ひとりごと、ぶつぶつ

真の独立国家としての日本へ。

学校では日本は独立国家として教えてきていますので、学校を卒業して世に出るまえの子供たちは日本は独立国家だと信じています。しかし社会に出てみれば、どこを見ても日本はアメリカの植民地であることに気付くことになります。心の底では本当の独立国家の国民として、どこの外国とも対等に付き合えたらいいのにと思っていても、選挙をすれば、アメリカの傀儡政党が政権を握り、良識ある国民の願いはなかなか実現しません。

政府は、国民が真実に目覚めないように、教育システムやメディアを使ってマインドコントロールをしてきていますので、国民の尊厳や命の大切さより、経済で外国と肩を並べることが一番大切なことだと思い込んでいます。核兵器は既に戦争には使えないことを知っていながら、日本がアメリカの核の傘で守られていると、言い続け、基地の集中している沖縄の苦悩などには、まったく耳を傾けようとはしません。

戦争で負けたことへのトラウマが残っているともいえますが、これまではアメリカという国家は二重権力の国家だったということです。表向きアメリカは自由な民主主義国家のように見えますが、実際は影の政府と言われるシャドウ・キャビネットが支配してきました。ロックフェラー帝国ともいわれてきました。そのアメリカのいいなりにならないと、暴力(人工地震やら人工的に異常気象をおこすこと)をふるって、時の政権を脅かしてきたのですから、日本はまったくアメリカというやくざの子分のような扱われ方でした。そのたっめに優秀な日本人がどれほど命を落としていったことでしょう。本当に悲しいことです。

そんな状態が今年から、明らかに変わってきています。アメリカが変われば日本が変わるとは、何度も言い続けてきたことですが、そのアメリカで権力構造が変わったのです。軍産複合体といわれる、軍隊と兵器産業を支配してきた、FRBの株主たちの行状について、アメリカ政府が正義の刃をふるい始めたということです。CIAやCFRの主要メンバーは拘束され、おそらく、闇の政府を支配してきた連中は逮捕されるという情報が入っています。

ジャパンハンドラーズと呼ばれ、日本政府を動かしてきたた連中も逮捕されるでしょう。ジャパンハンドラーズの手下として働いてきた自民党清話会の政治家も、国民が真実を知れば売国奴と呼ばれて、その地位を失うことになるでしょう。日本はやっと巨象の足に括りつけられた重い足枷が外れたということです。これでやっと日本はどこの国とも対等に外交が出来る真の独立国家としての歩みを始められるようになりました。

このことに、どうぞ皆さんいち早く気づいてください。人工地震など、もう恐れることはなくなりました。まもなく選挙があります。戦争屋の片棒をかついで、やくざ政治の手下をやってきた政権政党の政治家を選ぶのか、新しい時代に相応しい命を第一に考える政治家を選ぶのか、それはあなたの自由意志です。私と一緒に、日本を光輝く国にしていきませんか。




人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、増刷が出来ました。お読みになりたい方は直接、出版社にご注文ください。明窓出版、03-3380-8303 よろしくお願いします。
by 892sun | 2016-07-05 08:56
<< 性同一性障害の方々へ。 覚醒したらどうなるか。 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧