ひとりごと、ぶつぶつ

どんな悪党もいつかアセンションする

私はあの世の研究家なので、あの世から較べたらいかにこの世が酷いかがよく分かる。あの世といっても幽界は再生する魂が住んでいるから、この世とほとんど変わらない。欲望むき出しにした魂の争いが絶えないが、霊界はもうこの世には再生しない覚醒した(アセンションした)魂が暮らしているので、実に美しく、寒くもなく暑くもなく、何事も思い通りになるので、お金は要らないし、罪になるようなことは誰もしないので、法律もなく裁判所も警察もない。政治家もいらないので選挙もない。支配者のいない世界。あるのは宇宙の法則といわれる摂理のみ。彼らが言うにはこちらが実在の世界で、あなた方に見えているのは単なる幻想、早く目を覚ましなさいと。

どんな悪党も、何度かこの世に生まれて自分の欲望の追求に夢中になり、他人を傷つけたりしても結局は自分の撒いた種は必ず自分で収穫することになることを学ぶようになると、二度と間違いは犯さなくなり、アセンションする。それがこの世とあの世の仕組みですから、いかに無神論者であろうと共産主義であろうと新興宗教を作って教祖になろうが逃れる術はない。

誰だって思い通りになる世界に住みたいと思うだろうが、誰だっていきなり大人にはなれないように、思い通りになる世界に住むためには魂をそこに相応しく成長させなくてならない。この世の役目は未熟な魂の学校のようなものだが、このことに気がついて率先して学びたいと願えば飛び級もあるのである。まずは今日述べたようなことを知って意識を変えること。意識が変われば生き方にも変化が起きる。それが世界的な規模で起きるとされるのが今回のアセンションである。個人的であるか集団として起きるかだけで、アセンションは常に起きている。

アセンションなんてないと言ってる馬鹿は、こうした宇宙の歴史、地球人類の辿ってきた歴史を知らないのである。他の惑星の人類がとうの昔にアセンションしているのに、地球人類だけが出来ないわけがない。地球は人類の住む宇宙の惑星のなかでは比較的若い星である。だから今回の地球のアセンションには先輩として援助やらアドバイスを送ってきているのである。人類は地球だけに生息しているのではありません。

成長しているのは人類だけではなく、宇宙全体も成長しており、地球も昔のままの地球ではなく、先輩の惑星のように次元の高い惑星へと進化していくのです。一つの生物としての本能丸出しの人類から本来秘めている能力が使えるような新しい人類へと変わるためには、地球自体も変わらねばなりません。長い悠久の時間が過ぎて、今、地球は次元の上昇期にあります。それを体験したい魂も同時にたくさん生まれてきています。あなたもそのうちの一人かもしれません。

従ってこれまで常識だったようなことが覆され驚くことがたくさんあるでしょう。これまでと同じように常識に縛られ、生存本能や肉体波動の強い人たちが世の中を動かしていますが、時が来れば退場せざるを得ないことになるでしょう。もうこの人たちは地球の幽界にも行けません。地球の幽界は役目を終えて消滅してしまうからです。この宇宙のどこかに、また三次元物質世界の惑星が用意されていますから、そこへ生まれ変わってやり直しの人生を送ることになるでしょう。ご苦労なことですが、誰もが辿る道なのです。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_1130263.jpg

by 892sun | 2012-09-25 11:24
<< 第70代横綱 日馬富士関讃江 それでもまだアメリカが好きですか。 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧