ひとりごと、ぶつぶつ

<   2011年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

何故、「ひとりごと ぶつぶつ」なのか

人気ブログランキングへ
時間の経過が速くなっているように感じませんか?あっと言う間に今年も今日が最後になりましたねえ。飽きもせず私の書く拙文を読みにきて下さった方々には、心より御礼申し上げます。最初は誰も見向きもしてくれないだろうと思って始めたブログですが、いつの間にか多くの方々の支持をいただくようになって、益々励みになっています。

過去ログの企画出版を思いついたのも、これほど霊的な真理に関心を持つ方々が多いのなら、ネット社会以外でも、これ以上に多くの方々が真理を求めているのではないか、もしそうなら活字にして伝えたいと思ったからです。ただ霊的真理を説いた出版物は高級霊からの霊界通信を始めとして既にあります。覚醒に至った人たちは私の書いているようなことより、もっと深く、高いレベルのものを出版されています。今更無駄ではないかと思われるかもしれません。

事実、出版を決めるまでいろいろな方々のお考えを賜りましたが、否定的な意見も多かったのです。出版による利益などは到底見込めませんし、売名行為とか、自己満足に過ぎないとか。またもっと霊的真理だけを纏めたほうがいいとか、何が書いてあるのか、もっと具体的なタイトルにしたらどうかというものもありました。

しかし、私の頭の中で出来上がっているイメージは、現在のこのブログスタイルをそのまま活字に置き換えたものです。(縦書きで写真はありません)この世の汚い政治、経済の裏側にも触れていますし、高尚な霊的真理だけを説いたものでもありません。私としては日常ありふれた世間話をしながら、いつのまにか宇宙の法則、生命原理である摂理を知って生活に生かして欲しいのです。いくら高尚な霊的真理を知っていても、使わなければ何にもなりません。

そうかと言って、タイトルに霊とか命とか宗教臭い言葉を使えば、それだけで構えてしまう人もまだまだ多いのです。具体性のない、ふわっとしたひとりごと風の日記を時間潰しに読んでいるうちに、その人の魂の琴線に触れることは出来ないだろうか。人込みの中でバッグから携帯を取り出すように、知らない人に見られても恥ずかしくないような体裁の本は出来ないだろうか。それで13センチ四方の真四角の真っ白な本にしました。表紙は可愛い猫のイラストと小さな文字のタイトルだけです。中身は猫を膝に乗せて日向ぼっこしている老人がなにごとか、ぶつぶつとひとりごとを言っています。

企画はまだ進行中で、目標数には全然届きませんが、届かなくてもなんとか頑張ってこれまで予約に応じて下さった皆様の期待にお答えしたと思っています。来年の春、暖かくなる頃までに答えが出せたらと思っています。どうぞ、皆様、今年は本当に本当に有難うございました。良いお年をお迎えくださいます様、心からお祈りしています。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11141741.jpg

by 892sun | 2011-12-31 11:08

わーい、デートしちゃった。

人気ブログランキングへ
何度か、今年こそは恋をするゾとか力んだことはありますが、まさかこの年の瀬に来て実現するとはねえ。世の中は何が起きるか分かりませんなあ。昨日、私メにお食事のお誘いがあったのでありまするヨ。女性と二人きりでお食事をするなんて何年ぶりでありましょうか。それはもう気もそぞろに、いそいそと出掛けました。

加齢臭は出てないだろうかとか、口は臭くないだろうかと丹念に歯磨きをしたり、シャワーを浴びたり、しばらく使ってなかったオーデコロンを振りかけたり、それはもう初デートする少年の如くで大変でしたが、何食わぬ顔で待ち合わせ。お相手の女性は日本心霊科学協会の会員ですが、他の曜日に出席されている方で、私のブログを読んでくださっている方、食事をしながらもスピ系の話がはずんで時間の経つのも忘れるほどでした。いやあ、いい一日でしたなあ。チャンチャン。

えっ、その後が知りたい?紳士と淑女の初デートですよ。何もありゃしませんよ、良い子の皆さん、ヤラシー想像だけはしないでね。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_1051413.jpg

by 892sun | 2011-12-30 10:45

大晦日は黒白歌合戦のようで

シープルズ・ジャパンの大晦日の楽しみといえば紅白歌合戦でしょうが、賢明な読者の皆様におかれましては、こんな大馬鹿番組に無駄な時間を費やしませんように老婆心ながらご忠告申し上げておきます。

大相撲の八百長問題などに端を発した暴力団とのオツキアイがばれて、神妙に反省しているかと思いきや、今年の紅白もいかがわしい連中が総出演です。オツキアイしてる歌手は出さないとか言ってなかったっけ?もっとも芸能界とやくざの世界は持ちつ持たれつで、地方公演などでは地元の親分さんに挨拶なしでは興行そのものが成り立たないのは世の常識ですから、兄弟仁義を交わさなければやっていけないことを知りつつ、良い子の皆さんには平気で嘘をつくのがNHK。

国民的な番組といっておきながら、韓国の歌手がぞろぞろ出てくるのも合点がいきませんなあ。ゲストならまだ分かりますが、メンバーとして出すのならもうこれは日本だけの番組ではありませんから日韓共作とでもいうしかない。さらにそこに今年は大物ゲストが出演だそうです。イルミナティーのアイドル、レディ・ガガ。肌は白いがココロは真っ黒、地獄へ誘う暗黒の使者。

NHKの末期症状ー悪魔崇拝者が紅白に出る

人工地震を起こしておいて、悲惨な状況を視察に訪れて慰問とはこれいかに?いかに日本人が馬鹿にされているかです。NHKだって馬鹿じゃないから彼女の歌のメッセージ性は分かっていると思いますが、彼女は悪魔信仰者、心ある人たちからは非難されている。そんな歌手を人気があるからって出演させる意図を計りかねる。ポリシーがないのかNHKの中が既に悪魔に洗脳されているかのどちらかだ。

紅白歌合戦だと思ってみれば糞面白くもないでしょうが黒白ショーだと思ってみれば案外オモロイかもしれん。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_10332026.jpg

by 892sun | 2011-12-29 10:24

政治に新しい風を

人気ブログランキングへ
私が昨日言おうとしたのは、ゴミのような政治家ばかりになってしまったニッポンを大掃除して、新しい時代を迎えたいということだったのですが、話の枕に自分ちのことを書いたものだから薮蛇になってしまって、今日は仕方なく嫌々掃除を始めましたが、もう10分もやると疲れてしまってゼイゼイいいながらため息をついています。大晦日までまだ三日もあるじゃないか、ぼちぼちいきます。

私自身はゴミに埋まり、ボロは着ていても心は錦、いつも清潔そのものです。国民の活力も素晴らしいものがあり、あれほどの被害を受けながらも着実に復興への道を歩き始めているというのに、この国のトップは何もしないで雁首揃えて増税論議をしている。本当に腐った汚染ゴミと一緒だから大掃除して綺麗にしたい。

出がらしのお茶ッ葉みたいな自民党、教祖の死も発表できずにうろたえる公明党、それ以上に酷い民主党では日本は立ち直れるものも立ち直れなくなる。民主から離党者が続々出始めたようですが、当然です。もう古い既成の政党の名前をバックに当選しようなんて思ってるような政治家では新しい時代を担うことはできない。

脱対米従属政治、脱原発、脱増税、脱TPP、国会議員の定数削減、国家公務員の定数削減と報酬カット、天下り禁止などなど国民が心から願っていることを実現させることを旗印に、たとえ実績はなくても歳は若くても、必ず国民の期待を裏切ることのない情熱をさらけ出せば、国民の支持を得ることは可能です。橋元さんが、あれほど人気を得たのも、公務員の既得権益をばっさり切った勇気を大阪市民が評価したのです。

来年は世界大転換のピークの年、日本も大きく変わらないと取り残されてしまうばかりでなく沈没することだってあり得ます。部屋の中だけでなく、頭の中も古い考えは捨てて大掃除しましょう。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_13335114.jpg

by 892sun | 2011-12-28 13:27

革命でも起こさなくちゃ。

人気ブログランキングへ
いよいよ今年も後わずかということになりました。年賀状も毎年頂く方だけには書き終えて発送しました。大掃除はしません。たった二間ですから、やる気になれば一時間もかからずに出来るのですが、なにしろ掃除が大嫌いですから万年布団と読みかけの本とゴミの山の中、足の踏み場もないような部屋でパソコンに向かっています。

私の部屋はまるで日本の縮図みたいなものです。懸案は何ひとつ片付かないうちに東日本大震災と原発事故でしたから、ガレキの山は片付けたいのに場所がない。汚染は広がるばかりですが、収束宣言してしまった。あれやります、これやりますと約束したことは全部反故にして、やりません、ぜったいにしませんと国民に約束したことは、なにがなんでもやり抜きますと力んでいます。

戦後政治はアメリカの傀儡政権がずっと続いてきて、それに気がついた国民が政治を国民に取り戻そうとしたのが政権交代だったはずですが、マヌフェストは悉く破られ、これほどまでに無能な政治家ばかりだったとはねえ。無能だけならまだマシですが、原発事故の後処理を見ていると、国民の命なんて考えない殺人集団です。直ちに影響はないと言うのは、直ちにはないけど影響は後で出ると言っていることと同じですから、影響の出そうな地域は絶対に住んではいけないのです。ましてや作物を作るなどもっての他ですが、被爆レベルを甘く設定して誤魔化している。

最後のマニュフェスト破りはダム建設を許可したことです。これでマニュフェストで約束したことは全部破られた。民主党ではなくて大嘘つき党です。八つ場ダムは自民党が3000億もかけて、何十年もかかってまだ出来ないから無駄だということにした。なくても誰も不自由じゃない。それを復活させたのは利権に群がる地元と役人たち。今の日本では全国のダムが上流から流れ込む土砂に埋まってダムの機能が失われいてきている。それの補修にお金をかけたほうがナンボ国民のためになるか。

民主党を支持する人のなかには、まだ小沢氏に期待しているようですが、小沢氏の取り巻きはチルドレンと呼ばれる人たちで、政治家になることが目的で政治家にしてもらった連中。日本をどうするかといったビジョンがあるわけじゃない。早く党を割って、現在の政治を終わらせる役目ぐらいしかないが、選挙になれば民主といっただけで落選間違いないから、一日でも長く議員バッジを付けていたいだけに行動には出られない。

なにより問題なのは、政治主導を約束しながら出来ない無能な政治家たちのおかげで、日本が官僚独裁国家となっていることです。政治家は選挙で選べるが、官僚を取り替えることは国民にはできない。役人になってちょっと出来がいいとすぐアメリカに洗脳留学させてもらって、頭の中はアメリカンになって帰ってきた連中が重要なポストを占めている。そんな連中が無能な政治家(代表的サンプルが野田)にレクチャーして、役人天国を形成している。

役人どもは特権意識を働かせ、自分たちの昇進と保身と退職後の天下りしか考えてない。日本とアメリカの関係を一番良く知っているのも彼らだから、ジャパン・ハンドラーズの命令に沿って、アメリカによる、アメリカのための、アメリカ属国化を推進するばかり。これでは日本沈没は時間の問題です。アメリカの沈没もカウントダウンが始まりましたから、このままでは一緒に仲良くお陀仏ということになりそうです。アーメン

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11502826.jpg

by 892sun | 2011-12-27 11:41

原爆投下直後、悔悟の手紙

人気ブログランキングへ
昨日の東京新聞には元ロックフェラー財団会長だったレイモンド・フォスディックが同財団自然科学部長だったウォーレン・ウィーーバー宛に出した私信が掲載されているので、既にお読みになった方も多いだろうが、掲載します。

この手紙は拓殖大学の日野川静枝教授が、今夏同財団の資料館で見つけたものだそうです。広島、長崎に投下された原爆は無抵抗な市民を無差別に殺戮したことは戦時とはいえ明らかに国際法違反でありながら、無条件降伏した日本で声を上げる者もなく、ましてやアメリカ国民はトルーマン大統領までが投下の正当性まで主張してきた。しかし、同じ時期にこうした気持ちを正直に吐露し、後の世にまで影響を与えることを危惧していた人物がアメリカに一人でもいたことに、かすかな救いを感じます。

フォスディックの手紙(要約)
手紙を読み困惑している。君はこう書いた「原爆について道徳的に語るのは愚かで無益だ。[誰が最初に手に入れるか]我が科学者たちがその競争に勝ったことを誇りに思っていい・・二つの爆弾は多くの米国人の命を救い、たぶん日本人の命も救った」ドイツ人が原爆開発を目指していた以上、国家として生き残るために、研究は必要だった。だが開発を成し遂げた時、ドイツとの戦争は終わっていた。この時、日本がこうした兵器を持っておらず、つくる能力もないことを知っていた。なのに私たちはこの爆弾を使った。

広島と長崎に爆弾を落としたことで、何をしたのか考えてみてほしい。私たちは原爆の使用を合法化し、無差別殺戮に「認証済み」のシールを貼った。あらゆる兵器に道徳的なお墨付きを与えたのだ。核戦争になれば、私たちは核の使用に抗議するかもしれない。だが、私たちはもう道徳的なリーダーにはなれない。法の基本原理がある。「公平を求める者は、手がきれいでばくてはならない」私たちの手は、きれいではない。私は良心の呵責に苦しんでいる。

私たちは何ら事前の警告もなしに、市民に逃げる機会も与えることもなしに、二つの爆弾を落とした。日本の降伏がほとんど視野に入っていたのに、その機会を犠牲にしたのだ。


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_10435426.jpg

by 892sun | 2011-12-26 10:41

青い目のサムライ、B・フルフォード氏吼える

人気ブログランキングへ
この世の仕組みが本当はどうなっているかについて、既存のメディアが書いてきたことは偏に国民を洗脳するためであり、表向きは独立国家のように思わせておいて、実質的にはイルミナティーの支配するアメリカの植民地として日本人を奴隷化してきたことを知らしめることが、このブログの主旨でもありますから、これまでも繰り返し書いてきました。

しかし、多くの日本人はこれらの情報を陰謀論として信用してきませんでした。まもなく迎えることになる新しい時代に入る前に、これらの情報こそが真実であり、大手メディアがいかに国民を騙してきたかが明らかにされる情報のディスクロージャーが行われることになるでしょう。こうした闇の世界を、命の危険も顧みず暴いてきた人物の一人がB・フルフォード氏です。これまでにも大田 龍氏などがこの問題を発表してきましたが、大田氏亡き後日本人でこの問題を取り上げている人物が一人も見当らないことを残念に思います。

対談の相手になっている、よく分からない右翼系とも見られる人物については全く分かりませんが、B・フルフォード氏の述べていることは真実です。実名をあげていますが、彼らが闇の勢力の中心となって働いている人たちです。フルフォード氏も言っているように、今や真実がどんどん暴かれ、もはや彼らの逃げ場はなくなってきています。まもなく逮捕されるでしょう。それにしても情けないのが我が国の政治家たちで、未だに彼らを恐れ、自国の繁栄ではなくアメリカの顔色を伺った政治を行っています。ディスクロージャーが始まればこれらの政治家もまた国民の批判が高まり淘汰されることになるでしょう。



人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_1141591.jpg

by 892sun | 2011-12-25 10:27

キリストのたとえ話

人気ブログランキングへ
頭の中で山下達郎の「サイレントナイト」が聞こえています。皆様はどのようなイブをお過ごしでしょうか。私はいつもの年のように一人きりの聖夜です。キリスト教は嫌いですが、かつてナザレでヨシュアと呼ばれていた人物には人一倍関心があり、彼について書かれた本を読み漁りました。今では近親感さえ抱き、尊敬もしています。いつの日か本人に逢えるような人間になりたいと切に願っています。

命は永遠です。彼は今も生きています。何処で何をしているかご存知ですか?シルバーバーチによれば彼は今は地球の守護神として働いています。アセンションに向かう地球人類のために働き続けているのです。今日は彼が2000年前、弟子たちに語ったたとえ話の一つを紹介して、皆様への私からのささやかなプレゼントにしたいと思います。解説は過去生の一つで本物のイエスに逢ったことのあるダスカロスのものです。

迷い出た羊

あなたがたはどう思うか。ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば、九十九匹を山に残しておいて、迷い出た一匹を捜しに行かないだろうか。はっきり言っておくが、もし、それを見つけたら、迷わずにいた九十九匹より、その一匹のことを喜ぶだろう。そのように、これらの小さき者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。



解説
これはもっとも素晴らしいたとえ話の一つです。イエスは「道に迷った最悪の罪人に対してさえも、天の父は彼のことを気にかけて連れ戻そうとするのだ」と言っているのです。「そのあいだわたしは、既にそこにいて安全な状態にある他の羊たちのことよりも、迷い出た一匹の羊のことをより心配するのです」と。

「その一匹のことを喜ぶだろう」というのは、羊飼いが他の九十九匹の羊たちのことをまったく気にかけずに迷い出た一匹を捜していた、ということを意味しているのではありません。残った九十九匹の羊たちは、今いるその場所において十分に安全なのです。天の父がこちらの一匹を愛して、あちらの一匹を愛さないということではありません。安全なところにいる者たちは、少しばかりのあいだなら待つことができるでしょう。けれども迷い出た一匹の場合には、直ちに注意を向けてもらい、そして面倒を見てもらう必要があるのです。そのため危険に陥っていた一匹を救った時に、キリストはとても喜ぶのです。

イエスの説明は明確です。天の父はたった一つでも「魂・自己意識」を見放すことはない、ということです。「現在のパーソナリティー」として眠りについたまま、分離の世界で惨めな生活を送っていたとしても、キリストはその魂の面倒を見ています。そしていつも私たちに「戻ってきなさい」と呼びかけています。私たちがどこにいようとも、どんな泥沼の中にはまり込んでいようとも、キリストは私たちを捜しだします。そして父の元に再び戻ることができるようにしてくれるのです。これこそが神の愛です。「キリストのたとえ話」より

なんだか親鸞の説いた「教行信証」極悪非道の悪人こそが、まず救われるとする教えと通じるところがありますね。メリー・クリスマス


「キリストのたとえ話」いい本ですが、amazonでは絶版になっているようです。読みたい方は直接出版元のTHEAにお問い合わせください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_1123186.jpg

by 892sun | 2011-12-24 11:06

世紀末的ためいき

人気ブログランキングへ
20世紀は10年も前に終わり21世紀が始まっているはずなのに、何故か今が世紀末のような様相です。これまでの社会システムにヒビが入り、崩れだしている。これまでの膿が全部吹き出しているから世の中はどこも滅茶苦茶、ニュースも悪いことばかり。

それにしても酷いのがどじょう内閣で、事故以来水をかけてきて汚染水を増やしてきた以上のことはなにも進展していないのに、冷温停止を達成出来たとか発表して世界中の笑いものになっている。今も放射能はダダ漏れだから風向きによっては汚染は広がるばかり。除染したといっても水で流しただけだから、その場所だけは数値は低くなっても濃縮された汚染が消えたわけじゃない。いつか処理しなくてはならない。それを貯めておく場所さえ見つからないのに、気休めを言って国民を騙してはいけない。

張本人の東電は電気料金の引き上げを堂々と宣言しましたよ。日本人は大人しいから舐められているんだろうね。あれほどの災害をひき起こしたのだから、普通の感覚なら幹部は全員逮捕して会社は一度解体だよ。解体して必要な部分だけは国有にして電力供給だけはさせながら、根本的な仕組みを作るしかない。それはしないで保障に金がかかるからと値上げを言い出すなんてね、これではまるで保障金を電気料金に上乗せして国民に負担してくれと言ってるようなものです。呆れますね。

そしてどうしても増税する野田と張り切っている。国民からなら取れるが、経済界に睨まれると困るから経済界からは取らない。むしろ減税するらしい。それでなくても現在の会社組織には優遇措置が講じてあって70%の企業が法人税を払っていないことをご存知ですか?それの元締めが経団連、TPPの推進、旗振りをやっている。野田政権がどっちを向いて政権運営をしているかよく分かる。

公務員の高給住宅はあれだけ騒がれたから、中止かと思っていたが、こっそり北海道では建設を進めていて完成したそうですよ。総工費90億円、11階建て7棟、3LDKの家賃は31853円也、一桁違うんじゃないの。財務省の試算によれば、もちろんこの家賃では維持経費の半分も賄えないので、そのぶん税金で負担するのだそうだ。これでは役人になりたがるわけだわ。あーあ、出るのはため息ばかりなり。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11264733.jpg

by 892sun | 2011-12-23 11:20

裸の王様のたとえ話

人気ブログランキングへ
イソップ物語でしたか、裸の王様の話があります。王様の言うこと、やることは真実であると決められたその国で気まぐれな王様は裸で街を歩くのですが、国民は誰一人本当のことを指摘できない。本当のことを言えば、たちまち捕まって牢屋に入れられることを知っているからです。ところがそんな法律などまだ知らない子供が、王様が本当は何も着ないで裸で歩いていると大笑いするお話です。

これと同じことが行われているのが現在の金融資本主義で、単なる紙をお金だと思わせる詐欺システムで、これを信用創造と名づけました。この仕組みを考え出したのがかのマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドです。彼の残した言葉に「紙幣の発行権が手に入れば、どんな地位や名誉もいらない」というものです。それはそうでしょう。欲しいだけ印刷したものがお金として通用すれば、たちまち大金持ちです。

今、私たちがお札と思い込んで使っている紙幣と同じ大きさの紙に、可愛い動物の絵でも印刷して幼い子供にどちらが欲しいと聞いたら、どちらを取るでしょうか?子供は福沢諭吉よりも可愛い動物を選ぶのではないでしょうか。子供は馬鹿だと笑えますか?これが現在の金融システムの本質です。みんな分かっていても騙されたふりをしないと生きていけないかったのです。

こうした詐欺システムで造られたお金の力をバックに世界の政治を動かし戦争を起こしてきたのがイルミナティーです。平和は彼らには敵です。インチキがバレるからです。しかし今、地球から闇が一ずつ消えていきます。信用創造といういかさまが破綻しようとしています。ユーロもドルも所詮は紙切れにすぎないことを認める時期が迫ってきています。円もこの流れから逃れることは出来ませんから、お金だけに頼り、お金だけが人生だと思って生きてきた人たちは気が狂うでしょうなあ。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_10105888.jpg

by 892sun | 2011-12-22 10:05



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧