ひとりごと、ぶつぶつ

<   2010年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

引っ越し

ゴールデン・ウイークを前にしてようやくお天気も良くなり、春らしく暖かです。私の住まいはアパートの一階ですが、その真上の二階に娘夫婦が引っ越してきました。娘はまだ、退院したばかりで、再発の危険性もありますので私の近くに置いておいたほうが安心できるので、たまたま二階が空いていたので引っ越してきてもらいました。別に引越しを手伝ったわけでもないのですが、上に来るとなれば慌しくて昨日はパソコンが開けませんでした。

身体のあちこちは老朽化して問題を起こしてはいますが、私はまだまだ若いつもりだし、一人暮らしをしていても淋しいと感じたこともありませんが、娘の方は何かと私のことが心配のようですので、アパートの上下で暮らすことになれば、双方の不安も消えて一石二鳥というわけです。しかしあまり近いのも考え物かもしれません。昨日から娘は私の部屋に入り浸りで、私はプライバシーを侵されて考え事もままならず、親子喧嘩が絶えません。私は自立できない娘の幼稚さを嘆き、娘は私のことを冷たいと非難しています。これからこんな状態が続いていくのでしょうか。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-30 10:39

幸せはいつも自分の心が決める

と、誰かが言っていたね。相田みつを?形のないものを数字で表わすことはナンセンスだけれど、こんなテーマにはつい釣られてしまいます。私はいくつをつけるだろうか、パーフェクトが10だとして自分のことだけだったら9をつけてもいいかな、悟りを開いてしまったからね。およそ不満というものはありません。

人生哲学を学んできましたので、何故そうなるのかが分かってしまうとすべて自分の身に起きることに納得してしまいますから、何が起きても受け入れることができます。そうなると悩みはなくなります。欲はないわけではありませんが、必要以上のもは求めません。足るを知ることで欲も制御できます。悩みのない人生は幸せです。

本当は歳を取れば、皆私のようにならなければいけないのですが、数字を見ると、若い人より年寄りのほうが数字は低いようで、ちょっと私には理解できません。やはり今の年寄りは霊性が低いように思います。物質波動の高い人が多いのです。物質的に恵まれないと、心が満たされないのです。困った年寄りが多いのです。

個人的なことはさておいて、今のような世の中の幸福度についていえば、最低ランクですね。日本も世界も最低です。2か3ぐらいかな。どうしても高次元の世界と較べてしまいますからね。大きな戦争していないだけマシ。だからこうして少しでも世の中の人々の意識レベルが上がるようにメッセージを書いているのです。一日もはやくアセンションしますようにと祈らずにはいられません。

日本人の幸福度、6.5=欧州主要各国下回る-内閣府調査 (時事通信社 - 04月27日 18:03)

 日本人が自分を幸福だと思う度合いは、10段階評価で平均6.5。内閣府が27日発表した国民生活選好度調査でこんな結果が出た。欧州連合(EU)が2008年に行った同様の調査との比較では、最高だったデンマーク(8.4)には遠く及ばず、英国(7.4)、ドイツ(7.2)、フランス(7.1)の主要各国にも劣る結果となった。

 政府は昨年末の新成長戦略の基本方針で「幸福度を表す新たな指標」を開発すると明記。内閣府は今回の結果を指標づくりに生かすが、6月にまとめる具体策には「間に合わない」(幹部)としている。

 「今どの程度幸福か」との質問に対し、5点、7点、8点がいずれも20%程度。男女別にみると、7点以上を付けた人は女性の方が多く、男性では全体の48%だったのに対し、女性は59%に上った。年齢別では30歳代の61%が7点以上のピークで、70歳代は44%と低かった。

 幸福に影響する要素としては、健康(69.7%)、家族(66.4%)、所得(65.4%)の三つの回答が多く、幸福感を高めるため政府に求める政策としては、「公平で安心できる年金制度」(69.2%)や「安心して子育てできる社会」(64.9%)を上げる人の割合が高かった。 

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-28 10:18

増税と言う前に

事業仕分けが行われています。予算の無駄遣いをなくそうということですから結構なことですが、こうして政府は一生懸命やってることを見せておいて、財務省は増税を考えています。一応鳩山政権では消費税に引き上げは行わないと言っていますが、鳩山さんの命運も尽きそうな気配なので、次の政権では必ず増税論議が始まるはずです。確かに日本の財政状況は危機的なものがあります。

船井幸雄さんのブログにはこんなことが書かれていました。
引用開始***歳入が40兆円弱、それなのに歳出は90兆円を超える予算を議会で通し、国債を出し、借金をどんどんふやしているのが日本の「お上」(役人と政治家)のここ10年来の実態です。
 
 日本の借金は2010年末に973兆円に達する見込みで、GDPの2年分以上に当ります。どう、がんばっても返せないでしょう。
  
 しかもまだお上は、これからもふやそうとしているのです。これはここ10年来の政治家と役人が役割に忠実でないということです。気になることです。日本の国家破綻は早ければ来年中に来る可能性があります。
 
 最近のジンバブエをちょっと調べてみてください。破綻した国です。2008年7月1ヵ月でインフレ率が2億3,100万%になり、100兆ジンバブエドル札がお目見えしました。
 
 米国の借金総額はGDPの1倍くらい。ギリシャのような半分破綻した国でもいまGDPの1.24倍、日本のように今年中に2.27倍、2014年に2.45倍になるなんて、とんでもない国は世界で日本だけです。
 
 その日本の国債の金利が上りはじめ、買い手が減って来ました。当然でしょう。郵貯は、その80%を国債を買って運営していますが、やむを得ず1,000万円の預け入れ限度額を2,000万円にして、また国債を買うつもりでしょう。他に郵貯というのは、生きる方法がないとも思えます。担当者は経営ということが分らない人々と思えてなりません。

 しかし郵貯預金でさらに国債買いを実行するとどうなるか。最近、財政危機に陥ったギリシャ、韓国、アルゼンチンをはじめ、第一次世界大戦後のドイツなどをちょっと調べてみてください。「大変だ」ということが、だれにでも分ります。***引用終わり

こんな情報が流れていますし、何故かマスゴミは何故こんなに財政がおかしくなったのか、その原因については報道しませんので、またまた国民は騙されそうになります。”赤字だから増税すればいい”というのでは国民はたまりません。バケツに穴があいているのに、いくら水を貯めようとしても無理な話です。原因を突き止めて、歳出削減を計ることが先決問題ではないでしょうか。

この問題については以前にも書いたことがありますが、一番大きな問題は公務員の人件費の高騰です。民間では不況の影響もあって、すでに10年以上にもわたって賃金の上昇は頭打ちになっていますが、公務員給与は年功序列そのままに自動的に上がり続けて、現在は民間よりも公務員給与のほうがはるかに高くなりました。民間企業は競争原理が働きますし、倒産のリスクもあって高いのは当たり前です、公務員とは公僕であり、就職は一生ものですから民間よりは安くて当たり前ですが、次の表を見てください。

・公務員のおいしい給与システム
 PRESIDENT 12月号 111ページ  全公開!日本人の給料
    職業           平均年収   人数
■ 地方公務員         728万円   314万人
■ 国家公務員         628万円   110万人

  上場企業サラリーマン   576万円    426万人
  サラリーマン平均      439万円   4453万人
  プログラマー         412万円    13万人
  百貨店店員         390万円    10万人
  大工              365万円     5万人
  幼稚園教諭         328万円     6万人
  警備員            315万円    15万人
  理容・美容師        295万円     3万人
  ビル清掃員         233万円     9万人
  フリーター          106万円    417万人

ご覧のとおり、一部の上場企業の社員よりも公務員のほうがはるかに高給取りになっているのです。これが日本経済がおかしくなっている元凶です。これについては既に地方ではその是正に向けた動きが出ています。大阪府では橋元知事がこのことを選挙公約に掲げて当選していますし、名古屋市でも河村市長が議員と報酬の半減を叫んでいます。(河村さん、頑張って、次の民主党党首になってチョーよ)阿久根市でも市長と議会がこの問題で紛糾しているようですが、さて国としては政府は何か考えているのでしょうか。何も考えていなければ国が夕張市のようになることでしょう。

私は国会議員の数は多すぎると思っています。今の半分もいればいいでしょう。一般の公務員については、数が減るとサービス低下を招くというのであれば、報酬の引き下げをしてもらいたい。今のように民間よりも高いというのはどう考えても納得できません。公務員というは国であれ地方であれ一般国民に奉仕することが第一義で、今のような待遇は間違っています。

櫂より始めよと言います。もっと謙虚になって、減らせるものはとことん減らして、その上での増税論議を始めてほしいものです。自分たちだけがいい思いをして、やりたい放題しておいて次の世代に借金を残していいものでしょうか。自公政権では出来ませんでしたが、政権交代した今こそチャンスです。民主党を支えている公務員の労働者団体が多いから言っているのです。民主党自ら動き出せば国民ももっと真剣に耳を傾けると思います。民主党の人気も持ち直すでしょう。

国家収入を増やすには景気が良くなって自動的に企業の売り上げが伸び、税収が増えるのが良いのですが、消費税などの増税をすれば可処分所得が減るわけですから個人消費はさらに落ち込みます。デフレスパイラルが酷くなるだけです。こんな簡単な理屈がどうして経済の専門家に分からないのでしょうか、不思議です。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-27 10:15

沖縄の皆さん、ごめんなさい。

沖縄の皆さん、ごめんなさいね、選挙公約では基地の県外移設と言ったのに、ユキオが優柔不断なもんだから、こんな決議をしなくちゃならないことになってしまって。同じ日本人として、沖縄の人たちにだけ負担を押し付けてしまって、とても心苦しく思っています。読谷村には9万人もの人たちがお集まりになった写真が新聞にも出ています。これが沖縄の総意ですよね。この写真を見たらきっとアメリカ人たちだって、日本にいつまでも基地を置いておくのは良くないことだと気がついたはずです。

今までの自公政権と外務官僚たちは、アメリカに対していつまでも服従を誓う代わりに、日本を守ってくれるように頼んでいました。やっと政権交代しましたが、官僚は代わっていませんから官僚の中には今も同じように基地を置いておいて下さいと頼んでいる輩がいるのです。でもそれは日本人の総意ではありません。だから政権が代わったのです。でもこれではっきりしましたね。日本人は日本の中に米軍基地はいらないと思っている人がほとんどなのです。

日本人の気持ちを代弁しているつもりのおバカな外務官僚の発言を引用します。こんな奴の言うことを聞いていてはこれからの日本とはうまく付き合えませんよ。天木直人氏のメルマガです。

日米同盟を解消しないで下さいと頼む外務官僚OB
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 鳩山首相は言うに及ばず、もし日本の指導者たちが沖縄県民の声を背にして米国に米軍基地の県外移設を本気で求めるなら、そしてその事を、米国の国民や米国内の良識ある政治家たちを味方につけて米国政府や米国議会に働きかける外交を展開するのなら、困難と思える沖縄県外移設であっても実現できる可能性はある。

 そして県外移転は取りも直さず国外移転に発展していく。それは日米同盟の解消につながる。それにもかかわらずそれが実現しないのは米国の反対があるからではない。日本の指導者たちがそれをやろうとしないからだ。それどころか日米同盟を米国の方から解消すると言い出さないでくれ、と頼み込んできたからだ。

 それを見事に証明している記事を4月21日の産経「正論」に見つけた。岡崎久彦外務省OBは普天間基地移設問題に関しこう書いている。

 「・・・最近の米軍普天間飛行場の移設問題をめぐる日米間の摩擦は、どう決着するかは見通しもつかない・・・(だから)私も、最近の論説では、事態の解決策などは提案せず、もっぱらアメリカ側に対して、日米同盟は、これを損なうにはあまりにも惜しい日米共通の財産であるから、短気を起こさずに忍耐を持って見守って欲しい、と訴えているだけである・・・」

 これ以上の動かぬ証拠はない。

 「どうか日米同盟を解消するなどという事だけは言い出さないで下さい」と米国にお願いしているのだ。日米同盟が無くなれば自分の言論活動の根拠がなくなるからである。しかし、岡崎氏や、その意見を掲載して国民を惑わそうとしている産経新聞だけが例外ではない。これほど露骨ではないが、同様の意見を持ち、同様の言動を繰り返す指導者や有識者、メディア関係者は多い。

 普天間問題が我々に教えてくれた一つは、対米従属を固定化させようとする者たちがこの国には間違いなく存在するという、動かしがたい事実なのである。

「きっこの日記」では・・・・
だいたいからして、普天間飛行場は、沖縄に34ヶ所もある米軍施設の中のひとつに過ぎないのに、それが無くなって34ヶ所が33ヶ所になったら、トタンに防衛力や抑止力がゼロになるって言うのか?34ヶ所が33ヶ所になったら、トタンにヨソの国が攻撃して来るって言うのか?沖縄以外にも、ニポン全国にいくつもの米軍基地があるって言うのに、その中のたったひとつの施設を返還することが、どうして100かゼロかみたいに論じられなきゃならないのか?これほどおかしな話はない。ようするに、防衛利権に絡んでる残党どもが、沖縄の人たちを食い物にしてるだけの話なのだ。***引用終わり

戦後60余年、未だに米軍基地から日本の国土が開放されないのは、アメリカ政府の方針だけじゃなくて、日本の中に対米従属していたい奴隷根性の抜けないいやらしい人種が存在しているのが原因だということが分かる。基地の排除も大事だが、こういう連中の排除こそ必要なんじゃないだろうか。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-26 15:00

鳩山大石蔵之助説

鳩山首相の決断力のなさは今更指摘するまでもありませんし、高速道路料金問題についても、小沢さんに下げろと言われれば、「はいはい」と言っておいて前原大臣に出来ませんと言われると、「それもそうだ」と結論を先送りにする。とても一国の宰相の態度ではありませんから、今や誰からも呆れられてしまって、与党内からも五月退任説が飛び交っています。私も就任前は期待していたのに、これではダメかなと思ってしまいます。

しかし、これが本当の鳩山さんの実力ではないとする説もあるのです。忠臣蔵の大石蔵之助は主君のあだ討ちを成し遂げるために、敵にその本心を見破られまいとして、本懐を遂げる寸前まで仲間にも本心を明かさずに昼行灯と呼ばれるような馬鹿な振りをし続けました。鳩山さん、もしかして蔵之助の真似?民主党のマニュフェストでは日米関係の見直しが謳ってあります。鳩山さんも就任時、日米の対等な関係構築に務めると断言しています。それがいつの間にか日米同盟重視ということになり、普天間基地は自民党との間で決めた案をアメリカが実行を迫っているということで、もめているわけです。

歴史を振り返れば分かりますが、日本の総理の首などアメリカにとっては猫の首より軽いのです。逆らった総理の首が飛んだ回数は片手では余ります。小沢さんも第七艦隊発言があったように、米軍基地に依存する政策には反対ですから、民主党の代表からは圧力がかかって外されましたが、蒟蒻発言を繰り返している鳩山さん、もしかしてワザと馬鹿な振りして失脚を免れているのかも知れません。敵を騙すには、まず見方からですからね。これが本当なら、かなりの策士で、これならかなり期待できるというものです。というのも、こんなことを言ってる人もいるのです。

外務官僚だった佐藤優さんの発言を引用します。

鳩山外交の計算式  
 永田町にも理科系出身は数多くいますが、すでに数学の論理は忘れて、永田町の掟に従っています。永田町の掟とは基本的に四則演算で、意見を集約し、足して二で割ります。例えば、沖縄県の普天間飛行場の移設問題について、民主党のマニフェストでは基地再編の見直し、日米合意では辺野古沿岸のキャンプシュワブヘの移設、08年の民主党の沖縄ビジョンと沖縄県から立候補している国会議員は県外あるいは国外への移設を主張しています。永田町の論理では、こうした三つの意見を足して三で割り、辺野古沖合への移設が妥当としています。
 
 ところが、鳩山氏には永田町の四則演算が通用しません。鳩山氏は「日米関係の強化」を目的とした一本の目的関数の式を立てます。この目的関数について、鳩山氏はすでにオバマ氏を説得しました。「トラスト・ミー」という言葉がそれです。この言葉には現実的な形で日米関係を最大限強化するという意味が含まれています。オバマ氏も11月14日のサントリーホールでの演説で、日米関係の再確認だけでなく、進化した深い関係を築くことに私たちは合意しましたと述べています。
 
 鳩山氏の目的関数の中には多くの制約条件が組み込まれています。普天間基地移設問題の場合、主要な制約条件はまずネオコン・ファクター。06年に米軍再編について戦略的な絵図を描いていたのはブッシュ政権下のネオコンでしたが、いまでは、このネオコンが著しく後退しています。
 
 二つ目の制約条件は台湾における馬英九政権の出現です。この出現により、以前までの中台関係の危機的状況が、どの程度にまで変化するのか。沖縄県にアメリカ海兵隊が駐留しているのは、台湾海峡と朝鮮半島の危機に対応するためですから、中台関係に変化があれば、目的関数にも影響があります。
 
 三番目は朝鮮半島です。米朝国交正常化プロセスが開始されており、このプロセスにより関数の値は変化します。***引用終わり

本人は宇宙人っぽいし、奥様はスピリチュアル、最近はインドの占いに凝っているという情報も流れています。日本パッシングをしている連中は闇の勢力に近い連中で、本当はライトワーカーのオバマさんと話はついているのかもしれませんよ。いずれにしても五月が楽しみです。皆さんはどうお考えでしょうか?

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-25 12:20

一人が怖い

昨夜のNHK,特報首都圏の話です。今時の若者たちは一人で行動することを嫌うらしい。年代が代わると新人類とか言われますが、我々の時代には一人でいることはそれほど気にはなりませんでしたが、今の若い人たちは一人で食事をしていることを見られることさえ嫌らしくて、学食では一人では食事しませんという学生が多いだけではなく、一人で食事をする姿を見られないために、トイレで食事をするという人も少なからずいました。ちょっと驚きました。

一人で食事をするということは、孤立していて友達や仲間がいないと思われると思い込んでいるようです。自分が孤立していることを知られたくないということが原因らしい。一人で食事をしていると、寂しい奴と思われるのかな。大勢でワイワイ言いながら、食事をすることは確かに楽しいかもしれないけれど、一人で静かに考え事でもしながら食べるのも悪くないと思う。孤立と単独行動とは違うように思います。むしろ、いつも群れてないと安心出来ないとか、行動出来ないようでは人間として未熟なのではないかと思ってしまいます。

携帯のメルアドの数が700を越し記憶容量が足りなくなったので、新しい機種に変更したという女子学生もいました。常に誰かとメールを交換していないと不安になるというのですね。携帯は持たない主義の私なんかからは想像できませんが、ミクシーなんかでもやたらミクトモの数の多い人がいます。自分の思いや行動が、他の誰かと同調していないと不安になるらしい。ツイッターなどで常に誰かに同調を求める。自分の思いや行動に自信がないのだろうか。

生物学的に考えれば、群との同調をしたがる生物は強食弱肉の世界では弱い階級であり、強い生物は単独で行動する。人間とは生物の頂点に立つのだから、生物学的にも精神的にも本来は自立を目指すべきで、自立した上で、互助の精神からのネットワークを構築するのが正しいのではないだろうか。私たちはいろいろな体験をするために、いろいろな違った環境を選んで、生まれてきています。百人いれば百の考え、行動があっていいのです。小魚の群が泳ぐように、全て同じ方向を目指していては個性は消えてしまうのです。

若い人にはもっと自分という存在に自信を持って欲しいと思います。協調すべきときは自己より全体の和を大切にすることも忘れてはいけませんが、いつもはもっと自分というものを押し出して、他の誰もがやらないようなことに目を向けることが大切です。皆と同じように考え、同じように出来たといって、安心しているようでは人生学校の卒業はおぼつきません。他人の目を気にしていては生きてはいけませんよ。奇人、変人大いに結構、学食へ行ったら一人で堂々と食べてきてください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-24 14:53

金融家という名の詐欺師たち

貨幣というものは、社会システムを円滑に循環させるためには重要なツールではありますが、使い方を間違えると貨幣自体が一人歩きを始めてしまって手に負えなくなり、ツールであったものに人間が使われるようなことが起こり始めます。ここのところ世界中で起きている金融問題は、今まで私たちがお金というものに対して持っていた既成概念を覆す要素があります。私たちは本当にお金とは何かを知っているのでしょうか。

「お金のしくみ」を読むと、金融家たちというのは本当は詐欺師の集団ではないかと思えてきます。人間の欲望を利用したのが銀行の仕組みであり、不安を利用したのが保険の仕組みです。お金を貸し借りして利息を取ってもいいというのは、世界で最も古い宗教であるバビロンに元を発するユダヤ教だけであり、この仕組みが正等な考えであることを長年に渡って世界の常識となるように洗脳してきたのが闇の力です。

金融の仕組みはすべてロスチャイルドが作ったというのは、ちょっと大げさかもしれませんが、ユダヤ金融がその始祖であることは間違いないでしょう。その力が今、急激に衰えてきています。もう少しのところで世界制覇でしたが、その寸前で金融工学なるものは破綻したのです。最後まで残っていたゴールドマン・サックスにも司法の手が伸びています。

ゴールドマン告発
銀行家の告発

世界的な財政危機が銀行家たちの大きな失敗によってだけで起こったのではないということが、今や、明らかと鳴った。新しい金融の複雑さが、広範囲にわたる組織的な詐欺の機会を提供しているのだ。
金曜日に発表があったが、世界的な投資銀行ゴールドマンサックスがアメリカの規制当局から詐欺の容疑に民事告発される見込みだ。まさに、これは、世界中で行われている金融機関に対する告発や逮捕の一連の捜査の一環で、その最新のものである。

ゴールドマンサックスに対する容疑は次のようなものだ。
ゴールドマンサックスの副社長Fabrice Tourreがヘッジファンドのクライアントであるポールソンの指示を受けて、価値の無いサブプライム住宅ローンを詰め込んでくずの金融商品を作り出し、それを価値が無いと知りつつ投資家に売り、ポールソンがそのくずの金融商品で利益を得るようにさせた。

2010年3月 アングロ・アイリッシュ銀行のSean Fitzpatrickがダブリンで逮捕。銀行からの数百万ポンドのローンの詳細を公表しなかったため。

2010年4月 Northern Rockの元重役、David BakerとRichard Barclayが£504,000と£140,000の罰金を受ける。国有化に先立って、故意にアナリストを惑わせたため。***転載終わり

汗を流した労働の報酬としてだったり、商品の代価だったりしているうちは、お金にも価値がありますが、一人歩きをしているお金を頼りにするようになると人間は堕落していきます。お金持ちに人格者は少ないものです。次元が上昇した世界にはお金はありません。世界はそんな世の中に向かって進化していることを忘れないでください。生きていくうえで必要な額以上にはお金はいらないのです。必要以上な欲を持っても、それはあなたの心を貶めるだけです。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-23 13:50

新聞読んでいますか

若者たちの活字離れが進んでいますので、新聞も発行部数が減っていると思われます。今では新聞は読まなくても、情報はいくらでも入手できますが、私のように古い人間は朝食時に新聞を広げないと、なにか落ち着きません。それで朝刊だけを取っています。私の読んでる新聞は東京新聞、昔の都新聞で、中部日本新聞社の系列です。一ヶ月で2800円です。私の出身は愛知県ですから、ぴったりです。

政治、経済に関心がありますから、いろいろな新聞を読みますが、(今ではネットでも読めますからね)古くから新聞というのものは、世論形成に深く拘わってきました。新聞ラジオが唯一の情報ソースでしたからね。今でもネットをやらない人や中年以上の人には新聞は大きな影響を与えていると思います。ほとんどの人は自分の取っている新聞しか読みませんから、毎日読んでいるうちに、その新聞に自分の思想が大きく影響されていきます。その点で、新聞は洗脳機関としても作用しています。

それをうまく利用したのがCIAなどの情報機関で、戦後の日本人の思想をうまくコントロールしてきた新聞として読売新聞があります。創立者は正力松太郎で、読売では大正力などと奉っていますが、彼はCIAのエージェントでしたからCIAから援助を受けて、新聞を発行したり、テレビ局の設立などしてきました。息子が後を継いだのですが、あまりにアホで、代わりに補佐していたのが渡辺恒男氏、通称ナベツネです。

戦中、戦後アメリカと通じていた吉田茂などと同じ穴の狢、売国奴です。その流れを継ぐのがナベツネで、立ち枯れ党の設立にもシンタローなどと拘わっています。こういった人々を右寄りだと言うのでしょうか。アメリカのポチを愛国者というのでしょうか。アメリカはイルミナティーに乗っ取られた国ですから、アメリカの意向を日本人に洗脳してきたこの人たちはイルミナティーの手先、闇の力に手を貸していたといっても間違いではないでしょう。

朝日新聞といえば、昔はリベラルを売りにしていましたが、論説主幹が船橋洋一になってからは、完全に親米路線に転向しましたね。サンケイもアメリカの代弁新聞で読む価値なし。毎日はまだ踏ん張っているようですが、私の推薦するのは東京新聞、現在の新聞のなかでは一番リベラルだと思います。それでも、肝心要のことは書きませんから、マスゴミと呼ばれても仕方がないでしょう。ヘッドラインだけ読んで、詳しい真実は自分で調べるしかありません。新聞ジャーナリズムは死んだのです。代わりにネットで情報を手に入れることが出来るようになりましたが、鵜呑みにはできません。自分のスタンスを自覚して選択するようにしましょう。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-21 09:39

人種差別発言

一時期、この人に似ているといわれて不快な思いをしたことがあります。東京都知事のことです。一応芥川賞作家ですからインテリなんでしょうが、上から目線でエラソに喋るがプライドが高いだけで意識レベルは相当低い。帰化した人がどうだっていうのでしょうか。

白人との混血については問題にしないくせに中国人や韓国人だと、いかにも日本人が上みたいな発想自体西洋コンプレックスの塊ではないのか。立ち枯れ党のブレーンを気取ってるが、日本の右翼なんてのも危ないものです。児玉誉士夫や笹川良一だって出自は怪しいとリチャード・コシミズは言ってる。自分はピュアだと思ってるかもしれないけれど、元をたどれば怪しいものです。こんな人間に限って銭儲けの話になるとグローバルだとか何とかいってユダヤ金融の奴隷になってることが多い。

人は皆、大霊の分身です。神の前では全て平等なのです。これが人権の基本でしょう。人種や国籍や肌の色、性別で差別発言をすることは人の上に立つ様な者がしてはいけません。日本国籍がないものに日本の国政選挙権を付与することには反対ですが、永住していて日本国籍を取っているのなら、参政権を付与することは当然でしょう。自分が外国で国籍を取得しても、参政権を貰えなかったらどんな気持ちになるでしょうか。


石原知事“帰化”発言、福島氏が撤回求める

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-20 15:52

時間についての考察

時間が速くなっていることについては前にも書きましたが、近頃、益々その感が強くなってきたように思います。この世における時間とは過去から現在、未来へと流れる直線的な時間ですが、次元が上がれば時間とは現象の変化としてしか捉えることができません。原因を作ると、必ず結果として現象がおきますが、その間隔がなくなってしまうので、時間は存在しないといわれるのです。しかし、この三次元の世界では、原因を作っても結果が出るまでの間隔が長いので、結果として現れた現象を、何時の何が原因で起きた結果なのか分からないことが多いのです。長いものでは過去生に作った原因が今生で現れるというようなことは、いくらでもあります。過去生の記憶はありませんので、理不尽な現象が自分の身に起きると、何の因果かと悩むわけです。

それが、次元の上昇に伴って、結果が早く出るようになっていきます。完全にアセンションすれば、原因となる思念を思う前に、結果が分かりますから、もうカルマからは開放されるでしょう。高次元の世界にも、原因と結果の法則はありますが、悪しき結果であれば瞬時に判断できますから、分かって原因となるような思念も持たないでしょうし、行いもしませんから、業と呼ばれるようなカルマを作ることはなくなるのでしょう。

時間が早くなっていると言っても、機械的な構造と電気エネルギーで動く時計の針が速く進むというわけではなさそうですが、原子の振動率(周波数)で速さを決めているような時計は速くなるでしょうね。私が、頭を悩ませているのは、そうなると絶対時間というものの決め方ですね。高次元には時間はなくて、現象の変化だけだといわれているのですが、数字がなくて、常に永遠の今といわれても、歴史を教えるのにもこまりますねえ。相対的な世界の思考に慣れてきているので、基準がないと落ち付きません。なんかわけの分からない文章になっていますが、時間について考え出すと、いつも頭の中がぐしゃぐしゃになってしまうのです。もっと意識が拡張しないと理解できないことなのかもしれません。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-04-19 15:09



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧