ひとりごと、ぶつぶつ

疑い深い人たち

人気ブログランキングへ
昨日の病院での腎臓の超音波の検査結果では、右の腎臓が87ミリとやや小さくなっていましたが、腎内動脈枝には異常はないということでした。尿には蛋白が出ていました。血液検査は100項目にも及ぶ精密なもので、以前から高かったクレアチニンの値がやはり高くなっていました。食事療法で様子を見て、また一ヵ月後に検査してみることに決まりました。蛋白質を一日20以下に制限されました。栄養相談室というのがあって、1時間ほど食事についてのアドバイスをしてくれました。食事は三度摂るように指導されましたが、なかなかいい病院です。

さて、8月4日に未知との遭遇があると確信を持って書きましたが、コメント欄にもあるように信用できないと思っている人も多いことでしょう。それはそれで仕方のないことですが、私は真実を伝えることで、人々の目覚めを促しています。私は真実だと確信しているから書いているので、私自身が不安なことや、疑っていることは書きません。自分の審神者(さにわ)としての能力を信じ、真偽を判断した後、真正なものだけを載せてきました。他のサイトが仕分けもせず載せているチャネリング・メッセージを批判もしています。

私が真贋を判断するのは、主に直観ですが、それにはこれまで多くの真正なメッセージを読んできたものの蓄積と、それらに共通するものを見つけることが出来るからです。それ以外では主に、覚醒者の書いているものを判断基準にしています。覚醒者とはすでにアセンドした魂の持ち主ですから、内在する神との対話ができる人たちで、人間が考え出した知識を元に書かれた書物とはまったく違いますから、内容を精査すれば覚醒してるかどうかも判断できます。後は格調と品位です。いかにも高尚な内容を述べながら品位のない文章も見受けられます。

霊能があるから覚醒しているとは限りません。霊能者自身はどのレベルと繋がっているか分かりませんから、本来は第三者が審神者するといいのですが、霊能を特別な能力と勘違いして、見えないものが見えることが自慢の霊能者もいますから、プライドが高くて嫌がります。身の上相談や家庭内の因縁などを当てるのは上手ですから人気も出るでしょうが、俗世的なことがよく分かるということはレベルの高い霊ではないということです。高級霊ほど俗世に関心がないのが普通です。

霊的なもの(異次元)に対しては頭から拒絶反応を示す人が多いのも事実です。何でも鵜呑みにするのも困ったことですが、霊という言葉を聞いただけで逃げるのは霊的な事実についての無知からくる恐怖かもしれません。心霊学はこの世とあの世にまたがる哲学でもありますから、自分という存在に対して疑問があれば学んでみるべきです。本当の自分とは三次元の存在ではないことを自覚してほしい。真実を何も知らないから、自分の常識的思考の許容範囲を越すことに対しては、恐怖が先にたち心が受け付けないのです。

疑い深い人たちというのは、先日も書いたように人生の羅針盤がないために、基準がありませんから、それまでに体験したことと僅かな知識だけが頼りですから何でも疑ってかかります。自分自身をも信じてはいないような気がします。信ずる基準があれば、それを元に真偽を判断すれば何事にも自信を持って望むことができます。マリックの手品を目の前で見せられて不思議がるのに、UFOが現れてもイルミナティーの作り出したイリュージョンだと思って自分を納得させることになるでしょう。もっと素直になって意識改革に取り組んでほしいものです。


b0034892_11121461.jpg
「ひとりごと ぶつぶつ」 矢国タテル著、明窓出版、¥1300+税、このブログの過去ログが本になりました。購入を希望される方は最寄の書店に注文されるか、こちらからご注文ください。アマゾンからも注文できます。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2012-07-31 11:00
<< 覚悟は決めて書いているのです。 検査の結果を聞きにいってきます。 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧