ひとりごと、ぶつぶつ

<   2011年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

12年遅れの世紀末現象

人気ブログランキングへ
ノストラダムスも1999年なんて言わずに、世紀始めの2011年9の月とか言っとけば当たったのに、世紀末という言葉に拘ったから間違えたんだね。世の中が引っくり返るようなことになるのは同じ。陰謀だとか予言などと馬鹿にしてきたことが現実に見えてきて、もしかしたら本当にアセンションも起きるのじゃないかと思う人も増えてきたように思うこの頃、皆さんお元気ですかときっこ風に書いてみる。

それにしても、まあ次から次へと昔だったら絶対バレないようなことが表に出てくる。保安院のやらせだけじゃなくて、NHKが電力会社の大株主スポンサーだったなんてね、これで公平中立な報道が出来るわけがない。公共放送がこれだもの、原発がないと電力不足になるなんて嘘つかれて節電キャンペーンに協力して死人が出るわけだわ。

洗脳国家、汚染列島じゃ日本は滅びるしかない。それに殺人政府だ。一人でも多く人減らしをするように宗主国が棺直人に命令しているから誰がなんと言おうと辞めない。周りでは口では辞めろと言っていても本気で行動する政治家はいない。後ろ盾に睨まれるのが怖くて出来ないのだ。このままずるずる行くんだろうね。被爆者もどんどん増えていくだろうが安全基準値さえ上げるような政府だから被爆被害さえ認めないんだろうね。恐ろしい国になったもんだ。

こうなったら自分の身は自分で守るしかないことは何度も言ってきた。ハタの目なんて気にすることはないからね、自分で考え判断し行動する。私のようなジジイはいいけど、若い人は特にね、義理人情よりもお金よりも命だけを大事にしてください。このブログを読んでいる人にはいないと思うけど、もう肉食べたり牛乳は飲んじゃダメだよ。今年獲れる米だって危ない。だから今のうちに玄米貯蔵しなさいと言っている。関東から東北はもう完全に汚染されている。できればしばらくの間、引越したほうがいい。また戻れる時が来る。必ず日本は蘇る。

私が何故2012年アセンション説を強く主張しているかは、一つは希望でもあるのです。放射性物質の半減期は気の遠くなるような時間がかかる。その間日本列島が汚染されたままなら、本当に日本は滅亡です。それを救えるのはETの持っている核転換技術での浄化です。または地球自身の波動が上がれば放射性物質は環境に影響しなくなります。人類の持っている技術ではそれが出来ませんから、生き残るためには、どうしてもアセンションしなくてはならないのです。

世の中が引っくり返るのは確かなことですが、これからの数年間具体的には何が起きるのか私にも想像ができません。分かっているのは次の時代は闇が消え、光と愛に満ちた世界になるということです。その時代にそぐわない人は淘汰されるということですから、意識を変え新しい時代に生きる心構えを持たなくてはなりません。

現実から目を背けてはいけません。
福島原発20キロ圏内の世界

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-31 11:12 | Trackback

今こそ、政府紙幣を発行をするべきだ。2

人気ブログランキングへ
嫌な言葉ですが、この世はお金で動いている。お金の価値が変われば大騒動でドルの動向はそのまま日本にも降りかかってくるのに、日本のメディアは保安員のやらせがどうこうと騒ぐだけ。アメリカ議会の様子はネットで調べるしかありません。ブルームバーグは債務上限額の引き上げ法案が下院を通過したことを伝えているが、民主党は上院で否決する意向という。8月2日まで後3日、さあどうなりますか?

アメリカ議会の様子もはっきり言えば国民を騙すためのパフォーマンスですから、政府は時間ぎりぎりまで頑張ったけれど、結局こうせざるを得なかった、ゴメンと言う結果になるのでしょう。確かな情報ではありませんが、一部ではもう金本位制による新ドル、アメロとかブルーノートと呼ばれる新札が印刷されているようです。金本位制といってもフォートノックスにある金塊は鉛に金メッキしたものと摺り返られているともいわれていますから、どこまでもイカサマ金融システムであることは間違いありませんし、これがいつまでも持つわけがありません。

私が知りたいのは、その新ドルがどこから発行されるかということです。今のようにFRBが発行するのであれば依然としてアメリカはイルミナティーに支配され続けることであり、政府が紙幣の発行権を取り戻すことになれば、闇の政府の退場と新生アメリカの誕生を期待できますがたぶん無理でしょうなあ。問題はそのアメリカの植民地日本も、今のままではアメリカの道ずれです。日銀がFRBの支配下にあるからです。昨日も書いたように、日本が生き残るには日銀から紙幣の発行権を取り戻して、日本独自の金融システムを構築するべきです。それだけの力を日本は持っているのです。

私のような素人で尋常小学校卒ぐらいの知識しかない者がいくら力んでも信用してもらえないと思いますので、ちゃんとした経済学者の学説を掲載しておきます。日本経済再生政策提言フォーラム会長で経済学者の丹羽春喜氏です。経済評論家の森永卓郎氏もまた政府紙幣発行論者のようです。やるかやらないかは政治家のやるきだけなのです。国民のために命を投げ出すくらいの覚悟がなくては国会議員になってはいけないのですが、保身しか頭にない人ばかりバッジを付けているのが日本の現状です。人前で泣くなよ、情けないったらない。

太政官札、打出の小槌を使ってもハイパーインフレの心配はない

デフレ・ギャップこそ超巨大な「真の財源」

私は、本誌(『カレント』誌)に寄稿した幾編もの論稿をはじめ数多くの私の著作を通じて、わが国の現行法に明記されている「国(政府)の貨幣発行特権」が、まさに、「打ち出の小槌」であって、これを活用しさえすれば、国民にまったく負担をかけること無しに、わが国の破綻しきった政府財政を再建し、不振・低迷を続ける経済を再生することも、きわめて容易であるという「救国の秘策」を、幾度も、提言し続けてきました。一昨年の春に米国より来日されたスティグリッツ教授(ノーベル経済学賞受賞者)も、同様な政策提言を行なっておられましたが、今ちょうど、ベスト・セラーズとなっている藤井厳喜氏の著書『破綻国家、希望の戦略』(ビジネス社刊)でも、私のそのような政策提言が、詳細に解説されていますので、藤井氏のこの本で、あらためて、私の「救国の秘策」をお知りになった読者も、居られるのではないかと思います。

 しかし、この「打ち出の小槌」の利用案については、「それは、悪性のインフレ的な物価高騰をもたらす!」として、それに反対する意見も多いようです。例えば、タレントの「やしき・たかじん」氏がコーディネーターを務めて昨年12月に放映された読売系テレビ・チャネルの討論番組「そこまで言って委員会」(大阪では12月19日に放映)では、パネラーの一人としてその番組に参加していた西村真悟代議士が、私の名にも言及してくださりながら、わが国の危機的な財政と経済の再建・再生を、「国の貨幣発行特権」の発動によって達成するべきことを示唆されたのに対して、他のパネラーが、「そんなことをすれば、ハイパー・インフレーションになるのではないか?」と批判していました。そのテレビ番組では、それ以上には深く掘り下げた議論は行なわれずに終わってしまったのですが、本稿では、そのような懸念や批判に対して、以下のごとく平易に、解答を与えておくことにしたいと思います。

 小学生でも分かっているように、需要が増えたとき、商品の生産・供給量もそれに応じて伸びれば、価格は上りません。同様に、マクロ的な総需要の増加に応じて、諸種の商品やサービスの総合的な生産・供給量が増えれば、物価は上昇しません。

 本誌でも、幾度も、私が精密な計測結果を示してきましたように、わが国の経済では、きわめて巨大なデフレ・ギャップが発生・累増してきたまま、居座っており、今もなお拡大し続けています。このデフレ・ギャップは、マクロ的な「生産能力の余裕」にほかならないわけですが、その規模は、現在、潜在的な実質GDPに換算して、年額400兆円にも達しているほどに膨大なものになっています。つまり、この超膨大な「生産能力の余裕」が有るあいだは、総需要が増えるのに応じて、諸商品の生産・供給量もどんどん増加しうるわけです。したがって、ハイパー・インフレ的な超大幅な物価の高騰といった事態には、ぜったいに、なりません。

まさに狂気のさた

すなわち、「ハイパー・インフレが起こるからダメだ!」と言っている人たちは、私やスティグリッツ教授、藤井厳喜氏などが提言しているような「国の貨幣発行特権」の政策的な発動によって、わが国の総需要が、現在の年額約500兆円から、突如として年額数千兆円、あるいは、そのまた十数倍ないし数十倍の、「兆」の一万倍の「京」(けい)という単位で表して、年額数京円ないし数十京円といった天文学的に超膨大な額にまで飛躍的に増加し、諸商品の生産・供給がそれに追いつけず、物価が数十倍、数百倍にも暴騰することになると想定しているわけです。

 私が提案している景気振興策は、「国の貨幣発行特権」という「打ち出の小槌」を財源調達手段としたケインズ的財政政策によって、年額40~50兆円程度の有効需要を政策的に経済に追加注入し、それからの乗数効果で、その2~2.5倍に所得が増えると見積もって、2~3年ほどのあいだに、少なくともGDPを100兆円ぐらいは増加させようという程度のものです。この100兆円のGDP増加から生じる現金通貨の流通量の増加も、10兆円ぐらいのものです。その程度のことで、数千兆円あるいはその十数倍ないし数十倍にも達するほどの超膨大な総需要の拡大が誘発されるなどといったことは、金輪際ありうることではありません。この程度の政策を10年続けても、まだ、インフレ・ギャップは発生しませんから、大丈夫です。

 実は、私自身は、日本経済における乗数効果の乗数値が、上記で言及したように2~2.5であるということを実証ずみです。しかし、現在、わが国のエコノミストたちの多くは、わが国経済の乗数値が1.0を割っているとさえ考えているのが現状です。であるというのに、ハイパー・インフレ論者たちは、日本経済における乗数効果の乗数値を100以上とか1000以上といった、まったくありえない桁外れに大きな数値として想定しているわけですから、まさに狂気のさたです。

 しかも、「総需要拡大政策などやっても、カネはみな貯蓄されてしまうから、効果はないよ!」などとうそぶいているような人ほど、ハイパー・インフレーションの脅威を言いたてていることも多いのですから、ますますもって、精神異常です。

国債の大量償還でも過剰流動性を避けうる秘策

問題は、むしろ、数百兆円にもおよぶほどに累積されてきた既発の国債を、「国の貨幣発行特権」という「打ち出の小槌」で償還する場合でしょう。国内投資家が、償還を受けた資金で、工場やビルディングを建てるといった実物投資をするならば、それは、需要面でも、生産面でも、わが国経済の進歩・発展に役立ちます。また、この資金が、株式や社債の購入に向けられた場合も、それは、間接的にではありますが、わが国の経済の発展に寄与することが多いでしょう。しかし、そのような国債償還によって民間が受け取った巨額の資金の多くが、経済の発展に役立つような有利な投資機会を見出すことができず、過剰流動性となって、ただ投機的なマネー・ゲームにだけ投入されるといった事態となることは、望ましくありません。

 そのような危険性に備えて、政府は、この「打ち出の小槌」財源を利用して、円高の防止をも兼ねて、あらかじめ、米国など諸外国の公債や社債などを大量に購入しておき、そのような外国債との等価交換で、国内投資家から既発の日本国債を回収(その代償として、国内投資家には外国債を渡す)すればよいのです。この方法を、適宜、併用していくことにすれば、わが国内で巨額の過剰流動性が発生する危険を避けながら、大量の既発国債の償還をスムーズに進めていくことができるはずです。このことも、私が、かなり以前から提言し続けてきた秘策なのです。 以上


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-30 10:48 | Trackback

今こそ、政府紙幣を発行をするべきだ

人気ブログランキングへ
こんなささやかなブログでいくら吼えたところで、世の中のエライさんたちには伝わらないだろうが、それでも書きたいことは書くのが私の性格だから無駄を承知で書く。立派な大学を出て役人なり政治家になったのであろうこの国の為政者たちは、どうして予算が組めない、カネが足りないとなると国民から巻き上げることしか考え付かないのか。

今度も復興債を発行して財源は増税で賄うことにしたらしい。経済の専門家たちが集まっているのだから、国難に際して知恵を尽くし、あらゆる方策を見つけ出して欲しいと思うのだが、馬鹿の一つ覚えじゃあるまいにいつも答えは一つ、増税あるのみである。多くの国民はデフレ不況に喘いでいるのにあなた方は誰の代表なのか?役人は国民の僕ではないのか?それほど国民を苦しめたいのか?国民を潰してしまっていったい国が成立するのか?

これまでも書いてきたように、カネの発行権を握っているものが、その国の支配者だ。日本の復興を妨げている最大の障害が日銀券を発行している日銀であることについても書いた。アメリカでもドルの発行権をめぐって何度もFRBと政府は争ってきている。日本では何故その争いさえ起きないのか?一人として日銀に楯突く政治家は出ないのか?日銀から紙幣の発行権を取り戻す論議がなされないのか?自民だ、民主だと争う前に、国民の代表を任ずるのならまず日銀と戦ってくれ。

日銀から紙幣の発行権を取り上げ、政府が紙幣を発行すれば増税などしなくても済む。日銀に借用書を書かなくて済むから、赤字は増えない。デフレも緩和されるだろうし円も下がるだろう。これから未曾有の金融大津波が襲ってくる。今のようにFRB傘下の日銀が日本の経済を取り仕切ることになれば間違いなく日本の経済も破綻へ向かうことになる。この重大な危機を政治家や役人たちは認識しているのだろうか。おそらく知っているに違いないが、それでもアメリカが怖くて誰も、何も言い出せないでいる。腰抜けというしかない。

インチキだらけのお金の仕組み

災害復興を妨げているのは日銀である

日銀は国民を騙している

日銀は誰のものか

日銀解体論

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-29 11:02 | Trackback

女性の時代がやってくる

人気ブログランキングへ
7月のマシュー君のメッセージは11日には更新されていたのですが、玄さんもバズビー博士の来日のお世話などで忙しく翻訳が遅れたのでしょう。私は待ちきれなくて機械翻訳にかけて読んだりしていましたが、やはり直訳では真意は伝わりません。昨日翻訳されたものを読んで改めて納得したこともあります。

今、日本では数学本が売れているそうです。数学は論理の積み重ねで答えである定理に導くもので比較的男性の得意とする分野です。相変わらず、男性は時代遅れだと思いました。これからは論理ではなく感性の時代になるはずです。男性のリードしてきたこれまでの時代には闇が蔓延り戦争が絶えませんでしたが、そんな時代はもう終わりです。これからは感性を大事にする女性が時代をリードすると感じていましたが、マシュー君も同じことを言っています。

最近ケムトレイルを見なくなりましたが、やっと止めたようですね。HARRPはまだ稼動していますが、これも止まるでしょう。次の地震予定日にも書きましたが、彗星エレニンは地球に対しての影響力はないこともはっきりしましたから、次のエレニン、地球、火星、水星が直列する9月6日に地震が起きなければ、HARRPも稼動を停止したと思っていいのではないでしょうか。

昨日も書きましたが、私たちはこの地球の大変革の時期、アセンションを体験するために選ばれて生まれてきた魂であることを誇りに思ってください。マシューメッセージの最後にもこうあります。

22. この全宇宙でももっともワクワクするこの時期に参加したいと思っていた何十億ものたくさんの魂たちの中から選ばれたという栄誉をあなたたちは手にしているのです。その特権と責任を大いに歓び、この宇宙のあらゆる光の存在たちの限りなく永遠で無条件の愛があなたたちの道程の一歩一歩に供にあることを知ってください。

マシュー君のメッセージ、その47

おまけ
ダリル・アンカ氏が入神してバシャールのメッセージを伝えています。バシャールを読んだ人は多いと思いますが、映像で実際に語ってるのを見たのは初めてではないでしょうか。つむじ風さんのサイトから借りてきました。



人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-28 09:45 | Trackback

対米従属政治からの脱却

人気ブログランキングへ
世界を金融大津波が襲ってくるまで秒読みの段階に入りました。アメリカの対外借り入れ限度額の引き上げが8月2日までに引き上げられなくなると、一部支払いが止まってしまうためドルの信用度が急激に下落するので、基軸通貨としてのドルはその地位を失うのではないかと推測されるからです。影響は世界の金融システムを揺るがせることになります。

日本は中国に次いでの対米債権国ですから無償でいられるはずもなく、日本経済も大混乱に陥り大恐慌が来る可能性が高いと経済評論家は煽っていますが、どうなるでしょう。確かにリーマンショックぐらいでは済まないとは思いますが、日本の持っている対米債権はあるというだけで、実際にはコネズミがブッシュに売らないと約束してしまったから、ないのと同じです。それほど騒ぐことでもない。

私はアメリカが変わらなければ日本は変われないと思っていますので、オバマがチェンジをスローガンに大統領になったことでアメリカに変化が出ることを期待していたのですが、今のところオバマはブッシュの政策とたいして変わらず、期待はずれに終わるかと思いきや、ここにきてドルが潰れるかもしれない可能性がでてきたのは良いことだと思っています。

紙幣の発行権を持つ者がその国の支配者であり、ドルを発行しているFRB(の持ち主)がアメリカを支配し、それに支えられた軍産複合体が世界に軍事力を行使して紛争を撒き散らし世界平和を阻止してきたのです。単なる紙切れにすぎないドルを価値あるものとさせてきたのも強大な軍事力を背景にしてきたからで、ドルが価値を失えば必然的に軍事力も縮小せざるを得ないことになります。

戦後の日本はアメリカの従属国家として生きるよりなかったのかもしれませんが、アメリカの国力が衰え、日本に対する影響力も小さくなれば、これまでのようにアメリカの都合にあわせて生きる必要もアメリカに貢ぐ必要もなくなります。本来の独立国家として、どこの国とも対等な外交が出来るようになるのです。苦節65年長い道のりでしたが、今その機会が訪れようとしています。

日本は今国難ともいえる大震災と原発事故の修復にあえいでいますが、アメポチ政治家たちは世界がどんどん変化しているのさえ分からずに、相変わらず政治ゲームに明け暮れています。史上最低の支持率の棺桶首相が、脱原発を言ったら支持率が上がったかそうですが、同じ言うなら脱対米従属政治と言ってみてほしいものです。誰も言わない。一人もそれを言う政治家が出てこない。本当に情けない政治家ばかりです。

これから世界は大きく変わります。私たちはその目撃者であり当事者なのです。新しい時代を担っていく責任があります。今までと同じような意識のままでは取り残されてしまいます。目を覚ましてください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-27 10:48 | Trackback

流されて生きる人生

人気ブログランキングへ
人間という生き物と他の哺乳類以下の生物との唯一の違いは、個が確立されているかどうかといわれています。人間として生まれるまで成長したとはいえ、すぐに個が確立されるわけではありませんので、何度か再生を繰り返しながら自分というものを確たる存在として自立させるのが人生の目的です。

私は魂の年齢という言葉を使いますが、この世には魂の若い人もいれば成熟した魂の持ち主もいますので面白いといえば面白いのですが、魂の若い人のほうが物質波動が強いので、物質的な欲望も強い。頭脳の働きも肉体能力の一部ですから頭脳の働きが優れた人もいる。中にはこんな人もいます。

苫米地 英人

神が存在するなら
神が不完全な宇宙を創生したはずがない
神は人間の脳が作り出したもの
神は完全なら宇宙も完全なはず
神も仏も霊も人間が生きるよすがとして作り上げた想像の産物だ
世界は偶然性の確率に過ぎない

自分で天才と言ってるらしいですが、私に言わせれば単なる天才馬鹿で、これぐらいの頭脳は私の安物のパソコンより能力だけを較べたら低いのですが、困ったことに世の中ではこういう人が認められ出世して政治や経済・教育の指導者となっています。戦後アメリカ(この国を支配しているのは誰か分かっていますね)から導入された教育システムのおかげですが、これは為政者にとって、個を主張することなく流されて生きる人たち(ゴイムという名の奴隷)の大量生産システムです。

物心ついた時から、良く学びいい学校に行って、役人になるか大きな会社に入ってたくさん稼ぐことが人生の目的だと教える。本人が本当にやりたいことを見つけてやるより、みんなと同じようなコースを歩くと親は安心する。魂が成熟してくると、子供でも魂がどうすれば喜ぶのか、人生の目的が何なのか潜在的に分かってきますから、自己主張が強くなります。すると協調性がない子と思われて非難され、親も困るというわけです。

子供も親を悲しませるのは嫌ですから、だんだん個性は失われていく。メディアの嘘を疑うこともなく受け入れるほうがラクになる。こうして世の中の流れに流されて自己を見失ってしまった人生を送る人が大部分です。なんとかささやかな楽しみを見つけて誤魔化していますが、魂は喜んではいないのです。子供に教えるのは学問ではなく、本当は人生哲学なのです。何故生まれてきたのか、生まれてきた目的は何かを、まず易しく教えてあげる時代が来ることを願っています。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-26 10:44 | Trackback

もしも原発が標的にされたら

人気ブログランキングへ
ちょっと想像するに恐ろしい話をします。原発の危険性については福島の例を持ち出すまでもなく、もう誰もが分かってきたことでしょうが、原発がテロ(と見せかけた)の標的にされたらと考えている人はいるでしょうか?いないとしたら完全な平和ボケです。ノルウエイのように殺人ロボットに洗脳された青年が信じられないような事件を起こすこともあるのですから、気の狂った連中が日本潰しにどんな手を使うかわかりません。何が起きても不思議ではない時代なのです。

元気のいい若者たちの間では日本も核武装して、自分の国は自分で守るんだと力んでいる者が多いことも知っています。アメリカの核の傘の下にいるから安全であるとするのは、保守陣営で、すっかりその気になっているジーサン、バーサンも多い。しかし、現在の日本の現状を正しく判断すれば、この論理はまったく役には立たないことがわかります。日本には現在54基の原発があります。冷却に海水を使うため全て海の側です。

原発は電力を供給するために作られたものですが、中身は原子爆弾そのものです。爆発すれば広島や長崎に落とされた原発とは比較にならない威力を発揮します。地震や津波で冷却装置が壊れただけで、これだけの被害がでるのですから、これが一つでも爆破でもされたら日本列島ごとメルトダウン、もう日本には誰も住めなくなるでしょう。日本だけでなく朝鮮半島や中国沿岸も壊滅、地球全体に汚染は広がります。こんな危険で恐ろしい、まるで自爆装置のようなものを日本中の海岸沿いに作っておいて、本当に安全だと思えますか?

国籍不明の潜水艦が夜陰に乗じてこっそり近づいてきて、ひょこっと浮上し目の前にある原発に向かってミサイルなどを撃ち込んだらどうなるでしょう。日本の原発は全て海の側にあります。原子力潜水艦のような大きなものではなく、小さなものほど海岸に近づけます。ミサイルも核ミサイルではなく通常のもの、そして射程距離もわずかでいいのです。正確に原子炉に命中すれば原子炉自体が爆発して原爆以上の効果が出るでしょう。

世界情勢がどう変わって、どこの国がどのような行動を起こすか分かりませんが、日本はいつでも自爆する危険性を抱えているのです。こんな国に安心して住めというほうが無理です。直ちに全ての原発は運転を止め、廃炉にしなくては日本に未来はありません。国会議員の中には未だにエネルギー問題が解決されるまで原発が必要だなどと言っている知能の低い議員がいます。我が家の近くにも都知事の息子で○○ノビテルという議員が住んでいて人気があるようですが、こんな人が国会議員をやってるようでは日本民族滅亡してもしかたがありません。


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-25 10:11 | Trackback

テロリズムの背後で蠢く闇

人気ブログランキングへ
ヨーロッパでも指折りの経済的豊かさに支えられた平和な国ノルウェイで起きた爆弾と銃の乱射によるテロ事件は、世界に衝撃を走らせました。ニュースを読んで、こんな国にもテロリストがいるのなら、どこの国でいつでもテロ事件が起きても不思議ではないと思われた方も多いのではないでしょうか。私も当初、そう思いました。こうして世界中が何度も何度も騙されてきたのです。

報道されたニュースの表だけをみれば、ノルウェイの移民政策に不満を抱く一人の極右の青年の過激な行動のように思えます。これだけの事件を起こすには、かなり用意周到な計画と準備、資金が必要でたった一人では無理です。背後に組織があるのではないかとも書かれていますが、おそらく実行犯はいくら問い詰めても、背後にある組織については口を割らないでしょうし、もしかしたら本当に知らないかもしれないのです。

私の推理が正しければ、おそらく犯人はマインド・コントロールされています。政策に不満を抱く極右の思想の持ち主であることは正しいでしょう。そんな青年はどこの国にもいます。そんな青年がある組織に、テロリストとしてリクルートされ訓練を受け、資金を援助され、もしかしたらマイクロチップまで埋め込まれて洗脳を受けて、実行犯として行動するように仕向けられたのだろうと思います。

冷戦終了とともに始まったテロとの戦いというスローガンは、闇の勢力が作り出したものです。アルカイーダという勢力もなかった。ロックフェラーの智慧袋ブレジンスキーがアフガニスタンの貧しい山岳民族に資金と武器を提供して育てたのがアルカイーダです。既に多くの人々は911事件がアメリカのやらせ事件であることを知っています。テロリストが世界の平和を脅かすから軍事力を増強しなくては平和は来ないゾと世界を騙して始めたのがテロとの戦いであり、各国への最新兵器の輸出で儲けてきたのが闇の勢力です。

テロリストが実際にはいないことになったら、この論理は崩れますからテロリストは作り出さなくてはなりません。紛争がなくなったら兵器は売れませんから紛争も作り出さなくてなりません。エネルギー利権を失くさないため、中東では自作自演の紛争を巻き起こして、一般市民を巻き添えして殺人を繰り返しています。2005年のロンドンの地下鉄事件も真実が明らかになってきています。背後で蠢いているのは、CIAでありイスラエルの秘密組織モサドでしょう。闇の勢力の実行部隊です。

いったい、いつになったら世界に平和が訪れるのでしょう。未だには日本はアメリカの軍事力のおかげで平和が保たれていると信じ込んでいる人々がいます。そういう人たちが今の政治を支持しているのです。間接的にイルミナティーを応援しているのと同じです。軍事力に費やすお金を平和のために使えば日本どころか世界はたちまち平和になることがどうして分からないのでしょう。闇の勢力に騙されているのです。遠い外国の事件だなどと思っていると日本でも同じようなテロ事件が起きますよ。自分が巻き込まれないと目が覚めないのでしょうか。

おまけ
12歳の日系カナダ人の少女セヴァン・スズキの伝説のスピーチを聞いてみてください。目が覚めますよ。

http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_future_20101011_0650

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-24 10:36 | Trackback

ユダヤが解ると世界が見えてくる

人気ブログランキングへ
昨日、アメノウズメ塾の映像を見ていたら、宇野正美さんが講演している映像がありました。お元気そうで安心しました。というのも、どこからか圧力がかかっているそうで、最近ではどこも彼の著作を出版しないのだそうです。残念なことです。「ユダヤが解ると世界が見えてくる」は名著で、私はこの本からユダヤとは何かを学びました。

amazonで調べてみたら、古本で¥1で売られていました。これだと送料¥250のほうが高い。もったいないとはこのことです。まだ読んでない人は是非注文してみてください。トータル¥251です。宇野さんの著作が途絶えた後、ユダヤについて調べたのが大田龍氏で、彼の著作物も出版社を変えて何冊か出版されましたが既に亡くなりました。私も一冊ぐらいは記録として印刷物にしてみたい気持ちがありますが、このブログの内容ではどこの出版社も敬遠するでしょうね。諦めます。

ユダヤというと昔から世界中から嫌われています。それなのに、現在の世界を動かしているのもまたユダヤです。そのわけを簡単におさらいしてみましょう。ユダヤといっても2種類あるのはご存知でしょうか。ユダヤ民族(セム系)であり、ユダヤ教徒であるスファラディーユダヤ人とユダヤ民族でもなく、ユダヤ教徒でもないアングロサクソン白人系のアシュケナジーユダヤ人です。

宇野説によれば、昔イスラム教徒とキリスト教徒に挟まれたカザール帝国という国が、どちらにも組しないために国教をユダヤ教に改宗したのがアシュケナジーユダヤの始まりだといいます。そして現在ユダヤ系と呼ばれて、世界支配を目論んでいるのは、このアシュケナジーです。ユダヤ教の聖典といえばタルムードで、非常に選民意識の強い教えです。この選民意識とアングロサクソンの白人至上主義が結びついて生まれたのがシオニズムやNWOの思想のように思えます。

大田龍氏の著作に「聖書の神は宇宙人である」というのがあります。タルムードに選民意識が強いのは、アヌンナキたちが奴隷として作った地球人を支配するのに、自分たちを神と崇めさせた思想が彼らが地球を去った後も残って最後に作った地球人に受け継がれているからではないでしょうか。

イルミナティーを頂点とするフリーメーソンの思想もこのあたりが原点になっています。カザールの人たちはユダヤ教に改宗した人もいたのでしょうが、一部の過激な家族は秘儀を生み出し、秘密結社を組織し幽界の低層と結びついて、お金の神様アモンを崇めたりルシファー信仰を始めます。それが悪魔の13血流というイルミナティーを支配する家族たちです。それが現在存在する300人委員会とか、ビルダーバーガーズと呼ばれる人たちです。

純粋なユダヤ人は今もイスラエルで貧しい暮らしをしているようですが、現在ではスファラディーとアシュケナジーは混ざり合ってしまって厳密には区別できません。セム系は鉤鼻が特徴で、アシュケナジーはアングロサクソンですから金髪碧眼です。肌の色が違おうと、どこの国に生まれようと人間は神の元には皆同じですから、彼らの考えは間違っているのですが、そんな思想がこれまで地球を覆ってきていたのです。過去の多くの戦争も彼らが企てたものです。しかし彼らはもう退場します。彼らの時代は終わりました。

人間の欲を利用した金権主義も金融工学などという詐欺システムの破綻から世界の金融システムは崩壊しようとしています。エネルギーをコントロールすることで世界を支配してきましたが、それも破綻しようとしています。今まで長いあいだ、地球を覆っていた闇が暴かれ、壊れていきます。誰もが平等で明るく笑って暮らせる時代がそこまで来ています。

参考資料 イルミナティーを構成する家族たち
ロスチャイルド家、ロックフェラー家、デュポン家、ケネディー家、アスター家、バンディー家、コリンズ家、フリーマン家、ラッセル家、ファンダイン家、李家、ブッシュ家、ウインザー家、レイノルズ家、クルップ家 (フリッツ・スプリングマイヤー著 The top 13 illminati bloodlinesより)

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-23 12:24 | Trackback

悪い奴ほど良く眠る

人気ブログランキングへ
東電OL殺人事件は以前から冤罪の臭いがして、ノンフィクション作家のネタにされてきたのですが、今頃になって何故かDNA鑑定が行われ、再審になりそうな雲行きです。名匠黒澤明の「悪い奴ほど良く眠る」も顔負けのビッグ・スキャンダルですがこれまで東電といえば政治家、マスコミは言うに及ばず、検察から裏社会まで金力で黙らせてきた実力者でしたから、誰も真実を暴くことは出来なかった。

それがこのような展開を見せてきたことは、やはり世の中の流れが変わってきたのでしょう。闇に覆われたベールが一枚ずつ剥がされていく。原発事故も起きなければ東電会長として経団連の重要な位置に君臨し、日本経済のリーダーとしての役目を担ったとして尊敬され、莫大な退職金を手にし、老後は悠々自適な生活が保障されたはずです。

それが一転して、会社の存続も危うくなり、この事件の真実が白日の下に晒されれば死刑台へのエレベーターに乗ることになるかもしれない。自分の部下だった渡辺父娘の死の謎が暴かれれば、これからは悠々自適どころか眠れぬ夜が続くことになる。これまでに明らかになっているジグソーの破片をつなぎ合わせてみると次のようなストーリーが浮かんでくる。あくまで私の推理ですが・・・

T電力のエリートだったKは、東大卒の優秀な部下であったWに美貌の娘がいることを知って、自社への入社を勧めて入れる。そしてKは娘に自分のオンナになることを迫る。父への処遇や自分の出世を約束されたこともあって娘は承諾し、Kの肩入れもあって父娘は出世していくのだが、父親が原発の恐ろしさに気がついて、次第に反原発派に転向していく。

可愛がっていた部下の裏切りに怒ったKは、まず父親を閑職に追いやるが、それでも態度を変えないことが分かると、裏社会の人間を使って病死に見せかけて消してしまう。娘もやはり裏社会の人間に頼んで性の奴隷になるように調教してもらう。かくして娘は昼はOL.夜は身体を売る二重生活を始める。お金に執着していたようだから、お金絡みのトラブルの罠に嵌っていたのかもしれない。Kはそれでも満足せず、スキャンダルを恐れ自分との過去を誰にも知られないうちに、最後は命まで奪うことを命令したのだろう。

大会社のエリートOLが夜の商売をしていることは、写真週刊誌の嗅ぎ付けるところのなり当時既にスキャンダルとして騒がれた。電力会社はもみ消しに必死で週刊誌を告訴までしている。良家の子女として生まれた彼女をここまで追い詰めたのは、父親を亡き者にし、自分を貶めたKに対するせめてものささやかな復讐だったのではなかろうか。週刊誌には彼女自身がリークしたのだろう。しかし結果は悲惨なものとなった。

東電OL殺人事件のこれまでのあらまし

必殺仕置き人というテレビドラマがありました。昔から役人は腐敗していたから袖の下に弱く悪がのさばる構図がありました。そんな時、天に代わって成敗してくれたのが必殺仕置き人ですが、今の世の中にも必要ですね。この事件は明るみに出ましたが、まだまだ闇に埋もれている冤罪事件も多いと思われます。ワルがいつまでものさばるようでは殺された父娘も浮かばれません。真実が一つでも多く表へ出るように、最後は必ず正義が勝つように祈ります。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。お出かけになる時は、こちらで風向きを確かめてから。

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-07-22 11:00 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧