ひとりごと、ぶつぶつ

<   2011年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

アポロは20号まであった???

人気ブログランキングへ
出版に関してコメントを寄せて下さった皆様、有難うございました。心から感謝を申し上げます。概して出版には好意的な内容なので前向きに検討させていただきます。交渉の進捗状況は逐次ご報告致します。さて、ブログ更新しなかった週末に本を一冊読みました。「フリーエネルギー、UFO,第3起電力で世界は大激変する」井出治著、ヒカルランド刊です。

内容は著者の井出氏がフリーエネルギーを開発成功するまでの経緯と内容、実用化された後の世界に与えるインパクトの大きさなどで、詳しくは明日取り上げようと思いますが、何故今日書かないかといいますと、この本の序文を書いている船井幸雄氏との対談が冒頭にあるのですが、その内容の重大さにまず引きずり込まれてしまったからです。

アメリカが大嘘吐きの国であることは911事件をみてもはっきりしていることで、ネットの世界ではアポロ11号も月には行っていなくて、映像はロンドンのスタジオでスタンリー・キューブリックが撮影したものであることが定説になっています。私もそう思っていますが、この井出氏の月の謎と題した証言もまた面白いので紹介します。その一部を引用しますので読んでみてください。判断は各自にお任せします。

引用開始**アメリカは宇宙計画を始めて、何回も探査機を飛ばして、月に何があるかというのは、60年代までには摑んでいたんですよね。月の裏側にはいろいろな基地があったり、あるいは表側にもものすごい構造物があるということを全部知ったうえで、あえて実行したのがアポロ計画なんです。アポロ8号ががはじめて月を10周、周回した。そのときの宇宙飛行士3名は人類ではじめて月の裏側を目撃した。

その後、アポロ11号が史上はじめて月面着陸に成功したときに、世界中に中継する際はどのようにしないといけないのか、が中継する側にとって大問題となった。とにかくUFOがすぐに画面に入ってくるわけですよね。それが世界中に流れたらとんでもないことになると。それを回避するために、何をやるかということの結果が、月面に関するインチキ写真の捏造になったらしいのです。

つまり月に降りたのは事実だったが、撮影はインチキだったらしい。月面と同じ風景のスタジオを地上に作っていたというのです。で、月面中継でUFOや何か変なものが画面に入った途端にパッと地上のスタジオに切り替えて、約2時間遅れて画像を世界中に放映したということです。だから、当時のアマチュアのハムのちょっと気の利いた人は、直接月からの電波を受信できていたのですよ。「ああ、何か出てきた」と宇宙飛行士が騒いでいるのが全部入ってますよね。

アポロ11号はレーザーリフレクターを月に置いてきたんです。いろいろな国の科学者がそれにレーザーを当てて反射させて、月の距離を測る実験に使っていたことから、それは確かなことです。その後どうして月に行かなくなってしまったかとうのは、行けば行くほど、一般の大衆が知ったら困ることが明らかになってくるわけで。行けば行くほどやぶ蛇だと。だが実際は情報によるとアポロ20号まで行ってる。17号までしか表面的には行ってないのですが、うわさによるとアポロ20号まで行ってますね。(中略)

月の裏側に基地があって、異星人がそこを拠点に地球に来ているらしい。だから「かぐや」が月の裏側をまったく中継しないですね。一ヶ月たったら月の表面がくまなくわかるんです。JAXAの広報室に行ったら2~3分ごとの途切れ途切れの映像を見せてくれますが、それ以上は見せないです。「どうして一周丸ごと見せないの?」と言ったら「いろいろ理由があるんでしょうね」と。とにかく今までで一番分解能の高いハイビジョンカメラを使って、月の表面から100キロ地点でぐるぐる回っているわけですからね。***引用終わり

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_9534522.jpg

by 892sun | 2011-10-31 09:44

ご意見を賜りたく候。

人気ブログランキングへ
私はメカには弱いくせに自分のアニメーション・カメラをコンピュータ制御したモーション・コントロール・システムを考え出したくらいですからNECが最初に出したPC8800が出た頃から、これからはコンピュータの時代だ、電子化だと思っていました。撮影の仕事から離れたあとも、情報発信にはなんといってもパソコンだと、なんとか工面して安物パソコンを買ってHPなども立ち上げたりもしました。

今はパソコンの普及率も高くなり、もう必需品としてパソコンがなければ仕事にならないようなのが世の中の現状です。出版の世界も電子書籍が評判を呼んでいるぐらいですから、活字文化は衰える一方ではないかとずっと思っていましたので、自分の書いたものの出版物など夢にも考えたこともなかったのですが、ひょんなことからひょんなことになって、もしかしたら自分の本が出せるかもしれないことになってきました。可能性が1%で生まれるといろいろ考えてしまいます。ネットではなく活字じゃないと嫌だという人口も相当あるのですから。

昔からあるのが自費出版という方法です。出版社の販売ルートには載せてもらえるけど、初版本は買い取りの保障をするというもので、多くの出版社が出版を一般から募集しています。生活するのがやっとという私にそんな余裕があるわけない。しかし、取り敢えず向学のために出版社に何冊買えばいいか聞いてみた。出版物の損益分岐点は4000部だということは前から知ってはいたのです。1冊1000円だとしても四百万円、宝くじにでも当たらないと無理ですから考えたこともない。だいたい素人の書いた本などお金を払って買うわけがないと。

過去に書いたもののサンプルをプロの視点で読んでもらって、出版に耐えられる内容になっているかどうか、なおかつ買取保障の冊数を尋ねた答えのメールが今朝届きました。内容的にはOK,最低買取部数は1000部だった。ええー、1000部だけでいいの、もしかしたらもしかする数字です。しかし1000部といっても百万円、とてもそんなお金はないが、或る考えが閃いた。俄然色気が出てきました。

それは予約出版というアイデアです。予約を取って予約が1000部に届いたら出版してもらう方法です。予約をして購入してくださった場合は原価販売、例えば定価1300円ぐらいだったら1000円+送料で、定価1500円ぐらいだったら1300円+送料。予約が1000部に届かなかったら原則中止。だいたい1000部も売れないような本では著者の自己満足のための出版であり、世の中にとって必然性がないのだから止めるのは当然です。そこで今日は読者の皆様にご意見をお伺いしたいのです。

コメント欄を期間限定で開けますからご意見をお寄せください。但し返事はしません。反応を見て決めたいと思います。正直に「オメーの本なんか読む気はネーヨ」でも構いません。まだ予約は入れないでください。あくまでこれは読者の皆様のご意見を賜るためです。よろしくお願いいたします。

追記
本の内容について書き忘れました。たぶん120ページから150ページくらいになると思いますので、過去6年間、1500日分の記事のなかから厳選して、これだけはどうしても伝えておきたい、この世の仕組みに50ページ、あの世の仕組みに50ページ、残りはHPからのスピリチュアル・ショートショートを予定しています。読み終えて、他の誰かにも読ませたくなるような本になればと思っています。

明日と明後日も引き続きご意見を受け付けることに専念したいと思いますの、日記はこのままにしておきます。どしどしお書き込みください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_1153112.jpg

by 892sun | 2011-10-28 11:41

夢見る68歳

人気ブログランキングへ
これまでの社会システムが全部壊れていきますから、このシステムしか知らずに目指してきた人や、このシステムで利権を得てきた人たちはなんとかしがみ付きたいと必死ですから、どこを見ても滅茶苦茶、末期症状を示しています。政治もそうだし経済もそう。命が脅かされてるのに、未だにゼニカネのことしか頭にない。馬鹿につける薬はない、放っておくしかありません。

こんな連中には未来はないし夢を思い描く余裕もないでしょうが私には未来も見えるしビジョンもある。夢は必ず実現すると思っていますから、新しい時代になったら何をしようかといろいろ思いを巡らせます。カネで苦労した人生だったからカネの束縛から抜け出せるのがなにより嬉しい。オトコの価値判断を財力で決められるような時代はもう御免だ。

窓を開けると、水平線の彼方から朝日が昇ってくるのを眺められるような、海辺の小高い丘の中腹にロッジを建てて住もう。家の周りには果物などの実のなる木をいろいろ植えよう。小さな野菜畑とお花も育てよう。身寄りのない猫や犬をみんなそこに集めて放し飼いにして面倒みよう。

スナイプ級ぐらいの小さなヨットが一艘欲しいな。セーリングしたり、時には岩場で素もぐりしたり、釣りをしたり、浜辺で昼寝をしたりする。私はすっかり若返り、日焼けした身体をそよ風がなぜていく。

トーゼン恋もするゼ。テレパシーで通じ合えるから、どこの国の人とだってコミュニケーションできる。どこの国だって瞬時に行ける。同じバイブレーションだから誰とも気が合ってすぐに仲良くなれる。恋人がたくさん出来るかもしれないな。

旱魃がなくなって緑が蘇ったアフリカへ行って野生の動物たちとも遊びたいな。象やキリンやカバもいいけど、やはり好きなのは猫科のライオンやヒョウ。ヒョウって本当に顔もスタイルも惚れ惚れする。ずっと見てても見飽きない。一緒に寝そべって撫でてあげたい。

お気に入りの彼女と二人で宇宙ランデブーもいいな。地球を一回りして朝から夜へと変わる地球を二人で眺めてみたい。小型UFOの操縦って難しいのかな、狭くて渋滞する地球の道路を走るよりはずっと簡単だろう。

こんなことが本当に出来る時代が間近に迫っているのですよ。信じられる人だけにね。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_1142673.jpg

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-10-27 10:56

ああ人生、我が心の命ずるままに

人気ブログランキングへ
昨日からの続きです。阿佐ヶ谷にアパートを借りたが3畳一間で自炊もできないので、食事は全部外食だった。デザインスクールを終えて阿佐ヶ谷にたどり着くと駅前にスナックがあって、そこでスパゲティー・ナポリタンを食べる。たしか100円か120円だった。店主は元プロボクサーで、私のことをカクちゃんと呼んで可愛がってくれた。私の名前はカクとも読める。

毎晩通っているから知り合いも増えて、注文したのはスパゲティー一皿なのに、酔っ払って帰った。お酒の味を覚えたのも、童貞を捨てたのも阿佐ヶ谷だった。相手もバージンだった。気がつけば妊娠していたが、とても子供を育てられないことは分かっていたので堕した。そして別れた。甲斐性のない自分が悔しかった。哀しかった。

ハウスドライバーの仕事もなくなってデザインスクールにも通えなくなったが、この仕事を紹介してくれた先輩が責任を感じたのか、独立するから手伝ってくれといわれたので雇ってもらうことにした。仕事はやはり写真関係だったが、見通しが甘くすぐに行き詰った。そんな時、デザインスクールのクラスメート(彼は私生児だったが、母親のパトロンがお金持ちらしくて新宿でロシア料理のレストランを経営しながら学習院に通い、なおかつデザインスクールにも通ってきていた)の彼女から原宿での焼き鳥屋のアルバイトを紹介してもらった。

彼女も面白い女性で、日活の裕次郎を取り巻く青春俳優、HN,MT(彼らは兄弟)そしてHNとYMは後におしどり夫婦として有名、などの作る独立プロのマネージャーをしていた。毎晩焼き鳥を焼いて酔客の相手をしていたが、この焼き鳥屋を経営する女性(この人も或る代議士秘書の東京妻)がタレント養成のプロダクションを作ると言い出して、そちらも手伝うことになった。

事務所は青山。ピアノを入れて歌手志望の人にレッスンをしたり演劇の勉強などを始めた。始めは員数合わせでちゃっかり私もレッスンに加わったり、その他大勢のタレントの仕事などは参加もした。ギャラが出れば何でもやった。宣材用のプロフィール写真は私が撮った。そこで演技の指導をしていたのがSと言う人。焼き鳥屋の客でもあった売れない役者。声は太くて素晴らしくいいので洋画やアニメの声優などもやっていた。この人のかみさんの実家は映画機材のレンタルやら修理をしていたこともあってアニメーションにも詳しかった。役者だけでは食えないのでアルバイトをしていたのだろう、どこで覚えたのかアニメの撮影も知っていて、アニメ撮影のアルバイトがあるとアシスタントに連れていってくれた。

映画撮影でもアニメ撮影は特殊撮影ということになる。1秒24コマで動くモーターを付け替えて1コマずつ撮影できるように改造し、クレーンのようなスタンドで吊り下げて、下のテーブルにセットした動画を1コマずつ根気よく撮影していく。もともと写真技術の素養はあったから、手伝っているうちに自分でも出来そうな気がしてきた。カメラのムーブメントが分かればフィルムが長尺に代わるだけだ。そこで、アニメカメラマンの募集を知って面接にいった。アシスタントは給料が安いことを知っていたからカメラマンとして応募した。今にして思えばいい度胸をしていたものである。これがアニメーション・カメラマンとしての私の第一歩ということになった。

最初の作品はテレビ用のアニメ「赤き血のイレブン」というサッカー漫画を原作にしたもの。アニメ撮影は素人だったがなんとか誤魔化してカメラマンになりきっていた。しかしテレビ作品も次の作品の製作が決まらないとまたお払い箱になる。次に就職したのはテレビ制作会社ではないアニメ専門の撮影スタジオだった。「田舎っぺ大将」やら「ガッチャマン」など撮った。ここのボスは電通の特撮カメラマンだった人で実写も撮れる。空撮でヘリから東京上空を撮る仕事があった時、アシスタントに使ってもらった。高所恐怖症で、高いビルから外を見ただけで足がすくむのに、ヘリだと空を飛んでいるようで全然怖くなかった。何故だろう。

このスタジオに撮影の依頼に来ていたのが九里洋二氏などと並ぶ日本というより世界に知られた有名なアニメーターだったRK氏。ゲバゲバおじさんは自画像だともいわれている。彼に信頼されて独立を果たし、彼の作品を一手に撮影するようになる。これが第三の転機になった。

18歳で上京した紅顔の美少年も、その頃すでに25歳を過ぎて三十路にさしかかろうとしていた。40年も前の出来事が昨日のことのように蘇る。光陰矢の如しである。

昔のテレビは面白かったなあ

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_10594317.jpg

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-10-26 10:39

山あり谷あり、だから人生は面白い

人気ブログランキングへ
思い出話の続きです。我が家の家系は辿っていくと伊勢の外宮の神官にまで行き着きますが、祖父の代から百姓で、父も母も畑と水田合わせて5反余を耕していました。大家族ですが食っていくだけなら充分です。父はとても器用な人で蜜蜂なども飼って蜂蜜を採取していましたし、地元の製造工場から仕事を貰って、マニラ麻を仕入れて撚って魚網やロープの元になる太い糸を作って納めていました。半農半工で現金収入を得ていたのでしょう。

昔は産めよ増やせよの時代で私は10人兄弟の末っ子でしたから兄弟が多いと教育費もばかにならず、親は尋常小学校卒ですから私も中学を出たら就職するつもりでいましたが、長兄がこれからは高校ぐらいは出ないとダメだといって学費を負担してくれたので受験勉強もせずに地元の高校の商業科に入りました。勉強は大嫌いでしたが、なぜか成績は悪くなく人気もあったので中学では生徒会長などやったりしました。

高校でも成績は良くて、珠算3級、簿記2級をとって銀行に就職は決まっていたのですが、ここで人生の最初の岐路がきた。そのまま先生のいう通りにしていれば平凡な銀行マンとしての人生を過ごしたと今でも思っています。ところが、他人の財産の銭勘定などしてなにが面白いかと心が囁くのです。で、先生には酷く叱られましたが銀行を振って地元の酒の卸の会社に入った。運転出来ないと仕事にならないということで、費用を会社が負担してくれて自動車教習所に通いながら働きました。

一年ほど経つと心がまた囁きだした。田舎にくすぶっていていいのか?本当はやりたいことがあるんじゃないかと。そこであてもないのに夜汽車に乗って上京したのです。頼りにしたのは中学の同級生が蕎麦屋で働いていたので、そこを訪ねた。一緒になって仕事を探してくれて目黒のカメラ店に住み込みで働くことにした。写真が好きでしたから写真関係ならどこでもよかったのです。

けっこう手広いカメラ屋でチェーン店などあってモデル撮影会などもやっていたので、最初は満足していたのですが、他人のカメラの相談に乗っていても面白くない。撮影技術が覚えたいと、こんどは墨田区の写真館に再就職。ここはけっこう大きなスタジオがあって日本橋白木屋デパートの宣材写真などを撮っていた。いわゆるコマーシャルフォトです。ここでは本当に勉強になった。しかしここにいたのも1年ほど。ここにもっといれば本当に商業写真家として名を成したかもしれない。第二の転機です。

ここに出入りしていたアートディレクターやデザイナーに影響を受けた。商業デザインの勉強がしてみたくなったのです。タイミングよくそのスタジオの先輩の一人でよく面倒をみてくれた人からこんな話がきた。外資系商社に勤める自分の兄が今度駐在するアメリカ人の家庭でハウスドライバーを探している。8時~5時で時間は守ってくれし、ここより給料は高いから夜間の学校なら通えるから、デザインスクールに入ったらどうかと。

住み込み生活に嫌気も差していたから飛びつきました。外人の家はホテル・ニューオータニ近くの紀尾井町の豪邸。面接にいって英語は話せませんといったら「go shun pai nac」(ご心配なく)といわれて決まり。日本語出来るのかと思ったが全然で、朝行って車磨いてるとその日行くスケジュールが紙に書いて渡される。家族はアメリカンスクールに通うお嬢ちゃん二人の4人家族、学校の送り迎え、チョー美人奥様の買い物に付き合うなどで仕事はらくだった。阿佐ヶ谷に3畳のアパートを借りて中央線で通った。夜は代々木のデザインスクールに目出度く入学。

順風満帆な毎日だったのに、長くは続かなかった。1年ちょっとで外人さんに帰国命令が来た。私はお払い箱。ここからが辛い日々が続いて面白いのだけれど、長くなったので続きはまた明日。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_10331613.jpg

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-10-25 10:24

官僚に寄生されたパラサイト国家

人気ブログランキングへ
私のように極楽トンボに成りきってしまって、アセンションを夢見み次なる新しい時代になったら何をして過ごそうかなどと楽しいことを次々考えている人間には未来は光り輝いているのですが、精神世界に興味もなく現実的思考しか出来ない人たちには日本の未来は暗澹たるものでしょうねえ。

素直で親の言いつけを良く守り、よく勉強して一流大学を卒業してお役人になる。いわゆる勝ち組。在職中は高給をとり、天下り先の特殊法人をセッセと設立して、年金基金を食い潰したり、紙切れでしかないドルにつぎ込んで国家資産を減らしても何の責任を取ることもなく、時を見計らい天下る。国のカネはオレのカネだもんね。二度も三度も天下って何度も高額な退職金を手にして莫大なを財産作ったはいいが、さて、こういう人は強欲だからもっと増やしたいと株やら為替やらに投資するが、残念ながら今のマーケットはインサイダー情報でもない限り、一般投資家は損をするように出来ている。

日本の銀行に預けておいても利息は安いからと海外の利息の高い銀行へ口座を作って送金するのだが、銀行と税務署はグルになっているから、高額な送金などすればすぐに税務署が飛んできて痛くもない腹を探られる。自分で持ち出そうとすれば税関に捕まる。そうかといって箪笥預金では安心して夜もおちおち寝られない。旨い物たらふく食べて、飲んでいるうちに糖尿病だの痛風になる。カネはあっても使い方を知らない哀れなオトコはあの世に財産が持っていけないことをやっと悟るがもう遅い。

こんな人間の集団が日本という国家の中枢にいてこの国を牛耳っているのです。これから一流大学を出て、こんな出世コースを夢見ている若者にはもっと未来はないよ。100年安心といわれた年金基金は、君らが目指す役人どもがとっくに使い果たしてしまって破綻しているから支給年齢がどんどん遅くなる。TPPを結べば国民医療も破綻するし、増税に次ぐ増税でいくら高給を貰っても豊かな生活など夢のまた夢。そんな国家を日本は今一目散に目指しているわけ。自殺する人が増えるわけだわ。

いくら勉強ができたとしても、カネこそ我が命、物質こそ実在と思い込んでいる人に明るい未来はない。自分とは誰か?人生とは何か?自分は何故生まれてきたのか?今までと同じような生き方でいいのか?本当の豊かさとは何か?全部意味がある。馬鹿な親のいいなりに勝ち組を目指そうとしている諸君、今一度、歩みを止めて自分を見つめてみるいい機会かもしれないよ。
人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_1134337.jpg

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-10-24 11:18

子供の頃の思い出あれこれ

人気ブログランキングへ
ふと子供の頃を思い出しています。私の生まれたのは昭和18年で、太平洋戦争の真っ只中でした。母は、畑仕事をしていると艦載機が飛んでくるのが見えると私を抱いて急いで畦の中へ身を伏せて隠れたようなことを話してくれましたが、私には戦争の記憶はありません。

生まれた村は今は蒲郡市になっていますが、昔は塩津村といいました。今は三河湾国定公園の一分となっています。とても風光明媚なところで、遠浅の海岸を利用して名前の如く塩田が広がっていました。学校が終わると、夏はランドセルを放り投げて一目散に塩田の中を走って海に向かいます。家は海岸から1キロほどのところにありましたから海が遊び場だったのです。

秋に2学期が始まる頃には真っ黒に日焼けしていて、前後の見境がつかない、その頃流行ったダッコチャンのようだとよく言われたものです。町の子は海水パンツを履いていたようですが、私のまわりの子はみんな「すいこん」というのを母親に作ってもらって前を隠していました。ストリッパーが最後にはずすバタフライに似ています。ちいちゃなオチンチンですから充分だったのです。

隣の岡崎は空襲にあって焼けましたが私のところは空爆されませんでした。戦後進駐軍が長いこと駐留していましたが、空から見て美しいことを知っていたので、空爆せずに残しておいたのだろうと噂されていました。近くに吉良という町があります。浪曲「荒神山」の吉良の仁吉の出身地ですが、もっと有名なのは吉良上野介。徳川家のお側用人。

徳川家康の出身地は岡崎で、三河武士は家康の側近を固めていたので幕府でも代々高い地位にいたのでしょう。上野介は赤穂(ここもまた製塩の盛んな土地柄です)の殿様に製塩のコツを聞き出そうとしましたが、秘伝ということで断る。というよりは殿様が製塩の仕方など知らなかったのでしょう。こんなことがあった後、浅野のお殿様は徳川家から他のお殿様の接待役を仰せ付かるのですが、行儀作法の先生は吉良様ですから作法を聞きにいくのですが、あっさり断れてしまいます。後に皆様良くご存知の「赤穂47士の討ち入り」事件が起きたのにはこんないきさつがあったようで、地元では良く知られた話です。仇役の吉良上野介は地元では名君だったといわれています。

中学生になった頃は夏休みになると岡崎に泊まりに行きました。祖父の弟が畳屋さんで、私と歳の近い息子さんがいたからです。矢作川に釣りにいったり映画に連れていってもらいました。この畳屋さんの家はとても面白い造りでした。小部屋がいっぱいあったり粋な中庭があるのです。昔は置屋だったのです。いわゆる赤線地帯の町のなかで畳の張替えは繁盛したのでしょう。子供の頃は気がつきませんでしたが大きくなって気がつきました。

矢作川にかかる矢作橋にも面白いエピソードがあります。水飲百姓の倅、日吉丸(後の豊臣秀吉)が橋の上で筵をかぶって寝ているところを通りがかった盗賊の親分蜂須賀小六が足を踏んずけて通り過ぎようとしたので、イチャモンをつけますが、俺のような男にイチャモンつけるのはたいした度胸だとかえって見込まれて子分に取り立ててもらうのです。これが秀吉の出世街道の始まりになったといわれています。長くなったので、続きはまた。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_1215112.jpg

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-10-23 11:55

官僚の水槽で泳ぐ野田どじょう

人気ブログランキングへ
高橋洋一氏のツイッターへの書き込みで知って発売前からアマゾンに予約を入れていた「財務省が隠す650兆円の国民資産」が届きましたので読みました。まさに財務官僚の生簀か水槽で飼われているどじょうだという思いを強くしました。

野田どじょうは松下政経塾の一期生、その松下氏は国家無税論者で日本を税金のいらない国にしようという理想を掲げてきた人だ。その薫陶を受けてきたはずの人間が国難ともいえる時期に財務省のいいなりに率先して増税路線を牽引しているのは許せない。松下政経塾でいったい何を学んできたというのだろうか。

著者の高橋洋一氏は大蔵省(財務省)OBで内情に詳しい。国民には知らされていない日本の財政事情を一民間人としての立場から詳しく説明されているので、経済に疎い方など誰にでも理解できるだろうし、この際日本経済について勉強して増税やむなしなどと政府に騙されないようにしなくてはいけない。本文は是非本を取り寄せて読んでいただくことにして、帯やらカバーに書かれていることだけでもここに載せておくことにする。

     増税は不要!!今すぐ使える300兆円を震災地と日本経済のために

一般国民が憂慮するように、たしかに日本国の借金は1000兆円に迫ろうとしている。しかし、その資産も膨大、なんと650兆円もあるのだ。この数字はアメリカの150兆円の4倍にもなる巨額なもの。日本国の資産は世界一、まさに金メダル級なのである。それを国民の目から隠し、自分たちだけで自由に使いたい・・・それが財務省、そして日本の裏支配者たちの願望なのである。

今すぐ使える金融資産・300兆円

○特殊法人・独立行政法人への貸付金=155兆円

○政府所有の有価証券=92兆円

○特殊法人・独立行政法人への出資金=58兆円

○政府所有の現金・預金=19兆円


これだけではないよ、かねてから私が主張しているように、日銀にポンと出させればすむことだ。国債の日銀引き受けは禁じ手のようにいわれるが、毎年やっていること。今年の枠だけでも18兆円はすぐ出せる。何故今年だけ渋るのか、それは復興に名を借りて増税したい財務省の意向を汲んでいるからだ。9兆円だけで復興できるわけがない。それを賄う金がないから国民には増税だといいながら、韓国へは5兆円も気前よく支援の約束をして帰ってきた。国民を馬鹿にするにもほどがある。

TPPの問題も辺野古移設の問題も拙速すぎる。オバマからAPECまでに答えを出すように言われたようにNHKは報道していたがオバマが言ったわけじゃないだろう。キャンベルになんて脅かされたんだから知らないが、あれからずっと脅えているように見える。目が宙を泳いでいるよ。それぐらいは分かっていて民主党の代表に立候補したんだろ、裏の支配者を知らないとは言わせないぞ。アメリカにはやります、やります、すぐやりますと言いながらいつまでもグズグズしてればいいんだよ。今にアメリカは自分から潰れていく。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_11541897.jpg

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-10-22 11:38

元凶は中央銀行制度にあり

人気ブログランキングへ
ギリシャが経済不安に陥り5万人もの人々が国会議事堂を取り囲み抗議行動を行っています。ギリシャ政府が大規模な公務員削減、給与カット、増税を打ち出したことに対する抗議です。アメリカでもウォールストリートのデモから始まった格差社会への抗議行動は全米に広まり世界的規模にまで発展しようとしています。1%の金融寡頭勢力に対する99%の被搾取勢力の抵抗が始まったのです。この流れはこれから益々勢いを増していくことになるでしょう。

ギリシャについていえば、私はどうせこのまま行っても破産は間違いないのですから、あっさりデフォルト宣言をしてユーロ圏から離脱したほうがいいと思っています。長引けば長引くほど国民は借金に苦しむだけです。破産宣言して借金をチャラにすれば、対外的な信用はなくしますが国民は救われます。メディアはギリシャ政府の放漫経営、公務員の多さ、南欧人種独特の解放的な生活態度など原因をあれこれあげつらっていますが、本当の原因はユーロに加盟したことにあります。

ユーロに加盟することのメリットをうたい、加盟しないとヨーロッパの中で孤立するとか、自由貿易に障害が出るとかいって強引に加盟させ、ユーロをどんどん貸し付けた結果ですから貸したほうにも問題があるのです。今、ECB(ヨーロッパ中央銀行)が最も怖れているのはギリシャに対する債務の焦げ付きで、債権を持っている他の銀行がドミノ倒しのようになればユーロとその元締めであるECBそのものが破綻するのです。

これまでも日銀が日本の不況の元凶であること、日銀という中央銀行のシステムに問題があることを指摘してきました。イギリス、アメリカ、日本、そしてヨーロッパは中央銀行が紙幣を発行しています。中央銀行が国家のものであるなら問題はありませんが、これらの中央銀行はいずれもユダヤ金融資本家たちが株主となっている私設銀行であることです。この私設銀行が紙幣の発行権を持ち、政府に利息を付けて紙幣を貸し出しているのです。貸し出された時点で国民は負債を背負うことになるのが、この金融システムで、私はこれを合法的詐欺システムと呼んできました。

中央銀行の持ち主は紙を印刷して国家に貸し出すだけでも濡れ手に粟の如くの錬金術ですが、さらに利息まで取るのですから笑いが止まらないでしょう。かくて金融資本家たちは何もしないで資産を増やし、国民はいくら働いても楽にはならず、格差は開くばかりです。この金融資本主義に騙されてきた民衆が声を上げはじめたというのが、世界中で起きているオキュパイ運動です。このブログでこの世の仕組みとして闇の勢力が金融を支配していることを取り上げてきたことにやっと気が付いてくれたのかと思うと感慨深いものがあります。

ユーロもドルもデフォルトすればいいのです。しなくてはいけないのです。円も政府が発行するべきです。一時的には経済は混乱するでしょうが、お金というものは本当は金などの裏付けがあってこそ、本当のお金なのです。単なる紙をお金とするのはおままごとの銀行だけでいいのです。世界は壮大なおままごとごっこから、今目覚めようとしているのです。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_11461513.jpg

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-10-21 11:36

サバイバル大作戦

人気ブログランキングへ
今年は日本でもいろいろな大事件が起きました。自然現象なのか人工的なのかは別にしても日本で起きたことは世界でも起きる可能性は充分にあります。2012年暮れに向かって驚天動地、天と地が引っくり返るようなことが各地で起きているのです。地域的なものなら、救援の手がすぐに差し伸べられるでしょうが、地球規模で起きたらどうなるのでしょうか。

要らぬ心配はネガティビティーを増やすだけですから、しないほうがいいのですが、備えもしないで、あっけらかんとしているのも考え物です。ちょっと揺れただけでも交通機関の止まる都会で暮らす人たちはなおさらです。備えあれば憂いなし、転ばぬ先の杖で、何かあった時はこうしようと準備しておくのがいいでしょう。

都会暮らしは便利ですが、社会インフラが止まると悲惨です。電気、水道、ガス、そして物流も止まるともう暮らしていけません。一日、二日はなんとかなっても一週間とか一ヶ月とか続いたらと考えるとゾッとします。いっそ即死なら問題ないのですが、なにもない都会で生き延びるのは至難の技です。

アセンションして、食べなくてもいい、欲しいものは何でも物質化できる、病気は治って若返るのなら準備はいりませんが、すぐにはそうならないとしたら最低でも一ヶ月ぐらいはサバイバルできるように、物心両面で準備をしておいたほうが安心できます。

そこで常日頃から、もしアレが止まったらと考えていろいろ準備しています。電気が止まっても直接命には響きませんが、情報を聞くためにラジオと乾電池。飲料水の貯蔵と水道が止まるまでは浴槽に水を貯めようと思います。煮炊きのためにはカセットコンロといくつかのボンベ、そして備長炭。ガスライターも必需品です。キャンプ好きの人は持っているでしょう。

食料は玄米が貯蔵がききますし、他に食べ物がなくなっても玄米だけ食べていれば完全食品ですから栄養失調になることはありません。乾麺、パスタ、レトルト食品、缶詰も役立つでしょう。津波だったら何を準備しておいても流されるでしょうし、期間が長かったらどれだけ準備しても持ちませんから、その時は覚悟を決めるしかありませんがね。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_10552935.jpg

私のブログではきちんと対応できなくなっていますので基本的にはコメント禁止に設定していますが、是非にという方や個人的なご相談があれば受け付けています。892sun@excite.co.jpまたは右サイドにあるスピリチュアルワールドの私のHPにメールアドレスがありますのでご利用ください。コメントのやりとりを希望される方はミクシーまたは趣味人倶楽部(登録名やくに)には登録していますので、そちらからお願いします。ツイッターにも登録をしました。
by 892sun | 2011-10-20 10:49



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧