ひとりごと、ぶつぶつ

<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ウイングメーカー・フィロソフィー

人気ブログランキングへ
GWですが、私のように出掛ける予定のない方はじっくり腰をすえて、忙しくて読めなかった本なども読むのもいいと思いますが、昨日も引用したプロジェクト・キャメロット・インタビューにアップされているテキストは一冊の本を読むのにも匹敵する量と内容を秘めています。リンクしておきますから、長いですがこの機会に是非お読みになられることをお勧めしたいと思います。聞き慣れない言葉も多いですが、解説もついていますから投げ出さないで最後まで読んでください。NEXTをクリックすると次のページへ進めます。

ウイングメーカーとは、未来の私たちの姿であるタイムトラベラーとの接触を物語にしたものということになっていますが、その作者であるジェームス氏へのインタビューが、このプロジェクト・キャメロット・インタビューなのです。これを読むと、ジェームス氏がどうしてもACIOを脱出したジャミッソン・ネルダ博士と重なってしまいます。もちろんこの名前は本名ではないでしょうが、問題は話している内容が凄い。彼はどこでこれらの知識や情報を得たのかということです。

コルテイムというETからの情報も得ていたとは思いますが、それだけではないでしょう。ラビリンス・グループのボスであるフィフティーンは視床下部を刺激することで右脳と左脳を連結させ活性化する手術を率先して受けたとされていますから、ネルダ博士もグループの一員としてこの手術を受けた可能性があります。これによって覚醒が促されるのです。ラビリンス・グループというのは天才を集めた集団ですが、さらに全員が覚醒までも遂げていたと考えられるのです。それでなければ、以下のような質問に容易く答えられるはずがないのです。

Project Camelot Interview:The Sovereign Integral

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11243539.jpg

by 892sun | 2012-04-30 11:06 | Trackback

アセンションの概念

人気ブログランキングへ
いよいよゴールデンウイークが始まりました。ネットに嚙り付いていた人も、この時とばかりアウトドアを開いて出掛けるでしょうから、これから暫らくは接続数は減り続けます。私も休んでしまおうかなと思ったりしますが、こんな時にも読んでくださる方々のために手抜きはできません。今日も頑張って書きます。

アセンションという言葉を訳すと次元上昇と言われますが、これだけはよく分かりませんので、もう少し具体的に私の考えを述べてみます。19世紀に地球規模で始まったスピリチュアリズム(霊的浄化運動)は最終的に人類がアセンションすることが目的で始まったと考えています。それはそれまでの既存の宗教とスピリチュアリズムの違いをみるとはっきり分かります。既存の宗教は神という概念を外側に求め、それを我々人間が信仰と戒律を守ることで恩寵を受け、少しでも近づけるように努力を強いるものでした。

前にも書いたように、私たちを作ったET(アヌンナキ)たちは右脳と左脳の間にファイアウォールをプログラムして自分たちが神であることを植えつけたのです。ここから人と神の分離を前提とした宗教が始まったのです。言い換えればここから地球には闇が覆い始めたのですが、これも地球人類進化のための避けて通ることの出来ない必然だったと考えれば辛く長い試練の時でした。

試練に耐えた私たちに解放の時が訪れました。19世紀半ばイギリスで始まったとされるスピリチュアリズムは私たち人間は神の分身である説きます。私たちの体はフィジカル体(肉体)、エーテル体(幽体)アストラル体(霊体)コーザル体(本体、意識生命体)が重なっていますが、本体である意識生命体こそが本当の自分(パーソナリティー)であり神(大霊)の分霊(わけみたま)であると説きます。どこか高いところにいる神を崇めるのではなく、自分こそがミニチュアの神だから、それを育て覚醒に導くことこそが神と一体になることだということです。

地球の属する銀河系も宇宙空間を移動していますが、宇宙空間の波動はどこも一定ではなく、高い所、低い所があります。地球が次元上昇するというのはこれから高い地域へ入っていくためです。次元が上昇する(振動率が高くなる)ことによって、三次元波動の制約が弱くなります。(ファイアウォールの影響も薄れ、右脳と左脳のバランスが取れる)それにともなってエーテル体の持つ能力が発揮できるようになります。本来持っているのに発揮出来なかった能力(サイキック・パワー)が目覚めるのです。

これから起きようとしている地球の大変革は、すでにアセンションしている他の惑星の人類たちも知っていますから、手助けしたり見守ったりしたいと大勢が集まってきています。まもなく、長らく隠されてきた多くの情報が公開されたり、それらのETたちとの交流も始まるでしょうが、これらの出来事はプロセスの一部であって目的はあくまで、地球人類の覚醒にあります。私たちは一人一人が神のエッセンスを内包しているのですから、覚醒すれば神と同じようにすべてを知ることになるのです。これがアセンションです。その時がもう始まっているのです。

ウイングメーカーの作者と名乗る謎の人物、ジェームス氏へのQ&Aがあります。内容は信頼できると思われます、参考にしてください。The Sovereign Integral

アセンションという概念は、宗教というよりは、精神世界や神秘主義のソースから現れたものです。この概念には、人間には信仰を受動的に受け入れる必要はなく、その方がむしろソースにアセンドできるという仮定があります。別の言い方をすれば、神があなたの所に来るのを待つ代わりに、あなたが神の所に行くことができるということです。適切なマスターの保護のもと、人間はアセンドとして神の状態を達成する方法を学ぶことが可能であり、自分自身もマスターとなり、光の使者として神と自分の宇宙に仕えるという概念です。

実際には、宗教と精神世界は同じ考え方を持っています。唯一の違いは、宗教が受動的な信仰を用いている一方、精神世界は能動的な実践を用いていることです。アセンションという概念のファーストポイントは、セルフの外側にあるソースへの切望です。従って、それは分離であり、ソースとの切断なのです。分離の中に始まりを持ったどのようなファーストポイントも、ヒューマン・マインド・システムの重力場へと引き寄せられ、そこにある幻想に心を奪われてしまいます。

従って、アセンションはサヴァリン・インテグラルの状態を表す局面ではありません。前の回答で私が書いたように、あなたは「今、ここ」にあります。今までも、ずっと「今、ここ」にあったのです。これからも「今、ここ」にいるでしょう。セルフ・神・光・悟り・アセンションを求めて、あなた自身の外側に探しに行く場所はどこにもないのです。こんな風に考えてください。もし、サヴァリン・インテグラルがいつもあなたに内臓されているとすれば、あなたは一体どこにアセンドする必要があるというのでしょうか?それは、アセンドするものではなく、「実現」するものなのです。そしてファーストポイントとして、その「実現」には、人生のすべての表現における無条件のワンネス、等価性、セルフの真実性が含まれています。一方、アセンションのファーストポイントはこうです。私はソースと等価ではない。ソースは私の外側にある。従って、愛と光にもっとふさわしい偉大な存在になるために、そこにアセンドしなくてはならない─

アセンションは、「教師と生徒」という宇宙の法則であり、HMSの内部に存在するものです。この法則が、地球の多次元領域も含んだスピリチュアルな信念体系の中に捕らえられた自己欺瞞の多くの複雑な側面を定義しています。もし、あなたがアセンションのプロセスの中にいると信じているとすれば、自分自身に質問してください。私はどこにアセンションするのだろうか?どうやって、それがヒューマン・マインド・システムの外側にある終点であると知ることができるだろうか?自分のアセンションのイメージは、自分自身の経験に基づいたものだろうか?それとも、人類の情報と知識体系─別の言葉で言えば、無意識の領域からダウンロードされたものだろうか?

アセンションのプロセスの中にある全てのエネルギー・努力・注意・学びは、サヴァリン・インテグラルの実現の道から外れたものなのです。それはあたかも、本質を支持しながらその影を追いかけているようなものです。アセンションの道は、グルやマスターが説く心地よい言葉の中に紛れて、物理的および多次元的に、神の光と愛への旅路をサポートすると想像されています。この旅を進むことによって、あなたはいかに、飢え・不平等・レイプ・戦争・不正・奴隷・病気・人種差別、その他の多くの悪弊にまみれたこの世界の真の状態に対する自分の責任を放棄しているかを思い知ります。その責任の放棄は、あなたの旅それ自体の形となってやってきます。ソースからの離反と分離となって。

サヴァリン・インテグラルの意識の実現は、誰の中にも存在している「真のセルフ」の実現です。それは、人類の状態をあなた自身の状態として、また、あなた自身の状態を他の人たちの状態として見ることです。あなたは、HMSを取り壊す瞬間に従事しているのです。HMSを破壊することによって、ヒューマン・インストゥルメントが住む地球にサヴァリン・インテグラルの意識を呼び覚ますことをあなたは知っています。そして地球が、完全・無条件の透明性があり、それ故、拡大性をもつ場所になることをあなたは知っているのです。


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_10441667.jpg

by 892sun | 2012-04-29 10:26 | Trackback

地球新世紀、新しい時代が始まる

人気ブログランキングへ
精神世界に関心のない方はもとより、知っていてもアセンションが起きるということには否定的な考え方の方もまだまだいらっしゃいます。これまでの歴史の進み方から考えても、世界が急激に変化することが信じられないのでしょうし、それに伴う天変地異が起きるのではと怖れているからかもしれません。今の生活が満たされたものなら、急激な変化を怖がっているのかもしれません。しかし信じるか否かに拘わらず、すでにアセンションは始まっているのです。

変化は常に起きていることで驚くことではありませんが、この度地球で起きる変化は地球の長い歴史の中でも稀にしか起きない大きな変化です。急激といっても二三日で全部変わるわけではありません。変化は数年にわたって続くでしょう。私たちの魂のレベルでは、生まれる前からこのことを知っていて、それを体験し見守ることの出来る今の時代を選んで、生まれてきました。怖れることは何一つありません。古いシステムが壊れ、新しいシステムに置き換わっていくことの何を怖れるのでしょう。

その兆しはもう始まっています。ゴールデンウイークが終わる頃にはもっとはっきりするでしょう。メディアの中には報道を始めるところも出てくるでしょう。お金に縛られて送っていた人生から解放される。不治の病と闘ってきた苦しみから解放されることを何故怖れますか?それより新しい時代になれば今まで制約が多すぎて出来なかった数々のこと、私たちが本来持っているのに眠っていた能力が発現するようになるのですから、それらのことについて夢を巡らせたほうが、よほど楽しいと思いませんか。もちろん選択するのはあなたの自由意志ですが。

Jeffrey Allen からのメッセージ


タイムライン・シナリオ/シェルダン・ナイドル 4/26/12 Webinar
b0034892_1184053.png


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11241212.jpg

by 892sun | 2012-04-28 10:57 | Trackback

大手メディアが最大の癌である。

人気ブログランキングへ
小沢裁判で無罪判決が出ましたが、犬HKを始めとする大手メディアは依然として小沢氏の説明責任などと吼えています。当初からの最大の目的は小沢一郎という、宗主国にとって都合の悪い政治家の政治生命の抹殺にあるわけですから、アメリカからの指示が変わらない限りは、これからも、あることないことでっち上げを画策することは目に見えています。

4億というお金は大金ですから、庶民感覚でいえばその処理如何にミスがあったというだけで許せないという気持ちを持たれている方もいるかと思います。考えてもみてください。大金といえど、自分のお金は自由に使う権利はあるはずです。それを賄賂にしたり、贅沢三昧の遊興に使ったりすれば批難されても仕方がありませんが、彼は若い大勢の政治家を育てるために苦労して工面して作り出したお金の事務上の処理に問題があったというだけです。自慢してもいいくらいの立派なお金の使い方です。私利私欲のためのお金ではないのです。単純にこれだけでも追求するほどの大問題ですか。

思えば本当にこの国の大手メディアは昔から腐りきっています。日本人をダメにした張本人といっていいでしょう。あの太平洋戦争の頃から同じです。太平洋戦争は力をつけてきた日本という国を潰すために連合国側が作った罠にまんまと嵌められたというのが真相です。その片棒を担いだのがメディアで戦争反対などといえば非国民のレッテルを貼られかねないように、善良で無知な国民を煽って戦争に駆り立てたのです。最後は玉砕まで叫んでいたのですから、国民全員死ぬことを望んでいたのがメディアです。

戦後、戦犯は裁判にかけられましたが、一番最初に裁かれなくてはいけないはずのメディアは、以後連合国側に忠誠を誓うことで取り潰しを免れました、以後は正義の味方の仮面をつけて支配者側の洗脳機関としての職務に忠実です。国民に知られては都合の悪いことは報道しませんし、真実が漏れそうにになると歪曲したり、捏造したりしてきました。国民のほとんどが新聞ラジオだけ(だった)が情報源でしたし、活字になって印刷されたものに嘘が書かれているとは思わないから、いとも簡単に騙すことができたのです。テレビになっても同じで下らない番組を垂れ流し、B層を大量生産しておけば政治はなんとでもなったのです。しかし、そういう時代はもう終わりです。

ネットが普及してきましたから、真実に目覚める人も増えてきました。疑問が湧いてきたら、メディアの書いていることだけでなく自分で調べてみることが必要です。真実に迫った出版物もたくさん出ています。本当のことを知る努力をすることは人生を生きるうえで、最も大切なことです。今まではまったく知らなかったようなことが次々分かってくると意識が変わります。世の中を見る目も違ってきますから、それまでは見えなかったようなものまで見えてくるのです。

これは日本だけのことではありません。こうした意識の変化が今世界中で起きているのです。これが集合意識のエネルギーとなって世界を変えていきます。これまで世界を支えてきた古いシステムが次から次へと崩壊していきます。支配層の書いたシナリオはもう通用しません。小沢裁判の結末はそれを暗示しているようです。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_115541.jpg

by 892sun | 2012-04-27 11:52 | Trackback

騙されてはいけない、原発なくても電気は足りてる

人気ブログランキングへ
二度までも核の犠牲者を出した日本人としては、もう原発は要らないというのが誰しも本音で、国民の総意と言ってもいいと思いますが、政府、利権がらみの財界、メディアはまだ原発の必要性にしがみ付いて離れようとはしません。原発には反対だけれど経済活動やら、日常生活でエネルギーが不足したら困ると原発の即時停止に反対し再稼動にも賛成する人もかなりいます。

この原因は電力会社が自分たちに都合よく作り出したデータをメディアがいかにも本当らしく流して、国民を欺いているからです。以下に紹介する映像をじっくりご覧ください。日本に原発を導入する初期の段階から反対してきた広瀬隆氏が資源エネルギー庁が公にしているホームページから資料を集めて、日本の原発を即時停止しても、日本経済にはまったく影響が出ないことを数字を挙げて説明しています。長いですが、これを読めばはっきりと政府と電力会社がぐるになって国民を騙していることがはっきり分かります。

騙されてはいけない、原発なくても電気は足りてる つむじ風さんのサイトより

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11162437.jpg

by 892sun | 2012-04-26 11:12 | Trackback

内なる神との対話、私から私へ

人気ブログランキングへ
私は未だに内なる神とのアクセスが出来ていませんが、同じような意識レベルにある友人のセッションが送られてきました。人はそれぞれに意識レベルには違いがありますし、感受性も異なりますから受け取り方もそれぞれでしょうが、誰にも参考になる内容が含まれていますので、シェアしたいと思います。

答えは外にないと気づくことは大切だ。これこそ核心である。ただ何も知識のない、現実への疑問や、人がどう生きていくのが良いのかを真剣に考えたこともない人々は、自身の内側に向かう以前のお膳立て、つまり今の自身の立ち位置を知る所から始めるしかない。

結論はもう出ている。しかし、そこに至るまでには、紆余曲折がある。ドラマがある。マシュウと同じで正確な出来事を今言うことは出来ない。それはごまかしでも言い訳でもない。人間の地球上での現実は、ある決められた宇宙の法則や意図の伏線の上を歩いていることにはちがいない。しかし現実は、きみたちの現実は、今、たった今つくられている。

これは人間の想念の総和であり、それにすこしばかりの宇宙の同胞・異分子の操作が加わってもいるが、とにかく今作られ姿を現している。我々のいる時間を超越した世界では、現在も未来も過去も同時に存在し、きみたちの世界ではまだ形にならないものも既に見える。しかしそれが実際に姿をあらわすのがいつなのかとか、様々にみえている可能性の中で最終的にどれがきみたちの現実になるかについては、誰もそう誰もだ、確かなことをいうことはできない。そのときの、すべての総和できみたちの現実になるからだ。

だから予言めいたものが、当たったり当たらなかったりするのは、そうした理由によるもので、ウソを言っていることではないことだけは理解してもらいたい。ただし、必ず通らなければならない通過点、きみたちの世界では、道路にある検問とか国境とかそう言うものではあるが、それは存在する。タイムリミットも確かにある。

それらの相互の力が働きあい、しかも人に知られることのない闇と光のせめぎ合いが、3次元を超えたところで行われてもいた。きみが昨日心にかかけていた疑問。闇の努力だけは明確に現実を動かすのに、一向に光の努力が現れないのは? 闇は地球人類でもないのに、地球に介入、いやすべてを支配することを許されたのに、光は一人一人の自由意志尊重のため直接介入が許されないなんて不公平と言う意見だね。これに関しては、きみ達の言い分もわからなくはないが、結論から言うと、不公平ではない。 

きみたちの時間経過では、闇の支配があり、今その闇の終わりの時を迎えている。二元性の学びの場にはどうしても必要なものは必要であり、そのために闇の介入を許したと言うのが正解なのだ。

あえて闇を入れたというのですか?

私がわざわざ意図してそうしたのではない。しかしきみたちのような時間経過を学びの場とするものと、そうではない世界の基準とは必ずしも合致しない。学びにどうしても必要なことは、環境として与えられる。これは自然の摂理でもあり、正しい流れと言うものなのだよ。

では神は闇を許され肯定されるのですね。

肯定とか否定とかではなく、いいかね、0から始ったものが1、2と変化するには、必ずゼロや加えられる前の足りない状態。空が必要なのだ。でなければ、変化を計測することも、変化の意味を学ぶことも出来ない。しかし、それは変化のために用意された白紙素地なわけだから、変化しないまま留まらない。まさに今、大きく変化する、文字が次に置き換わる所に到達したのだよ。

いいかい。「1」と言う状況があるとしよう。もっと言えば黒い点が集まった集合体を想像すると良い。そこに、白い玉が出現した。変化である。しかし無数にある黒い玉の中にたった一つや二つを探し出すことは困難で、よってこの状況は黒と言う、以前と変わらぬ表記になる。この玉の集合は「黒」とね。

しかし、黒に留まることは宇宙の変化の法則に逆らうことになる、それで相反する白が必然的にあらわれた。正反対の意味を持つもの、それが白。最初は確かに変化した白の存在を認めることすら難しい。変化はたしかにしているのだがね。それが少しずつ白が増えて、明らかに白が存在するということが言えるようになる時が訪れる。しかしそれとて、前の黒とは違うが、大きく見ると黒になるね。

つまりきみ達が明確に1を2に書き換える。黒を白に書き換えるのには、ぎりぎりまで、現実とは相反した、表記とは違う状況を越えなければならないということだ。今そのぎりぎりの場所なのだ。明らかにもう黒ではない。なのになぜだか黒の表記のまま。そういうことだ。人間の想念、魂に宿す光の含有率こそが、闇と光に象徴される「変化」だ。

最初から光の中に存在することも可能だが、それでは光の本当の意味を学ぶことは出来ない。あえて闇に囲われた世界、それが不動のものと思わせられた世界に身をおいてみてこそ、学べることの深遠さは計り知れない。

真実には、「宇宙に変化のないものは存在しない」のだが、あえて学びのために囲いを設け、不動だ抗えないと信じ込ませ、闇の理不尽さを学ぶ。さらに限界のある肉体を纏うことで、肉体を通した生々しい体験が、宇宙のさまざまな領域のものにどれほど貴重ですばらしい成果や経験をもたらすかを想像してみてほしい。

神、そしてすべての宇宙の同胞はワンネスだから、きみたちの苦しみ、迷い、そしてさらなる光への回帰、喜びを感じることは出来る。しかし直接その肉体で感じる以上のものなどないのは理解できるだろう?

しかも、現在の地球人類に巣つくう闇は人類の闇であり。地球外の存在ではない。つまりきみ達自身で悪役を演じているのだ。しかしこの学びも最終段階、終わりの時が近づいた。きみたちには見えていないだろうが、もう人類でないもののせめぎあいは終った。明確に次の段階に進むことになった。

そうだ。書き換えると言う作業を人類がまだ気づいて明確に行い、周知していないだけで、この今の地球はもう黒でも以前の「数」でもなくなっているのだ。多くの人々は、いまだにずっと黒だと思いこんでいるし、闇に囲われて絶対そこからは出られないと思い込んでいるようだがね。

それも、肉体と一切の魂の記憶を排除した新鮮な経験や感動のためにはいたしなかった。しかし終ったのだ。きみたちが信じる現実だと思わされているこのウソのイリュージョンの向うに、全く新しいものがきていると気づくには、我々の想像以上に困難かもしれないが、光と含有率をあげれば、それはあまりにもたやすく、あまりにも呆気なくやってくるのだよ。

ただし、無数のパラレルから、きみたちの現実を作り選び出すのはきみたちの想念だ。まやかしを信じつづける以上、まやかしの現実を見つづける。それも次の関門までのことではあるが。とにかく必要なことは、きみたちがこの囲われのなかでどれだけ真実に気づけるか?闇は光に変わったと思い出せるか?光の意味を理解するかということだね。もうそれはきみ達自身、そうきみ達一人一人が神なのだから、神の領域に私が口を出すことではない。自分に聞いてみる。それが答えだ。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_10411188.jpg

by 892sun | 2012-04-25 10:34 | Trackback

誰が粛清の指揮を執っているのだろうか

人気ブログランキングへ
相変わらずメディアは沈黙を守ったままですが、ネットによる情報ではイルミナティーの粛清が着々と進んでいるようです。世界各国の主要銀行の頭取らが次々辞任を始めたのを皮切りに、エリザベス女王のお財布銀行に査察が入ったり、国連にも査察団が入ったようです。ローマ法王も辞任したとか、FRBに対しても270兆ドルの負債に対して期日を切った先取り特権の申し立てがなされて、FRBもワシントンも大騒ぎになっているようです。

これまで闇に葬られてきた悪事が次々暴露され、当事者が逮捕されるのは誠に喜ばしいことですが、これらの粛清はいったい誰が指揮を執っているのでしょうか。ペンタゴンの中にホワイトハットと呼ばれるグループがいるとか、B・フルフォード氏によればホワイト・ドラゴン・ソサエティーと呼ばれるアジアの古い王族たちの組織があるとかいわれていますが、今ひとつはっきりしません。

私は昨日も紹介したウイングメーカーの記述の中にそのヒントを見つけました。ウイングメーカーは時空を超えた現代の神話という触れ込みですが、ここに書かれていることは創作ではなく、全て事実に基づいていると確信しています。世界最高機密が漏れ出したことを創作物として扱うことで、漏らした人物も漏らされてしまった組織にとっても、そのほうが都合がいいからです。これまでウイングメーカーの記述が問題視されてこなかった理由は単なるSF物語とされたからです。これが事実だと分かれば世界中はパニックになるでしょう。もしウイングメーカーが創作物であるなら、これを書いた人物は天才どころか神にも匹敵する知識の持ち主でしょう。

インキュナブラという言葉を聞いたことがありますか?検索にかけても出てくるのは印刷用語としてだけです。世界支配者(指導者というべきか)としてのインキュナブラについての記述はどこにも見当りません。私もこれまで世界支配を狙って行動しているのはイルミナティーだけと思っていました。イルミナティーは自分たちの発明した紙のお金で人々の欲望を操り、NWOを掲げて世界支配を目指してきました。しかし、これとは別に私たちには全く知られないように名前も戸籍も捨て世界を導こうとしてきた数人のプランナーによって支えられてきた組織が存在するのです。

インキュナブラはたった57年前に設立された比較的新しい組織ですが、豊富な資金力に支えられ世界中の組織にスパイを送り込んでいますし、大きな権力も持ち合わせています。もちろんイルミナティー内部にもメンバーを送り込んで仲間のように振舞ってきていますから同類のように思われますが、彼らには金銭欲も支配欲もありません。

目的はエネルギーの争奪によりやがて地球が滅びてしまうことを懸念したプランナーによって、これからの地球人類の行く末を考慮したものだと考えられます。彼らは地球のことだけでなく、地球外知的生命体についての知識も豊富で、ラビリンス・グループとも交流があるようです。だからこの情報流出によって彼らの存在が知れたのです。彼らは目先の利益には関心がありません。詳しくは本を読んでいただくことにして、私は、これらのプランナーこそがライトワーカー、地球の救済のために転生してきた人たちではないかと考えます。

アセンションが成就した暁には彼らが地球人類のリーダーとして君臨することになるでしょう。その時まで誰がインキュナブラのメンバーなのかは知ることはないでしょう。


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_1125273.jpg

by 892sun | 2012-04-24 10:56 | Trackback

ディスクロージャーはもう始まっている

人気ブログランキングへ
今、ウイングメーカーⅲを読んでいます。読み進むほどに頭が混乱してきました。アメリカという国家の最高機密が漏れ出してきた面白いノンフィクションかと思いきや、実は地球人類の存亡にかかわるような重大な要素を含んでいて、その前に読んだムーンマトリックスとも関連があるように感じます。あまりにもスケールが大きくて日々の生活に追われる現実主義の多くの人には興味が湧かないかもしれません。

今月の収支の遣り繰りに追われている人にスターウォーズの話をしてもピンと来ないのと同じです。「傘がない」じゃないけど、目の前の問題に頭を悩ませている人にETがどうのとか、アセンションだとかの話をしても、そっぽを向かれてしまいます。これは個人の意識レベルがどこまで拡張しているかということです。木を見て森を見ずということで、見ないのではなく、見えないのです。もう一つは唯物的な科学を基本にしているので教育が間違った方向を目指してきたことです。

今は誰も考えられないかもしれませんが、タイムトラベルなんてこともSFの作り話ではなく、実際に出来るようです。この本を読むまで私も信じることは出来ませんでした。タイムトラベルしてきた人たち(ウイングメ-カーと名乗る人たち)がいるから、1996年の夏に北ニューメキシコのチャコキャニオンで二人の大学生が、この世のものとは思えない人工遺物を発見したのです。この人工遺物はアメリカ国家安全保障局(NSA)の手に渡り、地球外起源であると認定されました。そしてこれはラビリンス・グループと呼ばれる秘密の天才集団によて1200年前にタイムトラベラーたちによって置かれた自動誘導装置であることが解明されたのです。

それにしてもアメリカという国は不思議な国です。大統領でさえ権限の及ばない機密レベルが12段階もあることです。その組織を維持させているのがアメリカの皇帝であることは以前にも書きました。表の科学水準では未だに宇宙に生命は存在するかどうかなんて言っていますが、そのレベルではとっくの昔(戦後すぐ)からETたちと交流していて、そこから技術も供与されている。アメリカはもう宇宙船を作る技術も持っているし、作っている。

ディスクロージャーが叫ばれていますが、こうしたアメリカの最高機密が漏れてくるような事実をみるとディスクロージャーはもう自動的に始まっていると考えたほうがいいでしょう。情報に敏感な人はそれがディスクロージャーだと分かりますが、目の前の現実しか見えない人たちにはいくら新しい情報が出ても気がつかないだけです。東日本大震災が気象兵器で起こされたといくらいっても、眠ったままの目には真実は見えないのです。



人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_122983.jpg

by 892sun | 2012-04-23 11:49 | Trackback

音楽の才能が欲しかったなあ。

人気ブログランキングへ
私のブログはいろいろなジャンルを扱ってきましたが、今まで音楽については語ったことがない。音楽を聴くのは好きですが、私には音楽的才能がない。全然ない。音感がないし、リズム感もない。仕方ないよね、なにしろ戦中に生まれて戦後のドサクサの中で幼年期を過ごした。軍歌鳴り響くなかで初めて楽器らしいものを見たのは小学校の古びたオルガンだけだったのですから。ハーモニカさえ買ってもらえなかった。もしもう一度生まれてくることがあれば、今度は音楽の才能が欲しいなあとつくづく思っています。

今日は日曜日だし、好きな音楽でも聴いて一日まったりと過ごしてみます。一番好きな井上陽水さんの歌をユーチューブから拾ってきましたので、一緒に聴いてみませんか。何か魂に訴えかけるものがあります。音楽の力って凄いですね。

     ☆傘がない

     ☆夢の中へ

     ☆心もよう

     ☆ジェラシー

     ☆少年時代

     ☆ダンスはうまく踊れない

     ☆いっそセレナーデ

     ☆ワインレッドの心

     ☆飾りじゃないのよ涙は

     ☆リバーサイドホテル

おまけといっちゃ長谷川きよしさんに失礼ですが、こちらも名曲です。

長谷川きよし
     ☆別れのサンバ

     ☆黒の舟歌

     ☆死んだ男の残したものは

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_1132498.jpg

by 892sun | 2012-04-22 09:52 | Trackback

何をしてもうまくいかないのは

人気ブログランキングへ
人生には波があって何事もすらすらと進むこともあれば、何をしても失敗ばかりでうまくいかなくて嫌になるときがあります。どうしてでしょうね。そのためにノウハウ本というのもいろいろ出ていますから、読んでみて書かれているようにやってみても、うまくいかない時がある。過去完了形でイメージしなさいと言う人もいます。もうそうなった、と思い込むことでイメージを現象化させるというものですが、これもなかなか難しい。

うまくいかないのは、何かに逆らっているからでしょう。それは何かというと、宇宙の法則(摂理)です。摂理はミクロの世界からマクロの世界まが互助システムになっていて、何か物事を考えた時点で全体に影響を与えます。社会は個の集団ですが、孤立を嫌います。思考しただけで因果律が働きます。存在物全体では常に進化を目指していますから、システムに逆らった思考をしただけで反発力が発生する。自分だけのために行動すれば当然もっと大きな力が働くから、うまくはいかない。一時的には成功したようにみえても続かないということになります。

一番大きな弊害が我(エゴ)です。自分の欲のためにあれがしたい、これがしたいと思って行動しますから摂理に逆らうことになり、うまくいきません。目的はあれがしたい、これがしたいのであれば、それを叶えるためには自分のためにというエゴを捨てるとうまくいきます。書いてしまえば実に簡単なことですが、私たちには欲というものがありますから、これがなかなか難しいのですね。分かっていても実行できない、だから失敗を繰り返すのです。

社会システム自体がお金を稼がないと生活できないように仕組まれていますから、どうしても稼ぐことを目的にしてしまいがちで、本当はあれがしたい、これがしたいのに、報酬の多少で職種を選んだりしますから、仕事をしてもうまくいかないし、面白くもない。発想を変えればいいのです。報酬は少なくても、それが社会のためになるし、自分の魂もやりたいと思っているのなら、やってみることです。そうすれば、やりがいも出てくるし、自分も楽しいから長続きします。いつのまにか報酬も増えるようになるでしょう。

これは個人だけではなく、会社も同じことです。その会社が発展するかどうかは、その会社が目的をお金を稼いで大きくしようとしているのなら大きくはなりませんが、社会のために役立つことをことを理念に置いているようなら、どんどん大きくなっていくでしょう。この理屈は地域の発展や国の発展(経済的ということではなく)にもあてはまります。国のエゴである国益などを振りかざしていたら戦争にまでなってしまいます。

地球の波動はどんどん上がっていますから、摂理は今までよりずっと強く働くようになっています。自分の欲から来るエゴはひとまず脇において、魂の声に従ってください。まず隣人のために回りの人のためにを考えて行動すれば何事もスムーズにいくようになります。それが回りまわって自分のところへも帰ってくることに気がついてください。お先にどうぞと道を譲ることが何より早くゴールでたどり着く方法なのです。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11464790.jpg

by 892sun | 2012-04-21 11:42 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧