったと私のことも妻のことも恨んだでしょう。しかし、時が経つにつれて自分も親になったり環境が変われば心情も変化するものです。

私の寿命も残り少なくなってきて、時々彼女のことを思い出しています。思い出は20年前のものしかありません。死ぬまでに一度会っておきたいと思っていますが、今は連絡の仕様もありませんので、そうなればそうなるだろうと風まかせです。もしかしてこのブログの読者の中に友希という名前の知り合いがいたら、彼女は私の娘かもしれませんので、コメントを入れてくれたら嬉しい限りです。


# by 892sun | 2014-05-23 11:26 | Comments(4)

六千兆円の負債というジョーダン

天下のNHKが流すニュースのなかには、冗談としか思えないような情報があります。まったく現実味がないのにNHKが放送すれば、誰も冗談とは思いませんから、これらは政府がNHKを使って国民を洗脳しているとしか思えません。十数年後には国家の抱える負債が六千兆円を越して、国民一人あたりの負債負担額は九千万円ほどにもなるという現実味のない試算です。冗談もほどほど言って欲しいものです。

これほどの額負債があれば、利払いもたいへんな額になり、国民はとてもまともな社会生活は営めませんから、日本の国家の財政が破綻してしまいます。こんな有り得ないようなニュースを流すのも、次に迫っている消費税10%アップを当然のことにしたい政府の思惑がミエミエです。

私は以前から、現在の金融システムは、一部の金融家たちのための詐欺システムだといってきました。中央銀行システムとは、中央銀行が発行した紙幣を国民が利息を払って借りて使うシステムですから、紙幣の流通量が増えれば増えるほど中央銀行は儲かりますが、国民の謝金は増えます。

ビジネスでお金が要るので、借り入れて利息を払うのは合点がいきますが、国民が生活のために使う紙幣に対して利息を取りながら貸し付けることは間違っています。日銀の発行する紙幣を借りて使っている以上、利払いが重なりますから国民が日常使うお金は、国民の代表である政府が発行した至芸を無利息で使うべきなのです。

利払いで国家破産になる前に、現在の金融システムを廃止して、紙幣の発行権を日銀から取り返すことになるでしょう。新円切り替えです。以前書いた日銀なんていらないの記事も読んでみてください。

# by 892sun | 2014-05-16 13:01 | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >



この世の仕組み、あの世の仕組みから、本当の生き方を綴っています。心霊研究家のつぶやきです。
以前の記事
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
スピリチュアルランキング
哲学・思想ランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite