ひとりごと、ぶつぶつ

2010年 03月 14日 ( 1 )

宇宙人たちのこと Ⅱ

昨日からの続きです。人間は成長するにつれて意識が拡張していきます。最初は自分のことや身の周りのことにしか関心を持ちませんが、意識レベルが高まるにつれて、周囲のことだけでなく、自分を取り巻いている地域や、住んでいる国、そして世界全体や宇宙にまで関心を持つようになり、そして全ては結ばれ、一つであることを知るようになります。よしりんさんのサイト「勝手に言ってます」でも、チャネリングのきっかけとなった出来事からの記述が始まったようですから、私のサイトからの転載はこれで終わりにしますが、よしりんさんと彼の神との対話に関心をお持ちの方は是非訪れて、続きを読んでみてください。

転載開始***
Q 宇宙の人が地球人を啓蒙し、監視するのは何のため?

A進化した宇宙人が監視と啓蒙活動を行っているのは、何も地球に対してだけと限らない。あらゆる宇宙でそれは行われており、大勢の魂が啓蒙活動に従事し各々に困難と闘っている。そしてその仲間をサポートするより多くの宇宙の同胞たちがいる。

Qそれは本当に何のために行っている。

A極論すれば自分たちのためだ。

(宇宙人自身のためか。ああっ、地球が崩壊すれば悪影響があるからだね。)

そうともいえるが、真実は違う。地球が吹き飛んだところで、大した影響もない。君の細胞の一つが破壊されても君は死なない、それと同じで地球が滅びても宇宙は滅びない。大切なのは皆が魂の兄弟だという事さ、元々は一つだし本来は強い一体感と信頼で結び付けられている。「宇宙意識」に達すると、その事がよく解る様になる。

親が子供を生み育てるように、これらの好意は自然で純粋な感情からのものだ。彼らは代賞を求めないが、それでも君たちが進化する度に充実感と喜びを感じる。 それが彼らの代賞であり、最高の喜びだ。

Q侵略とかしない?過去に宇宙人が地球を荒らしたと言っていたよね。

A宇宙意識に達する前の過ちだ。彼らもまた様々な経験を経て進化してきた。

Q現在もその段階の連中がいるのでしょ?

A確かにそうだ、他ならぬ君たちがその前段階にいるし、事実としてそんな種族も存在する。だが忘れないで欲しいのは、地球人の意識が彼らと感応してそんな連中を呼び寄せるという事実だ。

Qどうして?

A意識に障害は皆無だ。意識は時限を越える、もし君たちがそんな連中と自発的に関わるならば、善良な人々も手出しできない。善良な人々はせいぜい、侵略を止めるよう勧告する程度だ。

Qどうして!!

A君たちの選択を否定できないからだ。それが宇宙のルールだからだよ。それが無ければ真実の自由は保障されない。個人に限らず全ての選択権は当事者にある。 力ずくでの介入は許されない。君たちが要求した場合には、介入が行われる可能性もある。 だがね、現時点では君たちが要求しても受け入れられないだろう。
仮に日本政府が要求しても、拒否されるだろう。何故なら、それは地球人の総意ではないと見なされる。従って受け付けられない事になる。

(厳しいね、地球人が一つにまとまる何て、千年経っても無理だと思う。底上げを目指した勇敢な魂たちも全滅だね。)

A彼らは全てを承知で志願している。それにまだ滅びるとは決まっていない、君たちの集合無意識は諦めていない。古代から現代まで、実に多くのアドバイスを送り続けている。

Q釈迦やキリスト、シャーリー・マクレーンやニールドナルド・ウオルッシュやゲーリー・ボーネル等の人々のことかい?

Aその通り、それから地球のバイブレーションを徐々に上げて、より多くの人々が集合無意識のサインを受信できる様にもしている。そして宇宙の善良な人々の援助が成されているのだ。

このような内容を冷静に見るならば、やはり全ては私達の意識の変革に懸かっている。
宇宙が保障する自由意志は、反面で厳しい責任を求めている事を忘れてはならない。***転載終わり

人気ブログランキングへ
ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

   
by 892sun | 2010-03-14 09:49



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧