ひとりごと、ぶつぶつ

<   2009年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

個人的連絡事項

いつも、私のブログを読んでくださって、有難うございます。この書き込みだけは、ちょっと個人的な連絡になります。すみません。実は、先日、私は日本心霊科学協会の発表会で、アセンションについて発表させていただく機会を頂いたのですが、その発表会に何人かの方が、わざわざ私の発表のために、来てくださいました。お会いした方には挨拶だけはさせていただいたのですが、お一人の方からはお土産までいただきました。しかし、こんなことは初めてでしたので舞い上がってしまって、迂闊にもお名前も連絡先もお聞きすることを忘れてしまったのです。お土産は有り難く、おいしくいただいておりますが、いただく度に、お名前を聞いておけばよかったと後悔しています。このブログを読んで、発表会のこともお知りになったことだと思いますので、もしまた今日の書き込みを読んでいらっしゃいましたら、メールなどいただけませんでしょうか。

私の連絡先は、右側にリンクを貼ってありますホームーページ「スピリチュアル・ワールド」にあります。トップページの最後の"ご連絡お待ちしています"をクリックすればメルアドが出ると思いますので、どうぞよろしくお願い致します。矢国
by 892sun | 2009-10-31 13:22

宇宙船 天空に満る日

ずっと昔、こんな題名の本を読んだことがあります。たしか渡辺大起さんという人の本だったと思います。いつかそんな日が来ることがあるのかと、ほとんど信じてはいませんでしたが、この世とあの世の仕組みを調べているうちに、有得ないことではないと思うようになりました。私のブログを読んでくださっている方々は、私が世間一般に常識からかけ離れたことを書いても、常識と真理はかけ離れていることを理解してくださっていると思うので、宇宙人がもうそこまで、やって来ているなんて言っても驚くことはないでしょう。

昨日紹介したマシュー君からのメッセージにもあったように、私たちの目覚めの速度が思ったより遅いので、直接姿を現して、地球の真実の姿を知らせようとするようですね。まず、その前に誰にも地球以外にも知的生命体が存在して、彼らは地球人よりもずっと進化した存在であることを知らしめようとするようです。そして、今まで、私たち一般に人間に対して、自分たちの都合のいいように支配してきた人たちが排除されるようです。マシュー君のメッセージよりも、もっと具体的なのが、ふるやの森さんが紹介しているアシュタル・コマンドからのメッセージです。リンクを貼っておきますので、興味のある方は是非、読んでみてください。まもなく宇宙船が天空に満るようです。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_137188.jpg

by 892sun | 2009-10-31 11:59

マシュー君からのメッセージ、その26

森田 玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に、マシュー君のメッセージが更新されています。ふるやの森さんが一部翻訳してくれたメッセージの全文です。ふるやの森さんのブログには、他の生命体からのメッセージがいろいろ掲載されていますが、私はこのマシュー君からのメッセージを最重要視して全面的な信頼を寄せているのは、文章全体から感じられる霊性の高さです。他のメッセージにはない格調の高さを感じます。たぶんそれは、マシュー君の魂のコアである普遍意識から発想した言葉だからでしょう。普遍意識こそが覚醒した者にしか分からない神の意識、絶対意識であるからです。

他のメッセージからも重要な具体的な事柄が寄せられて、いよいよ宇宙に存在する他の惑星の人々との交流が近いことを窺わせますが、マシュー君からも同じような事が告げられると、いよいよ本当に始まるのだなあと実感できるのです。マシュー君のメッセージは、惑星通信ではなく、いわば霊界通信なのですが、シルバーバーチを始めとする、本当の本物に接してきた者にしか分からないバイブレーションを感じます。長文ですので、転載はしないでリンクだけを貼っておきましたので、どうかじっくり読んで味わってみてください。それだけの価値があります。

森田 玄のリモ農園ダイアリー

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


b0034892_9284847.jpg

by 892sun | 2009-10-30 09:25

核廃絶に向けて

北朝鮮の脅威を煽って、日本にもっとMDを買わせたい勢力や、日本人の中でもアメリカの核の傘によって守ってもらうことが国益だとか、もっと無謀な人の中には自らも核武装するべきだなどいう意見があるが、オバマ大統領が核廃絶宣言をしたように、世界の流れはこの地球上から全ての核をなくそうという動きが主流になりつつある。アセンションすれば、私たちの肉体は三次元物理の法則から脱出するから、核による放射能汚染というような問題もなくなるのだが、まずは現実的問題として全世界から核が廃絶されれば、こんないいことはない。

田中 宇氏のメルマガによれば、その先導役に我が日本とオーストラリアが議長国となって議論が始まったようだ。被爆国の国民の一人として、こんな嬉しいニュースはない。地球規模で波動が上がっているのは間違いない。目の前の些細な日常に囚われていると分からないが、アセンションは確実に進行していることを実感する。田中氏のサイトから一部転載する。

転載開始*** 
 ▼日豪が共催する世界非核化会議

 今回、私がこの記事を書く気になった点は別にある。それは、この会議を主催しているのが日本だということだ。ICNNDは、日本とオーストラリアの共催で作られており、カイロ会議にはICNNDの共同議長である川口順子元外相が出席し、もう一人の共同議長である豪州のエバンス元外相と連名で、会議の前と後の議長声明を発表している

 この会議は非公開だったが、秘密裏に開かれたものではない。ICNNDのウェブサイトに参加者の一覧が公開されている。事前に日本のマスコミが会議の開催を報じている。川口のウェブサイトには写真つきで情報公開されている(中東の核不拡散めぐり協議 カイロで国際委地域会合)(「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会 中東地域会議」をエジプト・カイロで開催しました。(9/28-10/1))

 ICNNDはすでに08年の結成時の声明で、印パや北朝鮮と並んでイスラエルの核兵器も議題にすることを表明している

 ICNNDは、日豪の外務省が事務局をつとめる有識者会議で、世界の主要諸国の元高官や著名学者らを委員や顧問として集めている。豪州のラッド首相が2008年6月に日本を訪問した際、この組織の結成を日本政府に提案し、日本側が提案を受け入れ、同年9月に会が発足した
▼黒幕はキッシンジャー

 調べてみると、この会は米国の隠れ多極主義者たちの肝いりで作られており、米オバマ大統領が提唱する世界の核廃絶計画と連動する組織であると感じられる。まず重要なのは、この会に参加している米国人の面々である

 この会に米国代表の委員として参加しているのは、民主党クリントン政権の国防長官だったウィリアム・ペリーであるが、ほかに顧問として共和党系のヘンリー・キッシンジャー元国務長官と、共和党レーガン政権の国務長官だったジョージ・シュルツ、核軍縮に詳しい民主党元上院議員のサム・ヌン(Sam Nunn)が入っている。この4人は、核廃絶を目指す「Nuclear Security Project」という組織を作り、2007年1月と08年1月に、ウォールストリート・ジャーナル紙(WSJ)に、世界的核廃絶を呼びかける文章を連名で発表した

 発表文の中で4人は、1986年に米国のレーガンとソ連のゴルバチョフがレイキャビク会談でまとめようとした世界的核廃絶の構想を継承すべきだと提案し、NPT(核拡散防止条約)の体制下で核兵器保有を容認されている5大国(国連安保理常任理事諸国)も核兵器を廃棄することを目標とした新たな体制を5大国と日独の主導で作ることが必要だと主張している。また、米国は、議会上院が1999年に批准拒否したCTBT(核実験全面禁止条約)を早期に批准することが必要で、米国が批准すれば他の未批准国(中国、イスラエル、イランなど)や未署名国(北朝鮮、インド、パキスタン)をCTBTに引き入れることができると述べている。

 これらの提案の多くは、オバマ政権の核廃絶戦略に踏襲されている。オバマは9月末の国連安保理会議を主催して安保理決議1887をまとめたが、その柱はNPT体制の強化と、旧来のNPT体制下で核保有を認められていた5大国も核廃絶することだ。9月末の国連安保理には、キッシンジャーら4人が全員オバマに招待されて呼ばれている。また、オバマ政権はこれとは別に、米議会にCTBTを再決議によって批准させようとする動きも行っている

 これらの絡みから考えて、オバマが進めている核廃絶構想のもともとの戦略を練ったのはキッシンジャーたちである。そして、日豪の外務省が事務局をつとめるICNNDも、同じ戦略に沿って作られた組織である。キッシンジャーらが5大国を含む世界の核廃絶を進めたいと考える理由はおそらく、世界の多極化が進展すると旧来の5大国制度をいったん解体せねばならず、5大国のみに核兵器保有を容認していたNPT体制を刷新する必要があるからだ。NPTは来年5月に加盟国が会議(NPT再検討会議)を開いて体制刷新を決める予定だが、その再検討会議のたたき台となる報告書を作るのが、ICNNDの任務である

 キッシンジャーは1960年代に共和党のネルソン・ロックフェラー上院議員が大統領になっていたらその補佐官になる予定だったが、ケネディ暗殺で民主党が有利になったので実現せず、70年代のニクソン政権までCFR(外交問題評議会)で中国について研究しながら待っていた経歴がある

 フランスが1960年、中国が64年にそれぞれ初めて核実験を行って核兵器保有国になり、5大国すべてが核保有したのを見計らうかのように、1970年に「5大国以外は核兵器を持つな」と定めるNPT体制が立ち上がった。キッシンジャーは、5大国に核独占させるNPT体制が組まれたときに米中枢に近い場所におり、おそらくこのプロセスに関与した。その40年後の今、彼は今度は多極化によってNPTの5大国体制を解体するプロセスにも再び関与している。キッシンジャーは、核兵器を使った国際体制を作るところから壊すところまで関わっている

▼広島長崎五輪は米中枢が後ろ盾

 日豪が主催するICNNDを構成する委員の出身国は、G20諸国とかなり重なっている。G20の19カ国のうち13カ国がICNNDの委員を出している。しかもICNNDは、イランとイスラエルの核問題を話し合った中東のほか、東アジア(北朝鮮核問題)、南アジア(印パ)、中南米といった世界の各地域で、地域諸国を集めて核廃絶に向けた話し合いを繰り返し、それをまとめて来年のNPT再検討会議のたたき台にする予定で、G20が向かっている多極型の世界体制と合致した動きをしている。

 核兵器をめぐる国際政治は、米英中枢における米英中心主義と多極主義の暗闘の一分野である。核兵器は当初、米英カナダによるマンハッタン計画で開発され、最初は英国が米国を操作して事実上の大英帝国を延命させる米英覇権の力の象徴として核兵器を使おうとしたようだが、米国が国連安保理5大国の多極型世界体制を望んだため、英国はそれをぶち壊す戦略に転じ、ソ連が核技術を盗むことを黙認し、核競争の冷戦体制を作った。そのさらなる対抗策として米国の多極主義者がやったのが、1960年代に中国とフランスも核武装させて、NPT体制による国連の5大国制度の復権を目指すことだったと考えられる

 今回、世界多極化に沿ったNPTの再編を目指すとき、それを米国だけが主導すると、英イスラエルから圧力がかかって英米中心主義を延命させる方に流され、むしろ多極化を阻害する結果になる。その一方で、米英からの棚ボタで核武装した中国やロシアに、自国の非核化を含むNPT新体制作りを主導させるのも無理だ。そのため、英米と親しいが核武装していない豪日に世界核廃絶の準備となるICNNDを作らせたと推測できる。特に、日本は唯一の被爆国であり「核のない世界」は戦後の日本人が念仏のように唱えてきた悲願である。

 念仏を唱えるだけでなく、実際に国際会議を開いて非核化を進めてみろと、米国の多極主義者は昔から何度も日本政府にメッセージを送っていたのだろうが、米国の核の傘や対米従属一本槍の国是に固執し、世界の主導役などリスクが大きくてやりたくない日本政府は、事実上、何もしてこなかった。ブッシュ政権のやりすぎによる米英覇権体制の自滅策が一巡して世界の多極化が顕著になり、次の米政権では5大国制度の解体や核廃絶が必要になるとキッシンジャーらが考え始めた07-08年になっても、対米従属と違う方向のことはやらないのが日本の姿勢だった。

 そのためキッシンジャーらは、アングロサクソンの一員として米国と親しいものの多極化の中で中国やASEANと協調してアジアの一員になりつつある豪州に「日本の引っぱり出し」を要請したのだろう。それを受け、豪ラッド首相は08年に訪日した際、世界の非核化を論じる国際組織を主催することを日本に提案し、日本政府はいやいやながらも共同議長国となることを了承した。

 NPTの核不拡散を日々の監視行動によって実現する組織である国連のIAEAでは、12月に任期が切れて辞めるエルバラダイ事務局長(エジプト人)の後任に、日本外務省の天野之弥が就任する。国連の仕事は、建前上は出身国の意向と関係ないことになっているが、実際は違う。エジプト人のエルバラダイは、イスラム諸国の意志に沿う形で、イランよりイスラエルの核を問題にすべきだと発言している。日本は来年にかけて、ICNNDでのNPT体制の改訂作業と、IAEAの事務局長という、世界非核化をめぐる2つの重責を負う。日本は、非核化が単なる念仏にすぎないのかどうか、世界から問われることになる。(IAEA事務局長に日本人選出の意味)

 日本では9月に政権が対米従属の自民党から従属離脱の民主党に変わったが、日本が核廃絶の舞台に押し出されていく流れは、この政権交代の後に顕在化しており、タイミングとして絶妙だ。鳩山首相や岡田外相は「日本が世界に非核化を提唱するのだ」と言い、すっかり右傾化した日本国民の多くから「絵空事」と冷ややかに見られているが、鳩山らが言っていることは、本人たちが自覚しているかどうかは別として、意外と世界の流れに沿っている。

 キッシンジャーらは、非核化念仏を唱えてきた日本を、他の面からも使おうとしている。それは荒木武・元広島市長が1982年に作った国際組織「平和市長会議」(Mayors for Peace、世界平和連帯都市市長会議)である。(Mayors for Peace)

 この組織は2003年に「2020年までに世界から核兵器を廃絶する」という目標を掲げた「2020ビジョン」を打ち出し、その一環として08年4月に「広島長崎議定書」を発表した。それは「5大国だけが核兵器保有を許されていることは、NPTの差別的な特性である」と批判し「5大国を含むすべての国に核兵器廃絶を義務づけるようNPT体制を刷新し、2020年までに世界から核兵器をなくす」と提案している。この内容は、07年のキッシンジャーらの提案や、先日のオバマ主導の国連決議と同趣旨であり、提案されたタイミングから見ても、同じ流れをくむものだ

 広島市は先日、長崎市と連携して2020年のオリンピック開催地として立候補したが、この動きは「2020年までに核廃絶」の運動と連携したものだろう。キッシンジャーらが起草し、オバマが実行している世界核廃絶の動きの一環であり、広島の秋葉市長は米中枢の人々から「2020年の五輪に立候補したら応援する」と言われているのではないか

 だから広島市長は、東京の政府にも広島県庁にもほとんど相談せず、五輪の立候補を表明した。表明後、東京の政府や広島県から「相談もせずに立候補するな」と叱られたようだが、米中枢や国連が後ろ盾なのだから、東京に相談する必要などない。キッシンジャーやオバマの世界核廃絶が本当に実現できるかどうか、まだ怪しいところが多いが、少なくとも広島長崎の五輪開催は、あえなく敗退した東京都の五輪立候補よりも、かなり実現性が高いと考えられる。
--------------------------------------------------------------------------------

田中宇の国際ニュース解説

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


b0034892_1118780.jpg

by 892sun | 2009-10-29 11:13

みんな宇宙の一員

相似象という言葉があります。極大のものと極小とは大きさこそ違え、仕組みは似ているのです。例えば太陽を中心に廻っている惑星たちと、原子核を中心に素粒子が飛び回っている原子の形は良く似ています。これが分かると真理が見えてきます。私たちの体はおよそ60兆の細胞から成立しているそうですが、その一つ一つの細胞は体の違った部分で、それぞれの特徴を活かしながら、それぞれ出来ることを忠実に実行することで、調和を図り、体全体の健康を維持しています。細胞の一つだけが独自の個性を主張することはありません。

これを宇宙全体に当てはめてもいいし、まずは地球全体に当てはめてもいいでしょう。心霊学では、私たちは大霊の分霊ということですから、宇宙(全存在)を創造主の体に例えてみると、私たちは宇宙全体を形作る細胞の一つ一つです。それぞれが個性を持ち、役割も能力も違いますが、全体のために、自分に出来ることを精一杯やり遂げることが使命です。隣の(隣人)細胞や別のグループ(外国)を、自分と他人、他の国というように分離して考え、対立したり、争ったりすることは、自分の体の中で反乱を起しているようなものであることが、すぐ分かります。

私たちは三次元の物質世界、相対的な世界に住んでいますから、物質的(肉体的)な観点からはどうしても、自分と他人を区別します。しかし意識だけは物質に囚われませんから、自分の意識を高次元に合わせることで、絶対的な境地に立って物事を考えることが出来るのです。絶対的境地に立てば、裏表はありませんし、善悪さえも消えてしまいます。あるのはただ愛のみです。あなたは私であり、私は全てに繋がっているのです。

アセンションするとは、まず自分の意識を自分でアセンションさせて、高次元に合わせることです。この時代に生まれてきた魂は、意識の底では知っていることなのです。表面意識で、物質的なものばかりに焦点を合わせて生きていますから、潜在意識が目を覚まさないのです。自我を捨てて、利他に生きることで、すべてはうまくいくようになっているのに気が付かないのです。誰も一人で生きていくことなど出来ないのです。必ずどこかで大勢の力に助けられているのです。みんな繋がっているのです。私たちはみんな宇宙の一員だということを思い出してください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


b0034892_9522658.jpg

by 892sun | 2009-10-28 09:50

所信表明演説を支持します

今日の新聞に鳩山首相の所信表明演説の全文が掲載されています。いろいろ評価は出ていますが、アメリカCIAの傀儡政権では言えなかったことを堂々と述べていますし、なによりも弱者に目を向けた政治姿勢は評価していいと思います。具体論に欠けるとも言われていますが、自分の政治姿勢を表明するのが所信表明なのだから、これで充分でしょう。

相変わらず、長い間の自民政権で洗脳されたマスゴミ他の連中が、ああでもない、こうでもないと重箱の隅をつついている。世界の風向きも時代の流れも分からないで、これからもアメリカ様の植民地住人として守って貰おうなんて思っているのだろうが、もうアメリカにはそんな力はないし、最初から守る気もなかったことにさえ気付いていない。

いずれにしても、言うは易し行うは難しなのだから、どんな名演説であっても、実行されなければ意味がないのであり、やります、やりたいと言っているのだから、これからの政治を見つめていくことが、我々国民にも課せられた義務であり、やる前から、批判しても仕方がない。国民の政治的無関心が自民党のような政権を長持ちさせ、経済を疲弊させたことをよく反省するべきだと思う。

アメリカは覇権を失い、これからは真に意味でのグローバルな世界になっていく。イデオロギーもその意味を失うだろう。世界中が手を繋ぎあって、助け合っていくのだ。友愛という言葉はフリーメーソンが好んで使った言葉だが、真実この言葉の意味を実行するならば、世界から貧困も紛争も不正もなくなる。

目標は高く持てばいい。出来るか出来ないかは、やってみるまで分からないのである。希望も持たず、やる前から否定する者は、最初から諦めた脱落者だ。そんな者はどんな時代になろうと、誰が政治をやろうと必ず敗者となる。政治改革の前に自分の改革が必要になるだろう。

臨時国会>鳩山首相、初の所信表明 「国政の変革」宣言 (毎日新聞 - 10月26日 14:23)

 第173臨時国会が26日召集され、鳩山由紀夫首相は衆参両院本会議で就任後初の所信表明演説を行った。政権交代を「国民の選択」と強調、明治維新を引き合いに「無血の平成維新」と銘打って「国政の変革に取り組む」と宣言した。「官僚依存から国民への大政奉還」をうたい、政治主導による税金の無駄遣い排除などの実現を約束。外交では「緊密かつ対等な日米同盟」の構築を目指す考えを表明した。

 会期は11月30日までの36日間。所信表明に対する各党の代表質問は28~30日に衆参両院で行われ、与野党の論戦が始まる。衆院では民主党は代表質問をせず、与党からは社民党が質問に立つ。

 首相は演説の冒頭、8月の衆院選について「勝利者は国民一人ひとり」として、「国民の強い意思と熱い期待に応える」ための「変革」と表明し、「戦後行政の大掃除」に取り組むと宣言した。行政刷新会議での税金の無駄遣い洗い出し、国家戦略室での複数年度の予算編成など、税の使途、予算編成手法の根本的見直しを掲げた。

 自らの資金管理団体の献金虚偽記載問題にも触れ、「政治への不信を持たれた。誠に申し訳なく思っている」と陳謝。「政治への信頼を取り戻せるよう、捜査に全面的に協力していく」と語った。

 持論の「友愛政治」を「弱者、少数者の視点の尊重」が原点と明言し、年金記録問題や子ども手当創設、高速道路無料化など衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた主要政策の底流にある理念と位置付けた。

 外交では、「緊密かつ対等な日米同盟」が外交の基軸であることを改めて強調。「対等」に関しては「世界の平和と安全に果たす役割や具体的な行動指針を積極的に提言し協力できる関係」と説明した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設を含む在日米軍再編については「過去の日米合意などの経緯も慎重に検証」した上で「沖縄の方々の負担、苦しみ、悲しみに十分に思いを致し、真剣に取り組む」と語った。

 東アジア共同体構想については、地震などの防災・災害対策、新型インフルエンザなど感染症・疾病対策、留学生受け入れ・派遣の拡充など、幅広い分野にわたって具体像を説明。一方で「他の地域に開かれた透明性の高い協力体」と強調することで米国への配慮ものぞかせた。【山田夢留】

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


b0034892_10544446.jpg

by 892sun | 2009-10-27 10:50

音楽の力

音楽について薀蓄を語るほどのものは何もないのだけれど、心霊学的にみて、音楽の重要性は認識している。クラシック音楽のほとんどは、高級霊界から地上に送られてきたヒーリング・ミュージックであり、心も体も疲れ切ってしまった時、クラシックを聴いて、癒された人は多いはずである。ところが、この世は人々の心の状態が反映されたものだし、バイブレーションの低い人工物で固められた都会から発信されるようなことが多いから、どうしてもガチャガチャと忙しい、とても音楽というジャンルに入るのか疑われるような雑音が流行している。ヘッドホンからでも音が漏れてくるような大音量で聴いている。

若い人には年寄りのたわごとのように聞こえるかもしれないが、そのような音楽は一時の発散にはなるかもしれないが、波動を下げるだけだ。そのような音楽だけに接して大きくなった女性が、母親になったら、生まれた腕の中の赤ちゃんに、安らかな子守唄を唄ってあげることができるのだろうか。子守唄など唄わないというお母さんも多いと聞くが、自分で唄わなくてもいいから、せめて赤ちゃんの時にはクラシック音楽を聴かせて育てて欲しいと思う。そうすれば、少しは異常行動する子供は少なくなるような気がしている。

今は、小学校でも昔のような小学唱歌というは、唄わなくなったそうだ。今はどんな歌を学校で教えているのだろう。昔ばかりを懐かしむわけではないが、あの旋律の美しかった小学唱歌が歌われなくなったことは、寂しい。日本でも昔から歌われてきた「冬の朝」とか「はにゅうの宿」「荒城の月」「赤とんぼ」を聴くと、心が洗われる思いがするが、若い人はそれも知らないのだろうか。特に日本語というのは全て母音が使われていて、波動が高い。美しい日本語と、美しい旋律が心地よいのはそのためだ。

「黎明」の著者は音楽について
音楽の表現とは物質レベルの音、すなわち空気の振動自体にあるのではなく、これが聴覚器官を通してアストラル・レベル及びメンタル・レベルの媒体に、それぞれの個人に特有の、しかも多くの人たちの間でもある程度共通した波動を引き起こすことによって形作られます。人間の心を構成する高次媒体は、その人によってその性質、つまり外部からエネルギーが加わったときに生じる波動が異なりますから、この差が主観的な違いを生み出すことになります。と述べている。

これからは、誰にも波動を高めることが求められているが、それは日常の生活の中で出来ることである。少しでも意識を心境を高めることに向ければ、自然と心が休まるような音楽が聴きたくなるのではないだろうか。回りの忙しさから逃れて、自分自身をヒーリングするのは音楽が一番いいのだ。わざわざ瞑想教室に通う必要はない。心を開いて、ただ静かな美しい音楽に意識レベルを合わせるだけで同じ効果がある。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_1123387.jpg

by 892sun | 2009-10-26 10:57

インフルエンザ・ワクチンは危ない

そもそも最初は豚インフルとか言っていたのに、いつのまに名前が新型インフルエンザということになってしまった。このことは以前にも書いたが、エイズやサーズと同じように人工的に作り出された可能性が高いが、大手のメディアは感染者が増えることだけを煽って、恐怖をばら撒いているようにさえ思える。アメリカではこのワクチンについては副作用があるということでデモまで起きているのに、遂に政府は非常事態宣言を出した。日本でもワクチンの供給が間に合わないとかで騒いでいるが、専門家の間でこのワクチンの危険性を指摘している人もいる。いくつかのサイトから転載する。あなたはどちらを信じるのだろうか。

 先日、米ホワイトハウスは新型インフルエンザ対策に関する評価報告書を公表し、秋以降の新型インフルエンザの感染者が米国民の半数に達する恐れがあるとし、死亡者数は最大9万人にのぼる可能性もあると指摘した。そして、10月中旬から使用予定のワクチン4000万人分を1ヶ月前倒しすることを勧告。治療薬「タミフル」などの確保を急ぐことも勧告した。

 実は、すでに米国内では、ワクチンの副作用を懸念した抗議デモが相次いでいる。33年前の豚インフルエンザが発生時に、ワクチン接種による副作用「ギラン・バレー症候群」が多発したという経緯があるからだ。

これは明らかに製薬会社の謀略が働いていたのだが、今回の新型インフルにおいても、再三指摘しているようにWHO―製薬会社―米政府の企図が隠されているのだ。であるから、冒頭のホワイトハウスの発表は、国民の半数が感染し、9万人が死亡するという恐怖を与え、ワクチン製造の前倒し、タミフルの補強を促すという意図があるのだ。

インフルエンザのワクチン接種の問題 

そもそもインフルエンザウイルスに感染するという意味が正しく理解されていないところに最大の問題があるようです。WHOも各国政府も世界的流行だと大騒ぎして、まさに”恐れ”のウイルスをばらまいていますが、そもそもどうして感染する人としない人がいるのでしょう?
それは単純に免疫力の差です。人間のからだには免疫作用という生まれながらのウイルスやバクテリアといった細菌類などの外敵から身を守るすばらしい防御システムが備わっています。

これは別に人間だけでなくあるゆる生物が持っている防衛システムで、人間の免疫作用(系)の中枢が胸腺です。これがないと生物は生命を維持できません。からだのバランスが歪むようなライフスタイルを続けているとこの免疫作用が低下して、つまりからだの防衛力が低下するので、その結果として、ウイルスのような外敵の進入、つまり感染を引き起こすのです。

ここで、大事なことは、インフルエンザウイルスが原因ではないということです。原因はあくまでも、あなたたち、私たちのからだの免疫力が落ちていることなのです。ですから、その免疫力を高めるようなことをからだにしてあげれば、すぐそれは回復します。免疫力をいつも高めるような生活の智慧を持っていれば、新型インフルエンザなどまったく恐れることはありません。

ましてや、ワクチンなど百害あって一利なしと言ってもいいでしょう。インフルエンザワクチンには以前からその副作用があることが多くの科学者や専門家によって指摘されていますが、中でもワクチン製造中に使われる水銀と子どもたちの自閉症との関連が問題になっています。 
水銀は日本では水俣病という過去の苦い教訓があるので、その恐ろしさについてはある程度の国民的な共通認識がありますが、アメリカでは政府がもちろん安全宣言をしているので一般にはまったくこの情報は知られていません。Creative Space 2009-09-10 

日刊ゲンダイというタブロイド版新聞に重要な記事が掲載されています。以下に23日付け記事の全文を転載します。
 
 新型インフルエンザの予防接種が19日から始まった。まずは約100万人の医療従事者が対象で、11月以降、妊婦や持病を持つ人、子どもに順次接種される。しかし、半ば“見切り発車”で始まった今回の厚労省の方針に対して「数千万人規模の人体実験だ」と警鐘を鳴らす専門家がいる。「インフルエンザワクチンは打たないで」の著者で、新型インフルエンザ市民対策会議委員長の母里啓子氏(75)だ。
 
母里氏は千葉大学医学部を卒業。横浜市衛生研究所所員や国立公衆衛生院疫学部感染症室長、横浜市内の保健所長などを歴任。30年以上にわたって感染症対策の研究に携わってきた人物が、拙速なワクチン接種の「恐ろしさ」を激白する。

「インフルエンザウイルスは変異が早いのが特徴。同じ型でも流行開始時期と数カ月後では株が異なる可能性が高く、(ワクチンを接種して)体に抗体ができても、感染・発症を防げません。しかも、ウイルスはのどや鼻の粘膜で増殖するため、血液中に作られる抗体は感染防止効果もない。厚労省はワクチン接種で『重症化の割合が下がる』などと説明していますが、それを明確に裏付けるデータは存在しないのです」
 
疫学者の間では「インフルエンザワクチンは効かない」が常識だ。1962年に小中学生に集団接種が始まったが、重度マヒなどの副作用が相次ぎ報告されて社会問題化。ワクチン接種に効果ナシ――とした群馬県前橋市の医師会リポートなどもあり、94年から予防接種法の対象外だ。それがなぜ復権したのか。

「ワクチンの製造量は70年代に2000万~3000万本あったが、集団接種を中止した途端に5万本程度に激減。そこで旧厚生省内に『ワクチン需要検討会』という組織がつくられ、宣伝・広告に力が入れられました。90年代に全国の保健所に配られた『インフルエンザはかぜじゃない』というポスターはその一例です。そうやって国民の危機感をあおり、需要を増やした。産官連携で“儲かる”ワクチン接種をやめたくなかったのでしょう」
 
今回の新型ワクチンの対象者は約5400万人とされ、製造量は集団接種当時のワクチンの倍になる見込みだ。年度内には2700万人分の国産ワクチンが確保される見通しだが、当初は2回接種が必要――とされたため、輸入ワクチンも年度内に5000万人分が確保される予定だ。

「新型ワクチンの接種をめぐってはメチャクチャばかり。従来は原則不使用だった妊婦を対象に含めたり、1~2週間あけていた接種期間を『季節性と新型は同時接種で構わない』としたり……。きちんとした臨床試験をしないで接種すれば、今後、どんな副作用が出るのか分かりません。(副作用でも免責される)輸入ワクチンも同じ。薬害エイズや薬害肝炎など、過去の医療事故の構図と全く同じです」
 
新型の国産ワクチンについて、厚労省は今月、治験者のうち約半数に副作用があったとする結果を公表。大半は注射場所が腫れるなど軽いものだったが、中には急なアレルギーショックなども2例確認された。今回も医療従事者2万人について、副作用の発生頻度などを調べる方針だが、もし重大な副作用が出たら誰が責任を取るのか。武山 祐三の日記

子どもの異常行動 原因化学物質追究 来年度から30万人調査 東京新聞2009年10月25日 朝刊

 子どもの教室での立ち歩きや、引きこもりなどの異常行動が、化学物質を原因とする可能性があるとして、環境省は来年度、両親や子ども三十万人を対象とした調査に乗り出す。同様の問題は世界各地で指摘されており、米国と韓国とも連携し二十一年間にわたって原因物質を追究する。

 自分の感情や行動を抑制できず、病院で「人間関係の取り方に問題がある」と診断される児童は昭和五十年代から年々増加。こうした障害は遺伝的要因だけでなく、胎児のころから接する化学物質が神経の発達に影響を与えている可能性があると研究者から指摘されていた。

 環境省は、全国の病院や研究施設十五カ所を拠点に、受診に訪れた妊婦から調査参加者を三年間で募集。全国の出生児の十万人を対象に臍帯(さいたい)血や毛髪、尿を定期的に採取し十三歳になるまで追跡調査する。その後、五年間で分析する。

 対象となる化学物質はダイオキシン類、ポリ塩化ビフェニール(PCB)、重金属、内分泌かく乱物質など。

 対象者から約一万人を抽出し、精神神経発達状態について定期的な面談調査もする。

 母親や父親からも血液提供などの協力を得るため、調査対象は最大で三十万人に上る見通し。

 子どもの症状と化学物質に明確な相関関係が認められた場合、大気、水、土壌について、新たな環境基準をつくり規制を強化する。

 日米韓の三カ国は今年四月、イタリアで開かれたG8環境相会合時に調査協力することで合意している。得られた知見は国連環境計画(UNEP)などを通じ、発展途上国の子どもの成育環境の改善にも役立てる予定。

 環境省環境リスク評価室の塚本直也室長は「最近の研究では、大人よりも胎児や生まれたての赤ちゃんの方が化学物質に敏感で、神経に影響し体の中の情報伝達を邪魔していると指摘されている。安心できる子育て環境を整えるため物質を特定し対策を取っていきたい」としている。

◆十分な説明、情報保全を
<解説> 環境省が子どもと化学物質の関係についての調査に乗り出したのは、世界レベルで子どもたちの健康異常の増加が認められているからだ。

 小児ぜんそくは二〇〇七年までの二十年間で三倍、先天異常は二十五年間で二倍に増加。同様の傾向は米国でも報告されている。

 遺伝的、社会的、生活習慣的要因も考えられているが、環境省の調査は「胎児期から小児期にかけての子どもの化学物質暴露が健康に大きな影響を与えているのではないか」という学術的“仮説”に基づいている。来年度予算の概算要求で三十四億円が計上された。

 懸念されることが二つある。一つは、家族のプライバシーにもかかわる長期の調査に、協力を得ることができるのか。環境省は一回あたりの謝礼を約五千円と想定している。産科医らに参加を呼び掛けてもらうことになるが、三十万人もの人の協力を得るには、十分な説明をして理解してもらうことが不可欠だろう。

 もう一つは、採取されたデータの管理。国立環境研究所などで分析する予定だが、血液や毛髪などの遺伝子レベルの究極の個人情報の管理には細心の注意が必要だ。  (蒲敏哉)


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_172895.jpg

by 892sun | 2009-10-25 17:16

重力を制御するには

前文明に触れましたので、彼らが使っていたエネルギー制御について書いておきたいと思います。特筆すべきは意識エネルギーで物質を扱っていたことです。一つはフリーエネルギーと呼ばれる宇宙エネルギーで、スタートさせたら止まることなく動き続ける永久エンジンです。私たちの存在する宇宙空間には、現代科学では解明できない無尽蔵のエネルギーが瀰漫しています。そのエネルギーを取り扱うことが出来れば、限りある地球資源に頼ることなく、環境を汚すこともない動力源を手にすることが出来るのですが、前文明ではすでに使われていたらしいのです。

永久エンジンについては、既に何人かの人が開発に成功したという情報もあったのですが、いつのまにか闇に葬られてしまいました。どうやら石油利権で世界支配をしてきた闇の力が働いたのでしょう。すでに使われようとしているという情報もあります。グレイという小型の地球外知的生命体と、闇の政府が取引をして、フリーエネルギーの技術を取得し、砂漠であるゴラン高原を緑の草原に変えようとしているという話もあります。事実であれば、まもなくはっきりするでしょう。

もう一つが今日の本題である、重力を制御する方法です。重力は三次元物質世界の物理法則ですから、宇宙空間のようなところでないと重力は消えないのですが、前文明は重力の制御方法を知っていました。どうしたのでしょう?それは意識の力(サイキックパワー)で物質の振動率を上げたのです。原子の世界は、どんな物質(鉱物のようなものも)であれ原子核を中心にして素粒子が飛び回っているのですが、三次元世界では、その密度がとても濃い状態で、振動率も低いのです。ゆえに物質である私たちの肉体感覚でも存在を認められるのです。

この振動率のレベルをバイブレーション(波動)が高いとか、低いとか言います。この波動の高さを意識の力で自由に出来れば、重力は制御できるのです。物質の波動レベルをどんどん上げていきますと、エーテル体に変わっていきます。次元の上昇が起きるのです。次元が上昇して三次元の物理法則から抜け出せば、重力は消えてしまいます。どんな重いものでもふわりと空間に浮かべることが出来、移動させたい目的地があれば、簡単にそこへ移せるのです。そこで、さきほどの逆のエネルギーを送ってレベルを下げれば物質化します。ただその代わりに、その間は、三次元レベルの視力では見えなくなります。現代の最先端の建築技術を使っても作ることが出来ないギザのピラミッドの謎が解けたでしょうか。

物質をエーテル体(幽体)に変えて、ヒーリングに使った人は現代にもいました。20世紀最大のヒーラーと言われたダスカロスです。彼は、骨折などの治療には患者の骨をエーテル体に変えて柔らかくしておき、自分の手もエーテル体に変えて、患者の体に挿入して矯正した後、また物質化させて戻して治したと言っています。今は誰でも出来ることではありませんが、地球全体がアセンションし、次元の上昇が起これば、誰もが重力を自由に扱えるようになるでしょう。それはそんなに遠くないことです。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11383223.jpg

by 892sun | 2009-10-24 11:33

アトランティス文明の謎

昨日、書いたアカシック・レコードのリーディングから、アトランティスやレムリヤ、ムーといった前文明は、何故アセンションに失敗して崩壊してしまったのか知ることができます。いくつかのソースから判断した私の見解を述べてみたいと思います。それを知ることは、今、同じようにアセンションに臨んでいる私たちにとっても、大変参考になるだろうと思うからです。

前文明は現在のような科学文明ではなく、直観文明だといわれています。エネルギーを人間の持つ意識の力を使って利用したもので、サイキックパワーを使って物質を利用していたようです。物の運搬には車輪を使った道具を使えば、とても便利なことを、私たちは知っていますが、どうも車輪を使う必要がなかったようです。使わなくても、空間を移動させることが出来れば、そんな発想が生まれなかったのかもしれません。重力を制御出来ましたから、重い荷物を車で運ぶ必要がなかったのでしょう。宇宙エネルギーであるフリーエネルギーも使えましたので、現在のような化石燃料によるエネルギーも使いませんでした。

一時、隆盛を極めた時代には現在の文明をも凌ぐほどでしたが、幾たびかの地殻変動によって海中深く沈んでしまいました。何故か。それは結論から書いてしまえば、バベルの塔の伝説にも似た人間の驕りに天が怒ったと言っていいでしょう。宇宙全体から見れば、地球なんて粟粒ほどもありません。そんな小さな世界で人知は神をも凌ぐと思い込んで、出来ないことは何もないと思い込んだのでしょう。闇の世界からの影響を受けた人々が世界にはびこり、神の摂理に沿って生きる人々を支配したのです。

この三次元、物質世界は相対的な世界です。表があれば裏があるように、善があれば悪もあります。光があれば闇も生まれるのです。その性質や人間の欲や弱みをうまく利用して闇の勢力からの影響をずっと受けているのです。あの時代、物質文明は隆盛の頂点を極めたように見えましたが、内実は闇が世界を覆いつくしていたのでした。地球自身が汚れた体から穢れをふるい落とすような天変地異が来ることを、未然に知った光の子たちは、世界の各地へ逃れていきました。

現在の文明の発祥はそこから始まっています。エジプトに逃れた人々は、未来へのメッセージとしてギザのピラミッドを作りました。ピラミッドはクフ王の墓ではありません。ピラミッドはあらゆる意味で地球という惑星の縮小されたサイズに作られています。地球の寸法を知っていたのです。地上に見えるのは四角錘ですが、地下には逆ピラミッドが眠っているので、正確には八角錘になっているそうです。またスフィンクスの両腕の地下にはアトランティスの歴史が書かれたものが埋まっているそうなので、いずれ時期が来たら発掘されて、アトランティス文明について誰もが知ることになるでしょう。

今、私たちはその時代と同じように、再び物質文明を花開かせましたが、今もなお闇の力の影響をずっと受けています。しかし前回と違うのは、同じ失敗を繰り返さないために、霊界からも宇宙に存在する知的生命体からも援助のエネルギーを受けています。19世紀後半に勃興してきたスピリチュアリズムは、地球浄化のための霊界からの働きかけです。二度の世界大戦はアセンションのための過去の大きなカルマの返済であったと思います。今の世界に生まれてきた魂の多くは、このアセンションを体験するために生まれてきた人が多いし、貴重な体験をしようと他の惑星からの転生もあります。アセンションを助けるためのライトワーカーもいます。

相対的な世界、二元性の世界では、分離させ争わせて力を削ぎ統治するのが合理的です。フランス革命やロシア革命の裏にも闇の力がありましたし、東西冷戦、テロとの戦いというのも闇の力の影響を受けたものです。彼らの目指したものはNWO(ニューワールドオーダー)世界統一政府であり、世界中央銀行の設立で、今もG20は世界統一政府を目指しており、IMFが新たな基軸通貨の発行を企んでいます。光のエネルギーによって、闇は力を失ってはいますが、未だ世界を恐怖という負のエネルギーを使って操作し、悪あがきをしているのです。

闇は光の前では力を失っていきます。彼らがいくら頑張っても、もう地球のアセンションを止めることはできません。今、地球の回りには数多くの知的生命体が飛来して、私たちの目覚めの時を見守っています。まもなく私たちも宇宙人であることが実感できるようになるでしょう。それには、一人一人が霊性に気付き、永遠の生命を持ち、宇宙と一体であることを自覚する必要があります。そうすれば、地球も宇宙の孤児ではなくなるのです。1万2千年の時を経て、地球人類が飛躍するのです。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_9571763.jpg

by 892sun | 2009-10-23 09:55



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧