ひとりごと、ぶつぶつ

天皇家の金塊伝説

昨日の日記に、金本位制兌換紙幣の発行について書きました。その裏づけとなる金がなければ金本位制には移行できません。私は日本はそれだけの金を保有していると信じています。トンデモ話と笑わないで読んでみてください。ついこの間まで闇の政府の話を持ち出すと陰謀論だとして、笑われてきたことを思い出してください。

日本は昔は黄金の国ジパングと呼ばれていました。火山の多い国ですから金の産出も多かったのです。しかし歴史を調べてみますと、金が通貨として流通していたことはなさそうですし、金を使った仏像が大量に見つかったという話もありません。大判、小判の話もありますが、一般庶民には夢のような話で見たこともない人が多かったのではないでしょうか。それでは金などなかったといえば、そうではありません。おそらく金は資産として経済力や権力を持った者が貯めておくもので、表には出さないものだったのではないでしょうか。

それでは日本の通貨は何が使われてきたのかというと、お米です。戦国時代から幕末まで、経済力の比較には石高が使われました。米の収穫量です。金属製の通過がなかったわけではありません。ちょっとした日用品の買い物などには使われていたようですが、銅などが使われ金は柔らかいので、一般の通貨として使うと減ってしまうし、額が大きくて使い難かったので、大判小判はもっぱら隠し資産、お宝として存在したのでしょう。

明治政府が出来た時、発行されたのは兌換紙幣でした。記された金額と同等の金と交換できることを保障するのが兌換紙幣です。天皇家は長い歴史がありますから相当の隠し資産として金を保有していたことは想像に難くありませんが、新紙幣を発行するにあたり、明治政府はそれまでの徳川幕府に従ってきた旧藩からも新紙幣を発行するにあたり、持っていた金資産を供出させたのではないかと推察されます。日本中の金資産が中央に集められたのですからかなりの量の金塊になったことでしょう。

開国まもない日本が日清、日露の戦争を始められたのも、軍費が調達できたのも、この莫大な金塊があったればこそです。日本を開国に導いたユダヤ金融家たちが、まったく信用に値しない新興国に資金援助をしたのは、この金塊の存在をしっていたからです。金貸し業という人たちはシャイロックのように確実な担保がなければお金はびた一文貸しません。

この莫大な量の金塊について、ユダヤ金融家たちは、なんとか自分たちのものにしたいと考えを巡らせました。そしてとりあえず自分たちの設立した銀行に保管させることに成功したのです。バチカン銀行か、スイス銀行だと推測します。これらの銀行は世界の王族や資産家の金を預かりますが、利息はつけません。税金もかけません。その代わり預けた国に政変が起きようが、何があろうが、預けた本人か、その子孫でないと受け渡しをしません。それが信用になって、世界の資産家たちが隠れ資産を預けます。マネーロンダリングやタックス・ヘイブンが出来るのはこうした銀行があるからです。

日本を潰す目的で始められた第二次世界大戦でも、あれほど日本が軍事にお金が使えたのも、負けることが分かっていたのに、国債を買ってくれたユダヤ金融たち。日本が勝とうが負けようが金塊さえ手にはいればよかったのです。たしかに軍事費を賄うために金塊を売り出したので、かなりの量の金塊は彼らの手に渡りましたが全部ではありません。まだまだ大量の天皇家の金塊は残っているのです。その証拠に金融工学に失敗したイルミの幹部はしばしば金策に天皇家を訪れているのです。

戦後、天皇は憲法で国民の象徴とされ、政治的権力を失いましたので、戦後復興は国民の力で成し遂げられました。天皇の金塊について言及されることもなくなりました。天皇の金塊は保管する銀行の保有物となってしまったのでしょうか。いいえ、彼らが自ら決めたルールでは、天皇の金塊は天皇しか引き出すことは出来ないのです。明仁天皇が自ら赴いて引き出せば、日本に金塊は戻ってきます。このお金を使って再び日本は金本位制の兌換紙幣を発行することが出来ます。以上は私の推論で物証はありませんが、歴史を丹念に調べてみればこんな結論を出すことも可能であることを知って欲しいのです。

(注)太平洋戦争中に軍部が集めて隠蔽されたとする金塊も存在しますが、それらはいずれ元の持ち主に返還されるべきもので、天皇家の金塊とは別物です。

b0034892_851626.jpg


人気ブログランキングへ
哲学・思想及びスピリチュアルのジャンルでブログ・ランキングに登録しています。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
個別のコメントにはしっかり対応できていませんが、コメントのやりとりを希望される方はミクシーからアクセスしてください。「やくに」で検索すれば見つかると思います。ご相談のある方はホームページ「マイ・スピリチュアル・ワールド」からお入りください。よろしくお願いします。
by 892sun | 2013-07-10 08:48
<< 会津の悲劇 ニッポン大改造論 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧