ひとりごと、ぶつぶつ

<   2005年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ITER(国際熱核融合実験炉)

日本とフランスが熱核融合炉の建設で誘致合戦をしていたとは知りませんでした。新聞によればこのプロジェクトはフランスのカダラッシュなるところに決まって、日本の候補地だった青森県六ヶ所村は残念ながら夢破れたと書いています。

いいじゃないですか、こんなもの、本当に欲しくて手を上げたんじゃないと思いますよ。六ヶ所村といえば、使用済み核燃料再処理施設があります。どこだって嫌がるこんな施設、好きで誘致したんじゃない、地域振興策の一環として、止むにやまれず受け入れたんですよね。今度の誘致も地域振興、はっきり言えばお金のためなんですよね。

でも、使用済み核燃料再処理工場だって、本当に地元の人たちのためになっているんですか?もし決まっていたとしても、潤うのは建設業者だけではないんですか?それも、おいしいところは大手に持っていかれて地元の業者はおこぼれを貰う程度なんでしょう。

私はこんなわけの分からない正体不明のプロジェクトに未来を託すより、青森県は青森県にしか出来ない未来志向をするべきだと思いますねえ。電気もガスも水道も来てねえべさだから、いいんじゃないですか。日本全国どことも同じにして、どうするんですか?それこそ誰も振り向いてもくれなくなりますよ。いつまでも、どこにも負けない美しい自然を誇れるような地域でいてください。
b0034892_1151220.jpg

by 892sun | 2005-06-30 11:06

売国奴たちよ、恥を知れ。

シナの新聞が天皇のサイパン慰霊の旅にいちゃもんつけていますねえ。国中が反日左巻き教育をして、こうしてマスコミまでが煽れば、穏健な人だって日本嫌いとでも言わなければ近所付き合いもしてもらえないんでしょうね。隣国だから、いがみあっても仕方ないのだけれど、ほんと、どうしようもない国です。

国力が付いたのだからとODA廃止を打ち出したら、今度は残留した毒ガス被害に合った人たちの保障を永久的に続けよなんてほざいています。兵器だって終戦ですべては放棄させられたんだから中国のものなんでしょうが、人道的にほっては置けないから、日本が処理することにしたそうですが、なんだかんだと、たかり続けるつもりですね。そういう国だと思って付き合うしかないんだけど、日本の国会議員の中にも対中ODAでのキックバックで太った連中がいて、未だに媚を売っている。

日本人でありながら、アメリカのためにせっせと国を売っている輩もいれば、中国、韓国、北朝鮮への援助をキックバックさせて私腹を肥やして平然としている人間もいる。この暑いのに拉致被害者の家族は国会前で座り込みをしていますが、彼らの気持ちを思ったら絶対こんな人間を選挙で選んじゃいけない。みんなもう少し政治の裏を勉強して欲しいね。
b0034892_18144772.jpg

by 892sun | 2005-06-29 18:16

鳥インフルエンザ

鳥のインフルエンザが発生するたびに思うことは、あれは鳥たちがストライキをしているんじゃないかと感じることです。

鶏たちがどんな飼われかたをしているか、知っていますか?まるで卵か鶏肉の生産機械にされてしまうんですよ。生まれてからずっと小さなケージの中から出されることはない。後ろ向きにもなれないような小さなケージです。それが、千も二千も集まって飼われているから病気が出たら移るのは当然です。

そんな中でただ生きて死んでいく。自分でそうなることが想像出来ないのなら、自分の飼ってるペットで想像してみてください。そんな酷いことができますか?そんなことが平気なら、あなたは鬼か悪魔だ。

養鶏家が平気なのは鳥たちを生き物とは思わないでモノと思い、こうしなければコストが高くついてやっていけないと、自分のこころに言い訳しているからです。私たちが心を鬼にして卵や肉を生産してやっているから、安い卵や肉が食べられるんじゃないの、と反論されもするでしょう。

でもね、こうして鳥たちが命がけでストライキをしているんですから、もう安い卵や肉の生産は止めてくださいな。大量に使うメーカーは困るでしょうが、私たち消費者は広い草原で虫や草を食べて育った鶏の卵や肉にしたいのです。そんな飼いかたで育った鶏のほうが安全でおいしいのです。消費者はもう知っていますよ。
b0034892_9511379.jpg

by 892sun | 2005-06-27 09:53

サラリーマンの皆さん、何故怒らないの?

サラリーマンの所得控除を減らして、実質的増税しようと画策しているらしいですよ。(こちら)
足りなければ増税という発想は馬鹿でも出来るが、官僚というんは馬鹿では行けない学校を出た人たちがなるんではないの?

現在も時々刻々、この国の借金は増え続けていて(こちら)、何とかしなくてはいけないとは誰もが思っているけれど、これ以上消費税を増やしたり、給与からの控除を減らせば、ますます財布の紐は堅くなり景気は落ち込むような気がします。

怒り心頭でも、まさか一揆を起こすわけにもいかないから、政府のやり方に不満があれば選挙で行動に出るしかないのだけれど、なぜか選挙があってもカンケーないとかいって遊びにいくのを優先する人が多いのは何故なんだろう。愚民というしかないね。こういう人から税金を割り増しで取って、まじめに投票した人の分を軽減しておくれ。
b0034892_15502952.jpg

食欲のわりには成長しないので、しびれを切らして撮影しました。紫陽花の花びらの大きさからでんでん虫の大きさが分かるでしょう。
by 892sun | 2005-06-26 15:58

次は本気できますよ。

イラクに派遣されている自衛隊の車列に路肩爆弾が仕掛けられて爆発しましたが、運良くけが人は出なかったと新聞が伝えています。「防衛庁、真意読めず」と書かれていたので私が真意を書きます。運良くではなく、これは警告であり、そうでなければ確実に死者が出ていたと考えるべきでしょう。それほど彼ら(テロリストなのかスンニ派なのかは判然としませんが)の作る爆弾は進歩しており、殺す気ならこんな僅かな爆薬を使うわけがない。

確かに市民の中には、多少のご利益に預かってあり難いと思ってくれている人もいるだろうけれど、やはりほとんどのイラク人の本音は早く米軍と共に出ていってもらいたいと思っているのでしょう。それでも、アメリカに従うしかない日本の立場を分かって警告しているように思える。

ブッシュ政権はイラクからの引き上げ法案を否決したそうだし、日本への派遣期間延長を打診してきているというニュースも伝わってきている中での事件だけに、日本政府はどのような対応をするのか、期待したいところですが、期待するだけ無駄でしょう。アメリカの命令に従うだけです。なんだかんだ言いながら、もう7期目だそうです。いつまで続くのかね、時期ぐらい示してくれてもよさそうなもんだけど、それを決めたらイラクのためにならん、とか言ってます。属国の国民は辛いね。

自衛隊の交代要員の家族がテレビのインタビューで「心配はしていません」などと健気に語ってくれていましたが、まさかあの場で「君死に給もうこと勿れ」なんて言えるわけないもんね。泣けます。どうぞ何事もなく無事で帰られますように祈っています。
b0034892_1521688.jpg

by 892sun | 2005-06-25 15:19

梅雨の晴れ間に

蒸し暑いですね。今日は梅雨の晴れ間、東京はそれでもまあまあ、降っていますが、梅雨なのに雨が少ない地域も多いそうです。寒い時は寒く、暑いときは暑く、雨期ならちゃんと降ってくれないと、やはり後で水不足になったりしますから季節も「らしい」ほうがいいのですね。

梅雨といえば何を連想しますか?私は紫陽花とでんでん虫がイメージされて、紫陽花の花のそばを長い角を伸ばして這っているでんでん虫の写真を撮ろうと、棲息していそうな場所を探したのですが、今年はなぜか見つかりません。毎年、この季節には花の水遣りで狭い庭を歩くと、必ず踏み潰すほどの蝸牛がいたのですが、今年はまったく姿が見えません。農薬のせいでしょうか?公園にも見つかりませんでしたが、ちょっと落合まで出かけた帰りに道の脇に小さなのを見つけて拾って帰りました。まだ1センチほどのちいさなデンデン虫。あまりにもちいさいので、カブト虫を飼うケースに水と石ころを入れて、レタスをあげて生育しています。早く大きくなーれ。
b0034892_13241870.jpg

by 892sun | 2005-06-24 13:29

親と子の絆を考える

板橋区の社員寮で住み込みの管理人夫婦が殺害されガスで爆破される事件、次の日には五階の窓から我が子を投げ捨てる母親の事件など、親子の絆が問われるような事件が多い。
私の持論としては、親とは何か?という根本的な問いに答えを持たないまま親になっていくことに問題があると思う。遠い原因は戦後の経済成長にともなって崩れてしまった家庭環境にある。

大家族制度は崩壊し核家族が標準となって親から子へ、子から孫へと伝えられていくべき自然の知恵を失ってしまった。家族のことより働くことを優先したあまり、子供たちへの家庭での教育、躾がおざなりになってしまい、鍵っ子として社会常識的なことさえ知らない世代が育って、それが親と呼ばれ、現在の日本の主戦力となっている事実である。

親が親としてしなくてはならない最低限の義務は子供を自立させることにある。自分の子供が集団の中へ入ってもよそ様の子供たちへ迷惑をかけないように躾けることがまず第一であるが、それが出来ている親がどれほどいるだろうか?自分たちがそうして育てられてこなかったからである。

子供の躾けは子供が最も可愛い時期にしなくてはならないが、おおむね日本ではその時期を可愛がるだけ可愛がり、甘やかして育て、躾けをしない。覚えなくてはいけないことは親が代わりにやってやる。温室栽培で育てた作物は自然の風雨には耐えられないが如く、学校へ行けない閉じこもりが起きる。犬の躾けも同様である。生後8ヶ月であらゆる躾けが名犬となるか、どんな名血であろうが駄犬となるかが決まるのだ。躾けされない犬は自分がその家で一番偉いと勘違いして、以後そのように振舞う。人間も動物も植物も自然の生き物であるからには同じなのである。

出来ちゃった結婚でも何でもよろしいが、どうか、これから親となる人たちは心して欲しい。決して子供を甘やかしてはならぬ。出来る限りの愛情を注ぐのと甘やかすのとは違うのだ。虐待など問題外である。愛しているのであるならば、その子が社会のなかで立派に自立できるように導いてやるのが親の務めなのである。小学6年生になるまでに、きちんとした躾けを終わらせてください。躾けとは何か分からなかったら、そのための学習をしてください。育児書を読むことと平行して学んで欲しい。それこそが親としてしなくてはならない第一歩なのです。
b0034892_11364140.jpg

by 892sun | 2005-06-23 11:31

ガンバレ、ニッポン。

原油の価格が過去最高値を更新しています。オペックは増産体制を打ち出していますが、中国などの需要増を見込んだ投機筋の買い付けなどもあって、しばらくは下がる要因がありません。

最も消費の多いアメリカの埋蔵量は枯渇寸前ですが、私は中東などの埋蔵量もすでにピークを過ぎているのではないかと疑っています。埋蔵量などというものは推定であり、保有会社の資産評価が下がれば株価も下がりますから、そうとう多目に発表しているのではないでしょうか。近い将来突如枯渇する油田が多発することだって有り得ます。

ロシアはコスト高でしたが、値段が高いのでペイできています。生産は当分は頭打ちだといいますから、下がる要因はなく、原油価格は高止まりとなる可能性があります。アメリカがなりふり構わずイラクを攻めたのも、そのあたりの計算からだと思います。

原油の値段が上がれば関連商品も値上がりしますので、景気に影響が出るのは当然ですが、私はもっと別の見方をしています。高いとはいえ、原油価格はミネラルウォーターより安いので、アメリカなどでは文字通り湯水の如くタダ同然に消費をしてきたわけですが、高くなればもっと大切に大事に使うようになるでしょう。

リッター3キロとか5キロとかの車を乗り回すことが馬鹿馬鹿しくなり、30キロも走る車を使えば、それだけ地球温暖化防止に役立ちます。ゼネラルモータースを始めとするアメ車が販売不振になるのは当然のことです。無資源国日本の省エネシステムがこれからの世界の模範になるような気がします。

広大な国で拠点構築が分散してしまうような国よりも、狭いけれどエネルギーを効率良くまわせるような日本とでは競争にならないのではないでしょうか。属国日本の政治力は三流ですが、経済力はまだまだトップを走り続けられるように思います。
b0034892_18561754.jpg

by 892sun | 2005-06-22 19:01

戦争を知らない大人たち。

これからはインターネットの力はますます影響力が強くなっていくことが想像できます。それだけに近頃、ネット右翼とでもいうべき存在の発言が、戦争など全く知らない若い世代の感情だけを煽り右傾化するのを危惧します。

原因となっているのが小泉首相であり、町村外相であり、安部晋三です。たとえ私見であろうと、これらの人物が語れば国民に多大な影響を与えるのは間違いなく、中国、韓国が噛み付く口実を与えるだけでも国益を損ねるのは分かりきったことです。

侵略戦争でなかった云々、ポツダム宣言云々、東京裁判云々するのであれば、それは現在の日本と世界の関係を根底から覆すものであります。歴史を検証してみれば確かに誤認や不公正があり、敗戦のどさくさに紛れたようないいかげんな決定もあります。

私も一方的に日本が侵略目的で始めた戦争ではないと思うし、東京裁判も国際法に則ればいかにいいかげんな裁定であったかは認識していますが、だからと言って国を代表するような人物が発言出来ることではありません。

心底そう思っているのなら、まずそこから外交の力を使って認識を変えてもらうようにするべきであり、時間をかけても一つ一つ間違いを訂正することができてからの話です。そういった努力もせずに、都合のいいように解釈して個人の心の問題だなどと言い逃れても通用しないのではないでしょうか。

いたずらに若者たちの心を煽るような言動は慎まなければ、日本は再び戦争を正義の戦いだなどと信じる者たちに支配されるでしょう。のど元過ぎれば暑さを忘れるようでは困ります。いつになったら人類は過去から学習するようになるのでしょうか。
b0034892_10404221.jpg

by 892sun | 2005-06-21 10:46

人権擁護法案に反対します。

人権擁護法案はアメリカにおける反ユダヤ法と同じで、上程可決されれば日本もアメリカの二の舞で或る特定の組織が特権を振るい、一般の人たちの人権が脅かされるようになるだろうと書いてきました。

先日の日曜日、日比谷公会堂には1800人の人たちが詰め掛けて盛況だったようです。ネットだけでの呼びかけにこれだけの人が集まったのは、やはりすでに実際に社会の中で危機感を感じている人たちが多いということか、ネットがそれだけの力を持つようになったということです。詳しいことはこちらのサイトを読んでください。

この法案の旗振りは古賀と野中で、まだ自民党が公明党とくっつく前から両党のパイプ役になっていたのが理解できます。学会の名誉会長の両親は韓国人だそうですから、子供は当然在日ということになりますが、日本名を名乗っていますから誰もが日本人だと思っているのでしょうが、一種のなりすましですね。韓国の人でも愛国心のある人なら韓国名を名乗りますから実は私と、名乗ればいいのにね。今からでも遅くありません。

野中という人も京都で部落差別と戦っていた極左だったのに、自民党に入って忘れたようにすましている。中国、韓国とパイプがありますとかいうより、元々左の人ですから日本人から見たらスパイみたいな行動に思えますが、理解出来ない、腹の中の分からない人です。こういう売国奴みたいな人が選挙で当選するというのも理解できませんね。

公明党の神埼代表が郵政民営化法案に反対したら、選挙で応援しませんと言っていますが、反対しても古賀と野中は応援するんだろうね。特例で。
b0034892_16103915.jpg

by 892sun | 2005-06-20 16:13



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧