ひとりごと、ぶつぶつ

不完全だから、いいんじゃないか

人気ブログランキングへ
例によって未来分析をしています。これから世界で起きることは、驚くようなことはあっても怖れるようなことは何もありません。これまで闇の世界から指令を出していた連中には厳しく監視が付けられていますから拘束されたも同然で、何もすることができません。司令塔を失った末端の者たちが右往左往していますから、小さないざこざはまだ暫らくあるでしょうが、次第に収まっていきます。イスラエルとイランの関係、シリア、エジプトも次第に静かになります。

日本も同様です。今は政治が混乱の極みですが、ほとんどの国民にはもう分かっているのです。大勢の人々が本質に気付いていますから、醒めた目で彼らを見つめています。これまでは支配層のいいなりになっていればよかったのに司令塔を失ってしまって、どうしたらいいのか彼らにも分からないのです。今年中には空中分解して消えて運命です。

さて、私たちは誰もが欠点を持っています。欠点だらけだから、少しでも欠点を減らして成長しようとして生まれてきたともいえます。そして完全を目指しての旅をしているのです。完全を目指していても何一つ欠点のない完全になることはありません。だからこの旅は永遠に続くのです。欠点を持っていることを悲しむことはありません。欠点のない人はいませんが、もしそんな人がいても誰も近づかないでしょう。それより欠点の多い人のほうが、より人間的で愛せそうだと思いませんか。輝いていると感じませんか。不完全について書かれたメッセージがあります。シェアします。

不完全を愛する

人間がダイヤモンドを製作するようになったのは最近のことでした。今も実験室で作れます。そのダイヤモンドは工業用で使われるのがほとんどです。でも、この人工ダイヤを宝飾として使うことを恐れる人がいました。余りに不安だったので、今では自然のダイヤモンドに傷をつけて、それでこれは偽物ではないと言えるようにしています。面白いのは、この人の手によるダイヤモンドが市場に出回らないということです。余りに完全過ぎるのです。

人工ダイヤに傷はありません。光がガラスのように透過します。自然のダイヤモンドのようなきらめきがありません。不完全なところがないからです。同じことが皆さんにも言えます。不完全なところが皆さんの美しいところなのです。でも、その前にそれを何か間違いだ、悪いところだと考えてしまいます。そういうところも自分の美しさなのです。認めてください。それは、ギフトなのです。不完全さを表現するようにしてください。地球で獲得した自分の本当の光のバッチとしてしっかり手にしてください。

皆さんが選ぶことです。例えば、他の人より少しばかり鼻が長いので問題だと思いますね。鏡を見て、「こんなに鼻が長くなければ言うことないのに」と思います。自分の肉体を嫌います。で、鏡を見るといつもどうしたらいいだろうと考えます。美容外科に行って変えてもらうのもいいでしょうし、誇りに思い、胸を張って歩くのもいいでしょう。自分自身と鼻に忠実であってください。

で、すぐに他の人があなたのような鼻になりたいと言い出しても驚かないでくださいね。こういうことが有名な俳優の間で何度も起きてきました。有名になると、他の俳優たちは有名になった俳優と同じような体にしようとします。有名になった俳優は自分の体のどこかがおかしいと思いますが、それが自分らしいと考えるのです。

そういう人は、体を通して無条件の愛を伝え、突然全員がそれに共鳴したのです。皆同じです。同じだと理解したのです。私たちが本当に美しいのは、皆さんの不完全さがあるからなのです。だから、自分の愛から「条件付き」を取り外せば、その時に無条件の愛が分かります。認めてください。誇りを持って歩いてください。皆さんは故郷の光で輝いているのです。

私たちが皆さんに上げた光ではありません。ハートを自分で開いて自分の中に持ってきたのです。誇りを持ってください。他の人の目を見る時は大事なことをしているのです。相手に故郷の素晴らしい光を印象づけているのです。意識的にそうしてください。その一歩一歩を楽しんでください。1回につきひとつ、新しい地球を創っています。1回につき、ひとつの真心で新しい地球を創っています。

皆さんは全く新しい環境に入ろうとしています。肉体と地球はもっと順応し、自立した人間を養っていきます。皆さんがやっているのです。本当に皆さんが誇りです。ベールのない所に手を伸ばしました。知らない自分になって来ました。そして、ベールを取り外して本当の自分を見ようとしています。それをしっかり手に持ってください。誇りを持ってください。皆さんは故郷の光から生まれているのです。そのことを知ってください。

謹んでお願い申しあげます。お互い、事ある毎に尊敬の念を持って接してください。お互いに育み合い、何かにつけドアを開けておいてください。新しい世界を建設しながら、よく演じあってください。ハートの贈りもの、光の灯台6月のメッセージより


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。予約されていた方々には全員届いているはずですが、まだ届かないようであれば、shuppan@meisou.comまでご連絡ください。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-06-25 09:05
<< オリンピックなんてもういらない。 もう既に世の中の大変革は始まっている >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧