ひとりごと、ぶつぶつ

<   2005年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

アサヒではなくチョウニチ

アカイ アカイ アサヒハアカイと書いたことがありますが、どうやらアサヒとは朝の太陽のことではなくて朝鮮の朝、日報の日であさひとは読まないでチョウニチ新聞と読んでもらいたいのかもしれませんよ。購読していないので詳しいことは知りませんんが、社説で竹島を韓国に譲ってしまって名前を日韓友好の島にしたらどうかなどと書いたらしい。私も争いの元となるようならば、どちらのものでもない両国で共有して友好の島にすればどうかなどと書きましたが、さすがというか、大胆というか、朝日新聞は譲ってしまえと書いている。私のような個人的なブログでなら何と書こうと構わないはずですが、天下の大新聞が新聞の顔ともいえる社説で堂々と韓国の立場に立った意見を述べるとはねえ。どう見ても日本人が発行している新聞には思えません。せめて私の言うように両国で共有するぐらいにしておけば賛同者も出るでしょうが、これではチョウニチシンブンと呼ばれてもいたし方ありませんなあ。今朝のニュースでも武富士との協賛記事を作りながら、結局名前を出さないできたことを謝罪している。新聞社としての基本的なスタンスがおかしいのじゃないのかね。朝鮮ではどうかしりませんが、日本では許されませんよ。この新聞の言う言論の自由の意味が少し分かりかけてきた。
by 892sun | 2005-03-31 10:39 | Trackback

花見の気分じゃありませんが。

またまた巨大地震ですね。昨年からやたら多いような気がします。今度も前のように、分かってみたら二十数万人というような、状況が分かるにつれて死者の数がうなぎ上りに増えていくようなことはないのでしょうね。前の時は津波による死者が多く出たのでしたが、今度のは津波は部分的ですんだようですので不幸中の幸いでした。新潟、福岡、スマトラ島、イランと復興意欲をそぐように次々地震が襲ってきます。どこに、いつ来るのか分からないし、逃げようもないですね。ただじっとして揺れの収まるのを待つだけ。自然の強大さ、人間の無力さを感じます。お亡くなりになった方々の冥福をお祈りいたします。

私の散歩コース、善福寺川緑地公園で一番早く咲く桜は荻窪一丁目から入った公園の西側入り口近くの緋寒桜。いつもの年はもっと早いのですが、それでもやっと咲きました。めじろの群れが蜜を吸いに集まってきています。小さくてわかりませんか?二羽写っていますよ、探してみてください。花に見とれて浮かれる気分ではありませんが、ほっとするワンシーンです。
b0034892_15355447.jpg

by 892sun | 2005-03-30 15:27 | Trackback

デルコン、安いですよー。

桜の開花予想日は過ぎましたが、まだ咲きませんね。今日は東京の気温は16度の予想ですが、多分これもはずれです。曇っていますし、肌寒い。おととい、昨日と花粉は少なくて楽でしたが、今日はちょっと油断してマスクもせずに外へ出た途端、目が痒くなってきました。敏感なのか、花粉の量が多いのか、これでは外へは完全防備をしなくては出られません。きっと今年は桜だけではなくて、春を待ちわびた花たちがいっせいに咲くことになるでしょう。

話はコロっと変わりますが、パソコンの安くなったことには驚きますね。今朝の新聞のデルコンピュータの広告では17インチ液晶ディスプレイ付きデスクトップ、スリムタイプのパソコンがな、なんと69,980円也。税込みで、ですよ。スペックだってセレロンの2.53ギガ、メモリは512MB,ハードディスクは160ギガ、DVDコンボドライブ付きです。私のよりずっと高性能で安い。今までだったら、17インチのディスプレイだけでそのくらいはしたものです。いったいどうなってるのでしょうね。ハードに興味のある人はパソコンの組み立てもまた楽しみの一つだと思いますが、これだと組み立てるよりもずっと安上がりです。ノートパソコンも¥89、800.-もう一台欲しくなってきちゃったなあ。
by 892sun | 2005-03-29 13:52 | Trackback

半島は中国のものとなる。

五木寛之氏がフィンランドと韓国のことを、常に大国の脅威にさらされ蹂躙されて生きる弱小民族の悲哀を感じると語っていたことを覚えています。フィンランドについては分かりませんが、韓国については、今も常に中国の顔色を伺いながら政権運営をしています。今まではアメリカと日本の援助が必須でしたが、最近のノムヒョン政権の言動はアメリカ側から離れて中国側に付いたとも取れる発言が目立ちます。中国の経済発展に目がくらんだのでしょう。当然アメリカも気がついています。6カ国協議は当分のあいだ進展は望めませんし、アメリカにとっても中東問題が先決でこちらは急ぐ必要はありません。むしろ北の脅威を煽っておいたほうが日本を支配しやすいのです。中国に対する日本のODA打ち切りは、貰って当然と思っている中国には面白くありません。今までは朝日新聞をたきつけて世論を騒がせれば貰えるようになったのですが、ここにきて思うようにはいかないので、大国のメンツもあるので直接は言いませんが、韓国をたきつけているような気がしています。韓国世論を反日で盛り上げれば学生運動から大統領になったノムヒョン氏は押さえることができず、むしろ近頃は北の金さんの代弁者と化しています。これでは南北統一されても半島は社会主義となり、中国の支配下におかれることになるのでしょう。多分アメリカの次の政権を取るのは民主党であり、民主党は反日本とまでは言いませんが親中国ですから、中国における現在の日本の進出した分も含めて韓国のものにしたいとする下心もみえみえです。日本の政治には自主性はなく宗主国の言うとおりですから、考えようによってはラクチンですが、韓国のような国は先を読んで政治を行う必要性があるのです。日本も自主独立を鮮明にしたいのであれば、もっと外交技術を高めないと無理でしょう。
by 892sun | 2005-03-28 10:21 | Trackback

白馬の騎士だって、とんでもない。

やくざが落したいオンナを手に入れる手法を、週間アカシックレコードの佐々木敏氏が、砕氷船作戦と呼んでいた。まずAという船を出して絡んだり、嫌がらせをする。オンナが逃げようとしてもがいたりして、にっちもさっちもいかなくなって助けを呼ぶところにBが砕氷船よろしく颯爽と現れて助けてあげてオンナの信用を得るのである。が、実は最初からAとBはグルである。自分のオンナにしてしゃぶり尽くして価値がなくなったらポイである。ライブドアのニッポン放送に対するTOBが始まったとき、こう指摘してBとは誰かを推測していた。推測されたメンバーのなかにはもちろんソフトバンクがあった。ドンピシャでありますな。これで、世間知らずのお嬢さんのフジテレビは、白馬の騎士が現れて助けてくれたと身も心も孫さまのものよとばかり貢ぐのでしょうが、5年後、貸した株やら会社やらはどうなっているのか見ものです。ソフトバンクが今までやってきたことをよもや忘れたわけではないでしょう。テレビ朝日の時はどうしましたか?あおぞら銀行の時はどうでしたか?いつも側にいたのが北尾氏でしたよ。前歴ばっちり見せて近ずいてきたのに分からんかったんかなあ。孫氏と堀江氏は出身地も学校も同じです。孫氏の弟と堀江氏は同級生です。村上氏を含む彼らはみんな六本木ヒルズの或るサークルのメンバーです。彼らはうわべは日本人ではありますが、ユダヤ商法をアメリカから学んだきた内面は外人みたいなもので、利潤を得るためなら義理も人情もありません。もちろん彼らのその後ろには日本政府でさえ口出し出来ない大物が控えているから強気なのです。外資の黒船のやり方の怖さが見えてきました。日本の経営者なんて所詮世間知らずのお嬢さん並みです。落とすのは簡単だと彼らは思ったことでしょう。
by 892sun | 2005-03-27 16:14 | Trackback

裁判所に任せなされや。

我が宗主国では、15年にわたって植物人間となっているシャイボさんという女性の延命措置について藪様までもが働いておいでにならるようですな。さすが、キリスト教原理主義者と申し上げたいところですが、聖書の文言は一言一句たりとも間違ってはおらぬと信じてはいても、死とはいかなることか、ご存じないから延命することが彼女のためだとでも信じておられるのでしょう。15年も不自由な肉体に魂を閉じ込めておくことこそ地獄だとは思いませんのか。早く自由な大空に旅立たせてあげたいとはおもいませんのか。死ぬことを神に召されるとかなんとか言いながら、本当は永遠の別れであり無になることだと信じておられるからではないのですか。人気取りなんて色気は出さずに裁判所の言うとおり自然にまかせればよいのです。過剰な医療は本人を苦しめるだけです。死とは生命の次元移行なのです。死とは生まれてくる前の世界に戻るだけのことです。死とは生命進化のプロセスに過ぎません。死は誰にも訪れるます。死は悲劇ではありません。早いか遅いかの違いだけです。主よ、主よと言うほどには神を信じていませんね。命に関わることは神の御手に委ねなさい。大腸菌一つでさえ作れない人間がどうして偉そうに死にだけは関わろうとするのでしょう。シャイボさんの両親をはじめとする周りの人たちが、生命とは永遠であり、死とはいかなることか理解できていれば、おそらくこのようなことはニュースにもならなかったはずです。
by 892sun | 2005-03-26 10:07 | Trackback

愛、地球博覧会

今日から愛知万博だそうで、お祭り好きの人はいつ行こうかと計画を立てているのでしょうね。私は、といえばまあ、出身地でもあるし地元が賑やかで活気が出るのは嬉しいことですが、元々お祭りのような人がたくさん集まる人ごみが嫌いですので、多分行かないでしょう。行く人は韓国館で竹島の領有権を主張しているような冊子を配布するという噂がありますから、確かめてきてください。本当なら失礼しちゃうよねえ、逆のことしたら袋叩きにするだろうが。礼儀を弁えない韓国人にはビザの発給止めさせたいぐらいのもんです。

道端にたんぽぽが咲いていました。植えられた花より野の花が好きです。
b0034892_1624647.jpg

by 892sun | 2005-03-25 16:27 | Trackback(1)

私はビンボー父さん

堀江効果とでも言うべきか、ここにきて増配ラッシュだそうである。ZAKZAKによればここにきて600社が増配するそうである。増配によって株価を高くして企業価値を高めればTOB対策にもなるというわけね。ホリエモンを馬鹿にしてはいけないと言ったでしょう。若造たった一人にこんなことも出来るのよ。こうして序々にではあるが日本式資本主義は変わっていくのです。Japan wayを否定しているのではありませんよ。私はむしろ日本式資本主義のほうが日本人には会っているのではないかと思っています。会社は資本家のものだなんて、会社はお金持ちのものだと言っているようで、人的な資産が否定されているようです。特に日本というのは人の作り出してきた技術やノウハウで大きくなってきた国ですからね。ユダヤの論理は理解できても実践は出来ません。だからビンボーなのかな。「Rich Dad Poor Dad」というロバート・キヨサキの本がベストセラーになりましたが、わたしは、やはりビンボー父さんの考え方と同じです。今更考え方や生き方を変えることはできません。しかし、経営者の方々はそうは言っていられません。たいへんですね。ご同情申し上げます。せいぜい、アメリカのCEO並みの給料を貰ってください。

お彼岸を過ぎると一雨毎に暖かくなってきます。今日も寒くもなく穏やかな陽気です。こぶしの花がいっぱいに咲き始めています。
b0034892_12544581.jpg

by 892sun | 2005-03-24 13:01 | Trackback

精神統一

今日は雨です。花粉症人間にはうれしいですね。鼻はずるずるいっていますが、今日は目薬のお世話にはならずにすんでいます。雨降りもうっとうしいですが、目の痒さを思えば我慢できます。水曜日は毎週、精神統一に通っています。座禅や瞑想と同じことです。通いだしてもう十年以上にもなります。日本心霊科学協会というところが新宿区の落合にあります。創立してもう60年近くなる日本におけるスピリチュアリズムの古い組織です。そこで40分ほど座ってきます。本来は正座をするのですが、手術以来正座をすることが出来なくなりましたので椅子にかけています。精神が統一出来るのであれば椅子でもいいのです。ただ座るだけでも目的は達するのですが、統一している間に霊能者が一人ずつ背後から霊査をしてまわります。そして統一が終わった後で一人一人に感じたことをコメントしてくれます。熱心にメモを取っている人もあれば、私のように聞き流している人もいます。霊能者には必ず審神者(さにわ)が付きます。水曜日の審神者は協会の理事長で、統一後にお話をされるのですが、今日は風邪でお休みとかで、私にスピーチのお鉢が回ってきて慌てました。何も用意していなかったからです。それでなくても人前で話すのが苦手なので、統一のあいだも何を話そうか考えていて、きちんと統一できたのは僅かな時間になってしまいました。頭の中が真っ白になってしまったらどうしようとか思いましたが心のなかで、背後のみなさんに助力をお願いして、みなさんの前に立ったら、それでもなんとかスピリチュアリズムについての基本的なことを短い時間でしたが、よどみなく話すことができました。きっと助けてくれたのでしょう。恥をかかずにすみました。
by 892sun | 2005-03-23 18:02 | Trackback

役人、三日やったら辞められない。

今更人生を振り返ってみてもやり直せるわけじゃないけれど、学校を出て、公務員になることを選んだ人たちというのは、私とはまったく人生に対する考え方が違うような気がします。どこがどう違うのかは説明に窮するが、昔、何になろうかと考えていたころにも公務員という発想は全然なかったし、また若い頃に戻れて再び人生がやり直せても、私は多分公務員を選択しないような気がする。公務員というのは、公僕として人々に尽くすのが仕事なんだから大変やりがいもあるし不況になっても収入は安定しているし、素晴らしい仕事だと思うが、なぜか魅力を感じない。若い頃というのは、自分の能力が無限に広がっているような気がして組織の中へ埋没してしまいそうなのが怖かった。たった一回の人生なんだから、失敗を恐れず出来る限りのことに挑戦してみようとする気持ちを抑えることができなかった。まあ、そうして失敗を繰り返して現在を生きているわけだが、再びやり直せても、諦めずにまた同じように挑戦を繰り返しながら生きていくと思う。数百兆円という国家財政の赤字を抱えて国家公務員の給与が一律5%引き下げられるそうですが、実際には引き下げられた分だけは手当てを新設して総額に変化はないそうである。そもそも赤字国家にボーナスが出るということも納得できませんが、役人が自分たちの取り分が減るようなヘマをするわけがありませんよね。当たり前といえば当たり前の話。ひがんでばかりいないで、今度生まれてくるときこそは役人天国の日本の公務員になろうかな。
by 892sun | 2005-03-22 13:33 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧