ひとりごと、ぶつぶつ

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法

休筆宣言をしている間に何冊かの本を読みました。これはそのうちの一冊です。読者の方が教えて下さったもので、なかなか面白い内容でしたので、紹介します。この世はお金で動いているように見えますので、お金を自在にコントロール出来れば大きな悩みの一つが解消できることになります。

お金を増やしたり、儲けを大きくする方法についてはたくさんの本が出版されていますので、そちらの専門書でも読んで努力すれば、運が良ければお金持ちになれるかもしれません。人生は山あり谷ありですから、いくら大金持ちになっても安心はできません。いつなにが起きてスカンピンになるとも限りませんからお金の悩みは大金持ちほど強いのです。なくては悩み、あっても悩むのがお金の問題です。この本はその悩みから解放されたいと思う人にはお勧めです。

お金の問題を取り扱っていますが、読んでいくうちに、これは覚醒(夢から醒める)へ至る一つの方法が書かれていることが分かりました。私のブログは本当のことを知ることで目覚めを促すことが分かっていますので、世の中の真実を伝えようとしているのですが、この本もお金に対する欲望を制御することは、本当はお金とは何かを知ることで、それまでの錯覚から解放されると書かれています。

心霊学では、宇宙は意識エネルギーが作り出したものであると説きます。この世も意識の世界なのです。実在していると感じているもの全ては意識がカタチを取っているだけで、幻想、イリュージョンです。夢を見ているのと同じです。しかし夢の中では、これは夢であると認識していませんから、体験することが勉強になるのです。命の次に大切なお金もまた幻想にすぎませんが、夢の中ではお金がなによりも大切なものと思えて、執着します。

ここから脱出するには意識を切り替えるしか方法はありません。この本では顕在意識と、本来の自分である意識生命体を分離して考えるように書かれています。自分を本当の自分から客観視します。いわゆる内観です。これが出来ますと物質は全て意識が生み出した幻想であることが分かりますから、お金だろうと身体だろうと、目の前にあるものは幻と分かり執着することがなくなります。

言うは易し、行うは難し。凡人にはなかなか出来ないでしょう。出来るようになるためのヒントもいくつか書かれています。生まれた時から物質を本物と思い込んできたのですから当たり前ですが挑戦する価値があります。人類が人類として進化目指しているのはこの方向ですから、いつかこの真実に気が付かなければいけないのです。意識が作り出していることが分かれば、目の前の現実を意識を変えることで自由にコントロールできるようになります。お金も意識次第でどのようにもなるのです。この時、お金を始めとする全ての物質的悩みから解放されます。

この本の中で一つ真実と異なることが書かれています。意識を変えれば世界が変わるというのはカッコいい言葉ですが事実に反します。自分のまわりは自分の意識が作り出していますから、自分が変われば自分の住む世界は変わりますが、世界全体にまでは影響力が及びません。世界とは、全体の集合意識が統合されたものです。自分の意識は意識エネルギーの大海の一滴であるということです。一人の人間の意識で世界が変えられるのなら、私は率先して覚醒し世界を平和にしています。私の願いは集団覚醒、すなわちアセンションなのです。

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法 ロバート・シャインフェルド著 VOICE

追記
コメント欄を読むと最後に書いた、”意識が変わると世界が変わる”について誤解があるようですので、補足します。意識が変わる→覚醒する、という意味では五次元に移行しますので、住む世界そのものが変わってしまうのですが、意識の変化は出来ているのに覚醒までいかない私のような状態では、一人の人間が世界を変えることは出来ないという意味です。世界全体は変えられなくても、まわりがみんなどんどん変化していくことは事実です。試す価値はあります。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2012-08-30 11:09
<< 戦後史の正体 昨日の続き >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧