ひとりごと、ぶつぶつ

2009年 08月 21日 ( 1 )

関心があるだけじゃなくて

今度の衆議院選挙に関心を持つ人の割合は、前回の郵政選挙をも上回るようですが、大切なのは実際に投票日に投票所に足を運んで、自分の意志をはっきりと反映させることです。絶対に投票に行くという人と、たぶん行くという人を合わせると、90%ぐらいの投票率になる。本当にそうなれば、新記録で、本当の国民の意志が政治に反映されたということになるだろう。是非、そうなるように期待したいものである。

というのも、政教分離という大前提がありながら、それを堂々と踏みにじり、宗教政党でありながら政権与党のためなら反戦の旗も降ろして、自衛隊イラク派遣に賛成してしまうという、とんでもない政党が日本の針路を誤った道へと導こうとしていることです。自民党単独であれば、ここまで強引にイラク参戦はなかったはずで、公明党の存在が日本の針路を狂わせているのです。

彼らは、おそらく投票率から当選ラインも細かく読んで、候補者を立てていますから、投票率を上げれば、それ以上のかさ上げの出来ない彼らの立候補者は落ちてしまうでしょう。都議選でも大量に住民登録を移動させて当選者を出してきた。今回も細かく票を配分しているでしょう。そうしたパラサイト政党の組織票を死に票にするには、投票率を上げるしかないのです。

投票日までまだ10日ほどありますので、8月30日の予定には投票に行くスケジュールを是非組み込んでいただいて、これからの日本の政治に自分の意志が反映されるように考えていただきたいものだと思います。政治に無関心だったり、自分の意志を行使しなければ、以後何があっても文句一つも言えないことになるのです。最高裁の判事の審判にも、何も書かないと是認したことになってしまいます。8月14日の日記にも書きましたが、私は、全員に×印を付けてくるつもりです。

「選挙に関心」最高89%…読売調査 (読売新聞 - 08月21日 03:03)

 読売新聞社の全国世論調査(電話方式)で、今回の衆院選に関心があると答えた人は「大いに関心がある」59%と「多少は関心がある」30%を合わせて89%に達し、小選挙区比例代表並立制で実施された1996年以降では最高を記録した。

 衆院選に関心があるとの答えは、96年は60%だったが、2000年は71%、03年は76%と増え続け、「郵政選挙」の前回05年は86%まで跳ね上がった。今回はこれをさらに上回り、有権者の関心が極めて高いことを浮き彫りにした。

 関心があるという人は、民主支持層に限ってみると95%(前回93%)に上り、自民支持層の91%(同92%)より多かった。関心の強さでは「大いに関心」が民主支持層で72%を占め、自民支持層は58%にとどまった。民主支持層の「大いに関心」は前回と同じだったが、自民支持層は69%から下がった。

 支持政党のない無党派層で関心がある人は78%となり、前回73%を上回った。

 投票に行くかどうかを聞いたところ、「必ず行く」は75%で、「なるべく行く」20%を含めると95%が行くと答えた。前回の94%を上回り、96年以降で最も高い数値となった。今回衆院選への関心の高さを反映したようだ。

 投票するにあたって重視する政策は「年金など社会保障」36%、「景気や雇用」26%、「少子化や子育て」10%などの順に多かった。

 麻生内閣の支持率は20・2%、不支持率は61・9%。前回の小泉内閣は支持率46・1%、不支持率34・9%だった。政党支持率は民主32・2%、自民26・7%などで、「支持政党なし」は20・5%だった。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しました。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

b0034892_16234977.jpg
海辺の街で・・・(3)
by 892sun | 2009-08-21 16:19



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧