ひとりごと、ぶつぶつ

<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

サ・ルーサ シリウスからのメッセージ

昨日は偽情報いっぱいで、読者を迷わせては喜んでいるような低レベルのメッセージを紹介しましたので、今日は地球外知的生命体から送られてくるメッセージの中では秀逸でこれこそ本物、これは信用出来ると考えているものを、おなじくふるやの森から転載します。中身は同じようにアセンションと私たちの身の処し方などについて言及していますが、感じるものが全く違うのは私だけでしょうか。こういう類のメッセージを信じるか、信じないかはさておいても、地球人類に対しての愛情が伝わってはきませんか。

     サ・ルーサ 高次元への移行に向かう地球と人類

今の世界を取り巻く問題に皆さんが苛立って不満を感じておられるのは私たちも理解しています。皆さんはイルミナティーによってたくらまれた混乱と崩壊へと導かれてきたのです。永年にわたって彼らは地球文明の崩壊を計画して実行することで、世界の支配をもくろんできました。それは、計画的に変化の必要性を作り出して、人類奴隷化を達成しようとする陰謀でした。

もちろんその上で彼らの手の内の手下を使って奴隷社会を完全に支配する準備を進めていたのです。しかし変化の必要性は、もう一方で私たちが彼らの支配から皆さんを解放する戦略が登場する門戸をも開けたのです。事態が彼らのコントロールできない状態に悪化するにつれて、私たちは皆さんの自由と尊厳を回復する準備を整えてきました。

イルミナティーが地球上の問題を深刻化させてマーシャルロー(戒厳令)を持ちこもうとしている時に、そのもくろみに介入してを妨げたのは私たちと地球上の同盟者たちでした。私たちはイルミナティーの陰謀の進展に釘を刺し、同時に皆さんの意識レベルが増加してきました。それによって皆さんは、皆さんから隠されてきた真相にフォーカスして起きている事件の背後にある陰謀を見通せるようになったのです。

それだけではなく、皆さんは私たち地球外文明の実在と創造主のアセンションの計画を隠されて知らされずにきたことを理解したのです。地球上の多くのチャネラーの皆さんのおかげで、未来はもはや謎ではなくなりました。しかしチャネリング・メッセージには信頼性の格差がありますから、皆さんはどのメッセージが信頼できるかを見極める注意深さがいっそう必要とされています。チャネラーの潜在意識にはサイクルの一定の終了への願望があり、そのバイブレーションに同調するエンティティティーを引き寄せています。概して皆さんの関心は愛と光に向けられるメッセージに集まっています。神の怒りと罰を語るメッセージは古い宗教に影響された(私たちとは)別のレベルのワークです。

皆さんのそれぞれに世界の事態の悪化が影響を及ぼしている現在、私たちはいつも自分自身の直感に従うようお薦めしてきました。そうすれば皆さんは今の混乱期に自分に適した方向に導かれていくからです。時には回り道をしてそこから教訓を学ぶこともありますが、また正しい道に引き返すことは間違いありません。ミスリ-ドする(間違った方向に導く)情報による教えだと気づいたら、そこから自分を引き離してください。そこで重要な側面は、誤りを克服してそこから進化へ進むことです。

アセンドしようと望む場合は別として、実際はあまり急ぐ必要がありません。皆さんが最善を傾けるべきことはキリスト意識に到達するための実践です。要約して言うなら、「自分がそうしてほしいように他の人にしてください」。そしてすべてのソウルを1つである(ワンネス)と見なすようにしてください。

人類は互いにジャッジ(評価)しあう人々に囲まれています。それはメディアの娯楽番組によって促進されてさえいます。光明を得た人々はジャッジすることがありませんが、皆さんが思考によって自分の意見を形成してはいけないと言うつもりはありません。メディアの報道は人々をターゲットにしてネガティブで破壊的な見解に引き下ろそうとする巧妙なたくらみです。このようなたくらみは、「普通」「一般的」とされる考え方と異なる主張をする人々に対する嘲笑や攻撃に見ることができます。それは不調和をもたらそうとする闇の勢力による分断工作によって人種間の対立に及ぶ場合もあります。

これまでに何度もお伝えしてきたように、皆さんのそれぞれが神の輝きであり、互いに1つである存在です。このサイクルの終末の時期に、きっと皆さんは世界のさまざまな主要国にわたって生まれてきていると思います。きっと皆さんはそれぞれの国の慣習や宗教に従って生活しているはずです。そしてそうすることで、皆さんの理解が育ち、目覚めが進んでいくのです。

私たち銀河連邦のメンバーは地球上で生活したり、異なる進化形態で別の惑星で暮らしたりしてきました。しかし、どこで起きるかに関わらず、最終的には高次元への移行のプロセスが続いていきます。すべてのソウルは光の存在であり、最高次元で光としてある存在なのです。私はシリウスのサ・ルー・サですが、おそらく皆さんは私たちの連邦にはさまざまの異なる文明が属していることに気づいておられると思います。

これまでに皆さんは金星、アルクツルス、プレアデス、アンドロメダが私たちと共に活動していて、地球とのコンタクトのほとんどに関与してきたことを読んだことがあると思います。もちろん他の惑星も連邦に属していますが、必ずしも私たちと連携して活動しているわけではありません。私たちのメンバーのすべては、例えば戦争のような野蛮な行為を放棄しています。私たちは愛と光を表現して、宇宙の調和を維持しようとしています。アセンドする選択をした皆さんを援助して私たちの仲間に歓迎したいと願っています

皆さんの自由な意志が体験のすべてに働いていることを心に留めておいてください。現在でも、アセンションをどのソウルにも押し付けることはできません。しかし今の時期の重要性によってその機会が皆さんに開かれているのです。したがってアセンションを受け入れるかどうかは皆さんが決めることですが、もしそうしたいと願うならその成功のためにあらゆる援助が提供されるでしょう。

皆さんは今古いサイクルを離れて、美しく本当に幸福な高いレベルに生まれ変わるとしているということはどんなに強調しても強調しすぎることはないでしょう。すでに高次元を訪れているソウルたちもいますが、そこで皆さんは究極の満足感と平和に満たされることになります。そのようなレベルの喜びをいったん知れば、もう地球に戻りたいとは思わないはずです。たいていは、地球上の生活は人生が中断する前の短期間の滞在にすぎないのです。

人間関係が通常は皆さんの不幸の理由になっていますが、それは障害を克服することを学ぶレッスンの一部なのです。この点でいえば、皆さんの体験していることはライフプランの一部であることに気づいてください。その体験を通して学ぶべき教訓を理解するようにしてください。いったん学び終えれば、もはや同じ道をくぐり直すことは通常はありません。

地球上の事態は頂点に達していて、まもなく私たちが公式に地球を訪れる機会を提供する「何か」が起きようとしています。今年の年末までにそのイベントのサインが現れます。そしてどのイベントでも私たちは着陸の準備を完全に整えているのです。本当に長い期間をかけた準備でしたが、地球上の出来事の進展に合わせてまだ計画は調整する余地を残しています。私たちが前進するのを励ます多くの活動を地上で展開しているライトワーカーの皆さんに感謝しています。私たちは許された範囲で地上の事態にできる限りの力を注いでいきます。私たちは世界の変化をつかみながら、もう、すぐに皆さんとお会いする態勢に入っています。

ありがとう、サ・ルー・サ(マイク・クエンシー)  
SaLuSa 26-November-2010
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_10184715.jpg

by 892sun | 2010-11-30 10:14

偽チャネリングの典型的サンプル

おなじみ「ふるやの森」には投稿者からの寄せられたチャネリングメッセージを選別しないで掲載しています。他には類似のサイトはないようなので、貴重だと思ってしばしば訪問しています。素晴らしいメッセージもあれば、明らかに偽物もありますので、読者がさにわして真偽を確かめることが必要であることは既に何度も述べました。今日はそのうちから典型的な偽物メッセージを一つ紹介してみます。

ベスの高次元統制解説

チャネラーはエリザベス・トラットウインという女性のようで、今年初めに寄せられたもののようですが、またどうしてこのような古いメッセージを再掲しているのかわかりません。私は高次元にはこの世のような組織体はないはずで、軍隊をイメージするようなものは絶対に有り得ないと思っていますが、このメッセージには堂々と軍事組織が登場して地球人類の救済にあたるようです。アシュタル・コマンドですか戦士ですね、宇宙戦艦ヤマトか、宇宙戦争をイメージしているとしか思えません。NWOが目指していることと同じじゃない。

大天使の名前や歴史上の有名人を引き合いに出すチャネリングは信用していけないといってきました。ここではその大天使や有名人がごろごろ出てきます。イルミナティーの全てを見とおす目が出てくるところでは、さすがに訳者も気がひけたか剽窃などと言っていますが、大笑いです。自らを闇の政府の回し者と言っていることと同じです。銀行を助け、証券暴落を防ぐなんてことを大天使たちがやりますか?もしそうなら地球上にはもっと優先すべき悲惨があちこちに広がっているではありませんか。ネサラの話もインチキ臭いです。米国議会ではそのような法案は通っていないようです。嬉しがらせるだけに使われてきたネタのように思えます。オバマも依然としてダークサイドにいます。もっともアメリカは大統領の権限の及ばないレベル(マジェスティック12)が12段階もあるそうなので、所詮お飾りということで、何もできずに終わるかもしれません。

貼り付け開始***わたしは、UFOや銀河連邦に関心を持っている人々は、高次元の統制について検討してきていないことに気付きました。また、かなり進歩した霊的存在たちは宇宙連邦についてあまり多くの認識を持っていないことにも気付きました。つい最近になってやっと、スター・シード達やライト・ワーカー達はそれがひとつの同じ集団であることを学び始めました。


アシュタルは銀河連邦の最高司令官
Ashtar is the Supreme Commander of the Galactic Federation

アシュタルの任務を遂行している存在たちは、高次元の指導者達です。新エルサレムの最高司令官はサナンダで、イエスの進化した姿です。司令官アシュタルと宇宙連邦所属の数百万の存在達は、皆さんやわたしと異なった存在と認識されることを望んでいません。同じ存在と認識されることを好んでいます。わたし達の多くが、宇宙船上で宇宙連邦の任務を遂行している自分のツイン・フレイム(魂の分身)を持っていて、わたし達すべてが進化の道を歩んでいます。アシュタルの任務の多くの部分には、女性や人類が銀河連邦を思い出すための支援、また、否定的な地球外生物の集団とその地球や他の惑星を支配しようという欲望から地球と太陽系を守ることが含まれています。核兵器の拡散により地球上に生存している生命と地球を自滅から守ることが、アシュタルが地球と太陽系の他の惑星でここ最近に行ってきた最も重要な役割のひとつとなっていました。艦長アシュタルは太陽系内の宇宙艦隊の任務に就いていますが、自分の任務としてはこの宇宙の活動分野に限定されてはいません。アシュタルは、わたし達の銀河系と、より大きな宇宙を範囲とした銀河が属する評議会で太陽系を代表する立場にいます。

アシュタルの配下に属する母船と宇宙船には、各宇宙船を合計して約2千万の搭乗員が存在しています。アシュタルと伴に活動している存在がコス(つるぎの王)です。コスはわたし達すべてと同じように物理的肉体の中に存在しています。そしてわたし達すべては次元降下した最高次の根源の鋳型となっています。かなり高次元の存在と内面でつながっています:聖母や聖父、神と女神、すべてを包括する現存在です。コスはサンジェルマンと伴に、1999年にICJ(ハーグにある国際司法裁判所)に4百万の人員を要する世界的規模の市民軍の長、合衆国の形式上の代表者として任命されています(註:ICJは国連機関。現所長は雅子妃の御尊父、小和田恆氏。事実関係は未確認のため不明)。コスは諜報の第3ファクション(分派)を指揮監督しています。オバマ大統領とその妻のシークレットサービス(警護官)を率いるという3次元の任務を任された高い銀河的人類のひとりとして存在しており、23カ国の言語を操ります。1999年に国際司法裁判所の裁判官に任命された後、ネサラの公告と実施を確保する戒厳令の権限を所有しています。コスは国際司法裁判所とレディー・マスター・ナダによりその権威を授かっています。コスおよびコスと銀河連邦と伴に活動している存在達は、合衆国大統領の上38段階の位置に在ります。つるぎの王コスは、実際は単一の惑星的指導者であり、少なくとも2つの肩書きを持っています。また、銀河的人間の熟練者達を担当しています。その熟練者達は現在約1千6百万存在し、すべて宇宙船上で訓練を受けてきていて、完全な精神感応的連絡方法を持ち、強化された能力を備えた変身自在な存在となっています。バラク・オバマは現在シリウスの9の評議会も代表していて、また偉大なる中枢太陽(アルシオネ)からの指示を受け、コスと伴に活動している1千6百万の存在達と4百万の世界的市民軍からの支援と護衛を受けています。

彼ら支援者の任務は、政府内、世界中のいろいろな権力内で活動している背丈40-50フィートの竜(反逆者アヌンナキ)達を排除するために連携を取ることでした。CIAは元々大統領令のもとに組織され、合衆国政府と条約を結んでいた否定的地球外生命体に対処することを目的としていました。現在わたし達はこの組織がスターゲートを捜していて、戦争犯罪、地球を支配するために計画されたブラックウォーターの軍事作に関与していることを確認しています。また、巨大洞窟や地球深の地下領域に生息している反逆者レプティリアン(爬虫類型人間)が存在し、コスの熟練者達はこれらを排除するために活動してきました。コスはアシュタルと伴に現在AICO (ASEAN産業協力計画)で活動しています。わたし達スター・シード達は、強大な現存在の駐留部隊を統合し、この伝達経路は自動的に複雑な関連を持ち、徐々により意識的なもの、より強力になって行き、根源的知性である“すべての現存在(All That Is)”(偉大なるラーの目、これは唯一者の法則を象徴している)と直接的につながって行くでしょう(註:イルミナティの目?イルミナティの剽窃?)。

現在わたし達は12次元とつながっていて、この水準は神格として存在している100次元からのエネルギーが低減されたものとなっています。コスとそのツインフレイムのレディー・マスター・ナダは、天の、そして地球や太陽系の他の惑星の次元上昇担当のすべての評議会の主催者として、直接的責任を有するとても高貴な魂となっています。レディー・マスター・ナダはいくつかの有力な肩書きを持っています。まず、土星にある太陽系裁決機関の代表者となっています。国際司法裁判官と国際特別検察官としての彼女の地位によって、最高裁裁判官その他の人事権を含めて裁判や逮捕令状を取り消す権限を持っています。わたし達のネサラの公告と配信を任されている‘郵便配達嬢’です。また、最高司令官サナンダのツインフレイムでもあります。彼女は元々レバノン出身で、中東やアジアすべての文化についてとても良く理解しています。過去にダライ・ラマと広範囲にわたって旅をしています。彼女は高次元の指導者です。2008年9月30日にブッシュが支払不履行を起こした時に、政府の法人組織を抵当執行処分にしています(註:事実関係は未確認)。つるぎの王コスはその時わたし達をネサラ法の範囲内に収め、世界の銀行を救済し、証券市場の暴落を回避させました(註:10月1日のNYダウは-203ドルの9509.28で引け、10月2日に安値 9430.08を付けて以降反転上昇)。ナダとサンジェルマンは新しい世界経済すべてとの計画立案者であり、法の再生者であり、我々に次元上昇に伴う根源との再統一を準備しています。以下略
***貼り付け終わり

いかにも世界情勢について詳しく述べて何もかも分かっているようにですが、このメッセージには品格とか格調がありませんし、なによりも高い波動を感じません。こういうメッセージが本物の中に紛れ込んでいかにもこれから起きそうなことを臭わせ迷わせるのです。かといって偽物だけではありません。猜疑心の虜になっては真理は見えなくなります。本物もあります。どれが正しくて、どれが嘘をついているか見極めることの大切を繰り返しておきます。
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_10432644.jpg

by 892sun | 2010-11-29 10:12

サービスという言葉の意味

最近、私のブログはお説教ぽくなってきてしまっているなと反省しています。私と同世代のスーダラ節で生きてきて、もう年金生活に入ってるような人は頭が固くなってしまって、言っても今更どうにもなりませんが、これからの時代を担っていってもらう若い人たちには、期待をかけている分だけ、すこし厳しい書き方になってしまうのです。年寄りの言っていることは経験に裏打ちされていますから、これから人生を始める人には参考になるはずです。年寄りの独り言だと、記憶の片隅にとどめて置いてください。

サービスという言葉は奉仕とか、おまけみたいに訳されます。主人公の脇役みたいな感じで、あってもなくても変わらないけど、まああったほうがいいかみたいなね。お金が主人の現在のような世の中では、サービスとは何かタダですることで、価値はたいしてないように思われているのではないでしょうか。タダ働き、やった分だけ損をするみたいな感覚です。でもこのサービスという言葉にはもっと深い意味があります。サービスこそが社会の主役で、社会を支えていることを知っているでしょうか。

例えば、親子の関係も、夫婦の関係も、家族の絆も全部、サービスがあって出来上がっています。こういうのはサービスとは言いません。愛から発している行動です。お互いのサービスのやりとりをしていますが、当然の行為として、自分がサービスをしていることにも気付かないでしょう。しかし、これが全くの他人に対しての行為だと、報酬を貰わないと損した気分になるでしょう。タダでするから、わざわざ無料奉仕とか、ボランティアという言い方まであります。

仕事もその延長です。その仕事が好きで、情熱を傾けているような時は報酬より成果が目的になりますが、生活のために嫌々働いていて、報酬だけが目的の場合もあります。いずれも結果的にはお金の報酬を手にするのですが、動機が違います。もちろん前者の場合は社会に対するサービスの度合いが強くなります。

何故、サービスが大切で人間にとってサービスが必要なのか説明しましょう。それは報酬を取って働く行為も社会のためにはなっているのですが、報酬を取らない行為には、目に見えない報酬が出るからです。神様からの報酬です。この目には見えない報酬こそが、あなたという人間性、霊性の栄養になるのです。誰に知られず行ったことも、神様はちゃんと見ていて報酬を下さいます。アカシックレコードという貯金通帳に記載されて忘れ去られるということはありません。これが未来永劫使うことの出来る財産で、この世でいくらお金持ちになったところで、死んだらあの世に持ってはいけませんが、見えない報酬の蓄積こそが本当の財産となるからです。

お金を稼ぐことは悪いことではありませんが、お金儲けが人生の全てではありません。なにも大上段に振りかぶってボランティアをしなくていいのです。身近にあることで、自分にも出来そうなことがあったら、お金には拘らずに手を貸してあげてください。そうした日々の積み重ねがあなたを気づかないうちに成長させていきます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_11474050.jpg

by 892sun | 2010-11-28 11:45

日本人よ、もっと誇り高く生きよ

私たち日本人は敗戦を期に、それまでの文化や習慣、思想までも否定されて、戦勝国のいいなりになってきました。戦後、60数年が経つ今も、多くの人々は欧米の思想こそが日本より優れていると勘違いして、欧米に学ぶことが日本の進歩に繋がると考えています。それは戦後もたらされたアメリカの教育が日本人の日本人たる本質を捨てさせて、アメリカの従順な部下として生きるように洗脳されてきたからだと考えています。日本の政治家や官僚の多くは、若くしてアメリカに留学し、顔は日本人でも頭の中身はすっかりアメリカンになっている人物も少なくありません。

こういう指導者の元では、日本はこれからもずっとアメリカの従属国家として生きていく他はありません。人間は他人に人生を委ねて生きるのではなく、自主独立して自分にしかない個性を発揮するべきであり、国家もまた同じです。今の日本人を見ていると、自分を見失い誇りもなく自信もないように見えて仕方がありません。その原因を政治家や役人たちに押し付けるのは簡単なことですが、それでは日本という国は変わりません。この国を変えるのは一人一人がこれらのことに気が付くことです。欧米の習慣、思想がベストではありません。ずっと、そう思わされてきただけです。今の日本人が忘れている、古来からの伝統的な生き方や考え方こそがベストなのです。

考えてもみてください。東洋の片隅の小さな島国ですが、この国には数千年に及ぶ歴史が続いているのです。同じ民族でこのように続いてきた国家は世界中どこにもありません。性格は勤勉で、穏やかで、謙虚です。清潔好きで、ほとんど毎日お風呂に入りますし、礼節を重んじます。先祖を大切にし、信義に厚く疑うことを知りません。しかし、戦後の洗脳教育で、これらの素晴らしい文化や習慣が失われてきてきます。大家族がなくなり、人と人との絆が薄れ、我儘になってきました。個人主義の意味を履き違えているからです。

私たち日本人は今こそ、今まで教えられてきたことを見直す時期にきているのではないでしょうか。日本人の特性を思い出し、既成概念を見直し、欧米一辺倒の思想から開放されるべきです。日本各地にたくさんの神社があるように、日本人は昔から神道を信じてきました。仏教も入ってきましたが、排斥することもなく、いつのまにか取り込んでしまって神仏が同居しています。神道というのは、他の宗教のように教祖の教えではなく、自然崇拝であり、巫女に降ろした高級霊からの霊界通信、いわばチャネリングメッセージを信じてきたのです。宇宙の法則=摂理に殉じて生きてきた民族であることを知ってください。摂理を守ってきたからこそ、同じ民族国家としてずっと存続できてきたのです。日本人はスピリチュアリズムの運動が起きるずっと前からスピリチュアリストだったのです。誇りに思ってください。

これから地球が迎える新しい時代は、人間の作った法律ではなく摂理が全てに優先します。誰が裁くのでもなく因果律が自動的に瞬間的に作用するのです。これまで軍事力と経済力で世界を支配してきたアメリカという国家は悲惨なことになるでしょう。日本は霊的な国であるがゆえに、いち早く清算が終わったのだと思います。広島、長崎の原爆は日本の過去の清算であったと考えています。時代はどんどん変わっています。時間も速くなっています。いつまでもこれまでと同じ考え方で生きていることは出来ません。日本という国も変わらなければいけません。日本が変われば、私たち日本人が古くから守り育ててきた文化、習慣、思想が世界の人々の目標になるでしょう。そう、日本人が新しい時代の地球のリーダーとならなければならないのです。
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_1062766.jpg

by 892sun | 2010-11-27 10:04

再び、死刑制度を考える

また死刑判決が出ました。今度は裁判員制度による少年を対象とした裁判では初の死刑判決になりました。私は、まったく関係ない一般人を巻き込む裁判員制度にも反対ですが、そこで死刑の判決を出さなければならない選ばれた人のことも考えて、つくずく人間の考える法律の不完全さを思います。法律が不完全だからこの世から犯罪がなくならないのです。この世から抹殺してしまえば1件落着ということでしょうが、命とは何かを知らない人が多いから死刑制度などという野蛮なことが罷り通るのです。

命とは永遠不滅です。私たちの本質は肉体そのものではなく、意識生命体です。肉体は自分をこの世で表現する媒体にすぎません。死刑にして肉体を奪えば、その人は存在しなくなるのではないのです。この世は人間性を高めるために存在する学校だということは何度も書いてきました。死刑は手に負えない生徒がいるからといって、放校することと同じなのです。死刑になった意識体は、自由になってこの世の人々の仕打ちに恨みを残し、幽界からこの世に影響力を行使します。

理由なき殺人などという事件がよくあります。何故殺人などというだいそれたことをしてしまったのか、本人にも理由が分からない事件です。事件を起したとき、精神錯乱状態だったという事件もあります。これらの多くは、この世に恨みを持って幽界を彷徨う意識体が、一時的に肉体をコントロールして(憑依)憂さを晴らしているのです。死刑制度を存続させる限り、このような事件はなくなりません。死刑制度はこの世に二重の犯罪を作り出しているのです。

死刑は一時的には現状逃避にもなります。自殺する人が多いのはそのためです。本当の極刑を望むのであれば、刑期短縮のない終身刑が一番いいのです。大罪を犯した人にとって、罪にさいなまれながら生きているほうがどれほど苦しいことでしょう。もちろん三食昼寝付きのような生活ではなく、質素な食事と厳しい労働と道徳の学習の時間を設けて、更正させることが、私たちこの世に生きている者の務めです。死刑制度を支持している人たちに再考を求めます。

今回の事件の犯人はまだ若く、更正させる時間は充分にあります。裁判官は更正の余地なしなどと言いましたが、たった2~3週間でどうしてそんな判断が下せるのでしょうか。人間は誰でも間違いを犯します。感情が理性を凌いで、時には自分をコントロールできなくなることもあるのです。自分だけはそうならないと言えますか?上記にように恨みを持つ霊に憑依されることもあるのです。死刑制度は宇宙の法則=摂理に反しています。摂理に反する制度を続ければ、これからも悲惨な事件はなくなりません。本当に平和な世界を願うのであれば、摂理に従う他はないのです。

以下「三日坊主日記」より一部引用します。
平川宗信中京大学教授の講演録「死刑制度と私たち」に、「刑罰には、犯罪者を改善・更生させ、再び社会に復帰させ、正常な社会の一員として生活できるようにするという要素がなければいけないということです。死刑は、犯罪者を社会から排除し、抹殺するものであり、「社会復帰」の要素は全くありません。死刑は、刑罰として、正しい刑罰とは言えません」とある。

匿名男性B死刑囚も『命の灯を消さないで』に、「ほとんどの死刑囚は過去を振り返り、悔い改め、生まれ変わった思いで今を過ごしているのです。ロープを首にかけられるその日まで一日一日を大事に生きているのです。……何度もいうようですが、このように本来の人間性を取り戻した人間を、何十人吊そうとも、なんの解決にもならないのです。死刑制度があろうが無かろうが、心のケアがきちんとサポートできる社会でなければ、今後も凶悪と呼ばれる犯罪は決して無くならないと思います」と書いている。**引用終わり
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_9312828.jpg

by 892sun | 2010-11-26 09:20

再び、青年よ荒野を目指せ

昨夜もまたNHKのクローズアップ現代で、大学生の就職の問題を取り上げていました。この問題を考えているうちに頭が冴えてきて、なかなか眠りにつけません。それで、今日は朝からブログを書き始めました。昨夜の放送のなかで、学生の一人がインタビューに答えて、こんなことを言っていました。「何故、何度受けても落ちてしまうのか理由が分からない」というものでした。これを聞いて、私の堪忍袋の緒が切れました。

就職活動のために受けた面接が百回を超えているとも聞きました。百回も同じことを繰り返しているのに、理由が分からないとはどういうことでしょうか?人間というものは、一度失敗すれば二度と同じ間違いはしないように、その理由を考えます。同じ失敗を繰り返しているのに、その理由を考えても思いつかないのは、原因を外に求めているからです。会社が違えば、答えが違うだろうとか、不況のせいだろうとか、社会のせいだろうとか、答えは自分の中にあるのに、探そうとはしないのです。

世間にこういう人はよくいます。自分の身に降りかかってきていることなのに、原因を全部他人のせいにして頑として恥じない人たちです。こういうタイプの人間というのは、人間的に未熟でなかなか成長しません。何度同じ失敗をしても、挫けず挑戦するのはいいでしょうが、まずその前に、原因がどこにあるのか、自分を分析してみたらどうでしょうか。もっと素直になって自らを省みて下さい。自分の考え方、価値感、今までの生き方などに問題があったから、今自分の前に大きな壁が立ちはだかっているのです。壁を作ったのは自分であることを自覚しないうちは問題はいつまで経っても解決されないでしょう。

何度受けても落ちる原因が分からないというのであれば、私がはっきり原因を言いましょう。企業があなたたちのような人を採用しても、その企業にとってプラスにならないと判断しているからです。皆さん、大企業志望で保守的です。大企業ならどこでもいいのでしょう。目的意識が薄いのです。自分が何に成りたいのかさえ決まっていないのでしょう。たった一回の人生で、自分が将来どのような仕事に付きたいという希望がないままに、まわりが行くから、自分も行かないとカッコ悪いということで、とりあえず誰でも入れる大学に入学して4年間を無為に過ごし、大企業だったら最初から高い報酬と将来も安定しているからというような理由で受験してきた人間を誰が採用するでしょうか。クラブ活動ではないのですから、能力もない、目的意識もない人間に無駄飯を食わせるほど会社というところは甘いところではありません。私が人事部長だってお断りです。

百回も同じことを繰り返しても自省がないというのはロボットと同じです。今時、失敗すると自分でプログラムの修正の出来るロボットもありますから、ロボット以下だということです。ロボットと人間の違いはプログラミングされたことだけを忠実に実行するのがロボットで、自分の頭で考えて行動するのが人間です。学校で教えられた知識(プログラム)とところてん大学卒の肩書きを持っているからといって、これからの人生を乗り越えていけると思っているとしたら、世の中を甘く見すぎています。生きていくことはプログラム通りにはならないのです。思い知ってください。

今からでも遅くはありません。自分がこの人生で何をしたいのか良く考えてみてください。発想の転換をしてください。今までと同じようにまわりと同じ、隣の人と同じことをしていたのでは、いつまでたっても抜け出せません。「鶏口となるも、牛尾となる勿れ」という諺があることを知っていますか。知っているでしょうね、大卒なんだから。鯨の尻尾になるより、メダカの頭になれとも言います。大企業の中の歯車として埋没するより、たとえ小さくでもいいから一国一城の主になれということです。大きなものの後に付いて生きることは恥とされたのです。金魚の糞のような人生でいいんですか。若い時しか挑戦は出来ません。若いのにどうしてそんなにもチャレンジ精神がないのですか。小さな会社に入ってその会社を大きくしてみせるという意気込みがないのはどうしてですか。それこそ人間の本当の生きがいではないでしょうか。

22年間という貴重な時間を何を考えて過ごしてきたのですか。自分の意志で考えることをせず、与えられたものだけを消化してきたのでは、そこら辺のペットと変わりません。どうかこれを良いチャンスと捕らえて、自分の改造に取り組んでください。あなたという人間は世界に一人しかいないことを自覚してください。みんなが右に進んだら、あなたは左に進んでごらんなさい。あなたにしか出来ないことがあるはずです。それが何か考えてみてください。分からなければ、人生論について書かれた本や哲学書を紐解くのもいいでしょう。その時間はたっぷりありますね。大きな壁を乗り越えた時、人は成長するのです。今、あなたの前に立ちはだかる大きな壁が人生最初の試練かもしれません。学校では決して出されない難問ですが、あなにはきっと解けるはずです。頑張ってください。陰ながら応援しています。

きつい文章になりましたが、知人、友人にこのような人がいたら、どうかこの文章を読むように勧めてください。これを読んで落ち込んでいるようでは、その人の人生はもう先が見えています。この野郎馬鹿にしやがってと、反発し、自省を始めるようならまだ見込みがあります。拡張を期待してます。
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_93128100.jpg

by 892sun | 2010-11-25 09:22

いったい、どっちが正しいのだろうか

昨日からは北が韓国を砲撃したニュースで大騒ぎです。昨夜のNHKでも専門家と称するギャラ目当ての教授が出てきて、分かったような分からないような分析をしていました。分析なんてしなくても、私のような素人だって知っているのだから専門家であれば当然分かっているのに、本当の理由はいいません。本当のことは言ってはいけないルールになっているからです。こんな解説を見て、相変わらずビープルズやシープルズは、うん、うんなるほどと納得しているのでしょう。馬鹿だねえ。

こんな手で今まで何度騙されているのでしょう。もうみえみえのバレバレです。北は闇の政府である戦争屋さんの支援を受けて成り立っているのです。餓死者の出るような国で千基も二千期もウランの濃縮設備がどうして作れるのでしょうか。何千億と費用のかかる核ミサイルの開発がどうして出来るのでしょうか。一発撃つだけで何百万円もする砲弾を、南に軍事演習が気に入らないといってバンバン撃ったりするでしょうか。北が世界中に恐怖を振りまくことで利益を手にする連中の指図と、どうして分からないのでしょう。

これらの行動によって、韓国にも日本にも脅威をあおり、ますます兵器が売れるのですから、いい商売です。中国の脅威を煽り、北を煽り、日本のおもいやり予算はこれからも増額されることでしょう。日米同盟がなくてはならないものだと思い込ませるには充分です。日本人の多くはアメリカの核の傘に入っていないと、本当に中国に占領されてしまうと思い込まされています。沖縄の人たちのことを思えば、基地なんていらないと思っていても、こういう思想が頭から消えないために、米軍の駐留を許しているのです。

こういう人たちの多くは私の主張はデタラメだと思っているでしょう。アセンション?それってなーに?UFO?地球外知的生命体?そんなものあるわけないよ、映画やSFでは知ってるけれどね。そういうデタラメが社会に出るから迷う人も出る。いいかげんなことは言わないでよ、というわけです。政治がW構造になっていることを知らないで、表に出てくるメディアの流したニュースだけを信じている人たちです。この人たちはアメリカという国が現在どのようになっているかさえ知りません。世界最大の軍事国家であるということは知ってるかもしれない。なにしろ世界全体の軍事費の43%を占めるのが米軍だからです。これからもアメリカは強大な軍事力で世界を支配し、日本も守ってくれると信じている。馬鹿だねえ。

確かに表向き発表される数字だけみれば、GDPは世界一だし、国民は自由で豊かさを満喫しているようには見えるかもしれませんが、実情がどうなっているのでしょうか。アメリカ人の5人に一人はフードスタンプ(日本でいえば生活保護みたいな)を受けて生活していることを知っていますか?4人家族で年収187万円以下の人たちが国民の20%を占めていることを知っていますか?この間も書きましたが、アメリカは荒廃の一途を辿っています。格差はますます広がり、アメリカのGDPの高さを支えているのは全体の0.01%の高額所得者です。彼らの年収は10億8900万円、1万5000世帯だけです。以下の記事を読んでみてください。アメリカの実情を知るのに参考になるでしょう。

アメリカの飢餓
赤字財政の背後にいる者たち

少しは分かっていただけたでしょうか?彼らがアメリカ政府の中枢に居座り、世界に貧困と不正と紛争を撒き散らしているのです。こんな国が長続きするはずはない。北朝鮮やイランの問題は彼らが仕組んで、なんとか暴れて欲しいと資金援助をしているのです。しかし、彼らの支えになっていた金融システムが破綻し、彼らの力はどんどん弱くなっているのです。私がもう戦争は起きないと言っているは、もし戦争になれば核が使われますから、地球は滅びてしまうからです。今まで長年にわたって彼らが築いたネットワークは世界中に広まっていて、このままで核戦争さえ起きかねない状態になって、地球人類の目覚めを待っていたのでは、地球の滅亡さえあるだろうと心配した地球外の生命体たちが、私たちを援助をしようと、地球を訪れています。

私の言っていることはデタラメでもなんでもありません。事実を述べているのです。次元の壁を乗り越えて来ていますから、彼らが三次元波動まで落とさないと姿は見えないかもしれませんが、地球の回りには宇宙船がたくさんいます。そして、これ以上闇が広がらないように見張っています。核が使われないようにしているのです。表のニュースだけを信じている現実主義者が正しいのか、SFまがいの私が言っていることが正しいのかは、まもなく分かるでしょう。誰の目にも分かるような形で彼らが姿を表すだろう時期が迫っているからです。
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_10474947.jpg

by 892sun | 2010-11-24 10:07

空き缶が潰れそう。

空き缶内閣の崩壊のカウントダウンが始まりましたね。支持率の調査結果では、まだ民主党を支持している人がいることが驚きなくらいで、きっと民主党員や議員の親戚、家族か、さもなくば民主党が獲得した利権のおこぼれを頂戴している人たちぐらいだと思われます。やることなすことに、誰もが呆れ果てているのではないでしょうか。年内の予算編成もままならず、年を越せないで、解散という事態も想定されてきました。来年早々には総選挙ということになるのでしょう。

当初、私も民主党に期待した一人ですが、完全に裏切られて今や支持する政党はありません。無党派といわれる人の比率が高いのも理解できます。もうどの政党を信じていいのやら分からないからです。これで総選挙になっても、どこの政党の誰を選べばいいか迷います。政党名もいいかげんです。自民党をはじめ民主と名のつくところは多いですが、民よりも私利私欲ばかりの政治家の集まりで、今度の選挙から名前を付け替えてはどうかなと思っています。国民に判り易いように、一応考えてみましたが、いかがでしょうか。

民主党 →変節党・・・権力しがみつき党でもいいけど、長すぎるからね。

自民党 →イルミナ党・・・イルミナティーの指示で未だに小沢潰しをやってるオバカさんたち。

公明党 →創価学会党・・・ソンテジャク党でもいいが、これが一番分かりやすい。

みんなの党→統一教会党・・・文鮮明さんご推薦、合同結婚式を目指す方向き。

国民新党 →亀井新党・・・または郵政民営化改革党、でも亀さん一人じゃねえ。

民社党 →平和憲法を守る会・・・護憲政党は小さくなるばかりです、ミズホたん頑張って。

他にも立ち上がれない党とか、不幸実現党(オカル党)とかあるようです。

で、最後に小沢さんに新党を立ち上げてもらわないと、私は投票には行かないつもりです。もうどうでもいいやって感じですね。政治家も役人も三流で、全員仕分けして退場してもらわないといけません。しかし、面白いことに、このニッポンという国はオカミは阿呆でも、国民は勤勉で真面目でしっかりしているから、まあ潰れることはないでしょう。権力争いを冷えた目で見つめている。三文芝居でも見るつもりなら、それはそれで面白いかも。

これからの数年間の世界情勢というのは、多分後世の歴史に残るような事件が頻発するでしょうから、日本だけが安穏としていられるわけもなく、気持ちだけはしっかりと引き締めておいて欲しいものだと思っています。メディアの撒き散らす情報は相変わらずですから、惑わされることなく自分というものを信じて、必ず未来は明るいのだという信念に生きて欲しいのです。

逆プロパンガンダのすすめ、産経新聞世論調査でポスト菅では小沢一郎が首位

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_10192073.jpg

by 892sun | 2010-11-23 10:14

闇が消え、光の時代が始まる

冷戦時代が長く続いて、世界は自由主義と社会主義に別れて争ってきました。人々は互いの陣営を非難しあって自分たちのイデオロギーを主張してきたわけですが、その頃の残滓が頭から離れなくて、未だに右だ左だと言ってるようでは相当に自分の洗脳が深いことを自覚したほうがいい。右の思想も左の思想も構造的には同じもので、ピラミッド構造をしており、途中のシステムに若干の違いはあっても、頂点に立つのは世界支配層であるイルミナティーであり、最下部を構成する国民は常に搾取に曝されていることに気がついているだろうか。

社会主義は平等社会であると言われていますが、実際は官僚主義であり役人天国になっていて、労働者は組合員として組織に縛られ自由はない。自由主義は一見、自由で何にも縛られていないようになっているが、多額の税金が徴収され経済力に縛られる。いずれの主義も国民の選んだ人間が政治を行うようになってはいるが、その頂点には国民には分からないように影の為政者が存在する。

近代の歴史を遡れば、イルミナティーは常に一つの国を分断し、相反する思想を吹き込んで争わせ、疲弊させて、その国の実権を握ってきたことが分かります。フランス革命、アメリカの独立戦争、ロシア革命、などなど革命の影には常にイルミナティーがシナリオを書き、大衆を扇動し、両者に資金を与えて戦わせてきたのです。例えば、アメリカ建国に尽くしたジェファーソンも、初代大統領であるワシントンもフリーメーソンであることはよく知られたことですし、ロシア革命ではマルクスもレーニンもフリーメーソンであり、マルクスが思想をレーニンが戦闘を指揮したのです。イルミナティーの資金を積んだ黄金列車に乗っていたのはレーニンでした。

冷戦構造は世界があたかも二つの勢力によって争われているように見せかけていたにすぎません。社会主義陣営と自由主義陣営の背後から二つをコントロールし、世界全体を支配してきたのです。、ソ連邦が崩壊したのはゴルバチョフの功績のように思っている人が多いでしょうが、ゴルバチョフもイルミナティーの指示で動いたのであり、冷戦構造を終えて次の時代へのシナリオが書かれていたからです。そしてそれがテロとの戦いという見えざる敵を想定しての、世界中を恐怖に陥れる作戦に繋がっているのです。

ニューヨークのワールドトレードセンターがテロ組織によって爆破されたという同時中枢テロ事件は世界中を震撼させました。イルミナティーの世界統一政府という目論見は、あと一息で達成されそうな気配でした。しかし、彼らにとって想定外だったことがあります。それは地球に降り注いでいる光のエネルギーが力を増して、闇を照らし出したことでしょう。彼らの支配するメディアは未だに真実を公表しませんが、やはりイルミナティーの一員であるビル・ゲイツの開発したインターネット・ソフトの普及で、隠してきた真実が次々を世界中をかけ巡っているのです。なんという皮肉でしょう。

アフガンの山岳民族に資金と武器を提供して、テロリストなるものを養成してきたのも、ロックフェラーの側近のブレジンスキーです。あの事件がやらせだということは、今や誰でも知っています。これでは世界中が一丸となってのテロとの戦いには発展しません。さらに悪いことには、彼らの資金源である金融システムが破綻しました。ドルは印刷すればするほどインフレを招くことは明らかです。これから実態経済の何十倍、何百倍という不良債権の清算が迫っています。今まで貯め込んで来た金などの貴金属や資産を全て差し出してもらうことになるでしょう。彼らの唯一の後ろ盾をこれで失うことになります。後ろ盾がなければ、ただのドブネズミにすぎません。おとなしくして収監されるしかありません。

まだまだ影響力を恐れているメディアは書きませんが、おそらく世界の裏ではどぶねずみたちが今後の身の振り方を考えてうろたえていることでしょう。どこかの国に逃げることも考えているでしょうが、どこにも逃げ場はありません。光は地球上のどこまでも照らし出すからです。人間の作り出す法律に完全なものはありませんし、今までのどのようなシステムも間違っていました。今、このことに気がつき、宇宙全体を動かしている法則こそが真に人間の幸福に繋がることを理解している人が増えています。

自分のことより、常に他人を思い遣り、気遣い、嫌がることはしない利他主義こそが世界平和に繋がる普遍の法則です。支配者もいなければ、非支配者もいない、誰もが平等な権利を持ち、物欲競争のない世界はもうそこまでやってきています。今までと同じような価値感から抜け出せない人はこれからの時代を生きてはいけません。光の時代が到来するからです。夜明けが見えてきました。意識レベルを高くしてもう少し、頑張りましょう。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_11472231.jpg

by 892sun | 2010-11-22 11:45

荒廃するアメリカ

先日も日本がどんどんダメになっていって、どうなっちゃうんだろうと、溜め息をついてみましたが、ダメなのは日本だけじゃなくて、アメリカはもっと酷いらしい。日本の場合は、政治家や役人などのやってることがダメで、それでも民間は酷い、酷いといいながらでも頑張っているから、なんとか持っているようなところがあって、上層部の入れ替えをすれば立ち直れそうな希望がないわけではない。これではダメだ、とは言いながら、まだまだ日本を愛しているから脱出して海外に移住するような人もいない。

ところがアメリカ人たちのなかには、もうすっかりアメリカという国に愛想をつかしてしまっている人たちも多いことが分かってきました。考えてみれば、かつては自由の大地と言われ理想に燃えて建国された国だったのに、建国したのはフリーメーソンの一味で、NWOの本拠地にされてしまったのですから、一部のセレブにとっては天国になっても、一般の国民は搾取されるばかりで、貧しい生活から抜け出ることはできない。それでも自由という言葉を穿き違えて、洗脳されているから敗者は自分が競争に負けたせいだと自分を責める。

現在のアメリカでちゃんと生活できているのは、政府関連の企業に携わっている人や、役人、警察官、軍人しかいない。農業をやっている人たちにも、規制の法律が通ろうとしていて、こんな法律が出来たら、自給自足の生活さえできなくなる。アメリカの経済が破綻寸前だということは、もう誰もが感じていることで、破綻したらどうするか、真剣に考えている人たちも増えてきています。以下の記事を読んでみてください。アメリカの国民の深刻さが伝わってきます。

アメリカ人たちの心の底からの絶望

そして、国民から絞り取れるだけ絞り取って、国を荒廃させてしまったお金持ちたちが何を考えているのかというと、アメリカを捨てて国外に逃げようというのです。セレブからセレブへの忠告が漏れ出した記事です。

まもなくアメリカを襲う大艱難に関する重大な警告

軍需産業以外でアメリカを支えてきた農業にも規制をかけて、自給自足の道も塞ごうという法律も通過しそうだということですから、アーミッシュのように間違ったアメリカの社会システムの規格外で生きる人々も抹殺しようとしているのです。いやはやアメリカ政府というのは何を考えているのでしょう。気が狂った人々の集まりにしか思えません。そのアメリカ政府のいいなりになっているのが日本政府ですから、このままでは遅かれ早かれ日本も同じ道を歩くことになりそうです。

家庭菜園と種子の自家貯蔵を違法化する食品安全近代化法の表決迫る
5年で何百もの地方行政が破綻

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_11205872.jpg

by 892sun | 2010-11-21 10:49



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧