ひとりごと、ぶつぶつ

2009年 09月 25日 ( 1 )

食べなくても、生きていられる

少し、体重が増えすぎたので、ダイエットをしています。前に成功した「おじやダイエット」です。(おやじじゃないよ)おじやはかっこよくいえば、リゾットですね。発芽玄米130グラムにたくさん野菜(プラスしらすや小エビ、貝柱、きのこなど)を入れたのを鍋いっぱいに作って、三日ぐらいに分けて食べます。昼食だけの一日一食で、一度にはお茶碗1杯半ぐらいですから、三日ぐらい持つのです。始めてすぐに2キロほど減りましたが、その後はなかなか減りません。これでは、もっと食事を減らさないとダメかもしれません。夜食はカロリーゼロのビールですが、これが減らない原因かな。でもこれをやめると、お腹が空きすぎて眠れません。困ったな。

人間の本能としての性欲と食欲はコントロールが難しいですね。歳を取れば性欲はおちますが、食欲は死ぬまでなくなりません。食べることが楽しみで生きている人は論外ですが、私たちは食べるために、しなくてもいいような仕事を持たなくてはなりません。食べなくても生きていけるのなら、こんないいことはないと思いますが、どうでしょうか。また、意識レベルを上げるために、肉体波動を下げる目的で断食も行われました。しかしこれも一時的なもので、ずっと断食は出来ません。

ところが、アセンションして体質が変われば、人間は、現在のようにお腹いっぱいに食べなくても生きていけるようになるのではないかと思っています。物質からのエネルギーに代わって、宇宙エネルギーを取り込めるようになるはずだからです。既にそのような先人がたくさんいたことが報告されていますし、現在もいると思われます。日本人で有名なのは長南年恵さんです。ウイキペディアによれば・・・

成人してからも肉体的、精神的に少女のようであったという。また身辺には頻繁に神仏が現れ、会話をしたり、舞を舞っていたという。

元々小食であったが、20歳のころから全く食事をとらず、生水の他は生のサツマイモを少量のみという。
排泄物は殆ど無かったという。また汗や垢といったものも殆ど出ず、風呂に入らなくても髪や体はいつも清潔であったという。

空気中からとりだす神水は、密封した空の一升瓶の中に人々の目の前で満たしたという。この神水は万病に効くという。

べつに病人などではなく冷やかし等の目的の者と不治の病人には、神水は授からず、空瓶のままだったそうだ。

神水(霊水)の色について:赤、青、黄があったそうだ。無罪となった裁判所での公判では、茶褐色。

1900年(明治33年)7月9日。全国紙新聞記者が懐疑の目を向け、目の前で霊水引寄せをしろと要求した。その結果、ひとりでに水が入ったのを認めざるを得ないという結論に至ったという。引用終わり

私の書いた未来小説でも、未来の人類は水とわずかばかりのナッツ類だけを食べて生きていくようになると予測しています。まもなくアセンションします。意識レベルが向上するだけでなく、物質的肉体もまた波動が上がれば、二大本能から開放されるのでしょう。現在、地球を訪れている他の惑星の知的生命体も食料を携えてきてはいないはずです。

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。
b0034892_16502645.jpg


久しぶりにカメラを持って外出したら、運良く青スジアゲハに出会えました。
by 892sun | 2009-09-25 15:47



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧