ひとりごと、ぶつぶつ

2009年 09月 03日 ( 2 )

マシュー君からのメッセージ、その24

が、更新されていますので、お知らせしておきます。今回は、いろいろな地球外知的生命体からのメッセージが届いています。

1. みなさん今日は!マシューです。この領域場にいるすべての魂たちから心からのご挨拶をします。あなたたちの多くは、いま目前で起きていることの意味 を理解し歓迎していることでしょう。それは、人類の対極性が急速にそれ自身を尽き始めるに従ってあらゆる行動と反応が”活発化”するエネルギーレベルに地 球が到達しているという否定できない証拠だからです。でも、まだ大多数の人々は混乱や落胆、まったくの恐怖で起きていることを受け取っています。僕は、地 球の旅が進む中で、その道が”でこぼこ”のことを前に話しましたが、地球が第4密度に加速して入って行くこの時期には、でこぼこ道の方があらゆる魂が受け る影響をよく表現していると思います。そこでは最も優れた人間性のみが生き残るのです。

more
森田 玄のリモ農園ダイヤリー

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しました。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2009-09-03 12:43

今更遅いけど・・・

今回の衆議院選挙で自民が大敗を喫した原因については、民主を支持するよりは、国民が自民に愛想を尽かしたのだと言われている。民意を問うことなく総理総裁を盥回しで、最後にお鉢がまわってきた麻生に期待されたのは、まだ僅かな人気をアテにしていっきに解散し、総選挙を行うことだったはずである。しかし麻生は権力にしがみ付き、解散をずるずる先延ばしにした結果が壊滅といわれるほどの大敗だった。このブログでも期待はしなかったが、人気を取り戻すいくつかの時期とその方法についても言及したことがある。

その一つが、コネズミがやったように、自ら北朝鮮に乗り込んで、拉致被害者を連れ帰るというものだった。拉致被害者は金蔓だから、全員は返さないだろうけど、金額次第では何人かを連れ帰ることが出来、日本中が歓びに湧いている直後を狙って、解散すれば、このような結果にはならなかっただろうと思う。ところが、私と同じように、金さんも考えていたようで、その頃、北は麻生にメッセージを送っていたことを世田谷通信が伝えている。転載する。

「拉致被害者を見捨てた麻生首相」(世田谷通信)

1日、韓国のニュース専門テレビ局「YTN」は、北朝鮮の金正日総書記が拉致問題の解決に向けて話し合うために日本の麻生太郎首相に訪朝を申し込んだが、麻生首相が応じずに実現されなかったと報じた。報道によると、昨年末から数回、日朝間の非公式な接触が行なわれ、3月5日には麻生首相の秘書が北京のホテルで北朝鮮労働党作戦部の実務者と極秘に接触した。その時に麻生首相の秘書に対して「中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)が訪朝し、金総書記に拉致問題の解決を促し、その対価として日本が北朝鮮に10億ドル(約930億円)を支払う約束をする。その後、麻生首相が訪朝し、そこで拉致被害者を返す」というシナリオが伝えられたという。しかし、この北朝鮮側からの申し出に麻生首相が応じなかったため、この計画は白紙に戻ったという。この報道が事実だとすれば、麻生首相は自身の支持層である保守派への体裁のために、拉致被害者を見捨てたことになる。2002年、当時の小泉純一郎首相が訪朝して拉致被害者を連れて帰って来た時には、金総書記との密約で100億ドル(当時・約1兆円)の身代金が支払われたが、当時の10分の1にまでダンピングされた今回の身代金要求は、北朝鮮労働党の経済の行き詰まりによるものと思われる。一部の保守派への体裁を優先し、拉致被害者を取り戻すチャンスを棒に振った麻生首相の行為は、政権交代を実現させた国民の目にはどのように映るのであろうか。(2009年9月1日)***転載終わり

後の祭りというか、今更終わったことを振り返っても遅いが、拉致被害者の方にとっては悔しいニュースだろうと思います。これからも北にとっては日本はお財布みたいなものですから、いろいろ言ってくるでしょう。チャンスが潰えたわけではありませんから、どのようにして付き合っていくのか、新政権の腕の見せ所になるでしょう。期待したいと思います。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しました。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
by 892sun | 2009-09-03 11:13



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧