ひとりごと、ぶつぶつ

アセンションする人、しない人。

人気ブログランキングへ
アセンションという言葉さえまだ一般的ではありませんので、誤解されていることも多くありますので、改めて解説してみたいと思います。関心のない方はスルーしてください。まず基本的なことで認識してほしいのは、私たちの身体は三次元世界では肉体だけしか認識できませんが、実際は肉体、幽体、霊体、そして自分そのものである意識生命体が重なり合っていることです。宇宙の構造も同じように、多次元の世界が幾重にも重なり合ってパラレル構造になっていることを念頭に置いて以下を読んでください。

アセンション(次元上昇)すると地球上のものが全て変わってしまうために、天変地異が起きてエデンの園のように変化するが、その変化する間、アセンションする人たちは宇宙船によって空中携挙され、アセンションしない人は全員が淘汰されるというようなお話が主流を占めています。私も一時期、そのように考えていたことがありますが、間違いです。これではアセンションしない人にとっては恐怖そのものですから、否定する人も多いのだと思います。

最初にアセンションという言葉が使われたのはキリストの昇天であり、キリストが肉体の束縛から解放されて(死んで)次元上昇したことが由来です。アセンションとは死ぬことですが、このブログを読んでくださっている方はご存知のように命は永遠のものであり、死というものは存在しません。生命が次元移行するだけです。それではアセンションするというのは死んでしまうことなのかといえば、これも違います。

今、地球で始まっているアセンションにはサンプルがあるのです。それは現在地球のアセンションを手助けするために集まってくれているたくさんの地球外意識生命体たちです。彼らは三次元の存在ではありません。みんなアセンションを体験した地球外人類です。肉体もありますが、普段は幽体や霊体を使っています。三次元の状態でアセンションしようとすれば肉体を脱ぐしかありませんが、地球全体の次元が上昇することで、肉体を脱がなくても肉体を使う比率を下げ、幽体、霊体の比率を上げて波動を同調すればアセンションした地球でエデンの園のような状態を味わうことが出来るのです。彼らは彼らの惑星でそうしているのですし、私たちもそう願えばそうなります。

マシュー君が、「私にはアセンションした地球とあなた方の様子が見えています」と語っているのは、これから地球が変化していくのではなくて、現在の地球と重なり合っているのが見えているのです。アセンションした地球は既にここに在るのです。在るけれど三次元の波動ではそれを感じることも見ることも出来ないのです。今のままの三次元の地球もなくなるわけではなく、これからもずっと存在するでしょう。アセンションする人としない人の違いは、同じ地球に住みながら、次元移行する人としない人の違いだけです。人間には自由意志が与えられていますから、どちらを選択するのかは個人の自由です。

但し、こんな変化には驚くことになるかもしれません。アセンションしなかった人たちからはアセンションした人々の姿は見えなくなるということです。低いものは高いものを見ることはできません。高いものからは低いものを見ることは出来ますので、アセンションした人たちにはしなかった人たちを見ることは出来ます。人口が急に変化したように思われることは充分予想できますが、死んでいなくなったのではなく、共存しているのが分からないだけです。どちらも現実を生きているのです。現在の社会システムが崩壊に向かっているのは、そのためです。これまでの社会システムは通用しなくなり、新しいシステムが生まれます。おそらくもうそれも在るのでしょう。チャネリング・メッセージで繰り返し、繰り返し何も心配することはないと言っているのは、そういうことだからでしょう。

私たちは大切な分岐点を生きているのです。どちらを選んでもいいのです。今まで通りの生活が気に入っていれば今のまま続けることも出来ます。どちらの世界のリアリティーがあります。アセンションすることを選んだ人は、自分の身体さえ、肉体よりも霊体をリアルに感じるようになるでしょうし、美しい自然を堪能するでしょう。これまでの地球とは打って変わって多次元の生命体とも交流が始まり、全く新しい世界が展開することでしょう。肉体の能力には限りがありますが、霊体にはほとんど限りがないほどですから、これまでやりたかったこと、出来なかったことなどにはどんどん挑戦できます。経済的な壁は存在しませんからやる気さえあれば、どんなことを出来ます。自分の可能性が現実に無限であることを感じるようになるでしょう。

愛する者同志が別の選択をすることもあるでしょうが、選択の時期は迫っています。あなたはどちらを選びますか?


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。予約購入された方にはすべて配本は終わっていますが、代金が未入金になっている方がいらっしゃいます。お忘れになっているのでしたら、早急にご送金くださいますようお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-21 10:46
<< 遺産相続 ロンドン・オリンピックの楽しみ方 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧