ひとりごと、ぶつぶつ

<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

闇の勢力に最後の日がやってきた

人気ブログランキングへ
普段は何の繋がりもない人々が、一つの同じ目的意識を持って集まり、思いを込めて祈れば山をも動かすことが出来ることでしょう。意識は目には見えませんが、意識の力こそ全ての力の元なのです。原発を再稼動させてはいけないという思いは、必ず形になって答えを出すことになるでしょう。昨日の官邸前に集まって放出されたエネルギーは10万人にも達する素晴らしいものでした。政府や原子力マフイアは強引に事を運ぶつもりでしょうが、見えざる力が働いて最終的に運転が成功するとはとても思えません。

世界は動き出しています。これからの数ヶ月、驚くようなことが次々起きることでしょう。これまで厚い壁のように思われてきたものが音をたてて崩れ落ちていくのを目撃することになります。エネルギーの問題も原発に頼らなくても必ず解決できます。これまで原発を推進してきた連中は信頼と権力を失い表舞台から去っていくことになるでしょう。昨日書いたように地上の人々の行動に対してスペースファミリーからも同調するメッセージが届いています。サ・ルーサからです。転載します。

闇の勢力に最後の日がやってきた―サルーサからのメッセージ( 6/29)2013-06-29

今、殆どの皆さんをとりこにしている熱い話題は逮捕の開始でしょう。闇の勢力に最後の日がやって来たことは間違いありません。言うまでもなく、世界中にセンセーションが広がり、メディアはそれに応えざるを得なくなります。何が起きているのか、問い合わせが殺到し、結局は、最も保守的なメディアでさえも本当の理由を明らかにするように迫られます。米国においては、公式発表が行われ、慎重に段階を踏んで、何故、逮捕が起きているのかを、人々に正しく理解してもらうことになります。

闇の勢力による支配から解放されるという筋書きを説明し、全員の利益になることを明確にしない限り、疑問は消えないでしょう。いまだにイルミナティの支配下にある者が故意に偽情報を流すでしょうが、逮捕に携わる人々を支援するために、軍が関係するのだということを、我々ははっきりさせます。軍は処刑部隊ではなく、彼ら自身や連邦執行官が業務を遂行中に攻撃された場合にのみ、武器を使用するのです。

最初の具体的な行動が起こることにより、計画の次の部分を進行させることができます。これまでは、進展を遅らせるような妨害を受けてきたのです。まずは早急に、信頼に値し、かつ正直であることが証明されている人々を代表者として、暫定政府を立ち上げねばなりません。その人々には、人民に対する責任を引き受けてくれるように既に告げてあります。こうして、ようやく、我々の約束が本物であること、皆さんの権利は回復されることを、皆さんにお示しすることができますね。大事なことをまず第一に行い、これ以上危険はないと納得できた時点で初めて、計画の他の面を進めることが可能になるのです。

見ること、聞くことが現実に起きているのかと、皆さんは目をこする必要はありません。ライトワーカーたちは運命の鍵を握っています。米国の外に住んでいる皆さんも計画の一部です。浄化活動は世界中に広がります。究極的には、これは、アセンドする準備ができている人たち全員のための計画ではあるのですが、当然、自分の将来に対して他の計画を持っている人々にも影響を及ぼします。自由と共に選択権ももたらされるので、最終的には、気がつけば、すべての人が自分のいるべき場所に正しく存在することになります。

先のことですが、当然、ディスクロージャーを通じて、長らく待ち望まれてきた皆さんとのコンタクトが行われます。起きていることすべてに関して秘密の誓いを余儀なくされてきた人々が、その責任から解放されて、我々の実在を証明するような自分たちの体験を自由に語れるようになります。皆さんは既に多くを知っていますが、それらが公表される時には、普段そのようなことには関心を向けない人、あるいは疑惑を抱いてきた人の耳にも届きます。

彼らに、我々が単なるあなた方の友人ではなくて、家族であることを納得してもらうのは、明らかに大仕事です。しかし、近いうちに、ありのままの姿で我々を見てもらえるようになり、この大切な地球への着陸も歓迎してもらえることと思います。もちろん、浄化部隊に加わってもらう作業グループを組織するためには、コンタクトを実行しなければなりません。

すべてが良い時期に開始するわけですが、いったん始まれば、事態は急速に進展します。わずか2,3ヶ月で多くのことを成し遂げねばならないからです。これまで支配されてきた権力から解放される、その思いで皆さんの興奮が高まり、その生活が光の中へと引き上げられているのを感じます。このサイクルが終了する時期については、はるか昔から定められていました。あらゆる考えに反して、皆さんが助けを必要とする時にそれはやって来ました。スピリチュアル・ハイラーキーと我々の努力が、この時期のこの地点まで皆さんを導いてきました。

そして、今や皆さんは、アセンドする素晴らしい機会を手に入れようとしています。皆さんは、自分の奥深くでは、この体験は高次元へ帰ることで終わると常に知っていたのです。元々そこからやって来ていて、光の存在としてその場所にいる資格があるのです。低次元は、人々を引きずりおろす暗闇、それに巻きこまれた人々がいるべき場所です。しかし、その人々も、たとえまだ光を認識してはいなくても、皆さんの周囲にいることで恩恵は受けてきたのです。

どうぞ理解して下さい。アセンドしない多くのソウルは、必ずしも、自分を向上させるのに失敗したわけではありません。自分自身で、そのように体験することを計画してきているのです。ですから、自分と違う道を行く人を裁かないで下さい。あなた自身が自分の運命を自分で描いたように、それと同じ権利を彼らにも認めてあげて下さい。時には、皆さんから自由が奪われたこともありましたが、その都度、それは神聖なる権利として返還されてきました。

神を思い出して下さい。マザーガイアを思い出して下さい。彼らは両親のような存在です。常に皆さんを見守り、助けの手を差し伸べてきました。何処から来るのか、たとえ皆さんが知らなかったとしても、常に助けは与えられてきたのです。今、それを認識し、感謝を示すのは何と素晴らしいことでしょう。愛に満ちた考えや祈りは、さらに多くの愛と光をあなたに返してくれます。それこそが、最高のレベルで働く”引き寄せの法則”なのです。

親愛なる人々よ、ここから先は、道程は徐々に楽になっていきます。こんなに遠くまで来たことが最後の瞬間に無駄にならないように、我々が傍についていて保証します。もちろん、物理的な変化は起こりますが、振動数が高まっているので、ある人々が予想するほど過酷なものとはなりません。マザーアースを原初の美しい状態に戻すのに、広範囲での惨事は必要ありません。必要な変化は起こさせなければなりませんが、我々がマザーアースを手助けします。

彼女は、自分の活動により生命に危害が及ぶようなことは間違いなく望んでいないのです。人々は、適切な警告により、危険を避けることができますし、その際には我々が救援します。内部地球の人々も、地表に出てくるようにという合図を待っていることを忘れてはなりません。彼らも、皆さんに多くのものを提供してくれるでしょう。彼らもまた、何千年も前から皆さんの家族なのです。皆さんと再び交流を持てるようになることを喜んでいるのです。

当然ながら、皆さんは、主にヒューマノイドから発祥した様々なスター文明の存在が混じり合ってできています。それらの文明の人々が、自分たちの家族に会いにやって来ます。昔の記憶を取り戻すにつれ、心躍る多くの再会が起こることでしょう。多くの人の目には、スペース・ビイングは自分たちと異なるように映るかもしれませんが、皆さんも同じスペース・ビイングなのです。いずれにせよ、皆さんは、全員が始原の創造主と一体なのですから、どうぞ、他の人々のことも自分と同様に扱って、常に優しく、思いやりを示してあげて下さい。

私は、シリウル出身のサルーサ。皆さんが、二元性を深く体験してきた永遠とも思えた道のり、その終わりに近づいていることを、とても嬉しく思っています。

ありがとう、サルーサ。  マイク・クインシー


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。

 
by 892sun | 2012-06-30 10:28

いよいよ世紀のイベントの幕が開いた

人気ブログランキングへ
来る、来ると言っていても、その度に肩透かしでは狼少年と言われてしまいます。闇の勢力の大量逮捕が始まるという情報にも半信半疑でいた方も多かったのではないでしょうか。なにしろ表のメディアは何も伝えてくれませんから、漏れ出てくる情報を分析しても確信を持って、書くことができませんでした。しかし、遂に大量逮捕が始まったようです。信じてもいいと思います。いよいよ待ちに待った世紀のイベントの幕が切って落とされたのです。この流れはもう誰にも止めることはできません。地球外知的生命体もこの時を待っていました。一緒に行動を開始するでしょう。

それはアメリカから始まって、世界に広まっていくでしょう。日本のメディアは臆病ですから分かっていても報道しないかもしれませんが、報道せざるを得ないような状況がやってきます。まずはアメリカのどこかのメディアが口火を切って報道を始めるでしょうから、ネットを通じて瞬く間に日本中に知れ渡ると思います。アメリカのメディアに注目していましょう。そしてそのために一時的に流通インフラが止まる可能性がありますから、準備をしてください。

回りで騒いだりパニックになりそうな人がいたら、どうか何も心配ないことを説明してあげてください。混乱は一時的なもので、それらも全て想定した計画ですから、すぐに収まります。彼らが一番心配していることは、未知への恐怖心が広がることです。恐れが広がることはネガティブなエネルギーを増殖させますから、闇の勢力に力を与えることになります。私たちに出来ることは、新しい時代の到来を歓喜を持って迎えることです。時代の夜明けなのですから、盆と正月が一度に来たように祝っていいことです。お互いに大いに喜びあいましょう。

グレッグ・ガイルズからの最新メッセージです。

青信号!大量逮捕は、今始まる! junio 28, 2012 Posted In:*-JAPAN AscensE.2012
Green Light! Mass Arrests Will Now Commence!
Greg Giles
ペンタゴンと軍隊の内部情報提供者である、ドレークは、2012年6月27日の夜、8時30分に、長い間待ち望んでいた青信号が点灯し、軍隊と地球連合として知られている法執行連合体は、72時間以内にカバールとして知られている世界的な犯罪組織の数千の者たちとその関係者の逮捕に踏み切る、と発表した。

このような行動を知らない人たちにお知らせすることは、これらの逮捕は、破産をたくらみ、病気を蔓延させ、最終的には地球上の全ての人間を閉じ込めるたくらみから市民を一気に開放する、ということです。店が閉まり、エネルギーなどの基礎供給品の供給が停止される可能性があるので、全ての市民には、一週間分程度の食料、水、全ての日常生活必需品を手元に用意しておくようにお勧めします。

又、金融機関から、最低一週間分、好ましくは三週間分の現金を引き出し手元に置くようにお勧めします。銀行によっては、ドアを閉ざし、ある期間預金などの取り扱いを停止するかも知れないからです。落ち着いていてください。全ての市民は、暴力に走らず、或いは暴力行為に加わらないようにしてください。

軍隊と法執行官が、米国中で、又世界のある地域で逮捕を実行するのが見られるでしょうが、これらの男女は、兄弟、姉妹への、自由への、憲法に立脚した政府への、愛への奉仕のために働いていることをご理解ください。これらの軍隊と法執行官は、あるメディアがこの広範囲の作戦の初期段階で誤って報道するようには、それぞれの国の市民の逮捕はしません。

これらのユニットは、犯罪カバールとその関係者の逮捕に従事するだけです。全ての市民は、家庭に基礎的必需品を備蓄し、できるだけ多くの友人、家族に何が起きているのか、この逮捕には、これらの犯罪者たちとその権力と支配を目的とした闇のたくらみに非常に長い間抑圧され、苦しんできた世界の人々にとって、どのような意味があるのか、を説明してください。

今日は、長い間待たれていた日であり、全ての市民には、これらの逮捕が世界的な規模で、唯一のニュースであるとして信じ込むようにプログラムされたものと同じ悪いニュースではないことを私たちの兄弟、姉妹に知らせるように、この情報は、テレビで放送されます。これは祝いの時ですので、7月4日の休日の間中、祝賀が続くでしょう。これは米国市民の真の独立の祝賀であり、私たちの世界の全ての人々のための祝賀でもあります。


追記、
本日夕方6時からの官邸前のデモに参加できる方は是非ご参加ください。私も行きたいのですが、足が悪く皆さんと一緒についてはいけそうもないので、自宅で応援します。もしかしたら大きな宇宙船も応援に姿を見せてくれるのではないかと思っています。頑張ってください。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-06-29 09:04

今、私たちに出来ることは

人気ブログランキングへ
高次元からの情報ではますます光が強くなり、闇からの解放が迫ってきていることを告げています。私たちもそういった情報が入るたびに、嬉しさに胸を躍らせています。しかしこれまで闇の勢力が地上に張り巡らせてきた組織は強大で、地球外知的生命体が底知れない力を持っているとしても簡単にはいきません。特に何も知らずにいる多くの人たちに恐怖感を与えないで、事を運ぶのに苦慮しているように見受けられます。

地球外知的生命体が一生懸命に働いてくれているのに、私たちには何もお手伝いすることが出来ないのでしょうか。今、私たちに出来ることはないのでしょうか。毎日、歯がゆい思いでいるのではありませんか。そう思っている方々は私と一緒に祈りませんか。今の私に出来ることは祈ることだけです。この地上から、貧困と紛争、飢餓と不安が消え、光がこの惑星を覆いますように。この星が平和になりますように。一人一人の祈りも集まれば大きなエネルギーとなって、きっと届くはずです。

高次元の高級霊の皆さん、地球外知的生命体の皆さん、変わらぬ愛を有難うございます。何かお手伝い出来ることがあれば、何なりとお言いつけください。いつでも心の準備は出来ています。

今日は予約を入れていた検査がありますので、これから病院へいきます。いつもより早い更新です。私の友人に届いたメッセージを転載します。

ひとつたとえ話をしてみよう。空間に浮かぶ繭を想像してみてごらん。空間とはこの宇宙。繭は人間が信じる価値観の檻。闇が魂を眠らせたまま支配するために作った幻想の檻と考えるとわかりやすいだろう。中にあるのが人々の魂。
 
 闇は直接宇宙の光が繭に注ぐことを恐れ、繭の外側にも多くの囲いを張り巡らして、限界、規律、秩序、などと言い含めて繭たちをつなぎとめてきた。
 
 内側の魂が点火し、光があるボーダーを越すことが覚醒と呼ばれるものだ。点火はしても、ボーダーを越さなければ、行きつ戻りつして消えることもある。しかしボーダーを越えれば、どんな状況でももう光は消えない。
 
 どの人にも光が入って自分の正直な心を感じるきっかけはある。しかしこれまでの闇たちが設けたバリアは強固で、宇宙からの光も弱められ、人の心に射す光はごくわずかだった。
 
 自身の光源に光がともり次第に光が増すと、自身の周りに張り巡らされたバリアが明確に見えるようになる。こんなに縛られ、こんなに目隠しされていたのか。と気づく。するとバリアが少しずつ解けて離れていく。
 
 幾重にも張り巡らされたバリアの場合も多い。それでも薄いところから解かすに従い外の光を直接自身の中に取り入れることもできるようになり、加速度的に輝きが増す。
 
 その光が強くなればなるほど外に放出され、近くの別な繭を外側から照らす。おおよそ覚醒とはこうして広がっていくのだね。
 
 今の地球は特殊な域に達してきたから、このたとえでは繭自体が上昇してきている。個人差はあるが全体的に上昇すると、闇の囲いは低位に張り巡らされたものだから、上昇するに従い宇宙の光がより多く注ぐ。周囲を覆っていた闇が薄くなるともとれる。夜明けとも言われるのはそのせいだ。
 
 この現象の真意は、人それぞれが自ら光を持っていることを思い出し、光り輝いて繭をとかし、そして新たな光源になって、さらに周囲を明るくして、他の魂自身が輝ける力を援助することにある。 しかし他の魂を他人が点火することも育てることもできない。皆自分自身でそれに気づき、自ら輝くしかその光を灯す方法はない。
 
 闇はそれが自身の破滅に繋がる鍵だと最初から知っている。だから自ら輝くことは不可能だと教えてきたし、輝けば限界を越え、つまりは死ぬと教えてきた。そこを人間が越えないように、恐れや不安の仕掛けを用意して。だが、それは全て幻想だ。死など本当はない。

 人間にはそう信じることで自分の霊性に魔法をかけてしまうこともできる。かつて、死は魂の成長の道標でしかなかった。それを闇の限界の幻想を信じて、死が全てを分断し別れと誤解してしまった。自ら繭の奥底の闇に留まる道を選んでしまったわけだ。

 しかし、ようやく、幻想が解かれるときが来た。あなたがこれまで生きてきた道程はどんなものだったろう。様々な規制、限界のなかで、何かちがう、自分がめざしてきたのはこんな世界ではない。どこかで感じてきたのではないか?それは魂の声だ。自らが輝ける信号は、今の価値観では生き辛い。本当にめざす幸せとはちがう。そんな感じだ。

 特に若い人々は、これからの価値観の転換後を生きることを前提に生まれてきているから、とても違和感を感じてきたことだろう。今の世の中に、自分が本当に立っている実感を持てないことも多い。
 
 それはあなたの魂の声だ。既に点火しているから違和感がある。今の価値観の矛盾や嘘を感じるのだ。闇の自己中心的な愛のない支配に、憤りを感じるだろう。もしくは憤りを通り越し、何も希望が持てないと感じるかもしれない。

 でもそこで落胆して無力だと思ってはいつまでも小さな繭の中で干からびてしまうだけだ。せっかくともった魂の輝きを信じてもっと輝きなさい。
 
 あなたの生きたい世界はもうそこにある。あなたの輝きを増せば、即座にも、あなたのまわりを覆っているバリアが何の意味もない、ただの幻想だと気づけるだろう。あなたが輝くことで、まだ眠っているあなたの大切な人を輝かせることもできる。輝きなさい。そして自分の魂に正直に生きなさい。

 あなたはどうしたら幸せだと感じるのか。誰かの笑顔を見たとき。誰かのお役に立てたとき。ありがとうと言ってもらえたとき。皆自分が本当に輝くための方法を知っている。

 これはちがう。これは間違っていると感じたら勇気を出して行動してみなさい。あなたは一人ではない。きっと同じように魂に点火し、本当の幸せを目指して立ち上がる人は他にもいる。

 あなたが生きていると実感できること。ああ生まれてきて良かった。うれしいな。といえることに精一杯で取り組みなさい。全てあなたが輝く方法だ。そしてあるとき気づくだろう。自分がいる場所が全く違う場所になっていることを。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-06-28 08:35

日本のトップが何故こうも駄目なワケ

人気ブログランキングへ
私は日本人の民間活力は素晴らしいと思っていますし、道徳性、人間性も世界に誇っていいと思いますが、こと政治に関しては三流以下のレベルで、国民からは見放され外国からは相手にもされない。仕方がないので世界中にお金をばら撒いて、なんとか仲間に入れてもらっているというのが実情です。何故こんな情けないことになっているのか考えてみたい。

大きな原因の一つが学歴を尊重する社会ですから、少しでも有名な大学を出て大企業や官僚を目指すことを人生の成功と考えていることでしょうか。頭では苦労しないと一人前の人間にはなれないことが分かっていても、我が子だけには安定した人生を送らせたいと願う親馬鹿思想がある。我が子には旅をさせよ、なんて言葉もあったのです。今では我が子には楽をさせたいと思っていて、小さな時から詰め込み教育をさせる。嫌がる子供を説き伏せて、勉強も苦労の一つと説明する。成熟した魂はそんな親の願いを撥ね付けて育つが、まだ若い未熟な魂は、親の言いつけ通り、朝から晩まで一生懸命勉強して、いい成績を残す。

脳力も体力の一つですから、記憶力や演算能力に秀でた子供はどんどん成績が良くなって有名な高校、大学と進学して大企業や官庁に就職することになる。いわゆるエリートコースに乗るわけですが、小さな時からそれを目標に育ってきたわけですから、そこがゴールになっている。本当の人生はそこから始まるのですが、彼らにはそのコースに乗った時点で停年までのスケジュールが見えているわけですから、もうそれ以上は自分を成長させるためには何もしない。出世欲のある人などは、それまでの競争システムを勝ち抜くテクニックには長けていますから仲間を出し抜いて勝ち上がっていく人も出る。まあ、何もしなくても社会からは尊敬の眼差しを注がれながら生きていける。それで自分も満足している。

これらの人々に絶対的に欠けているのは人生哲学で、人生とは何たることか分かっていない。挫折したことがないから、弱者の痛みも分からないし、人間とはただの生物の一種ぐらいにしか考えていないから、本当の自分とは何かを知らない。知ろうともしない。ただそんな環境にいたからディベートには長けていて、論争しても負けないから自分ほど頭のいい人間はいないと思っている。時の話についていけないのは恥だから、話題の本などは一応目を通すが、何かを求めて本を読漁るなどということはしない。

こんな連中が霞ヶ関の上から下までオフィスをびっしりと埋め尽くして、自分たちに都合よく段取りをして政治家を動かしている。退職金を増やしたいと思えば、天下りして企業を転々とする。まさにシロアリ独裁国家です。これに鉄槌を下すことが出来るのが政治家で、口では政治主導などと出来もしないことを言ったりしますが、やっていることはシロアリ退治どころか、シロアリの使い走りに成り下がっているのに、本人たちは気がついていないらしい。間抜けというしかない。まあ、政治家も役人と同じような教育システムのなかでぬくぬくと育ってきたから、同じ穴の狢、哲学を持って行動している人などいない。

一国の運営に携わろうとするならば、人間性の高い、心の広い、弱者の痛みが分かるような人でなくてはならない。どこからみても尊敬出来るような生き方をしている人でなくてはならない。若い時に、何度も挫折を味わい、もがき苦しんできたような人は必ず哲理を求めるようになる。哲理とは摂理であり、真理だ。今の政界、官界、財界にゆるぎない哲学を持った人物はいるだろうか。いないといって諦めるわけにはいかない。どうしても探し出さなくてはならない。これが私たち国民に与えられたこれからの課題だ。

追記
さきほど東京新聞に電話して、増税賛成、原発再稼動賛成、TPP賛成の全議員のリストを公表してくれるようにお願いしました。皆さんも是非電話して頼んでください。(東京新聞ー03-6910-2201)次の選挙ではこれらの議員に絶対投票しないように呼びかけましょう。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。予約されていた方々には全員届いているはずですが、まだ届かないようであれば、shuppan@meisou.comまでご連絡ください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-06-27 10:37

オリンピックなんてもういらない。

人気ブログランキングへ
いよいよ今日、消費税増税法案の採決が行われれます。数の上で賛成が上回るようですから決まるものと思われますが、記名投票で行われるようですから、誰が賛成か反対かはっきりします。賛成した議員のリスト、それに原発再稼動にも賛成している議員のリスト、TPPにも賛成している議員のリストを重ね合わせて、三重丸の議員は次の選挙では絶対国政に送り出さないように落選運動をしなくてはなりません。日本が自立した国家を目指すために、子供たちの未来のために一致団結しましょう。ご協力をお願いします。

世界の大変動が起きていて、闇に協力してきた連中とはこれまではどこの誰か分かりませんでしたが、こうして日本でも変化が起きるごとに隠れて悪事を働いてきた者たちが大衆も面前にあぶりだされていきます。政治に無関心でいた人々さえ気がつくようになります。光のエネルギーが強さを増してきていますから、もう表の顔と裏の顔を使い分けてこっそりと国民に嘘をついて騙すようなことは出来なくなるのです。

昨日、ふと思ったのは、これまでのやり方として、国民の関心を別の方向に向けておいては、こっそりと都合よく運んで気がついた時には遅いことがよくありました。利用されるのがスポーツや芸能のことです。スポーツで大きなイベントがあったり、世間を揺るがすような芸能ネタにうつつを抜かしている時には決まって政治でも大きな動きがあるのですが、後の祭りです。もうじきオリンピックが開催されます。世界中がオリンピックで沸いているその時にはきっと裏で何かがあります。もうたいしたことは出来ないはずですが、それでも何があるのか注意が必要です。

最近のオリンピックというのは実に下らない商業主義に染まってしまっています。昔はオリンピックといえばアマチュアスポーツの祭典であり、プロの選手はアマチュア規定が厳しくて出ることは出来ませんでした。ところが最近のオリンピックはプロ選手が堂々と出ています。分かりやすくいえば、水泳の北島選手もハンマー投げの室伏選手もアマチュアとはいえません。アメリカで合宿したりしていますが、その費用をアルバイトで稼いでいると聞いたことがありません。全部スポンサーが付いていて渡航費用や生活費からトレーニングの費用まで負担しているのですから、立派なプロです。

競技の技術レベルが向上して学生などのアマチュアレベルでは到底適わないレベルになっているので勝つためには仕方がないことですが、オリンピックの提唱者クーベルタンは泣いてるでしょう。それぞれのスポーツには別に毎年世界大会が開かれているのですから、もうオリンピックはその役目を終えたと考えてもいいのではないでしょうか。シンタロさん、また東京へオリンピックを持ってきたいなどと馬鹿なことを考えていないで、はやく引退して三文小説でも書いていなさい。老害政治家はいなくなるのが世のためです。親子で政治馬鹿だよ、まったく。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。予約されていた方々には全員届いているはずですが、まだ届かないようであれば、shuppan@meisou.comまでご連絡ください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-06-26 10:51

不完全だから、いいんじゃないか

人気ブログランキングへ
例によって未来分析をしています。これから世界で起きることは、驚くようなことはあっても怖れるようなことは何もありません。これまで闇の世界から指令を出していた連中には厳しく監視が付けられていますから拘束されたも同然で、何もすることができません。司令塔を失った末端の者たちが右往左往していますから、小さないざこざはまだ暫らくあるでしょうが、次第に収まっていきます。イスラエルとイランの関係、シリア、エジプトも次第に静かになります。

日本も同様です。今は政治が混乱の極みですが、ほとんどの国民にはもう分かっているのです。大勢の人々が本質に気付いていますから、醒めた目で彼らを見つめています。これまでは支配層のいいなりになっていればよかったのに司令塔を失ってしまって、どうしたらいいのか彼らにも分からないのです。今年中には空中分解して消えて運命です。

さて、私たちは誰もが欠点を持っています。欠点だらけだから、少しでも欠点を減らして成長しようとして生まれてきたともいえます。そして完全を目指しての旅をしているのです。完全を目指していても何一つ欠点のない完全になることはありません。だからこの旅は永遠に続くのです。欠点を持っていることを悲しむことはありません。欠点のない人はいませんが、もしそんな人がいても誰も近づかないでしょう。それより欠点の多い人のほうが、より人間的で愛せそうだと思いませんか。輝いていると感じませんか。不完全について書かれたメッセージがあります。シェアします。

不完全を愛する

人間がダイヤモンドを製作するようになったのは最近のことでした。今も実験室で作れます。そのダイヤモンドは工業用で使われるのがほとんどです。でも、この人工ダイヤを宝飾として使うことを恐れる人がいました。余りに不安だったので、今では自然のダイヤモンドに傷をつけて、それでこれは偽物ではないと言えるようにしています。面白いのは、この人の手によるダイヤモンドが市場に出回らないということです。余りに完全過ぎるのです。

人工ダイヤに傷はありません。光がガラスのように透過します。自然のダイヤモンドのようなきらめきがありません。不完全なところがないからです。同じことが皆さんにも言えます。不完全なところが皆さんの美しいところなのです。でも、その前にそれを何か間違いだ、悪いところだと考えてしまいます。そういうところも自分の美しさなのです。認めてください。それは、ギフトなのです。不完全さを表現するようにしてください。地球で獲得した自分の本当の光のバッチとしてしっかり手にしてください。

皆さんが選ぶことです。例えば、他の人より少しばかり鼻が長いので問題だと思いますね。鏡を見て、「こんなに鼻が長くなければ言うことないのに」と思います。自分の肉体を嫌います。で、鏡を見るといつもどうしたらいいだろうと考えます。美容外科に行って変えてもらうのもいいでしょうし、誇りに思い、胸を張って歩くのもいいでしょう。自分自身と鼻に忠実であってください。

で、すぐに他の人があなたのような鼻になりたいと言い出しても驚かないでくださいね。こういうことが有名な俳優の間で何度も起きてきました。有名になると、他の俳優たちは有名になった俳優と同じような体にしようとします。有名になった俳優は自分の体のどこかがおかしいと思いますが、それが自分らしいと考えるのです。

そういう人は、体を通して無条件の愛を伝え、突然全員がそれに共鳴したのです。皆同じです。同じだと理解したのです。私たちが本当に美しいのは、皆さんの不完全さがあるからなのです。だから、自分の愛から「条件付き」を取り外せば、その時に無条件の愛が分かります。認めてください。誇りを持って歩いてください。皆さんは故郷の光で輝いているのです。

私たちが皆さんに上げた光ではありません。ハートを自分で開いて自分の中に持ってきたのです。誇りを持ってください。他の人の目を見る時は大事なことをしているのです。相手に故郷の素晴らしい光を印象づけているのです。意識的にそうしてください。その一歩一歩を楽しんでください。1回につきひとつ、新しい地球を創っています。1回につき、ひとつの真心で新しい地球を創っています。

皆さんは全く新しい環境に入ろうとしています。肉体と地球はもっと順応し、自立した人間を養っていきます。皆さんがやっているのです。本当に皆さんが誇りです。ベールのない所に手を伸ばしました。知らない自分になって来ました。そして、ベールを取り外して本当の自分を見ようとしています。それをしっかり手に持ってください。誇りを持ってください。皆さんは故郷の光から生まれているのです。そのことを知ってください。

謹んでお願い申しあげます。お互い、事ある毎に尊敬の念を持って接してください。お互いに育み合い、何かにつけドアを開けておいてください。新しい世界を建設しながら、よく演じあってください。ハートの贈りもの、光の灯台6月のメッセージより


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。予約されていた方々には全員届いているはずですが、まだ届かないようであれば、shuppan@meisou.comまでご連絡ください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-06-25 09:05

もう既に世の中の大変革は始まっている

人気ブログランキングへ
私がもうアセンションは始まっていると言い出して久しいが、表のニュースしか知らない人たちは十年1日の如く、どこがどう変わってどう変化しているのか分からないから、シロアリ退治をすると言った人がシロアリに取り込まれてシロアリの言うがままに消費税の増税を強引に決めてしまうことにうろたえている。三党合意がなされたようだから、26日にも決まるのでしょう。阻止する手立てはもうない。

だからといって、私は少しも悲観していません。私には素晴らしい未来が見えているからです。私は霊能者ではありませんが、未来情報を分析することでこれからの時代がどのような世界に変わっていくのかが分かるからです。消費税の問題一つをとりあげても、決まってもすぐに実行されるわけではなく、その前に世界の金融システムが崩壊しますから、日本だけ影響を免れるわけがありません。消費税増税どころの騒ぎではなくなり、日本全体の社会システムの再構築を迫られるような事態になっていくはずです。

私のブログを読んでくださっている方々は理解していると思いますが、今年は今までの地球人類が体験したことのないような現象が次々と起こります。これまで常識とされてきた既成概念が吹っ飛んでしまいますから、何も知らないで心の準備もできていない人々はパニックを起こすかもしれません。それはもう表にも出てきているのですが、大手のメディアは報道規制を敷いて一般にはなるべく知らさないようにしています。一昨日の官邸前のデモの様子一つとってもそれはよく分かるでしょう。

日本人以上に世界ではフクシマのことに関心が高く、原発再稼動に反対する動きが各国でありますが、ネットに繋げていなければ、何も知らないままです。ETたちの動きも活発になってきていますが、ETの存在すら認めない人もいます。まだ姿を見せないのですから、地球人だって宇宙人であることが分からない人には説明のしようもありません。これまでの世界が一握りの家族に支配されてきたことなどを説明するのは、もっと難しい。が、これが事実であることは、これからそれらの手先になって働いてきた連中が命令系統を失って右往左往しながら、表舞台から消えていくのを見れば納得するかもしれません。

ユーロもドルも崖っぷちで、もう猶予はありませんから、明日パンクしても可笑しくないのです。あれほど強硬だったイスラエルもイランに対して態度を変えています。よく調べてみれば世の中が変わってきていることが分かるのですが、情報に無関心であれば変わっていることに気がつかないのです。官邸前のデモだけみても、人々の意識の大きな変化が分かるはずです。それは自分では気がつかないのかもしれませんが、エネルギーの変化によって影響を受けていることは間違いありません。6月も後一週間ですが、まだ何か大きな変化がありそうな予感がします。もっと情報に敏感になりましょう。そして行動しましょう。ETにお任せでは困ります。自分にも出来ることは何か考えるのです。素晴らしい未来が見えてきますよ。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。予約されていた方々には全員届いているはずですが、まだ届かないようであれば、shuppan@meisou.comまでご連絡ください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-06-24 09:02

サヴァン症候群と呼ばれる天才たち

人気ブログランキングへ
昨夜、首相官邸を取り囲むように集まった原発再稼動に反対する人たちは、4万5千人を越えたとも言われていますが、どこのテレビも報道しないで無視していました。これは安保闘争の時以来の大ニュースのはずですから、番組を変更しても伝えるべき出来事なので、私はいつ狗HKが、報道するかとチャンネルを合わせていたのですが、7時のニュースも9時のニュースでもいっさい触れませんでした。これが日本の公共放送の姿、まだ狗のままです。

仕方なく諦めて、他にチャンネルを回したらサヴァン症候群といわれる天才が出演していた。一人はイギリスから来た画家で、一度見た風景を忠実に再現出来るパーフェクト・メモリーの持ち主です。過去に見たものを写真のように再現した風景画を描いてみせてくれました。立ち並ぶビルの階数や窓の数さえ正確に描写されていたのにはビックリです。日本にも一度聴いた曲を全て忠実に記憶している天才ピアニストがいて、即興で他のピアニストが弾いた曲をまったく同じようにコピーして弾いてみせる驚くべき才能の持ち主がいました。彼は全盲でした。音楽が好きだったのでピアノを教えたら、子供の頃からこの才能が芽生えたようで、1万曲以上を記憶しているそうです。さらに百年分のカレンダーを記憶しているともいわれ、過去未来の年号と月日をいえば、それが何曜日なのかを考えずに即答することが出来る才能もあるのです。

私たち人間の能力をはるかに超えた能力の持ち主たちですが、こうした人たちが存在するということは、実は誰もが同じ能力を潜在的に秘めているということです。どうした仕組みになっているのか分かりませんが、私たちにはこうした能力が使えないように鍵がかかっているのです。それがアセンションすることで、右脳と左脳のバランスが取れ、さらには幽体や霊体の脳も使えるようにれば、不可能に思えるパーフェクト・メモリーが誰にでも当たり前の能力となるのです。そうなれば当然のことながら科学文明も飛躍的に発達します。夢は無限に広がっていきます。その時が間近に迫っているのです。

今朝の東京新聞には昨日のデモの様子が報道されていました。毎日新聞も書いたようですが、依然としてゴミウリ新聞や朝日はしかとしています。事実を伝えない新聞なんて購読するだけ無駄ですし、狗HKには視聴料なんて払うことはないですね。正しい報道をしないメディアにお金を払う必要はありません。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。予約されていた方々には全員届いているはずですが、まだ届かないようであれば、shuppan@meisou.comまでご連絡ください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-06-23 12:48

集合意識は臨界点を越えた。

人気ブログランキングへ
アセンション情報を知らないで生活している多くの人々は現在の状況をどのように考え、どのようにしたらいいか、希望がまったく見えないでいるのではないでしょう。政治も経済も八方塞で出口どころか、ますます生活が苦しくなるようにしか思えないのではないでしょうか。素晴らしい時代の朝を迎えたと言うのに、自分で自分の目を既成概念という厚いマスクで塞いで暗闇の中にいるからです。アセンションはトンデモ情報でも陰謀論の類でもありません。アセンションすることが現実で、現実のように見えているものこそバーチャルな幻想であることを、回りの人たちに教えてあげてください。

宇宙は意識で出来ており、この世もまた人々の集合意識の作り出した現象です。その集合意識は常に進化しており、新しいものを求めてゆきます。その意識が臨界点を越せば世の中は急激に変化します。古いものは壊れたり消えていくのです。今がその転換期です。これまでの既成概念が壊れていくのに、自分が変わらなければ取り残されてしまいます。何も分からないまま、右往左往するだけです。今の世の中、何かが変だと思いませんか?変だと思ったら、何が原因か探ってみませんか?原因を三次元の物質的なものに求めても分からないでしょうが、全ての根本原因が自分の意識にあると気づいた時、マスクが外れ新たな世界が見えてくるでしょう。

昨日、私の友人に届いた霊界からのメッセージを紹介します。

 全てが始まる。今まで君に言ってきた価値観の転換点に差しかかりそして無事越えた。今まで待ち続けてきたが、表面的なものは権力に支配された一方的な報道に寄るしかなかったので、何も変らず今までのように続いている錯覚を作り続けてきたのだが、もう茶番劇を動かすエネルギー自体が途切れた。
 
 悪の闇の論理で動いてきたものたちは、ずっとその洗脳のもと動いてきていたから、どうも変だ、どうも今までと何か違うと感じながらも、心の中で否定しながら今までやってきた。政府、金や権力に主要なトップたち、官僚・メディア。みんなそのまま続く幻想を現実だと錯覚したまま生きてきた。

 彼らは権力にすがり、自分の正直な声にそむき、ずっと欲に執着し、そのおかげでこれまで支配権、支配層として君臨できた。がしかし同時に、その執着・欲は、低波動な領域、低俗な価値観に彼ら自身をがんじがらめにして、とうとう自身の内なる本当の声をきけない障害者にならしめた。
 
 だから自分が言っていることや行なっていることが、いかに民意や正直な人々の気持ちから乖離しているかに気づくことさえできず、どんどん離れて、とうとう正反対な場所に行き着いても、まだ気づけないままだ。
 
 彼らこそ鈍感の極み。欲や執着がどれほど霊性に蓋をしてしまうかを端的に証明する生き証人なのだね。この人たちはこの地球で自分の力を行使できなくなってくる。大量逮捕と言うような言われ方をしているようだが、真実には彼らの思いは実現しない方向性が強まるのだ。今までそれで動いてきたのにいきなりそうならなくなる。

 と言う状況が信じられません。

 もう闇の論理が叶う波動域ではないのだよ。例えば策略、陰謀。皆計画倒れで、画策しても、現実を動かすのにはどんどんロックがかかって実行できないのだね。闇の論理で動いていたことは、もうエネルギーが供給されない。いいかね、エネルギーを補っていたホースが届かないのだ。ホースは届いても、肝心のエネルギーが届かない。これが真実なのだよ。

 彼らこそ一番不思議に感じ、一番おかしいと感じていることだろう。蛇口をひねっても一滴も出ないのだからね。様々なことが秘密裏に行われてきたが、闇主導で動いていたものは全て、日増しに運転不能に陥っている。
 
 末端で働いている者こそ大変だ。上に対してこの事態をどう報告するか。そんなことを正直に報告したら、真っ先に自分の命や首が飛ぶのを知っている。闇は威圧で、そむいたり実行不履行なものを切り捨てる冷酷さと恐怖で支配してきたのだから。
  
 それで彼らも必死で取り繕ったり、自分に権限を任された中でありとあらゆる過去に成功した手法を試みたりする。しかしだ。もうどれも功を奏さないのだね。
  
 彼らの中から善意・良心の呵責、声を聞けるものが増えてくるだろう。もう闇の呪縛の力も衰えてきているから、これ以上嘘をつき続けることが苦しくて、ならば立場を失っても自分に正直になろうとする人々が増えてくるのだね。
 
 そんな逆転現象もこの地球では次々に起こっている。闇の末端からそれが起こり、おかげで集合意識の転換点をようやく越えられたと言うのが真実なのだよ。
 
 これから陰に隠れていた大嘘つきにようやくたどり着くところまで来た。逮捕と言う形をとるかだけを見ていると落胆したり、肩透かしを食らったりするだろうが、もうどうにもつくろえなくなる、逃げ場も隠れる場所もなくて、人々の目が開かれ、ごく自然に真実がわかるようになるので、「ああこいつが悪者か。こいつが大嘘を付いていたのか」と理屈抜きでわかるのだね。
 
 これが集合意識の転換点を越えると起こること。それはもう始まっているよ。だからこそ、現在の政府が増税をしたり、原発を再稼動する狂気に気づけるのだね。
 
 今までどおり、仕方ないね。変えられないし、そう代表が決めたから従うしかないね、などと誰も考えなくなるのだよ。それが集合意識の最後の一滴で価値観の転換が起こったときに始まる事柄なのだね。
 
 これからますますそれは加速する。最初は遠慮もあるし、常識が邪魔をするが、日一日と、正しいことをするのが当然と言う風潮になり、今闇の側がおし進めていることはどう屁理屈こねても間違っていますね。だから違うし反対だしそれには同意しません。となっていくのだよ。

 見ていなさい。逮捕劇という固有名詞や事象にこだわらず、集合意識が善に傾いてく様をよく見なさい。皆自分が変化しているとは気づかない。これが集合意識の転換点を超えた現象であり同調すると言うことなのだ。
 
 だから闇の論理の間違いに気づかず固執して今までどおり続くと信じる固い頭のものほど、明確に闇に染まっているとわかるのだね。
 
 私の大嫌いな狡猾な人はどうですか。

 大丈夫だ。その人も狡猾ゆえ、その狡猾さで自身のバロメーターを破壊してしまった。だから自分は今までどおり狡猾に騙してうまく泳いでいると信じているが、自分が悪者で嘘つきだと白状する行動にそれと気づかず駆り立てられてしまい、そして白日の下に晒されてしまうのだよ。
 
 すごくわかりました。楽しみにしています。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-06-22 10:49

遂にその時がやってきました。作戦開始です。

人気ブログランキングへ
今日は6月21日、夏至です。ダークサイドに最後通牒が突きつけられた期限の日です。今日から24時間以内に投降しなければ逮捕が開始されます。大規模でかつ大勢の人数ですから、メディアもこれまでのようには沈黙を守ることは出来ないでしょうから、何も知らないで過ごしてきた人々もやっと世界で何が起きているのか、はっきりと知ることになるでしょう。

欧米のイルミナティーとその支配下にある者たちが中心になるでしょうが、戦後長きに渡って支配され、彼らの言うがままに行動して国民を欺き、損害を与えてきた日本の支配層の中からも逮捕者がでるでしょう。日本中に原発を作らせ、その利権の甘い汁を吸ってきた中曽根一派自民党清和会の面々や原子力マフィアたち、官僚、御用学者、そしてメディア、特に朝日新聞の船橋洋一や読売のナベツネ。原発事故が起きても何の責任さえ取らない東電幹部や民主党の執行部も逮捕を期待したいものです。

今日を境に世界は変わるでしょう。なにしろこれまで世界を動かしてきた連中が全員拘束されてしまえば、命令系統が止まってしまうのですから、なにもかも一変します。混乱を避けるためにケアテイカーと呼ばれる人たちが一時的に運営にあたるようですから、たいした混乱は起きないと思いますが、古い価値観から逃れられない人々はパニックになるかもしれません。

悪いことが起きるのではありません。古いものが壊れていくだけですから、自分自身の意識の切り替えができれば、何も怖れることはありません。これまで人類を縛っていた鎖から解き放たれるのですから、これほど嬉しいことはありません。古いものが壊れてしまえば、次には新しいシステムが次々と導入されるようです。その準備も整っているようです。これまで私たちを縛り付けてきた連中に対する怒りは残るでしょうが、持っていても害になるばかりですから、きっぱりと手放して、これから始まる新しい時代を期待を込めて迎えましょう。

昨日のサ・ルーサからのメッセージです。

すべての準備は完了した―(SaLuSa 6/20) by Mike Quinsey

いよいよ、実際の行動開始が間近に迫ってきました。それを見れば、闇の勢力の終焉が始まったことに疑問の余地はないでしょう。すべての準備は完了し、これ以上留めておけなくなっています。しかしそれでも、これから起きることや、これほどの規模の作戦が準備されていたことに皆さんは驚愕します。最短時間で最大規模の逮捕を終えられるよう、計画は綿密に立てられています。各人の犯罪の証拠は慎重に記録されており、告発を維持するのに十分なだけそろっています。

イルミナティは、運命が暗転してゆくそのスピードにショックを受けるでしょう。人類に対する犯罪の責任を負わねばならないとは、考えたこともなかったのです。最終的な処罰を避けるための知恵も出尽くして、気づけば、脱出口は我々によって断ち切られています。我々は、同盟者たちが迅速に奴らを検挙できるよう、一人ひとりを追跡し、作戦全体を監督しています。

ついに、闇の勢力が責任を取らされる時が来ました。しかし、この場合は、死んでから自分の人生と行動について振り返るのではなく、正義の執行を求める人々と正面から向き合うのです。皆さんは何世紀にもわたり、自分たちがどのように抑圧されてきたかを理解することが重要です。人命が多数失われた出来事のほとんどは、背後で奴らが糸を引いています。戦争は奴らの懐を肥やし、人口を削減する、常にそれを目的として、"やらせ”で行われてきたのです。以下略 ハートの贈りものより

by 892sun | 2012-06-21 09:48



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧