ひとりごと、ぶつぶつ

2009年 10月 29日 ( 1 )

核廃絶に向けて

北朝鮮の脅威を煽って、日本にもっとMDを買わせたい勢力や、日本人の中でもアメリカの核の傘によって守ってもらうことが国益だとか、もっと無謀な人の中には自らも核武装するべきだなどいう意見があるが、オバマ大統領が核廃絶宣言をしたように、世界の流れはこの地球上から全ての核をなくそうという動きが主流になりつつある。アセンションすれば、私たちの肉体は三次元物理の法則から脱出するから、核による放射能汚染というような問題もなくなるのだが、まずは現実的問題として全世界から核が廃絶されれば、こんないいことはない。

田中 宇氏のメルマガによれば、その先導役に我が日本とオーストラリアが議長国となって議論が始まったようだ。被爆国の国民の一人として、こんな嬉しいニュースはない。地球規模で波動が上がっているのは間違いない。目の前の些細な日常に囚われていると分からないが、アセンションは確実に進行していることを実感する。田中氏のサイトから一部転載する。

転載開始*** 
 ▼日豪が共催する世界非核化会議

 今回、私がこの記事を書く気になった点は別にある。それは、この会議を主催しているのが日本だということだ。ICNNDは、日本とオーストラリアの共催で作られており、カイロ会議にはICNNDの共同議長である川口順子元外相が出席し、もう一人の共同議長である豪州のエバンス元外相と連名で、会議の前と後の議長声明を発表している

 この会議は非公開だったが、秘密裏に開かれたものではない。ICNNDのウェブサイトに参加者の一覧が公開されている。事前に日本のマスコミが会議の開催を報じている。川口のウェブサイトには写真つきで情報公開されている(中東の核不拡散めぐり協議 カイロで国際委地域会合)(「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会 中東地域会議」をエジプト・カイロで開催しました。(9/28-10/1))

 ICNNDはすでに08年の結成時の声明で、印パや北朝鮮と並んでイスラエルの核兵器も議題にすることを表明している

 ICNNDは、日豪の外務省が事務局をつとめる有識者会議で、世界の主要諸国の元高官や著名学者らを委員や顧問として集めている。豪州のラッド首相が2008年6月に日本を訪問した際、この組織の結成を日本政府に提案し、日本側が提案を受け入れ、同年9月に会が発足した
▼黒幕はキッシンジャー

 調べてみると、この会は米国の隠れ多極主義者たちの肝いりで作られており、米オバマ大統領が提唱する世界の核廃絶計画と連動する組織であると感じられる。まず重要なのは、この会に参加している米国人の面々である

 この会に米国代表の委員として参加しているのは、民主党クリントン政権の国防長官だったウィリアム・ペリーであるが、ほかに顧問として共和党系のヘンリー・キッシンジャー元国務長官と、共和党レーガン政権の国務長官だったジョージ・シュルツ、核軍縮に詳しい民主党元上院議員のサム・ヌン(Sam Nunn)が入っている。この4人は、核廃絶を目指す「Nuclear Security Project」という組織を作り、2007年1月と08年1月に、ウォールストリート・ジャーナル紙(WSJ)に、世界的核廃絶を呼びかける文章を連名で発表した

 発表文の中で4人は、1986年に米国のレーガンとソ連のゴルバチョフがレイキャビク会談でまとめようとした世界的核廃絶の構想を継承すべきだと提案し、NPT(核拡散防止条約)の体制下で核兵器保有を容認されている5大国(国連安保理常任理事諸国)も核兵器を廃棄することを目標とした新たな体制を5大国と日独の主導で作ることが必要だと主張している。また、米国は、議会上院が1999年に批准拒否したCTBT(核実験全面禁止条約)を早期に批准することが必要で、米国が批准すれば他の未批准国(中国、イスラエル、イランなど)や未署名国(北朝鮮、インド、パキスタン)をCTBTに引き入れることができると述べている。

 これらの提案の多くは、オバマ政権の核廃絶戦略に踏襲されている。オバマは9月末の国連安保理会議を主催して安保理決議1887をまとめたが、その柱はNPT体制の強化と、旧来のNPT体制下で核保有を認められていた5大国も核廃絶することだ。9月末の国連安保理には、キッシンジャーら4人が全員オバマに招待されて呼ばれている。また、オバマ政権はこれとは別に、米議会にCTBTを再決議によって批准させようとする動きも行っている

 これらの絡みから考えて、オバマが進めている核廃絶構想のもともとの戦略を練ったのはキッシンジャーたちである。そして、日豪の外務省が事務局をつとめるICNNDも、同じ戦略に沿って作られた組織である。キッシンジャーらが5大国を含む世界の核廃絶を進めたいと考える理由はおそらく、世界の多極化が進展すると旧来の5大国制度をいったん解体せねばならず、5大国のみに核兵器保有を容認していたNPT体制を刷新する必要があるからだ。NPTは来年5月に加盟国が会議(NPT再検討会議)を開いて体制刷新を決める予定だが、その再検討会議のたたき台となる報告書を作るのが、ICNNDの任務である

 キッシンジャーは1960年代に共和党のネルソン・ロックフェラー上院議員が大統領になっていたらその補佐官になる予定だったが、ケネディ暗殺で民主党が有利になったので実現せず、70年代のニクソン政権までCFR(外交問題評議会)で中国について研究しながら待っていた経歴がある

 フランスが1960年、中国が64年にそれぞれ初めて核実験を行って核兵器保有国になり、5大国すべてが核保有したのを見計らうかのように、1970年に「5大国以外は核兵器を持つな」と定めるNPT体制が立ち上がった。キッシンジャーは、5大国に核独占させるNPT体制が組まれたときに米中枢に近い場所におり、おそらくこのプロセスに関与した。その40年後の今、彼は今度は多極化によってNPTの5大国体制を解体するプロセスにも再び関与している。キッシンジャーは、核兵器を使った国際体制を作るところから壊すところまで関わっている

▼広島長崎五輪は米中枢が後ろ盾

 日豪が主催するICNNDを構成する委員の出身国は、G20諸国とかなり重なっている。G20の19カ国のうち13カ国がICNNDの委員を出している。しかもICNNDは、イランとイスラエルの核問題を話し合った中東のほか、東アジア(北朝鮮核問題)、南アジア(印パ)、中南米といった世界の各地域で、地域諸国を集めて核廃絶に向けた話し合いを繰り返し、それをまとめて来年のNPT再検討会議のたたき台にする予定で、G20が向かっている多極型の世界体制と合致した動きをしている。

 核兵器をめぐる国際政治は、米英中枢における米英中心主義と多極主義の暗闘の一分野である。核兵器は当初、米英カナダによるマンハッタン計画で開発され、最初は英国が米国を操作して事実上の大英帝国を延命させる米英覇権の力の象徴として核兵器を使おうとしたようだが、米国が国連安保理5大国の多極型世界体制を望んだため、英国はそれをぶち壊す戦略に転じ、ソ連が核技術を盗むことを黙認し、核競争の冷戦体制を作った。そのさらなる対抗策として米国の多極主義者がやったのが、1960年代に中国とフランスも核武装させて、NPT体制による国連の5大国制度の復権を目指すことだったと考えられる

 今回、世界多極化に沿ったNPTの再編を目指すとき、それを米国だけが主導すると、英イスラエルから圧力がかかって英米中心主義を延命させる方に流され、むしろ多極化を阻害する結果になる。その一方で、米英からの棚ボタで核武装した中国やロシアに、自国の非核化を含むNPT新体制作りを主導させるのも無理だ。そのため、英米と親しいが核武装していない豪日に世界核廃絶の準備となるICNNDを作らせたと推測できる。特に、日本は唯一の被爆国であり「核のない世界」は戦後の日本人が念仏のように唱えてきた悲願である。

 念仏を唱えるだけでなく、実際に国際会議を開いて非核化を進めてみろと、米国の多極主義者は昔から何度も日本政府にメッセージを送っていたのだろうが、米国の核の傘や対米従属一本槍の国是に固執し、世界の主導役などリスクが大きくてやりたくない日本政府は、事実上、何もしてこなかった。ブッシュ政権のやりすぎによる米英覇権体制の自滅策が一巡して世界の多極化が顕著になり、次の米政権では5大国制度の解体や核廃絶が必要になるとキッシンジャーらが考え始めた07-08年になっても、対米従属と違う方向のことはやらないのが日本の姿勢だった。

 そのためキッシンジャーらは、アングロサクソンの一員として米国と親しいものの多極化の中で中国やASEANと協調してアジアの一員になりつつある豪州に「日本の引っぱり出し」を要請したのだろう。それを受け、豪ラッド首相は08年に訪日した際、世界の非核化を論じる国際組織を主催することを日本に提案し、日本政府はいやいやながらも共同議長国となることを了承した。

 NPTの核不拡散を日々の監視行動によって実現する組織である国連のIAEAでは、12月に任期が切れて辞めるエルバラダイ事務局長(エジプト人)の後任に、日本外務省の天野之弥が就任する。国連の仕事は、建前上は出身国の意向と関係ないことになっているが、実際は違う。エジプト人のエルバラダイは、イスラム諸国の意志に沿う形で、イランよりイスラエルの核を問題にすべきだと発言している。日本は来年にかけて、ICNNDでのNPT体制の改訂作業と、IAEAの事務局長という、世界非核化をめぐる2つの重責を負う。日本は、非核化が単なる念仏にすぎないのかどうか、世界から問われることになる。(IAEA事務局長に日本人選出の意味)

 日本では9月に政権が対米従属の自民党から従属離脱の民主党に変わったが、日本が核廃絶の舞台に押し出されていく流れは、この政権交代の後に顕在化しており、タイミングとして絶妙だ。鳩山首相や岡田外相は「日本が世界に非核化を提唱するのだ」と言い、すっかり右傾化した日本国民の多くから「絵空事」と冷ややかに見られているが、鳩山らが言っていることは、本人たちが自覚しているかどうかは別として、意外と世界の流れに沿っている。

 キッシンジャーらは、非核化念仏を唱えてきた日本を、他の面からも使おうとしている。それは荒木武・元広島市長が1982年に作った国際組織「平和市長会議」(Mayors for Peace、世界平和連帯都市市長会議)である。(Mayors for Peace)

 この組織は2003年に「2020年までに世界から核兵器を廃絶する」という目標を掲げた「2020ビジョン」を打ち出し、その一環として08年4月に「広島長崎議定書」を発表した。それは「5大国だけが核兵器保有を許されていることは、NPTの差別的な特性である」と批判し「5大国を含むすべての国に核兵器廃絶を義務づけるようNPT体制を刷新し、2020年までに世界から核兵器をなくす」と提案している。この内容は、07年のキッシンジャーらの提案や、先日のオバマ主導の国連決議と同趣旨であり、提案されたタイミングから見ても、同じ流れをくむものだ

 広島市は先日、長崎市と連携して2020年のオリンピック開催地として立候補したが、この動きは「2020年までに核廃絶」の運動と連携したものだろう。キッシンジャーらが起草し、オバマが実行している世界核廃絶の動きの一環であり、広島の秋葉市長は米中枢の人々から「2020年の五輪に立候補したら応援する」と言われているのではないか

 だから広島市長は、東京の政府にも広島県庁にもほとんど相談せず、五輪の立候補を表明した。表明後、東京の政府や広島県から「相談もせずに立候補するな」と叱られたようだが、米中枢や国連が後ろ盾なのだから、東京に相談する必要などない。キッシンジャーやオバマの世界核廃絶が本当に実現できるかどうか、まだ怪しいところが多いが、少なくとも広島長崎の五輪開催は、あえなく敗退した東京都の五輪立候補よりも、かなり実現性が高いと考えられる。
--------------------------------------------------------------------------------

田中宇の国際ニュース解説

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


b0034892_1118780.jpg

by 892sun | 2009-10-29 11:13



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧