ひとりごと、ぶつぶつ

2016年 03月 27日 ( 2 )

トランプさんに期待します。

しばらくこの世のことには触れないつもりでしたし、アメリカの大統領が誰になろうと関係ないと思っていましたが、トランプさんが日本からの米軍基地撤退に言及したそうで、これは一言言わずにはおれません。アメリカの財政逼迫から日本が費用負担を増額しなければ、在日米軍基地を撤退させることも考えると、発言したそうです。アメリカは日本を守ってくれてはいませんし、(むしろ117阪神淡路大震災や、311東日本大震災など、人工地震など起こして、日本を攻撃している)国民は核の傘で守られているとむりやり信じさせられているのが実情ですから、米軍の基地費用増額など、もっての他。とっとと撤退してくれたら、どんなに嬉しいことでしょう。やっと独立国家としての面目が保てるようになります。本土だけでなく、沖縄の人たちも大喜びすることでしょう。アメリカ大統領には、是非トランプさんになっていただきたいものです。期待しています。
by 892sun | 2016-03-27 14:27

身体から主導権を取り返すこと。

このブログは、若い人たちや子供たち、これから生まれてくる魂たち、これからの新しい地球を担っていく魂たちに向けて発信していくメッセージです。これまでの三次元的常識とはかけ離れた事柄を述べていますから、今まで通りの世界で満足している人は読んでも理解出来ないでしょう。

これまでの世界は、歴史を振り返ってみれば明らかなことですが、人間の持つ動物的本能があからさまでした。生存本能や物欲、そして自らのテリトリーの拡大、権力の争奪、殺し合い、まるで猿の群れの争いと全く同じです。規模が国単位で起きていただけです。科学が進歩して核エネルギーまでも武器とするようになって、近年やっとその危険性と馬鹿馬鹿しさに気づいたというところでしょうか。核廃絶の動きもありますが、支配者たちは、民衆を肉体的恐怖心を支配の道具として利用してきましたから、政治的な改革では、やはり世界平和をもたらすことは難しいのです。政治家に期待してはなりません。

昨日も書きましたが、自分とは意識生命体です。自分という意識が主人であり、身体は道具にすぎないのに、自分としての主導権を身体に奪われているのが現状ですから、どうしても感情優先になってしまうのです。これを克服するために先人たちのなかには肉体波動を下げる修業を行った人たちがいます。肉体波動を下げて肉体に縛り付けられている鎖を外そうとしたのです。断食や滝に打たれたりする水ごりです。

私の場合は体力が極端に低下する病気という形で、波動を下げているのだと考えています。肉体波動を下げながら本質である、意識生命体の波動を上げて高次元のエネルギーと同調できれば、身体から主導権を奪い返すだけでなく、以後は60兆以上ある身体の細胞一つ一つを制御出来るようになれるでしょう。

肉体から」主導権を取り返すことは、辛い修業を重ねないと出来ないことではありません。まずは自分で自分とは意識生命体であり、身体ではないという意識を確実に自分のものにすることから始めてください。そうすれば、自分とは永遠の存在であり、肉体的な死が自分の消滅ではないことが理解でき、得心がいけば、もう死を怖れることはなくなります。この世にいて最大の恐怖である死を怖れなくなることほど強みはありません。他の意識も一挙に変化を起こすことでしょう。

アセンションは確実に進行しています。地球の次元は、人類の生息する地球外惑星と同じように、限りなく四次元に近づいています。昔のように辛い荒行を積み重ねなくても、意識転換をすることで覚醒できるようになってきたのです。アセンションなど何も起きないではないかと言ってきた人たちは、肉体の目で表側の世界だけを見て、そんなことを言っていますが、アセンションは心の内側から変化してきているのです。魂の目覚めの遠い人たちにはこれからも何も見えないことでしょう。


人気ブログランキングへ
またブログ・ランキングに登録しました。お読みになってよかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

by 892sun | 2016-03-27 10:15



この世の仕組み、本当の生き方はもう分かりましたか?地球は次元が変わります。準備は整っていますか?心霊研究家のつぶやきに耳を傾けてください。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
home page
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧