ひとりごと、ぶつぶつ

悟りへの道、その4

最後に言っておきたいことは、自分を見つめ直して、本当の自分とは何かを知るということです。他人に対しても、本当の自分とは何かが分かっていないと正当な評価ができないのですが、自分を基準にして、あれこれ考えますから、間違った判断が生まれることになります。冷静になって、じっくりと自分を見つめる時間を持ったことがありますか?嫌なところばかり気になって、自分を尊敬できるようになるなんて、とても出来っこないと思っていませんか?

それは、まだ本当の自分とは何かを知らないからです。自分が生まれてきた本当の理由を知らないからです。本当の自分とは何かを知ってください。自分が生まれてきた本当の理由を知ってください。そうすれば、自分が何者で、何を目的に生きているのかが分かって、自分を心から愛し、尊敬出来るようになるのです。

私たちは小さな時から、唯物的な教育環境中で育ちましたから、自分の脳が自分を作り、体そのものが自分自身であると錯覚しています。脳も身体の一部であり、記憶力や計算力といったコンピュータのような働きをしていますが、そこに指令を出しているのが、本当の自分です。本当の自分は脳の一部ではなく、物質でもありません。本当の自分こそが生命そのものであり、永遠の存在であることに気付いてください。本当の自分には死は訪れませんし、老化することも、病気になることもありません。

私たち一人一人は神がこの世に産み付けた卵です。卵から孵ると青虫のような幼虫になり、何度も脱皮を繰り返しながら(生まれ変わりながら)蛹になっていきます。蛹になれば、後は蝶のように羽化して大空に飛び立ちます。それが覚醒です。神の卵が成虫になって、産み落とした神の元へ還っていくのです。長い旅の巡礼者のようですが、これが私たちが人間として生かされている唯一の目的なのです。

長い長い年月でした。苦しいことも悲しいことも乗り越えて、よくここまで頑張ってきました。苦しい試練に耐え、よくここまで頑張ってきたことを誇りに思ってください。自分に労りの気持ちで接してあげてください。心から自分を愛おしんでください。さあ、皆さん、一緒に大空に向けて一斉に羽ばたきましょう。その日がやっと巡ってきたのです。

人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、増刷が出来ました。お読みになりたい方は直接、出版社にご注文ください。明窓出版、03-3380-8303 よろしくお願いします。
# by 892sun | 2016-06-25 10:59 | Comments(0)

悟りへの道、その3

三つめはネガティブな感情を持ち続けないということです。人間ですから時には腹の立つこともあるでしょうし、イラつくこともあります。悲しみに打ちひしがれることもあります。そこで大切なことは、気持ちの切り替えです。考え方をポジティブに思い直して悪いほうにはもっていかないことです。何があっても、それは自分の体験のためであり、学びの一つであると考えると気持ちも落ち着きます。

私は何かがあると宇宙の法則の一つである、必然性がそうさせたのだと考えるようにしています。私は現在闘病中ですが、これらの病気も私が成長するためには必要だから、病気を頂いているのだと思っています。苦しいこと、悲しいことにもすべて意味があり、自分の為になっているのだと思えば、気持ちの持ちようも違ってくるのです。

怒りや、憎しみからは何も生まれません。自分の波動を低くし、低いものを呼び寄せる結果となります。いつまでもネガティブな感情を持つことで、体験しなくていいような災難を招くことさえあるのです。意識は現象化するという宇宙の法則を忘れないでください。どんな悪いことをしてきた人たちに対しても、決して憎しみは持たないでください。彼らは因果律により、自らを裁くことになるのですから、私たちが裁く必要はないのです。

すべてのネガティブな感情を捨て去り、全ての人を許した時、あなたの心は解放され自由になります。重くのしかかっていたわだかまりが消えて軽くなります。そして理性の声が、魂の声が澄み切って聞こえるようになるのです。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、在庫がなくなり新本の入手が困難になっていますが、増刷をお願いしていますので、しばらくお待ちください。増刷ができたらお知らせします。
# by 892sun | 2016-06-21 12:24 | Comments(1)

悟りへの道、その2

二つ目は、執着を手放すことです。この執着という欲望の感情も肉体に由来しています。食欲、性欲という二大本能を断ち切ることはできませんが、理性の力でコントロールすることはできます。物質欲や金銭に対する執着、立派な肩書を持ちたいなどの出世欲など、他にもいろいろありますが、度を越すと性格そのものが卑しくなります。

種の保存や肉体を維持するには、必要最低限の本能的行動は必要ですが、現代人は必要以上に欲をかくために、人生の本当の目的を犠牲にしてまでのめりこむことが多いのです。結果は明らかで、肥満やその他の病気、そして諸々の悩みを招き寄せているのです。お金を稼ぐためや、出世のためなら自分を偽る人のなんと多いことでしょう。霊性は下がるばかりで、人生の目的を逸脱していることに、気がつきません。これでは、また人生やり直しで、死んでもまた生まれ変わってくることになります。

感情の言いなりになっていては、霊性は向上しません。常に理性の声に耳を傾けて、執着するものを手放しましょう。物質的には貧しくて豊かでなく、いつも手ぶらで何もないほうが、実はずっと自由で心豊かな生活が送れることに、早く気づいてください。清く、正しく、美しい人生を求めてください。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、在庫がなくなり新本の入手が困難になっていますが、増刷をお願いしていますので、しばらくお待ちください。増刷ができたらお知らせします。
# by 892sun | 2016-06-18 13:13 | Comments(1)

悟りへの道 その1

悟りなんて若者には関係ないなんて思わないでください。聖者や聖人の専売特許ではありません。私たちがこの地上に生まれてくるのは、悟りを得るためだということをしってください。何度も生まれ変わりながら、体験を積み重ね、霊性の向上に励むのは、ひとえに、悟りを得て覚醒するためです。魂を目覚めさせるためです。覚醒してやっと神の懐である、五次元の世界に住む資格を獲得できるのです。

悟るためにはいくつかの壁を乗り越えなくてはなりません。今日からは、それらの壁を乗り越えるためのヒントを一つづつ説明してみたいと思います。私たちは肉体に宿っていて、肉体こそ自分であると思い込んでいますので、本能的行動を取ることがあります。その最大のものが生存本能で、死を極端に恐れます。第一の関門は死の恐怖他諸々の恐れの感情を克服できるかです。

誰もが死は避けられないことを知りながら、恐怖に怯えます。それは死ぬことで自分という存在が消滅してしまうと思い込んでいるからです。命というものの概念を正しく理解してください。命とは自分そのものであり、物質的なものではありません。命こそは存在そのものであり、永遠です。肉体は、一つの人生を生きるために使われる自分を表現する道具です。肉体の死を迎えても、命は失われることはないのです。

肉体に宿るといえば聞こえはいいですが、実際は肉体に閉じ込められているのですから、肉体的拘束がなくなれば、私たちはもっと自由に行動できるのです。死は悲劇でもなんでもなく、次のステージへの移行ですから、死ぬことは有り難いことでもあるのです。死の恐怖から解放されること、生への執着手放すことで、悟りへの道を一歩踏み出したことになるのです。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、在庫がなくなり新本の入手が困難になっていますが、増刷をお願いしていますので、しばらくお待ちください。増刷ができたらお知らせします。
# by 892sun | 2016-06-16 16:56 | Comments(0)

光輝く未来に思いを馳せましょう。

地球人類の未来は光輝いています。すべてはうまくいっているのです。ただし、今の世界を見渡していると、依然として災害やら悲惨な事件が跡を絶ちませんし、苦しい生活が続いています。こんな状況で、すべてはうまくいっているなんて言っても信じてもらえないかもしれませんが、地球人類は今、最後の山場を乗り越えようとしていることに、気付いてください。

肉体の目では、目の前のことしか見えませんから、これからもずっとこのような状態が続くように思われるかもしれませんが、現在起きていることは過去に作った原因の清算が行われているにすぎません。最後の清算です。これが終われば、考えただけでも胸がワクワクするような、素晴らしい未来が待ち受けているのです。

表のメディアは沈黙を守っていますが、ネット上では世界の裏で大きな変化が起きていることを告げていますし、まもなくこれまで隠されてきた闇の世界の情報が洗いざらいすべてが公表されることになります。いわゆるディスクロージャーです。人々は真実を知ることで意識が変わり、世界的な意識革命の波が襲ってくるでしょう。人々が我々とは何者なのかを知ったとき、宇宙的イベントが開始されるのです。

一瞬にして位相の転移が起き、これまでの世界とは違った感覚が甦ります。肉体的拘束から指導権を取り返し、もっと自由に行動できるようになるでしょう。時空間を超越しますからテレポーテーションが可能となり、乗り物に乗らなくても移動が出来るようになります。病気は自分で治せるようになりますし、望めば若返ることも可能です。

すべての人がそうなるわけではありません。そうなりたいと願っている人は思いが叶うはずだと言っているのです。無関心な人はこれまで通り、今と同じような未来が続くことになります。そうなりたいと願っている人はこれまで、そうなるように願っていたはずですから、準備も整っていることでしょう。私も心の準備を整えて、その日、その時が来るのを心待ちにしています。その日、その時は明日かもしれませんし、来週かも、来月かもしれません。どんなに遅くても今年の秋までにはやってきます。

人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、在庫がなくなり新本の入手が困難になっていますが、増刷をお願いしていますので、しばらくお待ちください。増刷ができたらお知らせします。
# by 892sun | 2016-06-14 09:29 | Comments(2)

瞑想してみましょう。

目の前のゴチャゴチャした現実から、一時意識を解放するためにも時々瞑想することをお勧めします。どれもこれも大したことじゃないことが分かってきます。ヘッドホンをつけて、眼を閉じていると何かが見えてきますよ。

# by 892sun | 2016-06-12 14:41 | Comments(1)

君が代をヘブライ語で唄う






人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、在庫がなくなり新本の入手が困難になっていますが、増刷をお願いしていますので、しばらくお待ちください。増刷ができたらお知らせします。
# by 892sun | 2016-06-11 21:25 | Comments(0)

神の蛹たちよ

神の蛹たちよ、長い長い旅でしたね。やっとここまでたどり着きました。今、私たちは羽化の時を迎えています。虹色の羽をなびかせて大空に舞い上がる時がきたのです。いっせいに群れをなして美しい蝶たちが飛び立ちます。その数、数千か数万か。

人間とはこの世という世界に、神が産み付けた卵です。何度も脱皮を繰り返しながら蛹になります。蛹は羽化することで、完全な自由を獲得します。もうなにものにも縛られることなく、思考は即、現象化しますので、思い通りに生きることが出来るようになります。考えただけでもワクワクします。

五次元という時空間を超越した、神の庭で戯れる自分の姿を想像してみてください。自分自身が光であり、愛そのものであったことに、気がつくことでしょう。



人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、在庫がなくなり新本の入手が困難になっていますが、増刷をお願いしていますので、しばらくお待ちください。増刷ができたらお知らせします。
# by 892sun | 2016-06-09 16:30 | Comments(1)

偽装社会・・・おめでたい日本人

あまりにレベルが低すぎて日本の政治については書きたくないのですが、あまりにも無知で脳天気な人が多いので、是非これぐらいは知っておいて欲しいと思っていたもの、分かりやすいものをUチューブでみつけましたので、アップします。少々長いですが、これがこれまでの日本の実態です。小泉、安倍といった歴代首相の犯罪がよくわかります。理屈抜きです。勉強してください。





人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、在庫がなくなり新本の入手が困難になっていますが、増刷をお願いしていますので、しばらくお待ちください。増刷ができたらお知らせします。
# by 892sun | 2016-06-07 17:02 | Comments(0)

NESARAが動き出した

ネサラといってもご存じない方々が多いと思いますので、まずはウィキペディアより。

1980年代後半から1990年代にかけて、エンジニアリング・コンサルタントで教師のハーベイ・バーナード(Harvey Barnard)は、アメリカの税制改革、通貨制度改革を含む一連の経済改革案を作成し提唱した。彼は政治的な関心がこの改革案に向くよう様々な試みを行ったものの成功しなかった。2000年になるとこの案をパブリックドメインとしてインターネット上に公開し、2001年にはNESARAの名前を冠した機関を設立する。

NESARAが公開されるとシャイニ・グッドウィン(Shaini Goodwin)という人物が自らのウェブサイトで、NESARA法案の扱いは散々だったものの2000年3月に非公開の議会審議を通過し、ビル・クリントン大統領も署名の後、2001年9月11日に法案施行されたと発表。この法案は合衆国最高裁判所により報道禁止命令(かん口令)が敷かれたとされた。グッドウィンは、クリントンに続くジョージ・ブッシュ大統領もNESARAの存在を国民の目から反らすために、9.11同時多発テロ事件とイラク戦争を演出したと主張。グッドウィンによるNESARA案は、当初のバーナードの提案から至極乖離していく。

その後インターネット上において、NESARAに関して様々な政府による陰謀案が語られるようになり、NESARAに関する研究グループが複数立ち上がっていった。信奉者からは、大量のUFOが近い将来やってくる、爬虫類系宇宙人がアメリカ政府をコントロールしているなど、予言めいた発言も上がるようになる。

NESARA提案者のバーナードは2005年になって、グッドウィンによって起こされたNESARAに関連する政府陰謀説などの存在に気がつく。そして彼はNESARA法案が可決された事実はないし、法案番号もないと否定した。しかしNESARAの信奉者らは、近い将来NESARAの予言は成就するとしばしば語っている。

NESARAの概要
① 連邦準備制度を廃止します。
② 連邦準備銀行その他を吸収した新しい財務省銀行を創設します。
③ 金、銀、プラチナ、貴金属に裏打ちされた新しい財務省通貨を発行します。
④ 違法な銀行業務と政府活動に由来するクレジットカード負債、抵当その他の銀行負債を免除します。
⑤ 所得税を廃止します。
⑥ 国税庁を廃止します。重要でない「新しい品目のみ」政府の消費税収入として、均一な比率で課税対象にします。
⑦ 世界中で展開されている米国政府の軍事行動を停止します。
⑧ NESARAの発表後、120日以内に新しい議員を選出します。(※大統領は選出済み)
⑨ 選挙をモニターして、特別利益団体の違法な選挙活動を防ぎます。
⑩ 憲法を本来の状態に戻します。
⑪ 高齢者の収入を増やします。
⑫ その他、莫大な富の放出と、隠蔽されてきた病気の治療法、新技術の公開を行います。

以上、これらは既にアメリカ議会で承認されてきたものでありながら、奥の院の意向で実行されませんでした。奥の院の力が失われてきた今、一つづつ実行に移されるのではないでしょうか。これまでもチャネリング情報では実行される時期が近いといわれてきましたが、FRBの機能停止などからみて、実行部隊が動き出したと考えていいと思います。どの項目をみても素晴らしいもので、ワクワクさせられます。アメリカが変われば日本も追従せざるをえませんから、日本も大きく変わることになるでしょう。\(^o^)/


人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、在庫がなくなり新本の入手が困難になっていますが、増刷をお願いしていますので、しばらくお待ちください。増刷ができたらお知らせします。
# by 892sun | 2016-06-07 08:25 | Comments(0)



この世の仕組み、あの世の仕組みから、本当の生き方を綴っています。心霊研究家のつぶやきです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
ライフログ
最新の記事
悟りへの道、その4
at 2016-06-25 10:59
悟りへの道、その3
at 2016-06-21 12:24
悟りへの道、その2
at 2016-06-18 13:13
悟りへの道 その1
at 2016-06-16 16:56
光輝く未来に思いを馳せましょう。
at 2016-06-14 09:29
瞑想してみましょう。
at 2016-06-12 14:41
君が代をヘブライ語で唄う
at 2016-06-11 21:25
神の蛹たちよ
at 2016-06-09 16:30
偽装社会・・・おめでたい日本人
at 2016-06-07 17:02
NESARAが動き出した
at 2016-06-07 08:25
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧