ひとりごと、ぶつぶつ

有史以前の地球年代記

人気ブログランキングへ
歴史は近視眼的に見たのでは面白くもなんともないが、視野を広げれば広げるほど興味が湧いてくるものである。それも三次元感覚を乗り越えれば、もっと面白い。次元を超えた視点から見た地球年代記があってもおかしくないのだ。デビッド・アイクのムーン・マトリックスの覚醒編全7巻を読み終えたところで、ルドルフ・シュタイナーやゼカリヤ・シッチンが残した記述を重ね合わせ総合して判断すると、これまで知られてこなかった地球年代記が見えてくる。

45万年前。
太陽を3600年周期で回る惑星ニビルから、地球に探査船が送られてくる。目的は金の採掘で、司令官エンキは地球には大量の金が埋蔵されていることを知る。その頃の地球は現在のような三次元密度の惑星ではなく、四次元密度の状態でいわゆるエデンの園のようだった。地球は厚い水蒸気の幕に覆われて、太陽はぼんやりとして輪郭が見えなかった。四季はなく、熱くもなく寒くもなく、人間と動物はお互いがコミュニケーション出来ていた。人間の身体は半霊半物質で両性具有だった。

ニビル星人アヌンナキは鱗の皮膚を持った爬虫類が進化した形態をしていた。彼らが地球へ来てから地球の波動はすこしずつ下がり始めていた。彼らは最初は自ら金の採掘をしていたが、次第に地球人を奴隷として労働に使うことを思いつき、地球人の人種改良を始めた。それまでの地球人は不老不死で、生きようと思えば何千年も生きることができた。空中も自在に飛べた。重力を制御できていたのだ。脳も今の私たちより、後頭部がずっと発達していて長かった。身長も三メートルを越すような巨人ばかりだった。

20万年前。
遺伝子操作や爬虫類人との交配によりハイブリッド人種を作ることに成功した。これが現在の地球人類の祖先である。男女に分けた性別により繁殖させることできるようになった。寿命は短くなった。脳の成長も止められ、奴隷人間としてアヌンナキに仕えるように遺伝子にプログラムされた。新しい地球人はアヌンナキを神と信じるように教え込まれた。繁殖力は強く次第に地球全体に分布を広げていった。しかし地球の波動はさらに下がって三次元密度まで遅くなってしまった。

数万年前。
もともと四次元密度の闇で暮らす爬虫類人たちは、地球の波動が落ちてくると住みにくくなったので、地球外から地球人を操作しようとして、私たちが月と呼ぶ人工衛星を持ち込んで基地にした。それで引力のバランスが崩れ、地球は地軸が傾いて、大きな天変地異を招く。四季が出来たり、南北の極地は凍りついた。大陸が沈んだり、隆起したりした。地球を覆っていた水蒸気はすべて雨となって降りそそいだ。ノアの大洪水と呼ばれるものである。以降は史実に書かれているように、生き残った人々が地球のあちらこちらで新しい文明を起こし始めたのである。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_11543888.jpg

by 892sun | 2012-04-04 11:48
<< ブログと掲示板 もう一踏ん張りの辛抱だ。 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧