ひとりごと、ぶつぶつ

<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

FRBの解体が近い。

今年が地球の新しい夜明けの年になるであろうと言ってきましたが、具体的にどのように変わるのか書いてきませんでした。オバマ大統領の任期が切れる今年10月までに、なにが起きるのか、オバマさんの置き土産とは何なのか、今日はシェルダン・ナイドルのハイヤーセルフからのメッセージを転載しますので、一緒にに考えてみましょう。

1 Ik, 15 Kank’in, 12 Manik
Dratzo! みなさんの素晴らしい恵みが、正しい銀行口座へと届くべく大きな進展がありました。闇の存在たちは継続的にこの活動を遅らせようと試みていますが、そのほとんどが失敗に終わっています。そして鍵となるいくつかの進展がありました。中国は金本位制へ移行する為のプロセスを開始し、上海で金に裏付けされた人民元を発表し、ヨーロッパの王族の若者たちは膨大な額の資金の移動を承認し、更に、中国の古代ファミリーは残った最後の貯蔵金のいくつかを配送の最終地点にまで移送しました。このように、去年の春に全ての協定国が一連の特別な同意書にサインをした時点で、みなさんに恵みを届ける為の最終の準備段階は終わっています。

全ては神聖なタイムラインに則っており、私たちの船団はこの複雑な一連の活動をしっかりと見守っています。私たちは全ての必要な手続きが予定通りに終わる事を期待しています。それまでは、どうか忍耐強くいて頂き、これらの資金の多くが実際に届くまでには、まだいくつかの最終ステップを踏まなければならない事を知ってください。闇の存在たちはもはや綱渡り状態で、その長きに渡った支配は終わろうとしています。あなたの勝利は目前まで来ています!

このように全てが展開するのを見守る中、私たちはこの長い進化の過程で忘れ去られてしまった存在たちを想います。私たちは、ここ数十年の間に小さいながらも素晴らしい結果を生み出した、協力の為のネットワークを築いて下さった方々に感謝します。このネットワークはアフリカ、南米、アジアなどの全域及び地球上で無視されてきた最果ての地までに、資金やアイディアを届ける為の核として役立ってきました。みなさんの勇気は、私たちの地球にいる仲間にも私たちにも忘れられてはいません。

同じく、今ようやく実を結び始めてきた、解決不能と思われたいくつかの法的案件に取り組み続けてくださった方々にも感謝します。これらの素晴らしきボランティアからなるチームはようやくその奉仕に対する支払いを私たちから受け取る事になり、その驚くべき法を操る手腕は闇の存在らに知らしめられます。これらの多大なる努力は、時にとても暴力的な脅しに遭ったりし、容赦ない暴挙の数々に耐えてきた方々の名前はまだ発表する事はできませんが、そういった犠牲の上にこの成功はあります。これもまた、終わりに近づいています。アメリカの新しい共和国は間もなく成立し、その他にも壮大なサプライズのいくつかも、実現の準備が整っています。

今起きているのは、共同作業です。その為に、最初は私たちは互いに信頼関係を築く必要がありました。古代ファミリーそして特に王族たちは、陰謀めいた環境に慣れ過ぎていた為に、人を信じないという風潮が長く持ち続けていました。彼らの信頼を得るのに、約20年もかかりました。その間、私たちは闇の秘密グループの傲慢さや愚行にも遭遇しました。闇の秘密グループは、その独裁支配が永久に続くものと信じ切っていたようで、私たちの事をいずれ彼らに屈服する一グループに過ぎないと見ていました。しかし、私たちが彼らの地下基地の多くを閉鎖し、私たちが何者であるかを示した時に、このような考えは消え失せました。彼らはこれに恐れをなし、当初私たちが天からの神聖なメッセージを届けようとした際には過剰に自己防衛をしようとしました。

このように、様々な光のグループにとって私たちの第一印象は、恐怖だったり、不信でした。この第一印象は私たちがアセンデッドマスターやアガルタ人たちにアドバイスを求めた事で変わっていきました。

その後のやり取りにおいて、相手の反応は全く違うものでした。いくつかの個人が私たちを信頼するようになり、神聖な秘密社会の勇敢な政策を提案し始めました。このように、献身的な個人が属する様々なグループは徐々に私たちを信頼するようになりました。10年以上彼らと緊密にやり取りをしていく中で、私たちのアドバイスは聞き入れられるようになりました。そして、ここ数年の間で得られた大きな進展は、この協力関係がもたらした直接的な成果の現れです。私たちは更に、アガルタの首都の隣に主要拠点を建設し、そこで詳細な計画の話し合いを行うようになりました。そこには、アガルタの大評議会とアセンデッドマスターたち及び、聖なる秘密社会のリーダーの多くが参加しました。このような話し合いの機会が何度となく行われた結果として現れた驚くべき成果を受けて、この協力関係は更に広がっていきました。

現在は、私たちがこうやってやってきた主な目的は好意的に受け止められ、この成功こそがみなさんが旧支配者である闇の秘密グループから完全に解放される事に繋がると確信しています。間もなく、たくさんのミラクルを目撃できる事を大いに期待しています。ホサナ!ホサナ!ホサナ!

ナマステ!私たちはみなさんのアセンデッドマスターです!私たちはこの喜び溢れる日に、様々な恵みが配達の最終段階に来ている事をお知らせする為に来ました。これらの恵みは、間もなくあなたのところにやってきます。この資金を阻止する為に闇の存在たちが作ったブロックはもう既にありません。これに関しては、天とその栄光に感謝です!

私たちは間もなく、ろくでもない闇の存在たちの形跡などない時代へと突入します。こういった悪党は逮捕され、新しい共和国が宣言されます。それはまずアメリカから始まり、この神聖な地球の残りの部分へと続きます。これらのイベントの実現には、思っていたよりも時間が掛かりました。私たちは、新しい地球を継続的に視覚化し、私たちの共同作業に対して深く精神的なサポートをして下さったみなさんに感謝します。ガイアは、みなさんが様々な困難にぶつかりながらも、この壮大な計画を諦めずに思い描き続けてくださった事を非常に喜んでいます。あなたには、たくさんの素晴らしい事がやってきます。天と天の手助けをしている存在たちから降り注がれる、驚くべき恵みの数々に備 えてください。

あなたがいかにパワフルな存在であるかを自覚する事は非常に重要です。この長きに渡るプロセスにおいて一つのカギとなるのは、あなたの思い描いた事が現実になっているという事実を心から認識する事です。闇の存在たちは、みなさんの祖先を手当たり次第に限定意識へと陥れた時に、この事実を皆さんから奪いました。その初めの段階として、彼らはあなたの原始的な部分である精神と肉体の二つの間に壁を作りました。この分離によってパニックが起き、この瞬間にみなさんはその偉大な力を他人へと譲り渡してしまったのです。今こそ、あなたはその個人的な能力を取り戻す術を得られる時です。あなたが毎日、視覚化(思い描く)練習を続ける事で、あなたはゆっくりと失った個人的な力を得始めています。みなさんがこれらの恵みを受け取り、闇の存在の手下たちが皆さんの環境からいなくなるにつれ、失われた能力は出現できるようになります。あなたが、自分の思い描いたビジョンを実現させ、専属の教師たちとの対話を開始する事で能力は続け様に出現するでしょう。

私たちも、この精神的そして思考的プロセスの一端を担います。これに関しては、これからみなさんが毎日参加するであろう様々な儀式を通してよりよく理解して頂けるようになるでしょう。これらは、みなさんの教師たちと私たちによって吟味される予定です。これに関しても、当初の予想よりも長くかかると考えています。こういった事がどのように繋がっていくのかを理解できるような地点にみなさんはやがて辿り着きます。“なるほど、そういう事か”と分かる瞬間に辿り着いた時、そこからは私たち(マスターたちと教師たち)と話し合ってみなさんを必要な最終ステップに向けて準備させて頂きます。それが終わると、みなさんはクリスタル化された光の部屋に行く準備が整います。こ の時点で、私たちはこの領域を完璧に査定して、この地球が最終転換の地点へ移行する為に必要な儀式の数々を執り行う必要があります。最終的なスケジュールがその時点で取り決められ、全ては厳密にそれに沿う事になります。ハレルヤ!ハレルヤ!

本日は、今何が起きているかについて週報をお届けしました。これらの報告は、栄光の終わりを迎えようとしています。イオンの聖なる9人がみなさんに接触し、一連の大変重要な発表がされる時点がやって来ているという事です。その時が来るまで、私たちはこの週報を続けます!どうか知ってください、無数の供給と終わる事の無い天の繁栄が実にあなたのものであると!そういう事です!一つであれ!喜びの中にあれ!

人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、
by 892sun | 2016-04-30 09:39 | Trackback

アセンションなど嘘であるという説

チャネリング情報として、一時期地球がアセンションすると言われ、瞬く間に世間にも知れ渡り、それはまもなく、まもなくと言われ続けてきたのに、いつまでたっても、世の中は少しも変わらず、相変わらず世界の各地では紛争が起きています。格差社会は広がるばかりだし、貧困に喘ぐ若者たちの間では過激組織に自ら志願して参加する者さえいます。あれはいったい何だったのか、精神世界に理解を示し、それを信じた人々の間でも、裏切られたという思いを抱いている人は多いと思います。

全宇宙は意識エネルギーそのものです。その中でも最も意識波動の低い世界が、この世という三次元世界です。物質というとても低い波動が支配する世界に住んで、肉体という媒体を通さなければ一つの情報も手にすることが出来ない世界で、これまでは肉体そのものが自分であると思い込んで生きてきた人々に、肉体的本能である物欲と、感情を支配する恐怖をうまく利用して、人類支配を企む闇の勢力が、私たちの霊的進化を阻んできました。

霊的浄化運動であるスピリチュアリズムが起きてきた19世紀半ばには、優秀な物質霊媒やヒーラーを世界的規模で輩出し、霊的進化の素晴しさを知ることとなりましたが、アセンションはその延長線上にあります。2012年に宇宙における地球のポジションが突然変わって、物理的変化が起きると思った人々はがっかりしたことでしょうが、変化は確実に起きていました。何が変わったのかといえば、世界中の人々の意識レベルに変化が起きていたのです。そしてそれは現在も続いています。地球に降り注ぐ意識エネルギーのレベルも上昇しています。光りも強くなっています。

それが証拠に、これまで世界支配を企んできた闇の勢力の力が衰え、この世での居場所を見失っています。熊本地震も彼等の企みかと疑いましたが、そうではなく、熊本地震は地球自身がネガティビティーを放出しただけと分かりました。熊本だけでなく、世界各地でも大小の地震が多発しています。彼らにはもう人工地震を起こすだけの力はないそうです。そればかりか、これまで世界経済を牛耳ってきた単なる紙のお金の時代が終わり、金や貴金属に裏打ちされた本当の紙幣の時代が来るようですよ。まもなくではなく、もうすぐです。私はそれがオバマさんの置き土産ではないかと思っています。

アセンションは意識の変化から始まってきているのです。私が意識改革を訴えているのは、そのためです。意識を変えなければ、これからの地球には住めなくなるからです。人々の意識レベルが上昇し、物理的変化が起きてから、気づいてももう遅いかもしれませんよ。

マシュー君のメッセージ その112

人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、
by 892sun | 2016-04-28 18:51 | Trackback

どんな病気も治ります。

病気になって、医者から直りませんと宣告されたら誰でもが諦めてしまうでしょう。私も腎不全で、死ぬまで治らないといわれ、透析生活をしていますが、決して諦めてはいません。これまで学んできた心霊学の知識によれば、どんな病気も治すことが出来ると知ったからです。私たちは一人一人が神の子です。神と同じ全知全能というエッセンスを持っているのです。それが発揮できないのは、ひとえに霊性レベルが低いためです。

私たちがこの世に生まれてくる目的は、霊性レベルを高めて神のエネルギーである高次元エネルギーと繋がることです。高次元エネルギーと繋がって、身体の中を高次元エネルギーが流れるようになれば、三次元物質である身体の60兆以上あるといわれる細胞の一つ一つは、自分自身である五次元の意識生命体の意思に従います。どこか故障しても、意識が再生を命じれば、直ちに障害を起こしている細胞は修復されるのですから、病気はすぐに治ってしまうでしょう。

他にも方法があります。私たちは生まれた時から二つの複体を持っています。幽体と霊体です。肉体の成長に合わせて成長しますが、肉体の成長が止まると、そのまま完全健康体を維持して老化することはありません。私の肉体は腎不全を患っていますが、幽体の腎臓は健康そのものですから、もし腎臓組織の修復が不可能であれば、幽体の腎臓を移植することでも、腎不全は治せると思っています。いわば自分の体内での臓器移植です。この場合は、メスなど使いませんが、背後霊たちの中から、生前医者だったりした医療技術の持ち主たちの協力を仰ぐことになります。

さらに三つ目の方法としては、私のように腎不全による合併症がたくさんある場合は、一度に身体全体を修復して、元の健康体に戻す方法です。肉体全部を瞬間的に幽体化して、完全な健康体に変わった後で再び物質化して肉体に戻すのです。幽体は若さを保ったままですから、この方法ですと、健康を取り戻すだけでなく、若さも取り戻すことが出来ます。寿命を延ばすことはできませんが、若さを取り戻すことは出来るのです。夢のような話でしょう。霊的エネルギーの素晴しさが分かっていただけたでしょうか。霊性レベルを向上させることができれば、誰にでも出来ることです。

この方法ですと、例えば両手両足を事故などで切断して、失くしてしまっても、幽体は完全体ですから、不完全な肉体を一度幽体化することで、両手両足も再生させることが可能です。メスも使わず手術もしないで、ほとんどの病気を治すことが出来ます。しかしそれには、意識の転換とそれに続く霊性レベルの向上という厚い壁があります。一石一鳥というわけにはいきません。私も必死で霊性レベルの向上に努めてはいますが、未だ高次元エネルギーと繋がることができません。実際に私がそのような体験をしたうえで結果を出していたら、もっと信じてもらえると思いますが、真実の知識は知識としてお知らせしておきたいのです。私と同じように不治の病に苦しんでいる方々のためにも希望があることを伝えたいのです。

私はもう少しで高次元エネルギーと繋がれると信じています。その日、その時が真近に迫っているような感覚があります。その時、私は自らの身体を物的証拠として提示し、世の中全体に、治らない病気は一つもないことを高らかに宣言したいと思います。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、
by 892sun | 2016-04-26 09:46 | Trackback

恐怖を克服するには

恐怖という感情も肉体的本能から出てくるもので、感情の中でも最大のものです。どんな気の強い人でも、それを完全に払拭することは難しいことです。人間以外の動物は恐怖を感じると逃げるか、姿を隠すか、逆に強く見せるために威嚇したりまします。それは自分の弱さを隠すためでもあり、本当の自分を知らない無知のためでもあります。私たちは動物とは違って本当の自分を知ることができますから、自分が何者であるか分かってしまえば、恐怖に怯えることはなくなります。真実を知ることが唯一の恐怖の克服方法です。

一番恐怖を感じるのは、死に直面することでしょう。これも死とはいかなる現象なのかを知らないから、死ぬことが怖いのです。自分の存在が消えてなくなってしまうのではないかと怯えるのです。自分の身体が自分自身だと考えているからです。私たちの本質は意識生命体(霊魂)であり、物質的な肉体ではありませんから、たとえ自分自身を表現している身体が消滅しても、自分そのものは存在し続け、なくなって消えてしまうことはありません。

突然の事故に見舞われたり、病気になって痛みに苦しみ続け死ぬことを考えるかもしれませんが痛みに苦しみ続けることはありません。痛みは痛みのピークに達した瞬間、意識は飛んで痛みを感じ続けることはありません。強食弱肉の動物の世界でも、例えばライオンに襲われた草食動物は、ライオンの一撃で気を失いますから、その後、餌になったとしても痛みを感じることはありません。

死ぬことは霊的進化の一つのプロセスなのですから、悲劇と考えるよりは、喜びと考えたほうが正しいのです。人によっては、肉体的束縛から逃れたことで、覚醒し易くなり、覚醒して五次元の世界(霊界)へ入っていきます。そここそは自分の生まれ故郷であり、思い通りになる世界で、それからはそこでの本当の実在を感じる生活が始まるのですから、喜び以外のなにものでもないのですから、死を怖れることなど何一つないのです。

死ぬことが最大の恐怖であるのなら、死を怖れなくなれば、この世で怖いものは何もなくなります。これほど強いことはありません。生きることにも自信が涌いてくるでしょう。人の寿命は決まっています。生きるべき人はなにがあっても生かされるし、その時はくれば誰でも死ぬのです。死を怖れることはありません。必要のない恐怖心を持つのはやめて、正しい知識を得て、胸を張って正しく生きていきましょう。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、
by 892sun | 2016-04-23 09:55 | Trackback

熊本地震は人工地震ではありませんでした。

熊本地震は東日本大震災と違って、自然地震で、大地のネガティビティーが放出されたのだそうです。大きな災害にならないように、人口の少ない地方で起きたと、マシュー君は言っています。イルミナティーには、もうそのような力はないそうです。それにしても、一週間以上も揺れ続けるなんて、不思議な地震です。先便で書いたことは取り消したいと思います。まもなく、削除します。いい加減なことを書いて申し訳ありませんでした。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、
by 892sun | 2016-04-22 17:56 | Trackback

究極のポジティブ・シンキング

病気や災害、事故など、人生には思いもよらぬ出来事が待ち受けています。病気になれば、自分で身体をコントロールすることさえできませんし、事故や災害に出会えば、それまでの平和な生活が一変してしまいます。誰もが避けて通りたい道ですが、人生はそもそも修業ですから、一生平穏無事というわけにはいきません。

そうした人生の壁にぶつかった時、どのように対処するかが、自分を成長させるかどうかを決めるのです。誰でも突然、そうなれば、慌てふためき、取り乱して冷静に考えることができなくなりますが、自分の本質は意識生命体であり、肉体そのものではないこと、自分がこの世で生きているのは、自分の霊性を高めるための修業であること、目の前に立ちふさがる壁も自分の霊性レベルに応じた教材の一つであり、必ず解決できる力がることを信じることで、乗り切ることができるのだと、私は信じています。

私は65歳を過ぎた頃から、腎臓が悪くなっていることに気がつきました。腎臓を悪くするような食生活をしていたわけでもないので、医学的な原因は分かりません。前世からのカルマの清算かとも思いましたが、58歳で大動脈瑠破裂を奇跡的に免れ、生かされていたので、カルマが原因なら、58歳で死んでいても不思議はないのです。58歳と63歳の二度にわたり、胸部大動脈は人工の繊維に置き換える手術をしました。背中は肩甲骨周りに45センチ、胸には30センチの傷跡が残ります。多分過去生で人を斬ったのでしょう。

腎臓病には薬がありません。それに伴い、眼底出血で網膜の神経細胞が壊れましたので画像が歪んだり、飛んだりしますが、これも治療の方法がないと言われました。両手の握力はなくなり、指先は常に痺れて、こわばったままです。これも原因不明です。足腰の筋力が衰え、転倒するたびに骨折し、昨年は三度も入院してギブス生活でしたから、リハビリも気休め程度で、体力は衰えるばかりです。歩き始めた赤ちゃんが使う歩行器がないとトイレにも一人では行けません。

人工透析をしなくては生きてはいけない状態で、この状態から健康体への回復などいったら医者に笑われました。しかし、それは医者の見解であり、私の見解は違います。

私は半霊半物質の世界を知っています。次元が上昇すれば地球人類はそのようになります。いわゆるアセンション後の世界ですが、アセンションしなくても個人的に覚醒した人物はいます。アセンションしたほうが覚醒し易くなるだけです。現代医学では治せない病気も高次元の意識エネルギーと同調することができれば、自分の意識で、自分の身体の細胞を再生させることも可能です。「思考は現象化する」と言ったのはナポレオン・ヒルですが、これも宇宙の法則の一つだからで、時間はかかりますが、思いは必ず現象化するということも信じています。

そもそも私が半霊反物質の状態を体験したい、覚醒したいなどと考えたことが、医学では治らないといわれる腎臓病の原因になっているのです。私の願いを知った指道霊が、それならと別に修業の道を用意してくれたのです。病気は肉体波動を落とします。ゆえに先人たちは断食や滝に打たれたりしたのです。肉体波動と意識波動の差が大きくなるほど、覚醒し易くなります。現在の私の肉体波動は限界に近いところまで落ちています。あとはどうして意識波動を高め、霊的意識エネルギーと同調するかです。時間の問題だと思っています。

私は必ず自分の意志で、自分の病気を克服し、健康体を取り戻します。医者に何と言われようと、落ち込まないで自分に都合のいいように考えることが、私の考えるポジティブ・シンキングです。何が起きても決して諦めてはいけません。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、

コメントにも対応するつもりでいます。ご意見、ご感想などございましたら書き込んでください。
by 892sun | 2016-04-19 10:03 | Trackback

熊本地震について

九州熊本地方の皆さん、大変なことになりましたね。お亡くなりになった方々へは心よりお悔やみを申し上げたいと思います。被害に合われた皆様にも、心より御同情申し上げたいと思います。今の私には、頑張ってくださいというようなエールしか送れないことが歯がゆいところです。

それにしても不思議な地震で、これほど長く振動が続くようなものは聞いたことがありません。地震が地震を呼んだのでしょうか?地震の深さが10キロ前後らしいということで、人工地震についても疑いました。人工地震は深度が10キロ前後と決まっているからです。

しかし、この地震の三日前に、透析に通っている老人の一人が、「地震雲が出ているのを見た、大きな地震が来なければいいが」と心配していたと、送迎バスのドライバーから聞きました。少なくとも、最初の地震は人工地震ではなかったと思われますが、断層の歪みが近辺の断層にもあることを利用して、さらに大きな被害が出るように、地震波を送った可能性は残ります。

被害に合われた方々は、今は大変でしょうが、「災い転じて福となす」という言葉もあります。皆さんはこの困難を乗り切るだけの魂の大きさがありますから、必ず困難を乗り切ることが出来ます。落ち込まないで、心配しないで、心だけは明るく保って笑顔で生きてください。必ず明るい明日が見えてきます。

全国の皆さんには、どうか自分に出来ることは何かを考えていただいて、行動するようにお願いいたします。無償の愛ほど尊いものはありません。災害は徳を積む好機でもあるのです。この災害で日本中の心が一つに結ばれることを祈っています。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、

コメントにも対応するつもりでいます。ご意見、ご感想などございましたら書き込んでください。
by 892sun | 2016-04-17 13:52 | Trackback

スピリチュアル・アイランド

久し振りにスピリチュアル・ショート・ショートが降りてきたので、書いておきます。

嵐の過ぎ去った南の島で、海岸を散歩していた島の人が浜辺に人が倒れているのを見つけました。助け上げて介抱すると、若い男性は息を吹き返し、たちまち元気になりました。言葉は通じませんでしたが、どうやらこの若い男は昨夜の嵐で、乗っていた船が転覆して海に投げ出されてしまったようで、それでも運良く島まで流れ着いたようでした。男はイギリス人でジャックという名前でした。

島の人たちは親切で、ジャックのために家を用意したり、食事の世話をしたりして、たちまち島の人たちと仲良しになりました。若くてハンサムだったジャックを島の娘たちも放っておくはずもなく、そのうちの一人サラと恋仲となり、やがて二人は結婚したので、すぐに子供を授かりました。女の子でしたので、名前をヒミと名づけました。

瞬く間に年月は流れ10年ほど経ちました。ジャックはとても幸せでしたが、望郷の念は絶ちがたく、島の一番高い山の頂上で、狼煙を断続的にS・O・Sになるように上げ続けるのが日課になっていました。それからしばらく経った或る日のこと、救援船がやってきたのです。この島の周りは速い海流が流れていることと、いつも霧に覆われているというような島だったので、地図にも描かれていない、誰も訪れたことのない島だったので、ジャックは遭難死したものだと思われていたのです。

念願叶って、ジャックはサラとヒミを連れてイギリスに帰りました。イギリスではジャックの奇跡的な生還に大騒ぎとなり、国中でこの家族を出迎えました。首相のポンドもお祝いに駆けつけるほどだったのですが、ここでも奇跡的なことが起きました。首相のポンドは長年にわたり、腰痛に悩んでいたのですが、この家族と出会った瞬間、腰痛が治ってしまったのです。

どうやら、サラと娘のヒミには持って生まれたヒーリング能力があることが分かりました。彼女たちの話をきいてみると、この親子だけではなく、二人の生まれた、あの南の島の住人たちは全員が持っている能力で、誰も特別な能力などとは思っておらず、したがって島には病気というものを知らない人たちばかりだというのです。

このニュースはたちまち世界中を駆け巡りましたので、世界中から病気を治して欲しいという要望がたくさん舞い込むことになりました。ジャックの家族はいろいろ考えたのですが、サラとヒミの二人では世界中の病人を全部治すこともできないので、生まれ故郷の、あの島の人たちにも協力してもらって、島に保養施設を建設し、医学の力では治らない不治の病に罹っている人を無料で招待する組織を作ることにしました。この島は病気も通貨もない島だからです。

その島はスピリチュアル・アイランドと呼ばれるようになり、世界中から医者から見離された病人たちが、自分の番が来るのを待ちわびています。定期運行便が開設され、毎週、数十人の病人が運び込まれるのです。不思議なことに、船がこの島に近づくにつれ、ベッドの上で動けなかった病人たちは元気になって昔のような健康を取り戻してしまいます。彼等は健康になった体で一週間保養施設で過ごし、島の人たちと触れ合うことになります。現代文明とは、およそかけ離れた自然と人間の共生する環境を味わい、帰る頃には、身体だけではなく、心までもすっかり元気になるのです。意識が変わり、それまでの価値観や人生観もすっかり変わって、まるでそれまでとは別人のようになって、それぞれの国に帰っていきます。

現在、ヒミは美しい気高い女性に成長し、その島の女王と呼ばれて誰からも慕われています。この島は、地上に存在する唯一の天国に近い島なのです。   
 おしまい。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、

コメントにも対応するつもりでいます。ご意見、ご感想などございましたら書き込んでください。
by 892sun | 2016-04-16 10:48 | Trackback

ネットでのやりとりにも礼儀があります。

インターネットの普及は世界を変えるほどの影響力を持つようになりました。世界中の人が瞬時に結ばれ、コミュニケーションが取れるようになったのですから、これだけを考えても現在の世界が大きな転換期を迎えていると考えることが出来るのですが、これが当たり前だと考える世代の人たちには、何も変わってはいないと思うのでしょうか。私がアセンションについて述べるようになった頃は、まだ携帯電話もなく、ポケベルなんてものを使っていたのを懐かしく思い出します。

知らない者同志がネットで知り合い、気軽に情報を交換できたり、交友を始めたりできる反面、礼儀をわきまえない書き込みも目立つようになりました。顔も見えない相手だからでしょうか、喧嘩を売ってきているとしか思えないような文章や、最初からためぐちのような書き方は、近親感というより、礼儀を知らない人間に思えてしまいます。私のブログは人生哲学やら精神世界を扱っていますので、本気で応えようとすれば、自分の心の内側まで曝け出すことになりますので、そんな人間性を疑われるような相手に対しては真面目に答える気にもなれません。

実はブログを再開するに際しては、随分悩みました。自ら引き受けた病気による荒行の結果、私の肉体波動は限界まで下がっていて、これ以上下がれば命にかかわるような状態です。私の人生の目的は自らの体験を通じて、霊的エネルギーの素晴しさを伝えることですから、視力が多少戻ったこともあり、今のありのままを伝えることも必要かと考えて再開したのです。決して余裕があって書いているのではなのです。

他人の書いたものを批判したり、噛み付いたりして満足する前に、まず自分自身を見つめ直してください。自分のことも知らないで感情だけに振り回されていては成長は望めません。精神世界を語る資格もありません。肉の人から理性の人となりましょう。
人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、一日一回バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、

コメントにも対応するつもりでいます。ご意見、ご感想などございましたら書き込んでください。
by 892sun | 2016-04-12 07:47 | Trackback

パナマ文書に期待します。

闇の世界があぶりだされてきましたね。現在、表立って政治に関わっていて名前が出てしまった人たちは大慌てでしょう。タックスヘイブンが合法化されていること自体、いかに世界金融が詐欺システムだという証拠です。パナマ文書が公表されたことを、きっかけとしてこのシステムを作った闇の金融界を支配する連中が表に引き出されることを願っています。

人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。


コメントにも対応するつもりでいます。ご意見、ご感想などございましたら書き込んでください。
by 892sun | 2016-04-10 09:31 | Trackback



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
最新のコメント
書き込みをさせてもらって..
by 芋野幹子 at 08:49
こんばんは。私も2012..
by ワンコロ at 23:11
あるんです 祈りの..
by 京都府より 田中 at 21:43
お久しぶりです。Drea..
by Dream at 02:21
初めまして。以前からブロ..
by リュウライザー at 23:23
ライフログ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧