ひとりごと、ぶつぶつ

2009年 03月 03日 ( 1 )

浄化されつつある世界

もし、世界が百人の村だったら、という話があった。現在の世界を象徴的に説明するために作られた話だが、この村の住人が等しく、幸福感を味わえるような平和な村にするには、どうすれば出来るだろうか?答えを出すのに、人数は関係ない。十人しか住んでいない島でも、地球のように数十億の人々が住む惑星でも、おそらく同じ答えに行き着くはずである。住人たちが、お互いを信頼し合い、助け合い、嘘をつかないで、問題が起きても決して暴力には頼らないで、話し合うことによって解決の道を取るようになれば、おそらく全員が幸福になれるだろう。

アセンションした世界とはこういう世界を言う。地球以外の、宇宙に多々ある人類の棲息する惑星は、全部、こうしたことを実現してきた。実に簡単なことなのに、何故私たち地球だけが、こんな簡単なことが実行できないで、何千年も苦しんでいるか。人間の持つネガティブな欲望をうまく利用して、互いに相反する理念を教えて分断し、争わせることによって、双方の力を削いで統治してきた闇の勢力が存在してきた。この勢力そのものは、決して表には出ないが、その勢力に加担することによって権力を得た者たちが世界に君臨している。

今、その仕組みが崩壊しようとしている。莫大な財力によって世界最大の軍事力を誇り、世界の警察を自認してきたが、実際は正義のためなどではなく、更なる財力やエネルギーを手にせんがために、他国に戦争を仕掛けたり、戦争兵器の売却のために、紛争を撒き散らしてきた。敵がいなくなれば、見えざる敵としてテロリストなるものを設定するために、ビルに航空機を衝突させるというようなデモンストレーションまでも自演してきた。この国家そのものが、ならず者国家そのものなのである。

自業自得とはこのことだろう。自ら播いた梃子の原理を利用した金融詐欺商品が破綻して、世界経済を恐慌に陥れてしまった。世界最大の保険会社といわれた、AIGはその詐欺商品を保障しているのだから、今やいくら政府から援助を引き出しても、もはや砂漠に水を撒いているようなもので、このままでは国家が破綻するから、もやは分解し消滅させるしかないだろう。自動車発祥の国ではあるが、自動車産業も、もはや生き残れまい。世界中に派遣されている軍隊も、イラクはもとより逐次撤退を余儀なくされるだろう。もうそんな余裕はない。

今、起きている未曾有の不況に慄いている人、これからも経済力に頼って生きて行こうとしている人たちには、厳しい時代になるだろうが、私はこれらの一連の出来事は地球の浄化作用に違いないと思っている。相手をうまく騙してお金儲けをする人、ことが起きれば暴力(軍事力)で解決しようとする人、自分だけが裕福になれば他人がいくら貧しくても幸福感を得られるような人は、これからの時代には必要ない人たちなので、消えてもらいたいと思っている。

相手を信頼して、相手が決して暴力に訴えることがないと分かれば、軍事力など必要ない。軍事費に使う予算が国内のインフラ整備に使われたら、どこの国だってもっと素晴らしくなるはずだ。北朝鮮がテポドンを打ち上げるといって、騒いでいるが、無視しておけばいい。日本にもっと軍事費を使わせたいので、北とアメリカは示し合わせて芝居を打っている。芝居を打って、裏で援助を貰わないと生きていけない国なのだ。

尖閣列島を中国が占拠しても、アメリカは知らん顔するそうだ。国際法に基づいて話し合いをしてくれと言っている。そう、最初からアメリカの軍事力で守るなんていうからいけない。もうアメリカには新たな戦争を起す力はない。日米安保なんて、所詮、そんなものだったのだ。戦後からづっと、アメリカの植民地として、騙され続けた日本が馬鹿なのだが、軍事力で平和が守れると勘違いしたことが間違いだった。何事も話し合えばいい。人間なんだから。
by 892sun | 2009-03-03 14:49



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧