ひとりごと、ぶつぶつ

人生という名の夢舞台

イネゲノムの解析に成功した遺伝子の権威、村上和雄センセのいうにはチンパンジーと人間との遺伝子の違いはほとんどないそうです。遺伝子の塩基配列で1,2%の違い。 遺伝子レベルでは98,8%までがチンパンジーと同じだそうで、生物として較べたらほとんど同じ生き物であるのもかかわらず、明らかに人間とチンパンジーは違います。人間に最も近い、次には人間に宿るまで成長した動物の霊は犬のようです。いつも私たちの側にいることで、チンパンジーを逆転したのでしょう。

動物と人間の違いは本能をコントロールする理性があることです。自分を客観的に見る能力で、自分と他者を比較することも出来ます。これが他の動物にはない個性ともいえる特徴で、これは始めて人間としての生物に宿った魂に付与されるものです。ペルソナ(仮面)をつけたことで自分の人生の夢舞台での演技を始めます。どのような筋立てかは、自分で決めます。どうしたら霊的な成長を得られるか、本当の自分は知っているからです。

文字通りの夢舞台ですが、この夢は日常見る夢とは違って、なかなか目覚めません。死んでも目覚めない人のほうが多くて、死んだことが自覚できない人が多くいますので、そういう人たちの勉強させるのが幽界です。これまでのことを反省させ、次の人生の目標を定め、これを何度か繰り返すのが生まれ変わりの原理です。幽界でさまよう霊のことを幽霊といいます。怖がりだったので幽霊なんていないことを証明したいと勉強を始めたのに、幽霊の存在を確信するはめになってしました。

今の自分を本当の自分だと思ってはいけません。今の自分はこの人生で親から付けられた名前と仮面をつけて踊っている演技者です。これに気がつくことが本当の自分の存在に気がつき、アクセスしたいと願うようになったら、目覚めは近いのです。夢の中ですから良いこと、悪いこと、何をしてもいいのですが、夢から醒めるまで因果律は夢の中でも作用しますので、悪いことをすれば苦しむことになります。

この世もあの世も意識がすべてを支配していますから、世の中暗いと思えば暗くなるし、未来に希望を見出し、諦めなければ、暗いものは寄せ付けないのです。チャネリング・メッセージなんていかさまでいずれ世界はNWOになるだろうと悲観的に思っている人は、そうなるし、アセンションして思い通りになる時代がやってくると信じていれば、やはりそうなるのです。波動が違えば、裏表のような世界も重なって存在できるのです。

我々は誰も死を免れることはできません。それにして死ぬとはいかなることか勉強が足りないのではないでしょうか。何も知らないで死んだりするから、あの世へ行っても迷ってふらふらうろつくから幽霊が出たとかいって嫌われるのです。私たちは死後にも意識を持って行動しています。死ぬのは身体だけです。もうちょっと勉強してください。とりあえず、私のHPでも読んで基礎知識だけでも付ければ、生き方が変わると思います。

     あなたが生まれてきた理由

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2012-09-13 10:42
<< 残念ですが、マシュー・メッセー... 魂に国境はない。 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧