ひとりごと、ぶつぶつ

メディアは何故偏向するのか

メディアの偏向報道が指摘されるようになって久しい。本来なら情報に拘わるものたちは公平でバランスを取りながら偏らない情報を知らしめるのが役目であるが、日本の場合は明らかに権力に媚びたり、都合の悪いことは伏せたりして、世論さえ誘導する。これがマスゴミと揶揄される所以である。資本主義社会では、どうしても資本家の主張が優先されることは否めないにしても、そこで踏ん張って正義と公正を貫くことがジャーナリズムの存在価値だと思うが、今や日本にはそのような骨のあるメディアは存在しない。

新聞はまだ購読料というものがあるが、民間のテレビ、ラジオはその収入の全てをスポンサーからの広告料に頼っている。そしてそのスポンサーたる大企業の株主は今や外資と呼ばれる資本家たちが半数以上を占めている。株主が発行株数の半分以上を持てば発言力は増して、経営者といえども彼らの意向を無視できないどころか優先的に聞き入れなければ首が飛ぶ。だから日本経済は国際金融資本家たちが握っているといっても過言ではない。こうなれば当然、スポンサーの意向は民放の情報管理にも影響するわけで、私たち視聴者に正しい情報は伝わらないことになる。メディアが偏向する最大の理由である。


さらに最近分かったことでは、内閣機密官房費の一部がメディアの政治部デスクにも届けられていたことである。こうなれば権力に忠実な記事を書く者だけが取り立てられ、批判記事はボツになる。権力に都合のいいように捏造記事が氾濫し、国民のためにはならない。テレビに出演する評論家なるものも買収されていたようだから、国民のために正論を吐くような人物は出演できるわけがない。それでも、公共の情報機関の伝えることが間違いであろうはずがないと固く信じている人たちも多く、こうしていつの間にか間違った世論が形成されていく。

公共放送であるNHKだけはそんなことはないだろうと思っているとしたら、それも大きな間違いである。戦後60年以上にわたって日本人を洗脳し続けてきたNHKの役割は大きい。CIAの傀儡である自民党政権の代弁者として情報を仕切ってきたのだ。アメリカという国の植民地人であることさえ知らない人がいることが、その証左である。未だにアメリカの顔色ばかり伺っていて、日本人のためになることは何一つ決めることが出来ないような政府に対して疑問を抱くことさえないのは悲しいというしかない。

メディアというものは最初から支配者側の宣伝機関であると認識したほうがいい。メディアから正しい情報など得られないと思っておいたほうがいい。正しい情報を入手したければ、メディアに頼るのは止めて、自分で探し求める以外にない。幸いなことに、言論の自由だけは保障されているから、ネットからでも、出版物からでも自らの意志があれば辿り着くことが出来るだろう。誰かから教えてもらうばかりでなく、自分で探して、取捨選択して真贋を見極めることも大切なことだと思う。そうして導き出した判断こそが真理であり、信頼に耐えるものではないだろうか。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11514843.jpg

by 892sun | 2010-06-22 11:47
<< リンカーンとケネディー B・フルフォード講演会 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧