ひとりごと、ぶつぶつ

<   2011年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

騙されないで

放射性物質汚染の怖いのは、直ちには健康には影響は出ないことです。政府の発表する数字は1時間当たりの被爆量ですから、そこに住んでいればx24時間x365日で1年間分ですから蓄積された被爆量はどれほどになるのでしょうか。遠く離れていて、数字は小さくなっても蓄積を考えると恐ろしくなります。これが3年とか5年とか10年ほど後になって症状として現れてきます。

チッソや水俣病訴訟もそうでした。付近の住民が後になって出てきた病気で苦しんで訴訟を起こした事件です。あの時も経済成長重視で国が監視を怠ってきたから起きた事件です。今度も同じことになるでしょう。これをきっかけにして全国にある原発を止めないと本当に日本は廃土になります。このことは日本人全体で考えないといけないことです。この国に住んでいる以上自分だけ影響を免れることはないからです。

日本は地震国です。プレートの重なり合う位置に国土があるからです。その地震の多い国の海岸線にそって全ての原発は作られています。冷却水を海に垂れ流すためでしょう。浄化装置を通して捨てるとかいっても、完全に浄化できるわけがないので海を汚染しているのには変わりありません。どこが環境に優しいのでしょう。

全国の原発で使われた燃料棒は青森県の六ヶ所村に集められています。もう満杯だそうですから、また新たに貯蔵プールを作るのでしょうが、これもまた半永久的に冷やし続けなければなりません。もしここで地震でも起きて事故になったら、もう日本だけの問題ではなく地球規模で人が住めない状態が生まれます。こういう現実を知ったうえでもなお原発が必要だと言うのであれば、私はその人を人間とは認めたくありません。

地球が温暖化しているから化石燃料を使うのをやめて原発に切り替えるような世界的なキャンペーンが張られました。日本政府も率先して協力し目標まで掲げていますが、みんな嘘です。闇の勢力は世界を相手に平気で嘘をついて騙します。テロとの戦いも嘘です。911の事件もやらせです。アポロ11号は月など行ってはいません。これも嘘です。

アメリカがどんな嘘をついても、日本政府はそれを認めて従ってきました。NHKも堂々と嘘を放送します。大新聞も嘘を書きます。だから素直な人はみんな騙されるのです。騙されて自分の身体が病に犯されて、やっと気がつくのです。それでは遅いのです。だから私は本当はどうなっているのかをこうして発信しているのです。

アメリカ従属の政治を許していると、いつか自分の身に火の粉がかかってきます。その前に真実に目覚めて、どこの国とも対等に外交が出来るような政治家を育てなくてはならないのです。そのためには自分でも政治にもっと関心を持って、勉強することが必要です。戦後政治の歴史を調べるだけで、日本に原発を導入しようとしてきた人物やグループがいたことも分かるでしょう。

為政者たちは本当のことは決して知らせません。大衆を無知のままにしておいたほうが政治がやり易いからです。これからもそうした体質は変わりません。心ではB層(おばか層)と思いつつ、口では国民のためを連呼します。こんな政治家に騙されてきたのも、自分の心に闇があるからです。闇は人間の欲望を利用します。一人一人が真実を追い求め、心の闇を消さない限りは、まだ闇が暗躍するでしょう。本当の幸せは決して物質では手にすることが出来ないことに気が付く日まで。

原子力発電の推進の根拠は全て嘘である

http://www.youtube.com/watch?v=ovv2__vc-Nk


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_1811102.jpg

by 892sun | 2011-03-31 12:00

事態は悪化する一方です。

メルトダウンが確認されプルトニウムも検出されているのに、政府は避難区域の拡大をしません。30キロ圏内は屋内退避、自主避難のままです。30キロどころか50キロ圏内立ち入り禁止にするべきです。何故でしょうか?強制退避となれば補償をしなければならないからです。お金がかかります。国民の健康や命よりお金を心配しているのです。これが私たち日本政府と役人や企業が支配する本当の姿ですが、それでもまだ原発が必要だと思っている人が半数近くもいます。素晴らしい国の国民で幸せですね。

国が嘘を言うはずがない。NHKや大新聞が嘘をつくはずがないと信じているのでしょう。人を信じるのは大切なことですが、嘘か誠か見分けられないのは無知からくる恥だと思ってください。子供は親を信じますから親がしっかりしないと子供にも不幸が及びます。国が大嘘吐きだという証拠を見せましょう。こちらの映像です。


「プルトニウムは安全だよ!」と言い聞かせるプルト君が話題

こんなアニメを作ったのは動力炉・核燃料開発事業団ですが、子供の頃からこんなアニメを見せられていれば、大人になっても原発は生活になくてはならないと思ったとしても不思議ではありません。もう一枚の映像を見てください。これは津波が去った直後の福島第一原発の航空写真です。東電は予想外の津波の被害で事故が起きたことを強調していますが、事故の直接原因は地震であったことが分かります。

b0034892_1031633.jpg


冷却システムが止まったのは津波のために発電装置が流されたて電源が切れたことになっていますが、地震で老朽化していた原発そのものの配管やバルブなどが壊れたりひびが入って止まったのです。地震のせいにすると地震国である日本にはもう原発は作ることができなくなるので、なんとか津波のせいにしています。

東電は津波の高さを二度にわたって上方修正した。

東電にはもうこの事故を収拾出来る能力はありませんから原子力保安院の指示に従っているだけです。命令している原子力保安院にも実務能力のある人は一人もいません。電源が回復しても部品や配管の損傷がいっぱいあるでしょうから、いつまでたっても冷却機能は動きません。座して死を待つのみです。その間にも放射性物質の汚染はどんどん広がってゆくでしょう。現場で働く人もいくら収入がよくても最後はみんな逃げ出し誰もいなくなる。無能な政府に対して外国からも不安の声が上がっています。これでは先行き真っ暗、どうなっちゃうんだろ。

洗脳された民で正しい民主主義が機能するはずがない。一年間だけでいいから絶対権力を持つ独裁者になりたいなあと、一人でぶつぶつ、つぶやいておりまする。嗚~呼。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-03-30 10:10

このままでは日本がメルトダウンだ。

原子力保安院がやっとメルトダウンを認めたようです。地震直後に緊急停止してから冷却システムが作動しなくなり、3時間後には空だき状態になり次の日には既に炉心溶融が始まることも予想されていました。時間との戦いなのに、原発のことは良く知っている馬鹿殿様がのんびり見学に行ったりしてる間にも時間が経ってしまって、次々爆発事故が起きた。

もうあれから18日も経っている。その間、やったことといえば外からホースで水をかけただけだ。こういうのを焼け石に水という。水をかければ水が溜まるのは当たり前で、今度は水を抜き取る作業に時間がかかるらしい。とっくにメルトダウンして水蒸気爆発が起きていても不思議ではない。もしかして祈りが通じて奇跡でも起きているんじゃなかろうかと思ったが、この間までTPPの担当だった専門家ズラしたズラのレプ顔がやっとメルトダウンが進んでいることを認めた。ニヤつきながら憂慮しているだってさ。メルトダウンすると何が起きるか知ってるの?憂慮してるだけだろ?

東京電力は国民に絶対安全ですと言い続けてきたのだが、どうやら自分たちも事故など起きるはずがないと思い込んでいたようで、事故対応マニュアルもなければ準備もなにもなかったようだ。事故が起きた時点でまったくお手上げだったので、米軍の救援要請をしたところ、馬鹿殿様がメンツにかかわると断ったらしい。仕方なく応急処置だけを始めたが次々爆発が起きている。

3号機で使われているプルトニウムはフランスから搬入されたものであるところから、フランスにもSOSを出したところ、専門家の派遣や原発事故に対応するロボットなど資材130トンを搬送する準備をしていたが、日本政府は断ったとルモンドが伝えている。馬鹿殿はメンツと国民の命とどっちが大切か分からないらしい。水蒸気爆発までいかないと事の重大さが分からないようだ。原発は良く知っているんじゃなかったの。こういうの、知ったかぶりと言う。

東電も東電で本当に腐った会社だね。腐ってどろどろに溶けてる。会社自体がメルトダウンしている。どれほどどろどろか知りたい方はこちらの3/26の記事をどうぞ。今日の東京新聞には日給40万で作業員の募集をしている。金に釣られて行ったら一日二食で、地下の雑魚寝の部屋に閉じこめられる。命欲しくない人にはいいかもね。

もう電源をどうのこうのという段階ではないような気がします。ずるずる一日延ばしに延ばしていれば汚染が進むだけです。封じ込めをするしかないでしょう。原発もメルトダウン、東電もメルトダウン、総理の頭もメルトダウン、このままいけば日本そのものがメルトダウンでメチャクチャですよ。国会議員が今すぐ総力をあげてやるべきことは、メンツなんかどうでもいいから外国の専門家と資材を受け入れて封じ込めを始めることと、馬鹿殿様を引き摺り下ろすことじゃないの。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-03-29 08:35

これはもう戦争であるという考え方

お金には縁のない人間ですが、縁がないから見えてくることもあります。今回の大災害は一握りのユダヤ金融詐欺師たちが引き起こしたことは紛れもない事実です。物的証拠はありませんが、情況証拠なら山ほどあります。その理由についてずっと考えていました。彼らの財布は既にいつ破産しても可笑しくない状態で、日本は最後の金ずるだったはず。それを潰そうとした意図は何か?

この強欲な人間たちが地球上の実質財産のほとんどを手にした方法があります。羊毛刈りといわれる手法です。お金の発行権を手中にすると単なる紙切れにしかすぎない紙幣を印刷して、どんどん貸し付けます。貸し付けるに際してもちろん担保をとります。そして大きな事件や金融操作をして人工的な恐慌を作ります。あちこちで破産が続出します。借りたお金が返せなくなるのです。お金は返ってこなくていいのです。計算済みです。そこで担保に押さえておいた実質資産を巻き上げるのです。元手は紙幣の印刷代だけ。

同じ手法が今回の災害で使われたのではないかと思っています。アメリカは今年中か遅くとも来年にはデフォルトすると思っていました。そこまで追い込まれているのです。日本からすべて巻き上げれば、まだ2~3年は持ちこたえられると思ったのではないでしょうか。この災害で間違いなく日本経済は停滞し株価もすでに下がっています。復興資金として大量の赤字国債が発行されます。誰が引き受けるのか。そして増税論議が当然のように始まります。

棺が与謝野を入閣させたのも増税のため、谷垣も増税論者ですから手に手を取り合って増税まっしぐらになるでしょう。この人たちは日本人の顔をして日本語を話していますが、本当に日本人なのでしょうかね。私にはどうみてもユダヤ人詐欺師と同類か手先にしか思えない。なんとかして日本をユダヤ金融に売り渡そうとしているように見えるのです。

日銀も問題です。日銀は誰のものかで書いたように、日銀はユダヤ金融が押さえています。日本人のためには何もしません。この災害で最初にしたことは東電への2兆円の融資とメガバンクと証券会社にポンと100兆出しました。100兆円といったら国民全員に100万円配れる金額です。被災者に配らないで外資に渡している。メガバンクと証券会社は実質外資が資本を押さえている会社でユダ金の持ち物になっているからです。国債の利払いで予算が組めないほど日本が困窮しているのだから国債を買い入れて金融緩和をするべきなのに、その時には渋っておいてこれだもの。いったいどこの国の中央銀行なのか。

日銀、8日営業日連続の資金供給

日本銀行は米国支配層の要請に応じて表向きは「大震災対応資金」と称して大量の円を印刷してゼロ金利で3大メガバンクと2大証券会社に流し、その 大部分は米国ユダヤ系投資銀行に流れ莫大な投機資金として世界中で暴れまわっている。

このまま無知と無関心で眠ったままでは、日本人はユダヤ人たちのゴイム(家畜人)と成り果てるよりない。これは戦争だ。もう何万人も死んでいる。日本人よ目を覚ませ、目覚めて腐った政治家や役人どもを追放しないと明日はこないゾ。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-03-28 11:02

政府の言うことを信用してはいけない

昨日の第二信でも書いたように、関西以西に知り合いなど頼れる人がいる方で幼いお子さんや胎児のいる方は是非、一日でも早く一時的にでも疎開してください。出来ない方も事態がはっきり分かるまでなるべく遠くに避難してください。政府は絶対にありのままの事実は公表しないでしょう。可能性が少しでもあり、不安を感じるのなら、自分の身は自分で守るしかありません。不安を煽るつもりはありませんが事実が公表されないなら、転ばぬ先の杖を用意するしかないのです。

事故が起きてからの政府の態度を注意深く見てきましたが、依然として軸足は東電サイドにあり、今後も原発を推進していくつもりです。国民の健康より経済の停滞を心配しています。ドイツでは日本の事故の報を聞くや直ちに国内の原発の点検を始めました。これが政府の正しい姿です。ところが日本政府は危ないと言われている原発がありながらその点検さえしません。三号機でウランの千倍もの毒性が強いプルトニウムが使われていることを知りながら東電に調べさせてもいません。

米GE原発設計者デイル・ブライデンボー氏は「原発で深刻な事態が発生した場合は絶対に体制側の言葉を信じてはいけない。どの国であれ原発事故は国家的羞恥であるから真実を公にすることなど0㌫に近い」と言っています。

私は東京に住んでいます。東京も危ないと思っていますが、私は何処へも行きません。自分が守られていると確信しているからです。何も対策はしていません。天に全てを委ねているからです。地震にあっても津波に巻き込まれても生き残った人たちがいます。爆心地にいても影響を受けなかった人もいます。それは今までそういう生き方を知らず知らずのうちにしてきたからです。現象がその身に現れるのは過去の総計だと何度も言います。どんな場所にいようとも、助けられる人は必ず助けられるようになっています。

天に全てを委ねよと言っても、今まで見えざる力など信用してこなかった人に言っても無理かもしれませんが、子供は親を選んで生まれてきます。親は子供を守る義務があります。僅かな放射能にも敏感ですから、なんとしても防いでやることが必要です。条件的に疎開の無理な方もいるでしょうね。そういう方は私と同じように天に祈ってください。自分はどうなっても構いませんからわが子を守って下さいと。自分を捨てた祈りは必ず天に届きます。自分だけ助かればいいと思っている人は何処にいても、何処へ逃げても、放射能の影響は受けなくても必ずしっぺ返しは受けることになるでしょう。

政府やテレビで御用学者の言っていることを信じていると後になって取り返しのつかないことになる可能性があるのです。何もなければそれはそれで、ああ良かったですむことです。その時は私を嘘吐き野郎と思っていただいて結構です。

放射性物質の半減期などから、原発の近くはもう二度と人の住むことのできない土地になってしまうという心配はいりません。必ず浄化されて元のような土地になります。そのテクノロジーも高次元の人たちは持っています。しかし、このまま政府が反省もなく、このような態度を続ければ、かなりの時間と被害が出ることは間違いないことです。国民の怒りは増えるばかりになり、政府と役人が入れ替わり原発廃止が決まり、今までの真実を公表するようになれば事態は好転すると思っています。

b0034892_1223427.jpg

北西からの風が吹いているシュミレーションですが、風向きが変わったらどうなるのでしょう。ぞっとします。
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-03-27 10:47

今すぐやるべきこと

本日、二本目。こういう事はあまり書きたくないが、怒りがこみ上げてくるのを抑えられないので書いておきます。この国の責任者は今すぐにでも出来るのに、どうしてやらないのか。棺直人は何故津波や地震で被災した所を巡回して被災者に声をかけて回らないのか。東電の社長は避難させられている人々の所へ行って謝罪して回らないのか。

もう道路は復旧しているのだから、どこへでも行けるはずだ。行けないのならヘリをチャーターしてでも行くべきだ。東電の社長は土下座して迷惑をかけている人たちに謝りなさい。入院してるとかの言い訳はきかない。這ってでも行きなさい。行かなかったら国民は絶対許さないよ。

こんな時ですから先立つものが必要です。政府はすぐにお見舞い金や義援金の支払いを開始しなさい。亡くなった人や行方の分からない人の分は後でもいいけど、生き残った人たちが今困っているのは生活費でしょう。救援物資だけでは生きてはいけません。何故早急にそういう事にしないのか。お金は日銀から出させなさい。東電には既に2兆も緊急融資をしている。50万人に一人100万配っても、たった5000億あれば足りる。

政府の言ってることが全く信用出来ない今、原発事故の全容が分からないのですから、どこまで影響が出るかさえ分からない。大人はともかく幼い子供さんをお持ちの方や妊婦さんは、出来るだけ遠くへ避難したほうがいい。100キロや200キロといわず、関西以西にお知り合いでもいて、受け入れてくれる方がいたら、先が見えるまで、一時身を寄せたらいかがですか。後の祭りにならないように、転ばぬ先の杖は何本あってもいい。

落ち付いたら、政府と関係機関の責任者を徹底的に追求しよう。死刑には基本的に反対だけど、死刑に値する連中ばかりだ。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-03-26 15:14

日本の岐路

新しい光の時代に向かっての扉が開かれました。日本人がこの災いを転じて幸いと成すことが出来るかどうかは一人一人の意識が、これをきっかけにしてどれだけ変えられるかにかかっています。アメリカの言いなりになる政治家、保身しか考えない役人、外資に買占められた大企業、洗脳機関と化したメディアなどの支配してきた、これまでの社会システムが転換を迫られています。

これまでの社会はモノとお金を中心にした経済成長をすることが幸せであると教えられ、国民は素直に従って一生懸命努力してきたのに、経済格差は広がるばかり、自殺する人もいっこうに減りません。この国を支配する人たちの教えてきたことが嘘であることがはっきりしました。それが原発事故で端的に証明されたということです。これからもこの国の上層部は、元のように経済を立て直して、今まで通りの社会に戻そうとするでしょうが、私たちはそれには声を上げてノーと言わなくてはなりません。

次の時代はもうモノやお金の時代ではありません。心の豊かさの追求こそが国民を幸福に導く唯一の道であり、お金に縛られた生活から脱出しなくてはなりません。物質的な欲や執着を手放し、精神的に成長することが生まれてきた本来の目的であることに気が付かなくてはなりません。今、世界中の目が日本に集まっています。日本人がこの危機をどうやって乗り越え、立ち直り、どう変わるかを見つめているのです。日本は世界の手本となるよう運命付けられているのです。

まだまだ試練は続くと思いますが、意識を変えないとこの危機も次の危機も乗り越えることができません。意識を変えることが出来ない人は淘汰されていくでしょう。

チェコの能力者ミルカ・パヴェルコヴァ女史からの「日本人に対する宇宙からのメッセージ」を淺川嘉富さんのサイトから転載します。

信じられないという方も非常に多いと思いますが、日本で起きた地震は偶然のものではありません。

日本だけでなく、世界のほかの場所で起きていることは、あなたがたの人生、あなたがたの世界を支配するひと握りの人々の権力による圧迫にすぎません。残念ながら、あなたがたはやがて、この圧力に立ち向かい、特定の、今のところまだ明らかになっていない可能性のある手段を用いて、これが永久に続くわけではないことを彼らに見せつけるように運命づけられています。

人々が一つに結束する日がやって来ますが、それまでにまだ多くの事が変化し、熟さなければなりません。あなたがたは自分の弱さや信仰心、何らかの欠点によって試されるかも知れません。しかし、よりよい世界の存在を信じ続け、自然界と善への愛を抱き続けるなら、あなたがたは生き残り、何よりもよりよい暮らしを得ることができるでしょう。

あなたがた日本人は、その信じる心と驚くべき謙虚さで、じきにこの脅威を乗り越え、この圧力と痛み、不安定さのおかげで計り知れないほど大きな悟りの感覚を手に入れるでしょう。

あなたがたには受け入れがたいことでしょうが、今回のことは起こるべくして起こったことであり、またそのおかげであなたがたは勝利し、今までよりずっと大きな力と、互いの絆を手にすることができるのです。

またあなたがたは、人生には不公平なことや、権力の策略も多くあり、その打撃をもろに受けるのは普通の人々なのだ、ということもいやいやながら理解するはずです。

でも、耐えてください、宇宙はあなたがたの方へ手を差し伸べています。いつか必ず、なぜ今このことを伝えようとしているのかが、理解できる時が来ます。過去の奥深くにくすぶる、あなたがたの前世から残る不条理は浄化され、今許すことができれば、やがてあなたがたは勝利者となります。

あなたがたの国は再びその足で立ち上がり、以前よりも美しさを増すでしょう。自分たちの歩みを止めてしまうようなことは何もしようとせず、宇宙から公平性が戻ることを必ず信じていてください。
 

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-03-26 08:49

原子力発電の時代は終わった

放射性物質の被害が拡大しています。国民が不安を抱くのはどうみて政府も役人も本当のことを言っていないと感じているからではないでしょうか。直ちに人体への影響はないと言われても水や土壌が汚染されていれば農家にとっては死活問題、幼い子供や胎児がいれば不安にならないほうが不思議です。問題がないのなら何故事故現場の鮮明な写真が一枚も公開されないのでしょう。政治家や責任ある役人は何故、現場近くに行って陣頭指揮しないのでしょう。

国民のことなど眼中にない利権政治家や役人、企業、メディアがグルになって原発を推進し、国民も無知で無関心で、ことなかれ主義で今まできたから、こんな結果を生んだのですから、自業自得でもあるのです。これを機会に目覚めてほしいものです。アンケートを取ると、それでもまだ原発が必要だと考えている人が半数ほどいます。原発を止めると経済活動に支障がでると思っているようです。金さえあれば健康も幸福も買えるとでも思っているのでしょうか。ウソに騙されていることに気付いてください。

計画停電も国民に対して、原発がなくなるとこんなに不便になるぞ、という脅かしのようです。国民がこんなに困っているのにお構いなしです。殿様商売そのもです。どういう神経をしているのでしょう。参考になるような映像や文章を貼り付けますので、是非読んでみてください。この国を変えるには国民がしっかりとした知識を持って声を上げ立ち上がるしかないのですから。

1「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」の著者でもある武田教授が原子力保安院の実体について話されています。

2 原発がどんなものか知ってほしい 平井憲夫

1私は原発反対運動家ではありません
2「安全」は机上の話
3素人が造る原発
4名ばかりの検査・検査官
5いいかげんな原発の耐震設計
6定期点検工事も素人が
7放射能垂れ流しの海
8内部被爆が一番怖い
9普通の職場環境とは全く違う
10「絶対安全」だと5時間の洗脳教育
11だれが助けるのか
12びっくりした美浜原発細管破断事故!
13もんじゅの大事故
14日本のプルトニウムがフランスの核兵器に?
15日本には途中でやめる勇気がない
16廃炉も解体も出来ない原発
17「閉鎖」して、監視・管理
18どうしようもない放射性廃棄物
19住民の被曝と恐ろしい差別
20私子供生んでも大丈夫ですか。たとえ電気がなくなってもいいから私は原発はいやだ。
21原発がある限り、安心できない

3 原発がなくても大丈夫

京都大学原子炉実験所の小出裕章先生が昨年の12月12日に出版された『隠される原子力 核の真実』(創史社刊)P105~
 
日本では現在、電力の約30%が原子力で供給されています。そのため、ほとんどの日本人は、原子力を廃止すれば電力不足になると思っています。また、ほとんどの人は今後も必要悪として受け入れざるを得ないと思っています。 そして、原子力に反対すると「それなら電気を使うな」と言われたりします。
 
しかし、発電所の設備の能力で見ると、原子力は全体の18%しかありません。その原子力が発電量では28%になっているのは、原子力発電所の設備利用率だけを上げ、火力発電所のほとんどを停止させているからです。原子力発電が生み出したという電力をすべて火力発電でまかなったとしても、なお火力発電所の設備利用率は7割にしかなりません。
 
それほど日本では発電所は余ってしまっていて、年間の平均設備利用率は5割にもなりません。つまり、発電所の半分以上を停止させねばならないほど余ってしまっています。
 
ただ、電気はためておけないので、一番たくさん使う時にあわせて発電設備を準備しておく必要がある、だからやはり原子力は必要だと国や電力会社は言います。しかし、過去の実績を調べてみれば、最大電力需要量が火力と水力発電の合計以上になったことすらほとんどありません。
 
電力会社は、水力は渇水の場合は使えないとか、定期検査で使えない発電所があるなどと言って、原子力発電所を廃止すればピーク時の電気供給が不足すると主張します。しかし、極端な電力使用のピークが生じるのは一年のうちの真夏の数日、そのまた数時間のことでしかありません。
 
かりにその時にわずかの不足が生じるというのであれば、自家発電をしている工場からの融通、工場の操業時間の調整、そしてクーラーの温度設定の調整などで十分乗り越えられます。今なら、私たちは何の苦痛も伴わずに原子力から足を洗うことができます。
 
※発電量についての計算は、政府統計局のデータを参照
http://www.stat.go.jp/data/nenkan/10.htm
※最大需要は電気事業連合会の統計データから

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-03-25 08:29

日本は守られている

この後に及んでも政府はアメリカや財界の顔色ばかりを優先させていることがはっきりしています。国民の不信と不安は深まるばかりですから本当のことが知りたくて、こんな私のブログにもアクセスが殺到しています。問い合わせのメールも増えています。私は能力者ではありませんから、これからどうなるか分かりませんが、何が起きても動じないだけの心構えだけは持っておきましょう。

昨日スーパーに買い物に行ったら飲料水をたくさん買い込んでいる人を見かけました。スーパーの棚は空になっていました。断水でもないのにどうしたんだろうと帰ってテレビをつけたら東京の水も汚染されていることが分かりました。政府は”直ちに”に影響はないと言い続けていますが、直ちには影響は出なくても後になって出るのが放射線被爆ですから、小さなお子様をお持ちの方や妊婦の方はさぞ心配でしょう。

水だけでなく、作物や土壌も汚染が広がってきています。おそらく関東や東北全体まで影響が出るでしょう。しかし必要以上に不安な気持ちを持ったり、買いだめをするようなことは止めましょう。医学的な数字は確かなものではありません。被爆しても発症するかどうかは、その人の日ごろの心も持ち方、生き方によって変わります。何度も書きますが、広島の爆心地にいても発症しなかった人もいるのです。「我れ良し」で生きているような人は僅かな影響も受けることになります。

闇の勢力はまだ悪あがきをしてるようで、東京湾にも自然現象とは思われない小さな地震が同じ場所で多発していましたし、富士山の回りでも同じようなことがあったことは気象庁のデータからも明らかです。富士山を噴火させようとしたのでしょう。次は東海沖を狙うかもしれません。ここにもプレートに歪みがありそうだからです。日本が二度と立ち直れないほどのダメージを与えようとしているのでしょうが、地震はあるとしても東北関東大地震のような大地震はもう起きないでしょう。

日本は見えざる力で守られていると確信しているからです。光と闇の戦いは心とモノ(兵器)の戦いです。すでに光は闇を制しているのです。今までのようなモノやお金が王様だった社会が崩壊しているのです。意識を変えることが出来ずに、自分中心主義で財産やお金だけに執着する者や国は淘汰されていくでしょう。人間の本質に目覚め、摂理に沿った生活を心がけていれば、どこに住んでいようと誰もが守られるはずです。自分は守られていると信じられる生活を心がけてください。私は何があろうと何処にも逃げません。

追記
放射性物質の原子転換技術に関しては、既に日本でも研究が進んでいるとマイミクの方が教えてくれました。実用化も間近です。日本がずっと汚染に悩まされることはありません。

Pd多層膜の重水素透過による元素転換の技術

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-03-24 11:53

放射能は無害化できる

原発事故は起きてしまったことですから受け入れるしかありませんが、チェルノブイリのようにいつまでも放射能を出し続けることは日本にとっても世界にとっても好ましいことではありません。なんとか人類の英知を結集して放射能を無害化して、元通りの安心して暮らせる環境に戻さなければならないのです。放射能を無害化できないものでしょうか。

マシュー君のメッセージで、地球にある核を無害化して核戦争は起こさせないという意思が伝えられています。どうやらアセンションした世界には無害化のテクノロジーがあるようですが、地球にはまだないのでしょうか。原子転換技術というものはあるようです。日本でも炭素から鉄を作ることに成功しているようですし、ロシアでは鉛から白金、金、銀、銅の混合物を作ることに成功しているようです。

ウランやプルトニウムを原子転換して他の原子にしてしまえば放射性物質は出さなくなります。理屈はそうですが、私は物理は素人ですから技術的にどうすればいいのか分かりませんが、心霊学の立場から考えると、昨日も書いたようにモノとは意識エネルギーの状態にすぎませんから、このあたりにヒントがあるような気がします。

モノの状態は波動の低い順から固体、液体、気体、プラズマとなります。プラズマはこの世とあの世の中間状態(オーラや幽霊はプラズマ)ですから、他からの意識エネルギーの影響を受けやすくなります。広島の爆心地で被爆しても症状が出なかった人にも触れましたが、高次元からの意識エネルギーが作用したと思えば納得できます。守るべき人だったので守られたということです。

物理学者にこんなことを言っても馬鹿にされるだけですが、プラズマ状態では原子転換が起き易いことは事実ですから、何か他のモノをプラズマ状態にして照射すれば原子転換が起きる可能性があります。このあいだノーベル賞をもらったナントカ先生は確か触媒技術の専門家でした。触媒とはモノとモノをお見合いさせ他のモノに変える技術ですから、これもヒントになりそうです。

そんなことを夢想しながらネットを見ていたら、井口博士も同じようなことを書いているのを見つけました。井口センセもレーノーには理解がありそうですから、ここは一つ頑張って放射能無害化の理論と技術でノーベル賞を取って欲しいものです。是非お願いします。

「世見」の解読成功!?:Y線にはY線、放射能には放射線。「目には目を作戦」

「光改善法」の発見者ブラウン博士は暗殺されていた!?
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログでは基本的にはコメント禁止に設定していますが、個人的なご相談があれば受け付けています。右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-03-23 09:53



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧