ひとりごと、ぶつぶつ

騙されないで、消費税選挙

いよいよ参議院議員選挙が公示されます。党首討論などを見ていますと、なんだか今度の選挙は消費税10%アップを認めるかどうかみたいなことになってきました。コネズミ・ケケナカが圧倒的な人気を背景に郵政民営化を通した時と同じような展開になってきました。マスゴミも菅内閣の応援団と化して、消費税アップしないと日本が潰れるような論調で世論を誘導しています。もしこれで×主党が現有議席を保持するかそれ以上の議席を獲得するようなことになれば、民意を得たとして消費税アップが計られることになるでしょう。

反対に現有議席を割って、過半数を維持出来なければ、連立を組むことも視野に入れるなどと、とうとう本性表わして本音を言っていますので、自×党との大連立が成立するかもしれません。そうなったら最悪ですが、充分有り得ることです。菅内閣の顔ぶれを見ても分かるように、枝野官房長官から始まって、仙石幹事長、野田財務、前原国土と、コネズミよりも親米ポチで、なんでこの人たちが×主党なのと首をかしげるようなメンバーがずらりと揃っていますから、自×党清和会とくっついてもなんら不思議ではないのです。

政権交代前よりも酷いアメリカ従属政権が出来あがってしまうことになりそうな気配です。×主党と自×党の政治家を支持することは消費税を上げてもいいですよという意志表示に他なりません。政府や財務省やマスゴミの言うことを真に受けてはいけません。消費税を上げなくても日本はやっていけます。日本は潰れることはありません。消費税を上げることはますます景気を悪くし格差を広げることになるのです。

日本の財政が赤字だ、赤字だと言いふらしていますが、それは一般会計についてのことだけなのです。日本の予算にはもう一つ特別会計という予算がありますが、それは一般会計よりも額が大きく赤字ではありません。経済の専門家はこう言っています。

引用開始***「特別会計の中にもぐり込まされた埋蔵金は09年度時点で70兆円。毎年10兆円切り崩せば、数年は消費税を上げる必要はないのです。しかし、財務官僚は、この隠し資産の運用益を自分たちの自由に使いたい。これがOBも含めた財務省一家の力の源泉にもなっている。だから、埋蔵金をこれ以上減らしたくなかった。そういう事情が分かっていれば、なぜ8カ月間、鳩山首相と小沢幹事長はずっと叩かれたのか、財務大臣だった菅さんがなぜ後継についたのか、そこが見えてくるのです」(経済アナリスト・菊池英博氏)

もう一つ書いておきたいのは、日本はアメリカに対して莫大な債権を保有しています。世界最強のアメリカの最大の債権国家なのです。赤字国家アメリカはその借り入れたお金で世界中に軍隊を送って戦争をしています。基地のためにはおもいやり予算なども計上しています。日本人が苦しい思いをして税金を払っても、現在のようなアメリカ従属型の政権では、日本人のために使われるのではなく、戦争中毒国家のための資金になる可能性が高いのです。

その具体的な理由のひとつについては前にも書いたように、日本の輸出企業の株式の半数以上を保有しているのは外資だからです。今やソニーもニッサン、トヨタ、パナソニックなどは日本で創業されましたが、日本の企業ではありません。消費税が上がれば上がるほど、還付された分だけ彼らの収入も増えるのです。そしてさらに消費税が増えたぶんだけ企業は減税されるのです。消費税増税と企業減税はセットになっているのです。こんなことが許されていいのでしょうか。

ついでに書いておけば、本当に財政が苦しいのであれば、公務員給与の引き下げとか、議員定数の削減とか、まず権力サイド自らが身を削る覚悟がなくては本当に国民のためとは言えないはずです。自×党も×主党も国民のことを考えてはいません。考えているのは、いかにして国民を騙してむしり取るかだけです。皆さん、どうか騙されないでください。ただし選挙を棄権してはいけません。棄権は彼らの思う壺、国民の権利や意志は行使してください。アメリカ従属型の政党には絶対に投票してはいけないことを肝に銘じて候補者を選んでください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2010-06-24 12:25
<< 自殺しないで リンカーンとケネディー >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧