ひとりごと、ぶつぶつ

<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

前原、辞任。さて、これからですが・・・・。

やれやれ、やっとその気になったか。こうでもしなければ、永田は辞めるとは言わないのだろう。
nikkeiから転載します。

*****前原民主代表「メール問題、責任はすべて私」
 前原誠司代表は31日午後、党本部で開かれた常任幹事会の冒頭、「メール問題の責任はすべて私にある」と語った。また、「永田(寿康)議員が取り上げたが、党首討論などで(問題を)大きくしたのは私の責任」とした。

 さらに「任期をまっとうできずに申し訳なかった」とした上で、「民主党には一時の休みも許されない。新執行部で前に進んで欲しい」と、新執行部体制の建て直しを促した。〔NQN〕 (14:27)******転載終わり

民主党幹部が総出で永田議員に辞職を促していたのに、首を縦には振らなかったけれど、党首辞任と引き換えならば、いくら神経麻痺の永田クンでも辞めざるを得ないでしょう。永田も永田だけど、前原も前原で、こんな人間が民主党の中にいたと思うと、期待をかけた私が馬鹿でしたね。 政治のプロのやることじゃない。

日本の政治が、自分たちの努力で作られた民主主義ではなくて、形だけをアメリカから教えてもらって始めた民主主義もどきだから、選ぶほうも、選ばれるほうも本当の民主主義になっていないからこんな問題が起きる。松下政経塾だかなんか知らないけど、理論だけは一丁前に弄くりまわして政治家を気取っているから、裏街道で飯を食ってるような悪に足元見られて騙されるんだよ。

前原が辞めてくれてすっきりした。この前の選挙では負けたけれど、それは馬鹿な国民がコネズミマジックに踊らされただけなんだから、コネズミなんかに摺り寄る必要はまったくない。民主党は本来の路線に戻るべきだ。小沢一郎はいつになったら動くつもりなのか。こういう時動かないのなら、もう動く時はないぞ。やはり口だけだったのかと思うだけである。渡部の爺さんだって一生懸命働いているんだから、いいかげんにせいや。

ps.速報、永田議員が辞職願 衆院議長あてに提出
【16:11】 永田寿康衆院議員は31日午後、議員辞職願を河野洋平衆院議長あてに提出した。


b0034892_159139.jpg

by 892sun | 2006-03-31 15:09 | Trackback(7)

春爛漫

今年の冬は寒かったのに、春になるのが急だったので、梅がまだ咲いているのに、他の花もいっせいに咲き出しました。寒緋桜と染井吉野、土佐みずきとれんぎょう、こぶしと桃などなど、賑やかなこと。今日は休みだったので、花見は散歩コースで充分味わえますが、どうしてもよその花も気になって、昭和記念公園まで行ってきました。花見スポットランキングでは16位にランクされていますが、私の採点では善福寺川のほうが立派に見えました。春は花の季節です。身近なところにいろいろな花が咲き乱れています。カメラを持って出かけるのが楽しくなります。
b0034892_16491911.jpg

by 892sun | 2006-03-30 16:59 | Trackback

蛙の子は、蛙を選んで生まれていく。

以前から横綱朝青龍より素質が高いと言われていた白鵬が、やっとその片鱗を見せて大関に昇進した。朝青龍の父もモンゴル相撲の力士だったそうだが、白鵬のお父さんはモンゴル相撲で大横綱だったそうである。そのお父さんのDNAをそのまま引き継いだかのようだ。若貴兄弟横綱のお父さんも名大関だった初代貴乃花であり、叔父は初代若乃花だった。蛙の子は蛙などと言い、スポーツ選手には親の素質を受け継いだかのように親子で名を残す人たちが目立つが、世間一般、よく見てみればなにもスポーツ選手に限らず、世襲は昔からあった。

親が子に自分の技術を残したいと教えるからだが、心霊学的にみれば原因はそれだけではない。スポーツ選手の場合は肉体的な素質の遺伝という大きな理由があるが、魂の再生というのは、その魂の成長と目的に最も適った環境を選んで生まれてくるということだ。最初から因果関係があって、家族となるのではなくて、家族となって初めて縁が生じるのである。その親の元へ生まれていけば、目的を果たす環境が整っているから、後は自分の努力がそこに加われば当初の目的を果たすことが出来る。

それは例えば、ある特殊な才能を持って生まれたとしても、その親にその才能に対しての理解がなければ、その親はその才能を伸ばす道を閉ざしてしまうかもしれない。そのような観点からみれば、世の中にはなるほどと思われる有名人がたくさんいることに気付くだろう。スポーツ選手だけでなく、音楽家や将棋の棋士、俳優などなど調べたら面白いだろう。環境が重要な役割を果たす職業である。逆に、環境に左右されず、能力があって一人でコツコツ努力すれば頭角を現せるような、作家や画家のような仕事には、今はほとんど世襲はない。
b0034892_1732144.jpg

by 892sun | 2006-03-29 22:17 | Trackback(3)

麻原被告よ、これが真理である。

オウム事件の首謀者、松本智津夫の死刑が確定する公算大とニュースが伝えています。審理を尽くさずこのまま死刑にしてしまっていいのか、という人々もいるだろうし、事件からすでに10年以上が経ち、いつまでもずるずる引き延ばすのかという懐疑派もいるだろう。松本自身はあれだけの事件の主役として世間から注目される存在になったのだから、充分満足しているはずで今更死刑を宣告されても屁とも思わないだろう。願わくば精神異常の振りをやり続ければ、もしかしてこのまま優雅な人生が送れるかもしれないと思っているかもしれない。

人間の考えた司法制度なんて所詮そんなものだと、腹の底では笑っているのだろう。しかし、彼もあれだけの人間を集めて指導してきたからには、欠陥だらけのこの世の法ではない、宇宙の真理を知っているはずだ。それなら、本当は一つの魂として、潔く過去を清算して未来を見つめなければならない。残された彼の子供たちもそう望んでいるだろうし、彼の間違った指導により道を誤った人たちも救われることになる。何も話さず、死刑制度に身を委ねることを望むのであれば、彼がそれまで語ってきたことは全て嘘であり、真理など何一つ知らなかったことになる。

何故ならば、人生とは永遠に続く成長へのプロセスであり、一回こっきりのものではないからだ。一つの人生のなかで全てが起承転結するわけではない。魂は何度か転生を繰り返しながら成長していき、神の天秤の公正さも保たれるのであって、このような真理が働けば、たとえ彼が望み通り死刑になったとしても、彼の過去がそれによって清算されるわけではない。未来のいつの日か彼は犯した過去を清算するために再生し、それに見合った人生を送ることになる。もし、一回の人生で清算し切れなければ何度でも生まれることになる。これが真理である。
b0034892_9442321.jpg

by 892sun | 2006-03-28 09:46 | Trackback(3)

直葬なんて初めて聞きました。

直葬という言葉は初めて聞きました。お葬式はせずに火葬だけをして、お別れ会のようなものをすることだそうです。これはいいなあ、私も是非そうしたいと、検索してみましたら、こんなサイトにぶつかりました。仏教が宗教本来の目的を忘れ、葬式仏教と呼ばれてお金を稼いでいることに不満はあるものの、いつか自分も通らなければならない道ゆえに、悩んでいる人が多いのでしょう。

このサイトにはアンケートのページがあって、早速私も参加しようと思ったのだけれど、参加はさせてもらえなくて、もう結果だけが出ていた。一部転載します
*****葬送アンケート分析/人は死ぬとどうなるか?

アンケートでは、「肉体も精神も消滅するけれども、意識体としての魂は永遠に残り再生する」という回答が43%を占め1位にきている。「特定の人間関係を条件に魂は残る」という回答を加えると44%になる。信じることは力になるという証左であろうか?
真実は「精神は消滅するけれども、肉体は遺伝子を通じて引き継がれる」ということだと思われるが、この支持率は29%である。死んでも肉体は残るという事実を理解できれば、これも安心につながると思うが、日本では通念になっていない。
ところで、「肉体も精神も魂もすべて無に帰する」、「宇宙から生命をもらったのだから死ねば宇宙に戻る」という一徹な回答がある一方、「わからない」という回答が19%ある。これは死について考えたことがないという人々であろう。*****転載終わり

人は死ぬとどうなるかなんて、いいテーマですねえ。私の専門だわ。
「肉体も精神も消滅するけれども、意識体としての魂は永遠に残り再生する」と言う正解が43%もあったということは、もしかして心霊学がこんなに普及していたということ?江原さんのお陰?いいや、仏教でも無限に輪廻転生すると教えているから、単なる霊魂不滅説を信じているだけなのかもしれません。

でもまあ、半分近くの人が死んでも意識生命体として生き続けると考えていることは、この場限りの人生だから、他人のことなど気にせずに自分の好きなように生きていればいいとは思っていないということだね。現在はそれまでの過去性の積み重ねの結果だし、永遠に続く未来を思えば、いい加減な気持ちで今を生きることは出来ない。それが分かっている人が半分近くもいることに安心しました。戒名やお墓にかけるお金があったら貧しい人たちのために寄付したほうがよほど死後のためになるのだよね。このことに気がつくのは、たいてい死んでからだけど。
b0034892_1561695.jpg

by 892sun | 2006-03-27 15:06 | Trackback(2)

プルサーマルに地元が同意。

東京新聞より転載します。

********プルサーマルに地元同意、10年度実施へ本格準備、玄海原発3号機
 佐賀県の古川康知事と同県玄海町の寺田司町長は26日、九州電力玄海原発3号機(玄海町)のプルサーマル計画に正式に同意した。九電との安全協定に基づき計画を了解するとの文書を、それぞれが九電の松尾新吾社長に手渡した。

 プルサーマルは、国が進める核燃料サイクル政策で当面の要と位置付けられながら、実施が遅れている。玄海3号機の計画は、現段階で唯一、国の許可と地元同意の両方がそろい、実施にめどがついた形となる。九電は2010年度までの実施を目指し、本格的準備に入る。

 同意に先立ち古川知事らは、玄海原発を視察した二階俊博経済産業相と玄海町で会談。二階経産相は「国が燃料の設計、製造から運転まで厳正に管理する」などと安全確保に全力を挙げることを確約した。地元からは十分な説明や地域振興への配慮を求める意見書が提出された。

 古川知事は「重大な事故や不正があれば前提となる信頼関係が覆る」と松尾社長に安全対策の徹底を要請。寺田町長も「万一、事故などを起こした場合は事前了解の撤回もあり得る」と述べた。

 プルサーマルは、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを加工した燃料を、通常の原発で使う。九電は04年5月に国に実施を申請すると同時に、佐賀県と玄海町に事前了解願を提出。国は安全審査を経て05年9月に許可し、地元の同意が焦点となっていた。転載終わり*****
以上の記事のように、佐賀県はプルサーマルの受け入れを正式に表明したわけですが、原子力発電が100%安全だなどとは誰も信じてはいないのに、受け入れたのは、電力会社から支払われる地元対策費とでもいうべき保障費が目当てであることは明らかなことである。県民の安全を犠牲にしてでも受け入れざるを得ないところまで、地方経済が疲弊してしまっているのだ。

コネズミは格差の拡大について悪いことではないと嘯くが、何処かが犠牲になって得られた幸福などというものは真の幸福ではない。米軍基地の問題もそうであるし、原発を受け入れなければ生活が成り立たないような社会というものを認める政府というのも可笑しいのである。私たちはこうした犠牲を受け入れざるを得ない地域の人々の心情を、もうすこしわが身のこととして考える必要がある。運転が始まれば地元の人たちには一刻の安らぎももたらさないことになる。そんな生活が想像できますか?そんな生活に耐えられますか?
b0034892_2125862.jpg

by 892sun | 2006-03-26 21:25 | Trackback

ワケホンセンインコ

b0034892_1446295.jpg
善福寺川緑地公園の中でも一番早く咲く、この桜に毎年やってくるのがペットが野生化したワケホンセンインコです。いつやってくるのかと待ち構えていたら、やっと今日花びらを啄ばむ姿をキャッチするのに成功しました。この鳥は大岡山の東工大の校内に巣があることは分かっていますので、世田谷区から杉並区まで飛んでくるのです。翼があるのって便利でいいですね。
by 892sun | 2006-03-25 14:48 | Trackback

桜が咲き始めましたが・・・・。

毎日、地下鉄に乗っています。地下で外は見えませんから、壁にある広告くらいしか見るものはありませんから、地下鉄の広告は外の広告より効果があるのではないかと思っています。近頃目にして感心したのは、公共広告機構というのが出している「江戸しぐさ」と呼ばれるイラストが描かれた広告です。昔の人たちは、都会の中で生活するのに、ちょっとした仕草に思いやりがあって、粋だったから、私たちも見習いましょう、みたいなことだと思うのですが、感心したのは、そういうことではなくて、イラストを描いた人のテクニックに感心しているのです。描かれた人物の顔の表情やファッション、そしてペンのタッチまでが古臭くて、まだチンチン電車の走っていた頃の東京そのままなのです。イラストレーターの力量が感じられます。名前が知りたいものです。

無料の印刷物もいろいろと配布されています。その一つ、メトロガイドの4月号には「お花見スポットカウントダウン」と称して地下鉄沿線のお花見スポットのランキングが載っています。それによりますと1位は千鳥が淵周辺、2位は上野公園で3位が飛鳥山公園だそうです。以下、4位新宿御苑 5位石神井川沿い 6位外堀公園 7位井の頭公園 8位隅田公園 9位六義園 10位目黒川沿い。ついでだから11位から20位までも書いておきますと、11位水元公園 12位小金井公園 13位靖国神社 14位アークヒルズ 15位砧公園 16位昭和記念公園 17位小石川後楽園 18位哲学堂公園 19位青山霊園 20位芝公園。なんと東京には公園が多いことよ。そして公園といえば桜ですから、日本人と桜は切っても切れないのですね。

幸か不幸かこの中に、我が散歩コース、善福寺川緑地は入っていません。よかったよかった、これ以上騒がしくなるのは御免ですからね。ここは知る人ぞ知る穴場で、それでも結構シーズンになると煩いのです。だいたいが花よりお酒で騒ぎにくるのですから、そんな人だったらお断り、静かに花を愛でる人だけ、おおぜい来て欲しいものです。地下鉄丸の内線、南阿佐ヶ谷から歩いて15分くらい。すぎ丸というローカルバスが阿佐ヶ谷、浜田山間に運行されていますからご利用ください。全区間100円です。
b0034892_17413322.jpg

by 892sun | 2006-03-24 17:44 | Trackback(1)

実践学園女子バレー、よくやりました。

報告が遅れましたが、WBCで日本野球が世界一になって日本中が湧きかえっているのと、ほぼ同じ頃、国立代々木体育館では、ハルコーことバレーの全国高校選抜優勝大会が行われていて、実践学園も東京代表として出場していたのであります。理事長以下、ほとんどの職員も応援に駆けつけました。もちろん吹奏楽部もトラックに楽器を積んでいって盛り上げました。結果は、静岡市商に25-20、25-9で勝ちました。\(~o~)/といっても私の仕事はお留守番ですから、見たわけではありません。

続いての2回戦は、昨日22日、対戦相手は札幌大谷で、25-19、25-19でこちらも2-0で勝って3回戦へ。おお、なかなかやるなあと感心したところで、今日は3回戦、今日勝てばベスト8です。対戦相手は、大阪国際滝井、強豪です。結果は18-25、16-25で惜敗。ああ、残念。でもよく頑張りました。

バレー部が全国大会に出場したのは初めてですから、初めてでのベスト16は立派の一語です。これからも、まだいろいろな大会がありますから、今年は楽しみですねえ。橋本先生ご苦労様でした。これからも頑張って。
b0034892_15384442.jpg

これはひよどりですが、この早咲きの寒緋桜には蜜を求めて、めじろやらワケホウセンインコがやってきます。待ち構えているのですが、今年はまだ姿が見えません。
by 892sun | 2006-03-23 15:41 | Trackback

肉を食べるとアルツになる可能性が高くなる

お肉の好きな皆さん、アメリカからの狂牛肉の輸入が待ち遠しいですね。安い肉を腹いっぱい食べたいですね。でも、これを読んだらもう食べたくなくなりますよ。今日は時間がないので、副島センセのサイトの「今日のぼやき」を紹介しますから、暇で、一日一食お肉を食べないと気が狂う人は是非読んで見てください。肉が好きな人は食べても食べなくても気が狂うのです。
b0034892_20514091.jpg

梅に鶯で、梅があちこちで満開ですから鶯も負けずに素晴らしい鳴き声を聞かせてくれるのですが、どこで鳴いているのか声はすれども姿は見えずでしたが、今日はやっと姿を捕らえることに成功しました。やまももの大木の中にいました。枝葉に溶け込んでしまって見難いのですが、なんとか写っていました。
by 892sun | 2006-03-22 20:58 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧