ひとりごと、ぶつぶつ

国ぐるみで「いじめ」をしておいて

書くという作業は中毒になるらしい。少しばかり休んでみるつもりだったのに、禁断症状が出て頭の中に、世間に対してモノ申したいことがふつふつと湧き上がってくる。自分の意志に反してパソコンを開いている。困ったもんです。というわけで、言い訳をしながらまた書き出してしまう私です。

全国的に子供たちのいじめが問題になっています。局所的に見れば問題を起こした親の教育、躾が至らないからですが、私の見方はちょっと違います。子供たちは大人たちをみて育ちます。子供たちの世界は大人たちの世界の写し鏡のようなものですから、子供たちのいじめが流行るのは大人たちの世界がいじめ社会になっているから、それを真似していると考えられます。彼らにはまだ善悪の判断力が備わっていません。大人のやっていることをゲーム感覚で真似しているように思えるのです。

自由主義が叫ばれ、競争社会であることを大人たちは容認しています。強いものが正義であるとする風潮は改まりません。格差はどんどん開いていきます。スポーツの世界なら身体能力の高い者が勝者とされますが、現在のようなお金の世界ではお金をたくさん持っているものが勝者であり、支配者となります。そのためには競争を勝ち抜き、生き残るためには他者に対して思いやりなど考えていては負けてしまいます。競い合う相手の足を引っ張ってでも自分が上位に立たなくては正義は貫けません。そこには弱者に対する配慮は微塵もありません。

これが現実社会です。こんな社会のなかで生きながら子供たちだけに思いやりを説くことが出来るでしょうか。相手の身になって考えるような、心優しい子供だったら、それでは将来勝ち残ることが出来ないと、もっと勉強に力を入れなさいと説くのがほとんどの親でしょう。勉強など出来なくていいから、自分が本当は何になりたいか考えさせ、それに向かって努力しなさい。友達付き合いを何よりも大切にしなさいと教える親は少ないと思います。

この国自体が、そうして勝ち残った人たちによって動かされているのですから、国ぐるみで弱者に対していじめをしていることが勝者には分からないのです。税制の問題一つをとっても、それは明らかなことです。昔は高額所得を得る人たちに対しての累進課税は高いものでしたが、どんどん引き下げられています。企業に対する課税も財界のいいなりです。勝者が勝者に配慮して更に豊かになれるような政策をしますが、消費税のような末端の弱者にも影響を及ぼすようなことに対しては平気です。弱者にしてみれば地獄のような時代ですが、勝者はこの世の春を謳っています。悪いことをしているとは思っていません、正義を貫き勝ち抜いてきた結果ですから。

このような社会を終わらせるには価値観の転換が必要です。人間が人間であるためには、何が一番大切なことか思い出す必要があります。おそらく魂のレベルでは誰もが知っていることですが、目の前の欲に目が眩んで正しいものが正しく見えないのです。ただの紙切れに価値がある幻想を視ているのです。動物たちも仲間争いはしますが、物欲のために殺し合いまでするのは人間だけです。目覚めない人間というのは動物より愚かな生き物です。


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2012-08-22 11:39
<< 明日を担う、子供たち、若者たちよ。 俄か愛国者たちよ >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧