ひとりごと、ぶつぶつ

日本地震学会は何故、声を上げないのか。

世の中、いよいよ騒がしくなってきました。事件のない日のほうが少ないぐらい世界のあちこちで大きな出来事が報道されます。闇の政府の人間が最後の悪あがきで、のた打ち回っている感じです。全部やらせとは分かっていても、犠牲になった人々のことを思うと、怒りがこみ上げてきます。ボストンマラソンで犯人にでっち上げられた兄弟は冤罪で、事件の前から犯人に仕立て上げられていたのです。口封じされてしまって、あれでは浮かばれません。可哀想なことです。

たちの悪いのが人工地震で、人工地震と分かっていても、表のメディアでは、自然災害のように扱っています。日本はもともと地震の多い国ですが、これほど多くの地震が頻発することはない。それをNHKまで使って、次にはもっと大きな地震が来るかのように、不安を撒き散らす。芸能ゴシップやスポーツなどに興味を持つように仕向けられた羊人間たちは、頭から信じて怯えている。

東日本大震災の後、一度は国会でも人工地震についてはあるやなしやで話題に出たことはありますが、その後は誰もが沈黙を守るばかりです。おそらくどこからか圧力がかかったのでしょうが、地震兵器は太平洋戦争中にも使われたし、現在はもっと進化したものが使われている。確かに犯人は特定出来ないが、自然災害と人工地震の区別ははっきりと物理的に証明できるのだから、地震について研究している学者には私たち以上に分かっているはずである。

私が知りえた知識では、アラスカにあるHARRP(オーロラ観測所だといわれている)が関与しているという。強力な電波を電離層に送って地球上のあるゆる位置にピンポイントの正確さで破壊力を行使できるようである。ただし、地球のプレートにまったく歪みのないような地点では大きな地震を起こすことは出来ない。少しでも歪みがあれば地震が起きる。歪みがない場合は海底深く爆発物を埋め込んでおいて、電磁波を送って爆破することも出来るようである。

地震の多い日本では自然災害と人工地震の区別がつかないように思われるかもしれないが、今では地震が起きると、その波形が自動的に記録されるので較べてみれば、一目瞭然、まったく違うのである。自然に起きる地震は弱い振動が始まってのちに本震(S波)がやってくる。人工地震は、この最初の弱い振動(P波)がなくて、突如ドーンと縦揺れがやってくる。そして地震の深さが10キロ前後と人工地震は共通していることが分かっている。

これらのことから阪神淡路大震災も中越沖地震も東日本大震災も、そしてこの間の淡路島の地震も人工地震であると断定できる。おそらく中国四川省の二度にわたる地震も自然の地震ではない。素人の私にも、これぐらいの推測が出来るくらいだから、地震学者にはもっとはっきりと分かっているはずである。日本が地震兵器で攻撃されているのである。多くの死者、犠牲者が出て苦しんでいるのである。それなのに、何故、地震学者は真実を語らないのだ。人工か自然災害なのか公に判定するだけでも実行者に影響力を与えることになる。何のために勉強してきたのだ。御用学者ばかりで身を賭して真実を語る学者が一人も現れないことが哀しい。

地震波形のサンプル集

人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-04-22 13:35
<< 嘘で塗り固めた、やらせ大国 真夏の昼の夢 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧