ひとりごと、ぶつぶつ

マウスとの約束

私は、某大手製薬会社の主任研究員だった。国立大学の医学部を主席で卒業し米国へ留学して博士課程を修得した。在学中に発表した論文は学会の注目を浴び、帰国後ただちに、この会社に三顧の礼をもって迎えられた。若手研究者たちのリーダー的存在として自他ともに認めていたのだ。

しかし、或る日から私は、偏頭痛の発作にしばしば襲われるようになった。それも不思議なことに時計で計ったように正確に1時間間隔で5分間ずつ激痛に見舞われる。そうなると仕事どころか何もどうすることも出来なくなる。頭を抱え込んでうずくまってしまうしかない。

友人に頼んで精密検査を受け、身体のすみずみまで調べてもらったが原因は掴めなかった。他の専門医にもかかったが結果は同じだった。ただ、私には思い当たることがあった。しかし、今まで最先端の近代医学を学んできた私の理性が、どうしても否定するのだ。そんなバカなことがあるはずもないと。でもやっぱりそうなのだ。あの夢を見てからだ。あれが夢だったのかどうかも定かではないが、夢に違いない。マウスが人間の言葉を喋るはずがない。

あの夜、私が寝付いてまもなくのことだったと思う。
「ドクター起きろよ。起きて話を聞くんだ。」
耳元でする声に驚いて薄目を開けて私が見たのは、白い一匹のマウスが枕元に立ち、私を睨むようにして人の言葉で話しかけているのだった。
「ドクター、もういいかげんにしてくれないか。俺たちの仲間が毎日毎日世界中で何千何万と殺されている。おまえに俺たちの悲しみが分かるか。俺たちが受けている苦しみがどれほどのものか分かるか。俺たちをデータ作りの実験の道具としてしか扱っていないおまえは、俺たちの気持ちなど考えたこともないだろう。俺たちの受けた痛みの万分の一にも満たないが、おまえも少しは味わうがいい。」
そう言い残してマウスは消えた。

仕事にも集中できなくなり、学会への出席もあきらめた。過労が原因かもしれないということで、しばらく休養することにし温泉につかったり気ままな旅にも出てみた。しかしあいかわらず頭痛は根気よく正確に1時間ごとにやってきた。熟睡することも出来ず、体力はひましに弱っていった。鎮痛剤の量も増え、生きる気力さえも失って、遂に私は或る晩睡眠薬を多量に飲んで自殺を図った。

朦朧とした意識の中へ再びマウスは現れた
「ドクター、まだ簡単に死んでもらっては困るね。どうかね、これで少しは俺たちと痛みや苦しみを共有できたってもんだ。俺たちにだって感情があるのさ。ましてやわけの分からない薬を飲まされたり注射されたりするのは嫌なことなのさ。そう言えないでいるだけだ。医者なら命の尊さを誰より知っているのではないのかね。人間のために他の動物の命を犠牲にするのは間違っている。これからは動物実験は止めると約束してくれないか。」

私はマウスと約束し元気になって東京へ戻ったが、研究所には戻らなかった。なぜか研究生活への興味も情熱もすっかり失せていた。しかし、私とマウスとの、あの不思議な出会いはいったい何だったのだろうか。子供のころから周囲に期待され続け、本当の自分の進むべき道を知りながら本心を偽り続けて生きてきた。マウスは私の良心が形になって現れたのかも知れない。

今、私は船で小さな島々を訪れる巡回医療に忙しい。行く先々の人たちは私を頼り待ちわびていてくれる。以前は研究室にこもりきりで、痩せて青白く目ばかりをギラつかせて不満ばかりを口にしていた。それが今はどうだ。南国の陽を浴びて赤銅色に日焼けした顔は地元の人たちと区別がつかないほどだ。毎日毎日が楽しく遣り甲斐がある。

青空にポッカリ浮かんでいた雲がいつの間にかマウスのような形になった。
「久しぶりだね、ドクター。元気そうじゃないか。病気の本当の原因がどこからくるのか分かっただろう。身体が病むのは身体でしか表現できないからだよ。身体をいじくりまわしたり薬を飲むのもいいけれど、まずは心を健康にしないとね。」終 癒しのための短いお話たちより

Promise with a mouse

I was the senior research scientist, a certain major drug company.
He graduated from the medical department of the National Universities with the president, he studied in the U.S., and it learned the doctoral course.
The paper announced during enrollment in school captured the spotlight of the society, and was immediately invited to this company with due courtesy after the homecoming.
Oneself and others were accepted as young researchers' leading person.
However, I often came to be attacked by the fit of migraine from one day.
As it was also measured by the clock to the wonderful thing, it is correctly hit by sharp pain for 5 minutes at a time with one time interval.
When it becomes so, it also becomes impossible to do nothing, not to mention work, what.
Its head must be buried in its hands and it cannot but crouch down.
The friend was asked, the thorough examination was undergone, and the cause has not been held although I had you investigate to all the corners of the body.
The result was the same although other medical specialists were consulted.
However, it may have occurred to me.
However, the reason of me who have studied the modern medicine of a former tip surely denies.
If there cannot be no such foolish thing.
But that is right too.
It is after seeing that dream.
Although it is not certain whether it is that that was a dream, it is surely a dream.
A mouse should not speak man's words.
I think that it was soon after I went to sleep that night.
"doctor --wake up doctor"
It occurs and hears the talk. As one white mouse was located on bedside as for he having been surprised at the voice carried out close to" his ears, having opened half-closed eyes, and my having seen and it glared at me, it was addressing in people's words.
"doctor -- already making it random.
Our friend is killed with what [ what 1000 / 10,000 ] all over the Akiyo community every day.
Do you understand our sadness?
Does it understand in what has how much pain which we have received?
You who are treating only as a tool of an experiment of making data for us have not considered our feeling etc.
It is good although it is less than 1/10,000 of the pain which we received, and you also taste a few. "
Leaving so, the mouse disappeared.
It becomes impossible to have concentrated also on work and also gave up attendance at a society.
I hear that overwork may be the cause, and it decided to take a rest for a while, and he used for the hot spring and also took a wayward trip.
However, headache came with sufficient perseverance for every hour correctly as usual.
it cannot sleep soundly, either -- physical strength -- it weakened better.
The quantity of the painkiller also increased, even energy to live was lost, and at last, I took a certain evening hypnotic so much, and aimed at suicide.
"doctor in whom the mouse appeared again into dim consciousness -- is it troubled if I have you still die simply?
It served how, and even if a few could share us, a pain, and pain between this, it rubbed.
there is feeling even in us -- a thing .
furthermore, it is disagreeable to be able to give the medicine which does not understand a reason or to be injected -- a thing .
It cannot only say so.
From whom isn't the value of the life known if it is a doctor?
It is wrong to sacrifice the lives of other animals for man.
Would an animal experiment promise to stop from now on? "
Although I promised as the mouse, it became fine and it returned to Tokyo, it did not return to a research institute.
The interest to a research life and passion had faded away completely without knowing why.
However, what on earth was that wonderful encounter with I and a mouse?
The circumference was continuously expected from the child's time, and getting to know the way where a real one should progress, faking real intention was continued and it has lived.
My conscience becomes a form and possibly the mouse appeared.
Now, I am busy with the round medical treatment which visits small Iland by ship.
The people of the future which goes are depending for and getting tired of waiting for me.
The laboratory was filled, as, became thin, only eyes were made to glare palely and about dissatisfaction was used as the mouth before.
It is how now.
The face which basked in the sun of South Iland and got tanned in brown is like [ which distinction does not attach with local people ].
Every day is pleasant every day and there is worth.
The clouds which were in the blue sky by -- became a form like a mouse unawares.
it is "long time -- a doctor.
How aren't you?
Probably, the true sick cause understood where it would come from.
It is because it can be expressed only with the body that the body gets sick.
Although it is also good to tamper with the body or to take medicine, first of all, you have to make the heart healthy." END from Short talks for healing


人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-01-20 09:58
<< 更新できないかも 奇人、変人、はたまた仙人か、富... >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧