ひとりごと、ぶつぶつ

慰安婦問題は一編の創作から始まった。

対人関係は難しいものですが人間は完全ではありませんから、間違いもあります。本人が間違いを犯したことを認めて謝罪したら許して、以後はそれにはお互い触れずに付き合うのが大人としての態度です。これが出来ないようでは精神的に未熟な人間として誰からも軽蔑されることでしょう。こんな簡単で分かり易いことが分からない未熟な国がお隣の韓国です。一人の人間ならまだ分かりますが、国を挙げての行動ですから、未熟振りを世界に知らせているようなものですが、どうやらそれにさえ気付いていないようです。世界一霊性の低い国と言っても間違いではないでしょう。

在日だのなんだの煽る記事も目立ちます。私としては民族や国籍が違っても同じ誰もが愛おしい神の子だと信じていますから、別け隔てなく仲良く暮らしたいと願っているのですが、あまりにも聞き分けがない子供のようです。韓国の人たちの目覚めをいっそう願うものです。

事実関係を詳しく書いた記事がありますので、是非読んで本当のことを知ってください。

河野談話の生みの親は朝日新聞である。

慰安婦問題というのは、一国の総理大臣が韓国を訪れて謝罪までしたのですから、何も知らない、特に若い人たちは戦争中に起きた不幸な事件として実際あったことだろうと思っていても不思議ではありませんが、日本人の誇りを守るためにも真実を知っておいてください。火のないところに煙は立たぬと言いますが、あれは事実無根、一人の男がお金儲けのために自分の書いた創作を朝日新聞に持ち込んだのが事の発端です。それをまた売らんかなの商売根性丸出しの朝日がスクープ記事として裏付けも取らないまま載せて日本中が大騒ぎになりました。

これで喜んだ人たちがいます。戦争中には若い兵を相手にする売春宿があったのは事実です。戦火の中苦しい生活が続きますから、手っ取り早く自分の意志で自分の身体を売った女性たちもいました。戦争が終わっても、自分の過去に後ろめたい思いを抱いていた女性たちはこのニュースを聞いて大喜びしたのです。自分の意志で売春したんじゃない、日本軍に強制的に拉致されて、売春を強要されたとなれば、一転悲劇の主人公になれるからです。そこで実は私もと言って、次々名乗る女性たちが現れ、泣き崩れるものですから、事実を知らない一般人は騙されたばかりでなく、事を荒立てたくないと思ったのか日本政府までが、事実を調べるより先に謝罪してしまったものですから、本当は何もなかったフィクションが一人歩きを始めました。恐ろしいことですがこれが事実です。日本軍は韓国女性を拉致して売春させていた事実はまったくありません。

ところが、これをネタにして今でも韓国は事あるごとに、日本に謝罪を求めます。はっきり言えばお金をせびるのですから恐喝です。こんな原因を作ったのも一人の日本人であり、日本人が最も信頼してきた朝日新聞です。国益という観点から見れば国賊ともいえる新聞ですが、未だに日本の三大新聞としてのさばっているのですから許せません。朝日は全面広告でも出して、慰安婦問題は我が社が捏造したもので、事実無根です。国民の皆様に深くお詫びしますぐらいのことをしなくてはいけないのに、国民の誇りがこれほど傷つけられているのに、知らんぷりです。

ついでに書いておけば、朝日の論説主幹だった船橋洋一は読売のナベツネと共にCIAのエージェントだと言われています。日本に不利益なことばかり書いているのですから、韓国やアメリカからかなりバックマージンを受け取っているでしょうなあ。それも知らずに有り難がって読んでる日本人がまだまだ多い。それでも朝日、まだ購読しますか?

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2012-09-03 15:03
<< セルフ・ヒーリング 或る患者 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧