ひとりごと、ぶつぶつ

<   2008年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

マシュー君からのメッセージ、その5

今日も森田玄さんのブログから転載します。併せてお読みください。ベンジャミンフルフォード氏が、もしかしたらと指摘していたように、どうやら今回の大災害は人工的に引き起こされたことが確実になってきましたが、今は証明することは出来ませんから、自然災害として受け入れる以外にはありません。いずれ闇の政府の暴挙が暴露される時が来るでしょう。この地球上には単に生きていくだけで苦しいような地域も多くありますから、そこに住む人々が苦しみから解放されたと解釈することもできます。アメリカの大統領にオバマ氏がなれば、闇の勢力は暗殺を企てるような気がしています。このあたりにも注目していきたいと思います。かなり生々しいメッセージです。

マシュー君からのメッセージ、その5   2008年5月21日

ミャンマーと中国の災害の高次の意味;ネガティヴなことの減少;双対性の例;グローバル経済、分かち合い;第三次密度のカルマ;光の源;アメリカ大統領選のオバマ、「陰の政府」の終焉;恐ろしい予言や話しを怖れないこと;人生の目的が明らかになる;テレパシー交信に必要なこと;「宿題」

====================

1. こころからこんにちは、マシューです。まず最初に、多大な犠牲者と破壊をもたらした最近のミャンマーと中国での災害について語りたいと思います。

これらの災害による悲劇とショックで悲しみに打ちのめされた家族は、自分たち自身も生き延びるために想像を越える困難に立ち向かっていますが、これらの出来事が高次元ではどのような目的でどのような意味があるのか説明しましょう。このなかには前世からの約束を全うしたひとたちがいますが、この災害やその怪我によって(次の生に)移行した何万のひとたちは、つらい肉体での人生から解放されたいという魂レベルでの願いをしていました。そして、聖なる存在がその願い出を許したのです。そのひとたちが非常に困難で、ときには自分で選んだカルマ経験を越える恐ろしい状況を耐え忍ばなければならなかったことから生じたネガティブなことが、それによって癒されただけでなく、ニルヴァーナに入ったその大勢の魂たちが今、光のエネルギーを送って自分たちが住んでいた地域に残っているネガティブな要因を軽減しています。

2. これらの魂たちによる地球への貴重なはたらきに加えて、この惑星(地球)に長い間溜まっていた大量のネガティブなエネルギーが解放され、サイクロンと地震によって光に変換されました。今回の災害が両方とも邪悪な目的の気象コントロールテクノロジーが主な原因であることは嘆かわしいことでしたが、それによって地球の癒しとアセンションにもっとも重要な浄化作用は影響を受けませんでした。そして、これを上回るの破壊がどのようなものになるのか想像することも難しいかもしれませんが、地球外生命体救助軍のテクノロジーによって水と風のエネルギーと地震とその余波の影響を減少させることがなかったら、そうなっていたでしょう。生存者たちのトラウマと苦痛は、人間界の感情で計り知れないでしょうが、ふたつの巨大災害の結果、ネガティブなことをはるかに越える光が創造されています。

3. これとは別に、これらの自然とは言えない災害によって莫大な量の光が呼び起こされ、世界中から同情と思いやりとなって溢れ出て、可能な救援活動が行われています。これは第三次密度の双対性が自然な経過をたどる例です。つまり、食料、避難場所、医療品、援助金がこころよく提供されたことは、ポジティブなエネルギーが強まっていることの証拠ですし、差し迫って必要な援助を断るのもネガティブなエネルギーが増大していることの証拠です。そうなんです、エネルギーそのものは中性なのですが、それを起因した者の動機によって、光(ポジティブ)や闇(ネガティブ)の触手とか付着がエネルギーに伴うのです。救援の問題での反対する動機は双対性が消えて行く行程なのです。

4. この双対的エネルギーの影響がさらに明らかになっているのが、ますます増えているあらゆる階層のひとびとの話しに現れています。それは小さな町々から国や世界まで、性的暴行、横領、贈収賄、盗み、不法ビジネス交渉、児童ポルノ、あくどい虚偽行為といったことに関わっているひとたちです。そしてこの際立った領域の反対側で真理が明らかになりつつあります。その結果、長い間敬われてきた既成組織の非道な活動が白日の下に晒されるので、そのような「聖域」は残れません。政府、宗教、金融、企業、教育、商業、保健医療といった、あなたたちの信仰を構成しあなたたちの活動の支えとなってきたすべての基本システムの虚偽と腐敗の元がすべてきれいになるまでこの大掃除がつづくでしょう。このスピリチュアルで精神的な浄化は地理的な浄化と並行して起きていますが、あなたたちの世界には避けられないことなのです。ですからどうか、このような暴露現象が次から次と起きてもうろたえたり嫌な気持ちにならないでください。その代わりに、その「光の到来」を歓迎してやってください。そのひとつひとつが地球の黄金時代へ向かうステップなのですから。

5. 世界中に影響を与えているアメリカ経済の混乱ぶりに大きな不安を抱えていることは分かります。世界全体の経済システムの崩壊がつづいて、あるゆる通貨が正常な基盤体制に変わり、地球資源の公正な分配システムに移行せざるをえなくなっている今、金銭的な問題を抱えているほとんどのひとたちはますます深刻な影響を受けることになるでしょう。金融と商業でのお金の流れを支配している者たちの行き当たりばったりの試みも無駄におわるでしょう。なぜなら、かれらの戦略は今のシステムをそのまま残そうという、つまり、すでに巨大な富を握っている連中の手にその金が回るようにしておこうというものだからです。かれらが動揺する経済にねらった主な副産物は怖れです。もう読者のみなさんはどうして闇の者たちが怖れを煽るようにしているのかお分かりですね。それに乗ってもけしかけてもいけません。

6. 自分のお金をしっかり持っていることが賢明なことのように思えますが、いまは自分よりももっと必要としているひとたちに心良く分け合うときです。それを犠牲的な義務感でなく、こころからの愛で行うならば、そのエネルギーは多大なお返しとして戻ってくるでしょう。それはなにか「同等の」ものではないかもしれませんが、常に作用している宇宙の法則によってはっきり自分でも分かるような恩恵がもたらされるでしょう。多くのひとにはそんな金銭的な余裕はないかもしれませんね。そのときは、なにかボランティアの仕事に愛情をもって奉仕することが同じ効果になります。新しい経済と通商システムが確立するまでは、食料や技能や道具などだれかが必要であればなんでも交換することでうまくやっていけます。それにその方が物やサービスのもっとも満足いく交換法かもしれません。

7. 社会を不安にさせ、嫌悪を催させるほどのこと・・・様々な暴力;盗み;麻薬中毒の子どもたちと大人たち、それが医者からの処方であろうと不法であろうと;不正な法律といかがわしい有罪判決;増大するホームレスと失業者;拷問;学校での落ちこぼれ・・・は、「加害者」でもあり「犠牲者」でもあって、第三次密度(地球上での肉体世界)での生を二度と繰り返す必要がないように自己のカルマの学習の仕上げをしているのだということを忘れないでください。また、たとえそうであっても、これらの魂はすべて祈りの癒しエネルギーの恩恵を受けます。こころや行動が本来の魂の約束からまったく外れている闇に捕われた者たちこそもっとも祈りの光を必要としています・・・地球とその生命体すべてへの祈りは、誰にでもできるもっとも尊い貢献のひとつです。希望の中にも光があります。希望はあなたたちの外貌にも大きな変化を起こしますし、同時にまわりのひとたちにも影響を与えます・・・希望のエネルギーはちょうど微笑みのエネルギーのように、あなたたちの世界に恩恵をさざ波のように伝えていくのです。

8. アメリカ大統領候補には世界中の関心が注がれていますね。中間選挙でのヒラリー・クリントン候補に有利な不正操作があったり、ジョン・マケイン候補自身が煮え切らないために彼の支持者たちがああだこうだと言っていますが、そのうち投票者たちの間ではバラク・オバマ候補の人気が格段に抜きでてくることは誰の目にも明らかになるでしょう。このように大多数のひとびとの自由意志が反映されているわけですが、さて、この選択にちょっとでも影響を与えることなく僕たちがあきらかにできることは、潜在エネルギーの場では、オバマの勢いというのはいつでも止めようがなかったことなのです。この多くの過去生を賢い優れた指導者として生きてきた進化の進んだ魂は、霊性と知性が進んだ文明からいまの傑出した存在となるべくしてやって来ているのです。彼は魂のレベルで自分の使命を知っていますが、意識レベルでは生来の指導者としての能力と自分で広言しているように国に仕えようという高邁な意思に気づいているだけです。やがて自分の由来と今生でのやるべきことを意識レベルで気づくことでしょう。彼がいちど役務につくと、これまで歴代アメリカ大統領と多数の議員を支配してきた闇の陰謀者たちがまた支配しようとするでしょう。けれども、そのような悪どい政治支配は終わります。ヒラリー・クリントンがレースはまだ終わっていないと抗議するかもしれませんが、もう彼女とイルミナティのトップたちは「陰の政府」の崩壊を目の当たりにしていることは承知です。ですから、オバマファミリーはいま地球上でもっとも強い光で保護されているもののひとつと言えます。

9. この選挙が重要なことは否定できませんが、ほかの国々の政府にも恩恵がもたらされるような変化が起きるよう導くことも非常に重要です。地球上いたるところでおびただしい数の変革が起きています・・・これは世界変革なんですよ・・・そして、やがてあらゆる国の代表が光に照らされた魂になるでしょう。地球を惑わし、有史以前から人間たちを騙してきた闇パワーは、これまで戦争で国境というものをつくって自分たちを富めさせてきましたが、この戦いに負けたのです。「世界政府」には恐ろしい意味が暗示されています。そしてまさにそうなのです。なぜなら、それがイルミナティの計画と結びついていて、この陰謀団が自分たちの目的に使えそうだとみなした地球上の人間たちをすべて支配し、ほかはすべて抹殺しようというものだからです。この計画は忘却のかなたに埋没され、わずかに狂った考えの者たちがすでに破綻した思惑にしがみついているだけでなく、あらゆる場所のあらゆるひとびとが平和に協調していこうと合意することで、国境や国籍が色あせてしまう世界を必ずあなたたちは歓喜をもって迎えることになるでしょう。

10. 祝福するときが待っています。僕たちは、こころからスピリチュアルな再生を願い、俗世のことにはもうこころを奪われないというすべてのひとびとに喜んでおめでとうと言います。でも同時に、あまりにも多くの光の使者(ライトワーカー)が今でも恐ろしい予言やとんでもない話で恐怖に陥っているのも分かっています。また、地球がより高い波動へとアセンションすると、この宇宙の稀なる時期にまだ自分のミッションを見つけられない人は残されてしまうのではないかとか、テレパシーで通信したいのだが、うまくいかないと感じているひとが大勢います。それで、もういちどこれらの問題について言及したほうがいいようですね。

11。そうですよね、僕のメッセージや本をよく知っているひとは怖れの闇のパワーは分かっているから、ここでは繰り返しませんが、もし思い出したいというのでしたら、それについてはたくさん書いてありますから簡単に探せます。( www.matthewbooks.comで検索するか本/メッセージのインデックス)

ですから、ここではこれだけはっきり言っておきます。核戦争はないし、宇宙戦争もだれも引き起きしません。宇宙人の地球侵略も征服もありません。浄化プロセスで陸地が何百万平方マイルも水没して何億人が死ぬことなどありません。あなたたちの惑星が終わる直前に宇宙船が助けに来る必要もないし、戻ったときには地下に暮らす必要もありません。アメリカ政府の政策に反対するひとたちが何百万も拘束されて強制収容所に入れられることはありません。人工ウイルスが放たれて人類の大半が死亡することなどありません。経済と政治改革を始めるために何億ドルも金に投資する必要はありません。

12. がっかりさせるような、あるいは恐ろしいようなことが起こるという情報がインターネット上を現れては消え、駆け巡っていますが、そのうちのいくつかは忘れているかも知れません。でも決して怖れにエネルギーを与えないように!そうです、いま起きていることが原因で肉体の死はつづくでしょう。そうして魂は霊的な進化を継続するでしょう。でも、この永遠につづく生命のサイクルの中で、怖れが存在する場などないのです。

13. さて、魂の約束した「使命」について、あなたたちは「全体像」は分かっているようですが、その詳しい内容については知りません。それで、もういちど言いましょう。ひとりひとりの存在が大切です。そうでなければいまのあなたたちはありません。主立った指導的立場に必要なひとの数は比較的少なく、その何人かはあきらかにそうなっています。でも多くの何百万のひとびとはそれを支える役割なのですが、まだその必要性が地平線のかなたで入口まで来ていないのではっきりしていないのです。あなたたちが地球のこのかつてない時期に生きることを選んだだけでなく、これまでのあなたたちの過去生の経験、叡智そしてスピリチュアルな力が必要とされるからこそ選ばれたのだということを思い出せば、時がくればどのように行動すべきか自然に分かるでしょう。でも、たいていの使命というのは「あ、そうか」という具合に簡単に分かるものでもないので、まず自分のこころ、魂の座に従っていけば、あなたたちが光の役割を果たし、約束した人生の目的を成就するでしょう。

14. ええ、テレパシー交信はできるひととできないひとがいます。ニルヴァーナにいる愛しい魂たちやほかの文明のひとたちと交信したいと思うのは当然ですね。でもあまりそのことにこころを奪われているとかえってそのエネルギーの接続を妨げてしまうのです。ですからここでもやはり忍耐が必要ですし、交信する理由があれば自然にそうなるという理解も必要ですね。注意しなければいけないのは、光と闇の存在は両方ともあなたたちに近づこうとすることです。前者は愛の絆から、後者は偽りの情報で考えや行動を支配しようとするものです。なにか自分ではない変わった声が聞こえたり考えが起こり始めたら、それはなにかの魂があなたに接触しようとしているサインであることは間違いありません。そんなとき、ふたつのステップがとても大切です。まず愛の光で護ってくれるように頼み、光の生命体だけがあなたたちと話せるのだと要求するのです。そして情報がどこから来ているのか確認します。お母さん、ここにテレパシー交信の詳しいガイドラインを言っている僕のメッセージの日付(2006年2月18日)を書いておいてください。ありがとう。

15. 僕があなたたちに宿題を出す役目があるとしたら、考えられるもっとも重要なことは「あなた自身が神」ということです。魂から意識へのメッセージである自分の直感を信じ、それにそって行動すること。二つ目の宿題は、神のメッセージ(2007年8月1日)を読み、それをこころに留めること。それから、2012年のことについての情報を読んで、あなたたちのパワー溢れる魂が手助けをするためにやってきているこの世界の創造に思いとビジョンを合わせるのです。(2008年1月27日のメッセージ)

16. 地球黄金時代へ向かうあなたたちの旅のすべてのステップに、光の魂が宇宙中から肉体をもって、あるいはスピリットとしていつもあなたたちといっしょにいることを忘れないでください。今、あなたたちの中にもいろいろな働きをしている魂たちがいるんですが、そのうちみんなが知ることになるでしょう。ほかの大勢の魂たちは光を送って地球全体の波動を上げたり、かれらのテクノロジーを使ってあなたたちが第四次密度へ移行する助けをしています。このエネルギー場にいるすべての魂たちに代わって、あなたたちすべてへの僕たちの愛は無限であることを伝えます。

原文:http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=88&z=2

訳文責:森田 玄

b0034892_1081125.jpg

by 892sun | 2008-05-30 10:02 | Trackback

霊性進化と波動

数日前に書いた、魂の年齢とも言うべき霊性の進化と波動について、その続きを述べてみたいと思います。何故、生まれてくるのかについては、イエス・キリストが述べた放蕩息子のたとえ話を読めば、よく分かるのですが、その目的といえば霊性を高め強化することです。この霊性を高める方法は、一つしか方法がありません。仏教でいうところの徳を積むということです。シルバーバーチのいう自分を他人の為に役立てることです。一言で言えば奉仕ですね。この世はお金がないと生活できませんから、無料奉仕でなくても構わないのです。利他行為を行うことによってのみ、霊性は高められます。毎日のお仕事も利他行為なのです。頑張って!!

私の尊敬する人の一人に、エリザベス・キューブラー・ロスという精神科の女医さんがいます。「死ぬ瞬間」という有名な著書がありますので、ご存知の方も多いと思います。この人の自叙伝に「人生は回る輪のように」という素晴らしい本があって、読んでみますと、一生を他者のために捧げ尽くしたような人生で、これこそが利他的な生き方そのものだと感激したものです。このような人生を送った人は、きっと亡くなるときも苦しまずに眠るようにさっていくのだろうと思っていましたら、彼女は最後は脳梗塞で倒れてベッドで介護を受けながらの生活を余儀なくされたので、驚いていたら、彼女らしくまた、もう一冊本を書きました。「ライフレッスン」という本です。徳は自分が積むだけでは片手落ちで、本当の徳は相手にも積ませてこそ徳になるのだということを、彼女から教えてもらいました。自分の為だけに積む徳は、本当の徳ではないのかもしれません。考えさせられました。

さて、霊的なものに関心を持つようになると、心境を高める一つの方法として、誰もが取り組むように指導されるのが瞑想とか精神統一というものです。座禅を組むことも同じです。この目的は自らの波動(バイブレーション)を高めることです。存在するものは全て波動を出しています。三次元の物質世界に住みながらも、波動を高めることで、高い次元と繋がることができますし、人によっては自分自身も魂を高次元に移したり、いわゆる霊能力や超能力などを発現させます。自分のガイドや背後霊団とのアクセスも容易となります。

利他的な生活を心がけながら、時には精神を統一して背後からの指導を受けるようになることが理想的ですが、瞑想三昧で満足してしまっているような人もいます。確かに波動は強く高くなりますから、チャクラも開いて能力が出ることは確かですが、霊格が高くなったわけではありません。日本でも昔から行者と言われるような人たちは、荒行といって肉体の能力の限界まで酷使して肉体の波動を落として、霊能力を得ようとしたのですが、能力が発現したからといって、霊性が高まったわけではなかったのです。ヨガの行者にも見受けられますが、決して聖者ではありません。霊能者イコール霊覚者ではないのです。
b0034892_11525346.jpg

by 892sun | 2008-05-29 11:52 | Trackback

フリーエネルギー

地球の温暖化が世界の各地で悲惨な状態を引き起こしています。昨日もNHKではバングラデシュの沿岸部は海岸線が北上して、水田地帯では米の収穫が出来なくなったばかりでなく、飲み水にも塩分が濃くなって、飲めなくなり遠くまで女性たちが甕を持って飲料水を運ぶ姿が放映されていました。アメリカでもオーストラリアでも旱魃は深刻です。また、そうかと思えば温暖化は北極海の氷までも溶かしてしまって、今まで寄り付けなかった極点近くでの化石資源探索を始めた模様も併せて知ることができました。

地球の温暖化は、二酸化炭素の増加だけが原因ではないという説もありますが、化石燃料の大量消費が原因の一つであることは間違いがないのですから、本来なら石油や天然ガス資源の探索などは時代の逆行のような気がしますが、限りある資源として残り少なくなればなるほど価値は高くなるのですから、利権を持っている者たちにとっては金蔓にしか見えないのでしょう。自分たちの住む地球が悲鳴を上げていることなどお構いなしです。負の連鎖は留まる様子がありません。

しかし、どのように展開しようと限りある資源ですから、いずれは尽きてしますし、このままでは先に人類は滅びてしまうでしょう。私は百年後の未来を描いた小説の中で、未来のエネルギーについても言及しました。この宇宙空間のどこにもあるエーテルを原料にして発電するフリーエネルギーを考えたのですが、どうやら、この私の考えに近いエネルギーが開発されたというニュースが発表されました。

このエネルギーが実用化されれば、今までの問題は全て解決しますから、画期的なニュースのはずですが、マスコミは取材だけはしたようですが、どこも沈黙を守っています。何故でしょうか?日本政府自体が彼らの支配下に置かれているからです。G8環境相会議、あれはなんでしょうか。茶番劇というしかありません。あれが現実なのです。

以前から指摘しているように、世界は一部のファミリーの支配化にあります。彼らはもちろん化石燃料の利権でも大きな利益を得ていますから、化石燃料に代わるエネルギーなどが発見されたら困るのです。日本が省エネのエンジンを作った時も、ずいぶん開発が妨害されたと聞いています。天才発明家といわれたニコラ・テスラは彼らに暗殺されたという説もあります。金のためなら911のような事件でも起こすのですから、どのようなものが発明されようが、自分たちに不利益になると考えれば、阻止に動くでしょう。

このエネルギーは常温核融合によって得られるものです。原子転換技術といっていいでしょう。技術的には、エアコンの室外機ほどの大きさの発電機を各家庭に設置すれば、家庭の電気や冷暖房の熱をすべて無料で賄うことができます。自動車に載せれば燃料を使わずに、有害なガスを排出することなく動かすことができます。夢のようなエネルギーなのです。実用化されれば、間違いなく未来社会のエネルギーとなることでしょう。

ここで私が説明するよいりも、詳しく説明されたサイトがありますので、時間のある方は読んでみてください。

常温核融合は本当だった。

未来を築く常温核融合

b0034892_16331491.jpg

by 892sun | 2008-05-27 16:27 | Trackback

魂の年齢

エゴイズムは自己中心主義のことですが、エゴとは自我のことで、人間にとって最も大切なものです。人間と動物の魂の違いは、個が確立されているかどうかといってもよいのです。ところが、この自我のまわりに欲望が集まってきて、この欲望の虜になってしまうのがエゴイズムという厄介な代物です。動物の類魂に人間からの愛が注がれ育まれて、自我が芽生えると、初めて一人の人間として学ぶために、この世に生まれてくるのですが、新しい魂ほど、物質的な波動に合わせようとして波動が荒くなり物質的、肉体的欲望が強いのです。

自分のことだけで、頭が一杯ですから、他人の事など思いやる余裕はありません。エゴイズムの塊です。もちろん霊的なものなど関心のかけらもありません。しかし、初めてこの世で学ぶのですから、学びも易しいものから始めることになり、人生設計は比較的穏やかです。裕福な家に生まれて苦労も少ないような人生を送るのです。マイケル・ニュートンによれば、全体の40%ぐらいはこうした魂だろうと思われます。

人口の中で最も多いのは、次の青壮年期の魂で、2度以上の転生をしている魂です。50%以上がこの魂です。この世的なものに波動があっていますから、社会的、経済的に成功を収めるのはこうした魂です。上昇志向が物的なものへ向けられていて、執着心も強いですから良い、悪いは別にしても、思ったことは必ず叶うという真理が成功に導くのです。こうした人生を転生しながら種を撒き、収穫して学んでゆくのです。この世は、まさに魂の学校なのです。

しかし、何度かの転生を繰り返した魂は、次第に物的なものから、霊的なものへと関心を移し始めます。ダスカロス流に言えば、放蕩息子が父のことを気にかけ始めるということです。気付きの時期は来ると、カルマの最終的な清算が始まりますし、簡単な学習問題では学びになりませんから、人生はとても厳しいものとなります。

もうすっかり成熟した魂は、それらを苦にもせずに乗り越えていくでしょう。これが霊的な成長ということです。意識が拡大しますから、もう自我の周りの欲望はほとんど手放して、自分のことよりは、他人に対して、世界に対して、関心を向けるようになっていくのです。今まで出したマイナスの想念を打ち消す力のある、プラスの想念を送り出すことにより、魂は形あるものとなって輝きを増していくのです。この世での学びは、自ら志願しなければ、これで終わりです。

しかし、霊的な成長に終わりはありませんから、こうした魂はこの世には転生しませんが、新しくこの世に生まれ出る魂の背後に付いて、今度は、自分がしてもらったように若い魂の指導に当たります。こうして私たちの永遠の旅は、いつまでもいつまでも続くのです。
b0034892_16562394.jpg

by 892sun | 2008-05-26 17:01 | Trackback

これが心霊の世界だ

毎週、少しずつ続けている朗読ですが、また一冊読み終わりました。シルバーバーチの霊訓で有名な霊言霊媒、ミスタースピリチュアリストとも呼ばれたイギリスのジャーナリスト、モーリス・バーバネル氏の著書「これが心霊の世界だ」近藤千雄訳です。イギリスの三大霊訓のうちでは、最も新しいシルバーバーチのメッセージを伝えてくれただけでなく、ジャーナリストとして、スピリチュアリズムの検証者として、多くの心霊現象の現場に立ち会って、真偽を確かめ、物質世界以外の知的存在を知らしめ、従来の宗教の教義の偏りを指摘してきました。

バーバネル氏とは年齢も近くなってきたので、この本を選んだのですが、あとがきの中に、シルバーバーチの言葉が出てきます。ちょっと焦りました。まだシルバーバーチを読むには、私は早すぎる、不適当だと考えていたからです。でも、読んでしまった。ちょっとだけだから、許して貰おうっと。

この本の冒頭には、交霊会の模様や、物理実験で実際に出現した物的証拠となるような品物、インスピレーションや霊視による絵画などの写真がありますが、残念ながらそれらは朗読できません。しかし、バーバネルの交友関係の広さから、ありとあらゆる交霊実験会の様子が克明に描写されていますので、とても勉強になるのではないかと思っています。最終の19章に、これがスピリチュアリズムだという章がありますので、そこから少しだけ抜粋してみます。

***近代スピリチュアリズムの勃興を、私はすべての宗教、すべての民族を一体化しようとする霊界の大計画の一端であると観ている。その証拠に、スピリチュアリズム的に観ればユダヤ教の霊とかプロテスタントの霊、ローマカトリックの霊、パブテストの霊、あるいはヒンズー教の霊などいったものは存在しないのである。

死んで肉体を捨てると同時に迷いから覚めて、自分が霊的にはどの民族にもどの国家にもどの宗教にも属さないことを悟る。そして死後にも生命があるとの自覚が芽生え、何もかも地上で考えていたことと違うことを知ると、本能的に、わが愛する者たち、地上に残した者たち、自分と同じように何も知らずに明け暮れている者たちに、是非ともこの霊的真理を教えてやりたいと思い始める。

そうした霊からの通信がここ百年余りの間に各種の霊媒現象を通じて送られてきた。まず自分の身元を証明することから始める。誰からの通信であるかを確認させるためである。身元が証明されると、新しい霊界の状況と地上のつながりについて述べる。こうした要領で、愛の繋がりが死の淵の架け橋となって、近代スピリチュアリズムは無数の人々に新たな啓示を与えてきた。・・・中略・・・

ここで思い出すのは、25年前ある霊媒現象の重要参考人として出席したオリバー・ロッジが、この世は幻影であり霊界こそが実在界であると断言したことである。当時その答弁は軽蔑をもって迎えられたものである。が今や科学がその半分の真実性を証明してくれている。物が形あるものと思うことは錯覚であるということである。残り半分、つまり霊界こそ実在であるということも、やがて機が熟せば証明されることであろう。

こうしたことがスピリチュアリズムとどういう関係をもつのであろうか。私はスピリチュアリズムこそ科学と宗教が手を結び協力しあっていく架け橋であると信じる。言ってみれば宗教的科学であると同時に科学的宗教なのである。死後の存続は科学的に証明できる。そして、その意味するところは極めて宗教的である。科学と宗教が手を結べばーこれまでそうあらねばならなかったのだが、ー人間の進化に驚異的な一歩を印すことになろう。****
b0034892_16543271.jpg

by 892sun | 2008-05-21 15:04 | Trackback

マシュー君からのメッセージ、その4

2008年4月19日

b0034892_9948100.jpg恐怖を煽る力に対する保証、核戦争、おとろえる双対性、仕掛けられる「宇宙人の侵略」、こどもたちの未来への準備、地球の出来事が宇宙にも影響、ケムトレイル、森林再生、動物絶滅、動物天使、経済的困難のなかでの助け合い、天上の誕生日

====================
マシュー:親愛なる地球のみなさま、こころからこんにちは。地球はアセンションに向かって着実にすすんでいます。惑星地球の中から、上、まわりに光がその強さを増していますから安心してください。

僕は、心配ありませんと何度も繰り返し言っていますし、ほかの光の存在たちも受け手のひとたちにそう伝えているのですが、表の世界では恐怖を煽るような嘘の恐ろしい情報が出まわっていて、多くのひとびとが影響を受けています。
ですから、宇宙の光がいつもあなたたちの光をしっかりと支えていることを忘れないでください。そして、他の人たちが不安を煽るパワーに屈しないように、あなたたちの怖れない光パワーを送ってやってください。

このことに関して、核戦争が起こりうる理由を詳しく述べている報道記事について、僕が最近依頼されて言ったことをコピーするようにお母さんに頼んであります。その記者たちの信憑性を疑っているわけではありません。ただ、その情報は三次元レベルでの知識にもとずいているもので、高度の意識レベルでの気づきではないことを、僕は示そうとしているのです。さらに、あなたたちが共同で宇宙ファミリーにそのような戦争を起こさせないよう要請する必要があるのか訊ねられました。

僕のメッセージをよく知っている人なら、こういったことについて幾度となく答えているのでべつに驚かないでしょうが、でも今回はこれまでにないくらいはっきりと言います。

_______________________________

その報告記事は、たしかに恐ろしい内容に聞こえます、でもあなたたちの世界で起きることに影響を与えているはるかに重要なパワーを考えればその意味は違ってきます。

本質的な要点がいくつかありますが、まずはじめに、この宇宙のどこでも核戦争はもう起こさせないという創造主の決まりがあります。なぜなら、すでに深刻な害を魂に及ぼしているからです。それは魂の肉体的な一生の仮の「宿」であるからだに対してではなく、あなたたち自身の神性の全本質である魂に対してなのです。

創造主は、あらゆる魂の自由意志は尊重されるというその法則にこの例外をもうけました。それは、核戦争を引き起こそうとする者はだれでも止めさせられる、ということです。この創造主の決まりにしたがって、神は、この宇宙にいるスピリチュアルで、知的に、テクノロジー的に進化しているひとびと(宇宙人)を使って、そのような戦争のもくろみをすべて阻止させることにしました。そして近年の地球では一回以上もそれでうまくいっているのです。

神がこれらのひとたちに与えた許可には、惑星地球のあらゆる暴力と破壊を地球自身で止めるという自由意志を尊重することも含まれています。地球がその選択をしたとき、あなたたちの直線的時間だと60年前になりますが、おびただしい数の光の使者が・・・あなたたちの想像を超える数の強力な魂たちの集合です・・・光とともに地球にやってきたのです。

この莫大な量の光が流れ込んだことによって惑星地球が救われただけでなく、その人間たちの意識も向上したのです。しかし、数千年にわたる人間たちの暴力は急になくすことは不可能です。ですから、金儲けと領土獲得のための戦争機構に費やしてきたエネルギーと、ひとびとをコントロールしようというものたちの支配欲が尽きるまでは仕方ありません。

それは起きつつあります。第二次世界大戦中の意識とくらべ、今日の平和を求める世界の叫びとそれ以降つづいている戦争をなくそうという意識を考えれば、光がひとびとの気持ちとこころに影響しているのが分かります。

進化した文明のひとたちは、たとえどこかで助けが必要だとわかっても、請われない限り介入することはできません。事実、地球からの援助要請の声は充分あったのですが、あなたたちの要請に加えて、平和と抑圧を終わらせようという世界的な活動が自然に大きくなって行きました。

宇宙に他の生命体が存在すること、ましてやあなたたちの中に多くの高度に進化した魂が生きていることや何百万の生命体があなたたちの惑星のまわりにいることなど信じる必要はありません。あなたたちのより良い世界を望む気持ちが、宇宙からの助けを招き入れる言葉でない意識表現です。
あなたたちの世界の闇パワーは、宇宙からの光の使者たちの存在や、地球が闇のはびこる第3次元世界からアセンションする助けを求めて以来ずっと援助していることを知りません。

これが闇の魂に恐怖感を生んだために、かれらはもともと縁がない理性も良心の呵責も失ってしまいました。かれらの世界支配計画がズタズタになるのを見て、闇パワーはますます絶望的になってぼろ切れにしがみついているのです。

これに関係したことですが、地球のアセンションはすでにより高いエネルギー波動域に到達していて、そこでは行き過ぎた双対性がそれ自身尽きてきています。おかげで人類が光の中で本来のバランスに戻ることができるでしょう。

この時点で、ひとびとの行動にあきらかに現われているように、すべての性格と感情が増大します。顕著な例では、横暴で抑圧的で欲張りのものたちは、支配を取り戻そうと必死ですが、その反対に、賢明で霊的に覚醒している魂は、みな同等に舞台裏で健全な指導者を取り戻す活動に徹していて、世界中で大規模な改革に取り組んでいます。

深刻に聞こえる情報について核心的なことは、闇パワーの計画があっても、けっしてそれがかれらの期待通りには行かないことです。そのような会議や討議内容が・・・どうか覚えておいてください、そのような情報はよく恐怖を煽るために故意に「漏れ」てくるもので、これは闇パワーがもっともよく使う手です。これがないとかれらは生き延びられません・・・僕の説明した地球と宇宙の光ネットワークに掛かると、破壊的な計画は実を結ぶことはありません。


光の中にしっかりといてください、そして地球の黄金時代をなにより優先して頭とこころに留めていてください。いまこの瞬間あなたたちがいっしょに創造している世界の変容は、すでに連続体次元では起きているのです。そのくらいあなたたちのパワーはすごいんですよ!
__________________________

お母さん、ありがとう。今のところ、地球を何千年も支配してきた闇のパワーを急には消すことはできません。なぜなら、ひとびとは3次元レベルでの集合意識で、それができないと信じ込んでいるからです。否定的な考えがまだ残っていて、それがほとんどの魂をその次元に引き止めています。その次元では、生まれながら授かっている顕現能力に気づくことはありません。ですから、一挙にやるのではなく、地球惑星上のこころと精神のクリーニングと目覚めのプロセスをやっていかなければいけません。

でも、そのプロセスは思っていたよりもはるかに早いペースで進んでいます。人類の双対性シーソーはかつてはいつも否定的な方向に傾いていましたが、今では上下エネルギーのバランスをとりながらスピードをあげて進んでいます。

食料難、個人への暴力から国レベル、国際レベルの暴力、増え続けるホームレス、金融機関の崩壊などが起きていますね。でも、それに対してバランスをとるようにこのようなことも起きていますよ・・・抑圧的な支配者たちを排除しようという要求が強まっています。紛争解決に対話が叫ばれています。ひとびとの苦難を救おうという声が広まっています。不正のない選挙を要求する声が高まっています。地球の汚染を止めようという意識が高まっています。

あたなたたちの世界のどのような否定的なことでも、それにバランスをとっているそのような行為があるので、そもそもすべてがバランスされている光によって双対性が世界からなくなる日が早まっています。あなたたちは、地球が第3次元世界から抜け出す手助けをするという使命を無事に終えることでしょう。

いくつかのインターネット上のサイトを除いて・・・本当の情報が嘘情報といっしょに宣伝されているので、しっかり見極めることが必要です・・・報道されていないことは、秘密に起こっていることです。遠い星からやってきているあなたたちの宇宙ファミリーメンバ-が、地球市民と手と手を取り合って崩壊状態の旧システムに替わる新しい統治と経済システムの法的基盤をしっかりと創り上げる作業をしています。

はるか遠方からの兄弟姉妹たちは、新しい方針を指示をするために来ているのではありません。あなたたちのなかから現れる指導者たちがあなたたちのヴィジョンを現実化するのを助けるためなのです。そのヴィジョンとは、協力が紛争に代わり、豊富が必要に代わる平和な世界、誰もが天賦の市民権を奪われない世界、こどもたちが愛され、安全で明るい未来を持てる世界、健康が約束され、正しい法があまねく施行され汚染が過去のものになる世界、違いが尊重され、女性が本来の女神として尊敬される世界、人類が自然と調和して生き、すべての創造の本質に光を認める平和な世界です。

あなたたちの宇宙ファミリーは、あなたたちのヴィジョンの世界をおどろくべきスピードで成し遂げるスピリチュアルな意識と叡智とテクノロジーを持っています。

ええ、私たちは前にもこのような保証を与えましたが、もういちど繰り返す理由があるのです。それは支配を取り戻そうと闇の権力者たちが最後の手段として、「宇宙からの侵略」を演出して宇宙人の侵略という恐怖でひとびとを一様に団結させようとするだろうという推測や信仰さえあるからなのです。そうなると、陰謀者たちは戒厳令を布いて、反対者を大々的に検挙し、この地球にかつてない大混乱を引き起こすでしょう。あなたたちの上空にたくさんのUFOの目撃報告があってもまったく無視してきたにもかかわらず、こんどはそのような宇宙船の目撃報告を「侵略」計画だと都合良く決めつけようとするでしょう。

おやまあ!めちゃくちゃなのはそんなことを考える連中のあたまです。そんな「宇宙からの侵略」などまったくありません。かれらは宇宙人がすでに着陸している証拠として、かれらの地下都市の中から戦闘服の「グレー小宇宙人」を持ち出そうとしていますが、そんな企てはあなたたちの愛する兄弟姉妹たちが挫いてくれますから安心してください。

Eメールでお便りをくださった方たちへの解答をつづけます。その何人かが僕にあなたたちの恐怖を止めてくれないかと訊ねてきました。親愛なるあなたたちに言いますが、このエネルギー場の私たちはだれでも、宇宙空間のすべての光の魂でさえも、あなたたちの世界ですでに起きつつあることを止めることはできません。

私たちに許されていることは、愛の光エネルギーを送ってあなたたちの光の強度を高めることであなたたち自身で恐怖に立ち向かえるようにすることです。実際に、宇宙のひとびとから計り知れない支援があるのですよ。それは言ったように、地球からの要請とあなたたちが望むような世界に住みたいという熱い思いがあったから、それに応えているのです。

こどもたちの未来のためにどうしたらいいでしょう、という先見性のある質問者にお礼を言います。それには例をあげて答えましょう。

怖れずに暮らす。正直に。生きるうえの恵みと地球の美に感謝する。ひとびとと必要なものを快く分かち合う。あらゆるいのちを敬う。環境保護とその回復活動に関わる。新しい考えにこころを開いておく。自分の決断をしっかり見極める。こころを柔軟に、失敗から学び、また挑戦する。つまらない感情は捨てる。よく笑いと微笑えむ。傷つけた人を許し、他人を傷つけた自分を許す。

これに僕が足すと;こどもたちの言うことに耳を傾ける。自分のアイデアや怖れ、計画、希望、夢、幻滅、失望について語るように勇気づける。現実的な、でも限定されない目標を立てるよう励ます。いいなあと思う人をみならう、でも比較しない。そして何よりも、こどもたちを愛する。あなたたちの生き方を見せて、自己、他人、自然への無条件な愛のパワーをこどもたちに示す。

書いてきたひとりは、広く知られる必要のある問題・・・地球上で起きることはすべて宇宙に影響する・・・を取り上げました。

あまりにも長い間否定的なことが起きてきました。その結果、より低い次元の数知れない魂に影響を与えてきたのです。高い次元にいる宇宙のひとびとは悪い影響を受けないので、低い次元の魂がスピリチュアルな眠りから覚められるよう手助けする仕事を引き受けているのです。

たったひとりの魂の意識でも向上できれば、ほかのすべてが恩恵を受けます。あらゆるものがひとつというワンネスと、鎖はどこかひとつでも輪が弱かったら鎖そのものが弱くなることを考えれば、スピリチュアルに意識が高い魂がなぜ熱心に愛情をもって助ける仕事をひきうけるのか分かるでしょう。

その書いた人は「探検家人類」と「創造主の弟子」のことを語っています。

あなたたちには魂のレベルについて多くの表現や描写があるようですが、進化が進めばそれだけ区別する必要もなくなります。それぞれの魂の光がその違いを充分表すからです。でも、「探検家人類」とは、古代以来の輪廻転生の内で、自己の始まりの光の本質を知って進化の遅れているものに道案内をしている魂のことだと思います。また、「創造主の弟子」とは、第3次元世界に入ってくる、あるいはそこにはまり込んでいる魂で、地球の住人のほとんどは数千年間その状態です。道案内と一緒に最終目的地の第5次元世界へ旅する魂は道案内になります。そして場合によっては、その進化過程に戻ることもあります。


よく話しに出るのが、拡大するケムトレイル、動物の野放図な殺戮、止まらない熱帯雨林の減少、これは政府が認可している場合が多い、の三つです。これらの嘆かわしい状況は、尽きる寸前の双対性エネルギーの悪い本質が現れたものです。

ケムトレイルの成分は健康には有害です、でもどうか考えてください。最悪の毒性物質はあなたたちの宇宙ファミリーのテクノロジーによって中和され、安全なものに変えられているのです。あなたたち自分自身で免疫系の機能を高められると信じることで、ケムトレイルの毒性に抵抗するパワーを持てるのです。ほかの地球を汚染しているあらゆる悪性物質と同様に、光のエネルギーが増すに連れて、それらの原因となっているケムトレイルと闇も消えるでしょう。

森林の乱伐スピードとほぼ同じ早さで森林再生が起こるでしょう。いまの状況では無理ですが、地球がより高度の次元帯に入れば、その波動エネルギーと宇宙ファミリーのもつテクノロジーの両方によって、そのように土地が再生されるでしょう。同じようにこの瞬間汚染がひどい地域もすべて浄化されるでしょう。

人類の意識が向上すると、地球上のすべての生命体意識も向上します。それを考えると動物虐待や殺戮はさらに悲しいことです。光が充分強くなってあらゆる生命がお互いを殺すことなく仲良くなるまで、それは避けられないのです。でも、それまでだけでも光が差し込んでいますから、きっと多くのひとびとが動物たちに抱いている絶望感を軽減してくれるでしょう。

お母さん、僕が動物の天使についてかたっているところをここに貼付けてください。

_____________________

マシュー:これを聞いてお母さんは喜ぶでしょう。あなたの犬には守護天使がいます。犬の専門領域の天使が、天上でも知られているあなたとボブの愛情と世話を受けるように、あなたの犬を選んだのです。あなたが「毛むくじゃらのこどもたち」と呼んでいるもらった犬たちは偶然あなたのところに来たのではありません。犬たちへのご褒美か償いのためです。これはあらゆる動物たちとそれらを愛する世話するひとたちも同じで、お互いに導かれているのです。

母:素晴らしいことね!ではペットはみな天使がいるの?

マシュー:そうです。お母さんがあまり可愛くないなと思う動物もです。どの種にも魂のレベルでの天使がいます。でも人間の天使のように個々についているわけではありません。これらの特別な天使は昔の魂で、最初、この宇宙の動物たちがみな平和でスピリチュアルで知性ある生物体であったとき動物だったのです。

魂のレベルで動物たちは自分たちへの天使の慈愛を知っています。悲惨な生涯のものたちでも、天使のパワーや影響力によって苦痛を軽くしたり極度に苦しい肉体的ないのちを終えるのです。天使のなかにははるかに多数の動物やより賢いものたちを守護しているものもいます。でもどの天使がほかよりも大切な責任を負っているわけではありません。なぜなら、すべての生命は宇宙の動物エネルギーのバランスをとるという意味があるからです。

天使たちはそれぞれの動物たちに種の保存のため一体性の感覚を与えています。でも、動物たちや種全体に対してまで残酷な人間たちを地球から撲滅する権限はかれらにありません。良心から行動している環境活動家たちは、・・・自分だけのための政治的、個人的あるいは経済的な理由でなく・・・動物たちの天使たちに刺激されて活動に取り組んでいるのです。
_______________________

ありがとう,お母さん。

ほかの人は政治について質問しています。関わるべきか、そしてどちら側に、ということですが、こう答えましょう。自分のこころに従えば間違いないです。大切なのはなにを強く感じるかということです。それは、魂やハイアーセルフ(超意識)からくるあなたたちの言う内的導きとかメッセージからの「信号」なのです。

アメリカ大統領選挙や選挙が予定されている他の国々、まだ係争中で世界の注目になっているところもあります、の結果について知りたいと言うひとたちがいますが、それは言えません。ええ、これはいま地球の潜在エネルギー場で、その光のモーメンタム(勢い)がわずかに緩くなった分はっきりしています。でもその進行は止めることはできません。私たちはあなたたちの決定や行動に影響するようなことを言うことはできません。あなたたちの個人的な生き方を導くこともできません。これは、人生の目的について僕に教え導いてほしいという人たちへの返答ですが、自分のこころに従ってください。新しい本のなかでお母さんに書いた、神の言葉の引用です・・・「こころは魂のいる場所です」

世界経済の混乱をどう緩和できるのでしょう?経済的な困難から多くのひとたちが助け合うのを見てうれしく思っています。個人個人で、また多くのひとどうしでたくさんのことを分かち合うこと、そうすることで、個人として他のひとや多くのひとたちの人生に計り知れない影響を与えているのです。 

そして、崩壊するシステムには真の解決をもたらす対策が進行中ですから安心してください。政府や金融機関による緊急対応のことではありません。それは金持ちの資産を増やすためにお金の船を沈ませないようにしているだけです。そうではなく、あなたたちの中にいる光の使者たちのことです。かれらが、良心に照らして受け入れ難い不平等なシステムを、お金だけでなくあらゆる世界資源を公平に分配するシステムに移行するための秩序だった変換を実行しています。

地球のアセンションがいつ完了したかどう分かるかですか?それは見逃すはずはありません。世界が平和に、すべてのひとびとが助け合って自然と調和して生きているのを見れば、あなたたちのこころは喜びで溢れるでしょう。

それが具体的に何時なのかという質問には、これまで繰り返して答えてきましたが・・・直線的時間はなくなって、時間がどんどん早くなっていくにつれて時間のない連続体(コンティニウム)の現実が感じられるようになります。

カレンダーのような「絶対性」のなかで生きることはもうやめた方が賢明です。そのかわりに、毎日を充実して創造的に生きましょう。つまらないことにこころを奪われたり、「今すぐ知りたい」といった焦燥さから抜け出すようにしましょう。そのようなエネルギーを自分の魂の声に耳を傾け、地球の黄金時代にいる自分自身を想像することに使うべきです。


このメッセージを個人的な話しで終わりたいと思います。2日前は、僕が最後の地球での一生を離れてからちょうど28年目にあたります。26年前のその日、お母さんは深い悲しみにいました。僕は、ニルヴァーナにいる僕のことを時折お母さんに伝えてくれる親しい魂を通して、その日を死んだ日ではなく天上界への誕生日だと思ってほしいと伝えました。小さい頃、お母さんと僕は種を植えて花を育てたことがあります。僕は、もし誕生日に花を買ってくれるなら、僕は彼女といっしょにいるから、いっしょにお祝いしましょうと言いました。この話をするのは、毎年の記念日を新しい見方で迎えることで、それがお母さんには慰みになったからです。魂の進化にしたがって先に移って行った愛するひとを悲しんでいるひとたちに、このことが同じように慰みになればいいですね。

では、言葉だけのさよならを言いましょう。この場にいるすべての魂と宇宙のすべての光の存在からの愛情はいつでもあなたたちと共にあるからです。
____________________

原文:http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=87&z=2
森田 玄さんのブログ
by 892sun | 2008-05-20 09:10 | Trackback

マシュー君からのメッセージ、その3

2008年3月23日

b0034892_11315932.jpg地球の黄金時代景観、闇の計画は頓挫、波動と汚染の影響、症状を緩和する方法、グローバル経済、国の指導者変革、エネルギー場のパワー、魂と集合魂


こんにちは、マシューです。こころからのご挨拶とイースターのお祝いをもうしあげます。

地球のある地域では、再生と復活の季節である春のきざしを迎えています。宇宙のここから見る愛する地球がどのようなものか語るのには最適なときです。地球のみなさんが全員この素晴らしさを見ることができたらどんなにいいことか!

幾百万の小さな光の点が輝く明るい青い星が、さらに明るい宇宙に消えていき他の天体と合体する光景を想像してみてください。このきらきらと輝くオーブ(光の球)はすべて、天空の天使の音楽に合わせてリズムカルに宇宙を漂うつかの間の淡い色のリボンの間を廻っています。これが宇宙の隣人とバランスをとって調和しているあなたたちの世界です。

宇宙から地球に目を移すと、広大にひろがる緑の地域と澄み切った青い海原の上に、黄金の格子状の筋に向かって無数の光がちかちかと輝いているのが見えます。

ではもっと近くによって、広がる田園地域の清々しさを感じてください。町や都市のうえに留まって住民のうきうきした感情が空気に伝わっているのを感じてください。

さらに近づいて、想像力あふれたデザインのいろいろな形の建物を見てください。木々のあいだをあでやかな花園が風景の中に点在し、公園にはあらゆる動物が自由に歩き回り、そこでは、子どもたちが動物たちと遊んでいるすがたを親たちがうれしそうに眺めています。地球自身から発している喜びと平和のエネルギーを感じてください。

これがあなたたちの黄金時代です。それは、すでに現実の連続体宇宙として存在し、いまのあなたたちの幻想である直線的な時間枠でこの瞬間、あなたたちがいっしょに創造している世界です。

あなたたちがこれから経験することになる状況を乗り越えて行けるように、この祝福されたビジョンと感覚をしっかりと受け留めてください。あなたたちの視界にあるこの黄金時代ののどかな情景と感情とはきわめて対称的に、地球のエネルギー場は好戦的な活動に満ちています。

光が勝利するのは決まっていますが、闇は生き残ろうと必死に執拗なエネルギーを流しています。闇に操られる者たちのパワーが衰えるにつれ、その絶望的な崩壊が始まると同時に、破壊的なことも起こります。
これからしばらく、あなた方はいろいろなかたちでこれを見ることになるでしょう。それには暗い深刻な予告とか「漏れた」極秘計画といった一連のものがありますが、すべてあなたたちを怖れでいっぱいにしようとするものです。

ええ、そうです。闇の計画はじっさいに存在しています。でもそれが現実になることはないでしょう。かれらの正体をしっかり見据えてください。自ら恐怖に満ちて内震える魂を。なぜなら長い間地球のひとびとを暴力と欺瞞と無知にとじ込めてきたかれらの時代が終わったことを彼ら自身知っているからです。

地球がアセンションへの道を確実に進むにつれ増大する高い波動エネルギーの光によって、闇の者たちはその数が減り、地球上のあらゆる生命を操ってきたかれらの歴史を隠そうとする企てが無駄になり、支配を取り戻そうとする試みもことごとく挫かれるのをみて、かれらはパニックに落ち入っています。

いまや行き渡った波動エネルギーが地球全体での意識を高めています。抑圧者たちに対する反抗と平和への結集が高まっています。飢餓と集団殺戮、貧困と非人道的法律の撲滅をめざす運動、環境破壊をストップさせ動植物の世界を保護する活動も高まっています。

つまりあなたたちは前世で選んだ使命を実行しているのです。それは地球のひとびとが3次元レベルでの精神性、活動、因果関係を乗り越えていけるように手助けすることです。あなたたちは光のパワーのなかで着実に成功しています。

これらの同じ波動エネルギーはまた肉体的異常と感情的な変動も引き起こしています。これを理解することで異常な症状に対する不安を軽減させることができます。またストレス、いらだち、不安を和らげるのに役立つ方法もあります。

忙しい日々から自己の内にある聖なる部分にいそしむ時間をつくるのです。それが瞑想、内省、祈り、あるいは世界からの逃避でも何でも、その結果としての落着きはこころ、肉体、精神にとって癒しになります。
もっと行動的な自己高揚には、気心の合うものたちと時間を過ごすことです。もし、それに動物や木を加えていなかったら、いま始めて下さい。

不幸を心配することから、恩恵に感謝するようにこころを転換しましょう。深呼吸をして、気に留めている不快な感情を手放すのです。気持ちよい音楽を聴いたり、大切に思う遠くの友人や家族に手紙を書いたり、愉快な映画を観るとか、詩を読んだり書いたり、長い散歩をしたり、地域のボランティア活動に参加したり、慈善団体を支援するとか、部屋のペンキ塗りをするとか絵を描くとか、なんでもやりたいことをするのです。

微笑んで!世界の出来事に対してこんなことはつまらないことに聞こえるでしょうが、意味あることに時間を費やすその瞬間瞬間がこころを癒しバランスがとれるようになるのです。

これはあなたたちが高い波動エネルギーに肉体的、感情的に適合するときに特に重要です。なぜなら、低波動エネルギーの放出による影響も受けるからです。それはHAARPやほかの偵察システム、核兵器からの放射能、携帯電話と発電所、さらに大気、土壌、水中の汚染物質の拡散からのものです。「それは悪いニュースだ」と言うのでしたら、「よいニュース」をすかさず知らせましょう。あなたたちを想う優しい宇宙の家族たちがそれらの毒性の影響をかれらのテクノロジーによって軽減してくれています。

けれども、注意することは、高い波動エネルギーに順応しようとする肉体とそれらの多くの汚染源によって健康障害が悪化することがありますが、その根本原因は違うかもしれないことです。ですから信頼できる医療機関に相談するのがいいでしょう。

製薬会社の薬やあなたたちが「不法」と呼ぶ薬に含まれる化学物質は自己治療メカニズムを低下し破壊するので、ヒーリングと健康にとって逆効果です。僕はなにもとくに勧めはしませんが、免疫系とエネルギーレベルを強化するのに有効な自然成分を組み合わせることを試すのがいいでしょう。
インターネットで検索したり医療機関や友人とさまざまな自然療法を話し合うのも役に立ちます。しかしからだはみな個人差がありますから、なにがもっとも自分に合うかは直感に頼るのがいいでしょう。
からだの電磁システムのバランスと解毒作用を促すためにたくさんの真水を飲むことが大切です。以前の僕のメッセージで言ったことを繰り返しますが、単原子の金は脳機能とスピリチュアル明晰性を高めるのに素晴らしい効果があります。

ではいま進行中のもっとも著しい改革について話しましょう。アメリカ経済の破局的状態とその成り行きが世界中に影響を与えていることは周知のことです。

いまだに大多数がイルミナティの監視下にありますが、主要メディアはこの急速に溶け崩れはじめている氷山の一角を正直に報道し始めています。

完全な金融・商業システムを新たにつくるには、イルミナティの支配を排除することが大切ですが、それを彼ら自身がやっているのです。何世紀にも渡るかれらの慾と欺瞞と国際的スケールの金融操作によって作り上げてきたシステムが、それ自体の重みで崩壊し始めているのです。

瀕死の経済界に対してあわてて間に合わせのバンドエイド的処置がしばらくはあるでしょうが、それは避けられない最後であって、今日の世界をあなたたちが創造していく世界に変えるためには必要なことです。

変容プロセスの中で同じように重要なことですが、秘密政策と腐敗が一般市民の知るところとなり、怒ったひとびとがすべての情報公開を要求するにつれて政府要人たちの交替が次々と起こるでしょう。
指導者たちがその地位に留まるかどうかは、光の天使たちやあなたたちの宇宙の家族によって発せられている光をそれぞれが受け入れるか拒否するかによります。その光は影響力ある地位のすべてのひとに最大のパワーで輝いています。

光を拒否するひとたちは選挙で落選して地位を失うか、騙され抑圧されてきた市民たちに倒されるか、地球がより高い波動域に移動するときにその肉体を失うかするでしょう。その際、光による細胞変化なしには肉体の生存は不可能です。結局は、社会で指導者だと思われていた幾人かはクローン人間だったという事実が明らかになるでしょう。

イラクの米軍はアメリカ大統領選挙後徐々に撤退するでしょう。そしてわずか数年以内に世界中の占領軍はそれぞれの母国に撤退するでしょう。

戦争終結は一夜には起きませんが、世界平和はそこまで来ています。内戦や戦争で荒廃した国々には再建への援助が与えられます。そして、それらが自然によるものか人工的なものかにかかわらず、マイナスエネルギーの放出である地震、火山爆発、大嵐によって深刻な被害を被った地域にも救いの手が差し伸べられるでしょう。

すでに知られていたことなのですが、王や石油会社の重役たちが自分たちの利権を守るために抑え付けてきた新しいエネルギーが、このような黄金時代へ移行する際にさまざまな面で活用されるでしょう。

あなたたちが、いま起きつつあるすべての変化にかかわる名前や日にちや他の情報を知りたいのはわかりますが、私たちにはそれをあげることはできません。

私たちに見えるのは、言わば織物のようなものなのです。その込み入ったデザインを構成する個々の糸ではありません。私たちメッセンジャーが受け取り手を通して伝えられることは、地球の潜在エネルギー場に観察される動きを報告するだけです。そこでは可能性が見込みになることもあるし、それらが現実のものになることもあります。

世界レベルで見るときも、個人の人生の場合と同じです。間違いなく道を進む場合はよりはっきりと全体像が見えますが、個々の段階までは見えません。

それは、その人の自由意志となにかをやろうとするときに費やすエネルギーの量によります。神様の許しを得て、ひとつ例を上げましょう。このまえ僕の母が、僕の妹が人間関係で具体的な行動をとるかどうか神様に訊ねました。すると、「彼女が知らないから私も知らないよ。知る時がくれば私も知るだろう」

僕の目的は、そもそもの初めから、地球だけでなく宇宙のこのかつてない時に、スピリチュアルな啓示とアドバイスを提供することです。宇宙の中のマイクロコズモ(小宇宙)としてすべての魂は存在しています。1994年から1997年までに僕が母に送ったものに最近の適当と思われる情報を足してほしいという外国の出版社の要請があって、それに母と僕が応えているのです。「新しい時代への啓示」を読んだ人なら、次の説明があなたたちが神であることをさらに理解する助けになることがわかるでしょう。

           *************************

母:魂が神と創造主と永遠につながっていることはわかるけれど、魂とは何で,何をするのかよくわからないのです。

マシュー:魂は創造主から最初に生まれたものですから生命の基本的なエッセンスです。それは破壊されることのない光の生命体で、肉体かエーテル体、アストラル体、あるいは自由意志だけとして存在します。私たちの魂は、神が創造主と共に創造するパワーを通して神によって顕現されたものであり、神の愛の光の表現です、そのマイクロコズモに神のエッセンスがすべて含まれています。それがどんな形であろうとも、魂は神聖な独立した存在であると同時に、神と創造主とほかのすべての魂とも不可分の関係にあります。

肉体は魂が自由に動くための乗物にすぎません。魂は地球人類の肉体のような三次元の体にくらべはるかに強靭にできています。そして、肉体に魂があるのではありません。それぞれの転生で魂が選ぶ経験にふさわしいイメージにそって、魂が肉体を創るのです。魂が肉体から離れる瞬間に、そのエーテル体も離れます。そのエーテル体の中で、魂は光速で地球からニルヴァーナ(涅槃)へ移って行きます。

魂は地球上に存在するあらゆるものの背後にあるパワーです。さらに偉大な経験のために魂が創造するすべての存在(その部分)の生命力です。進化のあらゆるレベルで、それぞれの魂は知性、性格、選択、ゴールとほかのすべての生命要素を具えた独立した自己(セルフ)であり、それがそれぞれの人間を個性ある存在にしているのです。

魂のそれぞれ個人の一生がパーソネージ(個人全体験)と呼ばれるものです。魂のパーソネージがすべて集まったもの(総計)が集合魂です。それぞれの人生で得られた知識はすべて全員にも得られるようになります。このようにして、それぞれの魂は、その人生での経験から得られた智慧をもって集合魂と一体になり、すべてのパーソネージが進化するにつれ集合魂も進化するのです。

母:ごめんなさいマシュー、あなたがパーソネージと呼ぶ個々の魂のどこにエゴ(自我)はあるの?

マシュー:エゴはパーソネージの部分で、そのひとの努力とその成果に見合った自己認識と自尊心です。でもこれらを尊重することが自惚れとは違うように、エゴを自己認識の反映として尊重することは自己中心とは違います。
自我という感覚はパーソネージには本質的なものですが、その意味での「エゴ」はよくその派生語であるエゴティスカル、エゴセントリック、エゴティズムという自己中心的な言葉で歪められています。それらは個人というものを単にその人自身だけのことのように定義する用語で、あらゆることをその人の必要するものや願望に結びつけて、性格や業績を高慢さという一括りで印象づけてしまうものです。
そのような人は高慢で自惚れで、謙虚さのかけらもなく、まわりから不快だと思われるのです。
しかし、不快な性格であるよりもさらに深刻なのは、スピリチュアルの成長には自然で自発的な謙虚さがないと、その人の魂の進化が停滞することです。スピリチュアルな成長によって、魂の契約にそったかたちに人のエゴが形づけられるのです。

これは三次元での経験が終わるときです。スピリチュアルな成長にとって非生産的な特質を克服して、成長を促す性質を強められるように、魂が選択し契約するときです。

母:自分の成果を正しく評価しているのか、ただ自慢しているのかどのように分かるのでしょう。

マシュー:充実した感覚でわかります。それは、やっていることが何であれ、自分がベストをつくしているという自信、そしてそれを知ることからくる自尊心、敬けんな生き方からくる自決心、魂が契約したような人間である、または、なりつつあるという自信、自分が神の一部であり創造のワンネスから不可分であるという自覚なのです。

母:でも、もし信じている自分は正しいとエゴが言っても、本当は闇の悪い影響を受けているかもしれないでしょう?

マシュー:エゴに執着するのは正に闇パワーの仕業です。そうなると「自惚れか謙遜か?」という問題ではなくなってしまいます。
闇は、なにが本当でなにが偽りかということについての強い思い込みで、本当の自分を見えなくさせてしまうのです。その主張を挫くような、あるいは、それにしっかりしがみついているエゴの頑固さを弱めるような考えには闇は断固として抵抗するのです。
これが閉鎖されたこころ、あなたたちのよく言う「箱に詰められた」こころを生みます。ほかのすべての闇による影響にも言えますが、愛こそがその箱に詰められたこころを開き、光を照らす鍵です。

母:ありがとう。魂の意識はエゴの意識よりも無限に偉大だと考えていいのかしら?

マシュー:ええそうですよ、お母さん。魂の意識は創造を通して存在するあらゆる知識を得る能力があります。宇宙のこころ・・人間と聖なるパワーと宇宙存在を通したすべての経験の総合・・・はそれぞれの魂にあります。

魂がこれに触れると、そこに見えることを脳に伝えます。脳はパーソナルコンピュータです。こころがデータを取り入れて検討するようにプロセスします。これを上手にやるこつは考えを静かにさせることです。そうすることであなたたの魂からのメッセージを受け取ることができます。それはイメージや言葉や強い感覚、あるいはそれらが一緒になってやってくるかもしれません。

母:マシュー。宇宙のこころがどんなものか想像もつかないわ!

マシュー:お母さん。三次元レベルの脳には理解することができません。このようなコミュニケーションは魂のレベルで起きるのです。そこで魂は、集合魂が知っていることはなんでも知ることができます。

母:集合魂はどこにあるの?

マシュー:集合魂にはきまった居所はありません。というのは、集合魂は個人的な存在ではなく、いろいろなところにいるパーソネージがすべて集まった不可分の集合体だからです。そして、それぞれの経験が加えられることで、常に変化する集合体に成長します。集合魂のもっともよい表現としては、たぶん、宇宙のあらゆるところにいるパーソネージからその本質を引き出した力の場(フォースフィールド)でしょう。

母:あなたは自分の集合魂の中にあるほかのパーソネージを直接知っているの?それともただかれらの知識にアクセスできるということなの?

マシュー:僕のいるこの世界にいるひとたち(パーソネージ)は知っていますし、その何人かと友達になっています。何人かは地球で人生を過ごして、そのひとたちをよく知っています。あるひとたちは光に向かってとても遠くまで行っているので、僕たちのエネルギー次元とは違ってしまい会うことはもうできません。また、あるひとたちは光から離れて次元の低いところに後退しています。僕はそんなところには行きたくはありませんね。あるひとたちはこの銀河系の外での人生を選んでいます。そんなところへはめったに行かないので、そのひとたちとはあまり親しくありません。

お母さん、みんなそれぞれにやりとげるべき魂の成長があります。ほかのパーソネージが成長への経験をどこでしていようとも、僕たちはいつも集合魂の家族的な結びつきの中にあります。でもだからといって、お互いが会って、人生の興味あることを分かち合ってお互いの人生を詳しく知る必要もありません。分かち合うことは集合意識の本質的な知識であって、そうでなければ個人個人の魂の学びがすべて無駄になってしまうからです。

集合魂はパーソネージの向上によってのみそのエネルギー場から光に向かって前進できます。ですから、それぞれは集合魂の総合知識の恩恵に預かるだけでなく、選んだ学びを成就し集合魂として進化できるように魂レベルでの励ましを休みなく与えられるのです。しかし、それは自分のためだけではありません。魂が向上すればパーソネージ全員が進化する機会をえるのです。でも、自由意志による選択しだいで、パーソネージは光へ成長もできるし、後退して基底エネルギーに捕われることもあります。

母:パーソネージが捕われるとそれがどう集合魂の全体エネルギーに影響するの?

マシュー:パーソネージを基底エネルギーの位置にとどめる一生のエネルギーは、すべてその自由意志による選択によってパーソネージ独自のエネルギーの流れで来ているので、集合魂には影響しません。集合魂はパーソネージを励ますことはできますが、その自由意志まで干渉できません。でも、すべてのパーソネージへの愛情から、集合魂は聖なる存在に頼んで、基底エネルギー場に捕われているものを助けてもらうこともできます。

母:個々の魂はいつもその集合魂が知っていることをすべて気づいているの?

マシュー:お母さん、あなたの記憶で比較してみましょう。学んだことや経験したことはすべて記憶システムに記録されるんです。でもそれを一度に全部思い出すことはできませんね。そうしたら大変なことになってしまいますから。そしてあまり重要ではなく、それ以降の経験にも関係しない多くの経験は意識として戻ることはありませんが、すべてメモリーバンク(記憶銀行)に入っているんです。それは、集合魂のパーソネージとその一生の学びとも同じです。

母:なるほどね。マシュー、あなたの集合魂にはたくさん集まっているでしょうけれど、あなたは私のマシューに違いないことは確かですよ。

マシュー:ええお母さん、僕はマシューであることは間違いありません。どのパーソネージもそれぞれ独自の魂があります。集合魂はそのすべてのパーソネージが合成したものです。

母:でも、魂はどれでも分身して集合魂になるように聞こえるので、あなたも同じようにしてひとつになるのかしら。

マシュー:お母さん、質問になんとか一生懸命答えようとするとかえって分かりにくく混乱させてしまうようですね。僕がいろいろなかたちの魂を説明する表現・・・集合魂、パーソネージ、魂のかけら、スパーク(火花)など・・・を使うのは、魂がなんども生き返りを繰り返しながら創造主の完全なる愛と光の中で始まりに戻っていく長い生命の旅を説明しようと思うからだけです。

この(僕たちの)世界ではそのような用語は必要ありません。記録される魂のエネルギーがその進化の過程を示す証拠だからです。それぞれの魂には、そのエネルギー場や子孫の数にかかわらずそれ自身の神聖なる自己(セルフ)があるので、私たちはそれらを単に「魂」と呼んでいます。私たちはこのように言うのですが、魂の自立したはたらきの成長過程やそれぞれが神と宇宙のほかのすべての魂と永遠につながっていることを説明しようとする場合はべつですね。

ここでもっとも意味のあるポイントは、すべての魂のすべての経験は連続体(コンティニウム)の中にあることです。分割また再分割によって独立した存在になるという直線的時間基準はありません。あなたたちの言う「過去の人生」は、集合魂の「現在」と「未来」の人生と同時に進行中なのです。すべては宇宙のなかで、異なる生命形体で、異なる進化の段階で、異なる場所に存在しているにすぎません。でも、あなたたちにはこの連続体というものが分からないでしょうから、あなたたちの過去・現在・未来という時間構造に合わせて説明することしかできませんし、それらの生存期間を「輪廻」と呼び、あなたたちの理解能力に合わせてスピリチュアルな階層的構造の中で認識しています。

お母さん、僕はまだこれをじゅうぶんはっきりと説明していなかったかもしれませんね。でも幸いなことには、この計り知れないような神秘もあなたの魂がニルヴァーナに戻れば理解できるようになります。

母:楽しみにしているわ。でもあなたと私は同じ集合魂なのかしら?

マシュー:そうですよ,お母さん。それを訊いてくれるかなと思っていました。でももしそうでなかったらもう言っていますよ。僕たちはほとんど集合魂の始まりまで一緒に遡るんです、たぶんそちらの時間でいうと50万年くらい前です。だからお母さんと僕は同じようなエネルギーでとくに結びついているんです。僕たちの家族と親しいひとたちはそれ以後に入って来ていますが、多くはほかの集合魂から僕たちが必要とするかあるいは必要とされるかのどちらかで、その途中で加わってきています。

*********************************

お母さん、ありがとう。僕の次回のメッセージで魂についてほかの情報をいれます。

では、愛のパワーをすべてのひとに送りつつ、魂の家族がスピリチュアルの世界と肉体の世界でつねにあなたたちと確かに一緒にいることをもう一度言ってお別れしましょう。
_________________________

原文:http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=86&z=2
(訳文責:森田 玄)
森田玄さんのブログ
by 892sun | 2008-05-19 11:32 | Trackback

マシュー君からのメッセージ、その2

2008年2月24日

b0034892_94525.jpg母なる地球、識別力、直感、魂の目覚めへの導き、光の使者(ライトワーカー)、あきらかな変化、イランへの進攻、経済状態、UFO目撃報告の増加の理由、必要ない脱出、怖れないこと!

みなさんへ、こころからごきげんよう、マシューです。今年は大いなる混乱と啓示の年になります。こんなことは地球の歴史ではなかったことで、地球の潜在エネルギーの場がこれほど活発に高まったことはありません。いろいろな場所でこの高まりはあきらかになっていますが、この瞬間にもあなたたちが想像するよりもはるかに多くのことが進行中です。そして究極の大変換をわくわくする期待で待っているのです。

僕のこころに浮かんだ例えを言いましょうか?ベストの例えとは言いませんが、もちろん、おしつけがましいつもりはありませんし、まして侮辱する気持ちもありません。ただ僕が抱いているすべての動物に対する深い愛情から、とても感じの良いイメージが浮かんだのです。

豚のお母さんが新しい生命を生み出す子豚の出産場面を想像してみてください。この新しい子豚たちが現れて、もぞもぞ動きだすのを見て、さてどうなるのだろうと思うでしょう?
この新しい小さな家族がいろいろと動き出すこともあれば、みんな静かにじっとしてなにも起きていないようにも見えるときもあります。
でも、そうではありません!見えないところで子豚たちにはいろいろなことが起きているんです。呼吸、消化、からだの成長と知能の発達です。そして出産で疲れきったおかあさんが元気をとりもどします。
さらによく観察すると、ある子豚はほかの子豚よりも成長が遅いかもしれません。でもこどもたちすべてを気遣うお母さんは、そのような子豚たちにも必要な栄養を充分与えるようにします。やがて、赤ちゃんたちは全員駆け回り始め、よくあるような兄弟喧嘩をしたりしますが、お母さんとは決して離れずにいます。お母さんはこどもたちを好きなようにさせていますがちゃんと面倒をみています。

母なる地球も同じです。長い陣痛のあと、母なる地球はそのこどもたちの中に高揚した意識とスピリチュアルな再生を産もうとしているのです。そしてこどもたちが成長するために必要なものはすべて与えるのです。でも、母はそれぞれが自己の道を選ばなければいけないことを理解し、そうすることを許しているのです。あなたたちはこの変革のプロセスを目で見ても、そのすべてを知ることはできませんし、それぞれの魂がどうなっていくのかも知り得ません。

いわばベールの陰でいまだ眠っている人たちが、長い間眠りまた自分自身の神性に気づかずにいることから目覚めるにはあまり時間が残されていません。
この人たちは、あなたたちの世界でいう、人生の殻から抜け出して、霊的に地球と一体になってより高次のエネルギーレベルに行けるように、意識的に気づきを得なければなりません。

愛するこどもたちの誰が母なる地球といっしょに旅立つのかを決めるのは地球ではありません。母は全員に行って欲しいのです!だれが行くかどうかは偶然に決まるのではありません。まったく物理的プロセスです。

意識の高まりとスピリチュアルな明晰さ、それはこの宇宙のあらゆる生命は神とほかのすべてのいのちとつながっており、そうやって生かされていることを知ることであり、その光が地球がこれから経験するエネルギー変換の中で肉体的な生存を可能にする振動を発しているのです。

自己の魂からの呼びかけを無視してこの宇宙真理に目覚める道を選ばない者たちはこの光を持ちません。光がないとより低いエネルギー振動にとどまるので、その肉体が高い振動エネルギー領域で生き延びることはできません。けれども再び霊的生命体に戻れば、かれらは同じ経験をするように次の生まれかわりで選ぶことができ、そのときは「光を見る」チャンスがあるでしょう。そしてこの人生で間違った選択をしたことを理解するでしょう。

「光を見る」こととは識別する力を磨くことであり魂からのメッセージである直感を信じることです。そこにあなたたちの真理があるのです。

僕のメッセージをよく読んでいる読者は、「またかい?私たちは新しいメッセージを望んでいるのを知っているのに、どうしていつも同じことを言うんだろう?」と思っているでしょうね。
これほど重要なことを伝えることを止めるわけにはいきません。4冊目の本が出版されて以来僕は約70のメッセージを送ってきましたが、地球の長い歴史のなかでもこの大切な時にあなたたちにとってとても大事なことを新しいこととして伝えるのは難しいのです。
たぶん、殻から抜け出ることはライトワーカー(光の使者)たちにも関係していることを言う必要があるでしょう。新しく目覚めている人たちにももちろんそうですが、ちょっと知っていて欲しいことがあります。

今こそ、あなたたちの魂とここちよい関係を保ち、そのメッセージに耳を傾け、こころの内の導きが促すように変化する時です。「でも、もし・・」などと考えてはいけません。愛情深く思いやりをもって見守るのです。他人の過去のトラウマや思い出に捕われているときではありません。

つまらない、なにも生み出さないようなことを捨て,がっかりさせるようなことを越える時です。前向きのことだけに焦点を合わせれば、それを現実にできるし、もっと大きな喜びを感じ、不安をなくせるのです。

自己疑心、憤り、他人への批判、罪悪感、自己中心、優柔不断と後悔を洗い流し、そのあとを、自分と他人への無条件の愛、自信、自分と他人への許しで満たしなさい。そして必要があればどこでも、あらゆる状況を見定めて、手を差し伸べるのです。

これから、あらゆる生命が自然と調和して生きる黄金の時代に到るまでに起こるさまざまな試練を乗り越えるちからをあなたは持っていることを知っているのですから、穏やかにいる時です。

そう、みなさん、このことはもう以前聞いていますね。でもこの導きがあなたの頭にまだ残っているのなら、議論の余地なく、それは魂のいるあなたの心に入っていることでしょう、そうなればもう自動的に反応するようになっているはずですね。ですから、いまがそうする時なのです。

さて今、いままで言ってきたように、あなたがたのカレンダーの今年は、扇動と啓示の年になっているんです。そして、実際そうなるでしょう。

地球の潜在エネルギー場が高まっていることがニュースを見ていると分かるでしょう。とくに、それが政府の交替や経済状態にも現れています。でも、そのニュースが全部を正直に伝えていたとしても、じっさいに起こっていることはほとんどの地球のひとびとには未知なのです。

それにもかかわらず、新聞やTVやラジオがニュースとして流していることを誰でも知るべきだと、私たちは思っていません。知らないの方が幸せだという考えもまったくありません。あたまを砂に突っ込んでも救いにはなりません。ますます無防備になるだけです。

けれども、私たちは、あなたたちが単に観察者であることと識別力を使うこと、に加えて、報道されていることについてつぎのように解釈してほしいのです。それは、暴力や腐敗、偽りをあなた方が認識し拒否することがそれらを撲滅させるになることなのです。

紛争が生じているイラクやアフガニスタン、パキスタン、イスラエル、パレスチナといったもっとも重要な地域がこれからどうなるのかという問題ですが、大きな戦争にはならないでしょう。でも、局部的に加熱された地域では、中東全体がその幾世代に渡った古いカルマが清算されるまで、紛争が勃発しますがやがては落ち着くでしょう。
もちろんそれにはイランも含まれますが、アメリカ政府の威嚇があってもイラン侵攻まではいきません。中東のほかの国々も、物理的なカルマが消えて行くでしょう。とくに女性の権利が抑えられている専横的なところでは、あらゆる市民の平等への変化が起こるでしょう。国民の大半が貧困なのに少数だけが富む国々では、そのような不平等の解消がはじまるでしょう。

この変革はもう始まっています。急に終わったり始まったりはしないことを覚えていてください。そして、神を怖れない行為はすべて闇の触手を弱めるエネルギーを消してしまうこと忘れないように。

メディアが伝えていることは氷山の一角にすぎませんが、ある国では市民の変革を求める声によって政府の大変革がおきているたくさんの証拠もあります。
独裁者が支配しているところでも、かならず根強い底流がそれを覆すことになるでしょう。現在の、また計画されている不正な法律や政策を心配することはありません。いまの政府指導者たちが「光に目覚め」るか、あるいは、賢明な政治経験のあるスプリチュアルに進化している人間たちにとって変わることで、すべてなくなるでしょう。

ほかの大きな変化が経済の分野でも起きている証拠がたくさんあります。このことについては、真実がすべて明るみに出るときに、あなたたちがこころの準備ができるようにはっきり言いましょう。
一般に伝えられているように経済情勢は暗いですが、事実はそれよりも深刻です。
それに対するどんなに有効的に見える政策も、銀行や多国籍企業のためになるだけです。かれらはあなたたちにお金を借りて消費しつづけてもらわないといけないからです。しかし、今は、消費は慎重にするのが常識ですし、すぐ使える現金を用意しておくのもいいことでしょう。ここで国際経済面での明るい兆しについて言っておきましょう。それは大規模な世界の富の分配が起きていることです。有能な経済学者チームがこれまでの堕落した者たちに代わって新しい変革プランをつくり経済変動の際の影響を最小限に止めようとしていることです。

アメリカではめったに報道されませんが、他の国ではメディアがそれほど怖れずに最近増えている宇宙船の目撃報告をニュースにしてます。あなたたちの宇宙の兄弟姉妹がその正体を明らかにし始めているのにはある理由があるからです。
かれらは紛れもないメッセージを各政府に、とくにアメリカ政府に、送っています。それはかれら(UFO=地球外生命体)の存在とその数をもはや否定することは無意味だということです。あらゆるところにいる人びとに、もしかれらが平和的な目的で来ていなかったら、すでに大勢で地球にやって来て占拠していることを知らせています。
この魂の家族たちが友好的なことを知っているあなたたちには、そのときがもうすぐやってくるという明らかなサインです。そのときには、安全に、宇宙人たちが地球に着陸でき、進化の進んだ文明からやってきてあなたたちの中で一緒に暮らしている人たちが自分たちの正体をあらわにできるでしょう。大変革が近いこと、そしてあなたたちが一緒に創造している世界変容に手助けすることをかれらは約束しています。

そのほかのよく報道されていることは激化する地球上の異変現象です。記録的な気温、地域的に長引く干ばつ、増大する洪水・・気象異状だけでなく気候変動。
あまりよく知られていないことは、これらの多くの「自然災害」の一部が政府の気象操作によるものだということです。それにもかかわらず、これらの現象は惑星の浄化プロセスの助けになっています。地球が幾億万年にわたって蓄積してきたマイナスのエネルギーを解放する手段なのです。地球外生命体の進んだテクノロジーによって、破壊と死ぬ人の数が最小限に止められていることもまだ知られていません。

インターネットは真実と同時にうその情報も流すことを私たちは知っています。その例が、地球の変化が激化して生命が住めないようになる前に、地球外生命体の宇宙船が来て人類を脱出させるだろうというチャネリングメッセージです。地球脱出は全く必要ありません!そのようなメッセージを受けている人たちはかれらの情報源が言っているような霊的に進化している存在ではないことに気づいていません。ほんとうはまったく逆です。かれらの目的は恐怖感を煽ることなのです。

すべての情報をしっかりした目で見分け、それがうそか本当か自分の直感を信じるようにすることがとても大事だと僕が言うと、またその話かと思うかも知れません。

けれども、このような世界中での脱出計画や、戒厳令がもうすぐ下され何百万人が逮捕されて強制収容所に入れられるとか、敵対的な宇宙人が地球に侵入するとか、全面核戦争が計画中といった話に危機感を抱くひとたちから母がEメールをいまだ受けているので、分別力と直感の大切さをこのさい強調してもし過ぎることはないと思うのです。

それに、そのようなことが起こることはまったくないと私たちが繰り返し保証しても、怖れをいっぱいに含んだ情報がインターネット上を飛び回るたびに、あなたたちはもう忘れてこころがどこかに行ってしまうようなのです。(神の)光がその増大する力をそのように弱めることを許すことはありません。地球があらゆるマイナスエネルギーの元になった何世紀にわたる虐待と殺戮に耐えてきたのは、いまの愛する住民にさらにそれを経験させないためなのです。

混乱から啓示にいたるまであなたたちが遭遇する試練を考えると、なぜ怖れてはいけなのかあなたたちが理解することがもっとも大切だと私たちは感じています。お母さん、僕の本の中でこれをよく説明している章がありますから、見つけてここにコピーしてください。

訳文責:森田 玄
転載元の森田 玄さんのブログ

原文http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=85&z=2
by 892sun | 2008-05-18 09:09 | Trackback

マシュー君からのメッセージ、その1

スピリチュアリズムとは地球人類浄化のための霊的な運動です。19世紀半ばから始まって今も着々と進んでいます。したがって、今はアセンション(次元昇華)するための夜明け前の一番暗い時代なのだと述べてきました。2012年という時間までは私も分かりませんが、今現在の世の中の変化をみていると、確かに大きな変化が起きてきていることは否定できないでしょう。現在の世界を支配している勢力がどのようになるかについても、とても興味がありましたが、これらについて高次元からのメッセージを述べているサイトを紹介していただきましたので、転載します。

b0034892_118366.jpg***転載開始・・・先日、コスタリカの友人から送られて来たメールに書かれているメッセージに目が引きつけられました。そこにはいま世界で起きつつある政治経済社会問題の内面が、異なる次元からの視点で克明に説明されていたからです。いまの世界の混乱と苦悩は、人類史上でもかつてない規模で世界中を覆っていることは明らかです。これが単なる社会現象ではなく、背後にそれを操る巨大な闇のパワーが存在していることに多くの人が気づいています。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、じつは1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

どうやらマシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体のようで、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えていると考えられるので、その内容の真実性はひじょうに高いと言えるでしょう。

以下、訳文です。

***************************************

January 27, 2008

アメリカ大統領予備選挙、経済変動、イルミナティ・グループ支配の崩壊、インターネット、音の重要さ、三次元世界の混乱と暴力と宇宙次元での意味、世界変革への宇宙からの支援


1. これは私マシューから2008年初頭のあなた方への挨拶である。今年は驚くべき決定的な年になるであろう。

2. 世界の目と耳がアメリカの大統領予備選に注がれているが、それはサーカスにすぎない。ヒラリーはイルミナティの指名する次期大統領候補である。それは彼女が世界のイルミナティ・グループの中でもっとも影響力を持っているからだ。かれらは不正な投票操作で、自分たちが選んだ候補が各地域でトップ当選するように仕組んでいる。これらの候補が各党の有力指名候補であるかぎり、かれらはイルミナティが満足する話題だけをとりあげ、本当のことを語らないであろう。このように大統領の一般教書演説は本当のものは隠され、かれらの意向にそったものになっている。アルカイダたちによるテロの世界という無慈悲な宣伝文句に、投票者たちはいったい誰を信じ、大統領の権力を任せていいのか分からなくなっている。イルミナティの意向に逆らう候補はメディアから外されることは自明である。 しかし11月の大統領選挙前に、候補者たちの正体が光明エネルギーによって暴露されるだけでなく、投票も正確な数が数えられるだろう。イルミナティはホワイトハウスに自分たちの候補を送り込もうとするだろうが、地球人類と慈悲深い地球外生命体(ET)の協力で、その悪の計画を挫くための強力な動きが進行中である。さいごにはあらゆる国の指導者は正直で賢明で能力ある者たちになるであろう。

3.全世界を揺るがしているアメリカの経済不況についても同じような協力体制が存在している。銀行が巨大な負債を抱え、住宅ローンの破綻、クレジットカード負債激増、株式証券の乱高下などビジネス体制が大変化するであろう。

4. アメリカを中心としたグローバル経済はすでに破綻している。イルミナティは必死でそれをコントロールしようと躍起になっていろいろやっているがすべて無駄であろう。増大する光エネルギーが問題の禍根を照らし出し始めているからである。腐敗した金融システム、連邦準備金とIRSの私物化、不正証券取引操作、自然資源の略奪などだ。かれらの何世代にも渡った世界経済支配が、かれらの足下から崩壊しつつある。

5. イルミナティとは「光明を受けた者」「啓発された者」という意味の名前であり、あなた方の世界を何代にもわたって支配し真実を隠して来た悪意の輩たちである。別名には、陰の政府、闇の結社、エリート集団などと呼ばれているが、そのような会員制のグループではなく、むしろ世界中の権力ある個人たちが大勢集まったものである。かれらこそ、政府、司法組織、王族、宗教、マスコミ、金融、教育、医療、エンターテーメント、国際企業、つまり、地球上の生命をコントロールするあらゆるビジネス、組織、機関を実質的に動かしているのだ。あまりにも幅広くしっかりとこの闇の権力のネットワークが世界中に張りめぐされているので、ひとびとは長年に渡って簡単に支配されて来た。それ自体生命体である地球は、闇の権力の気ままな乱用によって引き起こされている地球人類と動植物そして惑星本体の苦しみにもはや我慢するわけにはいかない。そこで地球は、その住人たちが深く捕われている虚偽、腐敗、欲望、専横から自由になれるように宇宙からの助けを求めてきた。要するに、自由解放プロセスがいま世界で起きているのだ。

6.これから数ヶ月は経済的大変動があるだろう。これは夜明け前の闇といえるものである。多くがしばらく苦しい経験をするだろう、だがイルミナティが考えていることに比べれば比較的軽いものである。かれらの計画では、数十億人が飢える一方で、闇の権力者たちはかつてない不法な富を得ることになっているのだ。ブッシュ大統領が石油依存を軽減するという目的で再生エネルギーよりもエタノール生産計画を押し進めているが、それはトウモロコシを人びとや家畜の食料生産にではなく燃料に使おうというものだ。ブッシュはイルミナティの有力者たちに言われたた通りにやっているだけだ。その計画も実施されることはないだろう。経済とビジネス管理に精通した霊的に進化した魂がいつでも介入できる態勢にあるので、金本位経済体制にもどるまでの経済的空白はないだろう。


7. これまで政治家たちの楽観的公約やバラ色の経済的予測を額面どおりに受け止めて来た多くのものは、いまだに期待感をもっているが、だんだん慎重になって来ている。真理があきらかになるにつれ、とくに宗教が教える教義の起源と目的が明らかになると、このような気づきが起きてくる。光明エネルギーがさらに強くなってより高い意識と霊的理解が可能になっても、何世紀に渡るイルミナティ支配の真実暴露を信じる人たちがすべて宗教の何世紀にも渡る支配にかかわる真実を受け入けられるわけではないであろう。

8. 真実の歴史とニュース速報について言えば、こんにち最も信頼置けるニュース源はインターネットである。誤った情報も伝える可能性もあるが、主要メディアが伝えない情報や相反する情報を知るもっとも信頼できる情報源である。インターネット上で事実が飛び交う事態になれば、新聞もテレビも無視するわけにいかなくなるだろう。インターネットを使ってマインドコントロールをしようという闇の連中のもくろみは、それにすぐに気づいたものたちによって解決されたが、いまだこれは偽情報を流す目的で使われるので、その内容と発信源につては注意が必要である。

9. あなた方の判断力を高める点で、少なくてもラジオやテレビについて言えば、音が重要である。 あらゆる音源は、精神とからだにとって有益なものと害になる周波数を発している。いま地球には、より高い周波数が行き渡っているので、あなた方はまわりの音にさらに増して影響されるようになっている。闇の権力者たちはこのことをよく知っていて、耳に聞こえない音波であなた方を攻撃しているが、これは防ぎようがない。しかし通常はラジオやテレビやステレオの音を選ぶことができる。最近の音楽やプログラムは危険な不協音や音量でいっぱいだが、これらの雑音は避けることができる。 モーツアルトやベートーベンなどの音楽家の作品が重症患者を癒したり、植物の成長を促進したり、動物を落ち着かせる効果があることが科学的実験で明らかになっている。クラシックがだれにでも好まれるわけではないことはもちろんだが、この素晴らしい利点をおぼえておくと良い。できるかぎり自然に親しむようにしなさい。それが提供する音をよろこび、すべてとひとつになることのエッセンスを大いに楽しみなさい。そして、沈黙の音(Sound of Silence)のやすらぎ感を見落とさないように。それこそ黄金の音!そしてできるだけ多くの機会をつくって、自己の回復と高揚のために、静寂に浸りなさい。


10. さて、光エネルギーが増大していると再三われわれが言っているのにもかかわらず、あなた方の目には暴力がさらに蔓延り、戦争から個人的なレベルの暴力や殺人まで起こっているのを見て、どこにその証拠があるのかと思うかもしれない。しかし、これはより高い周波の波動はあらゆる特性と行動を拡大誇張させる、つまり、「よいもの」はさらによく、「悪いもの」はさらに悪くなるという効果を生むという意味で考えて欲しい。世界中で指導的立場をねらう者たちが殺されるのはこの増大したエネルギー力の部分的影響であり、身内や知合いの暴力や無差別殺人も同じである。このような事件は、それを引き起こしている闇の触手のエネルギーが燃え尽きるまでつづくであろう。怖れてはいけない、それこそ闇のパワーのもっとも恐るべき力を増長させる道具になるからだ。増大した光エネルギーはいまや中心においてより強さを増しているが、精神面での恐怖はそこに割れ目をつくり、そこが闇の触手が入って来る入口になってしまう。光はつねに強いことを念頭におきなさい。光は愛と同じであり、宇宙でもっとも強力なエネルギーである。しっかりと自己の光を維持することが、闇も崩すことのできないあなたの砦になる。


11.われわれの見た限り、通常の霊魂契約を考えると、われわれは光明エネルギーのおどろくべき進展に喜んでいる。また、われわれが共感する、そうだ、同情するだけでなく共感するのは、地球変換のこの段階での混乱、悲しみ、苦悩を経験している魂たちである。前世からの契約でおおくの魂が地球を離れているが、さらに多くがあまりにも苦しい地球での状態を避けて契約を変更し地球を早めに離れ、魂からの光明プロセスに参加して地球のマイナス・エネルギー解除の手伝いをしている。よりよくなることがより悪くなることよりはるかに早いスピードで起きつつあることをとりあえず言っておこう。


12.まず、三次元での文脈で、世界でもっともメディアに取り上げられている国について言おう。イラクとアフガニスタン:ひきつづく戦闘と 混乱と米国傀儡政権、イラン:闇のパワーの次なる目標、そのための核兵器開発阻止というレトリック、パキスタン:深刻な政情不安、イスラエルとパレスティナの60年間にわたるシオニストたちによる紛争問題、そして今レバノン。この地域全体での自殺爆弾テロなどによる暴力行為はイスラム過激派のせいにされているが,ほとんどはそうではない。平和と自由の新しい敵はイスラム教だというプロパガンダのひとつにすぎない。「反乱者」というラベルは、外国の占領から自国民を解放しようという者たちに付けられたもので、以前は外国の抑圧者から母国を解放しようという「愛国者」たちのことであった。爆弾自殺テロを含む死と破壊のほとんどが、実際はイルミナティの息が掛かったCIA分子の仕業であり、マインドコントロールされた個人がよく利用される。全体的にいえば、暴力行為はすべて偽りの「対テロ戦争」を押し進めるためのバネになっている。この戦争の拡大こそがイルミナティの本心である。それは市民の基本的権利をさらに奪い、世界支配のための征服と占領を維持するのに必要な人的資源確保の宣伝文句である。しかし、最下位の三次元エネルギーに捕われている妄想観念を除けば、これは起き得ない。


13. 宇宙の連続性と生命の輪廻経験という意味では、これらの国々でいま起きていることは、はるか昔に始まった三次元エネルギーカルマの清算であり、これはこれまで幾世代にわたって繰り返されて来たことである。前世での契約によって、地球の現居住者たちは自己のカルマのバランス調整に関わることと、暗闇の第三次元の温床からの地球のアセンションを助けるためにそれぞれの地へ戻ることを選んだ。より遅く始まってはいるが、専制政治と流血が長い間日常になっているアフリカ諸国においても同じ真理がある。当然のことだが、そのような重いカルマの清算を必要としない国々に比べると、これらアフリカ地域のすべての抑圧と死の終結はよりゆっくりになるであろう。このような被害を受けているひとびとにとって、意識レベルでの人生はやはり厳しいものであるが、かれらの生と死をカルマでの意味でとらえれば、光エネルギーが強くなっているのになぜこのようなことが続いているのか理解する助けになるだろう。

14. 最近のパレスチナ人が、食料や生活必需品のためにエジプトとの国境の壁を乗り越えて流出している件は、 三次元の文脈でみればその目的は自明である。抑圧された人びとが自己の生存のために自ら乗り出したということである。より高い視野から観れば、すべての魂の統一意識が高まり人や国の境がなくなりつつあることの象徴的事件である。


15. 情報操作で言えば、悲劇が起きるごとにそれが大きく取り上げられることで恐怖と暴力と悲しみが繰り返される。だれでもこれほどの人類の苦しみを受け入れることはできない。闇の人間たちは、この圧倒的な数に対して、何をしても変えられないから結局なにもしないという人びとの無関心な反応を利用しているのすぎない。なんと人びとは騙されていることか!しかし何百万という人間が小さな組織から国際的運動にいたるまで大胆な行動をとって創造的な変化を起こしつつある。世界中のこころに浸透している増大する光エネルギーはだれも止めることは出来ない。どうか、指導者たちだけが重要だと思わないで欲しい。すべての魂が重要である。あなた自身の光を輝かすだけで、あなた方ひとりひとりが世界変容に貢献するのだ。

16. これはあなたの世界だからだこそそうなのだ。霊的に進化したものたちからのメッセージがいくどとなくあなたがたに間違いないと伝えている。無数のあなたがたの宇宙家族が一歩一歩手助けするためにあなたがたの中に存在していること、地球のまわりを囲んでいることを。愛と畏敬とをもって、かれらはあなた方の素晴らしい世界ビジョンを顕示する手助けをしようと来ている。そして、どのような時にでもわれわれが心の中であなた方を愛で抱擁していることを忘れないように。

原文
_____________________________

                                 訳文責:森田 玄・・転載終わり
by 892sun | 2008-05-17 11:08 | Trackback

単なる自然災害?神の怒り?

三万人を越す死者を出した、ミャンマーのサイクロン、そして続いて中国四川省での、おそらく五万人を越すだろう死傷者の大地震。これらは単なる自然災害なのだろうか?この二つの地点は、チベットの人々にとっては聖なる山、エヴェレストの頂上から等距離にあることを考えると、何か神の意図のようなものを感じるのは私だけなのか。この世に起きることに偶然はないこと、さらに自然界とは神々の顕現したものと捉えると、人間どもの愚行のツケがまわってきたような気がしてならない。今後更に大きな何かが起きる可能性も大きい。

私の考えの対極にあるのが、ベンジャミン・フルフォード氏。あれは世界を裏で支配する勢力の人工的な災害に見せかけた攻撃ではないかというものである。皆さんはどう思われますか?転載します。

***昨日中国で起きた地震はアメリカの攻撃の可能性が高い。昨日だけで28回もの地震があった。そして地震の震源地は31.099°N, 103.279°Eであり、グーグルアースで見ると三峡ダムのすぐ左隣だとわかる。偶然にしては無理がある。新潟地震で見つかったプラズマ映像が中国でも発見されれば、真実は明らかになる。

ロシア議会の証言によると、アメリカとソ連は1970年代に地震兵器を使用しないという調停を結んでいる。

しかし毎日世界各地で震度5以上の地震が平均12回程起きている。全てが自然現象だとはいい難い。また、先日日本に接近した大型の台風についても、アメリカの脅しである可能性が高いという情報も入っている。

親友が精神病になり、犯罪者へと陥るのを見るのは悲しいが、今のアメリカはそういう状況である。中国、ロシア、日本など各国が、至急に国連でアメリカの地震兵器、天気兵器、生物兵器、餓死政策について取り上げ、全世界の世論を動員し、アメリカの異常行動を止めなければならない。

ミャンマーのサイクロンについてはナショナルジオグラフィックの専門家など、多くの専門家が不自然であったと発言をしている。インドに向かうべきものが急に方向転換をし、ミャンマーの特に米の収穫の一番多い産地を襲った。500年に一回起きるかどうかというような出来事だという。

インドネシアを襲った津波のケースとミャンマーのサイクロンは、アメリカに追従していなかったという共通点がある。インドネシアはマラカ海峡をアメリカ軍に解放することを拒んだ。そしたら最初小さな地震があり、一ヶ月後にはその10倍の大きさの地震が起こった。因みにアメリカ軍はインド洋のDiego Garcia島の自分達の基地に津波がくることをあらかじめ知らせておいたが、他の国には口外しなかった。

今回ミャンマーでサイクロンが起こったのは国民投票の直前で、アメリカの息のかかった政権にしたいという意図があったのであろう。ここのところ中国の周りを中心に世界はアメリカ離れをしていく。

また、1970年に現在オバマのバックであるZbigniew Brzezinski が、人工的に嵐や干ばつを起こす兵器が近い将来にできると発言している。その後1997年には当時の米国務長官であったWILLIAM COHENが、電磁波により天気を操作する、地震を起こす、火山を噴火させることが可能になったと発言している。
b0034892_18275486.jpg

by 892sun | 2008-05-15 18:20 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧