ひとりごと、ぶつぶつ

<   2013年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

民族対立の問題

政治的に中国や韓国との間がぎくしゃくしています。こんな時に当たり前のことを書いただけで、お前は在日なのかとか、言ってくる馬鹿者がいます。完全にダークサイドに洗脳された意識レベルの低い人たちですから、無視してもいいのですが、私の主張は一人でも多くの人に真実を知ってもらい、目覚めに繋げて欲しいと思っていますから、、今日は民族対立について書いてみたいと思います。

今の私は、日本人として生まれ日本人として生きてきましたから、誰よりも自分を愛し、日本という国家を愛していますが、同時に他人も同様に人間として愛していますし、他の国々も愛しています。ところが中には日本だけを愛することが愛国者だと勘違いしている人たちがいて、日本に不利益な発言をするとマスコミを先頭に叩かれます。マスコミはダークサイドの宣伝係りですから、それぞれの国の対立を煽り、少しでも紛争地域が増やすことを目的にしています。

竹島や尖閣諸島が領土として確定したところで、どれほど価値が生まれるのでしょう。地下資源はあるかもしれませんが、もうこれからは地下資源に頼る時代ではありません。それより仲良くして、もっと交流が盛んになれば、お互いに潤うはずです。互いの国のメンツがあるのなら、共有地にしておけばいいのです。国境が隣接するヨーロッパには、そうしたビザ無し共有都市もあります。国会議員ともなれば国を代表する人物であるはずですが、頭の中身は総理を始めとして幼稚なので、こうした大人の発想が出来ません。

日本人であることを誇りにする前に、日本人とは何人なのでしょう。純粋の日本人なんているのでしょうか。まだ大陸と陸続きであった頃から、縄文人たちと大陸から流れ込んできた人たちが混血したのが日本人です。その後もヘブライの人たちの影響もあって大和朝廷が出来たことも分かっています。天皇家にはセム系の血が流れています。中国大陸は多民族で構成されていましたから、日本にもいろいろな血が入っているのです。

そして私たち人間は霊的な成長を遂げるために再生します。今生では日本人かもしれませんが、過去生では、どこの国のどこの民族での人生を送ってきたのかはわかりません。韓国嫌いの人は多いのですが、その原因は前世が韓国人だったからかもしれません。自分で自分の過去を否定しているのかもしれません。類魂論でも触れましたが、私たちは多様な体験をするために、いろいろな国に生まれ、その体験を共有します。これが霊的な真実です。目の前の仮想だけを頼りに生きていると、いつまでたっても成長できませんし、覚醒も覚束きません。

地球は誰のものでもないという発想ができれば、領有権で争うことはありません。地球は人類のものではありません。他の生物と同じように地球という星のうえで生存が許されているだけなのです。それなのに、子供がオモチャの取り合いをして喧嘩しているようなものです。こんな単純なことも分からない、恥ずかしいとも思わないレベルの人たちが政治家を名乗っているのです。

b0034892_12283333.jpg

人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-31 11:43

生命体とはフリーエネルギー発生装置である

昨日は眼科の検診でした。視力は次第に低下していますので、眼球に注射しましたが、現状を維持する程度の効果しか期待できません。いつまでこうして発信できますか。発信できるうちに重要なことは全て伝えておきたいものです。さて、近頃はフリーエネルギーの発生メカニズムについて調べているうちにとても重要なことに気がつきました。

フリーエネルギーの発生システムには二通りあるようで、まったく何もないところからエネルギーを生み出す方法と、私が先日述べた方法によるものはオーバーユニティーと呼ばれる方法で、僅かな入力で数倍以上の出力を生み出すものです。無から有を生み出す方法も、ブラジルで開発されたようですが、小さな家ぐらいの大きさの大規模な装置が必要なようです。これでは誰でも作るわけにはいきません。

フリーエネルギーを研究しているテネモスというサイトを見つけました。実用化も近いようです。そこにはフリーエネルギーの図解もありましたので、転載しますが、驚いたのは、これは生命体そのもののメカニズムでもあります。生命体は呼吸しています。吸い込んだ呼気を身体のなかで循環させ回転させることで磁気が生まれます。どんな小さな生命体も磁気を帯びているのはこのためです。
b0034892_1128888.jpg

これはまるで先日、私が述べたフリーエネルギー発電機のメカニズムと同じです。発電機と違うのは自動的に入力して、入力よりも大きなエネルギーを発生させていることです。三次元世界では食べ物を食べたり、水分を補給して入力していますが、それさえ必要としない人たちもいます。呼吸は血液などの流動体を循環さえることで磁気を生み出しエネルギー発生に寄与しているのでしょう。

地球は既に新次元に突入しています。朝、目覚めると思い通りにならない不自由な身体の中にいることに気がついてうんざりしますが、睡眠中の意識レベルはまったく変わりました。夢見の内容が以前とは全然違います。睡眠中の意識は新次元への対応が始まったようです。驚くような面白い夢ばかり見ます。

b0034892_11541237.jpg


人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-30 11:28

桜の花と日の丸を愛した男

ポトマック湖畔の桜が、春の嵐に花びらを散らしていた夜、一人の男が静かに息を引き取った。アメリカ国籍を持ってはいたが、いつも自分は日本人だと言っていた。同じ東洋人でも、中国人や韓国人に間違えられると、必ず「僕は日本人です」と訂正するので、通称日本人のジョー。誰よりも桜の花と日の丸を愛していた。

彼は戦時中は敵国人として収容所に入っていた日本人女性と米国人との間に生まれた混血二世だった。アメリカで教育を受けたので、すっかりアメリカンになってもいいはずだったが、何故か自分の中に流れている大和魂、日本人の血に誇りを持っていた。戦争では勝ったとか負けたのではなく、あんな小さな国がこんな大国と張り合って戦ったことに意義があると思っていた。アメリカで単身武者修行中の力道山とは、どのような縁で知り合ったのかは知らないが、出会った瞬間から引き合うものを感じたのだろう、まだ学校を出たばかりで若かったが、力道山の世話をするようになる。

まだ会話もロクに出来なかった力道山の通訳やら、身の回りの世話からマネジメント、練習場の確保、試合のマッチメイクまでして全米を修行する力道山に帯同して、彼にはなくてなならない存在となった。日本古来の武道である空手を武器の一つにしたらと提案したのも、彼である。

アメリカから帰国してからの力道山の活躍は、日本人なら誰も知っている。戦後最大のスーパーヒーローであった。身体の大きな外人レスラーに痛めつけられながらも、最後は得意の空手チョップを炸裂させて、相手をやっつけてしまう。普及し出していたテレビの前には人だかりが出来ていた。その身体の大きいヒール役のレスラーを次々と日本へ来させていたのが、彼だった。スーパーヒーロー力道山を作り出した男といってもいいだろう。

一世代を築いて日本にプロレスブームを作り出した力道山だったが、彼もまた桜の花のようにぱっと咲いてぱっと散っていった。日本人ジョーの噂も途絶えたが、或る日風の噂が、彼の死を伝えてくれた。彼の棺の中には日の丸と満開の桜の枝が添えられていたという。  おわり   癒しのための短いお話たちより

b0034892_10414320.jpg


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。
人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-28 10:39

セルフ・ヒーリング

ヒーリング(心霊治療)にはサイキック・ヒーリングとスピリチュアル・ヒーリングがあります。スピリチュアル・ヒーリングはヒーラーが仲介者となって、あの世の治療霊団が幽体や霊体に影響を及ぼして、肉体に作用し治療します。サイキック・ヒーリングは治療者の持っているエネルギーを使って治します。ヒーラー(心霊治療家)と呼ばれる人たちは、だいたいどちらかに分類できるのですが、エソテリック・プラクティスに書かれている治療法を読みますと、ダスカロスは、この両方のやり方を自在に使っているのが分かります。

私たちが生きている、この空間にはエネルギーが満ち溢れています。進歩した人類は、このエネルギーを自在に使いこなして宇宙空間を移動していますし、私たちのように腹いっぱい食べなくても生きているのです。。神秘学ではフリー・エネルギーとかプラナとか呼ばれてきましたが、ダスカロスはエーテル・バイタリティーと呼んで、治療に使っています。意識の力を鍛えれば、誰にも使えるようになります。瞑想や精神統一を、指導者を得て一人でも行えるようになっている人は、想念を自らに向ければ、セルフ・ヒーリングとなります。光のボールを作るような方法などいろいろありますが、最も簡単な方法を一つだけ紹介します。

エソテリック・プラクティス(P134)このエクササイズは、肉体の活力を回復して、病気に対する予防力を高める効果があります。しかし、こうしたエクササイズによって、パーソナリティーそのものが良くなるわけではありません。私たちは卑劣な感情や欲望にとらわれると自堕落になるので、まずそれを克服しなくてはなりません。よって、このエクササイズは苦悩や病いから私たちを守ってくれる、予防的なワークといえるでしょう。

    光の殻(シェル)のエクササイズ

静かな場所で、楽に座ってください。思考や感情を静めて、すべての悩みを忘れ去りましょう。

深い呼吸を続けていくと、エーテル・バイタリティーが胸いっぱいに入り、やがて全身に広がっていきます。酸素は肺に入り、エーテル・バイタリティーは体全体に広がっていきます。

そのまま呼吸を続けていくと、あなたの中にひとつの光が灯ります。息を吸い込むたびに、この内なる光はだんだんと明るさを増し、息を吐き出すたびに、あなたの中の暗いものが出て行きます。そしてついに、あなたの体全体が真っ白に輝き始めました。その光はどんどん広がって卵のような形になり、今のあなたは、卵の形をした真っ白な光の中にいます。

さあ、真っ白な光の殻の中で呼吸しましょう。あなたは清められ、健康になり、エネルギーが与えられました。三つの体(肉体、幽体、霊体)とパーソナリティーが健康であるように願ってください。

このエクササイズは、毎晩の内省の後か、朝、家を出る前に行うとよいでしょう。まるで白い光の揺りかごに自らを委ねるような、このエクササイズには、二つの効用があります。

まずひとつに、エーテルバイタリティーがエーテル・ダブル(複体)から潜在意識のレベルで漏れ出ることを防ぎ、あなたのエネルギーレベルを高く保ってくれます。もうひとつは、光の殻によって、あなたに向って来るエレメンタル(想念体)や公共の場に漂っている各種のネガティブなエレメンタルが侵入しないよう、あなたを守ってくれるのです。

2008/04/05

土曜日は過去ログの中から、是非もう一度読んでほしいものを選んで再掲しています。

b0034892_9453971.jpg


人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-27 09:39

フリーエネルギーに対する私の考え方

先日はフリーエエヌギー発生装置のアイデアを披露しましたが、未だに一般的な常識としては有得ないと思い込んでいる方も多いでしょうし、過去の歴史を知っている方は危険なことだと思われたかもしれません。しかし、地球の波動が上がってきている時代にいつまでもフリーエネルギーが使えないことのほうがおかしいのです。人類はフリーエネルギー技術が隠蔽かされために、核エネルギーという制御不能のエネルギーに手を出し大きな間違いを犯しました。間違いは修正されなければなりません。

私の提示したアイデアは一つの方法にすぎません。入力を微小電力で賄うことができれば、現在のような固体の永久磁石を使ってもいいですし、他に方法があるのかもしれません。私のアイデアもどのような材料を使うのかはこれから実験を重ねなくてわかりません。ベルギーのケシェ財団では既に完成していると言っていますので、ここから教えてもらうことも出来るでしょうし、高次元からのチャネリングで情報を得てもいいと思います。問題なのは、既に出来ることが分かっているのに、どこも実行しないことです。

発電機自体はとっくの昔に発明されたもので、発電機を製造することで特許の問題があるわけではありません。材質を変更して効率を上げるだけです。それなのに、どこの国の政府も業界も手を付けないということは他に理由があるとしか考えられません。既存のエネルギー業界の権力は強大なものですから、どこもそこと問題を起こしたり、争ったりしたくないのでしょう。政府も業界も動かなければ、民間でゲリラ的に製造して広めていくことしかないような気がします。

複雑な構造ではありませんし、特殊な金属を使うわけではありませんので、家庭用の20アンペアから30アンペアの発電機なら1万円以下のコストで出来ますから、手頃な値段で販売できます。製造方法をオープンにしてしまえば、コピーの得意な中国や韓国にも広まるでしょうし、既存のエネルギー業界が潰しにかかっても、一度広まってしまったものを押えることなどできません。誰もお金を払って電気は買わなくなり、エネルギー革命が起こります。これが人類が向かうべき本当に正しい方向なのです。

既に金融システムは終焉を迎えようとしています。エネルギーの問題も次世代高次元科学によるものへと変貌する時が迫っているのです。気がつかないうちにもアセンションは進行しているのです。

私は素人です。協力者が必要です。永久発電機について化学に詳しい方、電気に詳しい方、発電機製造に携わったことのある方、そしてなによりも明るい未来を創造したいと願っている方、いろいろ教えてください。一緒になって考えてみませんか。ケシェ財団と交渉してもいいという方、いらっしゃいませんか。いれば助かります。ご連絡お待ちしています。

追記
ブラジルでフリーエネルギー装置が開発されたというニュースがありますが、ちょっとデカ過ぎ。これでは誰も買えるというわけにはいかないでしょう。

b0034892_11372260.jpg


人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-26 11:32

未来創造塾

アベノミクスというのは、あくまで経済成長を遂げることで国家を強くしたい思いのようですが、経済成長するには常に競争に勝ち残らないといけません。自由競争とはいえば聞こえはいいですが、勝つものと負けるものが存在することになり、争いの種を作り出します。経済競争にウイン・ウインはないのです。このような政治の中からは決して平和な共存共栄の世界は生まれません。こんなことが分からない幼稚な人間に日本は任されていると思うと身震いします。

TPP参加はその最たるもので、関税なしの自由貿易を認めてしまえば、強い産業は生き残れても、弱い産業はなくなってしまいます。国によってそれぞれ環境が違い、事情も異なるから個性も生まれてうまくいくのですが、グローバリストは利潤しか考えてはいません。日本という国は特殊な国です。狭い国土に大勢の人が暮らしています。大陸国家とは違います。共存共栄しか生きていく道はないのです。国家の方針に人生を委ねていては、無駄な人生を送ることになります。

こうなったら、自分たちで自分たちの生きる道を模索するしかありません。先日も書いたように、同じような意識を持つ者が集まって、コミュニティーを作るのも一つの方法です。調べてみましたら、既にコミュニティーを立ち上げて活動しているグループもあるようですし、計画を発表したサイトもあります。過疎地もいっぱいあります。日本全国過疎地だらけです。都市に人口が集中してしまって、若者が故郷を捨てたのです。過疎になった土地に住んでいては未来が見えないからです。これも政治の失敗です。

私の考えは理想的なコミュニティーを一つ作り出して、それを知った多くの人がお手本にして日本中に再び活気が戻るようにしたいのです。コミュニティーといえば、すぐに自給自足の農業だけを思い浮かべるかもしれません。事実、自給自足を目指しているコミュニティーもあるようですが、私は農業だけに拘るつもりはありません。通信も流通も発達しているのですから、過疎地で起業してもいいと思っています。私の目指すのはベーシック・インカムに近いシステムであり、資金も必要だからです。昨日書いた永久発電機を製造してもいいと思っています。

頭の中ではアイデアがぐるぐる回っています、とりあえず、名前は「未来創造塾」と名づけましたが、身体が元に戻らないことには行動が出来ません。もう少し動けるようになったら、過疎地の首長さんたちを訪ねて、あちこち回ってみたいと思っています。

b0034892_12212370.jpg


人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-25 12:18

フリーエネルギー(永久発電機)の作り方

フリーエネルギー発電機とは、入力より出力の大きい発電機で、最初にスタートするだけの入力をしてやれば、後は自分の出力したものから、、僅かのエネルギーを入力にまわして、止めない限りは永久に発電し続ける夢のようなエネルギー発生装置です。これまで多くの人が開発に成功したことは知られていますが、未だに実用化されていません。不思議な装置で、複雑な構造をしているように思えますが、実は簡単な原理なのかもしれません。

現在、日本の特許庁にフリーエネルギー関連の案件を持ち込んでもまったく、受け付けてくれないそうです。そりゃそうです。もしこんな発電機が発売され各家庭に配備されたら、これまでのエネルギー産業は全部潰れます。石油、石炭などの化石燃料もいらなくなるし、原発も要りません。電力会社も解散です。多くの業界が力を合わせて、政治的圧力をかけているのです。しかし時代は変化しています。いつまでもこんなことが続けられるわけがありません。人類共通の利益が隠蔽されているのです。

前置きはこのぐらいいして、私の考えた永久発電機の原理を述べます。発電機とモーターの構造はよく似ています。工作の時間に自作のモーターを作った人は多いでしょう。発電機は自転車についている発電機を分解すれば分かりますが、モーターと同じような構造です。中心軸に永久磁石をつけて、その回りにコイルを巻いた鉄片で囲んだ構造です。コイルに電流を流すと回転を始めるのがモーターで、回転軸を回してやればコイルに電流が発生するのが発電機です。どちらも永久磁石を使っています。

一度磁力を持たせたら、使っても磁力は減りません。ゆえに永久磁石というのですが、これは固体であるために、中心軸やら回転による摩擦の抵抗力が強くて、外部から回転力を与え続けないと止まってしまいます。入力に大きなエネルギーが必要です。この永久磁石に抵抗摩擦の少ない流動物質を使ったら、どうなるでしょう。例えば、ペットボトルに煙草の煙を閉じ込めておいて、ストローで僅かに息を吹き込めば、中の煙は渦を巻いて回転を始めます。息を吹くぐらいの小さな入力を続ければ、ペットボトルの中では煙は回転し循環を止めることはありません。

磁力は固体にしか持たせられないことはないと思います。液体や気体にだって磁力を持たせることは出来るかもしれないし、出来なければ粉末状の固体を液体や気体と混合してもいいのです。これをトーラス構造の容器に密閉して中を真空にして、回転渦巻きを発生させることで、回転する磁性体が出来ます。その回りをコイルを巻いた鉄片で丸く囲めば、コイルの両端から電気が発生するはずです。意図的に止めなければ、そのままずっと発電し続けるでしょう。簡単な原理ですから、工業用の大きなものから、家庭用の小型の発電機や、車に乗せれば、そのままチャージのいらない電気自動車になります。

これは私のアイデアですが、素人の私でさえこのぐらいのことを思いつくのですから、立派な研究所を持ち、学歴の高い専門家を集めて、日々新製品の開発を行っている電気製品メーカーでは、これぐらいのことはちゃんと知っていて、永久発電機の開発はとっくの昔に終わっているのではないかというのが、私のもう一つの考えです。もう出来ているのに、発表は出来ない。発表すれば爆発的に売れることは分かっていても、発売は出来ない。何故なら、他のエネルギー業界への影響と、大きな見えざる政治的圧力がっかっているためです。

人類共通の利益なのに、自分たちの業界のことしか考えていない連中や、政治家など構わずに、どこかの町工場で、作れたらいいなと思っています。特許で一儲けしようなどと思っているようでは進展しないでしょう。

b0034892_10353692.jpg


人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-24 10:29

暴走機関車発進、もう止められない。

日本人は過去の失敗から学ばないのだろうか。コネズミ・フィーバーで日本中が騙されて郵貯は民営化された。国富がそっくり外資の手に渡ったことに気がついていないから、目先の株価操作によるアベノミクスとかで景気のてこ入れをしているポーズを見せられただけで、また騙される。グルになって騙すメディアも悪いけど、二度も、三度も騙されるのは、馬鹿だ。B層集団、鰯の群れだ。

自分に火の粉が降りかかってくるまで、気がつかない人が多いと書いたことがあるが、今回はもう自分の身に火がついて燃え出しているのである。だから正社員がどんどん減らされ、非正規社員ばかりの会社が増えているのである。いくら働いても、収入が増えないシステムになっていることは、既に書いた。企業論理だけが優先されるアメリカン・コーポラティズムを日本も真似ているからである。TPPに参加することは、これで決まったも同然、聖域など存在しないのだから、これで日本の第一次産業は全部潰される。百姓サラリーマンや漁師サラリーマンになるのである。個人事業者はいなくなるのである。

選挙中は鳴りをひそめていたが、今日の新聞で安倍は勝ち誇ったように、集団的自衛権についても述べている。改憲して軍隊を持ちたいのである。自衛隊を正式の軍隊にしたいのである。徴兵制も実施して軍事力の拡大を目指したいのである。イシバが言っているように、徴兵しても応じなければ軍法会議にかけて死刑を宣告だってするつもりなのである。これが自民の本音である。選挙を棄権した若者よ、覚悟したまえ。

秋には消費税は8%になり、来年には10%にするとアホー・カポネ財務大臣が言っている。これから発表される財政状況から判断するのではなく、今回の選挙結果で判断するのだから、決定したも同然である。いつ、発表されるか時間の問題だ。これで格差はますます広がり、犯罪も増えることだろう。

原発廃止も遠のいた。基準を甘くしてどんどん再起動するつもりは間違いない。エネルギー問題は日を改めて書くつもりだが、その気になれば、すぐに解決する問題である。現在も足りているし、代替エネルギーの開発も進んでいる。原発は要らないのである。どうしても再稼動したいのであれば、現在福島から放出されている放射性物質の垂れ流し、漏水の垂れ流しを止めてからの話だ。事故の後始末のメドも立たないままに、再稼動なんて、正常な神経ではない。

有頂天になっている安倍だが、このまま天誅が下らなければ暴走を止めるものは誰もいない。クラッシュするまで走り続けることだろう。暗黒のタイムラインである。私は神一厘の仕組みにかけるつもりだから楽観的だがね。

b0034892_1054411.jpg


人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-23 10:13

はなちゃんの憂鬱なる日々

高倉俊夫の「健さん食堂」は東名高速の某インターから降りて旧東海道へ入る交差点の角を左に折れたところにある。若い頃東京のさる有名とんかつ店で修行して地元に帰って開店したとんかつが売り物のレストランだが、場所柄長距離トラックの運転手相手なので、注文があればカレーライスから麺類までなんでもござれの大衆食堂として繁盛している。風貌もおよそ似ていないし、苗字が高倉というだけで俳優の高倉健とはまったく関係ないのだが、なぜか友達から健と呼ばれてその気になって店の名にも付けた。

その高倉のところに小学生のときからの遊び仲間で、今は消防団長をしている杉田から電話が入った。
「健ちゃんよお、オレだけどさ。ちょっと頼みがあるんだわ。後でちょっと寄らせてもらうね。」
杉田は用件は後で話すとすぐに電話を切った。食事時で忙しいことを知っているからだ。昼過ぎてしばらくたった頃やって来た杉田はといえば、なんと可愛らしい子豚を車から降ろしたではないか。
「いやあ、参っちゃったよ。」と杉田は言う。
「消防団の地区対抗の野球大会で優勝してMVPに選ばれたのはいいんだけれど、ほれ、これが賞品なんだわ。誰かシャレで考えたんだろうけど、オレまだ一人もんだしマンションじゃ、豚飼えんもんなあ。健ちゃんにあげるから貰ってくれない?健ちゃんとこなら場所もあるし、餌だって残飯出るし、大きくなったら食べちゃえばいいんだしい。」と、犬用のケージに入れた子豚をほとんど有無を言わさず置いていった。まあ、昔から何かあればそういう仲なので仕方ない。

どんな動物も赤ちゃんというのは可愛い。ペットにするような動物はもちろんのこと、爬虫類だって赤ちゃんのときは可愛い。豚の赤ちゃんもピンク色の肌、つぶらな瞳と実に可愛いのである。豚の肉はいつも扱ってはいるものの、これほど生きた豚の赤ちゃんが可愛いとは知らなかった。高倉はさっそく裏庭の一角に柵を作って豚の飼育を始めた。メスだったので「はな」と呼ぶことにしたが、魚屋が水族館で泳ぐ魚を見てうまそうに思えるのと同様に、高倉にはいくら可愛くても豚は豚。大きくなって太らせたらとんかつにして客に出す算段だったから、杉田の申し出には困るどころかむしろ喜んでいた。


「健さん食堂」の客はほとんど常連客で占められているから、庭の駐車場の一角に「とん舎」が出来ればすぐ客に知れ渡る。そこに実に可愛い豚が飼われているとなると、もう誰もが自分の豚の如く餌をあげたり、リードをつけて散歩に連れまわしたりでと、たちまち人気者になってしまった。トラッカーというのは孤独な商売であり、定期的に餌やりをしなくてはならないからペットは好きでも飼うことが出来ない。それが、いきつけの食堂でその真似事が出来るのだから、はなちゃんは大もて、プレゼントは山のように集まり、散歩の相手はじゃんけんで決める騒ぎとなった。はなちゃん効果は売り上げにも当然影響して高倉には瓢箪から駒といったところ。

豚が成長して大人になるには約一年ほどかかるのだが、はなちゃんが来てから数ヶ月が経った頃、豚イコールお肉と思い込んでいた単純高倉もはっと気がついた。こんなにみんなから愛されて可愛がってもらっているはなちゃんを食べられるわけがない。最初は日ごと太っていくのを楽しみにしていたが、餌をあげるたびに甘えられ情が湧いてきて、これは大きくなってもとても食べることなどとても出来ないと悟ったのである。ペットとして飼っているのだから当たり前のことだ。犬や猫を食べようとして飼っている人などいない。

はなちゃんとしましても、たとえ豚だろうとペットになったのだから食べるなんて発想はもうすぐにでも捨ててもらいたいのだが、根っからのトンカツ屋の根性がときどきちらちらと目つきに出るのである。ご主人さまとはいえ、日ごと肉付きが良くなってますますグラマーな肢体になっていく自分の体を追う視線が実に助べえっぽくていやらしい。はなちゃんの憂鬱な日々である。終    癒しのための短いお話たちより

b0034892_111944.jpg


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。
人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-21 11:01

内省

ダスカロスことスティリアノス・アテシュリスは7歳の時に、指導霊であるヨハネから7つの約束をさせられます。以後、彼はその約束を生涯守り抜きました。ということは、彼ほどの進化した霊であっても、肉体を纏って物質界へ降りてくることは、様々な誘惑や煩悩に晒され、道に迷ったり悩みを抱えて間違いを犯すこともあり得るということを示唆しているのであり、未熟な我々凡夫が日々を生きるなかで、悩んだり、間違えたりするのは当然のことと言えます。

とても彼のようには生きられませんが、遥かな目標として、生き方の目安として7つの約束を載せておきます。プリントして壁に貼っておき、毎朝声に出して読むことをお勧めします。宗教臭はないと思います。

***私は、自分自身に約束します。***

1、いつどこにいても、私もその一部である絶対無限の存在に、心をこめて奉仕します。

2、いつどこにいても、私には神聖なる計画に奉仕する準備ができています。

3、いつどこにいても、またどのような状況にあっても、私は「神聖な贈り物」である思考と言葉を正しく使います。

4、最も賢明なる神聖なる法則が与えてくれる、あらゆる試練と苦難に対して、私は不平不満を言うことなく、忍耐を持って受け入れます。

5、私に対する人々の行動がどのようなものであっても、私は心と魂の奥底から、誠意を持って  兄弟姉妹である隣人を愛し、彼らに奉仕します。

6、私のあらゆる思考、願望、言葉、行動が神聖なる法則と完全に一致することを目的にして、毎日絶対無限の存在について瞑想し、熟考します。

7、私のあらゆる思考、願望、言葉、行動が神聖なる法則と完全に調和したものであるかどうか毎晩、確認します


ダスカロスは、この中でも特に7番目の内省が特に重要だと述べて、実践することを勧めていますので、エソテリック・プラクティスの中から、部分的に転載します。

(p145)人は誰でも様々な原因、人生の数々の出来事によって、必ずいつか自らの関心を外側から内側へと、向けていくようになります。

多くの人々は地球をすっぽりと覆い尽くし、私たちの中に深く染み込んでいる物質主義的な文化や考え方に、少しずつ幻滅してきています。私たちは物質的な豊かさが精神的な貧しさという高い代償をもたらしたことに、気づき始めているのです。

私たちは互いに引き離され、自らの内なる自己からも引き離されてしまいました。そして、今、再び外側の無秩序な状態から離れて、内なる明晰さと平穏な状態に向おうとしています。

とはいえ、多くの人々はこうした取り組みに、すぐ限界を感じてしまうかもしれません。すべての心配、恐怖、疑いを手放すのはとても難しいことだからです。

私たちは絶えず混乱状態の中にあって、あらゆる抵抗を乗り越えようとする気力を失いがちです。だから、ふと気づくとまた混乱の中にいる・・・という悪循環に陥ってしまうのでしょう。私たちには、信仰心が欠けているのです。

信仰とは、パーソナリティーの変容によって、その本質をはっきり表現しようとすることです。ジュシュアは、これに関して、マタイによる福音書9章22節で次のようにいっています。「娘よ、元気になりなさい。あなたの信仰があなたを救った」と。

ジュシュアがヒーリングを施した一人ひとりの中では、必ず内なる変容が始まりました。信仰とは変容を実質的に生み出す力であり、神聖なるものについてもっと知りたいと真剣に願うことでもあります。

その探求を志す者は、今まで自らを邪魔し、傷つけてきた自己中心的な傾向を克服できるようになります。

そして、信仰を通して私たちは、崇高なエネルギーへの通路を閉ざしていた厄介な感情や欲望をゆっくりと順序立って手放していくことができるのです。

「回復が始まるまで、その病がどれほど重いかわからない」と言われるように、私たちは自らの病の重さを知りません。それは、罪悪感や自責の念があまり大きくならないように、自分がどんなに堕落しているか、見ないようにしているせいもあるでしょう。

真理の探究者にとって最も厳しい仕事のひとつは、自らと向かい合うことであり、自分が自分自身と自分の家族、友人たちにもたらしている痛みを見つめることです。これは決して簡単なことではありませんが、自分自身に対して常にすべての面で誠実に向かい合う以外には、方法はないのです。

どんな伝統や時代の中でも、探求の最も中心となる道具は内省であり、真理の探究者にとって最も基本的なプラクティスは「日々の内省」です。

現在のパーソナリティーは自分自身や他の人との関わりによって自分を表現するので、私たちは内省によって、現在のパーソナリティーの性質を探求する必要があります。

現在のパーソナリティーとは、私たちが自ら作り出した、あるいは共通のサイコ・ノエティカル領域から取り出したエレメンタルの総合計といえるでしょう。エレメンタルは私たちの性格に取り入れられ、そのパーソナリティーの質を形成しています。

現在のパーソナリティーの形成は私たちの誕生以前から始まり、前世からの特徴や傾向を引き継いだものです。パーソナリティーは一回の人生ごとにいくつかの問題を解決し、また現世や来世で障害となる新たな問題を作り出すなど、あらゆる経験を通して続けられています。

私たちの思考や行動の80%は潜在的な願望や欲望から発していますが、私たちはめったにその根源を意識していません。そして、知らず知らずに願望や欲望の命ずるまま多くを経験し、人生を楽しんだり。苦しんだりしています。

これら願望や欲望は、エレメンタルの群れです。実際、私たちはエレメンタルの欲望を満たすために行動し、そうすることでそのエレメンタルにエーテル・バイタリティーを供給し続けているのです。

ほとんどの人は潜在意識に良い面も悪い面も併せ持っているものであり、そのことを善悪でとらえるべきではありません。むしろそれらは必然的に生じるものであり、とても貴重なものだといえるでしょう。そして潜在意識に聖霊の智恵を表現させれば、それはあなたにとって最良の友となり、逆に利己的な欲望や自分勝手な感情で暴走すると、最悪の敵となるのです。

潜在意識と一般的なパーソナリティーは、量と質という二つの観点から計ることができます。エレメンタルは、その資質で示すことも、量として計り、数えることもできるのです。

全般的に見て、私たちのエレメンタルは現在、共通の自己性の向上に貢献するよりは、むしろ多くが自己中心的な目的のために使われています。私たちが直面しているほとんどの問題は、私たちが悪いエレメンタルを作り、エネルギーを与え続けているのが原因なのです。

マスターと呼ばれるような人であっても、潜在意識は持っています。ただ、マスターたちの自己意識に対する潜在意識の割合は私たちよりかなり少なく、さらに彼らの潜在意識は、愛や慈悲という性質が多く見られます。

もし、平均的な人間の潜在意識を荒れたジャングルにたとえるなら、マスターたちのそれは、穏やかな草原のようなものです。「庭師が庭の手入れをすれば、その庭が庭師の面倒を見る」というわけです。

内省とは、潜在意識のベールをはがして、自己意識によって今まで隠れていた潜在意識を見ようと努力することです。すると、今まで気づかなった行動や、本当の動機がもっとはっきりとわかってきます。それは潜在意識を浄化するプロセスであって、そうすることで私たちは自分自身をより深く理解出来るようになると同時に、自分の考え、感情、欲望、行動をかつてなかったほどコントロールできるようになるのえす。

私たちは、自分のパーソナリティーを構成するエレメンタルが、愛・理性・正しい思考によって支配されるように、努力しなくてはいけません。

内省とは、私たちを現在のパーソナリティーという非常に狭い部屋から連れ出し、より覚醒された意識状態へと導くものです。内省を重ねることによって、私たちの小さなパーソナリティーは、しぶしぶ永遠のパーソナリティーの智恵ある庇護の下に入っていくことでしょう。

とはいえ、エゴイズムとは巧妙でずる賢く、「光の天使」になりすまして近づいて来るものです。(新約・コリント2-11--14)エゴイズムによって努力を無駄にされることのないよう、充分気をつけてください。

一定のエクササイズと高まった理解力を通して、私たちは潜在意識を浄化するだけでなく、同時にそこに一定の空間を得ることになります。その空間を、ロゴスと聖霊にふさわしい住まいの場にしましょう。そこで、私たちの聖なるパーソナリティーを通してロゴスと聖霊を表現するのです。

私たちがパーソナリティーからエレメンタルを取り除き、非活性化する時には、結果として空いた場所を健全なエレメンタルで満たすことを忘れてはいけません。エレメンタルはパーソナリティーの中で互いに微妙なバランスを保っているからです。

またどのようなエレメンタルを再構築するのであっても、ゆっくりと、確実に進めなくてはいけません。これが、たゆまぬ霊的前進に時間がかかる理由です。

パーソナリティーは、良かれ悪しかれ念入りに作られています。日々の内省はこうした現在のパーソナリティーを高め、神聖なる計画における自分の役割を見つけるための、最も安全かつ確実な方法なのです。

エクササイズ
日々の内省は毎晩、眠りにつく前の、潜在意識に入りやすいタイミングで行います。
ベッドに座ってもいいし、眠ってしまわなければ、横になっても構いません。
完全にリラックスして、4・・4のパターンド・ブリージングを始めましょう。
まず、朝起きた時から順を追って、今日一日にあったことをすべて思い出します。
一つひとつの出会い、出来事をもう一度見つめなおしてください。
この時、自分自身や誰かを責めることなく、客観的な第三者の目で見つめることが大切です。
そして、慈悲と寛大な心を持って、自分自身に次のように質問します。

思ったり感じたりすべきでなかったことで、思ったり感じたりしてしまったことは何か?
思ったり感じたりすべきだったことで、思ったり感じたりしなかったことは何か?
言うべきでなかったことで、言ってしまったことは何か?
言うべきだったことで、言わなかったことは何か?
すべきではなかったことで、してしまったことは何か?
すべきだったことで、しなかったことは何か?

内省の目的は、自分自身や他の人々を責めることではなく(ましてや賞賛することではなく)ただ公平な目で、自らの思考や行動を観察することにあります。その上で、気付いた点から自らの言動を改めるように努力しましょう。

こうして内省を続けていくと、だんだんと自分自身を観察することに熟達していきます。そしてやがて、道徳面においても、霊的、神秘的な人生の側面においても成長を加速していることに気づくはずです
(2008/04/01)

土曜日は過去ログの中から、是非もう一度読んでほしいものを選んで再掲しています。

b0034892_10533142.jpg


人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-20 10:33



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧