ひとりごと、ぶつぶつ

<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

スピ系サイトの落し穴

人気ブログランキングへ私自身は霊能力は全然ありませんが、霊的な真理を伝えることはこれからの時代に向けても重要なことだと認識していますから、今まで学んできたことの中からスピリチュアルな記事を書くこともあれば、チャネリング・メッセージを紹介することもありますので、このブログも一種のスピ系かなと思っています。ご本人が霊能者で受信したことを伝えているような本格的なスピ系ブログも人気があるようです。

この霊能者自身が書かれている記事については、全部が全部信用できるかどうかは疑問があります。そのほとんどは高次元からのメッセージを受信されたものと考えられますが、受信者と繋がる世界は受信者の波動と同じレベルですから、受信者が常に高い波動を保ち続けることができればいいのですが、人間ですから感情の起伏や肉体的条件などで下がることもあるのです。それに本人が気が付かないまま受信しますと、間違った情報などを受け取ることもあるのです。

それを防ぐために、古くから日本では巫女と神主という組み合わせが行われてきました。巫女に選ばれるのは強い霊能力を持った女性で、神主はだいたい世襲が多かったようです。巫女に神のお告げが降ろされると、それが確かに高次元からのものかどうかを神主が審神者(さにわ)するのです。巫女の波動の上下によって変わるお告げを正しいかどうか見極めるのです。自分一人だけで受信しますと、自分で自分をさにわしなくてはなりません。これを怠りますと時には間違えます。

今日こんな記事を書いたのは、たぶんご存知の有名ブログ記事に以下のようなものがって、それを指摘してくれた人がいたからです。引用します。

★地震兵器や、気象兵器、電磁波兵器は、
確かに存在していました。

「いました」というのは、過去形であって、
過去には、確かに存在していた、ということですよね。

日本政府が、闇の権力から脅されていた件ですが、
それは確かに、数年前にあった話ですね。

かつての自民党政権だった頃の話ですよね。

もっと大金をよこせ! 言われた通りにしろ!
さもなくば、日本を海に沈めてやる!

…というような脅しでしたよね?

この件は、西暦2010年末で、流れが変わっていますよ。

東北地方太平洋沖地震の直後に、
アメリカ合衆国に、約60兆円も流れたという件ですが、
これは、ガセネタを掴まされているのでしょう。

このような情報を流していると、
闇の残党勢力の手先だと想われてしまいますよ。

「人心を惑わす」と、天上界から、
どのような指定を受けることになるのかは、
もう、分かっていますよね?

★確か、去年だったか、
似たようなことを書いた気がするけど。

マシュー君のメッセージに、
100%を最大として → 98%の、
悪性ネガティヴ・コントロールが掛かっています。

マシュー君本人は、

“東北地方太平洋沖地震が、イルミナティの仕業なはずがないよ…”

と、溜め息をついていますよ。

↑ この部分も、しっかりと、ベンジュラムで検証確認してみてくださいね★

闇の権力をTOPで構成していた、
闇のイルミナティのメンバーは、
もう、地球上には居ないからね★

普通一般の人たちは、最近の彼からの
リーディング・メッセージを観て、
何とも想わないのだろうかね?

それは、かなり、鈍感過ぎます。

彼のメッセージの翻訳者も、鈍感過ぎます。

いや、マシュー君が悪いのではなくて、
リーディングするほうが注意が足りなさ過ぎるんだけどね、
観ていると、エネルギーを吸い取られるような観じや、
目が痛くなったり、頭痛がして来るはずよ。

おそらく、そういった感覚がないままに、
悪性ネガティヴ・エネルギーを受け取り続けていると、
自らの体調を崩していくことになるのが、ハッキリと分かるはずです。

それは、あなたが健康体であるかどうかでわかるでしょう。

マシュー君が、“もう、お母さんはダメかなぁ…”って、
激しく嘆いています。

誰か、マシュー君のお母さんに、
直接に、伝えてあげてくださいね。

このままだと、もう、マシュー君からの、
まともなメッセージが読めなくなっちゃいますよ★引用終わり

さて、マシュー・メッセージもチャネリング情報であり、この人もチャネラーであるようなので、一方が否定することはどちらかが間違っているはずで、読者としては判断に困ります。私もマシュー・メッセージを全面的に信用しているわけではありません。オバマ・ライトワーカー説とNESARAには疑問符をつけています。リビアに無人爆撃機を飛ばすなど、依然としてオバマ大統領はダークサイドに味方しているように思えますし、アセンション後の世界は金銀など貴重金属の価値も変わるはずなのNESARAが導入されると世界統一通貨に繋がる発想ですから信じることができません。

またスザンヌさんの体調もあるのだろうと思いますが、通り一編、上面だけのメッセージで心に響かないメッセージも混じっています。上記の記事の発信者も常々、素晴らしいメッセージを発信されているのに、この日に限ってこの記事は変ですね。光と闇のどちらに味方しているかと考えれば明らかにイルミナティーサイドの発言です。波動が下がっているところへ魔が射したのでしょう。イルミナティーがいないのなら、もうとっくに地球人類とETたちとのファーストコンタクトが始まっているでしょうに。

イルミナティーが起こした人工地震である物理的証拠もいくつもあります。自然の地震と人工的に引き起こされた地震とは地震波が全然違います。今回の地震波も記録がありますから較べれば一目瞭然、人工的なものであることははっきりしています。一つだけ紹介しておきましょう。井口博士のブログを読んでみてください。またこの地震が起きることを事前に知っていたイルミナティーの手下である投資家たちがボロ儲けをした事実があります。これは「120兆円は何処へいったのか」で詳しく書きました。

スピ系サイトには誰もが知りえない情報が書かれてはいますが、真実かどうかを確かめるためにはなによりも読者自身が真理を追求し事実を積み重ねていって、さにわする必要があります。彼のサイトの冒頭にも★妄信をしない ★鵜呑みにしない  ★過信をしない ★依存をしないと書かれています。予防線が張ってあるのですから、それに従って自分の心が受け入れないものは拒絶すればいいのです。人間は間違いを犯します。私も自分を信じて書いてはいますが100%正しいかどうかは断言できないのですから。
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_10591058.jpg

by 892sun | 2011-04-30 09:51 | Trackback

ボランティア活動の意義

人気ブログランキングへ
人間の本質というものは普段の生活からは分かりませんが、何か事が起きるとはっきりと分かります。魂が丸裸にされるからです。国民の命運がかかっているのに、未だに利権や権力にしがみついて恥じない人々がいるかと思えば、被災して困っている人たちのことが頭から離れずに、何か行動をしたいとボランティア活動などに志願する人たちがいます。

震災後いち早く駆けつけた人たちもいれば、ゴールデンウイークの休みを使って被災地に行こうとしている人たちもいます。誰かに言われて行うのではなく、自分の魂の叫びを押さえることが出来ないからでしょう。多くの人々のこうした動きを見ていると、この震災をきっかけして魂の目覚めた人が続出しているのでしょう。やはり時代は確実に新しい時代に向かって前進していることが分かります。

無償で他人のために尽くすことは、金銭的な報酬は得られませんが何にも勝る魂の報酬が得られます。この報酬は形もなく目には見えませんが、決して失われることがない本当の財産になります。どんな大災害に合っても無くすことはありません。家や土地やお金はいくらたくさん貯めても、いつかなくなります。死ぬときはこの世に置いていかなくてはなりませんが、この財産はそのまま、あの世にまで持っていけるのです。人生の目的は物質的な財産を作ることではなくて、このような本当の財産を作るために生まれてくるのです。

大金をポンと寄付することよりも、どんなささやかなことでも、自分の体を使って出来ることから行動することが何よりです。私も時間はたっぷりあって行ければ行きたいのですが、5分も働けば息切れするような体ですから、行っても足手纏いになるのが関の山。こうして応援メッセージを送ることぐらいしか出来ません。とても歯がゆく思っています。

どうか行ける人は行って手助けをしてあげてください。私のように行けない人は、心からの祈りを送ってあげてください。祈りの力は一人一人の力は弱くても、大勢の集合意識になれば山をも動かすような力になるのです。意識のチカラは凄いのです、宇宙は意識から生まれ、意識のチカラで動いているのです。

日本は今、大きな試練の時を迎えています。この試練を乗り越えた時、日本は大きく変わります。そして世界を動かすことになるでしょう。これをチャンスと捉えてください。これをきっかけにして一人でも多くの方が目覚めますように。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
b0034892_113142.jpg

by 892sun | 2011-04-29 11:26 | Trackback

福島は甦る

人気ブログランキングへ
マシュー君からのメッセージが更新されています。前半部分だけの翻訳ですが、素晴らしいメッセージです。福島の原発事故について述べられています。希望が湧いてきました。実のところ、私は東電の言うことも、政府の言うことも一切信じられなくなっていて、チェルノブイリのことを考えれば十年や二十年は福島はデスゾーンとして誰も住めなくなるであろうと悲観的になっていました。

しかし、一方であのような状態ではいつ水蒸気爆発が起きても不思議ではないのに、起きないのは何か見えざる不思議な力が働いて、日本を守っているのではないかとも考えてきました。今多くの人々が大難を小難とするための祈りをささげています。その力も働いていることは間違いありませんが、やはり宇宙人類たちも、大きなエネルギーを送ってくれていたことがわかりました。

それだけではありません。事故を起こした原発の処理についても非物質化というような三次元物理では不可能な処理をするとも言っています。原発そのものを消滅させることが出来るようです。福島原発事故はチェルノブイリのように事故後何十年も放射性物質を放出するような悲劇にはならないようです。地球はすでにアセンションの途上にあり、放射線も破壊されて数字よりは影響が少ないとも言っています。今、しばらくの辛抱は必要ですが、必ず福島は甦ります。

マシュー君からのメッセージ、その44

1. マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちからこころからのご挨拶をします。まず、僕たちの友人で同僚でもあるハトンを呼んで、たくさんの人々の胸にあるもっとも差し迫った問題について話してもらいましょう。日本の原子力施設の状況が安全に収束できるだろうか?それによってどのような長期的な環境への影響が起こるのだろうか?その放射能のレベルは生命にどれだけ危険なのだろうか?

2. ハトンです。みなさんに安心してもらうために話します。大丈夫ですよ。状況は安全に収束可能ですし、かならずそうなるでしょう。そして長期にわたる影響もまったくないでしょう。しかし、いまのところはどのように封じ込めるかが問題です。私たちの科学者たちが原子炉施設にいる作業員たちと現場周辺の関係者たちのこころに、破損した原子炉のメルトダウンを防ぐためにできることを吹き込んでいるところです・・彼らはその吹き込まれるプロセスを自分たちの”発案アイデア”とか”直感”だと呼ぶことでしょう。宇宙空間にいる乗組員たちと共同で、原発施設近辺にいる私たちの少人数の宇宙船乗組員たちが放射能を可能な限り減少させています。そして宇宙船にあるテクノロジーで原子炉の放射能を最小に抑える助けをしています。

3. いま起きていることについて別のまだ広く知られていないことがあります。あなたたちの科学者たちは、放射能が破壊され、あなたたちの計器でもその影響が検出されない波動領域軌道に地球が入っていることを知りません。当然のことですが、それらの計器は地球では未知の因子を検出するようにはできていません。そのうえ、それらの精度の差異によって測定値に幅が生じてしまい、実際の放射線量レベルについて混乱を来たしています。私たちの計器によればもっとも低い測定値の方が信頼できます。それは私が言っている放射能破壊が計算に入れられているわけです。また、私たちの小型宇宙船がよく目撃されるために、私たちが来ていることに気づいているほとんど人たちは、私たちの技術的装置が地上に設置されると、私たちは原子炉と核廃棄物を非物質化しあなたたちの汚染された大気、土壌、水を浄化できることを知りません。地球自身のもつ驚くべき浄化能力も知られていません。ですから、今回の放射能放出によって起こりうるあなたたちの科学的な予測結果にそれは反映されていないのです。

4. この集合的な無知が非常に大きな怖れをもたらしています。そしてその怖れだけが、今回の問題の中で唯一私たちが懸念していることなのです。類は友を呼びます。闇の人間たちのネガティブ(破壊的)なパワーがあなたたちの怖れに付着しているネガティブ(破壊的)なエネルギーを引き寄せているのです。彼らはそれを利用して、ライトワーカーであるあなたたちが参加している光の勢力に立ち向かいつづける力と決意を強めています。あなたたち自身がその怖れの罠にはまらないように、そしてどこにいてもほかの人々の怖れを打ち消してください。

5. 私たちが地球に着陸して、この際きっぱりと原子力施設を整理しないので、がっかりしている人たちがいます。ええ、私たちが地球にいればそうできるでしょう。あなたたちの中にいる闇の人間たちはそれを知っています。いったん私たちが大挙して着陸すれば、あらゆる闇の謀略が一瞬にして終わりになることも彼らは知っています。地球上の傭兵と彼らの支配にいるほかの兵士たちが”宇宙人の攻撃”に警戒状態にあって、いつでも報復措置をとれる態勢にあるのはその理由からです。私たちが公開して着陸することはあなたたちと私たちの乗組員たちの安全を危険に晒すことになるので、その危険性がなくなるまでできません。それがいつになるのかは分かりません。なぜなら、あの怖れのことがまたあるからです・・怖れが闇にエネルギーを補給しつづけるかぎり、その危険性はなくならないのです。

6. より安全なエネルギーソース(源)を求める声を上げつづけることで、あなたたちは原子力エネルギーの支配を終わらせることができるでしょう。より低位の密度の世界では、それはいつでも危険なのです。そしてより高位の密度の世界では必要ありません。原子力エネルギーと化石燃料によって富を築いている人間たちによって、安全で信頼できるクリーンなエネルギー技術が抑えられてきました・・それらの”新しい”エネルギーソース(源)が利用されるようにみなさんが声を上げてください。

7. あなたたちの要求と私たちのテクノロジーと地球自身の能力が一緒になって、放射性物質の”半減期”としてあなたたちが計算している数百年ではなく、数ヶ月で地球は健康を取り戻すでしょう。そして、あらゆる闇から解放されて光り輝いている世界を想像するあなたたちのパワー・・あるいは祈りと呼んでもかまいません・・を決して過小評価してはいけません。来年の暮れまでにはたくさんのことが完成されなければなりませんし、かならずそうなるでしょう。光のパワーが怖れのエネルギーに取って代われば、そのプロセスははるかに簡単により楽しいものになるでしょう。

8. マシュー、この機会にいま疑問になっている別のことについて話したいのです・・どうして私たちがHAARPを解体して人工地震を止めないのか?確かにHAARPによる人工地震の影響がありますが、それだけで地震が引き起こされていると考えるのは間違いです。HAARPは地球上のさまざまな場所にいくつもの機能をもつ拠点をもっています。その機能のひとつがほかのテクノロジーと組み合わされて、地震や火山噴火、大きな嵐と洪水を引き起こすために用いられているのです。それらのほかのテクノロジーは、ニコラ・テスラの発明・発見とリトル・グレイによって与えられた情報をもとにもたらされたものです。70数年前のことです。そのテクノロジーがすべてイルミナティによって奪われ、彼らのネガティブ(破壊的)な目的のために改造されています。

9. 彼らは、大破壊と大量死を引き起こそうというその陰謀を私たちが妨害しているのではないかと疑っていましたが、数ヶ月前に私たちがハリケーンの風力を減少させ、アメリカ合衆国の東部沿岸に沿ってその向きを北方に変えたときにやっとそれを確信しました。その後、彼らの科学者たちとエンジニアたちがさまざまなシステムを統合させたために、もし私たちの宇宙船から彼らの装置を破壊しようとするとあなたたたちの電力供給とコミュニケーションシステムが世界的に影響を受けることになるでしょう。そうするためには複雑なプロセスが必要で、重大な影響が出ないように現場で対応するしかないのです。イルミナティがいなくなればすぐ、HAARPの機能とテスラのテクノロジーは破壊的ではない建設的な目的に使われるでしょう。

10. この問題の誤解を取り除く機会をこの場で与えてくれてありがとうございます、マシュー。

11. ハトン、僕たちからお礼を言いますよ・・僕たちに代わってそれを説明してくれましたね。

12. さて、ハトンがいま説明し、また僕たちもしばしばあなたたちに話してきたように、怖れは強力です。そしてあなたたちの世界には莫大な量の怖れがあります。もっともなことですが、日本の人々はそこで地震が今もつづいていて、しかも原子炉からの放射能の近くにいるのですから、不安でいっぱいです。ほかの地震が多発する地域に住んでいる多くの人々も不安ですし、いま戦争が起きている国々の人々やまったく経済的に行き詰まっている人々、そして故郷から追われた人々も同様でしょう。ほかにも、地球温暖化やそれぞれの国の不安定なあるいは破綻した経済、雇用の消失、ガソリン価格、インフラ崩壊、そして第三次世界核戦争までも怖れている人々がいます。

13. このような集合的な怖れが闇の人間たちのこころを強化しているのです。それはまた光が地球のアセンションのプロセスにしたがって常に強度を増してはいますが、光の恩恵を損なってもいるのです。この怖れという要因が惑星地球の確実なアセンションのスピードを弱めることはあり得ませんが、それによって、いくつかの国の自由を求める戦士たちや経済と政府の改革のために活動している人たち、そして多くの”光を見る”寸前にいた人たちのような個人個人の活動の進展が妨げられています。このように、地球の黄金時代にむかう個人的な前進に、言わば”一時的な足踏み”が生じています。

14. 取り急いで言い足しておきますが、これが長続きすることはあり得ません。地球は強力な光の波動レベル領域に近づいているので、光を拒否するあらゆる人たち・・単に光がないという意味で僕たちが闇と呼んでいる人間たちです・・は死ぬことになるでしょう。それはあまりにも厳しいように聞こえるかもしれませんが、これは”神の”審判とか罰といったことではありません・・光のない肉体はそのような高い波動エネルギーの中では生き残れないというこの宇宙を支配している単なる物理的問題なのです。つまり、恐ろしいことをやってきた人間たちがすべて消えるだろうということです。

15. これまでのメッセージで僕たちが話して来たことを繰り返しますが、多くの魂たちもそれぞれの魂の合意にしたがってこの転生を離れて行くでしょう。その死が魂の合意にもとずく選択によるものか、光を拒否する選択によるものか、あなたたちには知る術はないでしょう。そしてもう一度僕たちはあなたたちにお願いしますが、どのような人でも批判しないでください。そしてあなたたちの世界のすべての魂たちに光を送ってください。そうすることがあなたたち自身の内にある光を増し、それが外に向かって輝いてほかの人たちを高めるのです。光がどこにもっとも必要とされているか地球は知っていて、宇宙の平均化プロセスにしたがって光をそのような地域に振り分けるのです。大宇宙コスモスでもっとも強力なフォース(力)として、光=愛はそれが与えられるところに驚くべき効果を発揮します。

16. 怖れにはまた別の原因があります。それでも地球のアセンション速度が遅くなることはないでしょう。でもそれによって影響を受ける人たちには深刻な問題になり得ます。この怖れの元はこれまで話して来た現在の状況に起因することではなく、隠れた潜在的なもので、地球征服を目論むエイリアンという”エンターテインメント上”の描写を信じている人たち、そして友好的だと言っている宇宙人たちが地球に来ると地球人類を奴隷にするだろうという情報を信じている人たちに根ざしています。そのような人たちは奇妙な格好の生き物が到着すれば、考えられないようなことが実際に起きたと思うでしょう。

17. そのように信じている人たちすべてにも僕たちの情報が伝わることを僕たちはこころから望む一方で、宇宙船の目撃を歓迎しながらも、いったいその乗船者や乗組員たちがどのような姿をしているのか見当もつかず、長い間地球が彼らの助けを享受してきた事実を知らない人々に”気づきを与える”ことで僕たちは”満足”しなければならないのかもしれません。ハトンが話したまだ気づいていない人たちと、自分たちには助けはいらない、すべて自分たちでやっていけると感じている人たちにも僕たちは伝えられたらと思っています。

18.  僕たちが提供していることは、ほかの宇宙文明人たちによって与えられた、そして今与えられているさまざまな支援が真意から平和的なものであることを裏付けているだけでなく、その宇宙文明の代表である素晴らしい存在をあなたたちに紹介することも含まれるのです。最近僕の母が本の再版ではなく内容を改訂するようにと言われました。それにそって母は情報提供者たちと共同で元の原稿に最新情報を加筆しました。お母さん、僕たちが話し合った部分を挿入し、同時にそれにラザラスの僕の紹介文を加えてください。つづく

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-04-28 11:45 | Trackback

日銀は国民を騙している

人気ブログランキングへ
基軸通貨としてのドルの崩壊が叫ばれてから久しい。資本主義の崩壊を書いた書物も多く出回っているが、依然として持ち応えているのは何故か?アメリカ従属国家としての日本が自立を目指すには、資本主義のリーダーを自認するアメリカが崩壊しなければ日本も変われないことから、まず闇の勢力を支えるドルの崩壊を願ってきた私としては、その理由をずっと探ってきた。

その答えが、この大震災によって見えてきた。昨日も書いたように日銀は震災を口実に実に120兆円もの大金をポンと出金しているが、それは震災のためでも日本のためでもなかった。昨日の日記の追記にもあるように、闇を支えるユダヤ金融家たちのためである。本当に資金が必要な今の日本に対してはたった10兆や20兆の国債買取を、円の信認が薄れてハイパーインフレになるからと、二言目には言って拒絶するくせに、この有様である。いったいどこの国の中央銀行であろうか。

日銀は誰のものか

どうか騙されないでください。日銀だけでなく、植草一秀氏言うところの悪徳ペンタゴンが一斉にお馬鹿国民を騙して増税しようとしているのです。元財務官僚だった高橋洋一氏も以下のように述べています。日銀が国債を引き受けてもインフレどころか何も問題は起きません。

知られざる日銀の国債引き受け、課長の一存で額決まる実態

引用開始***4月7日の本コラムを読んだ読者なら、日銀引受が毎年行われていることをご存じだろうが、その話は他の新聞には載っていない。毎年行われている話が禁じ手のはずない。財務省・日銀の「ご説明」は、日銀引受が行われたのは戦前で、今は行われていないという錯覚に陥らせる高度な洗脳術だ。

 私はかつて大蔵省時代に国債発行を担当して毎年行われていた日銀引受もやったことがある。数字は今年度のもので説明しよう。

 国債発行額は44兆円といわれるが、これは新規債の数字だ。このほかに借換債110兆円、財投債14兆円の計約170兆円が発行される。新規債、借換債、財投債といっても、マーケットでは同じ条件でそれらの区別はない。

 新規債の数字は主計局、借換債は理財局、財投債も理財局からくる。それら170兆円を、銀行などから希望を聞いて、銀行などの市中消化152兆円、日銀引受12兆円と割り振る。銀行は資産運用手段として国債は欠かせないが、あまり多すぎては困るという立場。だから、170兆円から銀行希望の152兆円を引いた残差で、基本的には日銀引受額が決まる。

 日銀引受も日銀のプライドとして許せないので少なくしたいというときもあるので、財務省と日銀の間のネゴもある。私が官邸にいた2006年度の日銀引受は23兆円と他の年よりやや多いが、これはちょっと関係者に私が相談したからだ。はっきり言えば日銀引受の数字は課長レベルで決まるので、変えるのはたやすい。

 実は、日銀引受は日銀が保有する国債の満期償還額の範囲内ならいい。一応日銀の顔を立てるために、通貨膨張がない範囲だ。今年度の日銀が保有する国債の満期償還額は30兆円。したがって、財務省・日銀の言い分を100%丸呑みしても、30兆円と今の日銀引受額12兆円の間の18兆円は、日銀引受額を増額してもいい。この変更は予算修正なしでできる。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)***引用終わり

日本はずっとデフレギャップに悩んできた。昨日も書いたように、官民の収入が逆転してしまった原因の一つもそれである。役人は潤い、民間人はますます苦しくなるのは、国富が国民には還元されず、ドルの存続を支えることに回っているからである。この仕組みを支えているのが政府、日銀、財務省、外務省などと、何も伝えないメディアが加担している。お馬鹿国民もこの仕組みを間接的に支持している。

おまけ
一昨日も癌首相の元へコロンビア大学のジェラルド・カーチスが訪ねてきた。朝日の記者も後で合流した。(朝日も国賊新聞だからね)この男はハーバードのジョセフ・ナイの手下、いわゆるジャパン・ハンドラーズの一員である。一介の大学教授が一国の首相の下を頻繁に訪れるのは何故か?自国民を3万人以上殺され、120兆もの金をふんだくられても、まだ尻尾を振り続ける。愚かというより、哀れな男だ。
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけはこれを確かめてからね。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-04-27 07:15 | Trackback

120兆円は何処へいったのか

人気ブログランキングへ
昨夜のクローズアップ現代を見た人は多いと思う。日銀の裏成り冬瓜白川総裁が、災害復興資金として既に120兆もの財政出動したと述べた。そのうちの1兆は東北の金融機関に配ったとも述べた。残りの119兆の行方について、国谷キャスターは何も聞かず、白川も話さなかった。10兆、20兆の資金の工面がつかないから増税だとか年金資金を取り崩すなどとお馬鹿政府は言っている。お馬鹿国民も増税止む無しとその気になっている。

政府主導とは口先ばかりで、能無しだから役人に怒鳴るだけで役人を使いこなせない。結果は役人の都合に合わせて、ますます役人天国になっていく。主権在民と憲法に書いてあるのだから、国民が主人で役人は公僕、つまりしもべだ。しかし僕の報酬は国家公務員も地方公務員も民間の報酬をはるかに凌ぐ。僕たちがいいようにこの国を操り、民は虐げられていく。国の財政が赤字から脱出できないのは、高額報酬を得てのさばっている役人のせいである。

宗主国アメリカの政治家の給与より、属国日本の政治家の給与のほうが高いというに、誰も異存を唱えないのは国民がお馬鹿だからである。役人の給与を半額にして、累進課税の復活強化をすることがまず先決である。国民あっての国家ではないのだろうか。これ以上国民を虐げるのは止めにして欲しいが、国民の大半がお馬鹿で奴隷人生を楽しんでいるようにも思えるから、実現は難しいだろうなあ。

世界各国から日本人の道徳観の高さは評価されたが、和をもって尊しとなす、とはお馬鹿で自分の考えも意見もないから、みんなが賛成することに自分も賛成することで安心してるんじゃないの。付和雷同というんだね。マッカーサーが日本人の精神的な幼さを指摘したことがあったが、戦後60年も経つのに、未だに属国に甘んじているのを見ていると、全然成長していない証拠だね。一人一人が自立した自分の考え方を持ち、意見を反映させて纏まっていくのが真の民主国家です。今の日本はお馬鹿の集まり、支配者にとってこんなに都合のいいことはない。

日銀が国債を買い入れると、円の信用、日銀の信用がなくなるからハイパーインフレがやってくるという。たった10兆や20兆でインフレになるというのに、120兆も財政出動したお金は何処へ行ったのか。日本にあればインフレのイぐらいにはなったかもしれないというのに、そうならないのは何故か?もう日本にはないのじゃなかろうか?野田も白川もアメリカ国籍でも取ってアメリカンにしてもらいな。頭の中はとっくにそうだろうけど。

参考資料(ライジングサンより拝借)
鹿児島県の上場企業
コーアツ工業 (株)平均年齢 42.8歳 平均年収 444万円 年間休日113日
昴(株)        平均年齢 34.1歳 平均年収 415万円 年間休日106日
サンケイ化学 (株)平均年齢 46.3歳 平均年収 462万円 年間休日127日
(株) タイヨー    平均年齢 35.4歳 平均年収 410万円 年間休日115日
(株) Misumi     平均年齢 39.3歳 平均年収 422万円 年間休日124日
(株) ミドリ薬品   平均年齢 35.4歳 平均年収 372万円 年間休日105日
(株) アクシーズ   平均年齢 47.6歳 平均年収 267万円 年間休日120日
(株) マルマエ    平均年齢 33.7歳 平均年収 3,570千円 年間休日 93日
(株) ヒガシマル   平均年齢 36.3歳 平均年収 404万円 年間休日110日
南日本銀行     平均年齢 38.6歳 平均年収 542万円 年間休日 不明
鹿児島銀行     平均年齢 36.5歳 平均年収 650万円 年間休日 不明

阿久根市 年収700万円 ボーナス半額で675万円 年間休日149日(推定)
ぬるま湯の職場で年収700万円、休日149日はふざけていると思う。

◆日本の財政赤字は金持ち優遇税制と政治家公務員の高賃金が原因 3月6日 点字ブロックの掲示板

単にそれだけ、だから財政破綻はあり得ない。例えば個人所得課税負担率が米国と同じなら16兆円税収増になる(08年の実績で単純計算)それと政治家、公務員の賃金を1/2にすれば何ら問題はないのです。

▼政治家や公務員にはボランティア精神が必要なのです、ボランティアは良い仕事をするようです、お金目当てではないからですね。お金目当てなら民間に行くべきです。

▼個人所得課税が米国と同じなら16兆円税収増の根拠
個人所得課税負担率をアメリカと同じ12.0%(日本7.6%なので4.4%増)にすれば単純計算で2008年の国民所得384兆円なので(384×4.4%=16.8)財務省のデータから算出(日本は08年、米国は05年)

▼政治家公務員の賃金は高過ぎ
▽市長、市議 給与日米比較(埼玉との比較)
        議員定数   市長給与   市議給与(ドル年額)
さいたま市     71   212,330   134,594(レート106円)
ボルチモア    19    125,000   48,000
ダラス       15   60,000   37,500
ホノルル       9    112,200   43,350
ラスベガス     6    53,422    40,664
ロス        15   177,091   136,222
ニューヨーク     51  195,000    90,000
サンフランシスコ  11   161,538   37,584
Washington, DC   13   138,200    92,520

▽州知事、議員 給与日米比較(埼玉との比較)
        議員定数 知事給与 県議給与(ドル年額)
埼玉県       94  228,023  148,848(レート106円)
アラスカ     60  75,296    24,012
カリフォルニア  120 175,000   99,000
ハワイ       76  94,780    32,000
メリーランド   188  135,000    31,509
ニ-ヨーク州   211  179,000    79,500
テキサス     181  115,345    7,200
ユタ       104  100,600   日額120
ウィスコンシン   132  122,406   44,233
年間給与(報酬)額、諸経費や特別議会等に関する追加支給を含まない。

追伸 120兆円の行き先が分かったゾ

世界最大の債券投資ファンドである 米国の ピムコは、米国債の比率が 昨年 9月には 3割を越えていたが、12月には 22%になり、1月には 12%に減り、3月末には 米国債保有が マイナス 3%となっていた。

これは 米国債を空売りをしていた と いうことだ。米国債の格下げを、知っていたのだ!

これを受けたのか、東日本大震災後の資金供給 と称して、日銀は 計119兆1千億円の金を市場に出した。

そして ムーディーズは 2日、米オバマ政権の予算は、「AAA」 の米国債格付けを維持するには 一段の措置が必要との考えを 示した。


結局、震災対策にかこつけて 日銀は、ドル延命策の手助けをした。大震災後、復興資金が日本へ入る との予測から 円が買われ、円高 ドル安 になった。

その時日銀は、市場に巨額の資金を供給し、円売り ドル買いの 為替市場介入をし、G7諸国にも 協調介入してもらった。

その結果、今は戻りつつあるが、この 日銀の介入の目的は、円安だけでなく、これ以上 金融緩和できない 米連銀に代わって 日銀が 米国(日米)の株価を テコ入れする意図があった との分析が、米国で出ている。

しかし まだ終わっていない。 また 円高に向かっているからだ。日本を食い物にしている巨大資本に、政府・日銀はどう向かうのか?


日銀はやっぱりFRBの東京支店だったということです。日本国民のためにあるのではなさそうです。こうなったら、何が何でも復興国債を買い取らせないといけません。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけはこれを確かめてからね。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-04-26 10:18 | Trackback

正論

                                   人気ブログランキングへ
選挙結果を見るたびにがっかりする。これだけ酷い目に合いながら、まだ既存の社会システムにしがみついて世の中を変えたいとは思わない人の多いことが分かるからである。自分の命や健康が脅かされているのに、目先の欲に目が眩む。もっと未来を考えよ。愛する子供や孫たちにこんな日本を背負わせるのか。

予ねてより私の主張してきたことがうまい文章でまとめられているので転載する。正論であると思う。アメリカ従属から脱出し、国民のための国造りをするためには一人でも多くの人が意識を変え、選挙という手段で変えていくしか方法がないのである。無知は罪である。無知の罪が今の日本に災いをもたらしていることを自覚するべきである。

論壇より一部引用

忘れていけないことは日本は世界一の債権国であり金がないのではないことである。数百兆円にのぼるアメリカの国債や証券化商品を返してもらえば簡単に資金はできる。日本経済がつぶれるかという大災害に際して「アメリカに対する思いやり」などといっている場合でないのは世界の常識である。だから大震災直後に円高になった。それはアメリカなどへの証券投資を引きあげるとヘッジファンドなどが見なしたからである。しかしすぐに円安になった。「借金を返せとはいわない」という日本の金融機関や政府の卑屈な姿勢を知って安心したからである。
 
また金をもてあましているのは、農漁業を犠牲にし、派遣労働などで労働者を酷使したり、海外移転で大もうけしてきた大企業である。もっとももうけている大銀行は税金を払っておらず、日本の大企業は二百数十兆円の内部留保をため込んでいる。さらに大企業の経営者が1億円から10億円の年収を得ているように、富裕層はとてつもなくもうけている。かれら持てるものから税金をとればよいのだ。 「日本は一つ」というが、かれらはまったく「一つ」のなかに入っていない。 

オバマ政府やアメリカの財界は「日本の復興のために協力を惜しまない」などといっている。協力を惜しまないのなら借金を返せばよいのだ。それは絶対にさせないし、復興需要はよこせという火事場泥棒の論理なのだ。アメリカに押しつけられた原発(GE製)が爆発してひどい目にあっているのに、アメリカの原子力専門家や米軍が助けてくれたといって「永久に忘れない」と菅直人がいう。そして、「トモダチ作戦」を敗戦後の「ギブミー・チョコレート」と同じように有り難がり、米軍への「思いやり予算」は五年継続を決めグアム移転費用の上乗せにも応じようとする。
 
財源は増税といいながら、財界とその代理人どもが被災民の頭越しで、「再興ではなく新しい創造だ」などといって「復興構想」に色めき立っている。被災地では都市づくり構想が第一といって、勝手に家を建ててはならないという規制をかけている。これが現地で歴史を持って根付いている人人の側から、かれらが担う農漁業をはじめとする生産労働を基本にして復興するものではなく、それを排除して財界にとって都合がいいように、東北のいっそうの食いつぶしをやろうとしていることは明らかである。
 
新自由主義なる金融資本のもうけ一本槍改革で、農漁業は破壊され、製造業も困難になり、働く人人はさんざんな目にあった。それが大震災からの復興を困難にしている。それを大転換させるのか、アメリカや財界の火事場泥棒をまかり通らせるのか、日本の進路をめぐる大きな対立点となっている。***引用終わり

以下の地図を見て欲しい。これを見てもまだ原発が必要だと考えている人は気が狂っているとしか思えない。原発との共存を訴えて当選した首長も多い。うまく付き合っていくと言っているが、それは無理だ。日本は他の国とは違うのである。まるで振動する島の上で原発を稼動しているのに等しいのだ。福島は他人事ではない。明日にでも同じことが起こりうるのである。

b0034892_925348.jpg


追伸
起きてからではもう遅い。いくら惨状を訴えても、表に出てくる役人はこないだまで学生をやっていたようなぺいぺいで何も権限を持たない者に当たらせる。これが日本の役所の姿。国民の声など聞き流してこいという上司に命令されて出てきたのだ。国民を馬鹿にしているのだ。こんな国家は根底から作り直さないとダメだとは思わないのであろうか。

全部見る必要はないよ。途中まで見れば国民の訴えに対して何の答えもできない新米役人たちのうろたえ振りが分かるからね。
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけはこれを確かめてからね。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-04-25 09:02 | Trackback

福島の人々よ

                                        人気ブログランキングへ

こんな時にこんな事を言うのは傷口に塩をすり込むようで、私も辛い。非難する人も出るだろう。それも覚悟で書いておきたい。福島の人にこそ目覚めて欲しいからだ。自分の生まれた土地から離れたくない気持ちは痛いほど分かります。思い出のある家に戻りたいことも理解できます。それでも、福島には戻ってはいけない。なるべく遠くへ離れてください。

自分の身に起きることは、全部自分に原因があるというのが真理です。地震もあった、津波も来た、原発も事故った。だから原因はそのせいで、自分はこんな辛い思いをしなくてはならないのだと多くの人は思っているでしょうが、この考え方を改めない限り成長はありません。原発が安全だと言っていた人たちも悪いですが、騙される人にも原因があります。

原発を誘致することで地元に仕事が増え、豊かになると言って来た政治家や役人たちを支持する人たちが大半だったから原発が出来たのではありませんか?原発の危険性については出来る前から反対してきた人たちもいます。このような声に耳を傾けてきましたか?政治に無関心だったのではありませんか?環境が自分たちの健康にどのように影響を与えるのか真剣に考えてきましたか?これらについて無関心ないしは無知だったツケが、今回ってきたのです。

これは全国にある原発稼動地についても、同じことが言えます。今回は福島原発でしたが、他の原発も同じです。他で起きても、まったく同じような悲惨な現象になったことでしょう。福島以外の人たちも他人事ではありません。いつ同じことが起きるか分かりません。地震国ですから地震が起きるたびに、恐怖に脅えて暮らしていくことになります。そんな政府と政策をこれからも支持していくつもりですか?

福島の人々よ、6ヶ月や9ヶ月などで収束出来るはずのない工程表などを信じて避難所暮らしをするつもりですか?若い人たちは、別の場所に生活の起点を移して新しい生活を設計してほしい。土地に執着してはいけません。作ったばかりの家であって捨てましょう。土地も家も人生にとってはどうでもいいものです。一生かけて土地を買い、家を建てるために生まれてきたのではありません。今回のことで、人間にとって人生にとって一番大切なことは何かを学なんでください。これが分からないようだと、また人生やり直しで生まれ変わらなくてはなりません。

復興とか、元に戻すとかいう発想しか出来ない人はこれからの時代に生き残ることはできません。今、世の中の大転換が始まっているのです。間違ったものがどんどん壊れていくのです。これは序章です。もっともっと壊れていきます。古いものにしがみついていないで、新しく作り出していくことが大切です。頭の切り替えの出来ない年寄りは仕方がありません。被爆症状が出るより先に寿命が尽きるでしょう。私もそうです。このメッセージは若者対象です。若者たちよ、福島を離れてください。特にお子さんをお持ちの方は出来るだけ遠くへ離れてください。

新しい時代はそこまで迫っています。いずれ核の無能力化の技術も開発されるでしょう。しかし、日一日と放射性物質は撒き散らされていて、蓄積されていきます。政府の言う安全という言葉を決して信じてはいけません。その言葉のために、今、日本全体がこのような現実に晒されているのですから。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-04-24 11:05 | Trackback(1)

ひとでなしの殺人者たち

この国の政治家、役人は嘘吐き能無し、腰抜けと罵ってきましたが、もう一つ付け加えます。それはひとでなしの殺人者。それを許しているのがもっと間抜けなB層といわれる人々。自分たちを殺そうとしているのに、お上が嘘つくわけがなと信じて騙されているのに、気がつかない。どこまでお人よしなんだろう。

今朝の時事通信によれば、復興税に賛成する人が57.4%だってよ。反対は38.6%、それほどお金の余ってる人が多いの?癌内閣の支持率も上がってる。とても私のボンクラ頭では理解不能です。お金の仕組みを知らないから災害復興するのには増税やむなしと思うのでしょう。単純過ぎるよ。紙幣の発行額は決まっているわけじゃない。こんな無知な国民が多いから癌内閣のような政権でも維持できる。

金を毟り取るだけならまだいいけど、健康を脅かし命まで縮めようとしてることには我慢が出来ない。これからの未来を担う子供たちに危害が及ぶとなったら黙ってはいられない。放射線障害は、今は出なくても必ず数年以内には必ず現れます。大人より、子供、そして胎児、だから政府のいう数字に惑わされることなく、出来るだけ遠くに避難するに越したことはないのです。

たんぽぽ舎のサイトから転載します。

★2.子どもが危ない、広瀬隆さんよりのメールを転載します

「 みなさん、急いで動いて下さい。福島県内の子供たちが、本当の危機です。下記の、福島市の中手聖一さんから今届いたメールを読んでください。殺人者である国、原子力安全委員会をたたきつぶさないと、大変なことになります。ただの運動をしている時ではありません。まわりに呼びかけてください。現在の福島県内は、日毎に放射線量が増えているそうです。広瀬隆(4月20日)」

以下、中手聖一さんのメールです(4月19日付け)

広瀬さん 大変な発表がありました。
「国は、空間線量3.8マイクロシーベルト/時未満の学校では、通常通りに校舎や校庭を利用するとの考えを政府の原子力災害対策本部が示し、安全委が了承した」と報じられました。彼らは開き直ったようです。現在の「計画避難」地区以外は、まったく誰も移動させないという意味です。情報提供します。
福島県公表データからです。
福島市立第一小学校では、空間線量 3.4(μSv/h)、大気中放射能濃度 5.066(Bq/m3)土壌放射能 14,743(Bq/kg)

これで年間被ばくはどれくらいでしょうか?どんなに少なく見積もっても、40ミリシーベルトはいくはずです。食べ物は除いてです。実際は100ミリを超えるでしょう。どこまでいくか私には分かりません。これは殺人です。すみません、私には言葉を選ぶことができません。原発内で最も危険な仕事をしている大人以上の被ばくを、子供たちにさせると言う意味です。撤回させます。大人たちの誇りにかけて。         中手  ***転載終わり

今の日本を動かしている人たちは、国民の命や財産について考えてはいません。いかに目先の数字で国民を誤魔化して保身と延命を図るかを考えているだけです。人間の屑の集まりです。ひとでなしの殺人者たちです。一日も早く、こうした現実に目覚めないと、自分を守ることさえ出来なくなります。

孫正義氏が子供たちの間で流行ってる言葉を紹介したそうです。
「ほあんいんぜんいんあほ」
見事な回文、その通りですね。子供たちは本能的に悟っているのでしょう。以下の文章も拾ってきました。これもその通り。能もないのに出来るつもりでしがみつく、癌直人に送ってやりたい。
b0034892_955543.jpg


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-04-23 09:43 | Trackback(1)

結局、日本を潰そうとしているんだな。

国民が塗炭の苦しみを味わっているというのに、政官業のアメリカの狗たちはこれをチャンスとほくそ笑み、どさくさまぎれにいくつかの法案を通そうとしています。その一つが消費税増税。癌政権と自民党の主張する増税路線に外国からも応援団が加わりました。

OECDの消費税率20%提言

経済開発協力機構のアンヘル・グリアとかいうおっさん、経済の専門家だったら今の日本で消費税を20%なんかにしたら、間違いなく日本経済は沈没することは分かっているはず。そんなことしたらほんま、すぐ日本は潰れまっせ。深海探査船「ちきゅう」を使って地中深く埋めた核を爆発させたとか、HARRPで狙ったとか言われているけど、いずれにしても地震波を分析すると自然に起きた地震じゃないことは確かだ。

名大、大石教授の人工地震研究「地震学と核実験探知」

日本列島沈没させるつもりが、計画通りにいかなかったもんだから経済で潰すことを狙っているんだな。日本が潰れたら、1兆ドル以上ある米国債はチャラになる。もうこれ以上米債買う余裕のなくなった日本なんて用済みだから、潰しちゃえというのが本音でしょう。円を潰してしまえば、まだドルは多少は延命できる。

自分の国が潰されそうになっているというのに、政府も役人も業界もメディアも、せっせとアメリカに尻尾を振り続けている。そんな人間の言うことを真に受けて、未だに癌内閣を支持するというのだから、シープルズとかB層とか言われても仕方ないやね。5年も経ったら被爆訴訟で日本は大騒ぎになるだろうけど、その頃には彼らは海外にでも逃げて優雅に暮らしていることだろうよ。

日本人の目覚めが早いか、アメリカが潰れるのが早いか、その前にあえなく日本が屈して潰れるのか、けだし見ものではあります。私といえば、失うものは何もないので、どうなっても平気です。何もないことほど強いことはありません。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-04-22 11:21 | Trackback

石部堅太郎氏の憂鬱なる日々

久しぶりにショートショートを一つ。但し、これは私のモーソーが生み出した完全なフィクションの世界のお話でありまするから、善良なるシープルズの皆様におかれましては、決して現実に起こり得るなどとは夢にも思ってはいけませぬゾヨ。

石部堅太郎氏、45歳。30代から政治の世界を目指し2期都議を務め、このたび目出度く国会議員に初出馬で選出された若手のホープ。なによりもマメで世話焼きで誠実な性格と、子煩悩、愛妻家でイケメンですから出身区の主婦層からは圧倒的な人気を誇ります。

赤絨毯を踏みしめて登院して数ヶ月が過ぎた頃、党の幹部から呼び出しがかかった。
「石部クン、君は○○の業界の支持も得ているし、専門家らしいじゃないか。この間、某国大使館から業界交流を深める意味からも、党に人材の派遣要請があった。君を推薦しておいたが行ってみるかね。」
「新人の私などにそのような大役が務まりましょうか。予ねてから一度は某国の専門家たちとは話がしたいとは思っておりましたので、願ったり叶ったりではあります。ただ私、エーゴのほうが堪能というわけではありせんので、それが心配といえば心配です。」
「そんな心配は要らん。通訳を兼ねて君の身の回りの世話をする者はこちらで用意する。君の好みもあろうかと2,3人リストアップしてあるから、この中から選びたまえ。」
女性のポートレイトとプロフィールが手渡された。いずれも美人揃いである。モデルかタレントにでもなれそうな女性ばかりだったが、彼はその中から小柄で理性的な感じのする女性を選んでおいた。

某国の商務省との会談は1日だけで、業界代表との交流がメインになったスケジュールが組まれていたので、精神的には気楽な海外旅行といえた。個人旅行と違うのは最高級のホテルとVIPルームが用意されていたことぐらいだろう。業界団体の主催するパーティーも終わって部屋へ戻ったが、まだ側に通訳の女性は一緒にいた。出発以来一生懸命働いてくれている彼女を労うつもりで、よかったらもう少し飲もうかと誘ってみた。

ルームサービスのワインを頼んで話してみると、彼女も政治の世界に興味があるらしくて、昔の自分を見ているようで、時間の経つのさえ忘れて話し込んでいた。ワインの酔いも回っていた。
「私、前からセンセのファンだったんです。ずっとセンセの側にいて勉強したいわ。」
「公設秘書の枠がまだ一つ空いているから、君を推薦してもいいよ。」
「わあ、嬉しい。私センセのためなら何でもします。今夜はずっとここにいてもいいでしょ。」

石部の頭にチラっと妻の顔が浮かんだ。「妻よ許せ」しかし、据え膳食わぬは男の恥だと耳元での悪魔の囁きに逆らうことはできなかった。この後のシーンはそれぞれのヤーラシー御想像にお任せします。たっぷりお楽しみください。すっかりおざなりになっていた妻とのそれに較べて、相手が変わるだけでこんなにもガムブワレルものかと石部氏はまだまだ俺も若いのだとヘンな自信を持ったことではありました。連夜のダブルヘッダーにも完投勝利、お見事。

さて、大役を無事務め終えて帰国した石部氏に先日訪れた亡国大使館より、早速連絡が入った。是非お見せしたいものがあるという。先日の記録であるという。訪ねてみると厚手のアルバムが一冊、商務省の役人との話し合いの模様や業界団体のパーティーの様子が写真に収めらていた。気がつかなかったが、専属カメラマンが旅行中ずっと撮っていたらしい。ぱらぱらとページをめくっていた手が一瞬震えた。「何だこれは」と言ったつもりの声がかすれた。「プライバシーの侵害じゃないか。」誰も知らないはずの、あの夜の出来事まで、高感度カメラで克明に記録されていたのである。

大使館員は落ち着き払ってこう言った。
「当国では、外国の要人をお迎えする場合、不慮の事件を防ぐために24時間体制で警備をさせていただいております。これらの記録は公表されるものではございませんので、ご心配は無用でございます。ただし、当国に不利益な言動などされますと、この限りではございませんが」石部はこの後の行動はよく覚えていない。青くなって大使館を飛び出すと車に飛び乗り、携帯で先輩議員を呼び出しすぐ会いたいと告げた。

「全部は話さなくてもいい。君の言いたいことは分かっているよ。君もまだ若いねえ。君にアタックしてきたということは、彼らも君の将来性を買っているということだよ。政治の世界とはこんなものだと割り切らないと生きてはいけないぞ。みんな通ってきた道なのさ。我々は言わば同じ穴の狢といったところだ。仲良くやっていこうゼ。」と、先輩氏。かくして石部堅太郎氏の憂鬱の日々が始まったのでありました。チャンチャン。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシー(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。
by 892sun | 2011-04-21 14:50 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧