ひとりごと、ぶつぶつ

大津市のいじめ自殺にひとこと

人気ブログランキングへ
官邸前に集まった原発再稼動に反対するデモは日を追うごとに数が増しているようで、野豚首相も心理的には相当追い込まれているはずです。ツイッターの書き込みを丹念に調べても、私が期待していた地球外知的生命体からの応援は昨日は叶わなかったようですが、昨日で終わりではありませんから、いつかきっと駆けつけてくれると信じて思念を送り続けます。

今日は大津市で起きていた、いじめによる中学生の自殺事件について感じていることを述べてみたいと思います。率直にいって、今のような狂った社会システムでは起きるべくして起きた事件で、それがニュースになって一般的に知られることになったのは、被害者の親が訴訟にまで持ち込んだからでしょう。泣き寝入りのままで、知られることもなく過ぎ去ったこととして忘れ去られた自殺は数多いように思います。

訴訟されたので、警察など回りが仕方なく動いたから表ざたになったのでしょう。こうなったら徹底的に追求して、加害者に対しても罪の意識を認識させ少年院などへ入れて反省させ、心からの償いをさせるべきです。これまでに分かったことは加害者の母親がその学校のPTAの会長で、父親も社会的に地位のある人物であることです。これだけ分かっただけで、この事件の本質が見えました。現在の日本の社会システムの歪みが凝縮されています。闇に乗っ取られた宗主国の植民地の住民としての強食弱肉社会、社会的勝者の論理に対して沈黙を守ったほうが有利であることです。

自分の身に火の粉が降りかかってくるまでは関心を持たない。自分は関係がないと知らぬ振りをする。強者の側についてほうが得だとして弱者を庇うような言動は不利だと心得ている。学校もそうだし、先生も自分の保身を優先させている。そのような先生から教えられ、親に育てられた子は、いつのまにかそれが正しいことだと思い込む。ここには昔から日本人が大切にしてきた道徳的概念は微塵もありません。

学校の先生というのは勉強を教えてくれるだけでなく、一人の成人した大人はかくあるべきだという見本であり、生徒から尊敬されるような人物でなくてはなりませんが、果たして今の日本にそのような先生はいるのでしょうか。カリキュラムを優先させ、成績ばかりに目がいっているようなことでは、本当の先生ではないのです。生徒が一人の正しい人間として成長することを教えてくれるのが本当の先生です。肩書きだけの偽物の先生ばかりというのが、今の日本の教育現場です。

戦後の日本人はずっとアメリカから導入されたことは全て正しいと信じ込まされてきましたが、アメリカという国は闇の勢力に乗っ取られ、国民は羊人間化され奴隷化されてきたことを知るべきです。国民の人間性豊かにすることとは正反対の政策を取り、それを日本人にも押し付けてきたこと知るべきです。今、このことに気付いた人々が声を挙げるようになりました。その動きは世界中に広まっています。この事件を無駄にしないためにも、日本人は日本人の特性を思い出しましょう。弱い者にはすぐに手を差し伸べる優しい日本人に戻りましょう。

私たちは良い成績をあげて、有名な大学に入り、大企業や官庁に就職して経済的に豊かにになり、社会的勝者を目指して生まれてきたのではありませんが、ほとんどの人はそのようなコースを目指して頑張っています。この洗脳から解き放たれた時、自分が本当に歩くべき人生が見えてきます。私の娘は子供の頃からバセドーの症状が影響していましたので、先生の話にも集中できず、成績は酷いものでしたが、子供の頃に読ませた本があります。それには人間として生きるための基本的なことが書かれていて、そのおかげかどうか、誰に対してもとても優しい娘に成長してくれました。紹介しておきましょう。

「母と子の心霊教室、不思議な心の世界」チャールズ・パーマー著、近藤千雄訳、潮文社

追記
悪徳銀行家を逮捕しようという請願が始まっています。目標は百万人です。あなたもサインしませんか。こちらからどうぞ。
by 892sun | 2012-07-14 11:11
<< 大津市のいじめ自殺、もうひとこと この国のグランドデザインを描いてみる >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧