ひとりごと、ぶつぶつ

<   2005年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

始まりの一歩。

イラクでやっと選挙が終わりました。イラクの人たちにとっては不本意なことだったのでしょうが、今はアメリカに押し付けられた不条理に逆らうことも出来ず、ひたすら従順な羊として投票に行ったのでしょう。命懸けでしたね。これで後はなんとか形になれば議会制の政治システムが立ち上がることになります。心の中ではいろいろ言いたいことや不満もあるでしょうが、武力に武力で立ち向かうことはせず、ひとまず受け入れて、そこから自分たちの国造りを始めてください。世界が見守っています。選挙による民主的な政府が出来れば、今度こそは武力で体制を壊されることもないでしょう。石油資源などというものがあったばかりに、大国の横暴、強国の論理に踏みにじられてしまいましたが、彼らの望む民主的な政府が出来たからには、民の意志が主となるような国になるように祈っています。石油利権をうまく使って復興を急いでください。なんのために時間とお金をかけ、死者まで出して戦争したのか、アメリカや追随した国に後悔させてやってください。犠牲になった多くの人たちのためにも国を売ったりアメリカの属国になるようなことはせず、誇り高いモスリムとして自分たちの道を歩いてください。まだまだ長く辛い日々が続くでしょうが、とりあえず始まりの一歩を踏み出したのです。
by 892sun | 2005-01-31 14:37

蝋梅を眺めながら

私の好きな花の一つに蝋梅という花があります。中国原産だそうですが、中国といっても広うござんして中国の何処だかは知りませんが、冬に中国を旅した人から聞いた話ではいたるところ蝋梅が満開だったと言っていました。日本では新暦の正月に咲きます。梅という字はつきますが、日本の梅の仲間とは違うし、梅より一月も早く咲きます。冬のモノトーンの世界の中で、そこだけが色付けしたように黄色の蝋細工のような薄い可憐な花びらと上品で高貴な香りが、私を虜にしたのです。この花の盆栽は珍しく、かつて一鉢持っていたことがあるのですが、ある年の冬、大雪が降って幹が裂けてダメにしました。それから、あちこち探してはいるのですが、良いものが見つかりません。低潅木で古くても大木にはならず主幹の太さはせいぜい直径一寸、高さは一間そこそこといった目立たない木で、新しい枝先に花を付け、枝数はかなり出ますがまっすぐな枝で面白みに欠け、日本ではあまり普及していないようで、庭木として植えてあるのを見かけたことは数少ないほどです。今、一月も末ですから蝋梅もそろそろ終わりだなと思った途端、見に行きたくなって聖跡桜ヶ丘の隣にある百草園(ひゃくそうではなくもぐさと読みます)へ行ってきました。我が家からは明大前で乗り換えれば、せいぜい30分足らずですから、すぐなのですが今まで行ったことはありませんでした。写真を撮ってはきましたが、私のカメラは銀塩式なのでプリントが仕上がるまで日数がかかります。いずれお見せします。早くデジタルが欲しいのですが、今までのキャノンのレンズをそのまま使いたいのでレンズ交換の出来るボディーを手に入れたいのですが、そうなると安くても十万以上しますので、まだ躊躇しています。デジタルを手に入れたら休みの日は東京の名所旧跡を歩いてみたいと思っています。上京以来40数年、未だに東京見物をしたことがないのです。住んでいると、あえて行きたいとも思わないのですね、まったくおのぼりさんと同じです。
by 892sun | 2005-01-29 16:27

白蟻役人が日本を食い潰す

亡国の歴史を見れば分かることですが、いずれの国も役人が堕落し腐敗して滅んでいくのです。勤勉な国民性で、ジャパン・アズ・ナンバーワンと呼ばれた頃もありましたが、その頃からもじわりじわりと大黒柱に巣食うシロアリのごとく、または癌細胞のごとく取り除いても取り除いても転移を繰り返して日本国株式会社を蝕んできましたが、今日の新聞にも聞き飽きたようなニュースが書かれています。国土交通省と水資源公団が過去5年間に天下り先のOBの所属する財団法人に対して入札もしないで665件、二百余億円を発注したとあります。地元民が建設に反対する徳山ダムの建設に関わる環境調査費だそうです。読んでいて間違えそうになった。ダムの建設費じゃないんですよ。その以前の調査費がそんなにかかるのかね。もう、それ聞いただけでそんな金食いダムなんかの建設止めてもらいたいと思いますよ。現在、日本が抱える財政赤字は500兆円をはるかに超えて、国民一人当たり赤ん坊から年寄りまで入れて計算すると、確か2百万以上だったと思います。家族4人の標準家庭なら1千万の負債を抱えているのと同じだと聞きました。そんな危機的な状態にも拘わらず役人どもは自分の金じゃないと、こうも大胆に仲間や自分たちの私腹を肥やして罪の意識を感じないのかね。みんな税金から出ています。国民の血と汗と涙の結晶なんだよ。それを退官して天下り、自分たちの息のかかった企業を渡り歩いて退職金をはしごして受け取ったり、仲間に発注して山分けしても平気な感覚は、もはや血の通った人間のものではない。私は心霊学研究家のはしくれとして、こいつらにはっきり言ってやりたい。以後、あなた又はあなた方の家系に医学では手の施しようがないような病気やら災いが降りかかるでありましょう。どんなにお金を積んでも解決出来ないような問題が生じることを明言しておきます。原因と結果の法則とはそのようなことなのです。まあ、多分悪しき種が実をつけても何故か分からずうろたえるばかりではありましょうが。
by 892sun | 2005-01-28 16:00

老人が張り切ってるうちはダメだな。

NHKのエビさまがやっとお辞めになりました。これで視聴料払う人増えるんですかね。会長辞めて、引っ込むのかと思いきや翌日には顧問就任を発表する手際の良さには参ったな。院政でも引くつもりなんでしょう。国定忠治を引き合いに出してましたが、引き際のかっこ良さをアピールしたかったのでしょうが、それだったら暫くは潔く身を引いてもらいたかった。横綱審議委員会の委員にもなるつもりのようですね。ナベツネの引きなんだろうが老害だよね。類は友を呼ぶの図です。いつも昔の話を持ち出して恐縮ですが、というのも、あまりに今の日本人がかつては持っていた日本人的な良さを失ってしまったからですが、だいたい昔の人は一仕事を終えると隠居して若い者に身代を譲ったものでした。そうして自分は趣味人として余生を楽しんだ。道を切り開くことに生きがいを感じて果実の収穫は後進に譲ったのです。ところが今の老人たちはいつまでもしがみついて権力を離そうとしない。政治家がそうだから下々の者まで皆真似をする。かくして老害の垂れ流しです。若い人たちに任せればいいのです。危なかそうに思えても大丈夫、そうしないとアイデアや活力が生まれません。日本が停滞しいつまでも活性化しないのはこのあたりに原因があるのかも知れません。
by 892sun | 2005-01-27 11:27

両刃の剣か。

パソコンを開けるたびに大量のお呼びでないメールが紛れてきます。どうやって調べるのか英文のものも数多く入ってきます。最初のうちは気にもせずに削除していましたが、メッセージから、送信者の禁止というのがあるので、せっせと禁止にしても同じメールが届く。どうやらスパムメール排除ソフトの売り込みらしいが、これ自体がスパムじゃないのかい。最近増えてきたのが女性の名前でサークルを作ったけど男性メンバーが足りないので入ってほしいというやつ。お付き合いしたらお金もくれるなどと書いてある。間違いメールのふりしたやつもある。いったん返信したらしつこくつきまとうのでしょうね。手を変え品を変え、名前も変えてくる。世の中、そんなに甘い話があるわけないと思うのだが、血気盛んな若者には一挙両得と理性の判断を狂わせることもあるのだろうね。気を付けてくださいよ。売春は古今東西オナゴの専売特許で、ホモかホストでもないかぎりオトコはお金は貰えませんのや。私のホームページは、読者からの相談を受け付けているので、特定したメールだけを受け取る設定にも出来ませんが、何かスパム撃退の妙案でもあれば皆飛びつくはずですが、これだというようなものはないのでしょうね。ウイルスもそうですが便利なツールが出れば、それを利用した反社会的な者が必ず出てくるのですね。
by 892sun | 2005-01-25 10:32

なかなか根性直りません。

若いころは、仕事も遊びもオナゴにも、強くなくてはとオトコを磨いておりましたが、ある時を境にすっかり改心致しましてギャンブルを初め酒も煙草もオナゴも止め、清く正しく生きておりますので、小倉競馬場で400マンエンの大穴が出たとてちーとも羨ましいなんぞとは思いません。どうせオイラの人生は金には縁がないのよ、わけ分からんようなお金なんぞ入ってきたら人生が狂ってしまうに違いないと、心に強く言い聞かせておりまする。が、もう狂うような人生もあと僅かだぞよと、耳元でときどき悪魔が囁いたりしますので宝くじは買ったり致します。ははは。どーせ当たりゃしませんよ。当たらないとは思うけど、当たったときのために書いておきたいのは、日本の宝くじの当選金額の少なさよ。たったの3億エン、前後あわせてもこれっぽっち。これでは人生なんか狂わないよ。どうせならアメリカやらオーストラリアやらカナダやらのように何百億円ぐらいにしておくれ。これなら狂うかもね。あー一度でいいから狂ってみたい。
by 892sun | 2005-01-24 12:09

シズム シズム ユウヒハ シズム

はるか外野席から眺めているだけではちっとも分からんのが朝日新聞。何故本田とかいう北の工作員もどき記者をあれほど庇うのかねえ。金タマ、やったとばかりはしゃいでおるよ。ぐちゃぐちゃ言ってないでテープをちゃんと公開せよ。論理すりかえは北のオハコではないか。全社一丸となって北の手先になってしまったのか、そうであれば北朝鮮朝日報とか北中央通信日本支社とかに名前を変えよ。そうでもしないと、没落していくばかりの朝日新聞をこれからは夕日新聞と呼ぶゾ。

外務省の頭コチコチ役人たちが、ネットが騒がしいのでやっと気が付いて海外での被災者から金取るの止めたらしいですよ。過ちを改むるに憚る事勿れ。マスコミは書かなかったけれど、ネットでは知られていたこと。ネット人口が増えるにつれ、これからはこんなことは日常茶飯事となるでしょうね。アメリカでも有名なキャスターが辞任する事件がありましたものね。声なき声も集まると力を発揮するのです。

コネズミ首相の所属する森派で、かき集めたお金の行方がわけ分からんことになっておるそうです。要するに、入ったお金は全部どんぶりに入れておいて、使う時は鷲掴みにしてばらまいていたわけですが、こんなニュース誰も驚きませんね。橋本派同様、一億貰っても記憶にない人たちの集まりですから、ちゃんと記帳しておけばすむことを記帳できないわけがあったのでしょう。なーに問題が大きくなったら会計責任者に自殺してもらえば済むことです。そのために雇ってあるのです。たいしたことじゃない。
by 892sun | 2005-01-23 11:53

ゼニのことしか頭にないバカ

物質的なものでの満足感というのはその時ばかりで、すぐにもっともっとということになり決してもう充分です、とはならないのですね。特にお金はそうですね、いくらあってももっと欲しいらしい。らしい、としか言えない私からみると醜いとしか思えないのが西武鉄道、堤義明の弟たち。親父が国会議員の特権を利用してあこぎに私腹を肥やした上、遺産相続で国に納税するのが嫌で、社員を使って名義貸しをしたりコクドなんてわけ分からん会社を使って、およそ社会的なルールからはずれたことを長いことやってきたから、今、そのツケを払わなくてはならなくなっている時に、遺産としての権利を主張しましたよ。よく言うわ、呆れました。遺産を貰わないと生活に困るというなら分かりますが、一応どちらも関連会社の社長ですよ。義明の弟として生まれただけで、努力もなしに兄から会社あてがわれているのです。ここ一連の西武鉄道のドタバタで一般株主の受けたダメージを考えたら兄弟そろってお詫び行脚でもするのが堤一族の使命でしょうに、欲の皮の突っ張ったのが、そろって堤家ねらって生まれていったのですね。金持ちが天国に行くのは、ラクダが針の穴をくぐるより難しいと言いますが、この兄弟たちが死んだあと、あの世のでの暮らしぶりを想像すると、ちょっと愉快。
by 892sun | 2005-01-22 18:22

ウロペーパー

メーカーにも在庫なしなんていわれていたのに、薬局から入りましたと電話があったので早速購入しましたよ、あの食塩尿中濃度測定用テープ。尿を取るときのコップとテープと判定説明が5セット入っていて1000円也、ちょっと高いんじゃないの、と思ったけど、それほど売れるもんじゃないから、まあ仕方ないか。それで、昨日の朝と今朝と二度測ってみましたら、昨日は多分、9グラム、今朝は7グラム。多分というのは判定を自分で決定しなくてはいけないのだけれど、印刷物のようにはバチッと出ないから、多分というような曖昧な結果になるのですが、だからどうだってこともありませんから、うんうん、そんなもんだろうと、納得しています。昔は7グラム以下と言われていたそうですが、今は5グラムと言われていますので、もう少し努力が必要ですが、これでだいたいの目安が分かったわけで、これからの食事の仕方を考えることにします。しかし、これだけ食事に気をつけていて、まだ7グラムとか8グラムとか出るというのは、今まではいったいどれほど食べていたんでしょう、恐ろしくなります。普段気が付いていないけれど、食べ物の中には結構な量の食塩が入っているのですね。この量を大匙ですくって見てみたら、きっと信じられないと誰も思うでしょうね。それが毎日続くのだから、病気にもなるはずです。減塩を意識しだして数週間になります。やっと血圧も下がりはじめました。味気ない食事にも慣れてきました。もうこれからはずっとこんな食事をするしかないのでしょう。うーん、肉体的な楽しみはもうこれでほとんどなくなりました。もう死んだほうがいいんじゃないのって、友達にからかわれています。ばーか、楽しみは肉体的なことばかりじゃないつーの。
by 892sun | 2005-01-21 09:52

エリートたちは人の道って知っているのかなあ。

国の役人というのは立派な大学を優秀な成績で卒業した、およそ庶民とは頭脳の構造が違うような人なのですね。迫害を逃れて日本までやってきて難民申請をして国連難民高等弁務官事務所ではマンデート難民として認められたのに手続き更新に出頭したら、そのまま収容されて本国であるトルコに強制送還されてしまった。この間も国連ビルの前で絶望して一家焼身自殺を図ったクルド人家族のお父さんと息子のことです。残された奥さんと4人の子供たちは、お父さんは殺されると泣き叫んでいたそうです。トルコはクルド独立には神経質になっていてかつて独立運動をしていて日本に逃れた父親は帰れば身に危険があります。法務省はそのことを当然知っていて家族を引き裂き送還したわけですから、私は人権屋ではありませんが、絶対に納得出来ないし、日本人の一人として許せることではありません。役人だって一人の個人として判断すれば誤ることのない判断を組織人間として判断するから、このようなことが平気になるのです。私が組織やそのなかで守られてぬくぬくと生きる人間を嫌い軽蔑するのはこのためです。社会保険庁のように自分のお金と国のお金の区別も出来ないような役所があれば、こうした血も涙もない役所もあります。一人一人の人のために作られた役所なのに人々の心は離れていくばかりです。津波支援にみんなの目がいっている影でこんな恐ろしいことが行われているのを知っていましたか?
by 892sun | 2005-01-20 10:41



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧