ひとりごと、ぶつぶつ

<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

accontability

年金問題は国民の生活に密接に結びつくがゆえに、その関心は高く世論調査でも、格差問題を押さえて第一位を占める。前回も年金問題で苦戦した参議院選挙を今夏に控え、政府与党は慌しく、年金救済法案を提出して国民の批判をかわすつもりらしい。今日の党首会談でも問題になったことだが、五千万件にも及ぶ納付記録が紛失したのは、誰の責任なのかははっきりしていることなのに、その所在を明確にしないばかりか、あたかもミスを犯した国民を救うが如き救済法案とは聞いて呆れる。

説明責任という言葉が使われるようになって久しい。初めて知ったのは、カレル・バン・ウォルフレンの著書で、日本の政治システムにはアカウンタビリティーが欠けているというような指摘だったと思う。アカウントというのは会計とか計算という意味を持つことは良く知られたことだが、辞書を引くとこの言葉には理由、原因、価値、評価、と共に、説明という意味もあるので、そこからアカウンタビリティーが説明責任という意味を持つようになったのだろうか。

参院選のためなのか、自分の支持率低下に慌てたのかは知らないが、こうした泥縄式の対策を講じる前に、我々国民が心から知りたがり、求めているものをはっきり示した上で対策を練ってもらいたい。それは具体的な数字である。不明の納付記録五千万件という数字が、発表されただけで驚いて怒りが湧きあがっている。金額については何も発表されない。これまでに、いったい我々はいくら納めて、いくら支払われたのか、どこでどのように、わけの分からないことにいくら浪費してきたのか、全額を国民の前に公表したうえで、新しい組織へ移し変えなければ、また同じことを繰り返すだけだ。説明責任を果たさないまま、その場を凌ごうとするのは、国民を舐めているとしか思えない。
b0034892_1838829.jpg

by 892sun | 2007-05-30 18:38 | Trackback

連れ自殺

昨日の松岡農相の自殺関連と思われる自殺がまた起きた。必死で生きようとしている人があるかと思えば、こうして簡単に自殺してしまう愚かな人がいる。自殺したって、罪から逃れるわけじゃない。してきたことが清算されるわけじゃない。日本人は、死んだらすぐ仏なるだとか、死人を鞭打つことはしないのが美徳などと言って、死んだら仕方ないと諦めたり、罪を全部自分で被って死んだのだからと許してしまう風潮があるから、なにかこうした事件が起きるたびに、自殺して真実を闇に葬ってしまうが、とんでもないことだ。石原都知事など、松岡大臣の死ニザマを侍だなどとノタマッタ。冗談じゃないぜ、武士道を冒涜するにもほどがある。

いつまで、こんな愚かなことを繰り返すのだ。政治と金と癒着と天下りと談合の巣になっている安倍自民党は反省する気持ちがあるのなら、速やかに責任を取って総辞職するべきだ。

緑資源機構前身の元理事が自殺 マンションから転落死
2007年5月29日 11時58分

 29日午前5時15分ごろ、横浜市青葉区青葉台のマンション駐車場で、独禁法違反容疑で担当理事らが東京地検特捜部に逮捕された独立行政法人「緑資源機構」(川崎市)の前身、旧森林開発公団の山崎進一元理事(76)が転落死しているのが見つかった。

 山崎元理事はこのマンション在住で、6階の階段に靴がそろえて置いてあり、神奈川県警は自殺とみて調べている。パジャマ姿で、頭から出血していた。遺書は見つかっていない。

 元理事は、緑資源機構の官製談合事件で問題となった発注側主導の受注調整システムを作り上げた人物とされ、26日には自宅が東京地検特捜部の家宅捜索を受けた。

 関係者によると、山崎元理事は旧森林開発公団の生え抜き職員で、1988年10月に生え抜きとして初の理事に就任。90年10月に退任した。退任後は、機構の事業を受注する土木建設業者らでつくる任意団体「特定森林地域協議会」(特森協、昨年11月解散)の副会長も務めた。

 26日には、社長らが特森協幹部を務めていた島根県と宮崎県の建設会社2社も、特捜部の家宅捜索を受けた。

(共同)
by 892sun | 2007-05-29 12:25 | Trackback

愚か者の極み

開き直り農林大臣が自殺したそうです。愚か者の極みです。死ぬ勇気があるのなら、何故国民に全部話してから辞任しなかったのだろうか。国民には、とても話すことができないほど悪事を働いていたということか。いずれにしても自殺という選択肢は一人の人間としても許されざることで、こんな人を選んだ地元の人間にも責任があるし、任命権者の安倍総理にも大いに責任がある。今まで答弁のたびに庇い続けてきたことを反省してもらいたい。


松岡農相が自殺、現職閣僚では戦後初
 28日午後零時18分ごろ、東京都港区赤坂2の議員宿舎で、松岡利勝農相(62)が首をつっているのを秘書官らが発見、119番通報した。松岡農相は病院に運ばれたが、午後2時に死亡した。警視庁は自殺とみている。松岡農相は政治資金問題で野党の追及を受け、辞任を求める声が上がっていた。現職閣僚の自殺は戦後初めて。

 調べによると、松岡農相は同宿舎11階の自室で同日午前10時ごろまで秘書官と打ち合わせをしていた。その後、部屋から出てこないため秘書官らが正午ごろに入り、首をつっている松岡農相を発見。農相は玄関奥の居間のドアのちょうつがいに布製のひもをかけ、首をつっていたという。

 発見時、遺書などは見つからなかったという。 (14:22) NIKKEI NET
by 892sun | 2007-05-28 17:00 | Trackback

セパ交流戦

プロ野球交流戦が始まりました。人気のセ、実力のパとは以前から言われてきたことですが、今年はますます、その傾向が強いですね。昨日までのセリーグ球団の成績は9勝18敗1引き分けだから、パリーグは逆に18勝9敗1引き分けのダブルスコアというわけ。交流戦初日などは、パリーグ6戦全勝、セリーグ全敗という悲惨さ。これでは日本シリーズなんてやらなくたって結果が分かる気がするな。

わがドラちゃんたちは、成績的にはなんとか持ちこたえてはいるものの、試合を見ていても、パの選手のほうがいい選手が多い感じを受けるのは私だけだろうか。今年の宿敵Gの成績予測をしたときも、パから来た小笠原、谷の成績次第と思ったけれど、二人とも3割2分台のアベレージで打線を引っ張っている。昔は、鳴り物入りでセに来た選手でも活躍出来た選手は少なかったのは、セのレベルが高かったからだろう。今や完全に実力のパが証明されている。

パでは下位低迷していたチーム、オリックスや楽天の元気のいいこと。日ハムなんて負けなしです。テレビを見るのはもっぱらドラゴンズ戦だけど、名前も知らないのに、いい選手がいっぱいいる。交流戦だけでなく、トレードもどんどんやってくださいな。それにしても楽天の山崎武、おそろしや。
b0034892_16145573.jpg

by 892sun | 2007-05-28 16:14 | Trackback

点字図書館に行ってきました。

スピ友のお誘いで、高田馬場にある「日本点字図書館」を見学してきました。前もって予約しておいてくれたお陰で、係りの方が全館の施設を細かく親切丁寧に案内して説明してくださいました。4階建てのとても立派な図書館になっていて、驚いたのは公立の施設かと思っていましたが、そうではなくて、昭和15年に本間一夫氏という視覚障害のある民間人によって開設されたということでした。本間氏の点字の蔵書700冊をもって始められましたが、現在では点字図書26245タイトル=105562冊、録音図書18873タイトル=346713巻と充実してきました。

私たちは健常者であるために、当初の目的であった、スピリチュアリズム関連本のリストを見ることは出来ませんでしたが、これからどのようにしてスピ関連本の点訳、音訳を進めていくか、いくつか課題を見つけることも出来ました。時間のかかる作業ですし、急ぐこともありませんので、各自出来ることから、すこしづつ進めていくしかないだろうと思っています。今、頂いてきた案内書や点字のサンプルを自分の指でなぞってみていますが、6箇所の小さな点の間隔や位置を指の裏の感覚で読み取ることの難しさといったらありません。訓練すれば出来るようになるのでしょうが、ものすごい努力が必要になるでしょう。

他に思ったことといえば、この施設の運営は多くの寄付と厚生労働省からの委託金で運営されているようですが、その国からの補助は毎年減らされて、今では全収入の1割にも満たなくなってきていることです。そのために職員なども減らさざるを得ないとも書かれています。この国はどうしてこうも、弱者に冷たいのでしょうか。お金がないわけではないのです。今日の朝刊には談合疑惑で逮捕された緑資源機構の理事長がナントカ還元水を飲みまくっている開き直り農相に頭を下げている写真が掲載されていますが、まるで税金泥棒同士の親分子分が馴れ合い芝居を撮らせた写真にしか見えません。やはり日本は民間は一流ですが、政治は三流以下ですね。
b0034892_2012959.jpg

by 892sun | 2007-05-25 20:12 | Trackback

家もいらない、墓もいらない。

井戸の中で産まれて、一生を井戸の中で終える蛙たちは、井戸の外に大きな海があるのを知らないのと同じように、この宇宙の中では芥子粒ほどの三次元世界、地球という世界に産まれてきた人間は、体だけが自分だと思い込んでいるがゆえに、体が死ねば自分そのものも消滅すると思って、本来の居場所であるあの世が存在することさえ否定する。そうではなくて、私たちはあの世から、この世へ勉強のためにホームステイしているのだ。

この基本的なことを理解していれば、わざわざ一生の大半を費やして稼いだお金をつぎ込んで、我が家を購入したりして、満足してることがいかに馬鹿なことだと分かるだろう。自分のためではなく、可愛い我が子のためという人もいるかもしれない。またそれも、前者にも劣る馬鹿げたことだ。可愛い子には旅をさせよと賢者は言った。我が子の自立を促すには厳しい試練を与えるのも愛なのだ。すべて買い与えてやるのは、我が子の成長を阻害する以外の何物でもない。

家など持つな。土地など所有するべき性質のものではない。人間にはこの地球という星に生きることを許されているだけで、所有する権利などないのだ。自分のものに出来るなどという傲慢さが幾たびかの戦争を生み、血を流してきたことを、どうして学ばないのだろうか。私たちは、ひっそりと産まれてきて、何も所有せず、ひっそりと死んでいけばそれでいいのだ。墓を建てて子孫にいつまでも祀ってもらう?さていつまで自分のことを覚えていてくれるだろうか。
b0034892_1144121.jpg

by 892sun | 2007-05-24 11:44 | Trackback

苦の哲学

この世に生まれてくることも、病むことも、老いることも、死んでいくのも、みんな苦であると釈尊は言った。心霊学では、この世に生まれてくるのは、霊的成長のためであると言い、霊的な成長をするためには、数々の苦難を克服することで、少しずつ魂が大きくなってゆくといいます。私は自分のホームページで、この世は神立地球学校で、そこで学ぶために、両親のもとにホームステイして勉強しに生まれてくるのだと書きました。いずれに解釈をしても、人生は悩みや苦労ばかりが多いことには違いない。

しかし、その苦悩をそのまま苦悩として、何故自分だけがこんなに苦しまなければならないのだろうかと、思い詰める人と、これは自分を成長させるために、わざわざ神様が自分のために用意してくれた教材であると思える人とでは、自ずと解決に向う心構えが違ってくる。先日も書いたけれど、厳しい環境を選んで生まれてきた者たちは、すでに何度か再生していて、それなりの経験を潜在意識の底に持っているから、大変な苦悩と思えるようなものも、わりとさらりと流して生きてしまう術を持っている。悩みといえばお金がないことぐらいである。

これに対して、お金の悩みなどない裕福な環境に生まれてきた若い魂には、一つ一つの悩みがとても大きくて、とても自分一人の力などでは解決出来ないように思える。こうした者にとっての悩みは、ほとんどが経済力では解決出来ないような悩みばかりである。お金の力で解決出来れば、とっくに解決しているような苦悩で、お金の力ではどうしようもない問題だから苦悩するのである。そういう者、お金さえあれば、何でも出来ると思い込んで生きてきた魂には、そういうことこそ試練となって、お金の無力さを噛み締める。それもまた成長への新たな道なのだ。
b0034892_14254680.jpg

by 892sun | 2007-05-22 14:25 | Trackback

スイートピーが咲いたよ。

b0034892_15303818.jpg

by 892sun | 2007-05-20 15:31 | Trackback

親の因果は子に報いない

スピリチュアリズムには、日本の霊能者が良く言う先祖の因果についての記述はない。まだまだ勉強中につき、述べられたものもあるのかもしれないが、少なくとも三大霊訓にはそのような記述はないと思う。因果、すなわち原因と結果の法則は、あくまで自分が過去に撒いた種の収穫は確実に自分でする以外、方法がない。たとえそれが肉親であろうと、自分以外の者が代わりにするというのは法則に反することだ。それなのに、日本では原因の分からない障害に見舞われたりすると、先祖の霊障だから、浄霊しないと助からないなどと言ってお金を巻き上げる。これを宗教ビジネスと言う。またこれに簡単にひっかかる人の多いこと。

昨今、親殺しや我が子の虐待などの事件があるように、野生の動物の親子にも劣るような人間も増えているから、例外もあるかもしれないが、普通の人間の感情を持った者が可愛い我が子、我が子孫に対して恨みが原因の障害など、起こすはずがない。所属する類魂のカルマといったものは多少持って生まれてくるにしても(これには歴然とした理由がある)、生まれつきの障害や生きていくうえで立ちはだかる障壁といったものは、霊性向上のために敢えて望んだか、そうでもなければ自らの因果に依るのである。先祖の因果解消のために、子孫に霊障が起きることはない。

知り合いに、名前を出せば誰もが知ってるような有名な家族があり、そこの息子さんが生まれつきの躁鬱症で、母親が気に病んでいたので、当時読んでいた霊能者の書いた本を紹介したら、早速著者に連絡を取って相談に行ってしまった。私としては、病気が起こる原因というのは、医学的なものだけではないと言いたかったので、精神世界のいろいろなサンプルを調べることで、別の側面からの考察を促したつもりで、息子さんがそれに当てはまるなどと言ったつもりはなかった。

しかし、母親としては藁にもすがりたい気持ちだったのだろう。相談を受けた霊能者曰く、先祖霊一人一人の浄霊をすれば治る、と。古い家柄だけに、室町時代まで遡れば家系に残された人物だけで、数百人、一人ウン万円にしても、1千万近くかかると聞かされて、青くなって帰ってきて、我に帰った。名家の生まれでなくても、20代遡れば先祖の数は百万人を越すと言われている。自分の過去生のカルマの返済だって、どこでどうしたのか分からないのに、先祖のカルマの返済まで背負って生きよというほうが間違っている。
b0034892_14492843.jpg

by 892sun | 2007-05-19 15:00 | Trackback

統一会と霊性向上。

毎日書くつもりではいますが、いつの間にか隔日になったり、数日空いてしまったりしています。毎日、更新されてるだろうとアクセスして下さる方には、申し訳ないと思っています。昨日もそのつもりではいましたが、ついつい野球の結果が気になってテレビの前でグダグダ独り言を言いながら時間が過ぎていきました。ニックキジャイアンツ戦とは違ってヤクルト相手だと安心して観ていられるのはなんなんだろうね。勝っても負けてもそれほどでもない。

昨日は水曜日でしたので、午後からは精神統一をしにいきました。丹波さん亡き後、霊界の宣伝マンを務めてくれているらしい江原さんのお陰で、日本心霊科学協会(間違っても統一教会とごっちゃにしないでね、あれはキリスト教的宗教ビジネス)の精神統一に通ってくる人は増えています。精神統一会に継続的に参加するには、安いとはいえ、一応入会金とか参加料を払いますから、協会という組織にとっては収入が増えることだから、歓迎しているのだろうと思いますが、私のように精神統一だけが目的で通っている者には、あんまり増えすぎても困るのです。

というのも、集中して統一状態になれるのは、せいぜい20分か30分がいいところなのですが、参加者一人一人を霊能者が霊査して回るので、一人あたり数分でも50人もいると2時間近くかかってしまいます。私の考えでは、アドバイスが必要な人だけに霊査をしてあげて、普段通りで問題ない人には素通りしてもいいのではないかと思っていますが、私が口を酸っぱくして繰り返し言ってるように、目的は精神統一、霊査は付録なのだ、というのを思い違いして,霊査してもらたい、何かアドバイスが欲しくて、座っている人も多いのでしょうから、そんなことになったら、もう来ない人も出ることでしょう。

もう一つ、大きな勘違いをしている人もいます。ここに長いこと通って、精神統一に励めば、霊性が向上すると思っている人。精神統一の目的は、霊性の向上ではない。何ども書いてきましたが、精神を統一することは、自分の波動を上げて、背後とのアクセスルートを太くすることにある。自分を支えてくれている見えない存在たちに、意識を向け感謝の念を送ることで、自力だけでは出来ない他力を呼び込み、自分を含めて霊系の浄化を果たすことになるが、それで自らの霊性が向上するわけではない。背後に導かれて他人のために生きる道を選ぶようになることはあるだろうが。

霊性の向上を図るには、大霊に尽くす以外道はない。大霊の子である分霊に尽くすことによって間接的に大霊に尽くす。俗に言えば、徳を積む以外、霊性向上の道はない。何十年も協会に通って、統一会に出たとて、霊性が向上するわけではないが、それでよしとする人たちがいるのも事実である。こんなことをしょっちゅう言っているから、睨まれるんだね。
b0034892_11595712.jpg

by 892sun | 2007-05-17 12:00 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧