ひとりごと、ぶつぶつ

霞ヶ関を解体したい

人気ブログランキングへ
ギリシャが債務超過でデフォルト寸前なのは、公務員天国が大きな原因の一つであることは既にご存知の通り。日本も今のように役人の思いのままにさせておけば同じ轍を踏むことになる。「白蟻役人が日本を喰い潰す」と日記に書いたのは2005年1月28日だった。それから7年、政治家たちは口だけは政治主導を唱えるが相も変わらずシロアリがこの国を蝕んできた。その結果が赤字国債を乱発しないと予算が組めなくなった。7年前とちっとも変わっていないどころか酷くなるばかりだ。

財務省のシロアリが考え出したのが社会保障との一体改革と称する消費税の増税である。羊人間の多い日本では多数決で物事が決まるので、騙しやすい羊人間を養成する電通などという組織も存在する。電通の命令でメディア総動員して予算が組めないようでは国家の一大事とばかり宣伝するから、メディアが嘘をつくはずがないと信じている、自分の頭で考えない人たちは増税も仕方ないのかと思い込む。その一方で、役人どもは馬鹿は騙しやすくていいねえとはしゃぎながらその馬鹿呼ばわりされた国民から巻き上げた税金で優雅に暮らしているのが現実。

私の言っていることが信じられない人は以下、読んでみてください。シロアリ役人が本音を話している。暗黒夜考さんのサイトに週刊現代の記事がアップされていたので借りてきました。議員の前ではへーこらしているのに、ここでは呼び捨てだ。匿名を条件にこの座談会の公開にOKを出したのでしょうが、それだけ国民が舐められているということだ。霞ヶ関は今やシロアリどころか日本のダニの巣窟となっている。直ちに解体しなくてはならい。

「本当の総理」勝栄二郎の高笑いが聞こえる キャリア官僚匿名座談会 2012年07月09日(月) 週刊現代「経済の死角」


消費税政局で政治家が右往左往するなか、霞が関の官僚たちは何を考えていたのか。40代キャリア官僚3人のホンネをきこう。

財務 勝次官の完勝、いや圧勝ですね。気分がいい。

経産 あれだけ入念に根回ししたんだから、そりゃ勝つでしょ。

国交 国民からの評判はともかく、霞が関では野田さんは男を上げたな。

財務 そうそう、よくぞブレずにやり切った。

経産 ルーピー(鳩山元首相)とか左翼(菅前首相)に比べたら、たしかに1000倍使える政治家。

財務 松下政経塾出身の政治家って、基本的に青臭くて組織を知らない、言うだけ番長ばっかりじゃん。でも野田さんは違う。勝さんの命令をよくきいて(笑)、政局を乗り切った。

国交 財務省の単なるポチだと思ってたら、これがなかなか、頼りになるシェパードだったって感じか。

経産 いや、あの顔はブルドッグだな(笑)。

財務 でもまだ不信任決議案というシナリオが残ってるから調子には乗れない。

経産 それでも最終的に法案は通るだろ。

財務 いや、俺たちは経産官僚と違って、すぐにハシャいだりしないから。

国交 たしかに経産はすぐハシャぐからな。

財務 先週も週刊現代が勝次官の記事を書いたから、発売日にコピーが省内に配られてた。大事な時期だから勝さんの記事には全員目を通しておけって。

経産 軍隊みたいで気持ち悪いね。久々に登場したスター事務次官のもと、一致団結する財務

国交 野田さんも評価を上げたけど、やっぱり勝さんは他の省庁から見てても迫力あるよ。とにかく目配りが幅広い。スーパー官僚でしょう。

経産 幅広いと言っても、目的はただ一つ、消費税を上げることだよ。そのために省を挙げて政治家にモミ手をして、籠絡する。それがスーパーか?

国交 たしかに原発再稼働とか他にも国家的緊急課題があるのに、財務官僚は消費税のことしか考えてないのが恐ろしい。どこまでもドメスティック。

財務 原発はまだウチのテリトリーじゃないでしょ。個人的な意見はあっても、省内で原発の議論が出ることはないね。

経産 まあ、10年に一度の大仕事のクライマックスだから、夢中になるのもしょうがないか。

国交 財務省は10年に一度消費税を上げるためだけに、毎年の予算編成で恩を売ったり、ふだんヘーコラしてる感じだからな。

経産 そう、それがコイツらのDNA。

財務 否定はしない(笑)。肉を斬らせて骨を断つ。

経産 今回も田中美絵子ら小沢グループの中間層に、白票(賛成票)を投じた連中がいる。あのあたりが財務省の「見えない汗」の結晶だな。
b0034892_10234447.jpg
○もう小沢はいらない

国交 田中といえばウチの副局長(中部地方整備局)との不倫キス騒動は大変だった。写真が掲載された週刊新潮の発売前日に、副局長が大臣官房付に左遷されて。局長確実のエースだったのに。

財務 あの処分は早すぎだろ(笑)。不倫とはいえプライベートなのに・・・・・・。


野豚を操る男 勝栄二郎

国交 宿利正史事務次官と副局長はともに旧運輸省出身。旧建設省一派の突き上げを食らう前に処分した。省内政治の産物だよ。

経産 国会対策の意味もあったんでしょ。

国交 そうそう、ウチは自民党の二階(俊博・衆院議員)さんと組んで、地方に大規模公共事業を持っていく「国土強靱化基本法」の法案提出をしたばかりだから。攻撃材料を与えたくない。

財務 「強靱化」って、ダサイ名前だな。古き悪しき自民党のセンス。10年で200兆円集中投資って言ってるけど、財源は特別国債だからあまり興味ない。

経産 お前ら、自分が差配できる話にしか関心がないからな。それにしても公共事業にじゃぶじゃぶカネを使おうって法案なのに、まったく叩かれないのは消費税のおかげだね。

国交 いや、ホント助かってます(笑)。整備新幹線の着工も認可できたし。国会とマスコミが消費税一色のスキに、いろんな懸案事項を片付けられた。

経産 いろんな「悪事」の間違いだろ。

国交 経産だって原子力規制委設置法に「(原子力利用は)安全保障に資する」って言葉をこっそり入れてたじゃない。

経産 あれは東京新聞に叩かれたけどな。

財務 核の軍事利用の可能性を明記したってこと?

経産 いや、あくまで「核物質防護」を意味する文言なんだ、タテマエは。でも将来、政治家が核武装するために利用する可能性はあるね。俺たちはそこまで責任は持てない。

財務 まあ原発事故以来、経産は完全に冬の時代だからな。あの文言も自民党のタカ派議員に無理やり入れられたんだろ。

国交 9月にスタートする原子力規制庁には経産から相当行くんでしょ。ノーリターン(出戻り禁止)なんて言われてるけど大丈夫?

経産 「今後5年に限って復帰を認める」って抜け穴はできたけど、戻れない可能性もある。一体誰が片道切符なのか戦々恐々だよ。

財務 大蔵スキャンダルで「財金(財政と金融)分離」ってやられて金融庁ができた時も、最初はノーリターンって言われたよ。そのうちグズグズにしたけど。

経産 もともとハシャぐのが好きな俺たちとしては、ホントにやりにくいよ、いまは。言いたいことも全然言えない。

国交 何か言いたいことあるの?

経産 たとえば、本当は原発再稼働だって法律上は問題ないんだよ。現状の再稼働プロセスはすべて行政指導であって、炉規法(原子炉等規制法)、電事法(電気事業法)という二つの法律に照らせば、再稼働には何の瑕疵もない。

これがアメリカだったら逆に「原発動かせ」って株主に訴えられるよ。利益が流出して株価が下がるじゃないかって。でも我らが日本ではそうはならない。

財務 なんでそんなに原発動かしたいんだ。それこそ経産のDNAだろ。

経産 夏の大阪の次は、冬の北海道がヤバイんだぜ。北海道と本州の(送電の)連携線に限界がある。泊が停まったままだと、冬の北海道で節電しなきゃいけなくなる。凍えるよ。

国交 まあ、あの橋下徹でさえ、「停電怖い」で転んだからな。どうせ動かすことになるんだ   ろう。

財務 話は変わるけど、小沢一郎という政治家は今度こそ終わったのかな。

経産 それこそ和子夫人の手紙は財務省の謀略だって説があるぞ。

財務 それはない(笑)。さすがの勝さんもそこまで手の込んだことはしないし、する必要もない。

国交 師匠の田中角栄に続き、ウチは相当仲良くやってきたけど、ハッキリ言ってもういいかな。自民党の二階さんと古賀(誠)さんがいれば。

経産 やっぱり「日本のこと考えてない」って完全にバレたのが致命的なんじゃないの。政局にしか興味がないって、もう国民もわかってるでしょ。

財務 ベストセラー『日本改造計画』の余禄で食ってきたけど、しょせんは信念のない政治家だった。

経産 こないだの採決でも造反が54人を超えて「ヨシ!」って言ったらしいけど、何がヨシだよ。ちゃんちゃらおかしい。

国交 たしかに最近はみっともないね。


○年金行政は財務省がやる

財務 政治家は次の選挙のことしか考えないから。信念のある政治家なんてほとんどいない よ。その意味でも野田さんはエラい(笑)。

経産 財務省が洗脳して刷り込んだ信念だけどな。最後までそれを貫いたのは評価できる。そういえば菅直人にも一点だけ評価すべきとこがあった。

国交 どこ?

経産 原発事故後、東電の本店に乗り込んで事故対策統合本部をつくっちゃったこと。あれがなければ東電がもっと事実を隠蔽してヤバいことになってた。

国交 東電には「迷惑だった」って言われてたけど。

経産 いや、あれが薬害エイズの時にも見せた瞬発力というか突破力なんだな。たいして深い考えもなく、突っ込めー! みたいな。野党政治家のキャラクターとしてはアリだと思う。でも総理大臣は無理だ。

財務 最近の総理で最低なのは、やっぱり断トツで鳩山さんだな。信念はないのに目立ちたがり屋。そしてブレまくる。「青票(反対票)は投じるが離党はしない」って、いったいどんな意味不明の決意表明だよ。

国交 この機会に言っておきたいんだけど、国民にも問題はあるよ。

経産 それを言うか。

国交 こないだの高速バスの事故も、亡くなった人には本当に気の毒だけど、やはり安い移動手段にはリスクがある。国交省の規制緩和=悪みたいにバッシングされたけど、規制緩和の背景には安さを享受したい国民の希望があったことを忘れちゃいけない。

財務 だったら「夜間運転の上限を400kmに引き下げる」なんて慌てて言わなきゃいいじゃ ん。

国交 そこに政治の弱さが出る。問責されていた前の(前田)大臣が「すぐに引き締めろ」ってオタオタした。叩かれることに脅えすぎなんだよ。

経産 たしかに、国民の依存心が強すぎるという問題はある。生ポ(生活保護)もそうだけど。

財務 だからさ、前から思ってるんだけど、年金行政も厚生労働省に任せておくからダメなんだよ。

国交 あそこは「国民に優しい」省庁だからな。官僚にも優しい人が多い。たまに悪い奴もいるけど。

財務 年金って、もはや福祉じゃなくて財政そのものでしょ。このままじゃ破綻するんだか ら。もう厚労省に置いとく次元じゃない。ウチがやったほうがいい。

経産 ついに地金を出したな。消費税で圧勝した次は年金行政の横取りかよ。

財務 省益拡大と言われようが、破綻する前に引き取ったほうがいい。

国交 厚労族議員が立ちはだかるけど、一致団結して突破するって?財務省、やっぱり調子乗ってるよ。(転載終了)

いくら騙されても気が付かない消費税増税信者

b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。

 
by 892sun | 2012-07-12 10:23
<< この国のグランドデザインを描いてみる 尖閣諸島なんかどうだっていいんだよ。 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧