ひとりごと、ぶつぶつ

<   2006年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今どきの蝶

やっと五月晴れだと思ったら、五月は今日でお終いじゃないの。今日は水曜日で、精神統一にいく予定でいたんだけど、どうも体調不良で途中まで行って、引き返してきました。今日は一日休養にあてましょう。どうも大動脈の手術跡は僅かずつ進行しているみたいで、運動のためには適当に歩くのがいいんだけど、歩いても自転車を漕いでも、すぐ疲れる。大動脈には足の神経が集まっているので、大動脈瑠切除したら歩けなくなる可能性があるって言われていたから、私は歩けるから、運が良かったのだろうけど、それでも少しずつ足に影響が出始めているのかもしれない。いよいよCTスキャンの予約を入れてみようかな。もう三年以上経つのだから、本当は調べなくてはいけないのだが、怖くて逃げていた。覚悟をきめなくちゃね。

花ばかり撮っていても飽きてしまうので、虫たちも撮りたいのだけれど、今どきの蝶はじっとしていなくて、どんどん移動していくので、なかなかうまくキャッチできないが、今日はうまく撮れました。黄菖蒲の蜜を吸っている蝶です。よく見かける蝶ですが、何という名前なのかは知りません。「キマダラアゲハ」なんちゃって。どなたか正しい名前をご存知でしたら教えてください。
b0034892_1653957.jpg

by 892sun | 2006-05-31 16:53

ソーシャル・ネットワーキング・サイト

今、ネットでブログと並んで人気なのが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)と呼ばれるもので、すでに会員になっている人の招待がないと、中に入れないし、書き込みもできない。もちろん会員になるには、会員が招待してくれないとなれないのですが、この度、私、或る方が招待してくれたので、入会することにしました。ミクシーという日本では最大の会員数を誇るSNSです。

新しいものが好きで、ネットに繋いでホームページを作ったのは、かれこれ5,6年前だし、メーリングリストに入ってまったく顔も知らない人とメールのやりとりをしての長所、短所もわかったし、一昨年からはブログも書いている。それでもまだ足りずにSNSです。一人暮らしで淋しいからネットで友達を増やそうとか、そういうのではありません。どちらかと言えば、人付き合いは面倒くさい、というのが本音ですが、ネットは自分の言いたいことだけを言えるというのが気に入っているのかな。

さっそくいくつかのキーワードを入力して、自分と趣味の合うコミュニティーを探しました。まず一番最初は言わずと知れたシルバーバーチ。ちゃんとありましたよ。オーラの泉とかスピリチュアルなんてキーワードではわんさかあるけど、程度の低いところは御免です。「森が好き」というのにも入りました。自然の写真が楽しめそうだし、私の写真もアップできそうです。後は小説出版目指してるコミュ。面白かったのは「中日勝って巨人負けると楽しい」というコミュと「塩津中学」のコミュ。私が卒業したde Inakaの学校がヒットした。それもメンバーが43人もいた。信じられませんが、若者たちのあいだでは、もうそこまでSNSは普及しているのでしょう。同級生の中からは塩中の校長先生が出ていることを知らせてあげることにしよう。福井君のことです。このブログの読者の方、SNSへ入りたかったらご連絡ください。ご招待申し上げますよ。
b0034892_1445193.jpg

by 892sun | 2006-05-30 14:35

寝言を録音する。

娘に、この頃寝言がひどい、この間なんか2時間ぐらい喋っていたと聞かされて、2時間も何を誰に喋っていたのか気になって仕方がないので、ボイスレコーダーを買いにいってきました。早速、昨夜、スイッチを入れて眠りにつきました。録音時間は一番安いのを買ってきたので、120分しか録音できませんが、無音のときは自動的に切れて、音声があるときだけを録音するので、それで充分だろうと思ったのです。

今、再生にして聞いていますが、鼾だけがえんえんと録音されています。かなり煩い鼾ですが、自分の鼾だし、それほど苦しそうでもありません。寝言は入っていませんでした。鼾も十数分で終わりましたので、昨夜は良く眠れたのでしょう。夢も見ませんでした。そういえば、今日はそれほど眠くありません。

私たちは、睡眠中はあの世へ行っているというのはご存知でしたか?肉体はもちろん布団の中で眠っているのですが、眠ってしまって肉体の波動が下がると、私たち自身である意識生命体は肉体から抜け出して本来の住処であるあの世へ戻って、死後の生活に備えているのです。幽体離脱の体験談が書かれた本がたくさん出版されていますが、体験中の記憶が残っているのが珍しいのと、意識と肉体は別の存在であることの証明として記事になるから本としても面白いからと思われます。

しかし、誰でも睡眠中に起きる幽体離脱については目覚めたときには記憶に残っていません。これが正常なのです。睡眠中のあの世での体験は、肉体の小さな脳には収まらないために持ち帰ることが出来ないのです。でもこの体験は無駄になるわけではなく、潜在意識の奥底にしまいこまれて、死後、有効になるのです。

これから、毎夜、眠るときはボイスレコーダーをセットして眠ることにします。あの世での体験を元にした夢でも見て、夢の中の人物と話しているのかもしれないし、あの世で誰かと会って御喋りに夢中になっているのかも知れません。声を録音しておけば、なんらかのヒントにはなるでしょう。
b0034892_15311182.jpg

by 892sun | 2006-05-29 15:31

世の中、梅雨ですが夢ぐらいは見なくちゃねえ。

午前中まで降っていた雨もようやく上がりましたが、なにか冴えませんね。インドネシアで地震があってまた大勢亡くなったようですね。ただ今3000人ですが、こういうのは、不明者というのはほとんど亡くなっているから、まだ増えるのでしょう。ご冥福を祈るばかりです。東北の小学生殺害もわけわからん事件ですね。週刊誌は前に水死体で見つかった女の子の母親が怪しいみたいな書き方したり、文春あたりは違うと書いたり、マスコミは寄ってたかって当事者はたまりませんね。

プロ野球の交流戦が始まって、相変わらず今年もパに弱いドラちゃんですが、去年ほどではなく、なんとか五分の星で踏ん張っていますが、ペナントを制すにはやはりここでダントツの強さを見せないとね。スタートダッシュの良かったジャイアンツは去年のドラみたいにちょっとペースが落ちてきたし、タイガースはパには強いのでさて、どうなるか。ロッテは相変わらず交流戦には強くてのしてきましたよ。

株もメタメタですねえ。もう、やる気も失せてチャート見る気もしない。私みたいな資本のない者は株価の動きやすい新興市場の安い銘柄を狙うしかないのですが、これがホリエモンショック以来、下げて下げて、もう底だろうと何度思ったことか、それがまた下げるんだから、どこまで下げるのか楽しみになっちゃった。ほとんどマゾの世界です。まあライブドアじゃないんだから紙切れにはならんでしょ。

なんだか世の中全部が梅雨に入ったみたいな感じです。なんか面白いことないかなあ。あるといえば私の小説出版化計画だけですねえ。もう3ポイント獲得です。どこのどなたか存知ませんが、ありがとうございます。ルールでは一冊1000円で購入予約をするとか、一口一万円で五口までとかの出資とかありますが、あくまで出版が決定したらの話で、すぐに請求書がいくわけじゃないので安心して投票してください。300ポイントいかなかったら全部なかったことになるだけです。まあ、私だって本気でいくとはおもっていません。夢をみているだけなんです。
b0034892_1942863.jpg

芍薬
by 892sun | 2006-05-28 19:04

駐車禁止すればいいってもんじゃないよ。

私はもう自家用車はないので、都内で駐車場を探す苦労はしないですむが、仕事でどうしても車の運転をしなくてはならない人たちは、これからどうするんだろうね。車というのは走って目的地まで行くのだけで用がすめば、こんないいことはないが、目的地に着いたら降りて駐車しなければ用は足せない。ところが都内には充分な駐車スペースなどないし、あっても有料、有料でもいいけど数が足りないから満車ばかり。急いで用を足したい人は悪いと知りつつ、違法駐車をすることになる。

これまでは、荷物を降ろす時間だけは許されるとか、短時間ならタイヤにチョークでマーキングされてるうちに移動すればなんとかOKだったのに、これからはそれもダメらしい。運送業者の肩を持つわけじゃないが、これではもう営業できないでしょう。クロネコヤマトに、佐川急便、ちょっと政治献金が足りなかったのかな。それも取り締まりを民間委託するって話です。これはトラブりますよ。委託業者が防衛術の訓練しているニュース見て笑ってしまいました。

違法駐車が悪いのは誰も分かっています。おかげで緊急車両の妨げとなり救える命も救えなくなる原因を作っているのは違法駐車だ。だから違法駐車を取り締まるってのは、あまりに短絡すぎやしないですか。だいたいもう、都内に車の絶対量が多すぎるのです。車乗りすぎなんです。車売りすぎなんです。だからと言って、日本の基幹産業である車屋さんに、もうこれ以上車作っちゃいけませんとはいえないし。

金余っている人は外車でもなんでも買えばいいし、持ちたい人は持って駐車場で寝かせておくとか、ワックスがけに喜びを見出すのもいいけど、もうここまできたら、走らせる日にちや時間だけは自由にさせずに規制をかけて割り当てるべきだね。仕事で使う人たちや、緊急自動車が自由に走れるようにするには、私用では規制をかけて自由には乗り回せなくするしかないよ。私用で消費するガソリンの量を制限するとか、都内への流入する時間に枠をはめるとかして、ウイークデイはなるべく私用の車は運転させないことだ。晴れたら自転車漕ぎなさい。雨だったらタクシーを使ってあげなさい。そうすれば今よりも少しは東京もマシになるだろう。
b0034892_1624773.jpg

桐の花
by 892sun | 2006-05-27 16:24

私の時代は終わりましたが・・・。

子供の頃から、なぜか写真に興味があって、写真を撮るのを仕事にしたいと思い続けてきた人生だったわけだけれど、アニメの撮影に携わるようになって夢は半分は叶った。半分というのは、映画のようなモーションピクチュアーよりも静止画像であるスチール写真のカメラマンの憧れていたからである。しかし、撮影を仕事にするようになって気がついたことは、スチールにせよムービーにせよ、本当に好きなことは食うための仕事にはしないほうがいい、ということだった。好きな仕事のはずなのに、義務になると責任も生まれてくるし、納期もあるしで苦痛以外のなにものでもなくなるのである。しかし初心は貫徹して頑張ったわけだけれど、家庭の事情やら時期的なものもあって、リタイアしてしまった。その後も業界に残っていたとしても、アニメの撮影もアナログからデジタルへの転換期を迎えて仕事はなくなっていったはずである。

今日の新聞にもフィルムカメラの最大手であるキャノンが、フィルムカメラからの撤退を伝えている。すでにニコンの撤退は発表されていたから残るはフジフィルムとオリンパスだけになったが、オリンパスも時間の問題だろうから、自身がフィルムを生産しているフジだけになることだろう。私も驚いたほど近頃のデジタルカメラの鮮明さは素晴らしいし、後処理も合理的で時間がかからないことから、一部のマニアを残してフィルムは消えていくのだろうが、暗室の中でハイポの臭いにむせながら画像が少しずつ現れてくるのを、今か今かと待っていた胸のときめきを思い出すたびに、もしも時間的、経済的余裕が生まれたら、もう一度暗室を作って作業してみたり、自作の大判カメラでも作ってじっくりライティングして撮影を楽しみたい思いに駆られる今日、この頃です。
b0034892_18263122.jpg

by 892sun | 2006-05-26 18:26

売国奴に愛国心なんて言われてもなあ。

国という言葉を法律用語として解釈する場合は統治組織=政府となるのだそうである。それでやっと分かったのが、近頃、やたら愛国心、愛国心と喧しい理由。国民が汗水たらして稼いだものを、気前良くどんどん、永久に換金もできないアメリカの財務省証券に換えてしまったり、郵貯を民営化して、年寄りの虎の子までも外資に貢ごうとしている政府が自分たちのやっていることは棚に上げておいて、愛国心はないんじゃないの。おめえらにだけは言われたくないわ。

日本という国土とそこに生きる人たちのことは心から愛していますよ。昔から受け継がれてきた伝統文化や日本人の気性も何物にも代えがたい。しかし、その愛するべき宝物の数々を、己が栄達や蓄財のために切り売りしているのが現在のコネズミ政権の実体であり、こんな政府を憎むことは出来ても愛することなど出来るわけがない。誰だってこの国を愛しているにきまっているのに、わざわざ文章にして法律化する必要がでてきたのは、次なる憲法改正に向けての地ならしだということははっきりしている。

皆さん、騙されてはいけませんよ。コネズミは口先男で騙すことはうまいから、疑うことを知らない単純な日本人はすぐ騙される。愛国心なんて目に見えない心の問題を持ち出してきたこと自体が変だと疑ってかかったほうがいい。こんな問題は今すぐ決めなくても、どうこうするわけじゃない。もっと時間をかけて世論の行方が定まってからでいいのです。いよいよ秋にはコネズミの任期が切れるので、今のうちに駆け込みで成立させようといくつかの法案が待ち構えていますが、国民が声を大にして成立に反対していかないと、数に物を言わせて押し切られてしまいます。日本国民のためになる法律なんて一つもない。
b0034892_1464252.jpg

阿片の原料となる芥子
by 892sun | 2006-05-25 14:07

禁断の花園を覗きに。

家に帰り着いてパソコンを開いて画像の取り込みを始めたら雷がなって雨が降り出したけれど、さっきまでは好天に恵まれ、仕事は休みで、ああ、心がけがいいとこうなるのだ、などと一人合点をしながら、朝からじっとしていることもできず、デジカメを肩にして出かけたのです。禁断の花園を覗きに一直線。こんな書き方をすると、エロいかな。出歯カメよろしく女子寮のお風呂を覗きにいったのではありませんよ。

東京都は都立薬用植物園というのを持っています。そこでは名前のように薬用になる植物の栽培だけでなく、一般には栽培の禁止されている植物も栽培、研究しています。有名なのはもちろん阿片の原料になる芥子ですね。禁止植物ではありませんが、そこでは前からヒマラヤの青い芥子が栽培されていることを知っていましたので、いつ咲くのか気にしていたのです。

ホームページで電話を調べて問い合わせてみると咲きましたという返事がありましたので、行ってきました。立川駅北口から西武バスで南街行きに乗って薬用植物園前で降ります。入園料は無料ですが、シンタローさんは、カジノ大賛成、儲からない施設は無用とばかり閉鎖を検討しているそうですから、興味の或る方は早めにどうぞ。でも禁断の花園は鉄格子に囲まれて育てられていましたから、ちょいと一本内緒でというわけにはいきません。
b0034892_1591560.jpg

ヒマラヤの青い芥子の花。温室の隣の冷房室で育てられていました。
by 892sun | 2006-05-24 15:10

大手銀行、過去最高益を記録。

金持ちが天国に行くのは、駱駝が針の穴を通るより難しいとイエスは言った。貧しい者たちが必死で貯めたお金には利息を付けずに、さらに貧しい者たちが借りにきたときはしっかりと利息を取り、返済が滞ったりしたら情け容赦もなく貸しはがしをして、弱い者たちを奈落の底へと突き落としたからだ。バブルの頂点では要らないものを買わせるために、無理やり貸付たりしたくせに、バブルがはじけたら身ぐるみまで剥いで一家離散から自殺まで追い込んだ。「ベニスの商人」のシャイロックより酷いのが銀行屋だ。

それどころか、あこぎな経営に失敗すると国に泣きついて公的資金を無利子で借り入れて危機を乗り越えたくせに、ちょっと景気が戻してきたら借りたお金は全額返済しますなどと威張って言う。利息も払わずに国から借りてアイフルなんかの高利貸しに又貸しやっていたんだから、儲かったのは当たり前。こうなったら、公的資金も高利で計算し直してきちんと利息をもらおうよ。今にも潰れそうだなどと泣き言いうから国民の貴重な資金を貸してあげたんだから、それぐらいは当たり前でしょう。

まあ銀行に勤めるサラリーマンを責めても仕方がないけど、金融と政策責任者でありながら、日本人がどうなろうと構わないと思っているケケ中だけは許せない。どうせ任期が終わればアメリカに戻っていくつもりでしょう。日本の税金払うのさえ嫌だったんだから。
b0034892_14513760.jpg

さて、小説出版化計画は2ポイントになりました。後298ポイントです。(笑)自分のサイトだけでしか公表していませんので、時々はこうして再度記載宣伝させてください。

ホームページに書いておいた最初で最後の小説「a hundred years after」をアルファポリスのドリームブッククラブに登録しました。3ヶ月で300ポイント獲得すると出版会議に懸けられて問題がなければ出版されることになります。もう何年かまえに書いたもので、その頃は出版したいと強く思っていましたが、出版業界は不況でこんな無名の新人の書いたものなど見向きもしてくれるところはなく、全部没ですっかり自信をなくしていたのですが、ネットで出版できるかもしれないと僅かな希望をまた燃やしはじめています。ご賛同下さる方は是非ご協力ください。こちらをクリックして投票所へお進みください。小説をお読みになりたい方は題名をクリックしても読めますし、私のサイトにもアップしています。(読んじゃったらもう買わないのじゃないかなあ)掲示板も特設しましたのでご利用ください。

ルールを貼り付けておきます。お金がからむことなので、世の中そんなに甘いもんじゃなかろうと思いつつ、夢を叶えさせてやろうという奇特な方の出現をお待ちしております。

・支援は購入予約と出資の2通り

【購入予約】1ポイント
(1)出版化が決定したら一冊1000円(送料・税込)で購入することを予約。
(2)申し込みは一人一冊まで。
(3)書籍は著者サイン本を送付。

【出資】一口5ポイント
(1)出版化へ出資。
(2)出資は一口一万円より。一作品につき一人五口まで。
(3)書籍の販売売上により、一口につき印税0.1%を配当。
(4)書籍奥付けに支援者として記名(仮名可)。
(5)著者サイン本一冊を送付。
by 892sun | 2006-05-23 14:51

ダビンチコードはどうでもいいけど。

昨日は映画化されたダビンチコードが一斉に公開されました。みんながいっせいに湧くときは知らん振りするのが私流ですが、さすがイエスのことを描いたこの映画だけは興味があります。小説を読もうと思いましたが前後刊2冊もの分厚い本ですので映画でだけ見ることにしています。少しすいたら行ってみましょう。副島センセのサイトを見たら面白いことが書かれていました。

これはバチカンに対する小さな下部組織による反抗ではないかとという推測です。下部組織といっても、ただ表には出られないだけの秘密結社でフリーメーソンリーといえば世界経済を裏で動かしているという陰謀論には欠かせない名前です。少しだけ引用します。

****引用開始 この恨みは骨髄(こつずい)にまで染(し)み込んでいて、金融ユダヤ人として、カトリック・キリスト教団から、長い間、「強欲の金銭崇拝の汚らしい人間ども」として毛虫のように嫌われ、蔑まされたことへの激しい憎悪感情が籠もっている。この憎しみと怒りは、今ももの凄いものであり、イラク戦争で、イスラム教徒・アラブ人たちと、ユダヤ(イスラエル)=アメリカ・キリスト教たちとの血みどろの戦いと、同質の、同レベルのものがある。これを、日本人(東アジア人)である私たちは、分かってあげる必要があるだろう。すなわち、カトリックの僧侶(お坊さま)たちにしてみれば、「このイルミナティ=フリーメーソンリー系のアメリカにおける石油財閥化しただけの、ロックフェラーどもという、下賤(げせん)なる者ども。金利を取って、金融で、阿漕(あこぎ)な金貸しをやり人間世界を苦しめる者ども」ということになるが、この金融ユダヤ人たちでも、多くは、「隠れユダヤ人」 (closet Jews クローゼット・ジューズ)として、キリスト教徒の振りをして、自分たちの下部の在家の、平信徒集団の中で、今も活動している。そして、密かに、あるいは公然と、エイズズ会のような、教壇内で、宗派(セクト)を名乗らない宗派のロッジ(お講、あるいは氏子=うじこ=))の集団にもなっている。ここで、すさまじい暗闘がくりひろげられ、多くの陰謀が廻らされて来ただろう。それが、ヨーロッパ文明の二千年の歴史なるものの、本性、本体だ。****引用終わり。全文お読みになりたいかたはこちらから

多分、常日頃から新聞のニュースでもヘッドラインだけを読んで満足しているような人たちにはこんな裏読みについて説明しても分からないだろうね。ハリウッドにはユダヤ人が多いことや、中世、石工の組合であったフリーメーソンリーとかロスチャイルドとかロックフェラーとか、アメリカはユダヤに乗っ取られた国だなんて言っても信じない人には、ダビンチコードもただのエンターテイメントとして楽しんでもらうしかない。

私は以前人に貸して戻ってこなかった「イエスの少年時代」「イエスの成年時代」の二冊をまた取り寄せて、映画を見る前にもう一度読んでみたいと思っています。二冊とも二千年前イエスの弟子だったクレオパスという人が霊界から送ってくれた通信です。イエスに関しては聖書を始としていろいろな本が書かれていますが、すべて推測の域を出ません。ダビンチコードもその一つですが、霊界通信はその時代に生きていた人の通信ですから信用できます。受信者のカミンズはマイヤースの通信を受けた人と同一人物ですが、キリスト教の教義を学んだわけでもなく熱心なキリスト教徒でもないところに、この通信の信憑性の高さがあります。内容の検証は聖書研究家や神学者が折り紙を付けていることからも信用の高いものです。
b0034892_16272857.jpg

by 892sun | 2006-05-22 16:27



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧