ひとりごと、ぶつぶつ

<   2004年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

いつ決まったのだ、派遣延長。

自衛隊イラク派遣は、平和の党だとかなんとか言いつつ本当はただ政権にくっついていたいだけの公明党のおかげで決定したのだが、派遣延長の問題は議論もしないで、もう決定したのかね。防衛庁長官がテレビでしゃあしゃあと言っておったぞよ。コネズミ純一郎はこないだまで、「この問題は世論も勘案して・・・」などと言っておったのではないのか。ウラではブッシュと約束が出来ていたのではないのか。世論は体制べったりのはずの各新聞やNHKの調査でさえ反対多数なのに、どういうことなの?勘案など全然しておらんよ。独断ですよ、これは。北の金公とおんなじ独裁じゃないの。だいたい、この人は国民を舐めているとしか思えないなあ。自分の思うがままにやってしまえば国民はおとなしく黙ってしまうと思っているのだろう。確かに、自民党はコネズミのするがままだ。タマのない男たちばかりだから仕方がないけど、大人しいからって、あんまり国民を馬鹿にすると最後はロクなことにはならないよ。
by 892sun | 2004-11-30 21:33

キーワードは、ただ生きていたくないだけ。

昨日もまた集団で自殺があったようです。もう死んでしまったのだから、あれこれ言っても仕方ないけど、なんか無力感が漂います。インターネットで仲間を集めているのだから、きっと自殺とかいうキーワードで検索かけているんじゃないかと思いますから、私のサイトもひっかかっているに違いないのだけれど、読んではくれていないのでしょうね。自殺すること自体をもう決めていて、現実の世界では誰にも打ち明けずネットの世界でそっと仲間を探しているのかもしれない。まだ悩んでいるような時期だったら、こんなサイトですが読んでみようかとも思ってくれるのかもしれないけれど、もう決めてしまって実行する勇気だけが足りなくて仲間と一緒ならやれるとか思うんだろうね。一人で出来ないんだったらやるなよ、意気地なし。これからの人のためにくれぐれも言っておきますが、仲間と一緒に死んだってあの世ではひとりぼっちだよ。廻りを見回したって誰もいない、暗い冷たい世界が待っているだけだよ。今だったらまだきっとどこかに助けてくれる人が現れる可能性だってあるけど、もうそうなったら助けてくれる人もいないよ。叫び声を聞いてくれる人もいないよ。それでもいいの?
by 892sun | 2004-11-29 10:28

検察にも手を回したのか。

また、ふつふつと怒りがこみ上げてきた。日歯連からのヤミ献金のことである。こういう事件が起きるたび、政治不信が増幅され自民党とはうそつき集団のことだと国民はいつも思うのだが、馬鹿センセ方はとぼけて態度を変えようとはしない。政党助成金制度というのは何のために作ったのだ。ロッキードやら、リクルートやらの巨額献金事件を起こして、国民が政治に愛想をつかすのを防ぎ少しでも政治の透明性を高めるという目的で、国民から均等に巻き上げて政党に対して助成するようにしたのではないか。これではまったくこの制度の意味がない。そもそも献金などというものは、政党を助成しようなどという清らかな目的でされるわけがない。必ず目的があって、その陳情のためされるのだから、担当者本人に献金が届かなければ成立しない。今回の事件でも迂回献金はない、自分は受け取ってはいないとしらを切っているやつらのような政治家は単なる政治屋、国民のダニだよ。こんな人間をおらがセンセと仰いで当選させているからこの国の腐敗は改まることがない。自分の住む地域、自分の業界のことを任せるのはもう止めたらどうだ。本当に国民全体のためを考えるような人を選ばないと、ますます自分の首を絞めていくことになることが分からないのか。検察も地に堕ちたようだ。もうあてにもならん。あのムネオでさえこう言ってなげいておったそうだ。「私のケースから考えれば、検察はどうして手を引いたのでしょうか。国民の税金から政党助成金をもらいながら、党や政治団体から寄付や政治献金をもらうのでは国民に納得してもらえないのではないでしょうか。」全員逮捕してムショ送りにするような司法、行政にならない限り日本人に成長はない。国民一人一人の自覚の問題なのかも。
by 892sun | 2004-11-28 11:46

いよいよ増税だそうで・・・・

税調が増税への一歩となる定率減税廃止を答申した。世界一の外貨準備高を誇る金持ちニッポンの実情は弱い、そして取り易いところから毟り取るのがおかみのやり方である。国民の悲鳴などまるで聞こえないようだ。日本人というのは勤勉で賢く良く働くから他の国に較べてみても強い経済力を手に入れたのだ。悲劇は国民が優秀な政治家を生み出せなかったことである。働いても働いてもみんなアメリカに巻きあげられてしまう。まるで木の葉のごときドルをせっせと貯めるために血みどろになっていて、日本人としての幸せ感など味わうゆとりもない。カレル・バン・ウォルフレンの言う、幸せになれない日本というシステムなのである。私は決して民族主義者ではないが、長いあいだ、中国の属国として生きてきた韓国朝鮮の民族的卑しさを見るたびに、ああはなりたくないなと思う。日本を代表する政治家として、アメリカのみならず、世界のどの国の政治家に向かってもきちんと話が出来るような人はいないものなのだろうか。ブッシュの背中越しに靖国参拝の正当性を述べるような人はいらない。虎の威を借る狐そのものである。
by 892sun | 2004-11-26 10:11

お勧めです、たまねぎの酢漬け。

大病を患って以来、それまで見向きもしなかった健康食品などに関心が向かうようになった。血液がさらさらになるなどと聞けばすぐさま購入して試してみる有様。韃靼そば茶にルチンが多いと聞いて毎日飲んでいるし、ビタミンEやらにんにく顆粒やら、近頃はヨーグルトにはまってしまって、必ず一日一個は食べる。ただし私は酸味に弱いので甘口のなかにブルーベリーが入ったやつ。これで調子良くなったのか、近頃少しずつ体重が増えている。体重増加は血圧に響いて困るなあ、と思いつつ、毎月の検診の折、待合室で雑誌を見ていたら、たまねぎの酢漬けがダイエットに効くなどと書いてある。さっそくその足でスーパーへ行ってたまねぎ、りんご酢、はちみつなど仕入れて帰り、作ってみた。ちかごろ流行のもろみ酢とか黒酢とかは見た目が汚いのでりんご酢にした。果実酒作りに使っていた広口びんにたまねぎの薄切りとりんご酢、はちみつを入れてみた。実にきれいな黄色の酢漬けが出来上がったのだが、試食してみて驚いた。実に美味いのである。良薬?ながら口当たりも良かったのである。ぜんぜん酢っぱくないし、ごはんのおかずとしても絶品である。ぜひお勧めしたい。ただし、ダイエットにどれほど効果があるかは、しばらく先にならないと分からない。
by 892sun | 2004-11-25 15:04

スノーもグリーンスパンもお手上げのようで

世界を見渡してみてアメリカほど強い国力を持った国はないのだが、私の中ではこのやり方は決して許しがたい摂理に反したもので、この国が繁栄すればするほど飢餓に苦しむような悲惨な国も増えてゆくというのが持論だった。10年ほど前、すでに私はこの国の繁栄は、消える前のろうそくの炎のようなもので一時的なものにすぎないのではないかと指摘したことがある。それはプラザ合意で日本の黒字がアメリカに向かって流れるようなシステムが構築され、さらに幸運なことにITバブルがおきて二度までもアメリカは救われたということなのだが、大きく燃えた炎もついに消えるときがきたのではないのだろうか。このところ円高が続いている。円高というよりユーロも高いのだからドル安なので、この流れはそう簡単には止められないのではないか。ドルの基軸通貨制の終焉ではないのか。善悪は別にしても、最も政治家らしい、政治家としてプーチンの名前を挙げるのだが、すでにロシアは石油代金をユーロにシフトしているらしいし、中国も同じことを始めるだろう。中東でも右へ倣えば間違いなくドルは盟主の座を明け渡さなくてならないだろう。副島氏の言うように来春には1ドル40円というのも信憑性が出てきた。属国日本の財務省はなんと言われようとドル一辺倒でドルを積み上げているが、いまさらユーロに買い替えたくても、やればさらにドル安になるだけなので無為無策を押し通すのだろう。国民の血と汗と涙はあれよあれよと見るまに消えてゆく。ああ、無情。
by 892sun | 2004-11-20 16:29

幼友達

電話の向こうから懐かしい声が響いてきた。小学校、中学校の同級生たちであった。15、6人集まっているという。途中で市制になったが、小学校へ入ったころはまだ、村の学校で同じメンバーがそのまま中学校に進み、そして卒業した。それ以来であるから、45年ぶりということになる。今年の春帰郷したときに最近の集合写真を見せてもらっていたから、だいたい顔は想像できたが、可愛かった少年、少女はすっかり老けたおじさん、おばさんに変わっていて驚いたものだが、お互い還暦過ぎているんだから当たり前のはなし。しかし、こうして掛けてきてくれる電話の声はすっかり少年時代に戻っていたようで、無邪気とも思えるようにはしゃいでいた。男性もすでにリタイヤした人が多く、女性も家事から解放されて、田舎はみんな車で移動するから、一言集合の掛け声をかけるとすぐ集まるらしい。私のように一人東京で暮らす人間からみると実にうらやましい限りである。若い頃は仕事に追われていて昔の友達のことなど忘れていても、やはり歳を取ってくると、なんの打算もなく付き合ってくれた幼友達が本当にいとおしくなってくるのだろう。また田舎に帰りたくなった。
by 892sun | 2004-11-18 21:54

なぜ逮捕しないのだ。

西武鉄道の株式が市場から締め出されることが決まって、連日のストップ安が続いていたと思ったら、一転今日はストップ高になった。東証がだめならジャスダックがあるさとばかり、暮までにジャスダック上場をするという話が流れたせいである。ふざけた話だねえ。もしかして、最初から話がついていたんじゃないの。あまりにも一般投資家を馬鹿にしている。前にも書いたけどもともと堤義明というのは出生に秘密があるということだし、日本そのものも馬鹿にしているんじゃないのか。世界でも一二を争う大金持ちだというのに、コクドという非上場会社を表にだして以下の関連会社の株を統括して儲けを表に出さない工夫をして税金を祓わずずっと逃げ続けてきた。本当はこんな人間は逮捕するべきなんだろう。

税金逃れといえば、アメリカの金持ちたちも制度を悪用して脱税するのが当たり前になっている。アメリカでは寄付をすると、その分が税金から引かれるので、利益がでるとそれを自分の設立した財団などへ寄付してしまう。自分が理事長などして支配している組織なら寄付されたお金をどのように使うのかもまた自分の裁量で行うのだから財布から財布へ移動したにすぎない。金持ちが天国に行くのはらくだが針の穴をくぐるより難しいとイエスは言った。むべなるかなである。
by 892sun | 2004-11-17 21:05

智慧比べ

私がひとり毎日散歩する庭の別名を都立善福寺川緑地という。管理は石原クンに任せてあるので、掃除も庭木の手入れもしない。私はただ散歩するだけである。このところの寒さですっかり色付いた木々の変化に驚き、川べりで遊ぶカルガモに見とれ、砂場で歓声をあげる幼い子供たちの声を聞きながら、今日も黙々と歩く。思考を止めると意識が働きだす。すると、まわりのすべてが輝きだすのだ。路傍の草や石までもが・・・。ここは私の心を蘇らせる場所なのだ。

ところが、困ったことに最近になって石原クンはここに烏のトラップを作ったのである。なんでも烏が増えすぎてゴミをいたずらする苦情が絶えないのだそうである。増えたのも人間のせいだと思うが、増えたら減らせばとばかり、実に立派なトラップというより鳥小屋なのだが、入り口はあっても出口のない四畳半ほどの広さで中にはすでに二羽ほど入っていて、食べ物はたっぷりあるので食べたのはいいが出口がないのであせっている状態。親切な人がいて、「あの二羽はおとりなんです」と教えてくれた。

それから私も気になって、前を通るたび見てみるのだが、いつも二羽しか入っていない。毎日入ったのを処分しているのだろうか。それとも、すでに利口な烏にわなと気付かれて馬鹿にされているのであろうか。脇にある大木の上で烏たちが集まって何事か騒いでいるが、きっと仲間を集めて設置されたわなについての注意を呼びかけているのだろう。人間だけは信用するなよ。
by 892sun | 2004-11-16 20:56

コンテナの中は?

拉致被害者のご家族の方々にはなんと言って慰める言葉も思いつかない。日朝の交渉が行われる度に儚い希望を持って上京されるのだろうが、予想通り何も出ない。それにしても、あの思わせぶりなコンテナには何が入っているのだろう。まさか、遺骨とわずかな書類のために飛行機をチャーターして4個のコンテナに入れてきたのではあるまい。サプライズ好きなポチを喜ばせるための仕掛けでも隠してあるのか。早く開けて中を見せよ。
by 892sun | 2004-11-15 20:20



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧