ひとりごと、ぶつぶつ

就職活動をされている方々へ

これから就職しようとして活動されている方々は、何を第一の条件にして就職先を選んでいますか?私が思うのは、今も昔も報酬の多いところを探している人が多いということです。人間には欲がありますから、致し方のないことですが、そもそも就職とは、自分を社会の一員として加えてもらって社会貢献することにあることを忘れているような気がします。就職して一家の財政を支ええることも一つの目的ではありましょうが、自分を他者のために役立てることが、第一義なのです。本来の目的を疎かにしてはなりません。

一生懸命勉強するのも、有名大学を卒業したという肩書きが欲しいからではありませんか?自分が本当に学びたいことより、報酬の多い企業や安定した組織の一部に組み込まれることで、自分の魂を騙していませんか?自分の個性を潰してはいませんか?望みどおりになったとしても、心を騙して就職しては長続きしませんし、必ず不満が頭を持ち上げてきます。

昔、私が高校を出た頃は、まだ大学へ進む生徒は少なく、高卒で就職することが多い時代でした。私は臆病者でしたが、割りと真面目で素直でしたし、好奇心にあふれていましたので勉強は嫌いでしたが、先生の話だけは聞き逃すまいとしていましたので、成績は良かったのです。商業系の高校でしたので、日商簿記の2級と珠算3級の資格も取りました。そんなわけで、その高校の良い就職先といえば銀行や生命保険の会社でしたが、私は名古屋相互銀行に学校から推薦されて、就職が決まっていました。しかし私は卒業間近になって、自らキャンセルを申し出ました。私の魂が銀行への就職を許さなかったのです。親にも先生にも随分叱られましたが私は魂の声に従って生きていく道を選んだのです。

職業に貴賎はあります。他人の預金や財産の計算をして一生を過ごす人もいれば、肉体的弱者のために献身的に働いている人もいます。社会的貢献度は価値観によっても違いますが、後者のほうが優れていることは明らかです。しかし報酬は前者の方が多いのが実情です。だから私はあの世に貯金ということを言うのです。火事になっても、災害にあっても絶対なくならない、死んであの世に持っていける絶対的な財産を貯めることが、いかに大事であるか、重ねて言います。

人間には他の動物にはない個性があります。100人いれば100の個性があるのに、100人集まると、すぐ組織を作ります。確かに組織で動いたほうが力は大きくなりますが、個性は埋没します。大きな企業や大きな組織に属せば組織の論理の中でしか行動できません。私は、とうとう組織には属さないままの人生を送ってきました。一人では大変なこともありましたが、自分では納得しています。

報酬や安定よりも、まずは自分が本当にやりたいことは何かを考えて、就職活動をしてください。やっていて、胸がわくわくする(魂が喜んでいる)ような仕事なら、たとえ報酬が少なかったり、キツイことが多くても耐えられます。長く続けていれば、その道の専門家とも言われるようになるでしょう。何よりもまず魂の声に耳を傾けてください。

人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

by 892sun | 2016-04-02 10:33
<< 運のいい人、悪い人。 相互主義 >>



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧