ひとりごと、ぶつぶつ

<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

じゃーねー。

明日、朝、9:30までに入院手続きを取るように連絡が来ましたので、行って参ります。しばらくのお別れです。順調にいけば、10月末には復帰する予定です。あっ、大事なこと忘れてましたが、お見舞いは、どなた様もご丁重にお断り申し上げます。病院は慶應義塾大学付属病院で見晴らしの良い7階で寝ておりますが、やつれた姿をお見せするわけにはいきませんので、悪しからず。ではまた。
b0034892_1524127.jpg

by 892sun | 2006-09-21 15:24

まな板の鯉

やっと手術する日が決まりました。来週の水曜日あたりということです。したがって入院も今週の金曜日か土曜日あたりになります。まだ正確な日にちは連絡待ちですが、どうやら検査の結果に問題はないようなので、手術に踏み切るという連絡が入りました。これで、約一ヶ月はしゃばの空気が吸えません。こうしてブログが書けるのも数日です。もう書くこともありません。ほとんどまな板の鯉状態で、他のことを考える余裕もありません。

他のことというのは、無事退院した後のことですが、体が元に戻ったとして、すぐには働けませんので、どうして生活をするかという問題もありまして、民生委員のところへ相談に行きました。手術や病気の種類のことなど、良く話を聞いてくれて、生活保護を勧めてくれました。社会復帰できるまで、お世話になろうかと思っています。健康を取り戻せることが出来たなら、まだ私の人生ではやり残した事があるということですから、きっと仕事も見つかると思っています。

気がかりだったのは、生活保護を受けるといろいろ制約があって、もしかしてパソコンでの通信も止められるのかと思って、尋ねたら、予算のなかでやるぶんにはOKだそうで、ホッとしました。今の私からパソコンを取り上げられたら、社会との繋がりを切られたも同然ですから、それだけが心配でしたが、助かりました。したがって退院しても、ここのアパートには住めなくなるのでどこか近所の安いところで引越しをしなくてはならないなど、ごたごたしますが、引き続き、お付き合いくださいますよう、お願いしておきます。
b0034892_15301844.jpg

by 892sun | 2006-09-20 15:30

あなたはどう思いますか?

こんな記事を見つけたので全文貼り付けます。権力に逆らうとこうして徹底的に痛めつけられるのでしょうか?植草教授逮捕事件の政治的背景として、植草教授が、りそな銀行事件における小泉・竹中のインサイダー疑惑を追求した本を、近々、出版予定だったと言うことが言われています。あなたはどう思いますか?

<植草一秀の件>

今回の植草一秀の件は、不可解である。

基本的には、全ての情報は、警察経由の情報である。

前回もそうだったが、警察発表だけの情報は信頼できない。

○なぜ、ここまで拘留するのか?(ずっと本人には弁明の機会を与えないままマスコミ報道によって徹底的に植草氏の評判を破壊している。)

○該当する電車(9月13日の夜に品川10時08分発で京急蒲田に午後10時18分についた快速特急久里浜行き下り電車)は、各誌報道では、まるで品川から「始発」のように書いてあるが、事実と異なる。これは都営浅草線がそのまま連絡しているものでる。そのためかなり こんでいたはずである。

○片手にショルダーバッグ、片手に傘を植草が持っていたので、「そんな痴漢なんてできるわけない」と植草が言ったら、「傘の取っ手を手首にひっかけてさわっていた」と女の子が言っていたらしい。しかし、背中をむけているのに、そんな場面を女の子がわかるだろうか?

第一、 傘のとってを手首にひっかけていたら、「スカートの中に手を入れて、おしりをさわっていた」ということに矛盾するのではないか?傘の取ってを手首にひっかけたまま、左の手のひらでスカートに手を入れておしりをさわれるだろうか?普通はすぐに、傘が下に落ちるだろう。それに手首に傘があるなら、手はスカートに入らないし、角度的に、傘が直角になるため、傘があたってしまい、できないのではないか?

傘が邪魔をするはずである。

どうも、「おかしな」話だよなと思うのは私だけだろうか?

妙な情報がネット上にある。

いろいろ見ていると、植草は「東銀座から乗っていたのに」という記述がちらほらある。警察発表と食い違う。もし仮に東銀座からのっていて、三田駅(都営三田線に乗り換え可能な駅。三田線上に、白金台駅がある。植草氏の自宅は白金にある。)で下車するつもりが、乗り過ごしてしまう可能性もある。そうなると、「家に戻ろうしたけど、うっかりして、蒲田まで行く」ということは十分ありえる。

<親父狩り>

あるひとつの見方として、よく親父狩りというのが都会には存在している。どうやるかというと、まず、誰か、気の弱そうなサラリーマンにターゲットを絞る。そしてその気の弱そうなサラリーマンを痴漢にしたてあげることを行う。つまり、女の子が、そのサラリーマンの前にわざと立つ。つまり近いところに立つわけだ。そして、ほかの男(二人ぐらい)はそのサラリーマンの至近距離に立っておく。そしてしばらくたつと、その女の子は、突然、「いや、やめてください!何をするんですか!」と大きな声を出して、「わーん」となき始める。(演技)それを見たほかの二人の男が「ちょっとあんた何をやっているんだ」といって「痴漢したんだろう」といってその男を取り押さえる。こうなると 気が動転したサラリーマンは、何もやっていないが、その場を収めるために万単位でお金を払ったりする。ということを聞いたことがある。そしてお金を払わなかったら、そのまま警察に突き出してしまう。もちろん、上記の例は、今回の植草氏の例にあてはまるかどうかはわからない。

しかし、何でもそうだが、あらゆる可能性を視野に入れておくべきである。あまりにも政府および、警察の一方的な情報だけで判断してはとてもまずい。今回も植草がやろうとしていたことは明確に「亡国のイイジ○路線」の嘘を明らかにしようとしていたからだ。

<もうひとつの例>

もうひとつの例は、誰かが本当に植草の前で、女子高生のおしりをさわり、真後ろにいた、植草のせいにしてしまいでっちあげることである。ーつまりこの女の子は後ろ向きになっていたと主張している。つまり仮に本当にさわられていたとしても、誰がさわったかを明確に見えるわけがないのだ。誰かまったく別の人間がそっと手を伸ばしてさわっていて、真後ろにいた植草のせいになったということはありえる。そして意図的に誰かがそう仕向けることもできるはず。

この植草氏が巻き込まれる事件は、政治的な意図がからみ、まるで、米国のC○Aが、大して証拠もないのに、テロの容疑者だといって拘留していくのに似ていると思う。

前回のは、冤罪であった。一番最初のは、皮膚病をぼりぼりかいていた誤解である。じゃあ今回は?と多くの人が思うだろう。しかし前回のが冤罪だとわかり始めたのは、植草氏が、逮捕されてから1年以上たってからのことなのである。

佐藤優氏も外務省で汚職を働いたとされて有罪とされたがこれも実は冤罪であるとわかったのは、逮捕されてから2年後である。

道路公団の藤井元総裁は、いまだに冤罪であることが知られていない。

ちなみにこういった痴漢の話というのは、難しい。というのは、本人は当然、「さわっていない」と、「さわっている場合」も「さわっていない場合」もいうだろう。となると、当然、そこにいた人、つまり被害者の言うことや、取り押さえた男2人の言うことを本当のことだと仮定して話がすすめられることになる。

<証拠採用がいいかげんになりがち>

つまり客観的に、その場面を見た人がいないで証拠採用がとてもいいかげんになされる恐れがある。そのため、上記のような冤罪の例であっても、本人は「さわっていない」と知っているが、その女の子や、それを助けたと主張する男も、「確かに見た」と偽証するだろう。そのため、でっちあげの罪で有罪にしたてあげることが容易なのである。それに、こういった場合、相手の女の子が抜群の演技で行った場合、お金を示談金としてもらうこともできてしまう。男側は「誤解を解くため」とかいって支払ってしまうのも多いだろう。

<亡国のイイジ○が喜ぶ>

今回、絶妙のタイミングで植草一秀氏の事件は、起こった。

一番喜ぶのは、亡国のイイジ○である。ちなみに、亡国のイイジ○は政敵を検察に逮捕させることで葬ってきた。

まさに我々は、攻防戦にいるのである。

今まさに、安部政権という、脳みその軽い軽量内閣ができようとしている。

<悪質な癌細胞に対して、切除しかなかった>

そして、長年の日本経済の「癌細胞」である、竹中平蔵が政界引退を表

明した。この竹中平蔵という頭の悪い経済学者は日本にとって、最悪の人物であった。この人物さえいなければ、多くの人は救われたはずである。

<竹中がやめるという福音を世界に述べ伝えよう。>

竹中平蔵が政界引退を表明した。これはとてもよいニュースである。「GOOD ニュース」キリスト教的にいえば福音(良い知らせ)である。

「竹中平蔵が政界から引退する」という福音(=GOOD NEWS)ということを広く延べ伝えれば、多くの人が明日への希望をもち、よい希望をもつことにつながる。

世界一学歴はよいが、日本一、社会の役に立たない経済学者であった。ハーバード大学という学歴は何の役にもたたないということを日本に知らしめてくれた。しかも米国の金融機関からは、平蔵は、影で馬鹿にされていた。

つまり、我々は、亡国の経済学者をついに討ち取った。彼がいなくなればなるほど日本人は、幸せになる。

うわさだが、竹中は、最近22億円もするマンションを購入したらしい。

最近竹中平蔵の金銭重大疑惑がある。

http://accessjournal.jp/modules/weblog/index.php?user_id=0&cat_id=80

<りそな銀行救済のときのインサイダー疑惑>

いうまでもなく、植草一秀が最近主張していたことは、大規模な、インサイダー取引が政府内にあったはずだいうことだ。りそな銀行救済のときである。これは竹中も入る。

<検察に知られた、竹中のクレデイスイスの銀行口座残高>そして、ライブドアの幹部の宮内の取調べで、どうも、宮内が、検察に言った。クレデイスイス ジュネーブ支店にある、口座に竹中などはいくら振り込まれているかなど。これを検察に知られるようになって、竹中は夜に眠れなくなった。

亡国のイイジ○も、竹中平蔵も、クレデイスイスのジュネーブ支店にある口座に、残高があるという。これはすべて没収するべきである。

<宮内が出てくると不安になる竹中>

宮内公判の初日の今日に、竹中平蔵は辞任した。

今日はライブドア宮内初公判だった。

それはライブドア宮内のほうが、竹中の秘密をばらす可能性が高いからである。

しかし、こういった植草の事件というのは、不思議である。

我々がとらなければいけない態度は、近刊で、植草が出版する予定だった本をそのまま発売せよと意見をいうべきである。

とにかく、植草がやろうとしていた小泉批判をさせるべきであり、出版する予定だった本は必ず早期に出版させるべきである。

あなたがもし不況を回避したいのであれば、植草の本を出版させることに全力を尽くすべき。最初に植草が、小泉政権のでたらめを証明していたが、そうなると困るから亡国のイイジ○が暗躍して植草をわなにはめてきたのである。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジンより全文転載
b0034892_2143509.jpg

by 892sun | 2006-09-18 21:44

アセンション

「奪われし未来」と「世界があなたを変える日」という二冊の本をご紹介させていただきました。これらの本からは、我々人類の選択した道がどうやら大きな間違いを犯してきていることが分かります。間違いに気付いたら、すぐに方向転換をすればいいのですが、世界を動かしている一握りの人たちは、そんなことにはお構いなく、今も目先の利益を追求することに血道をあげています。

この星には限られた資源しかありません。この限られた世界の中で、人類が未来永劫に持続可能な生活を送るためには、限りある鉱物資源に頼るのではなくて、太陽のエネルギーを受けて成長する植物資源を有効に使うことをまず考えなくてはいけないのに、使えば使うだけ少なくなってゆく、化石燃料などの奪い合いが、戦争の元となっています。

人間はいつになったら、こうした物質的欲望の囚われから開放されるのでしょう。限りあるものは、奪い合うのではなくて分かち合うのが本当です。弱いものから収奪するのではなくて、救いの手を差し伸べるのが強者です。間違いに気付いたら、反省して二度と繰り返さないようにするのが進歩です。セヴァンに笑われてしまうようなことを、未だに止めません。

心霊学的にいえば、この地球上で人間は他の動物たちのリーダーとして生きるような能力を授かっているはずなのに、有効には使えていないばかりか、害にさえなっています。もし、人類が、本来の意識に目覚め、持てる能力を存分に発揮したなら、今まであれほど悩んだエネルギーの確保などで苦しむことはなくなるのです。物質を転換することによって得る、既存のエネルギーではないエネルギー、宇宙空間に無限にあるエネルギーが使えるようになるのです。地球よりも進んだ星の人たちが当たり前のように使っているエネルギーです。

そのエネルギーが使えるようになるのには、いくつか条件があるのです。今のように強いものが弱いものから収奪する猿山のボス猿のような真似を止めることです。物質的なものが全てだと思い込むから物質的な欲が絶えません。意識をモノからココロへ移し、本当に大切なのはモノではないことに気つかなくてはいけません。人類に与えられた内在する無限の力に気付きましょう。アセンションは外部からなされるのではありません。ひとり、またひとりと意識が向上していき、その波動が世界の隅々まで届いたら、この星はもう三次元低位の星ではなくなるのです。
b0034892_17481653.jpg

by 892sun | 2006-09-17 17:48

あなたが世界を変える日

ミクシーで足跡たどって行った先の日記で見つけたのが、この本「あなたが世界を変える日」早速アマゾンに発注して届きました。絵本のような体裁ですが、中身が凄い。ちょっと転載します。

     オゾン層にあいた穴を
     どうやってふさぐのか、
     あなたは知らないでしょう。

     死んだ川に
     どうやってサケを呼びもどすか、
     あなたは知らないでしょう。

     絶滅した動物を
     どうやって生き返らせるか、
     あなたは知らないでしょう。

                      そして
     今や砂漠となってしまった場所に、
     どうやって森をよみがえらせるのか、
     あなたは知らないでしょう。

     どうやって直すのか
     わからないものを
     こわしつずけるのは
     もうやめてください。

これは、当時12歳だったカナダ人で日系4世、セヴァン・カリス・スズキという少女が1992年にリオデジャネイロで行われた地球サミットに子供代表としてしたスピーチの一部で全文が掲載されています。たった6分間の短いスピーチでしたが、このスピーチが世界各国から集まった政府要人たちに少なからず衝撃を与え、終わったときには、ロシアの前大統領ゴルバチョフが、アメリカの副大統領だったアルバート・ゴアがかけよって、サミットで一番のスピーチだったと褒め称え、多くの人たちは流れる涙を拭おうともしなかったと言われているそうです。私も実際にこのスピーチを読んでみて胸がいっぱいになりました。まだご存知ない方、手にする機会がある方は是非とも読んでいただきたいと思います。

     もし戦争のために
     使われているお金をぜんぶ
     貧しさと環境問題を
     解決するために使えば
     この地球は
     すばらしい星になるでしょう。
     私は子どもだけど
     そのことを知っています。

学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたたち大人は私たち子どもに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。
            たとえば
      
     争いをしないこと
     話あいで解決すること
     他人を尊重すること
     ちらかしたら自分でかたずけること
     ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
     わかちあうこと
     そして欲ばらないこと

     ならばなぜ、あなたたちは、
     私たちにするなということを
     しているんですか。

是非ともブッシュやコネズミにも読んで聞かせてやって欲しい。セヴァン・カリス・スズキ著 学陽書房 1000円
b0034892_15432630.jpg


追伸、中日VS阪神戦、山本まさやん完封3対0、\(~o~)/セリーグの天下分け目の首位攻防戦なのに、東京のテレビはどこも放送なし。巨人横浜戦やってる。TBSってカメダのときもそうだけど、馬鹿じゃない?最下位争いなんて誰が見るか。

追追伸、ただの完封じゃなかったのね。ノーヒットノーランだったんだって。41歳にしてこのピッチング。凄いの一言です。まさやん、おめでとう。
by 892sun | 2006-09-16 15:43

彼岸花

やっと雨がやんだので、深大寺へ虫とりに行きました。私の虫とりは虫撮りなので、タモとか虫かごは要りません。カメラがあればいいのです。今の時期はほとんど花もなく、客集めの目玉がないので、60歳以上は無料サービスになっていました。ラッキー。彼岸花を見つけました。まだ今年は誰もアップしてないでしょう。。イッチバーン。
b0034892_1835323.jpg

by 892sun | 2006-09-15 18:35

奪われし未来

環境汚染を告発した名著レイチェル・カーソンの「沈黙の春」の続編とも言うべき内容の「奪われし未来」を読んだ。1997年の発売で、その半年後にはすでに11刷りになっているから、環境問題に敏感な方はご存知の方も多いと思うが、この本はホルモン作用撹乱物質とも呼ばれている残留性化学物質が、すでに地球上の至るところ、例えば北極に住むイヌイットたちにさえ影響を与えて、この星に生命が芽生えてからの何億年かの命の受け渡しのシステムに危険信号が灯っていること知らせている。

カーソンの警告したPCBのような有毒化学物質による被害というと、主に次の二点に焦点が絞られてきた。すなわち、毒物と同じように細胞の損傷や細胞死を誘発するのか、あるいは遺伝子の設計図であるDNAを攻撃し、発癌性物質のように遺伝子変異を際限なく生み出していくにかというのである。毒物にさらされた場合、暴露したヒトや動物は病気になるか死んでしまう。遺伝子に変異を生じた場合はガンが誘発される。

ところがホルモン作用撹乱物質というのは、環境でごくふつうに検出される程度ノレベルでは、細胞死も引き起こさないし、DNAも傷付けない。この化学物質のターゲットはホルモンだけなのだ。ホルモンは体中に張り巡らされたコミュニケーション・ネットワーク内を絶えず循環している化学メッセンジャー(化学伝達物質)である。それに対してホルモン様合成化学物質というのは、生体の情報ハイウエーに住み着いていて、生命維持に不可欠のコミュニケーションを寸断してしまう暴漢のような役回りを演じている。メッセンジャーに襲い掛かったり、メッセンジャーになりすましたりするのだ。

ホルモン作用撹乱物質は、出生前や出生後しばらくのあいだは、特に危険な因子なのである。成人にはこれといった影響が出ないような比較的低レベルの汚染物質でも、胎児には致命的な打撃となる場合がある。五体満足で健康な赤ちゃんが生まれるかどうかは、妊娠中のしかるべき時期に、しかるべきホルモン・メッセージが正しく胎児に送り届けられるかどうかにかかっている。

巣を作らないワシ、矮小化したワニのペニス、孵化しないカモメの卵、子を産まないミンク、アザラシやイルカの大量死、そして現在も止まらないヒトの精子の減少傾向。地球を襲う生命の衰退の背後にあるホルモン作用撹乱物質の本当の正体が未だに分からないまま、そして解決策も見出せないまま、ずるずると時間だけが過ぎていく、この不気味さは、事実だけにミステリーを読むより怖いものがある。これからの時代を支えていく人たち、特にこれから結婚する人には是非読んでおいて欲しい本です。翔泳社、シーア・コルボーン、ダイアン・ダマノスキ、ジョン・ピーター・マイヤース共著、1800円
b0034892_17234133.jpg

by 892sun | 2006-09-14 17:29

ありがとう教

冴えないお天気が続いて気分が滅入りますが、こんな時こそ落ち込まないでカラ元気でもいいから回りに笑顔を振りまきたいものです。ところで、近頃、「ありがとう」とか「ついてる」と言うと運が良くなるとかで、意味もないのに、やたら、ついてるやらありがとうやらを言うのが流行っているようです。確かに、プラス波動の言葉を言えばプラスの波動がまわりに出るから、悪いことではないのか確かですが、ほどほどにしないと「ありがとう教」みたいで変ですよ。

人生に平らな道はないので、いつも嫌なことや苦しいことが待っています。そんな時に、「ああ、これは神様が私に出してくれた宿題なんだ。有難いプレゼントなんだ。」と思ってありがとうございます、という気持ちを持つか、「ああ、なんで私だけがいつもこんな目に会わなくてはいけないか。」と思って不幸を呪うかでは、確かに、前者のほうが前向きに行動するし、プラス波動が出ていますから、物事はうまく運ぶにちがいありません。

物事のそもそもの原因を作るのは、思い、言葉、行動で、言葉自体にも力がありますが、ただ闇雲にありがとうとか、ついてるとかをのべつ幕なしに言って運を引き寄せるというのは、明らかに邪道です。有難うというのは、誰かが何がしかの有り難がたいようなことをしてくれたのに対しての感謝の言葉です。まだ何もされてもいないのに、挨拶代わりに有難うとか言うのは、常識から言って可笑しいでしょう。相手だって気持ち悪いですよ。気持ちのこもってない有難うを百回言ったり言われたりするよりも、一度だけでもいいから心をこめて有難うと言ったほうが相手にだって通じるし喜ばれると思いますよ。

流行るとすぐ飛びつくのが日本人の悪い癖です。テレビや漫画文化の影響で深く考える習慣がないから洗脳され易い。もっと理性的な感覚を持たないと宗教ビジネスに嵌りますよ。
b0034892_18154473.jpg

by 892sun | 2006-09-13 18:15

飲酒運転したら免職にしなくちゃ。

公務員の飲酒運転事故が目立ちます。事故になったから表に出てきたのであって、公務員というのは、日常的には裏で警察に手を回してもみ消してもらっていたから、飲酒運転で捕まっても、後でなんとかなるという意識が飲酒運転をさせていたのじゃないのかね。役人と警察なんて公務員同志で裏ではいつも攣るんでいるんでしょ。読売新聞の記事から転載

****
「飲酒運転すると、原則免職」という厳しい基準を設けているのは9県市と少数派であることが、読売新聞の全国調査(47都道府県と15政令市対象)で明らかになったが、こうした自治体でも、飲酒運転をしても免職にならなかったり、人事委員会の裁定で停職に変更されたりするケースが相次いでいる。

 厳罰化の徹底が揺らぐ事態に、飲酒運転死亡事故の遺族らからは、「これでは飲酒事故はなくならない」と怒りの声が上がっている。「飲酒運転は原則、懲戒免職」との要綱を2003年4月に設け、厳罰化に乗り出した青森県。だが、05年3月、飲酒運転で摘発され懲戒免職となった男性職員に対し、県人事委は、「免職は重すぎる」との理由で停職4か月に修正。05年6月には、酒気帯び運転で摘発された男性職員に対し、「飲酒後5時間以上たっている」との理由で、停職6か月の処分とするなど、すでに4件で“減刑”された。

 県人事課は、「飲酒後に相当の時間を経過して摘発された場合は要綱の例外。合理的で見直すつもりはない」と話す。

 横浜市では、03年に「免職」基準を設けたが、職場の上司から勤務態度が良好と判断されるなどした三つのケースについては、いずれも停職にとどめた。また、高知県でもいったん免職が決まったが、その後、県人事委の裁定で停職1年になったケースがある。

 東名高速で飲酒運転のトラックに追突され、娘2人を亡くした会社員井上郁美さんは、「基準を厳格に適用しないのは社会への裏切り行為。ルールは毅然(きぜん)と守ってほしい」と話す。

 また、交通事故問題に詳しいジャーナリスト柳原三佳さんによると、交通事故による公務員の起訴率はほかの一般市民の4分の1程度という。柳原さんは、「公務員は守られているとの意識が、交通安全の感覚をマヒさせている。厳格な基準を守らなければ、また大事故が起こるだろう」と警告する。****転載終わり

政官業の腐れ繋がりで、公務員も警察も腐っているから事件が後を絶たない。民間企業は必死にならなければ生き残れないが、役人は景気がどうなろうが、政治がどうなろうが給料は入ってくるからこんな世の中になっているのに、全く危機感がない。飲酒運転したら即刻免職にしなくちゃ。凶器が走っているんだぞ。
b0034892_1611553.jpg

by 892sun | 2006-09-12 16:01

大国の横暴

イランという国は産油国であり、石油がじゃぶじゃぶ出るのだから、原子力発電をする必要はまったくないのだけれど、ウランを濃縮して平和利用するのだというのが大義名分としてあって、ウランを濃縮することを他の国から非難される理由はないと、アフマドネジャド(だっけ)大統領はつっぱねている。しかし、明らかに高濃度の濃縮技術を使うということは、核を保有することだと分かっているから、これ以上核保有国が増えることが困る、先進保有国は必死になって説得する。

しかし、これって変じゃないか?核非拡散条約を作って、もうこれ以上核を持つ国が増えるのを止めようということでは、持っている国は同意しているけれど、持ってない国で、持ちたがっている国は無視して持とうとする。もう内緒で持っちゃった国もある。イスラエルとか北朝鮮とかパキスタンやインド等だけれど、とうとうこないだ、インドについてはアメリカは承諾しちゃった。他の国もアメリカがいいと言ったので文句が出なかった。

イスラエルが核を持っているからイランが核を持ちたがっているのは明らかで、しかし、イスラエルの核保有についてアメリカはもちろん、他の国が文句を言ったためしがない。公式には持ってないことになっているのである。持っていないことになっているから、核査察も行わない。イラクなんかと大違いである。何どもありませんと正直に申告してるのに、やられちゃった。

核などというものは、本当はどこの国も持ってはいけないのである。持ってはいけないのに、大国の横暴で自分のところだけは持ってもいいなどという理屈になっているから、説得しても正論にならないのだ。いったいどんな基準で持っていい国と持ってはいけない国に選別されているのだろうか。どうも私には内緒でもいいから持ってしまったほうが得のように見えるのだ。韓国だっていずれ北と一緒になったとき、持っていたほうが得だからせっせと金豚に援助している。

日本はアメリカを支えている一番の同盟国であるはずだが、日本はアメリカから核の保有を禁止されている。何故だろう。もちろん私は核などというおぞましいものに頼る平和など想像もしてみたくないが、安倍晋三のブレーンの中西輝政氏は著書のなかでこんなことを言っている。

***
① 「目本は独立国です。独立国である日本は、中朝露三カ国の核ミサイルに威嚇されています。アメリカが親切に提供してくれるという『核の傘』やMDは、目本が中朝露からニュークリア・ブラックメールをかけられたとき、頼りになるものではありません。中朝露のような非民主的な武断主義国家に脅かされている日本が、独立国の当然の義務として自主的な核抑止カを得ようとするとき、あなたたちアメリカ人はそれを妨害する資格があるのですか?

それともあなたたちは、日本が独立主権国であることを認めないのですか?」

② 「米政府が、目本に自主的核抑止力を持たせないほうがアメリカ外交にとって都合がよいと考えていることは、私も一〇〇パーセント承知しています。

しかし、もしあなたが日本人だとしたら、自分の国が中朝露三カ国の核ミサイルに威嚇されている状況をどう思いますか?

あなたが日本人だったら、『こんな状況はあまりにも危険だ。自分の国は自分で守らなけれぱいけない』と思うのではないですか?

あなたは、日本人の国防の必要性よりもアメリカの覇権利益を擾先させている米政府の態度を、道徳的に正しいと思いますか?」

③ 「日本が核を犯得すると、NPT(核不拡散条約)体制が壊れてしまい、東アジアで核兵器犯得競争が起きてしまう。だから日本は核を持つべきではない、という、一見もっともらしい議論を持ち出して、日本の自主的核抑止カ構築を妨害しようとするアメリカ人がいます。しかしこの議論は、欺喘と偽書に満ちた訟論です。

アメリカが一九六八年にNPTを採択したとき、この条約は、『核兵器の製造を停止し、貯蔵されたすべての核兵器を破棄し、諸国の軍備から核兵器及びその運搬手段を除去する』ことを目的として採択されたものでした。

さて、一九六八年から現在まで、目本を包囲している米中朝露・四核武装国は、このNPTを守ってきたのでしょうか?

NPTを露骨に無視して核兵器を大量増産してきたアメリカと中国が、なぜ、日本に対しては、『お前たちが核を持つと、NPT体制が壊れてしまうから駄目だ』などと、欺蹄に満ちたお説教をするのでしょうか?

東アジア地域でNPTを真面目に守っているのは日本だげです。韓国政府は北朝鮮の核武装を支援するため、経済援助を急増してきました。アメリカ人は、日本人に『NPTを遵守せよ』とお説教する前に、まず自分たちのNPTに対する態度を反省すべきではないでしょうか」

④ 「アメリカ政府は日本に対して、『集団的自衛権を行使せよ。米軍と一緒に戦え』と要求しています。私も、日本の集団的自衛権行使に賛成する立場です。二十一世紀の日本とアメリカには、『全体主義国家・中国の覇権主義を封じ込める』という共通のミッションがあるからです。

しかしアメリカ政府は一方では、『目本は集団的自衛権を行使せよ』と言いながら、それと同時に、『日本には、自主防衛能カ・自主的核抑止カを持たせない。日本政府には、独立した外交政策と国防政策を実行する能カを持たせない』という態度です。

アメリカ人は、自分たちに都合のよいときには『自衛隊は米軍と一緒に戦え』と要求し、しかも『アメリカは、日本が真の独立国になることを妨害する』という態度です。これは、あまりにも利己的で狡滑な態度です。

米政府がこのような対日外交を続けるかぎり、まともな思考カを持つ日本人は、本気で『アメリカ外交に協カしたい』とは思わないでしょう。アメリカ政府の利已的な対日政策は、目本人の嫌米感情を強め、日本を同盟国として利用しようとする米国のアジア政策にとってマイナスとなっています」

⑤ 「一九四五年八月、すでに抗戦能カを失っていた日本に対してトルーマン政権は二度の核攻撃を実施し、三〇万人の日本の婦女子を無差別虐殺しました。この民間人の無差別虐殺が、戦争犯罪であったことは明らかです。

さて、現在の日本は、四核武装国に包囲されており、非常に危険な状況にあります。このような状況下で、世界で唯一、核兵器による婦女子の大量無差別虐殺という核戦争犯罪を実行した国が、世界で唯一、その核戦争犯罪の犠牲となった国に対して、『東アジア地域において、ロシア人、中国人、朝鮮人が核武装しても、お前たち日本人にだけは核抑止カを持たせない』とお説教するのは、いささかグロテスクだと思いませんか?

それとも、アメリカ人は覇権主義者だから、このような態度をグロテスクだと感じる道徳的な感受性すらなくしてしまったのでしょうか?」***転載終わり

コネズミよりもタカ派といわれる安倍晋三ですが、憲法を改正させて次はこのように動くのではないでしょうか。さて、あなたはどう考えますか?
b0034892_1842778.jpg

by 892sun | 2006-09-11 18:04



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧