ひとりごと、ぶつぶつ

<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

子供は親を選んで生まれてくる

昨日は日本心霊科学協会の月例講演会がありましたので聴きに行きました。私はあまり出席したことがないのですが、今月の講師は産婦人科医の池川明氏で、胎内記憶の研究者でした。著書「子どもは親を選んで生まれてくる」を読んで興味を持っていましたので出かけていきました。お話の内容はとても素晴らしく感動しました。

心霊学徒にとっては生まれてくる子供が生まれる環境を自ら選んでいることは常識ですが、学者として医学の立場から、子供が誕生以前の記憶を持っていることについて言及したのは、日本では初めてだと思います。今も医者の同僚たちからは奇異の目で見られていると嘆いておられましたが、真実は必ず知れ渡ることになりますから、医療の先駆者として頑張って欲しいと思いました。

それでも10年前と比べたら医者たちはダメだけど、一般の人たち、特に妊婦さんたちの間で子供の胎内記憶を認める人が増えてきているといいます。それというのも、実際に自分の子供が生まれる前のことを記憶していて、言葉が話せるようになるとお母さんに生まれる前のことをいろいろ話して、それが実際にそうだったことで、お母さんも子供の胎内記憶があることを信じるようになるようです。

科学は実証実験で同じサンプルで同じ結果が出ないと否定してナイことにしてしまいますが、人間の心の問題は人間の数だけ違う答えがあるのですから、科学的には証明出来なくてもナイわけではないのです。池川氏はそこで出来る限り多くののサンプルを集めて可能性があることを証明しようとされています。統計では言葉が話せるようになる2歳から3歳にかけての時期に一番記憶がはっきりしていて、その後になると忘れていくようです。

お腹の中にいたときの記憶だけでなく、お腹に入る前のことや妊娠前にどの親がいいか、空の上から見ていたことや、中には前世の記憶さえも覚えている子供もいるようです。心霊学では死後の世界の様子については霊界通信で詳しく知ることが出来ていますが、再生直前の様子について述べられたものがありませんので、この報告はとても参考になりました。死産、流産などの理由も分かりました。

妊婦のお母さんだけではなく、お父さんやお祖父さんお祖母さんなどの家族が自分をどのように迎えてくれているのかも全部知っているようです。脳が完全に完成していないのに不思議ですが、肉体と魂が別物であることの証明でもあります。

一番感動したのは、子供たちが生まれてくる理由の一番多かったのが「世の中のために役に立つため」と答えていることでした。子供たちは親を選ぶだけでなく、生まれる本当の理由もちゃんと知っているのです。大きくなるにつれて記憶が薄れ、汚れた社会に染まっていくのですが魂のレベルでは誰でもが真実を知っているのです。目覚めるとは魂の記憶を取り戻すことでもあるのです。

ボクはお母さん大好きっていうために生まれてきたんだよ

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-02-28 11:58 | Trackback(1)

TPPは日本解体・奴隷化計画である

日本の大企業や大手銀行の大株主はすでにユダヤ金融が占めていて、日本の会社ではなくなっていることは以前にも書きました。TPPに加入することは、規制のかかった他の分野への外資の参入を許すことになり日本は今まで以上に植民地化します。棺政権はアメリカの圧力に屈して強引に参加を推し進めようとしてますが、首相本人が内容を把握していないようです。国会でよく吟味したのかと質問され、次にように答えています。

>「手にとって幾つかのページはめくった。概略についての説明を担当部署から受けた」 と答弁した。とあります。なんと無責任なことでしょう。国の浮沈がかかっているような問題の内容をよく把握もしないで、平成の開国とか叫んでいるのです。こんな人物は一日も早く総理の座から引き摺り下ろすしかありません。今一度、TPPとはいかなることかよく分かる説明がありますので、転載します。

はてさてメモ帖より

全分野で動く日本解体計画 TPP 製造・農林漁業、医療、保育  長周新聞  2011年2月18日付

菅内閣の行政刷新会議、規制・制度改革に関する分科会は1月26日、TPP(環太平洋経済連携協定)参加を進めるために必要な規制緩和や制度見直し、合計249項目を列挙する「中間とりまとめ」を公表した。 その膨大な内容の全体を見て明らかなことは、TPPというものが個別の産業の利害をこえて、一切の規制を撤廃させて外資が日本市場に殴り込み、日本民族を存亡の淵に立たせる大問題をはらんでいるということである。

同分科会は、①グリーンイノベーション(風力や地熱発電など新エネルギーのための技術革新)、②ライフイノベーション(医療・介護・保育の改革)、③農林・地域活性化、また④アジア経済戦略として人材、物流・運輸、金融、IT、住宅・土地の5つの分野の提言を網羅している。
 
今、日本では働く者に職がない。それは企業のグローバル競争のためのコスト削減といって非正規雇用を増やし、もうからないと首を切り、安い労働力を求めて工場を海外移転させ国内を空洞化させているからだ。

こうして産業振興・雇用確保が切実な要求となっているとき「中間とりまとめ」がアジア経済戦略として第一にあげているのが「外国人材の活用」「そのための在留資格の緩和」、つまり低賃金の外国人労働者を日本にどんどん連れてきて、日本を移民国家にすることである。 (引用注:ワクチン、アスパルテーム、GMO等で、日本人を減らしながらですね)

これまで日本は、フィリピン、インドネシアとEPA(経済連携協定)を結び、看護師や介護福祉士の受け入れを進めてきた。それを今後はEPA締結国以外にも広げるとしている。すでに昨年11月には、外国人の歯科医師や看護師に対して就労年数の制限を撤廃している。
 
菅内閣の「新成長戦略」は、新幹線や高速道路、原発などの建設とその後の管理・運営をパックにした「パッケージ型インフラ」をアジアに輸出してもうけようとしているが、そのさい現地下請企業から外国人を日本に連れてきて技術研修させることを可能にする法整備もあげている。また、外資の日本への投資を促進させるための措置も盛り込んでいる。
 
次に「世界的なヒト・モノの流れの阻害要因となっている物流・運輸分野の規制を大幅に見直す」として、航空と内航海運におけるカボタージュ規制の見直しを明記している。カボタージュ制とは、国の沿岸や河川を走る内航船舶、国内航空路線の航空機は自国籍、自国乗員に限るとするもので、国益を守る制度として国際的にも確立している。国際法上、戦時や大震災などの非常時に外国人乗務員は任務を拒否できると認められているからだ。その規制を緩和し、外国人乗組員だらけにすることは「主権国家としての自殺行為」だといわれている。 
 
さらに航空分野では、国の空港整備特別会計を廃止し、成田国際空港をはじめ空港・管制の独立採算化・民営化をおこなうこと、空港発着枠を競争入札によって配分すること、国内航空運賃の自由化、空港発着回数や滑走路使用時間の規制緩和、そして外資規制の撤廃が盛り込まれている。 現在、世界では投資ファンドなどが民間空港ビジネスを展開しており、滑走路や管制などの航空系施設とターミナルビルなどの商業系施設との一体的経営をおこない、もうけ第一のコスト削減競争にしのぎを削っている。
 
こうしたことが進むなら、日本のさらなる産業空洞化と大量失業は目に見えており、空や海の安全性も脅かされ、大惨事すら危惧(ぐ)される事態となる。
 
農林漁業について見ると、ここでも国の責任を放棄して、民間大企業や外資が自由に参入することができるような規制撤廃を徹底させている。市場原理による日本の農林漁業の根絶やしである。 

農業では、「農業の成長産業化」といって、「農業者の高齢化等により存続が危惧(ぐ)されている」農地の流動化・集約化を促進し、農協や農業生産法人などとともに民間企業が農地の有効利用をおこなうようにするとのべている。農政事務所(旧食糧事務所)業務の民間企業への委託を進める、農協の信用・共済事業部門を独立させる、などを提言している。また「クリーンエネルギー導入」の項で、これまで公益性がないと認められなかった第一種農地の転用を認めるよう、規制緩和することを求めている。
 
林業については、国有林の路網設計・間伐にかかる計画、市場への木材の搬出など経営全般を一括して民間委託することや、規模の大きい経営体が共同して民有林を大規模に集約し、木材生産・販売の合理的経営をおこなうことを認める規制緩和が盛り込まれた。また「クリーンエネルギー導入」の項で、民有林を開発するさい、これまでは地権者全員の同意書が必要だったが、その規制を見直すとしている。
 
漁業では、「わが国の漁業者は“水産資源も漁場も自分たちのものだ”との意識をいまだに持っているが、海外の漁業国では“自国内の水産資源は国の財産である”と法的に位置づけている」として、この観点から漁業法および水産業協同組合法(水協法)を早期に改定する、水産資源を回復させるまでの期限と目標を決め、魚種と海域ごとに漁船の削減、休漁および操業隻数を明示する、都道府県計画の策定は知事がおこなうものとする、すべての指定陸揚げ港には漁業監督官ないし科学オブザーバーを配置して、すべての漁獲物の漁獲量を検査する、とした。
 
また漁業協同組合について、漁業権の運営や組合員の資格に対する厳正な審査を実施し、漁業法に照らして、漁業権の設定の停止、水協法に該当する条件を満たさない組合員の排除、組合員数を満たさない組合の解散などをできるだけ早期に徹底する。公有水面埋立法は、「成立から90年たって時代にそぐわなくなった」「国土開発や埋め立ては漁業者のみの同意でやるべきものでなく、関係する住民の同意を得てやるべきもの」だとして、同法の漁業権者への補償に関する条項を廃止する、とした。
 
日本の漁業者から漁業権をとりあげるというようなファッショ的な規制撤廃は、日本の大企業のみならず、外資や米軍基地が日本の沿岸を好き放題に埋め立てて利用することができることを意味する。

日本の農地も森林も漁場も外資の食いものにされ、民族絶滅となりかねない。 農漁業を振興させ森林を整備することは、日本民族の食料を確保し国土を保全するという点からも日本社会の存亡がかかった重大問題であるが、 菅内閣はアメリカのいいなりになってそれをぶっつぶそうというのである。

地域活性化」をめぐっては、「PFI制度の積極的な活用」とそのための法整備をあげている。PFIとは、国や自治体のハコモノ建設をともなう公共事業(病院、学校、図書館、老人福祉施設、公営住宅など)において、建設だけでなく管理・運営にも民間企業が参入するもので、そこでは民間企業のもうけ第一となって職員の非正規雇用化が進み、行政の社会的責任が放棄されていることが問題になっている。
 
また、「民間の力を最大限活用して公共施設を維持・管理する」とし、たとえば民間業者が公園を整備したら容積を割増しするなどのインセンティブ(刺激)を与えるとした。(引用注:いつものことですが、こういう場合の「民」はあなたのことではありません。外資のことです)
 
「金融」では、「金融産業自身が成長産業として経済をリードする」ことをめざすとし、「デリバティブ(金融派生商品)取引規制の見直し」「銀行の子会社の業務範囲の拡大(リース子会社等の収入制限の緩和」「投資法人への減資制度の導入によるJ―REIT市場の活性化」などをあげて再びバブルを煽っている。昨年10月には日銀が不動産投資信託(REIT)の買い取りを表明。 銀行が行政に介入して不動産開発を煽り、税金をむさぼる事例が全国で増えている。  

関連して「住宅・土地」では、「新しい投資がおこなわれやすい社会を創る」ことを目標に掲げている。そして、老朽化が進むマンションの建て替えを促進する(築50年以上のマンションは現在の1万戸が30年には約90万戸になる)、そのため借家の明け渡しを望まない借家人を「スムーズに」追い出すために借地借家法を見直して、「建物の老朽化や耐震性、再開発」という理由があれば強制的に排除できるよう法律を改定する、としている。 

日本をギャンブル大国にする「民間事業者によるカジノ解禁」も盛り込んでいるが、すでに東京都知事・石原や大阪府知事・橋下らによってカジノ誘致合戦がくり広げられている。
 
商業」では、すでに大店法改定による規制緩和で零細商店のなぎ倒しが進められてきたうえに、今度は全酒類卸売業免許の規制を緩和するとしており、ここに外資が殴り込みをかけようと狙っている。
 
介護施設の整備もせず 高齢者福祉も切捨て「医療・介護・保育」については「社会保障制度を財政面を含めて抜本的に見直す」とのべている。
 
医療では、「医療機関および医薬品・医療機器の広告規制を原則自由化」し、患者に医療機関を「自由に選択」させるとともに、医療法人の合併・再編を進める。営利法人の役職員が医療法人の役員になることを認めるよう規制緩和をおこなう。また、「わが国が諸外国と比較して人口当たりの病床が多いことは事実」だといって、一般病床を削減するための病床規制の緩和・撤廃をおこない、一般病床の在院日数をさらに短期化する。また、医薬品をインターネットで販売できるように規制を緩和し、同時に店頭販売も、電話やファックスで遠隔地の薬剤師から情報が得られるという条件で、薬剤師の常駐義務を撤廃する。これでは住民の生命を守る地域医療の全面崩壊となりかねない。
 
介護では、介護保険制度導入から10年、特別養護老人ホームの待機者が42万人ともいわれるなか、施設を整備することはせず、逆に「すべての人が個個の能力に応じて自立するということを念頭においた支援」といって、「訪問看護」や「在宅における看取り」を重視した態勢づくりを進めるとのべている。すでに菅内閣は介護保険制度を改悪し、要支援認定の高齢者を保険給付の対象からはずし、ボランティアまかせの安上がりの保険外サービスに置き換えて、介護給付を削減する高齢者福祉切り捨てのしくみをつくろうとしている。
 
さらに保育では、「利用者ニーズに即した子育てサービス」といって民間事業体の参入を促すとしている。これもすでに菅内閣の「幼保一体型の子ども園」構想として進んでおり、それはすべての子どもに保育を保障することを義務づけたこれまでの児童福祉を転換して、「保育サービス」を売る営利事業化するものである。
 
以上のことが示すことは、菅内閣がTPPに参加するという意味は、日本の製造業も農林漁業も壊滅させ、日本を今以上の大量失業社会にすることであり、医療・介護・保育や行政の公共サービスは民間のもうけの場となって、外資がそこに参入して食いつぶし、国民は切り捨てられる。

小泉・竹中の新自由主義で日本社会はデタラメになったが、菅内閣はそれ以上のもっと徹底した規制の撤廃で、アメリカのいいなりになって日本社会を解体しようとしているのである。

そしてこうした計画が国民に知られるのを恐れ、明らかにしないまま各分野でこっそりと先行実施している。

TPPによる日本解体計画は、たんに農業だけでなく日本社会の全分野に及んでおり、その全分野で人人の立ち上がりを促すことは必至である。労働者、農漁民、商店主、青年、婦人、学者や文化人のたたかいが、根源の敵に向けて大合流する趨勢は避けられない。

名前を変えた「対日年次規制改革要望書」でしょうか。

菅首相は、昨日の衆議院予算委員会において、公明党の議員から、TPPの協定書を読んでいるかとの質問を受けた際、

「手にとって幾つかのページはめくった。概略についての説明を担当部署から受けた」 と答弁した。

これを見ていた亀井静香氏は、「国家と国民に対する責任感がない」と批判した。国の農業や経済の行方を左右する重要な国際協定を、ページをめくっただけで締結するつもりであったとは、いくら菅でもお粗末過ぎる。こんなことでTPPを締結されたら、国民はたまったものではない。

亀井は言っている。「知識なくして政権として提示するのはおかしい」 と、
まったくそのとおりだ。普通の大人ならそう考えるだろう。***転載終わり

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-02-27 10:31 | Trackback

お金のない世界が想像できますか

パソコンを修理に出そうとメーカーと話をしたら、もう部品がないかもしれないと言われてしまいました。6年前に買ったものですが、どんどん新製品が開発される時代ですから部品も僅かしか保存してないのでしょうね。もちろん保障期間は過ぎていますし、修理も主要部分だったら高いだろうし、送ってダメだったら送り返したりと時間とお金を浪費したあげく、新品を買うことになったら馬鹿馬鹿しいので、安い新製品を買うことにしましたが、それでも結構お金がかかります。頭が痛い。

そこで今日はお金のいらない世界のおはなしです。誰でもが生まれてから今日まで、いつもお金がなくては生きてはいけないと親から教え込まれてきましたので、頭の中にそういう回路が出来てしまって(これこそが洗脳です)お金がなくては生きてはいけないと信じているでしょうが、実はこれは闇を支配する人間たちが人間の欲を利用して都合のいいように考えた仕組みで、闇が消えてしまえばお金のない世界がやってきます。

アセンション後とはそういう世界です。これについては小説にも書きました。百年後にはそうなると考えたからですがもっと早くなるでしょう。現在の世界の転換ぶりを見ていますと数年後か十数年もすれば必ず、お金のない世界になるでしょう。お金のない世界なんて物々交換の石器時代を想像するかもしれませんが、そうではありません。今と同じように生活するなかでお金だけがなくなるのです。お金に関わる仕事もなくなるでしょう。銀行とか証券会社とか為替の市場です。

実はこうした社会の実現は人間が意識を変えるだけで出来てしまいます。私たちは働いたら必ず報酬を受け取るのが当然と思っています。生産したら売ってお金に換えなくてはいけないと思っています。何でもお金に換えて価値判断をします。そして貯えます。欲の深い人ほど人より多くのお金を持っていたがります。この意識を捨ててすべてを奉仕の精神でやったらどうなるでしょう。貯えることも止め、報酬も受け取らないのです。

その代わり、生活するのに必要なものは全て無償で手にすることが出来たら、お金はいらないでしょう。もちろん医療や教育も無料です。生産側が無償奉仕ですから消費する側も無償で入手できます。これらのための流通も無償奉仕です。エネルギーも無償、すべて無償の社会です。

こうなったら怠け者ばかりの世の中になってしまうと考える方もいるでしょうね。使い捨てが増えると考える人もいるでしょう。ところがそうならないために、意識のレベルを上げることが必要なのです。アセンション後はそういう人たちで構成される世界なのです。自分を常に社会奉仕に参加させることで生きがいを見出していくのです。自分に出来ることを見つけて、ささやかなことでもいいから無償で始めてみましょう。アセンションはもう始まっています。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-02-26 10:25 | Trackback

反対票を導入したらいかがか

長年使い慣れたパソコンがついにダウンしました。今日からノートパソコンで書いていますが、慣れないので使いにくいです。治ってきても初期化されるでしょうから、撮りだめした写真はなくなってしまいました。でも気に入った写真はみんなアップロードしましたから、残念ですが諦めています。今日のブログから写真はなくなります。

さて、昨日の記事を読んでもお分かりのように、メディアも空き缶を見放したようで次は前原とばかり、前原ヨイショの臭いがふんぷんと漂ってきます。冗談はやめてくれ。前原なんてコネズミ以上の親米ポチで、ヒラリーと話してるときの嬉しそうな表情はまるでご主人様に甘えるポチ以外のなにものでもなかった。尻尾をちぎれんばかりに振る馬鹿な売国犬でした。面がちょっと良いから女性は騙されるでしょうね。気をつけてくださいよ。

情勢はどうみても、まもなく選挙になるでしょう。選挙が始まってからいろいろ書くと法律で規制されますから今のうちに書いておきますが、今度の総選挙は本当にこれからの日本を決める大切なものになりますから前回のように騙されないように、投票する人をよく調べてからにしてください。私が主張したいのは、入れたい人ではなく、絶対に当選させてはいけない人に対する意思表示が出来ない今の選挙制度です。

今の棺政権を支えているような、アメリカのための政治をするような政治家を選んでいてはいつまでも、何度選挙をやっても日本は変わりません。こういう人たちはもう政治の世界から消えてもらうしかありません。そのためにも、アンチ票を導入するのが一番手っ取り早いのですが、どうでしょうかね?プラス票とマイナス票の差で信任の強さを測るのです。次の選挙では絶対落選させなくてはいけない議員の選挙区の皆さん、あなたの地区から出た政治家のために国民全体が困っていることを認識して、次の選挙では絶対投票しないでください。地域ではエライセンセかもしれませんが国にとっては害毒以外のなにものでもないのです。

菅 直人  東京18区
前原誠司  京都2区
岡田克也  三重3区
野田佳彦  千葉4区
枝野幸男  埼玉5区
北沢俊美  長野県
レンホウ  東京都
玄葉光一郎 福島3区
与謝野 馨 比例
藤井裕久  比例   以上、自民党清和会の面々共々アメリカの犬です。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-02-25 10:56 | Trackback

政府専用機は誰のためのものか

空き缶政権の話になると止まらなくなります。アラを捜しているのではなく、アラばかりですからネタが尽きません。こんな酷い人間たちが我が物顔で政治を動かしているのですから、あきれ果てるだけで情けなくなります。政府専用機に関する記事を二つあげておきます。いかにこいつらが国民を馬鹿にしているかが分かります。一日も早く、目の前から消えて欲しいと思うのは私だけではないでしょう。

政府機に被災者家族乗れず、調整不足に批判も 2011年2月24日 東京新聞

政府は二十三日、ニュージーランド地震を受けた国際緊急援助隊の派遣をめぐり、邦人被災者の家族の政府専用機への同乗を見送った。前原誠司外相が同乗の検討を明言していたが、政府専用機を運用する北沢俊美防衛相は依頼を受けていないと説明。政府内の調整不足が露呈した。

 前原氏は二十二日夜、「うまくタイミングが合えばという前提だが、現地に行きたい保護者も政府専用機に乗っていただけるように領事局で段取りをしている」と記者団に表明。これに先立ち、富山外国語専門学校の校長に電話し、被災学生の保護者の同乗を認める考えを伝えていた。

 ところが、北沢氏は二十三日午前、家族の同乗について「聞いていない」と記者団に発言。枝野幸男官房長官は記者会見で「被災者を救助するという観点から一刻も早くということになった」と述べ、緊急援助隊の早期出発を優先させたことを明らかにした。

 これに対し、富山市の森雅志市長は市幹部を集めた会議で「希望を募っておきながら、いかがなものか。家族はかえって失望してしまう」と政府の対応を批判した。

ライジング・サン 平野浩のツイッターによる最近の菅、前原の動き

菅首相がダボス会議に行ったのは1月28日。実はそのときエジプトでは約500人の邦人がカイロ空港で足止めされていた。そこで外務省が政府専用機を邦人救出に使おうと提案したところ菅首相がキレた。専用機はオレが使う。勝手にエジプトに行った奴をなぜ助けるのか、と。「週刊朝日」3/4より

困った外務省は前原外相と相談。外相は首相を説得したが、首相は聞き入れず、28日夕に出発し、30日午後に帰国。ここで許せないのは「勝手に外国に行った奴を政府専用機まで使ってなぜ救うのか」という発言。一国を代表する宰相の言葉とは信じられない。「週刊朝日」3/4より

外務省関係者の言。「国民を切り捨てるなんて首相として許しがたい。他国では救援機を送っている。一体何のための飛行機で費用はどこから出ていると思っているのか」と。これが市民派宰相、菅直人の正体である。「週刊朝日」3/4より

ついでにもうひとつ。政府専用機は2機あり、不測の事態に備えて1機は空のままついて行く。これを使ってダボス会議の帰りにエジプトに立ち寄り邦人を救出できたはずである。そうすれば話題になり、支持率も向上したと思われる。しかし、菅首相の頭の中には邦人救出の4文字はなかったのである。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_11402763.jpg

by 892sun | 2011-02-24 11:26 | Trackback

またまた政治のおはなしで恐縮です

社民党の瑞穂ちゃんが、国債特例法案反対を打ち出しました。大嫌いな公明党(こうもり政党だから信用できんが、今回だけは信じよう)も反対だそうで、これで棺政権はどうあがいても予算案を通すことができなくなりました。キャッホー、ウレピー。ギブアップして政権を投げ出すか、しがみつけば6月以降公費の支払いはストップする。国民がこれだけ苦しんでいるのに、高給をもらってノーノーとしている役人どもの給与も止まるはずだ。馬鹿につける薬はないが、給与が止まればいくら馬鹿でも目を覚ますのでは。

株式日記と経済展望より
日本は90年代から公共投資は毎年減額しているのに、公務員の給与は引き上げ続けてきた。このような矛盾した政策が行われてきたのは、国会が機能せず官僚やアメリカに政策を丸投げしているためであり、アメリカから年次改革要望書を突きつけられて受け入れてきただけだ。公民の給与は最近まで引き上げられてきて600万円貰っているのに民間は400万円だ。公共投資の分が公務員に向けられている。

阿久根市や名古屋市では改革派の市長が当選して給与カットをしようとしましたが、議会の反対で否決されてしまった。議会も自治労も一体であり、財政赤字だろうと自分たちの給与をお手盛りで引き上げてきた。その赤字のつけが国債に回っているのですが35兆円が公務員給与に使われている。これが25兆円程度なら財政赤字も少なくて済んだのでしょうが、それを消費税増税で賄おうとしている。

本来は赤字国債は発行できないはずですが、特例法で毎年1年ごとに法令で認めている。この法律が可決されなければ公務員の給与も支払われず予算の執行も出来なくなる。赤字国債を毎年認めてきたから公務員の給与も毎年引き上げられてきましたが、国会で赤字国債特例法を認めてきたからだ。税収が40兆円しかないのに35兆円が公務員の給与に消えている。ならば公務員の給与をカットするのが常識でしょう。

だからショック療法としては、菅総理が辞職しなければ公債特例法を否決して公務員の給与を停止することだ。もちろん国会議員の歳費も途方議会の議員の歳費も支払い停止になる。そうなれば日本中が大騒ぎになって、公務員や特別公務員がいかにたくさん給与を貰っているかが分かるだろう。阿久根市にしても名古屋市にしても市長が市職員の給与を公開して住民たちは始めて気がついた。

国債の償還も停止されるから、金利は急騰して円は暴落するだろう。国債や円を空売りするのもいいし、暴落したところを買っておけば儲かるかもしれない。***転載ここまで

少なからず国民生活にも影響は出るでしょうが、役人どもほどのことはありません。国債が暴落すれば、国債を持っている人は損をするでしょうが、個人の保有額はたかがしれている。ほとんどは銀行が持っているのであり暴落したら銀行救済で、日銀が買い取るでしょう。円も暴落すれば、輸出企業はコストダウンで大喜び、デフレ脱却できるかもしれない。さすれば赤字国債の残高も少なくなって、利払いも減る。いいことずくめではありませんか。空き缶がそこまで考えて、通りもしない予算案を振りかざしているとは思えませんが、そうなれば結果オーライです。さてどうなりますことやら。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_1012851.jpg

by 892sun | 2011-02-23 10:04 | Trackback

不思議の国ニッポン、3

一昨日からの続きで、さらにいくつかのエピソードを述べてみます。聖武天皇といえば、奈良の大仏の建立や全国各地に国分寺を置いた仏教徒のように思われています。しかし大仏はビシュニュ神といわれ、ヒンズーではクリシュナ神で、クリシュナはクリスト=キリスト(聖なるもの)なのです。仏も神も同義ですから、日本人は言葉を巧みに使い分けてきたのでしょう。寺の中に鳥居があるようなところもたくさんあります。神仏同居です。

聖武天皇のお妃は光明皇后です。彼女は景教の影響を強く受けていたといわれます。ハンセン病の患者の膿を自らの口で吸って取り除いたといわれています。それまではハンセン病にかかった者は戸外の広い場所に集められ藁の座布団に座らせてご馳走でもてなし、仏教の僧が教文を唱えたのち、藁に火をつけて焼き殺したとあります。光明皇后は浴室を建て、それを貴賎の区別なく施し、さらにそこで自分が看護師のように仕えることを決意し、「私は千人の垢を流そう」と誓ったそうです。その千人の最後の一人がハンセン病の患者だったのです。

日本語は中国からきた漢字とひらがなで構成されますが、ひらがなの発明が万葉歌集にもあるように、多くの歌人を育て、日本文化を育ててきました。色は匂えど散りぬるをで始まるそのひらがなですが、誰が発明したのか定かになっていませんが、面白いことが分かっています。

     (い)ろはにほへ と
     ちりぬるをわ   か
     よたれそつね  な
     らむうゐのお   く
     やまけふこえ  て
     あさきゆめみ   し
     (ゑ)いもせ   (す)

以上のようにそれぞれの行の最後の文字だけをタテに読むと、「咎なくて死す」となりますし、左回りで左上角、左下角、右下角ではイエスとなります。まるで一時評判になったバイブルコードのようです。47文字全てを使った歌にしたのも見事ですが、こうして暗号を埋め込んだ技術も流石というしかありません。文字の中には漢字を崩した文字もありますが、景教徒の使っていたアラム文字やヘブル文字に似た文字も多いそうですから、渡来人たちが作ったと考えられます。

いろいろな人種のミックスだけでなく、いろいろな文化のミックスが東の果ての国で花開いたということでしょう。宗教も神仏習合ですが、魂のレベルでは真理は一つであることを知っていたのに違いありません。良いものは受け入れ、何でも自分流に消化してしまうのです。小さな国土ですが、世界有数の文明と技術力を持っているのは、過去のこうした経緯から出来上がってきたものです。ニッポンとはつくづく不思議な国です。不思議とは不可思議という意味です。不可思議とは数の単位で、もうこれ以上大きな数はないという究極の単位で無限という意味です。無限の力を持った国ニッポンが新しい時代をリードしなくてはなりません。闇を照らす光の国にならなくてはならないのです。眠っている魂に渇を入れてください。世は明け始めているのです。

隠された聖書の国・日本 ケン・ジョセフ シニア&ジュニア 5次元文庫

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_10393749.jpg
  
by 892sun | 2011-02-22 10:28 | Trackback

不思議の国ニッポン、2

東の果て、日出ずる国の京都、奈良はシルクロードの終点です。中国や中東からだけではなく、ペルシャやギリシャ、ヨーロッパ各国の人たちで賑わっていました。まるで国際都市の様相を呈していたようです。それぞれの人たちの信じる宗教も入ってきました。仏教や景教、イスラム教、ユダヤ教、ゾロアスター教、マニ教などの教会もあったそうです。シルクロードを渡ってきた数々の遺物が今も残されています。この時代に西洋と東洋が融合した新らしい日本文化が花開いたと考えられます。

日本には古くからの神道「かんながら」がありましたが、以前述べたようにかんながらの思想はスピリチュアリズムそのものですから、日本人が景教を受け入れることに反発はなかったのでしょう。しかし、時の権力者たちの争いに宗教が巻き込まれていきます。蘇我氏(仏教派)と物部氏(神道・景教派)の争いです。この争いは蘇我氏が勝利し、仏教が国教と定められます。しかし、宗教が権力と結びつくとロクなことはありません。(創価学会の皆さん、分かっていますか)その後の仏教がどんどん形骸化してきたことは、ご存知の通りです。仏教以外は異教とされ宗教弾圧が始まります。

天皇の継承権を持っていたといわれる聖徳太子も、その一族もことごとく殺されます。聖徳太子は渡来人ともいわれ景教徒だったようですが、後の世で彼が仏教の聖人のように祀られているのは、彼を暗殺した蘇我氏がその怨霊の祟りを恐れて、寺を建てて祀ったからのようです。厩戸の皇子といわれるのも、イエスが馬小屋で生まれたと伝えられたのを、そのまま伝承したものと思われます。

最初に伝えられた仏教は法華教でした。この教えは仏陀の生まれたインドでも、中国でもそれほど普及はしなかったようですが、何故か日本では受け入れられました。特に権力者には都合が良い教えなのかもしれません。(池田大作さん、そうですね)その後いろいろな宗派が誕生するのは、一般庶民の宗教として、そぐわないものがあったのではないでしょうか。真言宗の空海は景教を学ぶために中国に渡ったようです。空海・最澄とも中国で学んで帰国していますが、共に漢語に訳された新旧聖書を携えていたと言われます。真言密教については知りませんが、今も比叡山の僧たちは経文を唱える前に十字を切るそうです。漢文の経文を唱えれば、誰もが仏教だと思うでしょうが、その内容はキリスト教の教えかもしれません。空海は大日如来に帰依することを説きます。大日とはゼウスの神のことです。

私の家は代々浄土真宗で親鸞の教えを守っていますが、親鸞の師である法然も「南無阿弥陀仏」の声明念仏を唱えることで救われると説いています。仏教は達磨大師のような座禅やヨガ行者のように、行によって悟りへの道を説き、イエスのように主に祈ることで救われるとは説いていません。これも景教の影響でしょうか、阿弥陀仏とは無量寿、不可思議(無限)光ですから、宇宙の創造者大霊に他なりません。南無とは全てを委ねますという意味ですから、大霊にすべてを委ねますということです。私が常日頃から口にする、大霊の御心のままに、と全く同じ意味だったのです。言葉が違うだけで、同じことを祈っていたのでした。

景教は弾圧され、秦氏も都を捨てて山口あたりに移り住み、そこを小京都としてかつての面影を追い求めたようですが、次第に廃れていきました。ザビエルが新約聖書を手に日本を訪れるまで、キリスト教は日本にはなかったように思われていますが、言葉を変えた原始基督教は多くの仏教の中で息づいていたのです。それは今も変わりません。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_16152093.jpg

by 892sun | 2011-02-21 16:01 | Trackback

不思議の国ニッポン、1

ある人からいただいた本に嵌っています。文庫分ですがとても面白いことが書かれていますので、今日はその本を参考にして書きます。著者はアメリカ国籍、日本生まれの自称アッシリア人のケン・ジョセフ親子ということになっています。親子二代に渡って自分たちのルーツや日本人のルーツを研究されてきたようで、「隠された聖書の国・日本」というタイトルがついています。日本人が知らない日本人の秘密がたくさん出てきます。とても面白い本です。

私たちは日本人は大和民族として単一民族のように思っている方が多いと思いますが、日本人にはいろいろな血の混じった混血民族です。東大の研究グループがJCウイルスのDNAを使って調べたところによれば、北日本では朝鮮半島に多い型が、西日本には朝鮮半島から中国中部・北部に多い型が、沖縄や鹿児島では東南アジアに多い型が、そして東北の日本海側に住む人はヨーロッパの白人やトルコなどに特有のEU型の遺伝子が1,2割も見つかったということです。東大グループはかつて白人の大きな集団が日本に渡来して住みついたことが考えられるとしています。日本人にはモンゴロイドだけではなくコーカソイトの血も入っているのです。そういえばアイヌの人たちの顔立ちは彫りが深く青い目をしている人が多いですね。

ジョセフ親子は自分たちのルーツを探っているうちに日本に辿り着いたと考えているようです。アッシリアという国はバビロニアに滅ぼされて現在はありませんが、旧約聖書の生まれた土地です。エデンの園やアララト山もあった場所です。アッシリア人はノアの息子であるセムの末裔とされます。ユダヤ人(スファラディー)とおなじセム系の民族です。イエスは十字架に架けられても死なずに東へ落ち延びたとされていますので、この地を通ったかもしれませんし、イエスの12使徒は世界中に広まって布教活動をしました。その一人トマスがここを訪れてイエスの教えを伝えたことは分かっています。ここでイエスの教えそのものの原始基督教が始まりました。アッシリアは最初の基督教国になりました。

キリスト教といえばカソリックを思い浮かべる方も多いでしょうが、あれはローマ皇帝が宗教を政治的に利用するために、イエスの死後450年も経ってから出来たものです。ニケア会議ではイエスの教えを伝える者は全員退席したとも言われています。捏造宗教ですから、その後は腐敗の一途を辿ることになります。

アッシリアはバビロニアに滅ぼされて国がなくなり、世界中に離散していきますが、彼らの優れていたことは、生活が成り立つように、常にグループで行動していたことでしょう。彼らの中には大工がおり、教師、建築家、医者、看護婦、伝道者、家庭教師、牧師、学者、馬、ヤギ、羊など隊商を組んでインド、中国、韓国、ベトナム、チベット、フィリピン、モンゴル、そして日本へ向かったとされます。中国に渡った原始基督教は皇帝の保護を受け、景教と呼ばれ栄えました。

日本に景教をもたらしたのは、中国では秦氏と呼ばれたアッシリア人たちでした。ザビエルが最初に日本にキリスト教を伝えたと思ってる人が多いでしょうが、はるか以前、日本にイエスの教えそのものである原始基督教が伝えられていたのです。秦氏は集団で日本にやってきました。秦氏が住みついた所は日本各地にありますが、有名なところは京都の太秦でしょう。現在もその名が地名についていますし、平安京は秦氏の尽力で成立したとも言われています。雅楽や祇園祭りなどは原始基督教の名残です。長くなりそうなので、続きは明日にします。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_11442558.jpg

by 892sun | 2011-02-20 11:41 | Trackback

マシュー君からのメッセージ、その41

マシュー君からのメッセージが更新されましたのでお知らせしておきます。これまでも彼のメッセージを転載してきましたが、マシュー君っていったい誰なの?という方もいるかもしれませんので、今回は彼と彼のメッセージについて簡単に説明しておきます。

マシュー・メッセージは霊界通信です。マシュー・ワードは17歳の時に交通事故で死亡しました。そしてその14年後の1994年、霊媒体質だったお母さんのスザンヌ・ワードさん宛てにメッセージを送ってきました。亡くなった息子との間の親子の通信ですが、非常にレベルの高い霊的真理を説く内容を含んでいましたので、キリスト教徒であったスザンヌさんも最初は戸惑ったようですが、次第に受け入るだけでなく、外部に向けて発表するようになりました。これらのメッセージはマシューブックとして既に出版されています。

マシューブック1 天国の真実 ナチュラルスピリット
         2 新しい時代への啓示
         3 まもなく出版されます
マシューブック特別編 現代社会のスピリチュアルな真相

彼のメッセージの特徴は、高度な霊的真理を判り易く説くだけではなく、現在の地球の様子すなわちこの世の仕組みを正しく伝えてきていることでしょうか。長年に渡りほんの一握りの家族が経済力とそれを支える武力とで世界を支配してきたことを多くの人は知りません。表には出ないで裏から政治家たちを操る闇の勢力に言及した霊界通信は初めてのことで、私もすっかり気に入ってしまいました。またアセンションした地球外知的生命体ともよくコンタクトが取れているようで、そのような情報もありますし、未だ公開されていない闇の勢力のテクノロジーなどにも言及しています。アセンションが近いと信じたのは、このメッセージに拠るとことが大きいのです。マシューブック1の天国の真実の冒頭に日本の皆さんへ書かれたメッセージがありますので読んでみてください。

日本のみなさんへ・・・マシュー・ワード
b0034892_105743.jpg
日本のみなさんに愛をこめてご挨拶いたします。魂の永遠の旅のなかで、人は前世からの体験でよくなじみのある国や文化を選んで転生するのですが、皆さんもまた、地球のこの激動の時代において、自分がベストな形で貢献できるところを魂のレベルで知っていて、今いらっしゃるところにいるのです。

年齢や学歴、肩書きなどに関係なく、みんながこの変換に参加することが大切です。自分には他人ほど大した役割はないなどと思わないでください。この時代に地球に生まれ、助けることを希望した人全員が、それを許されたわけではないのです。でもあなたは許されてここにいるのですから!

愛のエネルギーを与え、そして受け取ることで、またポジティブな心をもって生きることであなたが周囲に放射する光は、地球が平和と調和のより高い波動に上昇するのを助けています。それとは逆のことをしているように見える人や状況もあるでしょうが、これもまたあなた個人や地球のカルマの清算のために必要だからそうなっているのです。そうした人たちを審判の目で決め付けないでください。敵とおぼしきその人たちは、もしかするとあなたのカルマの清算を助けてくれているありがたい人かもしれないのです。

この大切な魂の旅をしているのは、あなた一人ではありません。他の数多くの肉体のある、または肉体を持たない存在たちがともに歩んでいます。私たちもまた、地球の人々にずっと光を照射し続けています。光と愛は表裏一体のコインのようなものです。また慈しみ深い地球外生命体ファミリーによる進歩したETテクノロジーもまた、悪のはびこるこの第三密度から、地球が抜け出す手助けをしています。

みなさんはこの惑星が黄金時代、光の時代、新たな世界に入り、原始エデンの園に戻るのを手伝っているのです。みなさんが喜びの気持ちにあふれ、この惑星とともに上昇の旅を続けるとき、宇宙の聖なる祝福がみなさんとともにあるでしょう。


マシュー君からのメッセージ、その41

2011年2月13日

エジプト・チュニジア、ライトワーカー、光を生きる、経済システム・つぎの改革、ほかの分野の変化、テレパシー交信とガイダンス、識別力とガイダンス、自由意志、ソウルメイト

1. この宇宙ステーション(領域)にいるすべての魂たちからこころからのご挨拶をします。マシューです。チュニジアの市民たちと同様に、勝利を収めたエジプトの人々を僕たちはとてもうれしく思います。そして、自由を求める声が連帯して平和的にわき上がるすべての国の人々にも同じように思うでしょう。過去数週間の出来事は、光が集合意識に浸透していることの明白な証拠です。それを、あなたたちの世界は、目的をもってひとつにまとまった人々のパワーとして目の当たりにしているのです。地球の可能性のエネルギー場では、この活気づいたエネルギーの止めようのない勢いは、あなたたちの世界があらゆる形の抑圧と迫害と貧困から自由になる日の到来を速めています。more

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_1142759.jpg




 
by 892sun | 2011-02-19 09:55 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧