ひとりごと、ぶつぶつ

<   2012年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

疑い深い人たち

人気ブログランキングへ
昨日の病院での腎臓の超音波の検査結果では、右の腎臓が87ミリとやや小さくなっていましたが、腎内動脈枝には異常はないということでした。尿には蛋白が出ていました。血液検査は100項目にも及ぶ精密なもので、以前から高かったクレアチニンの値がやはり高くなっていました。食事療法で様子を見て、また一ヵ月後に検査してみることに決まりました。蛋白質を一日20以下に制限されました。栄養相談室というのがあって、1時間ほど食事についてのアドバイスをしてくれました。食事は三度摂るように指導されましたが、なかなかいい病院です。

さて、8月4日に未知との遭遇があると確信を持って書きましたが、コメント欄にもあるように信用できないと思っている人も多いことでしょう。それはそれで仕方のないことですが、私は真実を伝えることで、人々の目覚めを促しています。私は真実だと確信しているから書いているので、私自身が不安なことや、疑っていることは書きません。自分の審神者(さにわ)としての能力を信じ、真偽を判断した後、真正なものだけを載せてきました。他のサイトが仕分けもせず載せているチャネリング・メッセージを批判もしています。

私が真贋を判断するのは、主に直観ですが、それにはこれまで多くの真正なメッセージを読んできたものの蓄積と、それらに共通するものを見つけることが出来るからです。それ以外では主に、覚醒者の書いているものを判断基準にしています。覚醒者とはすでにアセンドした魂の持ち主ですから、内在する神との対話ができる人たちで、人間が考え出した知識を元に書かれた書物とはまったく違いますから、内容を精査すれば覚醒してるかどうかも判断できます。後は格調と品位です。いかにも高尚な内容を述べながら品位のない文章も見受けられます。

霊能があるから覚醒しているとは限りません。霊能者自身はどのレベルと繋がっているか分かりませんから、本来は第三者が審神者するといいのですが、霊能を特別な能力と勘違いして、見えないものが見えることが自慢の霊能者もいますから、プライドが高くて嫌がります。身の上相談や家庭内の因縁などを当てるのは上手ですから人気も出るでしょうが、俗世的なことがよく分かるということはレベルの高い霊ではないということです。高級霊ほど俗世に関心がないのが普通です。

霊的なもの(異次元)に対しては頭から拒絶反応を示す人が多いのも事実です。何でも鵜呑みにするのも困ったことですが、霊という言葉を聞いただけで逃げるのは霊的な事実についての無知からくる恐怖かもしれません。心霊学はこの世とあの世にまたがる哲学でもありますから、自分という存在に対して疑問があれば学んでみるべきです。本当の自分とは三次元の存在ではないことを自覚してほしい。真実を何も知らないから、自分の常識的思考の許容範囲を越すことに対しては、恐怖が先にたち心が受け付けないのです。

疑い深い人たちというのは、先日も書いたように人生の羅針盤がないために、基準がありませんから、それまでに体験したことと僅かな知識だけが頼りですから何でも疑ってかかります。自分自身をも信じてはいないような気がします。信ずる基準があれば、それを元に真偽を判断すれば何事にも自信を持って望むことができます。マリックの手品を目の前で見せられて不思議がるのに、UFOが現れてもイルミナティーの作り出したイリュージョンだと思って自分を納得させることになるでしょう。もっと素直になって意識改革に取り組んでほしいものです。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-31 11:00 | Trackback

検査の結果を聞きにいってきます。

b0034892_748867.jpg先日受けた腎臓の検査結果が出ているので、病院へいってきます。昨日はショートショートを載せたのですが、午後になってビッグなニュースがありましたので、一時間でも早くお伝えしたくて二本目の記事をアップしましたので、今日の記事の代わりに読んでください。アセンションとかETとか、信じる人も信じない人も8月4日になれば、すべてはっきりするでしょう。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-30 07:43 | Trackback

遂にその日が決まりました。

人気ブログランキングへ
2012年8月4日は地球人類にとって永久に忘れることの出来ない記念すべき日となるでしょう。地球外知的生命体とのファーストコンタクトが実現することが決まりました。19世紀半ば、英国で始まり世界中に広まったスピリチュアリズム(地球の霊的浄化運動)は同じく英国でグランドフィナーレを迎えることになりそうです。オリンピックの開会式にははるか上空を遠慮がちに飛んでいたUFOですが、8月4日には堂々とオリンピックスタジアムに姿を現すことを伝えてきました。

これまで期待を持たせて実行されなかった数々の出来事がありましたので、今度もその類と思われるかもしれませんが、これほど明確なメッセージが寄せられたのは始めてです。信用して良いと思います。これが偽旗作戦であるなら、私も以後一切のチャネリング・メッセージは信用しないことにします。

プレアデスからのチャネリング・メッセージ

地球時間7月25日に、プレアデス高等評議会とほかの四つの銀河連合は、銀河規約ガイドラインにしたがって、光のプレアデスファミリーが、ガイアの次元上昇に完全に介入すべきことを決定した。さらに、このメッセージの伝送から八日後の8月4日に世界中の人が見られるようにロンドンでのオリンピックゲームで、地球人との完全コンタクトを行うことが決定された。これは私たちの紹介と同時に、あなた方と共に初めての努力として行うガイアの修復と次元上昇作業、およびあなた方の次元上昇支援のためである。この銀河の介入は、以下の理由で指令された。

ガイアの病は、臨界的な段階に達し、直ちに浄化しなければならない。地球上の光の比率は、地球全体を次の次元にまで上昇させるのを助ける世界的な規模の大衆次元上昇に影響を及ぼす段階まで十分に向上していない。地球は2012年12月21日に五次元への遷移をすることが予定されている。地球上の多くの存在が地球の苦難を緩和する努力をしているのが見られるのは喜ばしいことだが、銀河のサイクルが近づいており、ガイアのために必要な作業とヒーリングの量が、地球の人たちによって予定通りには達成され得ない。私たちは、非常に多くの者による非常に長い間に亘る良き努力に決して落胆はせず、ガイアの振動を向上させ、ガイアを取り囲むネガティビティーを払拭しようとして取られた全ての行動を誇りに思うものである。

私たちはもはやこれ以上待つことはできず、支援のために一歩踏み込むことを理解してほしい。地球で今起きていることは、宇宙全体に影響をおよぼすので、これはかなり重要な事である。ソフィア‐ガイア‐テラの速やかな浄化は銀河における第一優先の作業である。これには、全てのアルコンのカバールの残党の排除を含む。カバールの暗黒の心を持った寄生虫は、地球の人たちによっては十分な速さで排除できず、ガイアとその影響を受ける生物の次元上昇を妨げている。

私たちは、ガイアの生命に絶対的な興味を持っている。なぜなら、私たちがあなた方と共に遠い昔にガイアを創造したからだ。これが、私たちはあなた方のファミリーであるという理由なのだ。私たちはあなた方と同じように人間なのだから、あなた方にとっては衝撃的ではないであろう。私たちは高度に進化したスピリチュアルな存在であり、進歩した技術を備えるが、私たち自身はほかの存在よりは高度だとは考えていない。なぜなら、私たちは全てがひとつのものだからだ。私たちは全てがそれ自身を経験している創造主の個体的具現化なのだ。私たちは家族であり、見られるとおり、あなた方を深く愛している。あなた方がリラックスできるようにこの仕事を一緒に成し遂げよう。

あなた方には、今は多くのものが依然としてそうしているが、恐れを広げないように指示するものである。これは偽旗作戦ではなく、実際に起きるイベントであり、善意から、善のために行われるのである。私たちの象限から来た地球上の多くの光の存在が数十年間支援に大きく貢献してきた。しかし私たちの信じがたいほどの努力は、時間内に完了できなかった。これについて、私たちは地球上の如何なる存在をも非難しない。地球上の光の比率は、過去二ヶ月間の間に信じがたいほどのレベルにまで上昇した。あなた方が成し遂げた仕事に誇りをもって良いがソフィア‐ガイアの修復に私たちと共に参加し続けてほしい。

犯罪は、ネガティブなアルコンの存在たちによって行われ、地球と消滅した全てのその血統とを30万年前に奴隷化した。星には、2012年12月21日が次元上昇の日と書かれていて、それは止めることはできない。これは、ガイアが自由になり、その人々ともに次元上昇する日である。これは進行し、2012年12月21日から始まる段階に上昇するであろう。私たちはガイア上の全てのライトワーカーと共に手を携えてこのミッションを支援し、完成させるために働きに来ている。発令された銀河の命令と共に、私たちは第一の大きい近代の日のコンタクトのための第一段階を開始し、この最終の仕事を行うためにあなた方と再会する。ガイアとあなた方が上昇するために、私たちは下降するのだ。

私たちは二日前に第一段階を開始した。7月25日の東部時間午後に、軌道上のプレアデスの艦隊は、スーパーポータルをガイアの内部環境に開いた。スーパーポータルは古老の言い伝え通りに、私たちのガイアへの着陸に備えて、この日に開かれた。イエス!そうなのだ諸君!今がその時なのだ!私たちが開いた次元の扉は、五次元から四次元への下降ゲートで、姿を現すためのものであり、私たちの小さい船の密度を下げ、ライトボディーは、プラズマ光から三次元の基本振動に変化し、地球と共振する。ERRから来た地球の大きさの四倍の母船は、内部環境の基底に向けて300マイル下までポータルを開くために降りた。船の周りのプラズマフィールドは、地球の磁場と強力に相互作用した。

私たちは計算の上でこれを行ったので、ガイアとその存在には害はなかったが、多くの感受性の高い者は、母船が内部環境に接触した時の衝撃を感じた。これらの感受性の高い存在たちの磁場は、接地して消失した。エーテル的な爆発と電気的な攪乱、電球の点灯、半透明体の目撃についての小さい報道が見られた。何人かの高度に進化した者、感受性の高い者は一時間ほど意識を失ったが、重大な害は受けなかった。ほとんどの地球の住民は、何も気が付かなかった。この第一段階は、高次元からのスターゲートを開いて、地球の浄化と、ここでの人の次元上昇、および意識を持つ生命体の次元上昇の準備をするためになされなければならなかった。この段階は、地球が非常に脆弱で、これが歴史上で初めての宇宙船の非物質化を行い、このような近くまで接近したという出来事なので、私たちにとって複雑で進化した課題であった。この作戦は完全な成功を見た。

このポータルの開放は、五次元と四次元のためのものであり、これら二つの次元の間に橋をかけるためのもので、今は完全に開いている。これは地球から天に昇るために、文字通り歩いて通過する最後の門である。デスクロージャーの日はあなた方に示され、私たちのあなた方への再会のための地球時間に関するメッセージとして、地面に刻み込まれ、文字通り風車に書き込まれた。すなわち、2012年8月4日土曜日である。

創造主の都市、ZIONへようこそ、親愛なる皆さん。この地球時間で、2012年8月4日には、私たちは、ゲーム開始、と言おう!私たちは最も良い世界的なイベントを探していた。つまり、世界中の多くの地球人が私たちと出会えるオリンピックである!これは信じられないように聞こえる事は知っているが、あなた方はこれをほかの多くのソースから確かめられる。これらの多くは私たちの地球連合である!私たちは高レベルの地球の大使(善意の者)たちと面会し、2012年のオリンピックの場での私たちのあなた方との再会の交渉に、今日成功した。

このデスクロージャーと私たちの再会は、8日の内に行われる!これは決定され、評議会の記録に書き込まれるので、実行されるのだ!全ての目がこれに注がれる!心配の必要は絶対に皆無であるが、これは地球にとって重大な時であり、私たちはこの時のために長い間観察し、準備をしてきたことを知ってほしい。カバールが排除されるまでは着陸はしないと言ってきた!私たちは7月4日の独立記念日には、物理的および非物理的なカバールが排除されたと言ったが、そうなっているのだ。

親愛なる皆さん、ここに現実がある。あなた方はもはや真の三次元にはいない!あなた方は上部四次元にいるのであって、五次元に移りかかっている。あなた方は、全ての低いネガティブな振動を変化させる目的のこの仕事が完了するまでの長い間かかって、三次元の”マトリックス”を再生した。反対に見えるもの全てはアルコンLEの三次元マトリックスのプログラムが未だに動作している想像上の影の刻み込みの名残である。私たちの小さい方の船が、ロンドンのスタジアムの上に私たちの第二の、最も誤解ができない形での低空飛行イベントとして現れるだろう。

私たちは私たちの地球のリーダーたちと共に、オリンピックのフィールドに直接着陸するプランも立て、四次元と五次元がどのように見えるかを示す予定である。それは真の光とエネルギーのディスプレイである!これを恐れないこと!あなた方はどのように期待しているのだろうか?私たちはここしばらくの間、地球のリーダーたちと交渉を重ねたが、未だにいくらかの者が私たちの再会から足抜けをしていた。時間が残されていないので、至高の善のためにこれを強制的に起こそうとしている。

世界のリーダーたちに8月4日までに私たちとあなた方との間から退去するよう求めている。彼らは今年の四月以来、デスクロージャーを阻止し続けたが、直接介入なしには、地球上の破壊をやめさせる事ができなくなるこの最後の瞬間まで待った。このようなときは今や終わった。8日間で、世界のG20のリーダーたちは私たちのことを通知し、私たちは現れ、または彼らが通知をしなくても、いずれにしても私たちは現れる。反対を唱えるこれらのリーダーたちは、排除され、私たちがあなた方とともに、2012年の残りの時間、およびそれ以降で行う善意の仕事には加わらない。

今や扉は開かれ、私たちはそれを通過する。不正な権威を示すカバールの名残は未だに多くの人の心に影響を与えていて、これらの者に政治、軍事部門によって奴隷化されているか、神は終焉に至ると信じさせている。連邦準備銀行は、今や完全に解体されたが、国連は、私たちに加わるのだろうか?彼らにも8日間しか時間はない。地球の人たちの全ての負債は免除され、囚人たちは、解放され、改革を受けるであろう。肉体の瞬間的なヒーリングと想像もできない事に関するあらゆる技術が人々に供与される。

2012年12月21日は偉大な次元上昇の最初の日であり、あらゆるネガティビティーはこの地球の領域から完全に排除される。マトリックスは、今や完全に永遠に解体される。これは、私たちとあなた方が平行して行う事である。ここに数十年前に来て、後にこの偉大な次元上昇を行うことになったあなた方の勇敢さに感謝する。8月4日土曜日に会おう。地球とその上に住む全ての人に善意を送る


b0034892_1661228.jpg「ミステリー・サークルが伝える日付け」で、この6月2日に現れたサークルが、2012年8月4日(土曜日)19:43:53、を指している。ハートの贈りもの






さらに良い知らせ。

7月27日の記事で海面上昇があるので、水面下にある地域は注意が必要であると書きましたが、その対策も早急にしてくれるようです。コンクリート・ブロックなどではなく、自然の景観を壊さないで災害対策が出来る技術があるようで、すぐに作業にかかるようですので、その地域では作業するUFOが頻繁に見られることでしょう。

あなた方全てとは、今日、米国のフロリダと南カリフォルニア、および世界のほかの地域での海岸線の強化についてのプランに関する私たちの意図についてお話をしたいと思います。ある地域については、あなた方の出身地によっては、そしてもちろん地理に関する知識次第では少しご存じだと思われます。

世界中の海岸には、嵐、ハリケーン、海面上昇のような事態に対してほとんど保護がされていません。私たちはきわめて長い間これらの海岸地域を観察し、どの地域に、単なる比喩であり、実際はブロックもモルタルも使いませんが、いわばブロック・モルタル構造の防波堤の恩恵が必要だと感じられる地域の適切で決定的なリストを作成するに至りました。

私たちが用いる材料は、ガラス結晶の封止構造です。この構造は、強力で、しっかりとしており、軽量で、高さを高くでき、広い範囲に構築でき、海底深くに掘り下げて埋め込む事ができます。この構造は、外観を美しくでき、太陽光線を反射し、光の中で輝き、きらめくので、海岸線が安全になるばかりでなく、形や審美的な見かけも良くなり、海岸近くに住む人たち、海岸への訪問者、単に風景写真を撮影する人たちにとっても、すでに豪華な海岸や砂浜に対する美しい付加物としての構造と見られるでしょう。

このガラス結晶構造の構築は、私たちの大きい宇宙船に搭載した進歩した技術を用いて行います。私たちは海岸地域上空を飛行して、海底の形、深さ、密度、安定性、構成物質は何か、ガラス結晶の防波堤をどの程度深く埋め込む必要があるかを調査し、宇宙船を海面近くでホバリングさせながら、制御盤のレバーを操作するだけでこれらの構造を構築できます。これらの防波堤は、宇宙船の、この目的のために設計、製造された船殻から降りてきて、それだけです!

防波堤は、強力、かつ安全で、海岸線の海底深くに埋め込まれます。私たちはこの方法で、距離の長い海岸に沿って防波堤を構築し続けますが、多くの日を費やしますので、これが、ほとんど直ちにこの作戦を開始する緊急度があると感じられる理由です。開始までは数日、ほとんどの場合には三週間しか時間がありませんが、私たちが申し上げることを心強く思ってください。なぜなら、私たちはこの作戦を非常に短い期間で完了させなければならない必要があるので、極く近い日に開始しようとしているからです。

この非常に重要な役割への自発的な参加を申し出る多くの人たちの名前を見たいと思い、あなた方、私たちの人間家族の兄弟、姉妹との共同作業を大いに期待しています。私たちは何らかの方法で、私たちのチームへのポジティブな追加だと感じられる人たちと連絡をとるようにします。グレッグ・ガイルズによるチャネリング・メッセージ


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-29 15:43 | Trackback

分岐点

人気ブログランキングへ
商用で東北の或る小都市を訪れた帰りの出来事であった。列車の時間に余裕が出来たので、私は駅前の商店街をぶらつくことにした。お目当ては骨董品店である。地方に出掛ける楽しみの一つが、東京にいてはなかなか見つけることの出来ない埋もれているお宝に巡り会うことである。

お目当ての店は賑やかで派出やかなアーケイドの端のほうでひっそりと営業していた。ここもまた、そうなのだが、この類の店は目立たないのが似合っている。私は表のショーウインドウに並んだ古美術を一通り見定めると、アンティークな飾り絵の描かれたガラス戸を開けて中に入る。香の香りがぷーんと鼻をつく。骨董好きにとって何とも言えない一瞬である。

ショーウインドウや目立つところに置いてあるようなものは一般受けのするようなものが多い。一応審美眼には年季をかけてきたつもりであるから、ひっそりと何気なく置いてあるようなものが気になる。この時も仕入れたばかりで、まだ鑑定も済んでいないように積まれていた古いメトロノームが目に止まった。銀細工が素晴らしい。手に取ってぜんまいを少し巻いてみる。針をはずす。ゆったりとリズムが刻まれる。その時だった。

「お目がお高うございますねえ」という低くて太い男の声が後ろから聞こえた。私が「いつ頃のものでしょうねえ?」と尋ねつつ店主の顔を振りかえった瞬間、二人の間の時間は止まり逆行を始めた。店にあった古時計という古時計もみな針を逆に回したに違いない。30数年前のあの日に向かって。あの瞬間に向かって。

私はマウンドに立っていた。県予選の決勝戦だ。9回裏、走者は1、3塁、アウトカウントはツーアウト、後一つで試合終了だった。スコアは3対2で1点差ながらリードしていた。このバッターを打ち取れば甲子園へ行ける。私はエースとして連戦連投、たしかに疲れてはいた。それもこれで終りだ。あと一人だ、あと一球だと思って渾身の力を込めて投げていた。そして、あの忘れられない最後の一球を投げた。打った。平凡な打球はふらふらと力なく右翼の上空に舞い上がった。ライトはオーライというように右手を高く上げて落下点へ入った。その時、誰もが勝った、試合終了、これで甲子園だと思ったに違いない。しかし無情にもボールは外野手のグラブの土手に当たってライト線を転がっていた。逆転サヨナラ負けだった。二人とも何度も何度も打ち消した思いだしたくない苦い思い出が鮮やかに蘇ってきていた。ライトを守っていたのが、今、目の前にいるSだったのだ。

凍りついた時間の中を手に持った古びたメトロノームだけが正確にリズムを刻んでいた。

すっかり口の中が乾いたような声で「お久し振りです。・・・長いこと・・・ご無沙汰してしまって・・・お元気そうで・・・。」突然のことで明かに動揺しているのだが、落ち付いているかのように、やけにゆっくりとした動作で入り口の鍵を下ろし「閉店」の札をかけてから、奥の部屋のドアを開けて入るように促した。私はと言えば、やはり興奮したのだろうか、上ずった声で店の雰囲気を褒めたり、なぜ骨董品に興味を持ったのかなどと意味もないことをひとしきり喋った後、ようやく落ち付いてから「君も元気そうじゃないか・・・。」と言うのがせいぜいだった。

同級会や野球部のOB会にも一度も出席したことはない。卒業後、家族ごと引っ越してしまって音信不通、それ以来の再会だった。Sはお茶をいれながら、あれから今までのことをぼそぼそと話してくれた。誰に非難された訳ではないけれど、あの土地に住んでいれば、野球の話題になれば、いいや、話題を避けられること自体に耐えられなくて結局は別の土地へ移ったこと。いろいろな職業に就いたけれど、結婚もして子供たちも大きくなり幸せに暮らしていること。子供たちも野球が好きで、休日には少年野球を教えていることなど。

「遠い遠い昔のことなのに・・・すっかり忘れていたはずなのに。」とSは力なく笑った。「思い出させてしまって悪かったな。」と私。メンバーをみんな集めておくから一度帰郷するようにとSに約束させて店を後にした。みんなSのことはずっと気にかけていたのだ。

帰りの列車の中でもSのことばかり考えていた。Sとは心を許せる少ない親友のつもりだった。親にも相談出来ないこともSには話せた。Sはレギュラーメンバーではなかったが、人一倍練習熱心だったし守備は抜群だったから、1点リードした8回裏から守備固めとして監督は起用したのだろう。あんなイージーフライをミスったことを見たことがない。確率的には何千何万回に一回起きるようなものが偶然あの時巡ってきたのだろう。

人は皆、自分の人生を自分で選択していると信じている。一瞬一瞬の選択の積み重ねが、その人の一生を形作るものだと信ずる。Sはあの時確かに自らの意思で捕球しようとしたに違いないのだ。捕球するよう選択したのに失敗した。結果はどうであれ、あの一瞬が人生のターニングポイントになったのだ。何故なのだ?捕球出来ていれば、おそらく今の人生とは全く違った進路があったはずである。運命というより宿命と言うほか無い。おわり

癒しのための短いお話たちより転載」

ご感想をお待ちしております。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-29 10:26 | Trackback

羅針盤も持たないで生きるなんて

人気ブログランキングへ
大海原へ航海に出ようとする船人が羅針盤を持たないで出航するでしょうか?ジャイロコンパスのない飛行機を操縦するパイロットがいるでしょうか?ところが人生という未知の世界を旅行するのに、自分が現在何処に立っているのか、どの方向を目指して歩いているのか基準になるいかなる地図も物差しも持たずにいて平気な人たちが大勢います。自分の目に飛び込んでくる世界だけを信じ、自分の事にしか関心がありません。子供のうちは親が導きますから、それでもすみますが、大人になっても基準となる正確な物差しもなく他人の真似をして平穏無事に人生をやり過ごそうとする人たちです。

これまでの時代、多くの人たちはその羅針盤を宗教に求めてきました。宗教はそれなりに真理を教えますが、為政者によって都合のいいような解釈がなされ利用されてきた歴史があります。自分の中に確たる物差しを持っていれば、宗教は必要ありませんが宗教も嫌いな唯物論者もいます。三次元のこの世界だけが実在だと思い込んでいるのです。人間を生物の頂点に君臨すると位置付けて強食弱肉を肯定します。強いものが生き残るのが、この世の理であり、当然の結果とします。そこには弱者に対する慈悲はありません。光もありません。この風潮を利用して闇が支配してきた歴史があります。戦争をはじめとする残虐極まりない事件が多発してきた理由です。

長い闇の時代が続きましたが、やっとその闇が晴れようとしています。一人一人が闇から解放されて目覚めの時期を迎えているのです。アセンションは既に進行中です。私たちは三次元の意識に閉じ込められてきただけで、三次元の存在ではありません。自分だと思っていた脳を含む肉体は三次元世界で自分を表現するための道具です。目覚めた魂は自分が誰で、何処に立っているのか、何処へ向かって進むべきか羅針盤を必要とするでしょう。持たなくては目標さえ定まりません。

羅針盤とは宇宙を動かしている法則です。人間の都合に合わせて出来た法律でもルールでもありません。これまでの社会を構成してきたシステムは崩壊していきます。これからはこの法則が地球という惑星を支配します。これからの時代を生きていくためには、この法則を学ぶ必要があります。私たち霊的な存在であり、霊的真理に適った生き方をしていれば、道に迷うこともありません。羅針盤を手にすることで目覚めます。目覚めた魂は意識が拡張します。空間的にも時間的にもです。基準になる確かなるものを持っていることで自信も生まれますし、自立を早めることもできます。

このブログは宇宙の法則、霊的真理を学びたいと思っている人たちに向けて書いています。私の波動に近い人たちは共鳴してくれるでしょうが、波動の違う人が読めば反感を買うことになり離れていくでしょう。二元性の世界では仕方がないことですが、いつか自分の霊性レベルが向上すれば受け入れられる時がくるはずです。一人でも多くの人に、私の声が届くことを願っています。一人でも多くの人がアセンドすることを祈っています。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-28 11:07 | Trackback

海面が上昇するかも

人気ブログランキングへ
真正なチャネリングメッセージがネガティブな情報などを撒き散らすことはありませんが、これから起きることに対して、注意を喚起することはあります。事前に分かっていればパニックなどを引き起こす確立が少なくなるためです。銀河連邦からの情報では数ヵ月後に地球上の陸地で海面上昇が起きることに言及しています。だからと言って、すぐに巨大な堤防を作るといっても間に合いませんので、心の準備だけはしておいて、海面下にある地域の人たち、オランダや日本でもゼロメートル地帯に住む人たちは移動を考えたほうがいいかもしれません。

あなた方の世界には人々が、宇宙の計画に従って円滑に生じるとみられる高次元の領域に次元上昇して入る前に解決すべき問題が山積しています。これらの多くの種々のプロジェクトは、緊急のものであり、すぐに取りかからなければならないので、あなた方とともにこれから先の非常に間近な時期に始めたいと思います。

これらのプロジェクトのうちのいくつかは、あなた方と討論をしましたが、十分に長い時間をかけてはいませんので、今日は、これらについて私たちが何を言いたいのか、さらに話したいと思います。数インチ、ある場合には、数フィートの海面上昇に対する適切な保護がない、ある海岸地域での問題を解決するためにあなた方との共同作業をしたいと思っています。

コミュニティーや町に対する適切な保護とは、地球全体で、テクトニックプレートの振動や変位が時々起こるので、海面の大幅な上昇に耐える岸壁のことをいいます。近年の歴史では、テクトニックプレートは変位しましたが、最も大きいものでも、数インチないし数フィート程度のものであり、さらに大きな地震活動を経験しなかったことは幸いでした。数ヶ月先に予測されることは、近年の歴史で動いた程度よりも遙かに大きい、テクトニックプレート相互の比較的大きい変位です。変位の大きさは、10、15、20フィート、あるいはもっと大きく、リヒタースケールで8ないし10、から、15ないし16までのレベルの地震を引き起こすものです。

これらの地震が、今まで経験してきた8または9を超えることは滅多にない程度の大きさのものよりもいかに大きいものかがわかるでしょうか?これは地球の大規模な振動を意味しますが、おそれたり、パニックを起こしたりしないようにしてほしいと思います。なぜなら、それが私たちがここにいる理由のうちの一つだからです。私たちはここにいてあなた方のよりよい遷移を支援します。

私たちの経験、専門性、知恵、高度に進化した技術によって、これらの地震で発生する力に耐え、あなた方をこれまでよりも遙かに大きい程度の地震活動に耐えられるようにさせます。私たちが行いたいことは、まずこの非常に重要なプロジェクトで私たちを支援してくれるボランティアチームを編成し、非常に長い間あなた方の支援なしに行ってきたことの集成の仕事ではありますが、海岸の改良をすることです。私たちは必要であると思われることについての最終評価をしています。

タイムラインは非常に流動的で、予測が困難なものであり、予言はしばしば、一日のうちでも変化するものではありますが、これらの避けがたいと思われる地震活動による海面の上昇が予想さされる世界のある地域では、頑丈で背が高く、深く、広い岸壁を構築したいと思います。いずれにしても防護体制をゆるめることなく、あなた方についてはこの情報を得ることによって、言ってみれば、タイムラインの”フリーパス”が得られ、このタイムラインを通じて自分の道を探して行き、この道の周辺におけるある地域では、あなた方にとって非常に深刻になり得るこの問題を避けて通れると信じてください。

この問題に恐れることなく取り組み、それから逃げ、否定するようなことをせず、それを非常に現実的な可能性があることとして受け入れ、この問題を解消する非常に現実的な方策をとり、解決可能で実際的な策を見いだすことによって、問題にならないように止めるようにしてください。

そこで、何が実際的な解決策でしょうか?海面のレベル上昇が今にも起きそうな危険な時に、世界の一部の地域に現在居住している人たちの一時的な移転によって進めるのが最善だろうと感じられます。これらの地域のうちのある地域は、歴史上多くの場合に海面上昇によって、損害を受けたことがあるので、数インチあるいは数フィートの海面上昇をに対処する手段がないようなことは驚くには当たらないのです。学校の地理を学習したことのある人たち多くの人たちにはわかる通り、北ヨーロッパの低地地域は現在の海水面より低いところに構築されたものです。

この地域に建設されている非常に大きい苦心の末に作られた堤防システムがなければ、海面上昇はこの土地を荒廃させていたことでしょう。この堤防システムは、この地域から水を排除し、この地域内の水をポンプで排水して居住可能な土地にしました。今の問題は、これらの堤防がこの地域で予想されている海面上昇に対して耐えられないことですので、私たちはこの地震活動が収まるまで一時的なベースで人々を移転させたいと思っています。

あなた方にお知らせするこの情報が、ある人たちにとっては非常にきわめて刺激的であることに気がついています。多くの人がこの情報を否定し、多くの人たちが私たちのチャネラーに疑問を感じ、私たちがこの情報をあなた方にお知らせする動機に疑問を感じているのが見られます。私たちはあなた方との間にある程度の信頼関係を構築し、過去数年間の間に認められ得る程度の、多くの人たちが新聞を読み、ニュースで見た海面上昇のレベルを思い描いているあなた方の信念システムのレベルを大きく超えるものだとは感じていなかったので、このことは、一時私たちを困らせました。

世界で起こっている地震活動のレベルはオンラインでほんの数分かければわかることですが、地震活動は、ここ数年の間に、地球全体ではっきりわかる程度に、規模が大きく、頻度は高く、強さは上昇しています。この地震活動のあるものは、これらの振動の集中地域に近いところの内陸を激しく損傷させる海面上昇を起こしました。これらの地域のうちの一つは、日本であり、また、南アジアの一地域で、私たちにとってもあなた方にとっても関心の対象です。

南アジアのこの地域では、最近、すでに大きい損傷と生命の損失が生じましたが、あなた方にとっては、これからさらなる地震が起こるという私たちのメッセージは、恐れを広め、あなた方をどうにかして支配し、恐れと脅しを通じて、あなた方にしたくはないことをさせようとしているようにあなた方に感じさせると言うことは、理由がなく、非常に非論理的であり、そのほかにも、私たちは信頼できないという焼き印を押されたとは感じられないので、きわめて不公正です。

私たちは、各人、各集団の見解、およびあなた方の決定を尊重し、理解します。この時点で、私たちの動機はここに来てあなた方と戦うことではなく、あなた方を支援に来ている、とだけは申し上げます。世界のある地域では、海岸線に防波堤を作るに際して、私たちの支援が非常に必要であると感じられると私たちが言うときには、最低限私たちの誠実さを少なくとも称え、私たちには、あなた方がそうしたければ、将来のタイムラインを覗く技術を持っていて、この技術を、この特定の地域と同じく地球上の多くのほかの地域に、きわめて頻繁に利用してきたことを理解してもらえるものと期待します。

この技術の利用で、あなた方にとっての将来の時には多くの種々のシナリオがあることが予見され、全く同じように、これらのシナリオの多くには、世界のある地域全体での海面の上昇が見られます。将来の日々を人々が、言ってみれば無傷で通過するシナリオがみられますが、これらのタイムラインは海面上昇を通じての困難が見られるタイムラインの一部に過ぎません。あなた方にはこれがおわかりでしょうか?機会と確率の法則を、ここでおわかりいただけるでしょうか、

また。なぜ私たちが、修理、再建、地球全体でのある領域での頑丈な防波堤を建造し始めることが最善であると申し上げているのがおわかりになりますでしょうか。最近の歴史でさえ地球全体で地震や海面上昇が規則的に発生したことがあり、これは世界の多くの人たちが少なくとも知っているべき分野なので、ここで私たちが討論していることは、陰謀理論、またはあなた方の信念システムを超えることだとは感じられません。

そして明敏な目は、あなた方が低次元の二元性と低次元を通じての経験の終わりに近づくにつれて、これらの地震活動が、着実なペースで増しているということに気が着くでしょう。今日は明確な説明ができたと思い、オンラインコミュニティーで私たちの、二度目の海面上昇の可能正に関する討論に対する反応を測り、このメッセージの下に記述されるコメントを受けたいと思います。

繰り返しになりますが、私たちはあなた方の見解をいつでも尊重し、敬いますが、どのような形にせよ、私たちにあなた方の感情を納得させるようなことはさせないようにしてください。あなた方が世界のある地域では海面上昇があるとの私たちの予言と地球のある地域で丈夫な防波堤を作る支援をするという私たちの努力についてどのように感じているのか、率直で、正直なコメントを寄せてください。これが今日のメッセージについてのすべてです。時間をいただいてありがとう。あなた方とお話できたことに喜びを感じています。光の銀河連邦より


b0034892_11352051.jpgグリンランドで氷床が急激に氷解
氷山が溶けても海面が上昇することはありませんが、陸地にある氷床が溶ければ海水面に影響が出ることは充分考えられます。地球規模の異常気象で氷河なども溶け出して大洪水などを起こしている可能性もあります。心の準備だけはしておきましょう。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-27 11:21 | Trackback

全てを許すことが出来ますか?

人気ブログランキングへ
水俣病特別措置法に基づく救済策の申請が今月末で締め切られる。公式認定から56年、国は最終決着を図ろうとしているが、さまざまな理由で申請をためらう人や、地域や年齢の線引きの矛盾も明らかになっていて、潜在被害者がまだどれほどいるのかさえ分からない現在、最終決着など出来るはずがない。

水俣救済、今月締め切り、潜在被害者おきざり

それでも国が強引に事を運んでいるのは、国民救済ではなく、企業の救済を優先させているためであり、それは福島の原発事故の対応にも当てはまる。彼らの考えることはまず保障範囲を狭く線引きして賠償金額を押さえることであり、国民の健康被害がどの範囲まで及ぶのかといった思考回路を持たない。命はお金に換え難いことは分かっているのだろうが、彼らに財政援助している経済界の意向を優先させる。我々は殺人政府にこの国の命運を委ねている。

水俣病にかかった人や福島原発事故で被害を蒙った人たちは、その苦痛に耐えかねて目が覚めたろうから、もう今のような政治家を二度と選ぶことはないだろうが、自分の身に火の粉のかかってこなかった人たちの多くは眠ったままで、オスプレイが飛ぼうと沖縄がどうなろうと、原発が止まれば電力が不足すると困るなど、自分の幸せの追求に明け暮れて、日本を変えたいなどとは思わないらしい。日本のどこかに苦しむ人たちがいることを知れば、なんとかしなければと思うのが人情なのに日本人も変わったものだ。

昨夜のNHKクローズアップ現代に、長年にわたって水俣病と戦ってきた作家の石牟礼道子さんがインタビューに応じていた。自らもパーキンソン病に犯されながら、国の政策の矛盾を語る姿には鬼気迫るものがあった。共に闘った親しい友人の一人が亡くなる前にこう言ったそうだ。「すべてを許すことにしたのよ、と。今まで散々私たちを差別してきた人も、チッソの会社も、国の人もみんな許すことにしたの、そうしたらいくぶん楽になった」と。苦しんで、苦しんで苦しみぬいた人生の結論が許すことだった。憎んで憎しみ抜いても苦しみが増すばかりで楽にはならなかったが、すべてを許す気持ちが湧いた時、平穏な安らぎを持つことができたとつぶやいて亡くなっていったそうです。

このブログも怒りに満ちていることがあります。汚い言葉を書きなぐることもあります。世の中の矛盾が許せないからです。しかし災いに対して怒りをぶつけてばかりいては、そこから学ぶことはできません。災いを招いた原因は自分にあるのかもしれませんから、同じ過ちを繰り返さないためにもまずは内省し、相手を許すだけの心の余裕はできれば現象は穏やかに消えていくでしょう。まもなく病気も苦しみもない世界がやってきます。その世界に移行する前に各自がすべてを許すことを学ぶ必要がありそうです。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-26 11:32 | Trackback(2)

イチローという生き方

人気ブログランキングへ
マリナーズのイチロー選手がヤンキースへ移籍するという情報は、日本のメディアが流す前にツイッターで知りました。その何時間後にはもうヤンキースのユニフォームを着て試合で登場してきたのには驚きました。昨夜はどこのメディアもトップでニュースやインタビューを伝えましたが、この人の生き方、考え方、行動力の速さには感動しました。

オリックスからマリナーズへと渡米してから10年余、実績は申し分ありません。数々の大リーグ記録を作り、塗り替えました。今後もこのような選手は出ないような気がします。弱小球団のマリナーズで一人気を吐いてきましたから、マリナーズの顔ともいえる選手で、このままマリナーズ一筋で野球人生を終えても、球団幹部への道は保障されていたも同然ですから、常識を優先させるような生き方をする選手ならそうしたに違いありません。背番号51はマリナーズの永久欠番となったことでしょう。

でも彼はそうした生き方を選ばなかった。若返りを図る球団にとって、自分がいることは障害になると考えたようです。昨年から成績は下降線を辿ってきていました。打席数の多い1,2番ではなくクリーンアップを任されるようになれば敬遠も増えますから、自分の特徴を活かせませんから、球団の方針と自分の目指す野球とのギャップに悩んでいたのかもしれません。肉体的な限界を感じていたのではないと思います。自分の特徴を活かすことが出来る球団があれば移籍したいと思っていたのでしょう。

彼の良さはいくつもありますが、選球眼の良さと安打製造機のようなバッティング、俊足であることは先頭打者に向いています。俊足と肩の強さで守備範囲が広いのも特徴です。そのイチローに良く似た俊足の正左翼手ガードナーが怪我で今年の出場が危ぶまれるために、ヤンキースの求めるものとイチローの目指すものが一致したので、このような電撃トレードが実現したのでしょう。

私がイチロー選手に感動したのは、あれほどの実績を作りながら彼は過去の実績などには何の拘りも持っていないことで、いつも前だけを見つめています。これまで応援してくれたファンに対して感謝は忘れてはいませんが、これからの自分のステージに期待してくれることを望んでいるようです。自分が限界だなどとは決して思っていなくて、新たな挑戦に顔が輝いていることです。

彼の考え方、生き方は多くの人に希望を与えるでしょう。スポーツ選手ですからいつかは引退を考えなくてはいけない時が来るとは思いますが、まだ出来ることがあるのに諦める人が多すぎます。私たち人間の能力は未開発の部分が多いのです。探す努力をしなければ眠ったままです。過去に実績にあぐらをかくことなく、未来の自分に挑戦することで眠った能力はいくらでも活性化できるのです。一人の偉大な選手の生き方からまだまだ学ぶべきものの多いことに気付かされました。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-25 10:20 | Trackback

アンチ・アセンション

人気ブログランキングへ
地球が次元上昇するなど考えられない人が多いと思います。天動説を信じている人に地動説を説明するのに似ています。天動説を信じていても、生活に影響があるわけではありませんから、身の回りのことしか興味がなければ天動説でも充分暮らしていけます。それでも教育されれば信じることになりますが、アセンションという概念も自分の思考範囲から逸脱したものであり、学校でも教えてはくれませんから、有得ないと思っていても不思議ではありません。

私たちは肉体に宿ると魂レベルの記憶を忘れてしまいますから、何か大きなショックを与えないと知っているのに、気がつかないまま一生を終えてしまうことはよくあることです。そんな人たちのためにソースは違えども、目覚めに向けてのメッセージが大量に発信されていますが、それでもそれを素直に信じない人も多いのは残念です。もちろん中には人心を惑わすことを目的にしているものもありますから、注意は必要ですが、すべからく拒否してしまうのは間違いです。鵜呑みにせず疑問を持つことは大切ですが、新しい情報に出会ったら納得できるまで精査してみることが正しい態度です。

アセンションやそれらに伴う情報を真っ向から否定しているサイトがありました。信じたくない人が読めば直ちに同調するような書き方です。面白いので貼り付けてみます。

http://www.youtube.com/watch?v=A5Sn0OUrppU
"

(概要)初めてドレイクの話を聴いたときこの方は彼の話を信じました。そして大量逮捕やNESARAなどに期待を持ち、いつ起こるのかと待っていました。しかし、何も起きませんでした。その後、ドレイクの長たらしい話を何回か聴くうちに、彼の話す内容に信ぴょう性が何もなく完全に偽情報だと分ってきました。ドレイクは完全にカバルの催眠にかかっていると言っています。NESARAについても、詳しく調査しましたが、アメリカ議会が過去にNESARAを取り上げたことは全くなく、そのような夢のようなファンドの構想は全く存在したことがないということです。
そして、大量逮捕も全くの嘘です。
この方は、今まで流されてきた、このような以下の情報は全くの偽情報であり、全てはカバルが人々を騙し利用するために流したものだと主張しています。

1、大量逮捕など絶対にありえない。秘密政府(イルミナティ・カバルの組織)を仕切っている英国女王や300人委員会が逮捕されるわけがない。またカバルの操り人形のオバマを逮捕することもありえない。
2、NESARAファンドについての話し合いなど全くあり得ない。NESARAを約束するなどと以前から長々と永遠に言い続けるだけ。
3、アセンド・マスター(ascended master)もセント・ジャーメインも、どちらもペテン師です。
4、人類を救うために地球にUFOが大量着陸することなど全くありえない。これはカバルの策略であり、バカな人々をなだめて、彼等の行動を遅らせるための戦略である。
5、光の銀河連邦(メッセージ)を信じている人たちは、愚かな人たちだ。銀河連邦という組織は、人々を騙すためにカバルが創った組織である。他にもカバルが創った組織は数多くあるが、いかにも良い組織であるがごとくに見せかけて、実際はまるで逆で、多くの悪事を行っている。

この方によると、カバルが崇拝する悪魔のルシファーは、実は光を届けるという意味を持っているとのことです。ですから、光を届けるライトワーカーもルシファーに利用されているのだそうです。

カバルが創った悪の組織は世界に数多くありますが、以下が代表的なものだと提示しています。
IRF、連邦準備金制度、世界銀行、国際決済銀行、病害対策センター、CIA、FBI、CFR、ローマクラブ、タビストック協会、イルミナティ、ビルダーバーグ、三極委員会、王立外交情勢協会、ローマ会長、国連、IMF、国立衛生研究所。(管理人注、これらの組織はその通り)

この方の警告として、アメリカではガス室付きのFEMAキャンプが何百箇所も準備されています。アメリカの人々を集団投獄し、奴隷のように働かすか、殺害するためのホロコーストキャンプです。カバルは人々を騙し続け、最後には無力で無知で大人しいアメリカ国民を捕えて奴隷にするつもりでいます。また、今秋の大統領選で、オバマとロムニーが争うのであれば、それはカバルの帝国が続いているという証拠であり、アメリカ国民の選挙への参加は無駄なものとなります。アメリカに自由はありません。大統領選も裏ではカバルの操作で大統領が創りあげられています。

以下の言葉を聴いたら、どうか逃げてください、と警告しています。
1、ライトワーカー
2、NESARAファンド
3、アセンド・マスター
4、Greetings(挨拶を言う)、ナマステと言う。
5、第4密度、第5密度
6、大量逮捕
7、ペテン師ドレイクが提案する、法律の最終承認
8、新しい金融(銀行)システム
9、ブッシュ、クリントン、オバマに対する刑事責任(逮捕などされない)
10、セント・ジャーメンが人類のためにファンドを設定するなど。
日本や世界や宇宙の動向より貼り付け終わり

言葉を聞いただけで逃げろとは大げさです。このサイトも現在世界で起きている大変動は認めているようですが、チャネリング・メッセージやアセンションについては否定的な見解をとっています。これらを全て闇の勢力の企みと考えているようです。三次元的思考から抜け出せないとこうなるのです。アセンションは各自が選択するもので、全員がアセンションするのではありませんから、このような意識を持ち続けることは、現在の延長戦上で未来を迎えることになり、彼らの考えもまったく違っているとは言い難いのです。アセンドしない地球に興味はありませんが、今のような理不尽な世界でどのようにして生きていくのでしょうか。希望が見えません。ご苦労なことですが自分で選んだ未来ですから仕方がありません。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-24 09:51 | Trackback(1)

極楽蜻蛉になりました。

人気ブログランキングへ
これまでの時代では、人生とは七転び八起き、四苦八苦、歓びと悲しみを交互に味わうことで自分の人間性を磨き高めることが目的とされてきました。光の有り難さを味わうためには闇の深さを知る必要もあったのです。地球とはその目的に叶った環境を持った惑星として存在してきたのですが、まもなくその使命を終えて次の階段を昇ろうとしています。光のエネルギーは日ごとに強さを増してきていますから、これまで知らなかったようなことが暴露され、物質的価値観を維持してきた社会システムは崩壊に向かっています。

これからは楽しく生きることを心がけましょう。アセンションするかどうかは各自の自由意志に任されていますが、壊れていく過去に執着しないことです。これまで積み重ねてきた実績に未練を持たないことです。しがらみはあるでしょうが、これまで築いてきた社会システムは矛盾だらけですから、問題を先送りしながらまだ続くでしょうが、修復されることはありませんから、手放さずにいると痛い目にあうだけです。

それよりもさっさと意識を切り替えて明るい未来に自分自身の将来を委ねましょう。私にはいささかの老後の貯えもありませんが、何の心配も不安もしていません。悩みは何一つありません。どんな未来が来るか分かっていますし、それを確信しているからです。ただ世の中がどうなふうに変化していくのかにはとても興味がありますから、観察者として記憶に留めておくために、これからも熱心に観察を続けます。

戦争もない、病気もない、老いることもない、お金も要らない、想念がすぐに現実化する社会を想像しただけで毎日が楽しくなります。そんなになったら自分は何をするだろうか。これまで経済的な理由で諦めてきたことに挑戦するにしても、自分のことだけじゃなくて、何をしたら他の人は喜んでくれるだろうか。何を目指せば達成感を得ることが出来るのだろうか。何をすればさらに自分を成長させることが出来るのだろうか。考えているだけでも楽しくなってきます。

毎日を楽しく過ごし、美しいものを鑑賞したり、美しい音楽を聴くことでも波動は上がります。アセンション後の世界で自分が何をしているのか想像することは、想念の上ではもうアセンションしたのも同様です。まもなく想像した世界が現実になるのですから。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-23 10:31 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧